ニュース

ニュースのイメージ画像

 2024年4月の期間中のニュースによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2024年4月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2024年4月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、3月31日実施のトルコ統一地方選は即日開票された。地元メディアによると、最大都市イスタンブールと首都アンカラの両市長選で、国政最大野党、共和人民党(CHP)の現職候補が勝利宣言した。強権的なエルドアン大統領の国政与党、公正発展党(AKP)は前回2019年も両市長選で敗北しており、政権の大打撃になりそうだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ニュースによる2024年4月 発言・ニュース

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、3月31日実施のトルコ統一地方選は即日開票された。地元メディアによると、最大都市イスタンブールと首都アンカラの両市長選で、国政最大野党、共和人民党(CHP)の現職候補が勝利宣言した。強権的なエルドアン大統領の国政与党、公正発展党(AKP)は前回2019年も両市長選で敗北しており、政権の大打撃になりそうだ。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の崔外相が、日本との対話は関心事ではないとしたうえで、いかなる接触の試みも許さないと表明したと報じている。日本が拉致問題に「最後まで固執する理由が理解できない。我々は問題解決の努力をする義務もない」などとする談話を発表していた。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・産経新聞は、10日に米ワシントンで行われる日米首脳会談で、共同声明に「日米安全保障条約第5条が尖閣諸島に適用される」と明記することで両政府は最終調整に入ったと報じている。米国の日本防衛に対する揺るぎないコミットメントを再確認し、インド太平洋地域で軍事覇権の拡大を図る中国を牽制するという。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米紙ワシントン・ポストは、ウクライナのゼレンスキー大統領がインタビューで、米議会で審議が滞っている軍事支援が得られなければ、ウクライナ軍は「徐々に」退却を余儀なくされると述べ、迅速な可決を訴えたと報じている。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・週明けの為替市場は静かなスタート。先週末休場となった流れを継ぎ、積極的な売買は手控えられているようだ。そんななか、市場では名実とも月替わり、日本は新年度入りしたことで需給要因の変化を注視している声が少なくない。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・エジプト・メディアは関係者の話として、パレスチナ自治区ガザでの戦闘休止や人質解放に向けた交渉が3月31日にエジプトの首都カイロで再開と報じている。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエル首相府は、パレスチナ自治区ガザで継続しているイスラム組織ハマスとの戦闘の休止と人質解放の実現に向け、ネタニヤフ首相が仲介国を交えた間接交渉への代表団の派遣を承認したと発表した。次回交渉は近日中に行われる見通し。しかし、イスラエルとハマスの主張の隔たりは依然大きく、進展が見られるかは不透明だという。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのシュミハリ首相は、世界銀行の制度下で15億ドルの支援を確保したと明らかにした。ロシアの侵攻に対抗するなか、財政強化と社会支出に活用する。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の国家航空宇宙技術総局のパク副総局長が、今年は数機の偵察衛星の発射を予定していると述べ、宇宙開発の加速に意欲を示したと報じている。金朝鮮労働党総書記は昨年12月の党重要会議で、2024年に3機の打ち上げを計画していると表明していた。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロシア外務省は、ウクライナに対し、ロシア国内の「テロ行為」に関係するすべての人物の引き渡しを要求していると発表した。ウクライナ保安局(SBU)のマリュク長官を対象者に挙げている。ウクライナ政府に「テロ活動の支援を直ちに全面停止し、犯罪者を引き渡し、被害者に損害賠償するよう要求する」とした。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・交通と環境分野を専門とする 欧州のNGO、Transport & Environment(T&E)は3月27日に発表したリポートで、BYD(01211/002594)など中国の電気自動車(EV)メーカーが積極的に海外での販売を強化しており、欧州市場での中国製EVのシェアは2024年に25%を超え、前年比で5ポイント超拡大すると予想した。『香港経済日報』が3月29日伝えた。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、金(ゴールド)の国際指標となるニューヨーク先物は1日(日本時間)、取引の中心である6月物が一時1トロイオンス2286ドルまで上昇し、2営業日連続で過去最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)による利下げが近いとの見方から、金利がつかない金の買いが続いている。

[2024-04-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、インド国債が主要なグローバル債券指数に採用されたことで、長期にわたりホットマネーの流れから自国を守ることに熱心だったインドのさまざまな市場に既に変化が起きている。

[2024-04-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)の月初は売りが先行。対ドルでは6万8400ドル前後、対円では1042万円付近と24時間比では2%超の下落幅で推移している。もっとも3月は月間17%弱の上昇を記録し、第1四半期の上昇率においては60%近かった。

[2024-04-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・海上保安庁は、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射された、と説明した。

[2024-04-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾の馬前総統は中国訪問に出発した。11日間滞在する予定で、来週には中国の習国家主席と2度目の会談を行うとみられている。馬氏は2008-16年に総統を務め、15年にシンガポールで習主席と歴史的な首脳会談を行った。

[2024-04-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、債券トレーダーは今年の米利下げ予想を後退させ、金利スワップ市場では6月の利下げ開始確率が一時50%を下回った。米供給管理協会(ISM)が発表した3月の製造業総合景況指数が、2022年9月以来の活動拡大を示したことが影響した。

[2024-04-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、イランメディアは1日、イスラエルがシリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館周辺を空爆したと報じた。パレスチナ自治区ガザでの紛争をうけ、イスラエルはイランの代理勢力とも散発的に戦火をまじえてきたが、公館を標的にした直接攻撃は異例となる。敵対勢力との紛争の緊迫度が増し、周辺国を巻き込み中東地域に広がっていく恐れがある。

[2024-04-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、国連に国家としての正式加盟を目指すパレスチナが月内に安全保障理事会で承認にこぎ着けたいとの方針を固めたことが分かったと報じている。パレスチナのマンスール国連大使が明らかにしたという。

[2024-04-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、イランのライシ大統領は2日、シリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館周辺が空爆され軍司令官など7人が死亡したことを受け、イスラエルに対して報復すると表明した。

[2024-04-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信は、国連安全保障理事会が、シリア首都ダマスカスのイラン公館への攻撃について協議する緊急会合を2日午後(日本時間3日未明)に開くと決めたと報じている。安保理筋が明らかにしたという。

[2024-04-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは続落。東京時間に推移していた7万ドル近くから、65100ドル台まで5000ドル近くも値を下げている。短期的にはやや売られ過ぎの域にあるものの、続落を懸念する声も少なくない。

[2024-04-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインはやや持ち直しの動き。東京時間に推移していた7万ドル近くから、64600ドル台まで5000ドルを超える下落をたどったものの、足もとは反発に転じている。65800ドル台で推移。ただ、リスクは下向きと指摘する声も聞かれていた。

[2024-04-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグは、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長が、ウクライナに5年間で1000億ドル相当の支援を実施する基金の設置を提案すると報じている。資金は加盟国が拠出。7月にワシントンで開催するNATO首脳会議で成立を目指すパッケージの一部になるという。

[2024-04-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮が2日に新型極超音速ミサイルの試射に成功したと報じている。

[2024-04-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イランのライシ大統領は、シリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館周辺が空爆され軍司令官など7人が死亡したことを受け、イスラエルに対して報復すると表明した。「イスラエルは目標を達成できず、この卑劣な犯罪が報復を受けることを知らなければならない」などと述べている。

[2024-04-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連安保理は緊急会合を開き、イスラエルによるシリアのイラン大使館の建物へのミサイル攻撃への対応を協議した。イランは「イスラエル政権は単なる犯罪を超えた罪を犯した」などと述べ、国際法に違反するテロ行為だと非難している。

[2024-04-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾付近でマグニチュード7.5の地震が発生したと複数のメディアが報じた。なお、気象庁は沖縄本島に津波警報を発表し、津波予想は3メートルとのこと。

[2024-04-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、北大西洋条約機構(NATO)がウクライナの軍事支援のために1000億ドル(15兆円)規模の基金をつくる協議を始めたことが分かった。トランプ前米大統領が大統領選に勝利した場合、米国がウクライナ支援を縮小する可能性がある。加盟国が資金を出し合い、長期の反攻を後押しする案を模索する。

[2024-04-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは軟調。対ドルでは6万4700ドル台で推移し、対円では985万円前後で取引されている。

[2024-04-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、台湾で3日午前、東部沖を震源とするマグニチュード(M)7.2の強い地震が発生した。震源に近い東部の花蓮では7段階中2番目に強い「震度6強」を記録。当局は7人の死亡を確認し、736人の負傷者が出ていると明らかにした。

[2024-04-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国でつくる「OPECプラス」は、合同閣僚監視委員会(JMMC)で、生産目標の維持を決めた。OPECプラスは先月の会合で、市場を支えるために日量220万バレルの自主減産を6月末まで延長することに合意している。

[2024-04-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、北朝鮮とイランのロシアに対する軍事支援はNATOが無視できないほど安全保障面で国際的に重大な影響をもたらす、と警告した。また中国も「ロシアの戦争経済を支えている」と指摘。これらのロシアの友好国はロシアがウクライナ侵攻を継続するうえで重要な存在で、地域的または世界的な安全保障上の懸案となっており、NATOとしてこの問題への対応を協議すると付け加えている。

[2024-04-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際決済銀行(BIS)は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)が将来普及することを見据え、新たな国際決済の普及に向けて実証実験を始めると発表した。日銀や米欧などの中央銀行と連携し、処理速度を高めた新たなシステムの構築を模索する。民間の金融機関にも参加を呼びかける。

[2024-04-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ゼレンスキー・ウクライナ大統領「ロシア軍は6月1日までに30万人を追加動員する準備ができている」

[2024-04-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・フィリピンのロムアルデス駐米大使は、南シナ海でフィリピン船が中国の威圧にさらされるなか、11日に米ワシントンで開かれる日米両国との3ヵ国首脳会談で「侵略の抑止」に向け、自衛隊と米比両軍による海上演習を定期的に実施することで合意する見通しだと述べた。

[2024-04-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、連合は4日、今春闘での賃上げ要求に対する企業側回答について3回目の中間集計を公表し、平均賃上げ率が5.24%だったと明らかにした。3月中旬の1回目集計からほとんど変わらず、高水準を維持した。

[2024-04-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、金スポット価格は、4日の取引で一時オンス当たり2300ドルを超え、最高値を更新した。米連邦準備制度による年内利下げの可能性や中央銀行の継続的な需要が背景にある。

[2024-04-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・世界有数の総合金融グループ、HSBC(00005)のマーク・タッカー会長は非公式の株主会議で、中国本土の経済成長はこれまで不動産とインフラ投資に依存するものだったが、内需とハイエンド工業にシフトしつつあるとし、短期的には厳しい局面が予想されるものの、中長期的には力強い成長が期待できるとの見方を示した。HSBCのエコノミストは、中国政府は2024年の経済成長率目標として「5%前後」を掲げているが、達成は可能とみている。『香港01』が4日伝えた。

[2024-04-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、NATOはウクライナ紛争の当事者ではなく、今後も当事者になることはないと述べた。記者会見で「NATOは戦闘部隊をウクライナ国内に派遣する計画はない。派遣の要請もない」と指摘している。

[2024-04-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)は、設立75周年を迎えた。ストルテンベルグNATO事務総長は式典で、米議会でウクライナに対する約600億ドルの支援策が阻止されていることに言及し、「欧州は安全保障のために北米を必要としている。同時に、北米も欧州を必要としている」と述べている。

[2024-04-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラム組織ハマス幹部のオサマ・ハムダン氏は、ハマス側が柔軟な姿勢を示しているにもかかわらず、パレスチナ自治区ガザをめぐる停戦交渉は進展していないと述べた。イスラエル政府は議論をはぐらかしており「交渉は悪循環に陥っている」と指摘していた。

[2024-04-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエル軍は、すべての戦闘部隊の休暇を一時的に停止すると発表した。シリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館周辺への空爆で軍司令官などが死亡したことを受け、イランによる報復の脅威が高まっているためだという。

[2024-04-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信は、2019年12月を最後に途絶えている日本、中国、韓国の首脳会談を、議長国の韓国が5月に開催する方向で調整を進めていることが分かったと報じている。元徴用工訴訟問題で悪化していた日韓関係や新型コロナウイルス流行の影響で滞っていた首脳対話が再開するという。韓国は昨年中や今年4月の実施を模索したが、実現しなかった。

[2024-04-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、AIだけじゃない、米株市場を押し上げる景気循環株、銀行株は今年、ハイテク株を上回るペースで上昇、景気循環株のホーム・デポなどは好調と伝えた。

[2024-04-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・5日の英国債相場は下落(利回りは上昇)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間6日3時時点の水準で、前営業日終値比0.048%高い(価格は安い)4.069%だった。

[2024-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾の蕭美琴次期副総統が3月にチェコを訪問中、現地の中国大使館関係者が車で蕭氏の車列を尾行していたとの報道があり、台湾外交部(外務省)は、チェコ側が調査していると明らかにした。

[2024-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾の呉外交部長(外相)は、台湾東部沖地震で中国との連帯を表明した南米ボリビアをX(旧ツイッター)で非難した。ボリビア側に「事実認識を進め、中国のでたらめな理屈に従ってはいけない」と懸念を示している。ボリビア外務省は地震の被災者を見舞い、「姉妹国の中華人民共和国との連帯」を声明で発表した。

[2024-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北朝鮮メディアは、金総書記が平壌で完成を控えた1万世帯分の住宅建設現場を、現地指導したと報じている。北朝鮮は2021年から5年間、平壌で毎年1万世帯分の住宅を新設する計画を掲げている。

[2024-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスが、カタールなどが行うイスラエルとの停戦交渉に向けて、幹部を含む代表団を7日にエジプト・カイロに派遣するとの声明を出したと報じている。

[2024-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグは、債券トレーダー、米国債利回り4.5%を意識、CPI上振れなら突破も、と伝えた。

[2024-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインはもみ合い。対ドルでは6万9200ドル台で推移し、対円では1051万円台で取引されている。

[2024-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエル軍がシリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館領事部を空爆してから8日で1週間。イランは「罪を後悔させる」(最高指導者ハメネイ師)と明言しつつも、これまで目立ったイスラエルへの反撃を控え、報復の時期や規模を慎重に見極めているとみられる。イランは強力な報復を訴える声が国内で強まる一方で、イスラエルやその同盟国の米国と直接衝突する事態は避けたいのが本音で、どこまで強硬に対抗すべきか苦慮しているもようだ。

[2024-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、国内テレビで放送されたインタビューで、ロシアによる激しい長距離攻撃が続けば、防空ミサイルが枯渇する恐れがあると警鐘を鳴らした。そのうえで、特に米国の防空システム「パトリオット」の重要性を強調し、25基が必要だと述べている。

[2024-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・エジプト国営テレビ局アルカヘラ・ニュースは、同国高官筋の話として、パレスチナ自治区ガザでの休戦をめぐりエジプトの首都カイロで行われた協議で進展があり、基本的な項目について全関係者が合意したと報じている。

[2024-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・テデーン・スウェーデン中銀(リクスバンク)総裁「ドル高に伴うスウェーデンクローナの影響に焦点を当てる必要」「以前よりも幾分さらにタカ派になっている」

[2024-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは買い優勢。対ドルでは一時7万600ドル台まで上昇したほか、対円では1074万円台まで買われる場面があった。

[2024-04-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・「イスラム組織ハマスはイスラエルが提案した停戦案を拒否した」ようだ。

[2024-04-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、円相場は34年ぶり安値となる重要な水準に近づいているが、日本の当局は今週発表される米消費者物価指数(CPI)統計を待って通貨の下支えに踏み切る可能性が高いと、スタンダードチャータードは指摘している。

[2024-04-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・スウェーデン中銀のテデーン総裁は、インフレの先行きの見通しは良好で政策金利の引き下げを近く開始できるとの見解を示した。一方で悪化するリスクも残っていると指摘している。

[2024-04-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、イスラム組織ハマス幹部のアリ・バラカ氏が、パレスチナ自治区ガザでの休戦をめぐりエジプトの首都カイロで行われた協議でイスラエルが提示した停戦案を拒否したと述べたと報じている。

[2024-04-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのネタニヤフ首相は、パレスチナ自治区ガザの南部ラファにイスラエル軍が侵攻する日程は決定していると発表した。ただ具体的な日程は明かさなかった。

[2024-04-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、イスラエルのネタニヤフ首相は8日、イスラム組織ハマスとの戦闘に勝利するにはパレスチナ自治区ガザ最南部ラファに侵攻し、ハマスの大隊を排除することが必要だと訴えた。「必ず実現する」と強調し、実際に侵攻する日も決まっていると主張。戦闘休止と人質解放を巡る間接交渉が続く中、ハマスに圧力をかけた。

[2024-04-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・時事通信によると、8日発表された2月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)は、物価の変動を反映させた実質賃金が前年同月比1.3%減と、23カ月連続のマイナスとなった。これは2008年秋のリーマン・ショックを挟んだ07年9月~09年7月に並ぶ過去最長だ。市場では、実質賃金のプラス転換は、高水準の賃上げが続く24年春闘の結果が反映される今夏以降となるとの見方が大勢だ。

[2024-04-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・豪ドル円は日本時間16時前につけた100.22円を下値に切り返し、2014年12月以来の高値となる100.48円まで上昇した。一部メディアが複数の関係者の話として、次回の日銀会合では24年度コアCPI見通しを従来2.4%から上方修正すると報じた。これを受けた円買い戻しの動きも限定的だった。

[2024-04-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは軟調。対ドルでは一時6万8922ドル前後まで下落したほか、対円では1047万円台まで売られる場面があった。

[2024-04-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、9日に行われた米短期金利先物のブロック取引が過去最大規模となり、米国債相場の上昇を後押しした。

[2024-04-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イラン革命防衛隊の海軍司令官は、アラブ首長国連邦(UAE)におけるイスラエルの存在をイランは脅威と見なしていると述べた。必要と判断すれば、原油輸送の要衝であるホルムズ海峡を封鎖することもあり得るとしている。

[2024-04-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、北東部ハリコフ州を視察した。そのうえで、ロシア軍はハリコフ州に対する攻撃を激化させており、ゼレンスキー氏は防御強化の必要性を改めて表明している。

[2024-04-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは下げ止まり。8日の72700ドル台を目先高値に右肩下がり、本日未明には68200ドル台まで値を下げていたが、ようやく底入れした感がある。そののち小反発に転じると、足もとは69000ドル前後で推移。しかし、上値は重いようで、目先は7万ドルレベルが抵抗になるといった声も聞かれていた。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・10日投開票の韓国総選挙(一院制の国会議員選)は、最大野党「共に民主党」が過半数を上回る170議席以上を獲得する見通しで、少数与党「国民の力」は現有議席割れとなる公算が大きい。尹大統領の求心力低下は避けられず、対日関係改善を進めた推進力にブレーキがかかる可能性もある。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・10日投開票の韓国総選挙(一院制の国会議員選)は、最大野党「共に民主党」が過半数を上回る170議席以上を獲得する見通しで、少数与党「国民の力」は現有議席割れとなる公算が大きい。尹大統領の求心力低下は避けられず、対日関係改善を進めた推進力にブレーキがかかる可能性もある。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ニュースサイト、ポリティコは、ウクライナのゼレンスキー大統領がインタビューに応じ、領土を割譲してロシアとの戦争を終わらせる案は拒否すると述べたと報じている。トランプ前米大統領がウクライナに領土割譲を迫り終戦に持ち込む考えを示したと米紙が報じていた。ゼレンスキー氏はトランプ氏をウクライナに招き協議したいとも指摘している。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは右肩上がり。昨日NYタイムの67500ドル台を目先安値に右肩上がりの展開で、一時71000ドル台を回復局面も。ただ、そろそろ上値も重くなりそうといった指摘も聞かれていた。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イランのメヘル通信は、11日午前0時から首都テヘラン上空での飛行を全面停止したと報じている。「軍事訓練」が理由。同国国防相の発言だという。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の金朝鮮労働党総書記が、金正日政治軍事大学を視察し、同国を取り巻く不安定な地政学情勢を踏まえると、今こそこれまで以上に戦争に備えるときだと述べたと報じている。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、コモディティー高騰、景気期待とインフレリスクを反映、価格上昇はFRBの利下げ計画を後退させかねない、と伝えた。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞は、電力消費、2050年に4割増、生成AI普及で想定超す爆食と伝えた。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イランのメヘル通信は、首都テヘラン上空の空域が閉鎖されたとの報道をX(旧ツイッター)の公式アカウントから削除した。また、そうしたニュースを伝えたことを否定する新たな投稿を行っている。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、イスラエルがエジプトで行われたパレスチナ自治区ガザでの停戦をめぐる協議で、ガザ北部へのパレスチナ人避難民の帰還を認めることに合意したが、イスラム組織ハマスに合意を結ぶ意向はないと受け止めていると、同国高官が明らかにしたと報じている。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は強含み、対円では1083万円前後と24時間比では約2.9%高の水準での値動き。BTCドルも7万0700ドル台で推移している。ビットコインのブロックチェーンでは、約4年に1度に発生する半減期が8-9日後に迫ってきた。1ブロック生成ごとのマイナーへの報酬が半分となり、供給量減少を受けた相場の反応が注目される。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、ウクライナの首都キーウの周辺で最大の発電所が、ロシアのミサイル攻撃で破壊された。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾外交部(外務省に相当)は、日米首脳が会談で台湾海峡の平和と安定の重要性を強調したことに謝意を示す談話を発表した。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾の馬英総統は、中台の対立は平和的解決が可能と述べ、台湾海峡両岸の人々が同じ文化と歴史を共有していると指摘した。中国訪問を終えた馬氏は、台湾の若者がイデオロギーを脇に置き、台湾と中国の歴史的・文化的なつながりを認識することを望むと述べている。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米誌ニューズウィークは、インドのモディ首相がインタビューで、同国と中国が「長期化した国境の状況」に早急に対処する必要があると述べたと報じている。国境問題で自国の主権と尊厳を守る決意を示した従来の発言に比べトーンダウンした。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国の李強首相は6月に豪州を訪問すると報じている。訪問は6月の第3週。同時期に3年に及ぶ豪州産ロブスターの事実上の輸入禁止措置が解除されるとしている。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF)は、香港に入境しようとしたスタッフが6時間拘束・取り調べを受けたのち、強制退去させられたと発表した。香港では外国からの干渉を含む犯罪を取り締まる国家安全条例が数週間前に制定されており、RSFは今回の件について香港の報道の自由がさらに後退したことを示すものと指摘した。

[2024-04-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央テレビは、北朝鮮の金総書記が朝鮮労働党のトップに就任してから、4月11日で12年になることで、父親の名前がつけられた軍幹部の養成機関を視察した様子を放送した。内部の結束を呼びかける狙いがあると見られるという。

[2024-04-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・「イランはイスラエルに対する攻撃を計画していたものの、土壇場で延期した」ようだ。

[2024-04-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)は、7日に発生したウクライナ南部のザポロジエ原発へのドローン攻撃を受けて緊急理事会を開催した。その冒頭、グロッシ事務局長は「この戦争における重大な分岐点だ」として、さらなる攻撃の自制を呼びかけている。

[2024-04-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・バルト3国のリトアニアの首都ビリニュスでバルト海、アドリア海、黒海に囲まれた中東欧地域の13ヵ国による協力枠組み「三海域イニシアチブ(3SI)」の首脳会合が開かれ、日本を戦略的パートナーとして承認した。3SIはエネルギーや運輸、デジタルのインフラ整備を推進しており、ウクライナの支援や復興で連携が注目されている。

[2024-04-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのネタニヤフ首相は、同国がパレスチナ自治区ガザで戦闘を続けながら、他の地域でも幾つかのシナリオに備えていると述べた。南部の空軍基地を訪問後に首相府がネタニヤフ氏の発言内容を公表した。

[2024-04-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・シンガポール金融通貨庁(MAS)は12日、政策バンドの中心値を据え置いたと発表した。通貨政策バンドの傾斜と変動幅も据え置いた。

[2024-04-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連総会は、北朝鮮制裁決議の履行状況を調べる専門家パネルの任期延長を定める安保理決議案にロシアが拒否権を行使したことを受け、説明を求める会合を開いた。北朝鮮の金星国連大使は「違法な決議案へのロシアの拒否権行使に深く感謝する」と述べ、露朝間の関係深化を印象付けた。

[2024-04-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、12日のロンドン金属取引所(LME)で銅相場が上昇し、2022年6月以来の高値を付けた。供給リスクの高まりや、世界的な需要回復への期待が背景にある。

[2024-04-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、イスラエルに対するイランの報復が近いとの見方が広がり、中東の緊張が高まっている。数日内の報復攻撃を想定し、ドイツのルフトハンザ航空は11日、イラン首都テヘランの発着便の運航を一時停止した。イスラエル空軍がイランへの反撃を想定した演習を実施したとも報じられ、独政府はイランに自重を求めた。

[2024-04-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、昨年の世界的な債券値上がりが続くことを期待していた投資家は、厳しい現実を突きつけられた。

[2024-04-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・早ければ今日にもイランがイスラエルを攻撃するようだと一部通信社が伝えた。

[2024-04-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北海ブレント原油は、昨年10月以来の高値に上昇。中東情勢の激化で。

[2024-04-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは軟調。対ドルでは一時6万8650ドル前後まで下落したほか、対円では1052万円台まで売られる場面があった。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルの民放テレビ局チャンネル12は、同国が、イランによる攻撃に対して「大規模な対応」を計画していると報じている。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連大使は、イランには米国との紛争関与の意図はない、という見解を示した。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルによりシリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館周辺が攻撃されたとしてイランが報復を表明するなか、イスラエルのガラント国防相と軍トップのハレビ参謀総長が、訪問している米中央軍のクリラ司令官と会合を開き、対応策を調整した。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イランの半国営通信ファルスは、同国軍関係者が、イスラエルへの報復攻撃中にヨルダンがイスラエル支援に動けば「次の標的」になると警告したと報じている。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国営イラン通信は、情報筋の話として、イランがイスラエルに弾道ミサイルの第1波を発射したと報じている。大規模報復に着手したことになる。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・読売新聞によると、イランの精鋭軍事組織「革命防衛隊」のホセイン・サラミ司令官と国軍のモハンマド・バゲリ参謀総長は14日、国営テレビに対し、イスラエルに対する報復攻撃が完了したことを明らかにした。両氏ともに作戦が「成功した」と評価し、イスラエルが反撃すれば、より厳しい措置で対抗すると強調した。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラム組織ハマスは声明で、パレスチナ自治区ガザでの休戦案に関し、仲介国のエジプトとカタールに回答を渡したと発表した。ハマスは回答で、恒久的な停戦やガザからのイスラエル軍の完全撤退などを改めて要求。イスラエルはこれらの要求に応じないと繰り返しており、ハマスは休戦案を実質的に拒否した形だ。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグは、地政学的リスクプレミアム、週明けの市場で低下する公算大、というコラム記事を配信した。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国営イラン通信は、イラン革命防衛隊がホルムズ海峡近くでイスラエル関連の貨物船を拿捕したと報じている。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・AP通信は、中東の要衝ホルムズ海峡近くで船舶が部隊に襲撃され、イラン革命防衛隊のヘリコプターが使用されたもようだと報じている。イスラエルへの報復攻撃との関連は不明だという。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、ヘッジファンドは9日までの週に円に対するショートポジションを2018年1月以来の高水準に積み上げた。ブルームバーグが伝えた。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イラン国連代表部は、X(旧ツイッター)で、イランの軍事行動は在シリアの外交施設への攻撃に対する報復だとし「イランとイスラエル間の紛争であり、米国は距離を置かなければならない」と介入をけん制した。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのネタニヤフ首相は、イランが発射した300超のドローン(無人機)とミサイルのほぼすべてを撃墜したと国軍が発表したことを受け、勝利を収めると表明した。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連安全保障理事会の今月の議長国マルタは、イランによるイスラエルへの大規模報復攻撃を協議する緊急会合を日本時間15日午前に開くと明らかにした。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は、首都平壌で12日に開かれた中国との国交樹立75周年の記念行事開幕式について1面で伝え、両国が「血盟関係」にあることを誇示した。両国は今年を「友好の年」と定めており、北朝鮮は経済を中心とした幅広い分野で中国との関係強化を図りたい考えだ。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのネタニヤフ首相は13日(現地時間)、イランの空襲以降に報復を考慮していたが、米国のバイデン大統領との電話会談直後にこれを撤回したと米ニューヨーク・タイムズ(NYT)が14日、2人のイスラエル官僚の言葉を引用して報じた。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ軍のシルスキー総司令官は、テレグラムに投稿した声明で、ロシア軍の最高指導部が5月9日までに東部ドネツク州チャソフヤールを占領する任務を部隊に課したとの認識を示した。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート中黒ジャーナル紙は、インフレに打つ手なしか、バイデン氏の「急所」、11月米大統領選の足かせに、食品価格はバイデン政権にはほとんど制御できない、と伝えた。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は週明けは買いが先行し、一時1015万円台まで上昇。週末は一部取引所で946万円台まで下落していたところから持ち直した。BTCドルが6万5500ドル台での値動き。こちらも週末には一時6万1300ドル台まで売られていた。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・アルミ相場は、少なくとも1987年以来の大幅上昇となっている。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イランの国連大使は安全保障理事会の緊急会合で、イスラエルを支持する米国がイランに軍事行動を起こした場合は応戦する構えを示し、米国をけん制した。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イラン労働通信は、同国外務省が、イスラエルへの報復攻撃をめぐり英国、フランス、ドイツの大使を呼び出して「無責任な姿勢」を問いただしたと報じている。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、15日の香港株式相場は3日続落した。ハンセン指数の終値は前週末比121.23ポイント(0.72%)安の1万6600.46だった。約3週間ぶりの安値。前週末の米株安の流れを引き継いだほか中東情勢の先行き懸念も根強く、売りが出た。一方、中国当局の政策期待が投資家心理の支えとなり、指数は次第に下げ渋った。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、香港は暗号資産(仮想通貨)のビットコインとイーサについて、現物取引に基づく上場投資信託(ETF)を始めることを資産運用会社に初めて認めた。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、銅の強気相場は、世界的な供給難に加えエネルギー転換や人工知能(AI)技術を支える堅調な需要に後押しされ、少なくとも今後3年間は続くとみられている。チリの首都サンティアゴで15─17日に開催される「CRU世界銅会議」を控え、業界アナリストが見通しを示した。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・15日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近5月限は軟調。23時19分時点では前営業日比1.36ドル安の1バレル=84.30ドル近辺で取引されている。

[2024-04-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ガラント・イスラエル国防相「イスラエルはイランの攻撃に応じるしかない」

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・「イスラエルの目的は全面戦争を引き起こすことなくイランに損害を与えること」「イスラエルは米国と連携して対イラン行動に乗り出すことを望んでいる」ようだ。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ガラント・イスラエル国防相「イラン攻撃に反撃するほか選択肢はない」

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イラン国営メディアは、同国のアブドラヒアン外相が、キャメロン英外相に対し、イランは緊張の高まりを望んでいないが、イスラエルが報復すれば即座に一段と強力に対応すると伝えたと報じている。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルの民放テレビ局チャンネル12は、同国の戦時内閣が会議で、イスラエルを無人機(ドローン)とミサイルで攻撃したイランに対し攻撃する意向はあるものの、全面戦争は引き起こさないようさまざまな選択肢を議論したと報じている。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞は、イスラエル再報復「明確に強力に」、危うい首相の延命策と伝えた。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ニュースサイト、アクシオスは15日、イスラエルのガラント国防相が14日のオースティン米国防長官との電話会談で、イランに「反撃せざるを得ない」と伝えたと報じた。共同通信が引用で伝えた。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米CNNテレビは、イスラム組織ハマスとの戦闘を続けるイスラエルが、パレスチナ自治区ガザ最南部ラファへの地上侵攻を延期したと報じている。イスラエルへの大規模攻撃を実施したイランへの対応を優先したとみられている。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・新発10年物国債利回りは上昇。一時0.875%と昨年11月以来、約5カ月ぶりの高水準をつけた。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアとの戦争をめぐり、最前線の行動や同盟国からの兵器供給について軍司令官らと検討を行った。ビデオ演説で、都市やインフラに対するロシアの攻撃を防御するため防空システムが必要だと改めて強調。イランによるイスラエル攻撃の防衛で示したような団結を、ウクライナへの支援でも示すよう同盟国に呼びかけている。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北朝鮮メディアは、モンゴルのフレルスフ大統領が、北朝鮮が15日に故金日成主席の生誕記念日を迎えたことを受け、金朝鮮労働党総書記に祝電を送ったと報じている。フレルスフ氏は「都合の良い時期にモンゴルを訪問することを改めて招請したい」と記したという。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は、イスラエルがイラン核施設を攻撃する可能性について「我々は常にこの可能性を懸念している」と述べ、双方に「極度の自制」を求めた。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、16日の東京外国為替市場の円相場は対ドルで一時154円61銭と、連日で約34年ぶり安値を更新。米国で強い経済指標を受けて金利が上昇してドル高が進んだ流れが続く中、欧州勢参入とともに米長期金利が上昇すると、前日に付けた1990年6月以来の安値154円45銭を更新した。市場では心理的節目の155円が近づき介入警戒感が高まっている。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは弱含み。一時61700ドル台まで下落する局面も観測されていた。足もとは小戻した62000ドル台で推移。しかし、リスクは下向きと捉える向きも少なくなく、再下落を懸念する声もあるようだ。

[2024-04-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・スリランカ政府は、約120億ドルの債務再編で債権者と合意できなかったと発表した。ロンドン証券取引所に提出した文書で「運営委員会は、制限付き協議の延長に同意しなかった」としている。

[2024-04-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は、北朝鮮が北西部東倉里にある西海衛星発射場で軍事偵察衛星の発射計画を何らかの理由で一時中断したが、4月末までに打ち上げる可能性があるとの分析を明らかにした。商用衛星による写真や韓国政府当局者の発言を基にしたという。

[2024-04-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、軍への動員態勢を再構築する法律に署名した。約1ヵ月の移行期間を経て発効する。ロシアの侵攻が長期化して死者数が増えるなか、ウクライナは兵士の早期確保を迫られていた。

[2024-04-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのエーデルシュタイン議員は、イランによる先週末の攻撃へのイスラエル側の対応は一連の敵対行為に一線を引きつつ、イランに抑止のメッセージを送ることが目的になると述べた。

[2024-04-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、カナダは企業や富裕層に対するキャピタルゲイン課税を引き上げる。住宅を購入しやすくし、若年層を支援することを狙った新たな歳出のための財源確保を目指す。

[2024-04-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・韓国ウォンは買い先行。昨日には世界的なドル高を受けてドル・ウォンは1400ウォン付近と2022年11月以来の水準を付けたが、本日は1388ウォン付近とドル安・ウォン高水準で始まっている。李韓国中銀総裁が「最近のウォンの下落はやや行きすぎ、ボラティリティに対応する十分な手段がある」と述べたほか、韓国企画財政省が為替変動で適切な措置を講じる可能性に言及したことも影響しているか。

[2024-04-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は下げ渋り、対円では990万円付近での値動き。昨日960万円前後まで下押ししたものの、一巡後は買い戻しが優勢となった。

[2024-04-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イラクのスダニ首相は、イランが13日に実施したイスラエルへの報復攻撃で、イラク領内からミサイルや無人機(ドローン)が発射されたとの報告や兆候はないと述べた。

[2024-04-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、外国為替市場で円安ドル高が止まらないなか、米ワシントンでは米時間17日から20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が始まる。日本は円安の加速に歯止めをかけたい意向だが、対ドルでの為替相場をめぐる状況は国・地域によって大きな差がある。

[2024-04-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・17日の日経平均株価は大引けにかけて半導体などハイテク株中心に売り直されて下げ幅を広げ、前日比509円安の3万7961円と2月14日以来2カ月ぶりに3万8000円を下回わって3日続落で大引けた。

[2024-04-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは軟調。対ドルでは一時6万660ドル前後と3月5日以来の安値を付けたほか、対円では938万円台と3月20日以来の安値まで売られる場面があった。

[2024-04-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、国連安全保障理事会が、パレスチナの国連正式加盟申請の勧告に関する決議案を19日に採決すると報じている。正式加盟が認められれば、事実上、パレスチナ国家が承認されることになるため、イスラエルの同盟国である米国は拒否権を行使してこれを阻止するとみられている。

[2024-04-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのネタニヤフ首相は、訪問している英国のキャメロン外相、ドイツのベーアボック外相と会談し、支援に感謝しているとした上で、自国を防衛する方法について自ら決定すると述べた。

[2024-04-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・レバノンに拠点を置く親イラン武装組織ヒズボラは、イスラエル軍の攻撃でヒズボラ構成員が死亡したことへの報復として、イスラエル北部の軍事施設にミサイルとドローン(小型無人機)を発射したと発表した。イスラエル軍によると、この攻撃で兵士14人が負傷。うち6人が重傷だという。

[2024-04-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は対円で945万円前後と24時間比4.5%安で推移。昨日はロングの投げを巻き込みながら一時930万円割れと、最高値から15%超安となる水準まで下げ幅を広げた。NY引けにかけて持ち直したものの、戻りは960万円付近と限られている。

[2024-04-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国営放送は、ヨルダンのサファディ外相がインタビューで、イランによる攻撃にイスラエルが報復すれば中東地域全体が壊滅的な戦争に引き込まれる現実的な危険が生じる恐れがあると述べたと報じている。

ニュースの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース