オッリ・レーンの発言・ニュース

オッリ・レーン

 オッリ・レーンは1962年生まれのフィンランドの政治家で、EU(欧州連合)の委員です。

 レーンは、デフォルトの危機にあるギリシャが、トロイカからの救済措置の条件について受け入れるべきか議会で押し問答をしている際に、「ギリシャが即時デフォルトを避ける方法は救済条件を受け入れる事だ。分かりやすく言わせてもらおう、早期デフォルトを避けるプランBは存在しない」とデフォルト問題に揺れていたギリシャに対して強い発言を述べている。

 また、レーンは委員に就く前には、フィンランドで数多くの政治的部署で働いていた人物としても知られている。

HDP

中間派

 HDP   -1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-05-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーンECB専務理事「持続的なインフレ上昇の可能性を否定」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のオッリ・レーンの発言・ニュース

[2021-05-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーンECB専務理事「持続的なインフレ上昇の可能性を否定」

[2021-05-05][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト「ワクチン普及や経済の制限解除はECB3月見通しに織り込まれている」「来年のインフレは1%台前半を予測」
・レーンECB専務理事兼チーフ・エコノミスト「債券購入の削減はインフレや資金調達の状況次第」「金融緩和政策はゼロ金利を条件にはしていない」

[2021-04-30][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーンECB専務理事兼チーフ・エコノミスト「ワクチン接種が進展し、欧州経済は今後数カ月で大きく回復する可能性」
・スウェーデンの現地紙とのインタビューで、レーンECB専務理事はユーロ圏経済について、新型コロナウイルスのパンデミックによるW型の景気後退から完全に回復するまではいかないまでも今後数ヵ月で大きく回復する可能性があると述べた。

[2021-04-08][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・ECB理事会メンバーでもあるレーン・フィンランド中銀総裁はオンラインセミナーで、新型コロナウイルス感染拡大によるパンデミックで引き起こされた公衆衛生危機と経済危機の双方が終息するまで、ECBは超緩和的な金融政策を維持する必要があると述べた。
・レーン・フィンランド中銀総裁「インフレがユーロ圏でかなり減速する恐れ」「米国の刺激策によるポジティブな波及効果がみられる」「緩和的な政策を維持することがよい」

[2021-03-31][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーン・フィンランド中銀総裁「インフレ見通しは弱い、緩和政策が必須」

[2021-03-26][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーン・フィンランド銀行(中央銀行)総裁「重要なのは、インフレ目標2%が対称的であること」

[2021-03-23][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーンECB専務理事兼主任エコノミスト「パンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)を通じた債券購入額は、今後着実に増加していく」
・CNBCは、レーンECB専務理事がインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大にともなうロックダウン(都市封鎖)の再導入で2四半期の欧州の状況は厳しいとの見方を示したうえで、ECBは借り入れコストを極めて低く抑えるという責務を果たしていくと述べたと報じている。

[2021-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・ECBのチーフエコノミストを務めるレーン専務理事は、長期的な名目債券利回りを注視する考えを示した。同時に、資金調達環境が良好かどうかを判断するうえで、翌日物金利スワップ(OIS)曲線や域内GDP加重の国債利回り曲線の動きを注目していると表明している。
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のレーン、シュナーベル両専務理事は26日、ECBは最近の国債利回りの上昇を注視しているが、特定の金利水準を目標としたり、市場の動きに機械的に反応したりすることはないとの立場を示した。

[2021-02-25][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト「ECBは長期債利回りの推移を注意深く見ている」

[2021-02-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーン・カナダ銀行(中央銀行、BOC)副総裁「最近の暗号通貨の急騰は投機的なマニアのようにみえる」

(最終更新日時 2021-05-07 01:28)

オッリ・レーンの発言・ニュース バックナンバー

オッリ・レーン カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース