オッリ・レーンの発言・ニュース

オッリ・レーン

 オッリ・レーンは1962年生まれのフィンランドの政治家で、EU(欧州連合)の委員です。

 レーンは、デフォルトの危機にあるギリシャが、トロイカからの救済措置の条件について受け入れるべきか議会で押し問答をしている際に、「ギリシャが即時デフォルトを避ける方法は救済条件を受け入れる事だ。分かりやすく言わせてもらおう、早期デフォルトを避けるプランBは存在しない」とデフォルト問題に揺れていたギリシャに対して強い発言を述べている。

 また、レーンは委員に就く前には、フィンランドで数多くの政治的部署で働いていた人物としても知られている。

HDP

中間派

 HDP   -1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-10-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーンECB専務理事兼首席エコノミスト「中期インフレ圧力はECBの目標を下回る」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のオッリ・レーンの発言・ニュース

[2021-10-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーンECB専務理事兼首席エコノミスト「中期インフレ圧力はECBの目標を下回る」

[2021-10-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・カナダ中銀のレーン副総裁は、当面は中銀デジタル通貨(CBDC)を導入する予定はないと改めて述べた。ただ、現金の使用が減少すれば導入する可能性はあるとしている。また、このような状況が続くと「一部の世帯が冷遇され、経済への十分な関与を事実上損ないかねない」とし、「現金と同等のデジタル通貨が金融包摂において重要な役割を果たすかどうか真剣に検討する必要がある」と指摘していた。
・レーン・フィンランド中銀総裁「欧州には依然として経済の緩み余地がある」「ユーロ圏のインフレは依然としてほとんど一時的」「一時的なインフレであるという証拠は非常に説得力がある」
・ECB理事会メンバーでもあるレーン・フィンランド中銀総裁は講演で、ユーロ圏のインフレ高進はおおむね一過性のものとしながらも、長期化すれば家計と企業のインフレ期待が上昇する可能性があるとの見方を示した。
・レーンECB専務理事兼チーフ・エコノミスト「市場はECBのフォワードガイダンスを十分に理解していない可能性がある」

[2021-10-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーン欧州中央銀行(ECB)理事「金融政策の行動をもたらすものはない」
・ECBのレーン専務理事兼主任エコノミストは、ユーロ圏で現在みられるインフレ高進をめぐり、サービス価格や賃金の伸びが依然として弱いため金融政策を変更するきっかけにはならないと述べた。

[2021-10-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーンECB専務理事兼主任エコノミスト「賃金の一時的なシフトはインフレのトレンドを暗示するものではない」「エネルギー価格のショックはヘッドラインのインフレ率を上昇させる可能性がある一方、基礎的インフレ率の経路に下向きの圧力を及ぼす可能性がある」
・レーン欧州中央銀行(ECB)理事「中間インフレの勢いは遅すぎる、早すぎるのではない」「インフレ高進は中期見通しを変えず」

[2021-10-08][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーンECB専務理事兼主任エコノミスト「インフレ上昇は一時的と予想」「エネルギーショックは以前にも起きている」
・レーンECB専務理事兼主任エコノミスト「インフレの上昇は一時的」「ユーロ圏はインフレのレッドゾーンからは非常に遠い」

[2021-09-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、ECBのレーン専務理事兼主任エコノミストがドイツのエコノミストを集めた私的な会合で、ECBが2025年までに2%のインフレ目標を達成すると見込んでいると明らかにしたと報じている。

[2021-09-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト「PEPPの額はECBの金融政策スタンスの指標ではない」「イールドカーブは依然として低い」
・レーン・フィンランド中銀総裁「成長は堅調だが、ボトルネックやウイルスの影響で見通しは不透明であり、まだ支援が必要」「利上げする必要性はまだ見えていないが、いつかは実施される」「目標を上回るインフレ率は一時的であり、中期的な見通しはスラックと緩やかな賃金圧力によって弱められている」

[2021-08-26][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・ロイターは、レーンECB理事がインタビューに応じ、米金融当局のテーパリングの余波が市場に及んだ場合に備え、ECBは対応を準備していると述べたと報じている。「ECBは受け身の傍観者ではない。ユーロ圏の資金調達環境に影響が波及する場合は、すでに示しているように、適切な行動を取る意思も能力もある」と語ったという。

[2021-07-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーン・フィンランド中銀総裁「新たなインフレ目標は明白」「フォワードガイダンスに関する結論を22日に発表する」

[2021-06-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.1]
・レーンECB専務理事兼主任エコノミスト「パンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)の終了についての議論は不要であり、時期尚早」「欧州中央銀行(ECB)は、パンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)の金額を固定していない」

(最終更新日時 2021-10-21 17:23)

オッリ・レーンの発言・ニュース バックナンバー

オッリ・レーン カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース