オッリ・レーンの発言・ニュース

オッリ・レーン

 オッリ・レーンは1962年生まれのフィンランドの政治家で、EU(欧州連合)の委員です。

 レーンは、デフォルトの危機にあるギリシャが、トロイカからの救済措置の条件について受け入れるべきか議会で押し問答をしている際に、「ギリシャが即時デフォルトを避ける方法は救済条件を受け入れる事だ。分かりやすく言わせてもらおう、早期デフォルトを避けるプランBは存在しない」とデフォルト問題に揺れていたギリシャに対して強い発言を述べている。

 また、レーンは委員に就く前には、フィンランドで数多くの政治的部署で働いていた人物としても知られている。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-05-27][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
・レーンECB専務理事兼主任エコノミスト「欧州中央銀行(ECB)は利下げを開始する準備が整っている」
・レーン・フィンランド中銀総裁「6月に利下げの時期が熟す」「利下げを想定するためには、引き締め姿勢の継続が前提」「金利経路に前もってコミットしない」「データに基づき、会合ごとのアプローチをとる」
・レーンECB専務理事兼主任エコノミスト「2024年の残りの期間にインフレ率がスムーズに低下しなかったとしても、2025年の間にさらなるディスインフレが予想される」「欧州中央銀行(ECB)の賃金トラッカーは、全体的な賃金圧力が2023年以降緩やかになっていることを示している」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のオッリ・レーンの発言・ニュース

[2024-05-27][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
・レーンECB専務理事兼主任エコノミスト「欧州中央銀行(ECB)は利下げを開始する準備が整っている」
・レーン・フィンランド中銀総裁「6月に利下げの時期が熟す」「利下げを想定するためには、引き締め姿勢の継続が前提」「金利経路に前もってコミットしない」「データに基づき、会合ごとのアプローチをとる」
・レーンECB専務理事兼主任エコノミスト「2024年の残りの期間にインフレ率がスムーズに低下しなかったとしても、2025年の間にさらなるディスインフレが予想される」「欧州中央銀行(ECB)の賃金トラッカーは、全体的な賃金圧力が2023年以降緩やかになっていることを示している」

[2024-05-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
・レーンECB専務理事兼主任エコノミスト「インフレ率が目標に向かって鈍化していくことを確信している」

[2024-05-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
・レーンECB専務理事「我々は引き続きデータ依存のアプローチをとっていく」「我々は特定の金利経路を事前に約束しているわけではない」

[2024-04-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
・レーン・フィンランド銀行(中央銀行)総裁「インフレ率はECBの2%目標に向かって収束しつつある」「ECBの金利は現在進行中のディスインフレプロセスに大きく貢献しているが、現在の水準を長期間維持する必要性はもはやないと考える」
・レーン・フィンランド銀行(中央銀行)総裁「インフレ率が持続的に2%の目標に収束し続けると確信できれば、6月に利下げを開始することが適切」

[2024-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
・ECBのチーフエコノミストを務めるレーン専務理事は、ユーロ圏のインフレ率は来年にはECBが目標とする2%に到達するとの見通しを示した。ただ当面は、現在の「でこぼこ」な道のりが続くとしている。
・ECB理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁は、インフレ率が予想通り鈍化すればECBが6月に政策金利を引き下げる可能性があると述べた。
・レーン・フィンランド中銀総裁「インフレ(低下)の後退がなければ6月利下げ」「6月の評価でインフレが目標に向かって収束していることが確認されれば、利下げする可能性がある」
・レーン・フィンランド中銀総裁「これは、地政学やエネルギー価格などでさらなる後退が起こらないことを前提としている」「今後の金利決定により、政策が必要な限り十分に制限的なものとなることが保証される」

[2024-04-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
・レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト「インフレが予想通り鈍化すれば6月に利下げの可能性がある」
・レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト「賃金圧力は徐々に緩やかになっているが、依然として高い水準にある」「インフレ率は当面、現在の水準前後で変動すると予想される」
・レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト「より広範なインフレ指標に比べ、国内インフレに関する進展ははるかに少ない」「インフレ率が2%の目標達成に見合う率に収束するためには、賃金上昇率の減速が必要である」

[2024-03-26][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
・ECBのチーフエコノミストを務めるレーン専務理事は、賃金の伸びが正常な水準に戻りつつあると確信を深めており、利下げへの道が開ける可能性があると述べた。市場は現在、ECBは6月か7月に利下げに着手すると予想。年内の合計の利下げ幅は0.9%になると予想されている。

[2024-03-25][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
・レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト「インフレに関してよい進展が見られている」「賃金の伸びが正常に戻りつつあると確信」
・レーンECB専務理事「賃金の正常化進展の軌道上にあると自信」

[2024-03-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
・レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト「労働市場は多くの点で軟化している」「企業はもはや労働力不足をそれほど恐れていない」

[2024-03-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
・レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト「ディスインフレの進行が続いている」「もう少しデータがあれば自信を得るのに役立つ」
・レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト「サービスインフレに注目する必要がある」「利下げが4月か6月か、過剰な分析はしない」

(最終更新日時 2024-05-28 10:42)

オッリ・レーンの発言・ニュース バックナンバー

オッリ・レーン カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース