ロシア政府関係

ロシア政府関係のイメージ画像

 2020年2月の期間中のロシア政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2020年2月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2020年2月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-02-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのノーボスチ通信は、同国外務省のザハロワ報道官が、横浜港に停泊している大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の船内で新型肺炎の感染が広がっている問題について、「ロシアの専門家とも協議したが、日本の対応には大きな疑問がある」と指摘したうえで、「日本の対応は混沌として場当たり的だ」と批判したと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ロシア政府関係による2020年2月 発言・ニュース

[2020-02-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのノーボスチ通信は、同国外務省のザハロワ報道官が、横浜港に停泊している大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の船内で新型肺炎の感染が広がっている問題について、「ロシアの専門家とも協議したが、日本の対応には大きな疑問がある」と指摘したうえで、「日本の対応は混沌として場当たり的だ」と批判したと報じている。

[2020-02-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ報道官は、ラブロフ外相が14日からドイツのミュンヘンで始まる国際会議に合わせて、茂木外相と会談を行う予定だと正式に明らかにした。そうしたなか、ソフトバンクの元社員が機密情報を持ち出したとして逮捕された事件について、警視庁が在日ロシア通商代表部の代表代理を書類送検する方針となっていることなど、日本側の対応をめぐって「交渉前の雰囲気を壊すもので、よいステップにはならない」とけん制している。

[2020-02-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア政府関係者が、プーチン大統領が新たな憲法で自国領土の割譲を禁止するか検討する考えを示したことについて、北方領土をめぐる日本との交渉はあくまでも国境線の画定に関するものだとして、現在の平和条約交渉に直ちに影響を与えるものではないという見方を示したと報じている。

ロシア政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース