ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-14][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロイターは、ロシアが主導し、中央アジアのカザフスタンに1週間派遣した軍事部隊が13日に撤退を始めたと報じている。カザフをめぐっては、国家安全保障委員会議長だったマシモフ氏についてもクーデター未遂の疑いで捜査していると当局が発表するなど、情勢が不安定になっている。
・ロシア語国際放送RTVIは、同国のリャプコフ外務次官がインタビューに応じ、ウクライナ情勢が緊迫するなかで行われた米欧との協議について、立場の隔たりが大きく「近日中に再び集まって同じような議論を始める理由はない」と述べたと報じている。
・時事通信によると、ロシアによる国境付近への軍部隊集結でウクライナ情勢が緊迫する中、米欧とロシアの一連の協議が13日まで行われた。緊張緩和を促す米欧に対し、ロシアは北大西洋条約機構(NATO)の東方不拡大を求めて強硬姿勢を崩さず、議論は平行線に終始。ロシア側は近日中の再協議はないと表明しており、緊張が続きそうだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2022-01-14][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロイターは、ロシアが主導し、中央アジアのカザフスタンに1週間派遣した軍事部隊が13日に撤退を始めたと報じている。カザフをめぐっては、国家安全保障委員会議長だったマシモフ氏についてもクーデター未遂の疑いで捜査していると当局が発表するなど、情勢が不安定になっている。
・ロシア語国際放送RTVIは、同国のリャプコフ外務次官がインタビューに応じ、ウクライナ情勢が緊迫するなかで行われた米欧との協議について、立場の隔たりが大きく「近日中に再び集まって同じような議論を始める理由はない」と述べたと報じている。
・時事通信によると、ロシアによる国境付近への軍部隊集結でウクライナ情勢が緊迫する中、米欧とロシアの一連の協議が13日まで行われた。緊張緩和を促す米欧に対し、ロシアは北大西洋条約機構(NATO)の東方不拡大を求めて強硬姿勢を崩さず、議論は平行線に終始。ロシア側は近日中の再協議はないと表明しており、緊張が続きそうだ。

[2022-01-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・グルシュコ露外務次官「NATOの歴史は戦争と介入」「NATOのいわゆる平和目的とする声明を受け入れることはできない」
・時事通信によると、抗議デモが拡大した後、中央アジアのカザフスタンに派遣されていたロシア主導の軍事同盟「集団安全保障条約機構(CSTO)」の平和維持部隊が13日、混乱の収束を受けて撤収を開始した。ロシア国防省が発表した。

[2022-01-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロイター通信によると、ロシアは11日、ウクライナとの国境付近で戦車と実弾を使った軍事演習を実施した。

[2022-01-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・リャブコフ露外務次官「ロシアはNATO拡大に関する懸念を詳細に説明」「米国側はロシアの懸念に真剣に取り組んでいる」「米国に、緊張拡大を心配する必要はないと述べた」「今後の会談継続について今週の協議次第」
・リャブコフ露外務次官「米国が我々の要求全てを受け入れるとは思わないが、ウクライナがNATOに加盟しないとの確約は絶対に必要」「ウクライナのNATO加盟についての問題は何の進展もなかった」
・露次官「ウクライナ攻撃の意図なし」
・インタファクス通信は、ロシアと米国の両政府が、スイス・ジュネーブで2国間の「戦略的安定対話」を開いた。ロシアのリャプコフ外務次官は会見で、欧州安全保障について「北大西洋条約機構(NATO)不拡大の法的保証が必要」と述べ、ロシアは安全保障に対する要求について妥協しない姿勢を強調したと報じている。
・ロシアのプーチン大統領は、ロシアが主導する旧ソ連諸国の集団安全保障条約機構(CSTO)の首脳会議で、政府に対する抗議デモが発生したカザフスタンを外国が後ろ盾するテロリストから守ることができたとして勝利を宣言した。同時に、他の旧ソ連諸国もCSTOが守ると表明している。
・ロイター通信によると、ロシア産天然ガスを欧州に輸出するパイプライン「ヤマル・ヨーロッパ」の流れが昨年12月21日以降、約3週間連続で東向きに「逆流」していることが10日、ドイツのパイプライン管理会社ガスケードのデータで分かった。

[2022-01-10][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・北大西洋条約機構(NATO)は、テレビ会議形式の外相会合を開き、ウクライナにおけるロシアの軍事行動に備えて引き続き結束すると表明した。NATOの米代表部は「NATOは7日の臨時外相会合でロシアによるウクライナ侵攻に対応する結束を再確認した」と発表している。今回の外相会合は、10日にジュネーブで予定されている米露当局者による安全保障関連協議に先立ち行われたモノ。そののち12日にはブリュッセルで「北大西洋条約機構(NATO)ロシア理事会」の会合、13日にはウィーンで米ロが加盟する欧州安保協力機構(OSCE)の枠組みでの協議が行われる予定だ。
・ロシア軍の極東地域を管轄する東部軍管区は、クリル諸島(北方領土と千島列島)で、高性能地対空ミサイル「S300V4」の発射訓練を実施したと発表した。訓練はミサイルの配備先とされる北方領土の択捉島で行われたとみられる。露軍はS300V4を2020年12月に北方領土に配備。21年11月にも発射訓練を実施している。
・共同通信によると。ロシアのプーチン大統領は10日にオンライン開催された旧ソ連諸国でつくる集団安全保障条約機構(CSTO)の緊急首脳会議で、中央アジア・カザフスタンの暴動について「われわれは『カラー革命』を容認しない」と述べ、外部勢力による政権転覆の試みだったとの見方を示した。

[2022-01-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府は、ロシア支援の連合がカザフスタンに派兵と明らかにした。
・ロシア政府は、ロシアと同盟国がカザフスタンに派兵へ、と明らかにした。

[2022-01-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・タス通信は、ロシア外務省のザハロワ情報局長が、核保有五大国による声明は4日開幕予定だった核拡散防止条約(NPT)再検討会議に合わせ、ロシアの主導で準備されたと述べたと報じている。

[2022-01-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・共同通信によると、ロシア政府の新型コロナウイルス対策本部は3日、1日当たりの新規感染者が1万6343人だったと発表した。昨年6月以降で最少。同11月には1日当たり4万人を超えていた。死者は一時、連日千人を超えていたが、3日の発表では835人。感染者も死者も減少傾向にある。プーチン大統領は昨年末の記者会見で、ワクチン接種や感染により国民の約6割が免疫を獲得したと述べていた。

[2021-12-31][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、ウクライナをめぐる緊張のなか、リャプコフ外務次官とシャーマン米国務副長官が、来年1月10日にジュネーブで行われる2国間安全保障協議を主導すると発表した。
・ロイターは、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟で構成する「OPECプラス」が年明け1月4日に開く次回会合で、毎月40バレルずつ増産する現行の小幅増産を維持する公算が大きいと、関係筋4人が明らかにしたと報じている。
・ロイターは、ロシアが来年初めに新型コロナウイルスのオミクロン変異株による感染急拡大を警戒していることが、複数関係筋の話で明らかになったと報じている。大統領府に近い関係筋は「1-2月に感染拡大の新たな波が発生すると予測されている」とし、一日の新規感染者数が5万人を超える恐れもあるとの見方を示したという。
・インタファクス通信は、ロシアのウシャコフ大統領補佐官が、ウクライナ情勢で米側が大規模制裁を警告している点について、プーチン大統領が「その場合はロシアと欧米の関係は崩壊する」と応じたと述べたと報じている。

[2021-12-30][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのウリヤノフ在ウィーン国際機関代表は、米国のイラン担当高官とウィーンで会談したと明らかにした。しかし、米国務省は会談について、外交上の会談の詳細については説明しないと回答している。

(最終更新日時 2022-01-15 11:23)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース