ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-07-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ブルームバーグは、ロシアとドイツを結ぶ海底ガスパイプライン「ノルドストリーム2」をめぐり、米国とドイツが合意に近づいていると報じている。入手した合意文書の草案によると、ロシアがウクライナに対する武器としてエネルギーを活用する場合、ドイツは制裁やその他の報復措置をとる構えだという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2021-07-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ブルームバーグは、ロシアとドイツを結ぶ海底ガスパイプライン「ノルドストリーム2」をめぐり、米国とドイツが合意に近づいていると報じている。入手した合意文書の草案によると、ロシアがウクライナに対する武器としてエネルギーを活用する場合、ドイツは制裁やその他の報復措置をとる構えだという。

[2021-07-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・インタファクス通信は、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が、中国の王国務委員兼外相とウズベキスタンで会談し、アフガニスタン情勢などについて協議したと報じている。王氏は中露両国の「戦略的連携の深化」に意欲を示し、16日の中露善隣友好協力条約の締結20年の節目を前に、両国の結束を確認したという。

[2021-07-15][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア政府は、同国のプーチン大統領がケリー米大統領特使(気候変動問題担当)と電話会談し、気候変動は「ロシアと米国が共通の関心を持ち、同様のアプローチを取っている分野のひとつだ」と述べたことを明らかにした。ケリー氏は気候変動問題についてロシア当局者と協議するためモスクワを訪れている。

[2021-07-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、ケリー米大統領特使(気候変動問題担当)とモスクワで会談した。ラブロフ氏はケリー氏の訪露は、米露関係の発展と緊張緩和の観点から「重要かつ前向きなシグナルだ」と歓迎した。
・ロシアのシルアノフ財務相は公表したコメントで、インフレ率が高水準で推移するなかで景気刺激策を継続すれば、世界経済にリスクをもたらし、市場の大幅変動と経済成長の鈍化につながる恐れがあるとの見方を示した。

[2021-07-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ウクライナ国防省は、ロシア当局と関係のあるハッカー集団が9日にウクライナ海軍のウェブサイトを攻撃し、米国とウクライナなどの海軍が黒海上で行う多国籍軍事訓練「シーブリーズ2021」に関する偽の報告書を公開したと発表した。
・ロシアを訪問したインドのジャイシャンカル外相は、モスクワでラブロフ外相と会談し、2国間関係をさらに発展させることで一致した。ジャイシャンカル氏は年内の印露首脳会談開催など政治対話の拡大を表明し、ラブロフ外相はインドとの自由貿易協定の交渉着手に期待を示している。
・ロイター通信によると、ロシアのペスコフ大統領報道官は12日、今月9日に行われた米ロ首脳の電話会談では、石油輸出国機構(OPEC)プラスや国際原油価格は議題にならなかったと述べた。

[2021-07-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、日本との平和条約について「経済、人道分野、外交政策で包括的な相互協力関係を構築する」という理念に基づいて締結すべきだと日本側に提案したと明らかにした。ただ、北方領土問題の解決に後ろ向きな姿勢を示し、条約交渉の進展につながるかどうかは不透明だ。

[2021-07-07][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア財務省「政府系ファンド、ドル資産から他通貨資産への移行が完了」
・ブルームバーグは、ロシア政府の支援を受けるハッカー集団が先週、米共和党全国委員会(RNC)のコンピューターシステムにサイバー攻撃を仕掛けたと、事情に詳しい関係者2人が明らかにしたと報じている。

[2021-07-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・産経新聞は、ロシア政府が日本の排他的経済水域(EEZ)にある好漁場「大和堆(やまとたい)」を含む日本海で「ミサイル射撃」を行うと日本政府側に通告したことが分かった、と報じている。国際法では他国のEEZ内での軍事演習を明確に禁じていないが、ロシア軍は日本海で軍事活動を活発化させる一方、不法占拠する北方領土でも演習を繰り返している。

[2021-07-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ情報局長は、日本国内で6月24日に始まった陸上自衛隊と米陸軍による共同訓練「オリエント・シールド21」に関し、「前例のない規模に注目せざるを得ない」と不快感を示した
・ロシア大統領府は、自国の領海と認識する黒海のクリミア半島沖を英駆逐艦が航行したことについて、厳しい対応が求められる挑発行為だとの認識を示した。

[2021-06-30][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロイター通信によると、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国でつくる「OPECプラス」の合同専門委員会は、先行き不透明感が強く、2022年4月以降、世界の石油市場が不均衡になるリスクがあるとの見解を示した。ロイターが30日、極秘報告書を把握した。同委員会は、石油市場の需給について、さまざまなシナリオを検証。2022年末までに原油が供給過剰になるとの見方を示した。

(最終更新日時 2021-07-22 18:47)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース