ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-12-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのノバク・エネルギー相は、同国が先週の減産合意の下で、来年1月に少なくとも日量5-6万バレルの減産を実施することを明らかにした。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2018-12-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのノバク・エネルギー相は、同国が先週の減産合意の下で、来年1月に少なくとも日量5-6万バレルの減産を実施することを明らかにした。

[2018-12-07][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア軍が北方領土を含む島々にレーダー基地を新たに設置したと報じている。ロシアとしては、この地域を軍事的に重視する姿勢を示す狙いがあるものとみられている。

[2018-12-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ情報局長は記者会見で、米国がロシアに対し、60日以内に中距離核戦力(INF)全廃条約を完全に順守するよう要求したことについて「根拠のない非難」と反発し、ロシアの条約違反を示す証拠はないと主張した。

[2018-12-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアとトランプ陣営の癒着疑惑捜査を監督するモラー特別検察官は、フリン前大統領補佐官(国土安全保障担当)について、「捜査に多大な協力をしており、寛大な措置を勧告」などと発言した。

[2018-12-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのペスコフ大統領報道官は、プーチン大統領がトランプ米大統領との対話を継続する用意があることを明らかにした。
・ロシアとサウジアラビアは、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国で構成する「OPECプラス」の枠組みを2019年も継続することで合意した。ただ両国は、新たな減産については正式に決定していない。

[2018-11-30][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアが、クリミア半島に新型地対空ミサイルシステム「S400」を配備したと報じている。
・ロシアによるウクライナ艦船拿捕(だほ)事件で戒厳令を発動中のウクライナのポロシェンコ大統領は30日、16~60歳のロシア人男性の入国を制限したと明らかにした。ロシアの情報機関や軍関係者が主導した工作活動や攻撃などを防ぐねらいとみられる。事件を「挑発」と主張するロシアとの応酬が強まっている。
・ロシアの独立系世論調査機関レバダ・センターは30日、北方領土の日本への引き渡しについて賛成17%、反対74%との調査結果を発表した。

[2018-11-29][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府は28日、20カ国地域(G20)首脳会議にあわせて、プーチン大統領とトランプ米大統領が12月1日に会談すると発表した。
・ロシア大統領府は、アルゼンチンで開催されるG20首脳会議に合わせたプーチン大統領とトランプ米大統領の会談が12月1日に行われると発表した。ただ、トランプ氏は会談中止の可能性に言及しており、開催には流動的な部分も残る。

[2018-11-28][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアによるウクライナ艦船拿捕を受けて、トランプ米大統領は今週末の20カ国地域(G20)首脳会議に合わせて予定していたプーチン大統領との会談を見送る可能性があると明らかにした。米紙ワシントンポスト(WP)が報じた ロイター通信が引用して伝えたもの。

[2018-11-27][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ペスコフ露大統領報道官は、ロシアが25日にウクライナ南部クリミア半島沖でウクライナの艦船3隻を砲撃後に拿捕(だほ)したことについて、国際法、および国内法に厳格に則ったものだったとの見解を表明した。
・ロシアによるウクライナ艦船の拿捕(だほ)事件が米国とロシアの間で新たな火種に急浮上してきた。26日の国連会合で双方は非難の応酬を展開。ことはロシアによるクリミア半島併合に関わるだけに歩み寄りの余地は小さい。今週末の20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせて調整している米ロ首脳会談でも議論になりそうだ。
・ロシア大統領府のペスコフ報道官は「紛争が続く地域での緊張を高める危険性がある」と述べ、ウクライナの戒厳令は東部情勢を緊迫化させるものだと非難した。

[2018-11-27][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ペスコフ露大統領報道官は、ロシアが25日にウクライナ南部クリミア半島沖でウクライナの艦船3隻を砲撃後に拿捕(だほ)したことについて、国際法、および国内法に厳格に則ったものだったとの見解を表明した。
・ロシアによるウクライナ艦船の拿捕(だほ)事件が米国とロシアの間で新たな火種に急浮上してきた。26日の国連会合で双方は非難の応酬を展開。ことはロシアによるクリミア半島併合に関わるだけに歩み寄りの余地は小さい。今週末の20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせて調整している米ロ首脳会談でも議論になりそうだ。
・ロシア大統領府のペスコフ報道官は「紛争が続く地域での緊張を高める危険性がある」と述べ、ウクライナの戒厳令は東部情勢を緊迫化させるものだと非難した。

(最終更新日時 2018-12-12 23:20)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース