ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-04-22][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのガルージン駐日大使がインタビューに応じ、日本との平和条約交渉について「期待のレベルを無理に高めず、着実に対話を進めることが望ましい。無理に期限を設けて早めるやり方は効果的でない」と述べた、と報じている。6月のG20首脳会議に合わせたロシアのプーチン大統領との首脳会談で大筋合意することは難しいとの考えを示したものだという。
・2016年大統領選のロシア介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査報告書が公開されたことを受け、米民主党の有力議員らは21日、トランプ大統領の弾劾の可能性を排除しない立場を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2019-04-22][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのガルージン駐日大使がインタビューに応じ、日本との平和条約交渉について「期待のレベルを無理に高めず、着実に対話を進めることが望ましい。無理に期限を設けて早めるやり方は効果的でない」と述べた、と報じている。6月のG20首脳会議に合わせたロシアのプーチン大統領との首脳会談で大筋合意することは難しいとの考えを示したものだという。
・2016年大統領選のロシア介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査報告書が公開されたことを受け、米民主党の有力議員らは21日、トランプ大統領の弾劾の可能性を排除しない立場を示した。

[2019-04-19][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア疑惑捜査報告書が、トランプ米大統領が連邦捜査局(FBI)のコミー前長官を解任したのは、自身がロシア疑惑で捜査を受けていないと公に発言するのをコミー氏が嫌がったためだとしている、と報じている。
・米政権のロシア疑惑で、司法省が捜査を指揮するモラー特別検察官を任命した直後、トランプ大統領が「これで大統領としてわたしは終わりだ」と側近に危機感を漏らし、モラー氏解任を模索するなど捜査介入を狙っていたことが、米司法省が公表したモラー氏の捜査報告書で明らかになったと報じている。
・露朝の初首脳会談が前に、北朝鮮問題を担当する米国務省のビーガン特別代表とロシア外務省のモルグロフ外務次官が会談した。ロシア外務省は会談のあと、「朝鮮半島情勢について具体的に意見を交わし、政治的・外交的な解決に向けて関係国が今後も積極的な努力を続けることを確認した」と発表している。
・ロシア大統領府が、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長がプーチン大統領の招待で今月後半にロシアを訪問、プーチン氏と初の首脳会談を行うと発表したと報じている。具体的日程や場所は明かしていないが、露朝関係者によると、24-26日の3日間で調整しているという。
・ロシア政府は19日、2016年米大統領選のロシア介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査報告書について、ロシアが同大統領選に干渉したことを示す証拠は含まれなかったとの見解を示した。ペスコフ大統領報道官は電話会見で記者団に対し、捜査報告書が米ロ関係に影響を与えていることをロシア政府は遺憾に感じていると述べた。

[2019-04-18][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア政府関係者の話として、北朝鮮の金委員長とロシアのプーチン大統領の初会談が今月25日を軸に最終調整していることがわかった、と報じている。

[2019-04-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア石油大手ガスプロムネフチのヤコブレフ第1副CEOは、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国による協調減産が今年上半期に終了する見通しを示した。ただ原油をめぐる世界的なアライアンスは、少なくとも主要産油国間の協調との形で維持されるとしている。

[2019-04-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア消息筋の話として、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長が来週にもロシア極東を訪問し、プーチン大統領と会談する可能性があると報じている。

[2019-04-15][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのシルアノフ財務相は13日、同国と石油輸出国機構(OPEC)はシェア争いで米国に対抗するため原油増産を決定する可能性があると述べ、そうなれば原油価格は1バレル=40ドルに下落するとの見方を示した。タス通信が伝えた。ロイター通信が引用して報じたもの。

[2019-04-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ報道官は、北方領土と千島列島へのドローン配備に日本が抗議したことについて、ロシアは安全保障上の理由を含む自国領土内におけるあらゆる行動の権利を有しているとの認識を示した。

[2019-04-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアの政府系ファンド、ロシア直接投資基金のドミトリエフ総裁は、6月の石油輸出国機構(OPEC)との会合でロシアが増産を希望する可能性を示唆した。市況改善と在庫縮小が背景にあるという。
・露有力紙イズベスチヤは、ロシア軍が北方領土の国後、択捉島に無人偵察機を配備したと報じている。北方領土の軍備強化を一段と進めているもようだ。

[2019-04-08][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアと北朝鮮のあいだで、この1ヵ月間で高官の相互訪問が加速し、金朝鮮労働党委員長の初訪露の観測が出ていると報じている。現状では具体的日程は浮上していないが、2月末に米朝首脳会談が物別れに終わって間もない時期だけに、国際社会はその動向に神経をとがらせているという。

[2019-04-07][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアと北朝鮮のあいだで、この1ヵ月間で高官の相互訪問が加速し、金朝鮮労働党委員長の初訪露の観測が出ていると報じている。現状では具体的日程は浮上していないが、2月末に米朝首脳会談が物別れに終わって間もない時期だけに、国際社会はその動向に神経をとがらせているという。

(最終更新日時 2019-04-23 20:57)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース