ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-02-14][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのガルージン駐日大使がインタビューで、北方領土問題を含む日露平和条約締結交渉に関し、「日本側との協議で、北方領土の主権をめぐる問題や島の引き渡しに関する問題は議題になっていない」と述べたと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2019-02-14][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのガルージン駐日大使がインタビューで、北方領土問題を含む日露平和条約締結交渉に関し、「日本側との協議で、北方領土の主権をめぐる問題や島の引き渡しに関する問題は議題になっていない」と述べたと報じている。

[2019-02-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアメディアは、外務省のモルグロフ次官が、米国務省で北朝鮮問題を担当するランバート特使とモスクワで会談したと報じている。今月末に2回目の米朝首脳会談が予定されるのを前に、朝鮮半島情勢をめぐる米国の政策などについて伝えたという。またモルグロフ次官は、中国の孔外務次官とも会談を行い、北朝鮮問題をめぐって、一層共同歩調をとることを確認したようだ。
・露経済開発貿易省「2019年の国内GDP成長率は2018年の+2.3%から+1.3%に減速すると予想」「昨年ほどの経済加速を維持できない」
・露経済開発貿易省「今年のインフレは3-5月に5.5-5.7%でピークに達すると予想」「通貨ルーブルが安定すれば、インフレは5%を下回るだろう」
・ロシア政府は、同国と石油輸出国機構(OPEC)との間で同盟を構築するための十分な協議は、現時点で行われていないと明らかにした。

[2019-02-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのショイグ国防相は、米国とロシアが中距離核戦力(INF)全廃条約の破棄を通告するなか、ロシアは今後2年で新型ミサイルを開発する必要があるとの見解を示した。

[2019-02-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、実施した講演で、日本との平和条約交渉について、北方領土は第2次世界大戦の結果、ロシアに主権があることを日本が認めないかぎり、交渉は進められないという原則的な立場を改めて強調した。
・ロシアのラブロフ外相は5日、日本が米国から導入する陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」は攻撃に転用可能として、中距離核戦力(INF)全廃条約に違反すると批判した。

[2019-02-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア政府は、冷戦期に締結された歴史的な核ミサイル軍縮条約である中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱を米国が決めたことに関し、米側の決定は「国際法上の義務を逃れるための戦略」の一環だと非難した。
・ロシアのプーチン大統領は、米国との中距離核戦力(INF)全廃条約の履行を停止すると発表した。米国のトランプ政権が、同条約から離脱すると表明したことを受けて対抗措置を取ったことになる。

[2019-01-28][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア疑惑捜査に絡み米連邦大陪審に偽証罪などで起訴され、当局に逮捕された2016年大統領選のトランプ陣営元顧問ストーン被告は、南部フロリダ州の裁判所に出廷後、保釈保証金25万ドルを支払い保釈された。裁判所を出た被告は記者団に、無罪を主張し「大統領に不利な証言はしない」と表明している。
・ロシア国営テレビは、ペスコフ大統領報道官が日露関係について、「主な課題は何かを返したり、受け取ったりすることではなく、平和条約の調印だ」と述べ、北方領土問題の解決を目指す日本をけん制したと報じている。
・ロシア政府系の世論調査機関、全ロシア世論調査センターは28日、北方領土の日本への引き渡しについて、反対77%、賛成14%との調査結果を発表した。ただ、交渉継続への支持は5割を超えており、日ロの対話には意義があるという見方が拡大していることもうかがわせた。

[2019-01-25][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・「ロシアの巨額投資が危機、ベネズエラ情勢混迷で」と報じた。

[2019-01-23][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのペスコフ大統領報道官が、安倍首相とプーチン大統領が平和条約締結を目指して交渉に臨んだ日露首脳会談について、「日本の立場に変化はなかった」と述べ、進展がなかったことを示唆したと報じている。

[2019-01-22][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府のペスコフ報道官は記者会見で、日本は平和条約の討議のコンテキストで北方領土のうち2島を渡すようにロシアに提案したことはなかった、と述べた。

[2019-01-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]

(最終更新日時 2019-02-15 22:01)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース