ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-06-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省が、ロシア軍のTU95爆撃機が領空侵犯したと日本の防衛省が発表したことについて「他国との境界を侵犯していない」と主張し、領空侵犯を否定したと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2019-06-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省が、ロシア軍のTU95爆撃機が領空侵犯したと日本の防衛省が発表したことについて「他国との境界を侵犯していない」と主張し、領空侵犯を否定したと報じている。

[2019-06-19][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・露メディアは、同国のリャブコフ外務次官が、米国に対し中東増派計画を撤回し、イランへの挑発をやめるよう訴えたと報じている。

[2019-06-18][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、ロシアと韓国が自由貿易地域で正式に交渉を開始すると発表した。自由貿易地域は国際貿易の一種で、加盟国は契約に応じて関税、税金および手数料、ならびに貿易の量的制限を相互に廃止されるという。
・ロシア下院は総会で、米露間の中距離核戦力(INF)全廃条約の履行停止法案を可決した。

[2019-06-14][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領報道官は、米露首脳会談が今月末に大阪で開催されるG20首脳会議に合わせて実施されるかまだ情報がないと述べた。

[2019-06-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府のウシャコフ補佐官は記者団に対し、同国のミサイル防衛システム「S400」のトルコへの納入を7月に実施すると発表した。

[2019-06-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府は、今月末に大阪で開催されるG20首脳会議に合わせて米露首脳会談を行う案について、何も決定されておらず、この件について協議も行われていないことを明らかにした。

[2019-06-10][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア太平洋艦隊の発表として、米誘導ミサイル巡洋艦チャンセラーズビルが、ロシアの対潜艦アドミラル・ビノグラドフに接近して航行中に突然向きを変え、アドミラル・ビノグラドフの針路を横切ったと報じている。同艦は衝突を避けるため緊急操舵を強いられ、チャンセラーズビルの司令官らに抗議したと、ロシア側は訴えているという。
・ロシアのシルアノフ財務相は10日、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国が協調減産を継続しなければ、原油価格は1バレル=40ドルを割り込む可能性があると述べた。

[2019-06-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア中央銀行のエリビラ・ナビウリナ総裁はモスクワで日本経済新聞の取材に応じ、外貨準備資産や貿易決済で米ドルの利用を抑える「脱ドル」政策を進めていることを明らかにした。米国の経済制裁の強化に備える狙いだ。ロシア経済は停滞感を強めており、6月にも利下げに踏み切る可能性を示唆した。景気を下支えする構えだ。

[2019-05-31][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、米国から「低出力の核実験を実施した可能性がある」との認識を示されていることに対し、声明を発表し「そのような批判はまったく根拠がなく、わが国を再び中傷することを狙ったものだ」と反発した。また、ロシアは包括的核実験禁止条約(CTBT)を完全に履行しているとしたうえで、逆に米国側へCTBT批准を呼び掛けている。
・ロシアが北極圏で計画する液化天然ガス(LNG)プロジェクトに、三菱商事と三井物産、独立行政法人、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の3者が出資を検討していることが30日、明らかになった。

[2019-05-30][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアが包括的核実験禁止条約(CTBT)に違反し、低出力の核実験を実施した可能性があるとの米国の指摘に対し、ロシアは反発を強めている。CTBTの違反を否定し、同条約に批准せず2月に臨界前核実験を実施した米国に批判の矛先を向けた。米ロは核軍縮協議の再開で一致しており、双方に相手国の核戦力増強を非難することで交渉を優位に進める狙いもあるとみられる。
・ナビウリナ露中銀総裁「第2-3四半期に利下げを行う可能性」「外貨準備における米ドルの比率を下げ、人民元と金の比率を上げる」

(最終更新日時 2019-06-23 12:49)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース