ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-10-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアが、需要低迷と新型コロナウイルス感染再拡大によって世界の原油市場が悪化した場合、来年以降の減産継続を支持する可能性があると報じている。業界筋2人が明かしたという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2020-10-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアが、需要低迷と新型コロナウイルス感染再拡大によって世界の原油市場が悪化した場合、来年以降の減産継続を支持する可能性があると報じている。業界筋2人が明かしたという。

[2020-10-20][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのスルツキー下院外交委員長が、ロシア情報機関が東京五輪・パラリンピックの関係当局に対しサイバー攻撃を仕掛けていたとする英政府の発表について、「まれに見るたわごと」と強く反発したと報じている。
・ロシアが、軍の情報機関が東京五輪などへのサイバー攻撃に関与していたとする米英の主張を否定したと報じている。米英は19日、ロシア軍情報機関(GRU)が、来年夏に予定されている東京五輪・パラリンピックの妨害工作など一連のサイバー攻撃に関与していたと非難した。
・ロシアは、米露の新戦略兵器削減条約(新START)を1年間延長するために、米国が同様の措置を取る場合は核弾頭の保有数を凍結する用意があると述べた。

[2020-10-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのクラスノフ検事総長が、北方領土の国後島を訪問したと報じている。ロシア政府高官の北方領土入りは、今年8月にジニチェフ非常事態相が国後島を訪問して以来で、菅義偉首相の内閣発足後は初めてのこと。

[2020-10-15][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア当局は、2種類目の新型コロナウイルス感染症ワクチンを承認した。承認されたのは国立ウイルス学・生物工学研究センターが開発したワクチン「エピワクコロナ」で、先月に初期臨床試験(治験)を完了。ただ、結果はまだ公表されておらず、第3相臨床試験は開始されていない。
・ロシアのノバク・エネルギー相は、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」が、新型コロナウイルスの感染が再拡大するなかでも原油価格の回復を楽観視しており、段階的な減産縮小を維持する計画だと明らかにした。

[2020-10-14][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、ロシアは西側諸国が相互に尊重し合う対話の必要性を理解しないのなら、EUとの対話を中止する可能性があると表明した。とくにEUはナワリヌィ氏の事件で不適切な行動をとっていると指摘している。
・ラブロフ露外相「ナゴルノ・カラバフ自治州に関するトルコの立場に同意せず」「ナゴルノ・カラバフ紛争に対する軍事的解決策は受け入れられない」

[2020-10-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、ナゴルノカラバフをめぐり戦闘を続けていたアゼルバイジャンとアルメニアが10日からの停戦で合意したと述べた。
・ラブロフ露外相「アルメニアとアゼルバイジャンの紛争は続いている」

[2020-10-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、ナゴルノカラバフをめぐり戦闘を続けていたアゼルバイジャンとアルメニアが10日からの停戦で合意したと述べた。

[2020-10-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省※ポーランドが露・天然ガス企業ガスプロムに罰金を科すと発表したことについて「ポーランドの決定は欧州のエネルギー安全保障を脅かす」
・ロシアで新型コロナウイルス新規感染者数が急増し過去最多を記録するなか、首都モスクワはバーやナイトクラブの閉鎖を検討している。

[2020-10-08][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ報道官は、外務省のウェブサイトで独仏が発表した制裁支持などの方針について、「ナワリヌイ氏の身に起きたことの解明に向けロシアと適切に協力する代わりに、独仏はロシアを脅している」とし、独仏と通常関係を維持できると見なしていないと批判した。

[2020-10-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・化学兵器禁止機関(OPCW)は、ロシア反体制派ナワリヌイ氏が猛毒の神経剤で襲撃を受けたとされる事件について、ロシア政府からOPCW専門家を同国に送るよう要請を受けたと明らかにした。
・ロシア外務省は、リャプコフ外務次官と米国のビリングスリー大統領特使(軍備管理担当)がフィンランドで会談し、軍備管理をめぐる両国の今後の協力について意見交換したと発表した。また、明言はしていないが、来年2月に期限が切れる米露の新戦略兵器削減条約(新START)の延長についても協議したとみられている。

(最終更新日時 2020-10-22 16:42)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース