ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアは、EUが発動させた制裁への対抗措置として、欧州議会のサッソリ議長と欧州委員会のヨウロバー委員を含む8人の当局者の入国を禁止すると発表した。ロシア外務省は「EUは、ロシアの国民と団体に対し違法で一方的な制限措置を導入し続けている」と非難している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2021-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアは、EUが発動させた制裁への対抗措置として、欧州議会のサッソリ議長と欧州委員会のヨウロバー委員を含む8人の当局者の入国を禁止すると発表した。ロシア外務省は「EUは、ロシアの国民と団体に対し違法で一方的な制限措置を導入し続けている」と非難している。

[2021-04-30][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアの米大使館は外交以外の査証(ビザ)の発給を一時停止すると報じている。
・ロイター通信によると、在モスクワの米国大使館は30日、ロシア政府が外国公館の現地人職員の採用を制限したため、領事業務を縮小すると表明した。米ロ関係の悪化が改めて浮き彫りとなった。ロシアのプーチン大統領は先週、外国公館で働く現地人職員の数を制限する法令に署名。この法令を適用する「非友好」国のリストを作成するよう政府に命じていた。米国大使館は「遺憾なことだが、ロシア政府の措置で領事業務のスタッフを75%減らさざるを得なくなった」と表明。

[2021-04-29][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアは、スロバキアとリトアニア、ラトビア、エストニアからの7人の外交官の追放を命じた。チェコが、死亡者が出た2014年の弾薬庫爆発事件をめぐり、ロシアの外交官を追放したことへの報復措置になる。また、ロシアは4ヵ国がチェコに「偽物の団結」を示したと非難した。

[2021-04-28][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア黒海艦隊は、黒海で戦闘演習を開始した。開始の数時間前に米海軍が北大西洋条約機構(NATO)同盟国と協力するため艦船を黒海に移動させると発表しており、ロシアと西側諸国とのあいだの緊張が高まっている。

[2021-04-26][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ報道官は、エストニア、ラトビア、リトアニアの3ヵ国が国内駐在のロシア外交官を追放したことを受け、「我が国は、このバルト3国の措置に対して報復なしでは済まさない」と述べた。
・タス通信は、ロシアのウシャコフ大統領補佐官がインタビューで、プーチン露大統領とバイデン米大統領の直接会談が6月に行われる方向で調整されていることを明らかにしたと報じている。ただ、最終決定については「多くの要因にかかっている」とし、具体的な日付や会談場所は明かさなかったという。
・時事通信によると、26日付のロシア紙コメルサントは、バイデン米大統領がプーチン大統領との首脳会談について、6月15~16日に欧州の国で実施することを提案していると報じた。関係筋の話として伝えた。ロシアのウシャコフ大統領補佐官(外交担当)も25日放映の国営テレビの番組で、会談が6月に開かれる可能性があることを明らかにしている。

[2021-04-26][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ報道官は、エストニア、ラトビア、リトアニアの3ヵ国が国内駐在のロシア外交官を追放したことを受け、「我が国は、このバルト3国の措置に対して報復なしでは済まさない」と述べた。
・タス通信は、ロシアのウシャコフ大統領補佐官がインタビューで、プーチン露大統領とバイデン米大統領の直接会談が6月に行われる方向で調整されていることを明らかにしたと報じている。ただ、最終決定については「多くの要因にかかっている」とし、具体的な日付や会談場所は明かさなかったという。

[2021-04-23][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのショイグ国防相は、ウクライナ国境付近で演習に参加していた軍部隊に対し、5月1日までにそれぞれの基地に帰還するよう命令した。西側諸国が懸念を示していた国境沿いの軍部隊増強が終了するという。
・時事通信によると、ロシア国防省は、対ウクライナ国境地帯に集結させていた軍部隊の撤収を始めたと発表した。
・日本経済新聞によると、ロシア国防省は23日、ウクライナ国境近くで軍事演習に参加していた部隊が撤収を始めたと明らかにした。バイデン米大統領による首脳会談の提案を受け、ひとまず緊張を緩和する姿勢に転じたとみられる。ただ強硬姿勢は崩しておらず、再び米欧への揺さぶりを強める可能性もある。
・ロシア中銀は23日、今後数回の会合の一つで利上げを検討との見通しを示した。

[2021-04-22][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・国連の人権専門家は、ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏の生命が「深刻な危険」にさらされているとし、ロシアに対し国外での緊急治療を許可するよう呼び掛ける声明を発表した。ナワリヌイ氏は収監先の刑務所で脚と背中の痛みを訴えたものの治療を拒否されたため3月31日にハンガーストライキに入り、健康状態の悪化を受け、今月19日に受刑者用の病院に移送されている。

[2021-04-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロイターは、ロシア財務省のコルチェフ次官がインタビューで、インフレ率が高水準で推移していることを踏まえると、政府は景気刺激策を必要以上に講じており、予算や金融政策を想定よりも早期に正常化する必要があるとの見解を示したと報じている。

[2021-04-20][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府は、米国が主催するオンラインの気候変動サミットに、プーチン大統領が22日に出席し、演説を行うと発表した。米露はこのところ制裁の応酬により対立が激化しているものの、プーチン氏のサミット出席は両国の対話の余地を残すものとみられる。

(最終更新日時 2021-05-04 23:47)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース