ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-04-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアとサウジは減産合意の憶測が流れていることで、原油先物価格が28ドル台まで買い戻されている。この流れを受けて産油国通貨のカナダドルは対ドルで1.4113加ドル、対円では77.29円までカナダドル高になっている。
・ロシア大統領府「原油相場の安定に他の石油輸出国と協力する用意がある」「緊急会合の延期はビデオ会議の技術的な問題であり、話し合う準備はできている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2020-04-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアとサウジは減産合意の憶測が流れていることで、原油先物価格が28ドル台まで買い戻されている。この流れを受けて産油国通貨のカナダドルは対ドルで1.4113加ドル、対円では77.29円までカナダドル高になっている。
・ロシア大統領府「原油相場の安定に他の石油輸出国と協力する用意がある」「緊急会合の延期はビデオ会議の技術的な問題であり、話し合う準備はできている」

[2020-04-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア中銀のナビウリナ総裁は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け物価上昇が抑制されるとみられるため、年内に利下げを実施する余地はあるとの見方を示した。

[2020-04-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア政府が新型コロナウイルスの感染拡大を受け国家非常事態宣言を検討していることが、複数の関係筋の話で明らかになったと報じている。ただロシア大統領府は否定している。
・ロシア・エネルギー省は、ノバク・エネルギー相とブルイエット米エネルギー長官が電話会談したと発表した。歴史的な安値が続く原油市場の情勢をめぐり意見を交わし、課題に「建設的に対応」し、対話を継続することを確認したという。
・ノバク露エネルギー相「原油相場の安定のために協力することを米側と確認」「原油価格の下落の主要な要因は新型コロナであり、OPEC+の物別れではない」

[2020-03-31][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア政府「米ロ首脳、原油市場について対話継続で合意」

[2020-03-23][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのプーチン大統領が原油生産をめぐり対立するサウジアラビアには屈しない見通しだ、と報じている。ロシア政府はサウジの要求を脅しと見なしており、世界のエネルギー市場を混乱させている価格戦争が続くことを示唆しているという。

[2020-03-20][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア政府は声明を発表し、新型コロナウイルス蔓延を過去50年間における、保健衛生上の世界最悪の危機との考えを示した。

[2020-03-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア中銀「20日にオンラインで記者会見を開き、新型コロナウイルスが金融政策に与える影響を説明する」

[2020-03-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアメディアは、同国のノバク・エネルギー相が、ロシアは原油市場の沈静化に向けた石油輸出国機構(OPEC)との協調行動を排除しないと述べたと報じている。
・ロシア財務省のコリチェフ次官は、原油価格が予算の前提水準を下回り続けた場合、財政規則に基づく計画的な外貨売却を4月に開始する可能性があると述べた。
・ロシア下院で11日、2024年に任期切れを迎えるプーチン大統領の次期大統領選への出馬に道を開く憲法改正法案が正式に承認された。プーチン氏は自らの手に権力を集中させた20年に及ぶ政治システムを変えれば、内政の安定が崩れかねないとの判断に傾いている。強権的な体制の維持に腐心し、「禁じ手」の憲法改正に踏み切った。

[2020-03-10][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのノバク・エネルギー相は、ロシアの石油会社は競争力を保つとともに、原油価格の見通しに左右されることなく、原油市場のシェアを維持すると述べた。

[2020-03-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア高官「既存の(石油)減産延長は同意、新たに削減量は増やさない」

(最終更新日時 2020-04-07 20:00)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース