ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-12-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア中銀の金融政策部門責任者ザボトキン氏は、インフレ率がまだ中銀の目標を下回る水準で安定していないとして、「ソフトな」金融政策を実施する理由は見当たらないと述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2019-12-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア中銀の金融政策部門責任者ザボトキン氏は、インフレ率がまだ中銀の目標を下回る水準で安定していないとして、「ソフトな」金融政策を実施する理由は見当たらないと述べた。

[2019-12-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアとウクライナが欧州連合(EU)への天然ガス輸出を巡って対立を深めている。ロシアはウクライナ領内のパイプラインを経由してEU諸国にガスを供給しており、経由輸送の契約切れが12月末に迫るなか、更新の交渉が難航している。2009年にウクライナ経由の欧州向けガス供給が停止した「ガス紛争」が再燃する懸念もくすぶる。

[2019-12-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアが中国に天然ガスを輸送する全長約3千キロのパイプライン「シベリアの力」が完成し、2日に供給を開始した。米国への対抗姿勢で一致する中ロは経済や安全保障で連携を深めており、両国の蜜月ぶりを象徴する事業となりそうだ。

[2019-11-29][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ノバク露エネルギー相「協調減産延長の決定は(次回会合ではせず)4月頃を希望」

[2019-11-28][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省の話として、日本海と東シナ海の公海上空を飛行していたロシアの戦略爆撃機2機に対し、日本と韓国の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと報じている。
・ロシアのリャブコフ外務次官が、米国に対し、新戦略兵器削減条約(新START)の5年間延長を正式に要請したと報じている。リャブコフ外務次官は「規定通り、条約を5年間延長することを米国側に提案した」と指摘するとともに、米国が5年間の延長を望まない場合は、短期間の延長も検討するとしたという。

[2019-11-25][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相が、日本と平和条約を締結するうえで、日本と米国の軍事、政治上の同盟関係が障害になっていると指摘し、ロシアが抱える「具体的な懸念」のリストを日本側に伝達したと述べたと報じている。

[2019-11-22][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は記者会見で、朝鮮半島問題の解決に向けた新たな行動計画を北朝鮮に伝えたと明らかにした。ラブロフ氏は訪露した北朝鮮の崔第1外務次官と20日に会談している。

[2019-11-21][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、訪露した北朝鮮の崔第1外務次官が、ラブロフ外相と会談したと発表した。両氏は会談で、2国間関係のほか、朝鮮半島情勢などについて協議したという。また、崔氏はチトフ第1外務次官とも会談したもようだ。

[2019-11-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア財務省のコリチェフ次官は13日、同国の政府系ファンド「ロシア国民福祉基金」について、ドルの比率を減らす方針を示した。人民元など他の外貨への投資を検討するという。通信社のRIAが報じた。同次官によると、財務省は同基金の外貨構成を来年変更する計画。同次官は「米ドルの比率が低下することは確実だ。人民元など、他の通貨を検討している」と述べた。

[2019-11-11][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアで実施されている国際会議のレセプションで、北朝鮮外務省のチョ北米局長と米国務省のランバート北朝鮮担当特使が接触した、と報じている。参加者の話によると、接触は5分程度。あいさつを交わしたとみられるが、会話の詳細は不明だという。
・ロシア外務省のモルグロフ次官は、ラブロフ外相が、今月22日から名古屋で始まるG20外相会合に出席するため日本を訪れ、茂木外相と会談を行う予定だと明らかにした。

(最終更新日時 2019-12-07 10:50)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース