ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-10-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアからの報道によると、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は訪問先のモスクワで3日、サウジの原油生産が日量990万バレルに達したと述べ、国営石油会社サウジアラムコが攻撃を受ける前の水準に回復したことを明らかにした、と報じた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2019-10-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアからの報道によると、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は訪問先のモスクワで3日、サウジの原油生産が日量990万バレルに達したと述べ、国営石油会社サウジアラムコが攻撃を受ける前の水準に回復したことを明らかにした、と報じた。

[2019-09-30][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア連邦保安局(FSB)が、ロシアの排他的経済水域(EEZ)で密漁したとして、21日以降に北朝鮮漁船3隻とモーターボート5隻を拿捕(だほ)、262人を拘束したと明らかにしたと報じている。漁船からは密漁されたイカ約3万匹が見つかったという。
・ロシアのラブロフ外相は国連総会で演説し、「核戦争は許さないと米露首脳で声明を出そうと提案したが米国側の回答はなく、緊張が高まっている」と危機感を示した。そのうえで「核戦争に勝者はない」と述べ、米国に対して核軍縮条約「新START」の延長に向けた協議に速やかに応じるよう求めている。
・ロシアのラブロフ外相は記者会見で、トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐり、野党民主党のペロシ下院議長がロシアの関与を主張したことについて、「パラノイア(偏執症)だ」と述べ、否定した。
・ロシアのラブロフ外相は記者団に対し、トランプ米大統領がウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談の記録を公表したことについて「幼いころ、他人の手紙を人前で読むのは良くないと母から教えられた。失礼だからだ」と述べた。

[2019-09-26][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府のペスコフ報道官が、北方領土の引き渡しについて「現状では不可能だ」とする一方、平和条約締結のための方法を見つけることは「ロシアにとっても利益がある」と述べ、引き続き日本との交渉を重視する考えを示したと報じている。
・ロシアの国営テレビは、ウクライナのゼレンスキー大統領が、トランプ米大統領が7月の電話会談でゼレンスキー氏に対し、政敵のバイデン前米副大統領に関する調査を進めるよう圧力をかけたとされる問題をめぐり、「誰もわたしに圧力をかけることはできない」と述べ疑惑を否定した、と報じている。

[2019-09-23][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・世界反ドーピング機関(WADA)に提出されたデータをモスクワ反ドーピング研究所が改ざんした疑いがもたれており、ロシア代表は、2020年東京五輪への参加資格を剥奪される可能性があると報じている。

[2019-09-20][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、サウジアラビアの石油関連施設をどのような勢力が攻撃したのか主張が分かれるなか、「綿密かつ公平な調査が必要不可欠だ」と述べ、国連による調査を支持する考えを示した。

[2019-09-19][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアの現地メディアは、李ロシア駐在大使がインタビューで、「韓国政府は米朝対話を含めた韓半島平和の進展に注目しながら、北朝鮮と金委員長のソウル訪問を議論する計画だ」と指摘したと報じている。

[2019-09-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのペスコフ大統領報道官は、サウジアラビアの石油施設攻撃を受けイラン批判を強める米国に対し「結論を急いではいけない」と指摘したうえで、「状況を悪化させるだけで、いまは状況を緩和させる振る舞いを維持すべきだ」と米国の対応を批判した。
・ロシアのノバク・エネルギー相は16日遅く、この日の原油価格の急騰について、サウジ石油施設への攻撃後のリスクを反映したもので予想されていたと述べた。サウジ施設への攻撃を受け、原油価格は約30年ぶりの大幅上昇となった。ノバク氏は「石油価格は不透明感とリスクを織り込むもので、誰もが16日の上昇を予想していた。今後市場はサウジからの情報を踏まえ、状況に反応するだろう」と述べた。
・ロシア連邦保安局が、日本海のロシアの排他的経済水域(EEZ)で密漁を行っていた北朝鮮漁船2隻を拿捕したと明らかにした、と報じている。

[2019-09-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・タスは、ロシアのパトルシェフ安全保障会議書記が16-17日に訪日する、と報じている。パトルシェフ氏はプーチン大統領の側近で、国家安全保障局の北村局長と会談する見通し。両者の会談は初めてのことになる。
・ロシアの新聞「トルード」は、同国のラブロフ外相がインタビューに応じ、交渉が続く日本とロシアの平和条約について「戦後すぐに結ばれるような、単なる平和条約ではなく、現在の日露関係を反映したものでなくてはならない」と指摘した、と報じている。そのうえで「重要なのは、日露関係のさらなる発展の指針となることだ」として、将来にわたって良好な日露関係が続くことを文書で規定したいという考えを示したという。
・ロシアのウシャコフ大統領補佐官は、ウクライナ東部の紛争解決に向け、パリで開かれる4ヵ国会議にロシアが参加する意向であることを明らかにした。
・ロシア外務省は、アフガニスタンの反政府勢力タリバンの代表団がアフガン問題を担当するロシアのカブロフ大統領特使とモスクワで会談し、米国との協議を再開する用意があると表明したと発表した。

[2019-09-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ情報局長は記者会見で、プーチン大統領が北方領土の色丹島の水産加工場の稼働開始を祝福したことに対する日本政府の抗議について、「断固として受け入れられない」と反発した。また、第2次大戦の結果、ロシアは北方領土に「揺るぎない主権」を持つと改めて述べ、「客観的な現実だ」と主張している。

[2019-09-10][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、日本とロシアが9日に実施した外務次官級協議について、安全保障上の懸念をめぐって意見が交わされたと発表した。また、会談のなかで日本が米国から導入する新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に関して、改めて懸念を伝えたもようだ。

(最終更新日時 2019-10-05 12:09)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース