ロシア政府関係の発言・ニュース

ロシア政府関係

 ロシア政府関係者による発言や相場に影響を与える可能性のあるロシア政府関連のニュースを掲載しています。

 特にこのカテゴリ内においては、複数のロシア政府関係者による発言やニュースを取り扱っているため、HDP・RHDPの数値は目安の範囲となります。

 また、ロシアは天然ガスや原油などを代表とする天然資源が豊富に埋蔵されており、ロシアの動向により商品相場に影響を与える事でも知られています。

HDP

中間派

 HDP   -0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-02-29][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ報道官は、スウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟は攻撃的かつ誤りとし、自国を守るために軍事技術などを用いた対抗措置を実施すると述べた。
・英スカイニューズは、ロシアの隣国エストニアのカラス首相がインタビューに応じ、ロシアに侵略されたウクライナの勝利に貢献するためには「すべての選択肢を考慮すべきだ」と述べ、欧米諸国による自国の地上部隊のウクライナ派兵を排除すべきでない、との考えを明らかにしたと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロシア政府関係の発言・ニュース

[2024-02-29][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ報道官は、スウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟は攻撃的かつ誤りとし、自国を守るために軍事技術などを用いた対抗措置を実施すると述べた。
・英スカイニューズは、ロシアの隣国エストニアのカラス首相がインタビューに応じ、ロシアに侵略されたウクライナの勝利に貢献するためには「すべての選択肢を考慮すべきだ」と述べ、欧米諸国による自国の地上部隊のウクライナ派兵を排除すべきでない、との考えを明らかにしたと報じている。

[2024-02-28][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省のザハロワ情報局長は発表した声明で、ロシアにウクライナからの無条件完全撤退を求め、対露制裁の強化を表明したG7首脳声明を「ロシアへの不当な要求」と批判。米英両国が反露的な政策実行のために日本やドイツなど他のG7の指導者を「便利なバカ」として利用しているとこき下ろした。

[2024-02-27][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ブルームバーグは、ロシアがウクライナでの戦争に使う兵器に利用するため制裁対象技術を入手していることについて、EU加盟国がこの阻止にまだ十分取り組んでいないと、事情に詳しい当局者が指摘したと報じている。
・ロシア外務省は、ラブロフ外相と中国の孫外務次官がモスクワで会談し、ロシアが侵攻を続けるウクライナ危機や朝鮮半島情勢などを協議したと発表した。また、中露がインドなどと構成する「BRICS」の枠組みでの協力強化なども話し合ったほか、アジア太平洋地域での安全保障問題でも意見交換したという。
・ロシア大統領府のペスコフ報道官は、北大西洋条約機構(NATO)がウクライナに部隊を派遣すれば、NATOとロシアの衝突は避けられなくなると警告した。
・ウクライナのコルスンスキー駐日大使は、ロシアの侵攻開始から2年が経過した記者会見で、G7メンバー国などがウクライナと相次いで結んでいる安全保障協力に関する2国間協定について、日本とも「交渉中だ」と明らかにした。

[2024-02-26][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・国連の安全保障理事会は、ロシアのウクライナ侵攻から24日で2年となるのにあわせて外相級の会合を開催した。日米やウクライナを含む50ヵ国以上とEUが、侵攻は国際法違反であると非難する共同声明を発表している。
・国連総会は、ロシアによるウクライナ侵略開始から2年に合わせた会合を開いた。米欧各国はロシアの侵略を非難したが、対露非難決議は採択されなかった。ウクライナが非難決議案の提出を見送ったためで、昨年のように多くの支持を得られないと判断したとみられる。
・ロイターは、北極圏の刑務所で亡くなったロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏の遺体が、死亡から9日目となる24日に母親のリュドミラさんに引き渡されたと報じている。同氏の広報担当が明らかにしたという。葬儀の見通しなどは不明だが、広報担当は、遺族が望むような形で葬儀を行うことを当局が認めるか不透明だとの見方を示している。
・ローマ教皇フランシスコは、ロシアによるウクライナ侵攻開始から24日で2年が経過したことを受け、「公正で恒久的な平和に向けた外交的解決」を呼びかけた。バチカンのサンピエトロ広場で開かれた日曜恒例の祈りの集会で述べた。教皇は戦闘が「恐ろしいほど長期化し、終わりが見えない」とし、多くの犠牲者が出ている状況に懸念を表明した。
・イラン国連代表部は、ロシアへ弾道ミサイルを供与しているとの一部報道を否定した。ロイターは21日、関係筋の話として、イランから短距離弾道ミサイルなど約400発がロシアに渡ったなどと報じている。
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシア軍が今夏に新たな攻撃を仕掛ける準備を進めているが、ウクライナには独自の明確な戦場計画があると述べた。また、ウクライナと西側の同盟国が結束を保つことが重要だと述べ、今後数カ月について困難な状況が続くと予想した。

[2024-02-23][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・日経新聞は、制裁で凍結したロシア資産をウクライナ支援に使う案をめぐり、西側諸国の溝が埋まらないと報じている。
・ロシアの刑務所で死亡した反体制指導者ナワリヌイ氏の母親が、遺体と対面したことを明らかにした。遺体の返還は密葬と引き換えとの条件を告げられたとしている。
・タス通信は、ロシアのラブロフ外相が、ロシアは米国との戦略的安定に関する対話に前向きだが、対話は「誠実」でなければならないと述べたと報じている。また、ロシアの反政府活動家ナワリヌイ氏の死亡に対する西側諸国の反応は「ヒステリック」だとし、西側諸国にロシアの問題に干渉する権利はないとの考えを示したという。
・ロシアメディアは、前の大統領で安全保障会議のメドヴェージェフ副議長のインタビューを報じている。そのなかでメドヴェージェフ氏は、ウクライナの首都キーウについて「ロシアの存立に対する脅威の源だ」と述べて再び攻める必要があると主張したほか「選択肢はロシアと共同の国家で暮らすか終わりのない戦争かだ」としてウクライナに降伏を要求したという。
・NHKニュースによると、ロシアのウクライナ侵攻が2年となる中、ヨーロッパではシンクタンクによる世論調査で、ウクライナが勝利して終結すると考えている人は、10%にとどまることがわかった。

[2024-02-22][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロイターは、西側諸国の当局者が、ロシアは制裁措置の影響でウクライナでの戦争に必要な弾薬を国内で十分に生産できていないとの見方を示したと報じている。ただ、プーチン大統領はそれでもウクライナを制圧するという目標を変えていないという。

[2024-02-20][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府のペスコフ報道官は、反政府活動家ナワリヌイ氏が収監先の刑務所で死亡したことについて、西側諸国の反応は容認できず、不快なものだが、プーチン大統領がダメージを受けることはないと述べた。
・獄死したロシア反政府活動家ナワリヌイ氏の妻ユリヤさんは動画を投稿し、夫の遺志を引き継ぎ、自由への戦いを続けると表明した。さらに、「我々の未来を葬った者に対する怒りをともに感じて欲しい」とし、自分とともに戦いを続けるよう支持者に訴えている。
・ロシア当局は、獄死した反政府活動家ナワリヌイ氏の遺体を14日間かけ検査する見通し。ナワリヌイ氏の側近が当局の情報として明らかにした。
・ロシア連邦保安局(FSB)は、ウクライナ軍に資金支援をしたとして、ロシアと米国の二重国籍の女性を拘束した。ロシアの安全保障に反するとして国家反逆罪で捜査するという。米国が反発する可能性がある。
・インタファクス通信は、ロシアのペスコフ大統領報道官が、死亡した反政府活動家ナワリヌイ氏の妻ユリアさんが動画声明で、猛毒が使われたと主張したことに「根拠なき非難だ」と反発したと報じている。プーチン大統領は動画声明を見ていないとも述べたという。

[2024-02-19][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・共同通信は、ロシア北極圏の刑務所で死亡した反政府活動家ナワリヌイ氏の陣営幹部が、刑務所を訪れた母親と弁護士が、当局から死因について「突然死症候群」だと知らされたと明らかにしたと報じている。
・AFP通信は、16日に獄死したロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏の妻ユリア・ナワルナヤ氏が、ベルギー・ブリュッセルで行われるEU外相理事会に出席する見通しとなったと報じている。EU当局者が明らかにしたという。

[2024-02-15][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・タス通信は、ロシアのペスコフ大統領報道官が、約2年前に始めたウクライナに対する軍事作戦は欧米との戦争に転化したと指摘、予定より長期化する可能性があると述べたと報じている。

[2024-02-14][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロイター通信によると、ロシア大統領府(クレムリン)は14日、プーチン大統領が仲介役を通じて米国にウクライナでの停戦を提案したというロイター報道を否定した。

(最終更新日時 2024-03-01 11:35)

ロシア政府関係の発言・ニュース バックナンバー

ロシア政府関係 カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース