ロシア政府関係

ロシア政府関係のイメージ画像

 2022年5月の期間中のロシア政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア財務省は、これまで自国通貨ルーブルで行うとしていたドル建て債の支払いをドルで行ったと明らかにした。デフォルト回避に向けた動きとみられる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ロシア政府関係による2022年5月 発言・ニュース

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア財務省は、これまで自国通貨ルーブルで行うとしていたドル建て債の支払いをドルで行ったと明らかにした。デフォルト回避に向けた動きとみられる。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府は、プーチン大統領が通貨ルーブル相場を金やその他の商品にペッグ(連動)させることを検討していると明らかにした。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・新華社通信は、ロシアのラブロフ外相が書面インタビューで、ウクライナでの戦争をめぐる対ロシア制裁への対応策として、脱ドルや輸入品の代替を目指す一方、主要技術の独立強化を図ると表明したと報じている。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア中銀は、今年の同国経済は8-10%のマイナス成長になるとの最新の見通しを示した。国内の経済活動は今年3月、ウクライナ侵攻や国際社会がロシアに対して発動した制裁を受け、後退し始めたと指摘。声明で消費者の購買意欲の減退や企業活動の縮小、輸出入での落ち込みがあったと報告している。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアが占領したウクライナ南部ヘルソン州で1日から自国通貨ルーブルへの切り替えを始めたと伝えられるなど、実効支配を進めている。今月上旬から中旬にかけて強制的に住民投票を実施し、傀儡の「ヘルソン人民共和国」を発足させるとの観測も日増しに強まっている。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・インタファクス通信は、ロシア外務省第1アジア局のジノビエフ局長は、中国との貿易は今後も拡大し、両国間の貿易総額は2024年までに2000億ドルに達するとの見方を示したと報じている。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・タス通信は、ロシア外務省のエルマコフ不拡散・軍備管理局長がインタビューで、米国とロシアの戦略的安定に関する対話は、ウクライナ侵攻のために「正式に凍結された状態にある」と述べたと報じている。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省は、潜水艦から発射する巡航ミサイル「カリブル」を使い、ウクライナを攻撃したと発表した。カリブルには水上艦から発射するタイプもあり、これまで首都キーウ(キエフ)や南部ザポロジエへの攻撃で使われたが、2月の侵攻開始以降、潜水艦発射型の使用をロシア側が認めるのは初めてだという。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・英ラジオ局LBCは、同国のウォレス国防相が、ロシアのプーチン大統領が第2次大戦の対ナチス・ドイツ戦勝の記念日に当たる5月9日に、ウクライナと戦争状態にあると位置付け、宣戦布告して総動員をかける可能性があるとの見方を示したと報じている。ロシアは侵攻を「特別軍事作戦」とし、戦争とは表現していない。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア通信は、ウクライナやベラルーシと国境を接するロシア南西部ブリャンスク州へのウクライナ機侵入をロシア軍が阻止した、と報じている。これに絡み、ブリャンスク州のボゴマス知事は、州内の石油施設やその周辺が攻撃を受けたと訴えたという。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・米誌タイムは、ロシアによるウクライナ侵攻初日の2月24日、ロシア軍部隊がウクライナ大統領府への襲撃を2回試みたと、ゼレンスキー大統領や側近らへのインタビューに基づいて報じている。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア有力紙コメルサントは、ポーランドがウクライナ西部に「平和維持部隊」として軍の派遣を検討している、と報じている。ロシア情報機関の発表に基づいているが、ポーランド側が1日から国内で大規模軍事演習を実施すると発表したこともあり「単なる臆測ではない」との指摘も出ているという。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・時事通信によると、ロシアのプーチン大統領が近く、ウクライナ侵攻の位置付けを現在の「特別軍事作戦」から「戦争」へと拡大するとの観測が浮上している。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、イタリアのテレビ局に対し、第2次世界大戦の対ナチス・ドイツ勝利を祝う9日の戦勝記念日は、ウクライナにおける軍事作戦に何の関係もないとの認識を示した。戦勝記念日がウクライナ紛争の転換点になるかとの質問に対し、ロシア軍兵士は「特定の日に基づき行動することはない」と応じている。

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ラブロフ露外相「ロシアは核戦争回避の取り組みを一度も中断したことはない」

[2022-05-02][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのウォロジン下院議長は、同国のオリガルヒ(新興財閥)の凍結資産を没収し、ウクライナ支援に回すとしたバイデン米大統領の提案に対抗し、ロシアも西側が所有する資産を差し押さえるべきだと述べた。

[2022-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、ロシアが2月24日に侵攻を初めて以来、ウクライナで殺害された民間人の死者が3000人を超えたと発表した。これまでの死者数は3153人で、4月29日から254人増えたという。

[2022-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・毎日新聞によると、ロシアによるウクライナ侵攻や円安進行を受けて原材料価格が高騰する中、7割近くの企業がコスト上昇分を商品やサービスの価格に転嫁していないことが、東京商工リサーチの調査で分かった。値上げしたくても顧客離れへの懸念から二の足を踏んでいるためで、新型コロナウイルス禍で苦境が続く旅行会社や飲食店を含むサービス業で価格を据え置く事例が目立つ。

[2022-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロイターは、今週実施される欧州委員会で、ロシアに対する制裁第6弾を提案する見通しだと報じている。そのうえで、ロシア産原油の禁輸措置が盛り込まれる可能性があるという。

[2022-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、米国防総省高官は、ロシア軍が東部でわずかに支配地域を広げたとの分析を明らかにした。同省は、ウクライナ軍の抵抗によってロシア軍が東部で予定通りの侵攻ができていないとみている。

[2022-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に関し、ロシアのプーチン大統領は5月9日の旧ソ連による対独戦勝記念日での「勝利宣言」に向け、国内向けの戦果を急いでいると言われている。

[2022-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府(クレムリン)「プーチン大統領は、一部の非友好的な国に対する報復的な経済措置に関する法令に署名した」

[2022-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・米紙ワシントン・ポストは、ロシアがウクライナ侵攻開始後に前例がないほど多数のサイバー攻撃を受け、対応に苦慮していると報じている。攻撃増加の原因は不明だが、一部のハッカーはロシアの残虐行為を理由に挙げており、義憤も動機になった可能性があるという。

[2022-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロイターは、4月4日が期日だったロシアの外貨建て国債2本の元利払いについて、5月4日の猶予期限を控え一部保有者が米ドルで支払いを受けたことが関係者の話で分かった、と報じている。

[2022-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・イタリア紙コリエレ・デラ・セラは、フランシスコ・ローマ教皇がインタビューで、ウクライナでの戦争終結に向け、ロシアのプーチン大統領にモスクワでの会談を要請したと明らかにしたと報じている。ロシア側からの返答はまだないという。

[2022-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府は、プーチン大統領が、外国政府や国際機関による「非友好的な行動」に対する報復として、製品や原材料の輸出を禁止する大統領令に署名したと発表した。具体的な国名など詳細は明らかになっていないが、対露制裁を実施する日米欧が念頭にあるとみられている。

[2022-05-03][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ユダヤ人を弾圧したナチス・ドイツの独裁者ヒトラーに「ユダヤ人の血が流れている」と発言したロシアのラブロフ外相をイスラエルのラピド外相らが非難したことに対し、ロシア外務省は声明で「ウクライナのネオナチ政権を支持するイスラエル政府の方針を示している」と反発した。

[2022-05-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア軍は、民間人が脱出したウクライナ南東部マリウポリのアゾフスターリ製鉄所に対する攻撃を再開した。東部ドネツクや南部オデーサ(オデッサ)、ポーランド国境に近い西部リビウなどへの砲撃も行ったという。

[2022-05-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は4日、岸田首相を含む日本人63人の入国を禁止する措置を発表した。

[2022-05-04][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は4日、岸田首相を含む日本人63人を入国禁止にすると発表した。対象となるのは、岸田首相、林外相、岸防衛相、研究者やジャーナリスト。

[2022-05-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府のペスコフ報道官は、欧州委員会がロシア産原油の禁輸を含む追加制裁を発表したことに関し、EUが禁輸措置を取ることを想定し、すでにさまざまな対抗措置を検討していると述べた。

[2022-05-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・タス通信は、ロシアで、旧ソ連の対ドイツ戦勝記念日の9日に行われる軍事パレードの予行演習が実施され、軍用機がモスクワ上空を飛行したと報じている。今年のパレードでは空中指揮機「イリューシン(IL)80」が飛行予定で、予行演習にも参加したという。同機は核戦争などの非常時に大統領らが乗り込むことから「終末の日の飛行機」と呼ばれる。

[2022-05-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府のペスコフ報道官は、9日の対独戦勝記念日にプーチン大統領が、「特別軍事作戦」と称しているウクライナ侵攻を「戦争」に引き上げて宣戦を布告し、国家総動員を発令するとの観測を改めて否定した。

[2022-05-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省は、ウクライナ南東部マリウポリのアゾフスターリ製鉄所で停戦を実施し、民間人を避難させるための人道回廊を3日間にわたり設置すると発表した。

[2022-05-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省は、ロシア軍がEU加盟国ポーランドとリトアニアに挟まれた飛び地カリーニングラード州で、核弾頭を搭載可能な地上発射型ミサイル「イスカンデル」の模擬発射訓練を行ったことを明らかにした。

[2022-05-05][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・共同通信によると、ロシア軍は4日、ウクライナ南東部マリウポリで、内務省系「アゾフ連隊」や民間人が拠点とするアゾフスターリ製鉄所への攻撃を続けた。ウクライナメディアが報じた。同隊司令官は4日「血みどろの戦い」が行われていると動画で主張。ウクライナ大統領府長官顧問は、突入したロシア軍を押し返したものの「依然として危機的な状況だ」と訴えた。

[2022-05-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府は、プーチン大統領が、イスラエルのベネット首相との電話会談を行ったと発表した。そのなかで、ウクライナ南東部の港湾都市マリウポリでロシア軍が包囲するアゾフスターリ製鉄所からの民間人退避に向け、人道回廊を設置する用意が引き続きあると表明したという。

[2022-05-06][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省「ウクライナで核兵器は使用しない」

[2022-05-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、英国のブロナート駐ロシア大使をモスクワの本省に呼び、英政府がロシアのメディアなどを対象に科した追加制裁に「断固とした抗議」を伝えたと発表した。

[2022-05-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府のペスコフ報道官は、ポーランドの言動が敵対的になっているとし、同国が「脅威の源」になる可能性があると述べた。EU加盟国であるポーランドはEUに対ロシア制裁の強化を求める動きを主導しているほか、北大西洋条約機構(NATO)に対しウクライナに兵器を提供するよう呼びかけている。

[2022-05-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・国連安全保障理事会は、ロシアによるウクライナ侵攻後で初めてとなる声明を発表し、「ウクライナにおける平和と安全の維持をめぐる深い懸念」を表明した。声明はノルウェーとメキシコが作成。ロシアも支持している。

[2022-05-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア議会のトゥルチャク上院第1副議長は、同国軍が制圧したウクライナ南部ヘルソンを訪問し、ロシアは「永遠に」ウクライナ南部にとどまると宣言した。

[2022-05-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・国連食糧農業機関(FAO)当局者は記者会見で、ロシア軍が侵攻したウクライナから約70万トンの穀物を略奪した可能性を指摘した。「トラックで穀物をロシアに運び入れている事例を確認している」と述べ、トラクターなどの「農業機械も盗んでいる」としている。

[2022-05-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア軍が包囲するウクライナ南東部の港湾都市マリウポリのアゾフスターリ製鉄所で立てこもりを続けるウクライナ側部隊は、投降の意思はなく、必要な限り戦いを続けると表明した。

[2022-05-09][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省は、ロシア太平洋艦隊のコルベット艦が日本海で、新型の対潜水艦ミサイル「オトベト」の発射演習を行ったと発表した。ウクライナ侵攻をめぐり対立を深める日米などをけん制する狙いとみられる。

[2022-05-10][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ウクライナ国防省は、ロシア軍が南東部マリウポリのアゾフスターリ製鉄所に対し戦車や大砲を用いた「襲撃作戦」を実施したと明らかにした。ただ、詳細は明らかにしなかったため、ロシア軍が同製鉄所に対する新たな作戦を開始したかどうかは不明となっている。

[2022-05-10][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロイター通信によると、ロシアのグルシュコ外務次官は10日、ウクライナに対する予防的な戦術核兵器の使用を排除するかとの質問に対し、ロシアの軍事ドクトリンに規定されていると指摘した。ロシア通信(RIA)が伝えた。「われわれには軍事ドクトリンがあり、全てはそこに記されている」と述べた。

[2022-05-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・タス通信は、ウクライナ南部ヘルソンの親ロシア派当局者が、年末までにロシアに編入するようプーチン大統領に要請する計画だと報じている。実現すれば、ロシアがウクライナに侵攻して以来、初の併合となる。

[2022-05-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアは、国営ガス大手ガスプロムのドイツ子会社ガスプロムゲルマニアの関連企業などに対する制裁措置を導入した。

[2022-05-12][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・国際原子力機関(IAEA)は声明を発表し、ロシアが一時制圧したウクライナ北部チェルノブイリ原発からのデータ送信が完全に復旧したことを明らかにした。IAEAのグロッシ事務局長は「ウクライナで保障措置の実施を続けるのに重要なステップだ」と評価している。

[2022-05-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府のぺスコフ報道官は記者会見で、フィンランドの北大西洋条約機構(NATO)加盟は「間違いなく」ロシアへの脅威であり、NATO拡大は欧州と世界の安定につながらないと主張した。

[2022-05-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・フィンランド紙イルタレフティは、ロシアがフィンランドに対し、ガスの供給を13日にも停止する可能性があると警告していたことが分かった、と報じている。

[2022-05-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・タス通信は、ロシア政府系のガスプロムが、ロシア産天然ガスをドイツに送る「ヤマル欧州パイプライン」を通じたガス輸送を停止すると表明したと報じている。パイプラインの一部を所有するポーランド企業がロシアの制裁対象になったため。実際に停止すれば、ドイツ経済に影響が出る恐れもある。

[2022-05-13][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・日本経済新聞によると、ロシアが天然ガスを使った欧州への圧力を強めている。ポーランドを通る主要パイプラインへの供給を止め、ドイツ政府が管理下においたロシア国営ガスプロムの独子会社も報復制裁の対象にした。早くもドイツの消費量の3%相当が影響を受けた。

[2022-05-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・インタファクス通信は、ロシアのグルシコ外務次官が、フィンランドとスウェーデンが北大西洋条約機構(NATO)加盟申請の動きを見せていることについて、核兵器がロシア国境に近づくなら「抑止力維持のための方策を取らざるを得ない」と述べ、北欧2ヵ国を視野に入れた核軍備増強があり得るとの考えを示したと報じている。

[2022-05-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアの電力会社は、代金未払いを理由に隣国フィンランドへの電力供給を停止すると発表した。フィンランドは12日に米欧の軍事同盟NATOへの加盟申請方針を発表しており、ロシアによる報復の可能性もある。

[2022-05-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・朝日新聞は、ロシアによるウクライナ侵攻をめぐり、米国防総省高官が、ロシア軍が戦力を追加投入しているにもかかわらず、東部ドンバス地方での戦いで目立った成果を得られていないとの見方を示したと報じている。ロシア軍は一部の将官が命令を拒むなど、士気の低下が引き続き課題となっているという。

[2022-05-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・英紙ガーディアンは、ウクライナ軍が、ロシア軍が攻略を図っていたウクライナ第2の都市ハリコフから撤退を始めたと発表したと報じている。ウクライナ軍の反転攻勢で国境付近まで退却を余儀なくされた模様で、2月の侵攻開始以来続いていた砲撃は収まったという。

[2022-05-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ウクライナ当局は、ロシア軍が南東部マリウポリの製鉄所への攻撃に「白リン弾」を使用した可能性があると発表した。「白リン弾」は、化学兵器禁止条約などの国際法では規制されていないものの、人体に触れると水での消火が難しいなど深刻なヤケドをもたらし非人道的とされる武器として認識されている。

[2022-05-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ウクライナ当局は、ロシア軍が南東部マリウポリの製鉄所への攻撃に「白リン弾」を使用した可能性があると発表した。「白リン弾」は、化学兵器禁止条約などの国際法では規制されていないものの、人体に触れると水での消火が難しいなど深刻なヤケドをもたらし非人道的とされる武器として認識されている。

[2022-05-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・共同通信によると、ロシアのリャプコフ外務次官は16日、スウェーデンとフィンランドが北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請すれば「重大な過ちだ」と指摘、ロシアが対抗措置を取る考えを示唆した。タス通信などが伝えた。

[2022-05-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、スウェーデン政府が北大西洋条約機構(NATO)加盟申請を正式表明したことについて「加盟は北欧と欧州全体の安全保障に重大な損害を与える」と批判する声明を発表した。

[2022-05-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ブルームバーグによると、ロシアからのガス供給が本格的に滞る最悪のシナリオの場合、ユーロ圏の今年の成長率はわずか0.2%となり、インフレ率は9%を超える。欧州委員会が16日、春季経済予測を公表した。

[2022-05-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は、西側諸国とG7によるロシアを孤立化させようとする動きにより、世界的な食料事情が悪化しているとの見解を示した。

[2022-05-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省は、ロシア軍が包囲しているウクライナ南東部マリウポリのアゾフスターリ製鉄所から負傷したウクライナ軍兵士を退避させることに合意したと発表した。負傷兵らはロシアが支配権を握るドネツク州ノボアゾフスクの医療機関に搬送されるという。

[2022-05-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は、フィンランドとスウェーデンが北大西洋条約機構(NATO)に加盟しても、恐らく「大きな変化はない」と発言、両国は以前からNATOの軍事演習に参加してきたと述べた。

[2022-05-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア大統領府は、G7とEUが凍結したロシア資産をウクライナに使用させることは「明白な窃盗」であり、そのような動きは違法で適切な対応が必要になると反発した。

[2022-05-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア外務省は声明を出し、在ロシア・フィンランド大使館の職員2人に国外退去を命じた。フィンランドが4月、ロシア外交官2人を国外追放したことへの対抗措置だという。

[2022-05-18][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア軍が包囲するウクライナ南東部マリウポリのアゾフスターリ製鉄所で、数週間にわたる籠城を続けていたウクライナ兵が投降した。マリウポリはロシア側の管理下に入り、苛烈を極めた同製鉄所の包囲戦は幕引きを迎えたことになる。

[2022-05-18][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア当局は、ドンバス地方での「ウクライナ政権の民間人に対する刑事事件」に関連し、投降した兵士らを尋問する方針だと発表した。ロシア側はかねてから、ドンバス地方でウクライナが「虐殺行為に手を染めていた」と主張している。

[2022-05-18][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロイターは、ロシア国営の開発対外経済銀行(VEB)のエコノミストらが、西側から前例のない制裁を受けている同国経済について、抵抗しうる力はあるが、輸入の大幅増と自由が必要との見解をまとめたと報じている。

[2022-05-18][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ブルームバーグは18日、「ロシアのCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)、1年以内のデフォルト確率90%を示唆」などと報じた。

ロシア政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース