スイス政府関係の発言・ニュース

スイス国旗

 スイス政府に関連するによる関係者の発言や、為替、株式、商品相場などに影響を与えると考えられるスイス政府に関連したニュースなどを掲載しています。

 このカテゴリ内においてHDP・RHDPは複数のスイス政府関連の発言やニュースを元に算出しているため、数値は目安範囲となります。

 また、スイス政府関係者の発言は他国同様に、スイス国立銀行の金利政策にも大きく影響を与えると考えられるため注意が必要です。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -4.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

ハト派傾向

 RHDP -3.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-03-14][NP+3.0 HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・スイス連邦経済省経済管轄局(SECO)は14日、2019年及び2020年の経済見通しを発表した。GDPは2019年プラス1.1%、2020年プラス1.7%。(前回は2019年プラス1.5%、2020年プラス1.7%)雇用は2019年0.7%、2020年0.8%。(前回は2019年0.8%、2020年0.9%)CPIは2019年プラス0.4%、2020年プラス0.6%。(前回は2019年はプラス0.5%、2020年プラス0.7%)

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のスイス政府関係の発言・ニュース

[2019-03-20][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・スイスのジュネーブで開かれている軍縮会議で、北朝鮮代表は、北朝鮮が完全な非核化に応じなければ制裁を解除しないとする米国の主張について「脅迫的で危険な状況をもたらす」と述べ、強く牽制した。

[2019-03-14][NP+3.0 HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・スイス連邦経済省経済管轄局(SECO)は14日、2019年及び2020年の経済見通しを発表した。GDPは2019年プラス1.1%、2020年プラス1.7%。(前回は2019年プラス1.5%、2020年プラス1.7%)雇用は2019年0.7%、2020年0.8%。(前回は2019年0.8%、2020年0.9%)CPIは2019年プラス0.4%、2020年プラス0.6%。(前回は2019年はプラス0.5%、2020年プラス0.7%)

[2019-01-17][NP     HDP -4.3 CHDP +0.1 RHDP -4.0 CRHDP +0.3]
・スイスの世界経済フォーラムは、国際社会が警戒すべきリスクを分析した2019年版報告書を発表した。米国と中国の貿易摩擦拡大やトランプ米政権が通商協定の見直しを求めていることを踏まえ、国際的な協力関係が弱体化し世界の分断が進みかねないと警鐘を鳴らしている。

[2019-01-08][NP     HDP -4.3 CHDP +0.1 RHDP -4.0 CRHDP +0.3]
・スイス公共放送は、同国中銀のツアブリュック副総裁がインタビューで、とりわけ政治的リスクが高まるなか、超緩和的な金融政策を転換する根拠は存在しないとの見解を示したと報じている。

[2018-11-07][NP     HDP -4.3 CHDP +0.1 RHDP -4.0 CRHDP +0.3]
・スイス政府関係者「ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁はスイスフランはまだ過大評価されていると述べている」「SNB総裁はまだ低インフレで為替市場は不安定と述べている」「SNB総裁はマイナス金利と為替介入は依然必要と述べている」

[2018-09-19][NP     HDP -4.3 CHDP +0.1 RHDP -4.0 CRHDP +0.3]
・スイス連邦経済省経済管轄局(SECO)は19日、2018年及び2019年の経済見通しを発表した。GDPは2018年プラス2.9%、2019年プラス2.0%。(前回は2018年プラス2.4%、2019年プラス2.0%)雇用は2018年1.8%、2019年1.1%。(前回は2018年1.5%、2019年1.0%)CPIは2018年プラス1.0%、2019年プラス0.8%。(前回は2018年はプラス1.0%、2019年プラス0.8%)

[2018-06-11][NP     HDP -4.3 CHDP +0.1 RHDP -4.0 CRHDP +0.3]
・スイスは10日、中央銀行にのみ通貨創造を認める「ソブリンマネー」構想の是非を問う国民投票を実施。政府発表によると4分の3以上が反対し否決された。

[2018-06-06][NP     HDP -4.3 CHDP +0.1 RHDP -4.0 CRHDP +0.3]
・スイス・ジュネーブに本部を置く国連軍縮会議でシリアが議長国を務めていることを受け、米国が、シリアが自国の体制を「普通」にみせようとするために議長の地位を利用しているとして、会合をボイコットする意向を示したと報じている。

[2018-03-29][NP     HDP -4.3 CHDP +0.1 RHDP -4.0 CRHDP +0.3]
・スイス国内紙は、同国中銀のメクラー理事がインタビューで、スイス中銀は早過ぎる利上げは控えるべきだと述べた、と報じている。利上げを急げば、インフレやスイス経済全体にマイナスの影響が及びかねないとの見方を示したという。

[2018-02-28][NP     HDP -4.3 CHDP +0.1 RHDP -4.0 CRHDP +0.3]
・スイスのジュネーブで開かれている軍縮会議で、北朝鮮の大使は「アメリカが南北対話の努力を無視して対立を求めるのであれば、わが国は確実に対抗措置をとる」と述べて、新たな制裁を発表するなど圧力を強める姿勢を崩さないアメリカのトランプ政権をけん制した。

(最終更新日時 2019-03-23 16:33)

スイス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

スイス政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース