スイス政府関係の発言・ニュース

スイス国旗

 スイス政府に関連するによる関係者の発言や、為替、株式、商品相場などに影響を与えると考えられるスイス政府に関連したニュースなどを掲載しています。

 このカテゴリ内においてHDP・RHDPは複数のスイス政府関連の発言やニュースを元に算出しているため、数値は目安範囲となります。

 また、スイス政府関係者の発言は他国同様に、スイス国立銀行の金利政策にも大きく影響を与えると考えられるため注意が必要です。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -4.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

ハト派傾向

 RHDP -3.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-13][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・スイス財務省「2024年からOECD協定で合意された法人税率15%以上を適用へ」「ビジネス拠点としての魅力が失われる可能性に対処するため、財政政策に余裕を持たせるだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のスイス政府関係の発言・ニュース

[2022-01-13][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・スイス財務省「2024年からOECD協定で合意された法人税率15%以上を適用へ」「ビジネス拠点としての魅力が失われる可能性に対処するため、財政政策に余裕を持たせるだろう」

[2022-01-03][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・ロイターは、スイス中銀が第3四半期に27億9000万スイスフランを外貨購入に投じたことが公表された統計で分かった、と報じている。スイスフラン相場の上昇が続いたにもかかわらず、中銀は外国為替市場への介入を縮小していたようだ。

[2021-12-03][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・スイス政府「スイスフランの為替操作を行っていない」「適切な金融状態を維持し、物価の安定を図るために、スイスの金融政策には為替介入が必要」「スイス国立銀行の独立性は変わらず、任務遂行のための機動的な余地に変化はない」

[2021-11-29][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・スイス放送協会フランス語放送は、スイス中銀のメクラー理事がインタビューで、同行がスイスフランの外国為替レートを「非常に注意深く」監視していると明らかにしたと報じている。また、フラン相場が同国経済に与える影響を見極めることが目的であり、必要な場合に為替介入する用意が整っていると語ったという。

[2021-09-30][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、スイス国立銀行(SNB、中央銀行)は30日、第2・四半期に54億4000万スイスフラン(58億9000万ドル)を外貨購入に投じたと発表した。フランの上昇を抑えるために介入を再開したSNBは、前四半期の2億9600万フランから介入額を大幅に拡大させた。ただ、新型コロナウイルス流行ピーク時の2020年第2・四半期に投じた外貨購入額(515億フラン相当)に比べれば大幅に少ない。

[2021-09-06][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・スイス紙ル・タンは、同国中銀のメクラー理事がインタビューに応じ、消費者物価指数が上昇してスイス経済の好調さを示したものの、インフレ率自体が低いのを踏まえると拡張的な金融政策が引き続き重要だと訴えたと報じている。

[2021-09-04][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・メクラースイス国立銀行理事(SNB、中央銀行)「長期にわたるパンデミックがビジネスや消費者信頼感の障害に繋がる可能性も除外できないがベースケースではない」

[2021-09-01][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・スイス中銀のツアブリュック副総裁は、世界的な低金利は今後も続く可能性が高く、すでに過熱しているスイスの不動産市場に拍車をかけ、金融安定性にリスクをもたらすと述べた。

[2021-06-30][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、スイス中銀が30日発表したデータによると、スイスフラン高抑制を目的とする為替介入額は2021年第1・四半期に2億9600万スイスフラン(3億2139万ドル)となり、昨年第4・四半期から大幅に減少した。昨年第4・四半期は88億7000万フラン、通年では1100億フランだった。

[2021-06-28][NP     HDP -4.2 CHDP +0.1 RHDP -3.9 CRHDP +0.1]
・メクラー・スイス国立銀行(中銀、SNB)理事「スイスフランの価値は依然として高いまま」「インフレ期待は抑制されている」「インフレは上昇すると見込むが、その後安定に戻ってくるだろう、そしてそれは良いこと」

(最終更新日時 2022-01-14 17:12)

スイス政府関係の発言・ニュース バックナンバー

スイス政府関係 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース