スイス国立銀行関係の発言・ニュース

スイス国立銀行関係

 スイス国立銀行関係者による発言・コメントや、為替・株式・商品相場に関連するスイス国立銀行関係のニュースを紹介しています。

 このカテゴリ内においては、複数のスイス国立銀行関係者による発言やニュースを元にHDP・RHDPを作成しているため、数値は目安範囲となります。

 また、スイスの政策金利に関するニュースについては、世界の政策金利のカテゴリ内で他国と一緒に掲載しています。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

ハト派傾向

 RHDP -3.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-16][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.1]
・スイス経済省経済事務局(SECO)「2021年のGDP(スポーツイベント調整後)成長率を3.2%と予想(前回予想は3.6%)」「22年GDP(スポーツイベント調整後)成長率予想は3.4%(前回予想は3.3%)」
・スイス経済省経済事務局(SECO)「21年CPIを0.5%と見込む(前回予想は+0.4%)」「2年CPIを0.8%と見込む(前回予想は+0.5%)」「以前の予測よりも若干ダイナミックさに欠けるものの、期待通りの経済回復が続くと予想」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のスイス国立銀行関係の発言・ニュース

[2021-09-16][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.1]
・スイス経済省経済事務局(SECO)「2021年のGDP(スポーツイベント調整後)成長率を3.2%と予想(前回予想は3.6%)」「22年GDP(スポーツイベント調整後)成長率予想は3.4%(前回予想は3.3%)」
・スイス経済省経済事務局(SECO)「21年CPIを0.5%と見込む(前回予想は+0.4%)」「2年CPIを0.8%と見込む(前回予想は+0.5%)」「以前の予測よりも若干ダイナミックさに欠けるものの、期待通りの経済回復が続くと予想」

[2021-09-14][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.1]
・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)のツアブリュック副総裁は、経済成長の妨げとなるスイス・フランの上昇を防ぐにはマイナス金利が引き続き不可欠だとの見解を示した。スイス紙ゾンタークスツァイトゥングとのインタビューで発言した。ブルームバーグが引用して伝えた。

[2021-09-13][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.1]
・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)のツアブリュック副総裁は12日、スイス紙とのインタビューの中で「マイナス金利はスイスフラン高抑制のために重要」「スイス国内のインフレ上昇は一時的」と発言した。

[2021-06-29][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.1]
・スイス中銀のメクラー理事は、SNBが拡張的な金融政策の正常化を開始するまでには「至っていない」と述べた。一方、安全通貨のスイスフランについては現在も「高く評価」されており、その傾向は対ドルよりも対ユーロで見られると言及。フラン高はスイスの物価上昇を抑制しているが、インフレを抑えるために生産を引き上げる余地があるとしている。

[2021-06-17][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.1]
・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)「短期的にはGDPは大幅に増加し、失業率は低下すると予想」「これまでのところ、経済と金融セクターは頑強であることが示された」
・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)声明「スイスフランは依然として過大評価されている」「必要ならば、為替市場に介入する」
・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)声明「2021年の国内総生産(GDP)見通しは+3.5%程度」「2021年央までには、危機以前の成長率を回復する見通し」
・ロイター通信によると、スイス国立銀行(中央銀行)は17日、超緩和的な金融政策の維持を決定した。世界経済が新型コロナウイルス禍から回復する中、インフレ率の見通しを引き上げた。中銀は、スイスフランが依然として過大評価されていると指摘。スイスフランはここ数週間、他の中銀が低金利を維持する中、値上がりしている。

[2021-06-01][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.1]
・スイス中銀副総裁「最近のスイスフランの下落を歓迎しているが、なお過大評価されている」「現在の緩和措置は適切」「外為市場への介入は、マイナス金利とともに重要」

[2021-04-16][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.1]
・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)声明「為替介入は金融政策に必要」
・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)米財務省がスイスを為替操作国から除外したことについて「決して、スイスの通貨を操作することはない」「為替介入は国際収支に影響したり、不当な競争的優位性を与えることを目的としていない」「金融政策は変更されておらず、過度なフラン高に対する為替介入への準備はできている」

[2021-04-09][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.1]
・ジョーダン・スイス中銀総裁は「景気回復は脆弱」などと述べた。

[2021-03-25][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.1]
・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)声明「必要があれば市場に介入する用意がある」「スイスフランの水準は高過ぎる」「今年のGDPは2.5-3.0%となる見込み」

[2021-03-22][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、スイス国立銀行(中央銀行)は22日、必要ならばバランスシートをさらに拡大することが可能との認識を示した。これに先立ち公表した年次報告書では、2020年に為替市場への介入額が1100億スイスフラン(1182億7000万ドル)に達したことが明らかになった。

(最終更新日時 2021-09-18 18:23)

スイス国立銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

スイス国立銀行関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース