スイス国立銀行関係の発言・ニュース

スイス国立銀行関係

 スイス国立銀行関係者による発言・コメントや、為替・株式・商品相場に関連するスイス国立銀行関係のニュースを紹介しています。

 このカテゴリ内においては、複数のスイス国立銀行関係者による発言やニュースを元にHDP・RHDPを作成しているため、数値は目安範囲となります。

 また、スイスの政策金利に関するニュースについては、世界の政策金利のカテゴリ内で他国と一緒に掲載しています。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-11-21][NP-4.0 HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP -0.2]
・メクラー・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)理事「スイスにとってマイナス金利は絶対的に必要で不可欠」「SNBは必要とあらば為替市場で介入する」
・メクラー・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)理事「スイスの短期成長見通しは悪化」「インフレ圧力は非常に弱い」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のスイス国立銀行関係の発言・ニュース

[2019-11-21][NP-4.0 HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.0 CRHDP -0.2]
・メクラー・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)理事「スイスにとってマイナス金利は絶対的に必要で不可欠」「SNBは必要とあらば為替市場で介入する」
・メクラー・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)理事「スイスの短期成長見通しは悪化」「インフレ圧力は非常に弱い」

[2019-11-15][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.1]
・メクラー・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)理事「SNBは必要とあらば為替市場で介入する」「世界経済は不確実性に悩まされている」

[2019-10-31][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.1]
・スイス国立銀行(SNB、中央銀行)は31日、第3・四半期の利益は130億スイスフラン(131億7000万ドル)と発表した。世界的な金融緩和で株式ポートフォリオが押し上げられ、政治的リスクで金価格が上昇したことが背景。

[2019-10-03][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.1]
・スイス中銀のメクラー理事は、貿易戦争や英国のEU離脱、イラン問題などの世界的な不透明性の高まりが生産性向上に向けた投資を抑制しており、緩和的な金融政策は妥当との見解を示した。

[2019-10-02][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.1]
・メクラーSNB理事「世界経済の不透明感の強まりに備え、金融政策は緩和的であるべき」「マイナス金利は一時的なものだが、問題は一時的がどの程度か」

[2019-09-19][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.1]
・スイス国立銀行(SNB)声明「スイスフランは貿易加重平均で上昇しており、依然として高く評価されている」「為替市場の状況はなおぜい弱」「SNBは必要に応じて為替市場で引き続き活動する」

[2019-08-29][NP-3.6 HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.1]
・メクラー・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)理事「スイスフランは強すぎる」「世界経済の進展はスイス経済に大きな影響を与える」

[2019-08-27][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・スイス国立銀行(中央銀行)のツアブリュック副総裁は27日、米フェイスブックが導入を計画している暗号資産(仮想通貨)「リブラ」を巡り、関係当局と緊密に連絡を取り合っていることを明らかにした。ツアブリュック副総裁は、チューリヒで開催された会合で「現段階で入手できる資料は非常に獏として詳細が依然、明らかになっていないため、(リブラ計画の)完全な分析を行うのは難しい」と述べ、リブラについて国単位および国際的に当局がどう対処するかが依然、重要なポイントだと指摘した。

[2019-08-26][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・スイス国立銀行(中央銀行)が公表した統計で、サイトデポジット(市中銀行がスイス中銀に預ける要求払い預金、当座預金)が8月23日までの1週間に25億スイスフラン(26億ドル)近く増加した。中銀がフラン高抑制のために外国為替市場への介入を継続したとみられる。複数のアナリストは、中銀がフラン高抑制のために介入したのはほぼ間違いないと指摘している。米中貿易戦争や世界経済の減速懸念などを背景に、フランの対ユーロ相場は2年ぶりの高値付近にある。中銀はコメントを控えた。

[2019-08-06][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・スイス中銀が公表したサイト・デポジット(市中銀行が中銀に預ける要求払い預金、当座預金)に関する統計から、通商問題を巡る懸念を背景にスイスフランが対ユーロで上昇するなか、スイス中銀が先週も外国為替市場への介入を継続した公算が大きいことが分かった、と報じている。

(最終更新日時 2019-11-22 12:05)

スイス国立銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

スイス国立銀行関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース