アンゲラ・メルケルの発言・ニュース

アンゲラ・ドロテア・メルケル

 アンゲラ・ドロテア・メルケルは1954生まれのドイツの政治家で、キリスト教民主同盟(CDU)党首、第8代ドイツ連邦共和国首相、ドイツでは女性としては初の大政党党首・首相です。

 科学アカデミーに就職し理論物理学を研究していたが、1989年の「ベルリンの壁」崩壊時、先行きが不安になった科学アカデミーを辞職、「民主主義の出発」の結党メンバーになり政界へと入った。

 また、メルケルは国家について次のように発言をしている「国家は破綻するはずがないという噂がありますが、この噂は正しくありません」。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-08-21][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・テレビ局RTLが放送したタウンホールイベントで、ドイツのメルケル首相は、ディーゼル車の早期廃止に警告を発し、ディーゼル燃料は気候変動問題への取り組みで目標を達成するために必要との認識を示した。
・ドイツのメルケル首相は21日、排ガス不正でイメージが傷ついた国内自動車業界において、役員が数百万ユーロもの高額報酬を受け取るのは公正でないとの見解を示した。メルケル首相は、独大衆紙ビルトのネット生中継でのインタビューで「フェアだとは思わない。自動車業界がどう対応するかは分からない」と述べた。さらに「企業には労働組合の代表を含む監査役会があり、(役員報酬について)より慎重なアプローチを取るだろう」と話した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のアンゲラ・メルケルの発言・ニュース

[2017-08-21][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・テレビ局RTLが放送したタウンホールイベントで、ドイツのメルケル首相は、ディーゼル車の早期廃止に警告を発し、ディーゼル燃料は気候変動問題への取り組みで目標を達成するために必要との認識を示した。
・ドイツのメルケル首相は21日、排ガス不正でイメージが傷ついた国内自動車業界において、役員が数百万ユーロもの高額報酬を受け取るのは公正でないとの見解を示した。メルケル首相は、独大衆紙ビルトのネット生中継でのインタビューで「フェアだとは思わない。自動車業界がどう対応するかは分からない」と述べた。さらに「企業には労働組合の代表を含む監査役会があり、(役員報酬について)より慎重なアプローチを取るだろう」と話した。

[2017-08-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相「自動車を購入した人が乗車を禁じられ、転売を余儀なくされるようであってはならない」

[2017-08-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・独総選挙を約6週間後に控える中、新たな世論調査によると、メルケル独首相の支持率が59%と、前月から10ポイント低下した、と報じた。一方、社会民主党(SPD)のシュルツ党首の支持率は33%。前月から4ポイント下がった。

[2017-07-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツの公共放送ARDは、メルケル首相が今年の開催地ハンブルクで会議中、暴力をともなう抗議行動が荒れ狂い、市長に警備の責任を問う声が出ていることに対し「間違っている」と反論したと報じている。

[2017-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相は財界人会議で講演を行い、英国がEUから離脱(ブレグジット)した後にEU在住の英国人が本国に送還される恐れはない、との考えを明らかにした。

[2017-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相「ECBの金融政策では我々がいずれ達成したい水準にまだいたらない」
・メルケル独首相「ドイツのエネルギー価格が高いと理解している」「ECBの政策はまだ我々が望むところにない」
・メルケル独首相は11日、欧州中央銀行(ECB)の金融政策について、依然としてドイツが望む状態に戻っていないとの考えを示した。首相がECBの金融政策について言及するのは異例。首相はバイエルン州の産業界代表らに対し「ECBの金融政策については、まだわれわれが望む状態に戻っていない」と述べた上で「すべてのユーロ圏加盟国が再び成長に向かっているのは朗報だ。何百万人もの新たな雇用が生み出されており、われわれの向かう道が正しいことを示している」とした。

[2017-07-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのメルケル首相は、連邦議会(下院)議員を選ぶ9月の総選挙に向け、自身が党首を務める保守系のキリスト教民主同盟と姉妹政党・キリスト教社会同盟の共通の公約を発表した。これにより各党の選挙公約が出そろったことになり、政策論争が今後、本格化しそうだ。
・メルケル独首相は記者会見で、今週末開かれるG20首脳会議について、国際テロへの対応では概ね一致できるが、その他の議題では国により見解が異なるとの認識を示した。

[2017-06-30][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相は、連邦議会で「世界の問題を孤立主義や保護主義で解決できると思うものは大きな過ちを犯している」と述べた。名指しこそ避けたが、国際社会に背を向けるトランプ米政権を強く批判したものとみられている。

[2017-06-27][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相「私のグローバリゼーションの考えとトランプ大統領とのものは大きくかけ離れている」

[2017-06-23][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相「EU首脳はウクライナの紛争を議論した」「EU首脳はロシア制裁を満場一致で支持した」
・メルケル独首相「ドラギECB総裁は域内経済に関して楽観的な見解を示した」

(最終更新日時 2017-08-22 04:03)

アンゲラ・メルケルの発言・ニュース バックナンバー

アンゲラ・メルケル カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース