アンゲラ・メルケルの発言・ニュース

アンゲラ・ドロテア・メルケル

 アンゲラ・ドロテア・メルケルは1954生まれのドイツの政治家で、キリスト教民主同盟(CDU)党首、第8代ドイツ連邦共和国首相、ドイツでは女性としては初の大政党党首・首相です。

 科学アカデミーに就職し理論物理学を研究していたが、1989年の「ベルリンの壁」崩壊時、先行きが不安になった科学アカデミーを辞職、「民主主義の出発」の結党メンバーになり政界へと入った。

 また、メルケルは国家について次のように発言をしている「国家は破綻するはずがないという噂がありますが、この噂は正しくありません」。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-10-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相とトルコのエルドアン大統領は、ベルリンで会談した。メルケル氏は会談後の共同記者会見で、両国にフランス、ロシアも交えて10月に4ヵ国首脳会談を行う方針を表明している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のアンゲラ・メルケルの発言・ニュース

[2018-10-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相とトルコのエルドアン大統領は、ベルリンで会談した。メルケル氏は会談後の共同記者会見で、両国にフランス、ロシアも交えて10月に4ヵ国首脳会談を行う方針を表明している。

[2018-09-26][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相の与党、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は、連邦議会の会派を率いる院内総務に首相の右腕のカウダー氏ではなく、ほぼ無名のブリンクハウス氏を選出した。13年前のメルケル政権発足以来、院内総務として支えてきたカウダー氏が再選に失敗したことで、今後首相の求心力の低下が懸念されそうだ。

[2018-09-25][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「ブレグジットについては11月まで終わらせる必要がある」

[2018-09-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「ブレグジット後の英国との良い関係を望み、連携を守る」

[2018-09-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「ブレグジット交渉の失敗を排除できない」「ブレグジット交渉の失敗を見たくはない」
・メルケル独連立政権の一角であるキリスト教社会同盟(CSU)が草案文書として伝えたところによると、「欧州中央銀行(ECB)の低金利政策や債券買い入れプログラムを出来る限り早期に終わらせるべき」という。
・メルケル独首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)と姉妹政党のキリスト教社会同盟(CSU)は5日、欧州中央銀行(ECB)は資産買い入れプログラムをすぐに停止し、低金利政策に終止符を打つべきとの見方を示した。

[2018-09-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相が、EUの行政執行機関である欧州委員会のトップの座に、ドイツ人候補を推すことを決定したと報じている。事情に詳しい関係者が明らかにしたという。

[2018-08-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相とロシアのプーチン大統領は、ベルリン郊外の迎賓館で会談し、両国間の懸案となっているウクライナやシリアでの紛争などについて、協議を続けていく方針で一致した。
・メルケル独首相とプーチン露大統領は18日、ドイツ北東部メセベルクで会談し、ロシア産の天然ガスを欧州に運ぶ海底パイプライン「ノルト・ストリーム2」の建設を推進することを確認した。欧州の過度なロシアへのエネルギー依存を警戒する米国などが反発することは避けられない情勢だ。
・メルケル独首相「トルコに対する緊急支援提供の必要性は、現時点では見当たらない」
・ドイツのメルケル首相は20日、通貨危機に見舞われているトルコについて、直ちに金融支援を提供する必要性は現時点では見当たらないとの考えを示した。

[2018-08-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相は、「固定された離脱合意は考えられない。英国が恩恵を受けたいと希望するなら、EU規則を再び受け入れると約束する必要がある」と述べ、英国のEU離脱合意について、柔軟な内容で将来の調整に備えることが望ましいとの認識を示した。

[2018-08-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、スペインを訪問し、同国のサンチェス首相と会談した。スペイン首相府によると、両首脳は主要議題となった移民・難民の欧州流入に関し、EU全体で対応し、受け入れには各国の連帯が必要だとの認識で一致したという。
・メルケル独首相「誰もトルコ経済の不安定を望んでいない」「独はトルコ経済の繁栄を望んでいる」「トルコ中銀の独立性は重要」

[2018-07-23][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は記者会見で、対米関係が「圧力にさらされている」と指摘する一方、必要不可欠として深化に向け取り組む方針を表明した。同時に、世界秩序をもたらす存在として、米国に頼ることはもはやできないとの認識も示している。
・ドイツのメルケル首相は記者会見で、すべての米露首脳会談を歓迎すると述べた。

(最終更新日時 2018-10-05 19:16)

アンゲラ・メルケルの発言・ニュース バックナンバー

アンゲラ・メルケル カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース