アンゲラ・メルケルの発言・ニュース

アンゲラ・ドロテア・メルケル

 アンゲラ・ドロテア・メルケルは1954生まれのドイツの政治家で、キリスト教民主同盟(CDU)党首、第8代ドイツ連邦共和国首相、ドイツでは女性としては初の大政党党首・首相です。

 科学アカデミーに就職し理論物理学を研究していたが、1989年の「ベルリンの壁」崩壊時、先行きが不安になった科学アカデミーを辞職、「民主主義の出発」の結党メンバーになり政界へと入った。

 また、メルケルは国家について次のように発言をしている「国家は破綻するはずがないという噂がありますが、この噂は正しくありません」。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-06-23][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相「EU首脳はウクライナの紛争を議論した」「EU首脳はロシア制裁を満場一致で支持した」
・メルケル独首相「ドラギECB総裁は域内経済に関して楽観的な見解を示した」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のアンゲラ・メルケルの発言・ニュース

[2017-06-23][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相「EU首脳はウクライナの紛争を議論した」「EU首脳はロシア制裁を満場一致で支持した」
・メルケル独首相「ドラギECB総裁は域内経済に関して楽観的な見解を示した」

[2017-06-21][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相は、来月ハンブルクで開かれるG20首脳会議について、議長国として自由かつ公正な貿易の推進に焦点を当てるとともに、開放的な市場に関して各国の理解を得たいとの考えを示した。また、米国との軋轢が生じている鉄鋼問題もG20の議題になるとし、業界内の過剰生産能力や公正な競争などで改善を図る必要があると述べている。

[2017-06-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのメルケル首相は、参加した式典で、「ドイツは日本との協力拡大に大きな関心を持っている」「日欧の経済連携協定(EPA)交渉をまとめなければならないし、そうしたいと思っている。EPAがあることで双方の協力関係は一層強まる」と述べた。
・メルケル独首相「米国のパリ協定脱退は悲痛」

[2017-06-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのメルケル首相は、EUと米国の通商交渉について、9月24日のドイツ総選挙の後に再開することが望ましいとの認識を示した。

[2017-06-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相と中国の李克強首相は1日、ベルリンでの会談後記者会見し、世界的に不透明感が増すなか、独中の関係強化が重要と表明した。

[2017-05-31][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相「シャドーバンキング規制は絶対に不可欠」

[2017-05-30][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・メルケル独首相は、気候変動問題をめぐる米国との見解の相違を軽視しないことが正しい姿勢となるとの考えを示した。

[2017-05-22][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ドイツのメルケル首相は、ウクライナのポロシェンコ大統領とベルリンで会談した。メルケル首相は会談前の共同記者会見で、ウクライナ東部情勢について「再び停戦違反が増えている」と指摘し、戦闘行為の抑制が最優先課題との認識を示している。
・メルケル独首相「欧州連合(EU)からのさらなる離脱を防がなくてはいけない」
・メルケル独首相「ユーロは弱すぎる」
・ドイツのメルケル首相は22日、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和策により、ユーロは「弱過ぎる」との認識を示した。ベルリンの学校で開かれたイベントで述べた。首相は、ドイツの貿易黒字はユーロ相場と原油価格の2つが押し上げ要因となっており、これらはいずれも政府の管轄外だと指摘。ユーロは現在「比較的弱め」とし、「ユーロがECBの政策により弱過ぎるため、ドイツ製品が相対的に安価となっている」と述べた。

[2017-05-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・独シュピーゲル誌が報じたところによると「メルケル独首相はドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の後任としてバイトマン独連銀総裁を支持する」ようだ。

[2017-05-18][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・メルケル独首相は、参加したG20の労働組合のイベントで、英国がEU離脱後にEU市民の移動の自由を制限すれば、英国は代償を支払うことになるとの見解を示した。

(最終更新日時 2017-06-26 02:15)

アンゲラ・メルケルの発言・ニュース バックナンバー

アンゲラ・メルケル カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース