アンゲラ・メルケルの発言・ニュース

アンゲラ・ドロテア・メルケル

 アンゲラ・ドロテア・メルケルは1954生まれのドイツの政治家で、キリスト教民主同盟(CDU)党首、第8代ドイツ連邦共和国首相、ドイツでは女性としては初の大政党党首・首相です。

 科学アカデミーに就職し理論物理学を研究していたが、1989年の「ベルリンの壁」崩壊時、先行きが不安になった科学アカデミーを辞職、「民主主義の出発」の結党メンバーになり政界へと入った。

 また、メルケルは国家について次のように発言をしている「国家は破綻するはずがないという噂がありますが、この噂は正しくありません」。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・メルケル独首相「ユーロ相場には問題があるが、影響を及ぼすのは政権ではなくECB」
・メルケル独首相は、米GMの欧州子会社、独オペルの仏グループPSAへの売却交渉をめぐり、「オペルの国内の雇用と拠点を守るため政治的に可能なことはすべてする」と述べた。赤字が続くオペルは主要工場のあるドイツや英国のリストラの懸念が強いなか、PSA傘下に入った後のリストラをけん制した格好にある。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のアンゲラ・メルケルの発言・ニュース

[2017-02-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・メルケル独首相「ユーロ相場には問題があるが、影響を及ぼすのは政権ではなくECB」
・メルケル独首相は、米GMの欧州子会社、独オペルの仏グループPSAへの売却交渉をめぐり、「オペルの国内の雇用と拠点を守るため政治的に可能なことはすべてする」と述べた。赤字が続くオペルは主要工場のあるドイツや英国のリストラの懸念が強いなか、PSA傘下に入った後のリストラをけん制した格好にある。

[2017-02-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・メルケル独首相「トランプ米大統領と良好な関係を築くことを模索し続ける」

[2017-02-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・独ビルト誌によると、メルケル独首相は、ペンス米副大統領と来週会談を行う。

[2017-02-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・独ビルト紙の委託でINSAが実施した世論調査によると、9月の総選挙では中道左派の社会民主党(SPD)がメルケル首相率いる保守派を破ると見込まれている、と報じている。調査によると、SPDの支持率は31%で、保守派の30%をわずかながら上回ったという。
・メルケル独首相は、トランプ米大統領が輸入品に関税を課す構えを見せていることについて質問され、「米政権の動向を見守る必要がある。それから対応策を講じるかどうか決定しなければならない」「わたしはこれまでも多国間相互自由貿易、相互の貿易協定を支持する考えを示してきた。世界が金融・銀行危機を克服できたのは、G20の枠組みの中で力を合わせて取り組んできたからだと信じている」と述べた。

[2017-02-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・ドイツのメルケル首相は、トルコのエルドアン大統領らとアンカラで会談し、EUとトルコの難民合意の実施やテロ対策で、協力を強化することで合意した。

[2017-02-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・ドイツのメルケル首相は、トランプ米政権で通商政策を担う幹部が、通貨ユーロが過小評価されドイツがそれを利用して貿易で有利な立場を得ていると指摘したのに対し、「ドイツはECBが独立した政策を追求するよう常に求めてきた」「ドイツは競争力のある製品と公正な競争を通じて世界市場で生き残ろうと努力している」と反論した。

[2017-01-31][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・ドイツのメルケル首相が記者会見で、「テロへの断固とした戦いが必要だからといって、特定の集団に疑いをかけることを正当化してはいけない」「とくに二重国籍を保有する国民のため、法的な問題解決に向けてあらゆる措置を取る」と言明したと報じている。
・メルケル独首相「ドイツは常に独立したECBを支持してきた」「ユーロ相場に影響を及ぼすことを望まない」

[2017-01-28][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・メルケル独首相「ドイツは自由で公正な貿易を支持へ」「ドイツは引き続き貿易協定を支持へ」

[2017-01-27][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・ドイツのメルケル首相がトランプ米大統領と28日、主にロシアを巡って協議を行う可能性がある、と事情に詳しい関係筋が27日、ロイターに明らかにした。

[2017-01-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・ドイツのメルケル首相、イタリアのジェンティローニ首相との会談後、記者団に対し、メイ英首相がEU離脱に関してEU単一市場から脱退する方針を表明したことについて、態度を明確にしたとして歓迎する姿勢を示した。

(最終更新日時 2017-02-21 23:34)

アンゲラ・メルケルの発言・ニュース バックナンバー

アンゲラ・メルケル カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース