カナダ政府関係の発言・ニュース

カナダ国旗

 カナダ政府の関係者による発言や、為替・株・商品相場に影響を与えると考えられるカナダ政府に関連したニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内では複数のカナダ政府関係者によるコメントやニュースによるHDP・RHDPとなるため、数値は悪魔で目安となります。

 また、カナダには地下資源が多く、その通貨も資源国通貨を代表する通貨の1つとなります。そのためカナダ政府の発言は商品相場に対しても影響を及ぼす可能性があります。

HDP

中間派

 HDP   -0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-13][NP     HDP -0.4 CHDP +0.4 RHDP -0.4 CRHDP +0.4]
・トルドー・カナダ首相「NAFTAの近代化を継続する」
・カナダのフリーランド外相は、同国は常に北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐる騒動に備えているとし、引き続き週内に米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とワシントンで会合を持つことを計画していると述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のカナダ政府関係の発言・ニュース

[2018-06-13][NP     HDP -0.4 CHDP +0.4 RHDP -0.4 CRHDP +0.4]
・トルドー・カナダ首相「NAFTAの近代化を継続する」
・カナダのフリーランド外相は、同国は常に北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐる騒動に備えているとし、引き続き週内に米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とワシントンで会合を持つことを計画していると述べた。

[2018-06-12][NP     HDP -0.4 CHDP +0.4 RHDP -0.4 CRHDP +0.4]
・カナダのシャンパーニュ国際貿易相は、米国とのあいだで生じている貿易摩擦の悪影響を打ち消すため、TPPの批准を加速させたい考えを示した。

[2018-06-06][NP     HDP -0.4 CHDP +0.4 RHDP -0.4 CRHDP +0.4]
・カナダ政府高官「NAFTA再国章協議、続ける」
・カナダ政府高官が、同国で8-9日に開くG7首脳会議(サミット)について、貿易問題を率直に議論する見通しを示したと報じている。なお、トランプ米大統領も出席する予定だという。

[2018-06-05][NP     HDP -0.4 CHDP +0.4 RHDP -0.4 CRHDP +0.4]
・カナダのベイン・イノベーション・科学・経済開発相は、米鉄鋼・アルミニウム関税から自国の鉄鋼・アルミ業界を守るために必要なあらゆる措置を取ると強調した。

[2018-06-04][NP     HDP -0.4 CHDP +0.4 RHDP -0.4 CRHDP +0.4]
・カナダのモルノー財務相は、米国のムニューシン財務長官との会談で、自国を安全保障上のリスクとみなす姿勢は「バカげている」とし、強く抗議した。
・カナダ政府は、米国が鉄鋼アルミニウムの輸入制限をカナダに適用したことは国際貿易ルールに反するとして、世界貿易機関(WTO)に提訴した。すでに提訴を発表したEUと連携し、米国に対抗する構えだ。

[2018-06-02][NP     HDP -0.4 CHDP +0.4 RHDP -0.4 CRHDP +0.4]
・モルノー加財務相「1日のG7財務相会議で米貿易関税について協議へ」

[2018-06-01][NP     HDP -0.4 CHDP +0.4 RHDP -0.4 CRHDP +0.4]
・フリーランド・カナダ外相「鉄鋼とアルミに対して追加関税を賦課へ」
・カナダ政府は5月31日、米国による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に対抗し、米国からの輸入品に高関税を課すなどの報復措置を準備すると発表した。7月1日に発動し、米国がカナダを輸入制限の対象から除外しない限り続けるとしている。

[2018-05-31][NP     HDP -0.4 CHDP +0.4 RHDP -0.4 CRHDP +0.4]
・カナダのフリーランド外相は、いかなる米鉄鋼アルミニウム関税にも「適切に対応」する方針を表明した。トランプ米大統領は、カナダ、EU、メキシコに対する鉄鋼アルミニウム関税導入決定を、6月1日まで先送りすると決めている。

[2018-05-29][NP     HDP -0.4 CHDP +0.4 RHDP -0.4 CRHDP +0.4]
・カナダ外務省報道官は、同国のフリーランド外相が北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の協議を行うため、ワシントンを今週訪問することを明らかにした。ただ、参加3ヵ国が合意する可能性についてはコメントを控えている。
・カナダで31日から開かれるG7財務相中銀総裁会議の主要議題が固まった、と報じている。米国の利上げによる新興国からの資金流出リスクなど、世界経済の懸念材料について意見を交わす。北朝鮮問題も議論される可能性があるという。なお、共同声明は発表されない見通しだ。

[2018-05-25][NP     HDP -0.4 CHDP +0.4 RHDP -0.4 CRHDP +0.4]
・カナダのトルドー首相が、トランプ米政権が検討に入った自動車の関税引き上げ案について、「安保を理由にした輸入制限は論理的な根拠が薄い」と批判した、と報じている。さらに、「北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉と明らかに結びつけている」と指摘し、交渉がうまくいけば関税の議論はなくなるとの見方を示したという。

(最終更新日時 2018-06-16 19:58)

カナダ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

カナダ政府関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース