チャールズ・エバンズの発言・ニュース

チャールズ・エバンズ

 【2015年FOMC投票権保有】チャールズ・L・エバンズは1958年生まれのアメリカの経済学者・銀行家で、アメリカ シカゴ連銀の総裁です。

 エバンズは2007年9月に総裁に就任する前に、日本銀行の金融政策に関する研究、銀行、金融市場や地域の経済状況を監視を行っていた。

 また、エバンズの研究は、米国の金融・経済活動に関する政策、インフレと金融市場の価格の影響を測定で、それらの研究内容は多くのビジネス誌などによって取り上げられている。

HDP

中間派

 HDP   -1.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-05-25][NP+4.6 HDP -1.2 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP -0.3]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国は基調的に完全雇用状態に戻った」「より早期のインフレ目標達成に向けた取り組みの強化が必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のチャールズ・エバンズの発言・ニュース

[2017-06-20][NP+3.8 HDP -1.2 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「非常に緩やかな利上げと、時間をかけたバランスシートの縮小が必要」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「17年利上げが2回か3回、4回かまだ分からない」「データは第2四半期の米GDPの力強い回復示す」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米経済は完全雇用に戻った」「2%インフレ目標到達への強いコミット示す必要」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FRBの利上げは、目標達成見通しによって決められるべき」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「非常に低い金利がリスクなしとは言えない」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「バランスシート縮小を今年開始することは自然な動き」「事態が悪化していると分かれば、行動するだろう」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「データ分析時間のため次回利上げは12月まで先送りの公算」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「さらなるインフレ圧力が見られる可能性」「最近のインフレ指標は少し気がかり」「データを評価し、改善されるかどうかを確認する時間がある」

[2017-05-25][NP+4.6 HDP -1.2 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP -0.3]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国は基調的に完全雇用状態に戻った」「より早期のインフレ目標達成に向けた取り組みの強化が必要」

[2017-05-23][NP     HDP -1.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「金利が実効的下限を十分上回るようにするのが重要」「インフレ目標の達成は安定を促進」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「信頼できるインフレ目標が堅固な経済に重要な要素」「金利が実効的下限を十分上回るようにするのが重要」「インフレ目標の達成は安定を促進」

[2017-05-15][NP     HDP -1.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米経済のファンダメンタルズは現在健全となっている。このため、多くの下方リスクが出てくる公算は小さい」「ただ、成長が押し上げられ、失業率が一段と引き下げられるとの意味で財政政策のリスクは上向きだが、過度に実施される可能性もある」

[2017-05-12][NP-3.0 HDP -1.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレ目標達成まで緩和的な政策を維持すべきだ」「米国の実体経済は非常に良い」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレ圧力は依然FRBの目標を下回っている」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「バランスシートの縮小は漸進的なプロセスにするべき」「バランスシートの円滑な縮小が賢明の可能性」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FRB理事の空席は、トランプ氏が影響及ぼす可能性を意味」「インフレ見通しが不透明ならば利上げは1回でもよい」

[2017-03-30][NP     HDP -1.2 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「財政政策案に基づいた先制的な行動はしない」「FOMCは2%のインフレ目標を果たすべきだ」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「世界経済は改善している、ECB政策が貢献」「2%若干上回るインフレは対称目標として問題ない」

[2017-03-29][NP+4.6 HDP -1.2 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年あと1回もしくは2回の利上げを支持」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今四半期のデータ、弱い数字は一過性のものに」「インフレと期待値を2%に上昇させるのは非常に重要」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレ率の一時的な2.5%はFOMCの目標と整合」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレは2019年までに持続的に2%に達するだろう」「インフレ、インフレ期待が2%に達することが重要」

[2017-03-28][NP+4.8 HDP -1.2 CHDP +0.1 RHDP +2.9 CRHDP +0.1]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレが加速した場合、FEDは迅速に対応可能」「米国はおそらくほぼ完全雇用」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「データが5月利上げ示唆すれば驚くだろう」「今年の利上げ、恐らく2-3回が適切だろう」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「自分のドットは予想中央値より低い」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「コアPCEインフレ、2019年まで2%到達しない」「財政面での不透明感が見通しの重しになっている」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年の経済成長率、2.25%を予想」「指標が5月の利上げを示唆したら驚きだ」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年4回利上げ、状況本格的に好調ならあり得る」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「労働市場は力強い、ファンダメンタルズは非常に良好」「米国には一段と持続可能な生産、賃金の伸びが必要」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FRBは今後2年間にわたり利上げすべき」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレが予想上回る水準に加速しても対応可能」「2%が対称的な目標よりも天井となっていることを懸念」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「我々はインフレに与えるドルの影響に注意を払っている」「共和党によるオバマケアの廃止失敗で不透明感が広がった」

[2017-03-24][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁はこの日の講演原稿で、金融政策や経済見通しについての言及しなかった。

[2017-03-21][NP-1.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年2度か3度の利上げを支持する」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「利上げは予測中央値の軌道通りに展開するだろう」「米経済のファンダメンタルズは実に極めて良好」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「賃金には一段の改善の余地」「現在のところ不透明感は極めて高い」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米財政政策に関する詳細が依然として不透明」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレ率、2018年までに2%に上昇へ」「一時的な2.5%インフレ、FOMCの目標と整合する」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「ドル高が低インフレを維持させている」「賃金が一段と改善する余地がある」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレは2018年までに2%へ上昇する」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国労働市場はかなり完全雇用に近い」「バランスシート、長期的に維持可能な状態にしたい」

(最終更新日時 2017-06-21 00:03)

チャールズ・エバンズの発言・ニュース バックナンバー

チャールズ・エバンズ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース