チャールズ・エバンズの発言・ニュース

チャールズ・エバンズ

 【2015年FOMC投票権保有】チャールズ・L・エバンズは1958年生まれのアメリカの経済学者・銀行家で、アメリカ シカゴ連銀の総裁です。

 エバンズは2007年9月に総裁に就任する前に、日本銀行の金融政策に関する研究、銀行、金融市場や地域の経済状況を監視を行っていた。

 また、エバンズの研究は、米国の金融・経済活動に関する政策、インフレと金融市場の価格の影響を測定で、それらの研究内容は多くのビジネス誌などによって取り上げられている。

HDP

中間派

 HDP   -1.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-12][NP+3.6 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP +0.2]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「潜在成長率を1.75%程度と予想」「4%成長は構造的変化がなければ困難」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「楽観的な経済ファンダメンタルズは依然強い」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のチャールズ・エバンズの発言・ニュース

[2017-02-10][NP+3.6 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「緩やかな利上げを支持」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「バランスシートはいずれ4.5兆ドルを大きく下回り、落ち着き先は1兆ドル超」「利上げしながら資産を売却することは可能」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「現在、経済のファンダメンタルズは、まあまあ強い」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「賢明な財政、税制改革は成長を引き延ばす可能性も」「世界経済は我々が望む水準には程遠い」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「当局目標を超過するのは当局戦略と不整合ではない」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレ率がやや低すぎることを懸念」「今年3回の利上げは不合理ではない」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「実質金利の上昇は力強い成長を伴うことに」「失業率は下がると思う」

[2017-02-04][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「拡張的な財政政策、経済に良いかもしれない」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年3回利上げでも違和感ないかもしれない」「12月に2回利上げ予想したが、3回もありえそうだ」

[2017-02-03][NP     HDP -1.4 CHDP +0.1 RHDP +2.1 CRHDP +0.2]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「正常化はゆっくりと緩やかなペースで利上げを」「国際的な展開次第ではドルが上昇する可能性」「インフレ率が2%の目標に回復する有望な兆候がある」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米経済、財政政策が成長率を押し上げるだろう」「米失業率は2019年末までに4.25%に低下するだろう」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「緩やかなペースで利上げを支持」「下方リスクは弱い国際経済を含む」

[2017-01-13][NP+3.0 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +1.7 CRHDP +0.1]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年3回利上げとの中心的予想、実現性がある」「財政政策、成長率年0.2ポイントほど押し上げ可能」

[2017-01-12][NP+3.6 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP +0.2]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「潜在成長率を1.75%程度と予想」「4%成長は構造的変化がなければ困難」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「楽観的な経済ファンダメンタルズは依然強い」

[2016-12-06][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.1]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FOMCは財政刺激の内容判明を辛抱強く見極めへ」「低失業率は財政刺激の必要性低下を意味」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国の需要はかなり良好」「どのような財政刺激策が持ち上がるか辛抱強く様子見」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「財政政策は成長の見通しを強化」「インフレは2%の目標に向けて上昇へ」

[2016-12-05][NP+3.8 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.1]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「2016年下期の経済は上期より強くなるもよう」「ドルの強さは製造業への向かい風となっている」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米経済は世界でもっとも強い」「FOMCのインフレ目標は達成に近づいている」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「失業率4.6%は完全雇用にかなり近い」「ドルはかなりの期間、非常に強い状況が続いている」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「トランプ次期政権の政策は経済を支援へ」「時間の経過とともに政策引き締めるのが望ましい」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FOMCは株式市場の水準や金融の安定を考慮」

[2016-11-09][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP -0.2]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「労働市場は米国の力の源泉」「第3四半期のGDP成長率は非常にまとも」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレは低い状況が続いている、上昇が必要」「米経済、潜在的な成長率は1.75-2%のレンジに」「12月利上げはすぐそこに、データが順調なら」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「辛抱強い姿勢を続けることは良い状況につながる」「2%インフレに届かないのは深刻な後悔もたらす」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「予想される金利軌道は次回利上げより重要」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「コアPCE物価が1.9%上昇になるまで利上げ見送りを」「予想される金利の軌道は次回の利上げよりも重要」

[2016-11-08][NP+3.8 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米経済の成長は上向きつつある」「雇用の伸びはこの3カ月、良好だった」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレは引き続きやや低い水準で推移」「実質金利の傾向予測は過去より低い」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレ期待が低下していることを懸念」「インフレのオーバーシュートは犯罪ではないと思う」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレ目標を引き上げるのは非常に困難」「7-9月期のGDPは成長が基調を上回る」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「輸入物価の低下は国内インフレへの向かい風だった」「FOMCの物価目標引き上げの利点は協議に値する」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「2014年以降のドル高、輸入物価を押し下げてきた」「輸入物価の低下は国内インフレへの向かい風だった」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「政策かい離は米当局にとりインフレへの向かい風に」「FOMCの物価目標引き上げの利点は協議に値する」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「実質金利のトレンド見通しは依然よりも低い」

[2016-10-25][NP-2.0 HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「賃金上昇率は非常に緩やか」「インフレ率は低すぎる」「短期的な成長率見通しは比較的良好」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「失業率を目標以下に低下させ、インフレを目標以上に上昇する必要があるかもしれない」「賃金は緩慢な伸びに留まっている」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレが目標に近づいたことは朗報」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレ圧力を見つけるのは困難」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「経済が許せば、金利は持続可能な水準にすべき」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「2017年末までに3回の利上げがあると見込む」「インフレ圧力が上昇し始めることに楽観的」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「2%のインフレ目標、天井だと解釈されることを懸念」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「労働市場にはまだいくらかスラックが見られる」

(最終更新日時 2017-02-11 04:52)

チャールズ・エバンズの発言・ニュース バックナンバー

チャールズ・エバンズ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース