ドミートリー・メドヴェージェフの発言・ニュース

ドミートリー・メドヴェージェフ

 ドミートリー・メドヴェージェフは1965年生まれのロシアの政治家で、元ロシア大統領(第3代)、ヴィクトル・ズブコフ内閣での第一副首相などを歴任し、ロシア首相(第10代)に就任している。

 メドヴェージェフは、2012年5月7日に大統領の任期満了を迎え、プーチンが後継の大統領に就任したことに伴い、プーチンと入れ替わる形で首相に就任した。

 また、アメリカの一極支配体制に強く反発する姿勢を示しており、「南オセチア紛争や金融危機はアメリカの一極支配が原因」「我々は新冷戦を恐れない」と過去に主張している。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +4.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +4.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-11-14][NP     HDP +4.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・メドヴェージェフ露首相「ASEAN首脳会議でトランプ大統領と会合した」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドミートリー・メドヴェージェフの発言・ニュース

[2017-11-14][NP     HDP +4.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・メドヴェージェフ露首相「ASEAN首脳会議でトランプ大統領と会合した」

[2017-08-25][NP     HDP +4.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・ロシアのメドヴェージェフ首相が23日に署名した北方領土・色丹島への経済特区設置に対し、日本政府が大使館ルートを通じて露政府に懸念を伝えていたことが分かった、と報じている。「特区設置により第三国の企業が北方領土に進出すれば、共同経済活動に悪影響が及ぶ」との内容で、外務省幹部は「さまざまなレベルで日本の立場は申し入れている」としているという。

[2017-08-24][NP     HDP +4.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・ロシアのメドヴェージェフ首相は、露極東の経済発展を促すための経済特区「先行発展地域(TOR)」を北方領土に設置する政令に署名した。TORはロシアの法律に基づき、進出企業に対して投資や納税で優遇措置を施す仕組みのため、マロクリリスコエでの日露の共同経済活動は困難となりそうだ。
・政府が、ロシアのメドヴェージェフ首相が北方領土に新型経済特区「先行発展地域」を設置する決定に署名したことに関して「日本の立場を無視した設置は受け入れられない」と外交ルートを通じて抗議する、と報じている。日本政府関係者が明らかにしたという。

[2017-04-20][NP     HDP +4.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・メドヴェージェフ露首相「シリアでの紛争激化は、シリア崩壊やテロリストの部分的勝利につながる恐れ」

[2016-08-15][NP     HDP +4.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・ロシアがクリミアでテロを計画していたウクライナの工作員を拘束したと発表したことに対しウクライナが反発を強めていることについて、ロシアのメドヴェージェフ首相は記者団に対し「ロシア政府と国民に対して行われた犯罪だ。組織したものは刑事責任を負わなくてはならない」「ほかの選択肢がなければ、大統領は断交という決断をするかもしれない」と述べ、強硬な姿勢を示した。

[2015-11-20][NP     HDP +4.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・ロシア国営テレビは、メドヴェージェフ首相の発言として「南シナ海問題など紛争は国際法に基づいて対話によって解決しなければならない」「ロシア主導のユーラシア経済同盟とベトナムは自由貿易協定(FTA)を結んでおり、先方に関心があればロシアは日本などとのFTA締結も可能だ」と報じている。

[2015-09-01][NP     HDP +4.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・インタファクス通信は、ロシアのメドヴェージェフ首相が副首相を集めた会議で、「北方領土と千島列島開発のテンポを失速させず、継続しなければならない」と述べ、事実上の支配をさらに強化する考えを表明した、と報じている。

[2015-08-31][NP     HDP +4.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・ハルチェンコ駐日ウクライナ大使は記者会見で、ロシアのメドヴェージェフ首相が今月に北方領土の択捉島を訪れたことに関連し、「日本はロシア政府と合意を結べないと確信している」と述べ、領土問題の合意は難しいとの見解を示した。
・ロシア大統領府は、プーチン大統領とドイツのメルケル首相、フランスのオランド大統領と電話で会談した。ウクライナ東部危機について協議したという。

[2015-08-24][NP     HDP +4.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・ロシアのメドヴェージェフ首相が北方領土の択捉島を訪問したことを受け、外務省は林欧州局長がロシアのアファナシエフ駐日大使に電話で「北方四島に関する日本の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるもので極めて遺憾だ」と抗議した。しかし、アファナシエフ氏は「自分たちの島にだれが行こうが勝手だ」など反論し、北方領土に対するロシアの原則的な立場を繰り返したという。
・ロシア政府は、北方領土の択捉島訪問を強行したメドヴェージェフ首相が参加した集会で、「北方領土と千島列島には現代的な軍部隊が必要だ」「ロシア領である北方領土と日露関係を結び付けるべきではない。政府要人は今後も訪問する」と述べたと発表した。
・共同通信は、ロシアのメドヴェージェフ首相による北方領土訪問を受け、日本政府が8月末から9月初旬を軸に調整していた岸田外相の訪ロを延期する方針を固めた、と報じている。メドヴェージェフ氏が日本の度重なる中止要請を無視して訪れたため、領土交渉を進める環境が損なわれたと判断した、という。
・タス通信は、メドヴェージェフ首相による北方領土の択捉島訪問で、岸田文雄外相の訪ロが延期されるという見方が出ていることについて、ロシア外務省筋が「あり得ない」と懐疑的な認識を示した、と報じている。ロシア外務省筋は、岸田外相がアファナシエフ駐日ロシア大使を外務省に呼んで抗議した際、「岸田外相の訪ロには双方とも言及していない。合意していないことを延期することはあり得ない」と主張しているという。
・ロシア外務省は、メドヴェージェフ首相が北方領土の択捉島を訪問したことに対する日本の抗議に反論する声明を発表した。「日本が相変わらず第2次大戦の結果に異議を唱え続けていることを示すものだ」などと批判している。

[2015-08-18][NP     HDP +4.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・タス通信は、ロシアのメドヴェージェフ首相が、択捉島で24日までの日程で開催中の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」に合わせて北方領土を訪問する意向を公の場で明らかにしたと報じている。

(最終更新日時 2017-11-15 01:07)

ドミートリー・メドヴェージェフの発言・ニュース バックナンバー

ドミートリー・メドヴェージェフ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース