イギリス政府関係

イギリス政府関係のイメージ画像

 2018年7月の期間中のイギリス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年7月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年7月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-07-02][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相スポークスマン「英国は単一市場から離脱し、我々の法体制を取り戻す姿勢は変わらない」「金曜日の大臣会談を前に、ブレグジットのオプションを推測したくない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イギリス政府関係による2018年7月 発言・ニュース

[2018-07-02][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相スポークスマン「英国は単一市場から離脱し、我々の法体制を取り戻す姿勢は変わらない」「金曜日の大臣会談を前に、ブレグジットのオプションを推測したくない」

[2018-07-03][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のメイ首相は、関税をめぐるEUとの将来の関係を2020年末までに整備することが望ましいとの考えを示し、そうすればアイルランドとの国境管理をめぐる安全策が不要になると指摘した。

[2018-07-03][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・ハモンド英財務相「政府は英・EU離脱プランを早急に推し進める必要を認識」「産業を保護するようなEU離脱を望む」

[2018-07-03][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英首相報道官「首相は議会へ金曜日にEU離脱について深く議論することを楽しみにしていると伝えた」「政府は、議会や国民に支持されるような将来の英・EUの関係についての包括案を準備している」

[2018-07-04][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のメイ首相は、EU離脱(ブレグジット)後のEUとの通商関係について、実質的に「可能な限り穏健な離脱」となる新たな提案を主要閣僚に提案する方針だと報じている。ITVのロバート・ペストン政治部長が関係筋の情報として伝えたという。

[2018-07-05][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・イギリス南部の住宅で、男女2人が意識不明の重体となり、警察は、神経剤の「ノビチョク」が検出されたことを明らかにした。この地域ではことし3月、「ノビチョク」によるロシアの元スパイの暗殺未遂事件が起きており、警察は2つの事件の関係を慎重に捜査している。

[2018-07-05][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相「新たなブレグジットの提案は、英国に到着する商品に自由に自らの関税を設定することが出来る」「新たな関税の提案は、英国は欧州連合(EU)の法律を慎重に照らし合わせる」

[2018-07-07][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相「内閣はBREXITについて共通した姿勢で合意に達した」

[2018-07-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英首相官邸は、トランプ米大統領が13日の訪英時にエリザベス女王とロンドン近郊のウィンザー城で会見すると発表した。その一方で。訪英中はトランプ氏の政策に反対する市民による大規模デモがロンドンを中心に予定されている。

[2018-07-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府は、公表したEUからの離脱に向けた基本方針で、米国を除く日本や豪州など11ヵ国が署名したTPP参加を検討していることを表明した。ただも、EUが英政府の方針を受け入れるかどうかは不透明だ。

[2018-07-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英首相府「新たな英EU離脱担当相が任命される」

[2018-07-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のメイ首相は9日、新たな欧州連合(EU)離脱担当相として、ドミニク・ラーブ氏を指名した。首相府は「EU離脱担当相へのドミニク・ラーブ議員の指名を、女王が承認した」とする声明文を発表した。

[2018-07-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉を巡るメイ政権の対応を評価すると答えた人の割合は29%となり、2016年11月の調査開始以降で最低となった。ロイター通信が伝えた。

[2018-07-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ・英首相「ボリスジョンソン外相の辞任を受理」

[2018-07-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・ジョンソン英外相の辞任が伝わると再びポンドが弱含み、対ドルでは一時1.33ドル割れし、ポンド円も147.10円まで売られた。

[2018-07-10][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相「英国の欧州連合(EU)離脱、2度目の国民投票はない」

[2018-07-10][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英外相を辞任したジョンソン氏が辞表で、「我々は植民地の境遇に向かっている」と指摘したと報じている。「不要な自己不信に苦しめられ、EU離脱(ブレクジット)の夢は潰えようとしている」との考えを示したという。

[2018-07-10][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相は、英国のEU離脱をめぐる最終案の是非を問う国民投票を実施する意向はないと表明し、2019年3月29日に設定されたブレグジット(EU離脱)の日程を延期する考えはないことを明らかにした。

[2018-07-10][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のメイ首相は9日、辞任したジョンソン外相の後任にハント保健・社会福祉相(51)を任命した。ハント氏は日本で英語教師をした経験もある日本通で、欧州連合(EU)離脱を巡っては比較的穏健な立場。2012年ロンドン五輪当時、担当相として大会成功に貢献した。ハント氏はツイッターで「重大な時に外相に任命され光栄だ。EU離脱に向け、素晴らしい合意を勝ち取るため首相を支持する時だ」と述べた。

[2018-07-10][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・ゴーブ英環境相「私は辞任しない」

[2018-07-10][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英BBCは、同国野党・労働党のワトソン副党首が、メイ首相が提案するEU離脱計画が議会の支持を得られない場合、再度の国民投票実施が必要かもしれない、と述べたと報じている。

[2018-07-11][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相「トランプ米大統領と、関税を含め貿易問題を協議」

[2018-07-12][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相は、欧州連合(EU)離脱後に金融サービスでEUとの新たな緊密な関係を築く構想を断念し、離脱の包括的プランに関する「白書」(12日に公表)では、より緩やかなパートナーシップを新たに提案する。白書の内容を確認した関係者1人からの情報を引用し、英紙フィナンシャル・タイムズ(オンライン版)が報じた。ブルームバーグが引用して伝えたのの。

[2018-07-12][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府は12日、欧州連合(EU)離脱方針を示す白書を公表。その中で「英銀行はEU市場への容易なアクセスを失う」「エネルギーの単一市場から退くことは選択肢の一つ」などの見解を示された。

[2018-07-13][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英政権は、EU離脱の交渉方針をまとめた「白書」を発表した。6日の内閣合意に基づき、EUからの独立を重視する従来の「ハードブレグジット(強硬な離脱)」路線を軌道修正。協調を優先した「ソフトブレグジット(穏健な離脱)」の傾向を明確にした内容となっている。

[2018-07-13][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相「トランプ大統領と意欲的な貿易取引を追求することで合意」

[2018-07-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ首相がインタビューで、トランプ米大統領から、英国のEU離脱(ブレグジット)について、英国はEUと交渉するよりEUを訴えるべきだと提言されたことを明らかにした、と報じている。

[2018-07-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ首相の寄稿文を再際している。そのなかで、EU離脱(ブレグジット)計画を台無しにしようとする議員らの試みにより、「ブレグジットそのものがなくなる」可能性があると警告したと報じている。

[2018-07-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相「英国は主要な欧州連合(EU)機関の一部として残ることを望む」

[2018-07-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府報道官「関税と貿易の法案修正は検討しているが、(ブレグジットに関する)2回目の国民投票を実施する予定はない」

[2018-07-17][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のメイ首相は、自身が提示した穏健なEU離脱(ブレッグジット)案をめぐり、与党内の強硬離脱派の圧力に屈し、同案に含まれる関税政策を修正する方針を明らかにした。

イギリス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース