エスター・ジョージの発言・ニュース

エスター・ジョージ

 エスター・L・ジョージは1958年生まれのアメリカの銀行家で、アメリカ合衆国、カンザスシティーの連銀総裁です。

 ジョージは1982年にカンザスシティ連邦準備銀行に入行し、それ以降、銀行の研究支援部門、広報部門、人事部門など様々な部門で重役職を歴任しています。

 また、彼女が総裁に就く前の総裁であるトーマス・ホーニグは、FRBの量的緩和策に反対の意見を示す「タカ派」的存在であったため、市場は彼女がどちらの立ち位置を示すか注目を注いでいる。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +4.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-10-12][NP+4.0 HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.1]
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「金利の段階的な調整を続けるべき」「インフレはドル高や原油安の影響を未だに受けていると感じる」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「金利調整遅れると生産能力が伸び切る可能性」「インフレへの構造的な影響は継続する可能性も」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「インフレが徐々に上昇すると予想するのは理にかなっている」「FRBは緩やかな金利の上昇を継続すべきだ」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のエスター・ジョージの発言・ニュース

[2013-02-13][NP+5.0 HDP -1.1 CHDP +0.9 RHDP -1.1 CRHDP +0.9]
・ジョージ米カンザスシティー連銀総裁「緩和的政策のコストに関して懸念している」「ゼロ近辺の金利水準は最終的に燃料インフレを引き起こす可能性がある」

[2017-10-12][NP+4.0 HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.1]
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「金利の段階的な調整を続けるべき」「インフレはドル高や原油安の影響を未だに受けていると感じる」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「金利調整遅れると生産能力が伸び切る可能性」「インフレへの構造的な影響は継続する可能性も」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「インフレが徐々に上昇すると予想するのは理にかなっている」「FRBは緩やかな金利の上昇を継続すべきだ」

[2017-10-06][NP+4.4 HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「追加的な緩やかな金利調整が必要だろう」「利上げ先送りは成長と安定にリスク」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「米経済はトレンド上回るペースで拡大」「過度に待ち過ぎればその後より積極的な行動のリスク」

[2017-09-28][NP+4.0 HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「段階的な利上げの継続が適切」「金融政策はどちらかと言えば緩和的姿勢」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「米国経済は良好」「一段と緩やかな利上げが適切」「バランスシートの解消の影響を長期金利で見ることが鍵になる」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「雇用状況は賃金の圧力となる」

[2017-09-22][NP     HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「FRBの見通しはインフレが2%に達する確信を示す」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「遅すぎる利上げは、金融不均衡のリスクとなる」

[2017-09-08][NP+4.6 HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「米国は完全雇用の状態にあり、インフレ率は比較的穏やか」「米労働市場は引き締まりが継続している」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「賃金上昇率がインフレを率上回っている」「消費者にはプラス」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「最近の低インフレを過度に心配せず」「利上げでFRBの緩やかなアプローチは適切」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「政策金利の引き上げを続ける時期」

[2017-08-24][NP+4.0 HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「年内に追加利上げの機会があると引き続き想定」「経済は良好。バランスシート縮小開始を支持」

[2017-07-13][NP     HDP +3.1 CHDP +0.1 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「保有資産の縮小、近い将来の開始を支持」「金融市場は静かだが警戒すべき理由ある」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「利回り曲線平坦化、投資決定ゆがめる恐れ」「バランスシートの縮小を近いうちに開始することを望む」

[2017-05-10][NP+4.8 HDP +3.1 CHDP +0.1 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「緩やかな利上げを遅らせるのはリスクに」「第1四半期の成長減速、緩やかな利上げ停止の理由にならない」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「国外環境による下向きリスクは低下した」「緩やかな政策引き締めを支持」「バランスシート、年内の縮小開始を改めて支持」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「自動車販売に注視、消費のシグナルの可能性も」「第1四半期のGDPにはかなりの不要な情報がある」

[2017-04-18][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.1]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「バランスシート縮小は自動操縦で実施を」「サービス業のインフレ率は2%を大きく上回っている」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「バランスシートの縮小は漸進的かつ円滑にする必要がある」「年内のバランスシートの縮小開始を支持」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「FOMCはドルを目標にはしていない」「財政政策は米経済見通しの上振れリスクになる得る」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「年内の利上げ回数は経済次第」「バランスシート縮小の開始時期は未決定」

[2017-03-29][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.1]
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「米経済は近年でもっとも長期拡大の一つ」「米国の消費者は雇用見通しや賃金に自信を深めている」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「インフレは全般になお相対的に落ち着いている」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「段階的な利上げが重要」「FRBは金融引き締めには興味がない」

(最終更新日時 2017-10-13 00:26)

エスター・ジョージの発言・ニュース バックナンバー

エスター・ジョージ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース