FOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース

FOMC(連邦公開市場委員会)

 FOMC(連邦公開市場委員会「正式名称:Federal Open Market Committee」)は、アメリカ合衆国の金融政策の1つである公開市場操作(国債買い取りオペレーションやオペレーションツイストなど)の方針を決定する委員会のことです。

 このカテゴリでは、特にFOMCの議事録内容についての要点や、政策金利発表後等に発表される声明文などを主に収録しています。

 特にFOMCから発表される内容は、アメリカ経済だけで無く世界経済への影響が非常に強い発表となるので注意が必要になります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-08-18][NP-2.0 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「利上げが早期に必要かどうかで意見が分かれる」「何人かの理事はより多くのインフレの指標を待ちたい」「投票メンバーの一部、利上げは早期に正当化されると判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「当局者2人は7月の利上げを支持」「何人かの理事は低金利のリスクを指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「投票メンバー、景気判断に向け一段の統計待つことで合意」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「複数の委員は早期の利上げが正当化されると判断」「委員は経済を評価するためさらなるデータを待つことで一致」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「一部の投票メンバーは英EU離脱は中長期な海外リスクと判断」「投票メンバー、雇用の伸びを懸念するかどうかで判断分かれる」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「幾人かの委員、インフレ加速しても対応時間は十分と判断」「幾人かの委員、低金利からの金融リスクを懸念」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「さらなるデータを待つことで合意」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2016-11-03][NP+4.0 HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.1]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「利上げの論拠は引き続き強まってきた」「さらなる証拠を当面待つことを決めた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは今年の先の時点より幾分か強まった」「景気見通しの短期的なリスクはおおよそ均衡している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会はインフレ指標や世界経済、金融動向を注意深く見守り続ける」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「ジョージ総裁とメスター総裁が利上げ主張し反対票」「金融政策のスタンスは引き続き緩和的」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「利上げの論拠が強まり続けているが、目標に向かって進展が続くさらなる証拠を当分の間待つことを決めた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FF金利の道筋は今後出てくる経済見通し次第」「経済状況はFF金利が緩やかな引き上げのみ正当化すると委員会は予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは今年初めから幾分強まったが、目標の2%は依然として下回っている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場は引き続き強く、経済活動は今年前半から穏やかなペースで上昇している」「メンバーのうちジョージ米カンザスシティー連銀総裁とメスター米クリーブランド連銀総裁は0.50-0.75%への利上げを主張した」

[2016-10-13][NP-1.0 HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.1]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「複数のメンバーが利上げを主張」「幾人かのメンバー、比較的早い利上げを予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「金利の据え置きは僅差の決定だった」「多くのメンバーが依然、労働市場にたるみが存続していることを懸念していた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「大部分の当局者、リスクはほぼ均衡と判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くのメンバー、インフレ圧力の兆候はほとんどないと判断」「完全雇用のアンダーシュート、利点と代償を協議」「一部の当局者、海外の下振れリスクをなお重要視」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「利上げに関する議論は妥当と指摘」「幾人かの当局者、インフレには複数の向かい風があると判断」

[2016-07-07][NP-3.0 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「雇用統計が不確実性強めたとほぼ全ての当局者が認識」「2人の理事は利上げを待つ必要と強調」「雇用・インフレのモメンタムを監視」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「ほとんどのメンバーが英国民投票が米経済を妨げ、金融市場を混乱させる可能性があると指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「大部分の当局者は成長加速すれば利上げが正当化されると判断」「英国民投票の影響を見極めるのが賢明」「ほとんどの理事は2%のインフレに向けて前進している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くの委員はインフレは2%目標に向かっていると予想したが、その他の委員はインフレ高進は減速しており重要な下振れリスクが見られると指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「複数のメンバーは中国の為替政策や高い水準の債務、その他新興国経済が世界の金融安定に及ぼすリスクが不確実と指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「英国の国民投票や更なる指標を待つことが賢明」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「2、3人のメンバーが雇用の急速な鈍化や設備投資の弱さ、世界経済や金融の混乱を含めた見通しに下サイドのリスクがあると指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くの当局者は雇用創出の基本的ペースが鈍化と判断」「一部の当局者は中国が金融安定のリスクと指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「インフレ率の目標回帰、自信弱める当局者も」「多くの当局者は中立金利が考えられたよりも低いと判断」「多くの当局者は5月雇用統計が実態よりも低い伸びと判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「一部当局者は雇用鈍化が広範な減速を示している可能性を指摘」「一部当局者は利上げ先送りが長過ぎるとの見解に反論」

最近のFOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース

[2017-01-05][NP+3.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.1]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「幾人かのメンバーは今のところ緩やかな利上げペースが適切との認識を示した」「財政政策により成長には上振れリスクがあると判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くのメンバーがより速い利上げが必要となる可能性があると判断」「FRBの高官は財政政策による成長の上方リスクを指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「財政政策の影響は不透明と多くが強調」「強いドルがインフレを抑制と幾人かが判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「下振れリスクにはドル高や海外の弱さが含まれる」「財政政策は一段の金融引き締めを意味する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「幾人かは緩やかな利上げペースが適切と判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「インフレ見通しで見方が分かれる」「約半分の当局者が予測設定で財政政策を考慮」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「強いドルがインフレを抑制と幾人かが判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「信頼感改善が投資を押し上げる可能性も」「住宅指標は住居用投資の改善を示唆」「個人消費は緩やかな伸びが続くと予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「利上げ過程では市場との対話が課題として強まる」「企業は見通しをより楽観」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「トランプ次期大統領の経済政策の影響に著しい不透明感」

[2016-12-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利が緩やかな引き上げのみ正当化すると委員会は予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場は引き続き強く、経済活動は今年中盤から穏やかなペースで上昇している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2017年は3回の利上げを当局者は予想、9月時点では2回」「緩やかな利上げの軌道を維持する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは今年初めから幾分強まったが、目標の2%は依然として下回っている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策のスタンスは引き続き緩和的である」「その結果、労働市場の状況がさらに強化されインフレが2%に戻っている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは今年初めから比べて強まっている」「労働市場は強さを維持し、堅調に推移」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「見通しへのリスクはおおむね拮抗」「決定は全会一致」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2018年末のFF金利は2.1%、9月時点は1.9%」「ドットが示す18年利上げは3度、9月時点と変わらず」「長期失業率は4.8%、9月予想と変わらず」「長期FF金利は3%、9月時点は2.9%」「17年PCE価格指数は1.9%上昇、9月予想と変わらず」「長期GDPは1.8%増、9月予想と変わらず」

[2016-11-24][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「ほとんど全てのメンバーが短期的な経済見通しのリスクは概ね均衡していると指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「しばらくの間は現状の政策の枠組みが適切」「雇用市場が過熱すれば安定にリスクと多くが判断」「利上げは比較的早期に適切になると大半が判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「幾人かのメンバーはFRBの信頼性を保つため12月に利上げを行うべきと主張」「ほとんどの高官は比較的早期の利上げが適切と指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「雇用オーバーシュートの利点を一部当局者が指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「数人の理事は労働市場のたるみは残っていると判断」「労働市場は完全雇用あるいはそれに近いと一部が判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「労働市場が過熱すれば安定リスクに」「数人のメンバーは12月の利上げはFRBの信頼性にとっても重要になる」

[2016-11-03][NP+4.0 HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.1]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「利上げの論拠は引き続き強まってきた」「さらなる証拠を当面待つことを決めた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは今年の先の時点より幾分か強まった」「景気見通しの短期的なリスクはおおよそ均衡している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会はインフレ指標や世界経済、金融動向を注意深く見守り続ける」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「ジョージ総裁とメスター総裁が利上げ主張し反対票」「金融政策のスタンスは引き続き緩和的」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「利上げの論拠が強まり続けているが、目標に向かって進展が続くさらなる証拠を当分の間待つことを決めた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FF金利の道筋は今後出てくる経済見通し次第」「経済状況はFF金利が緩やかな引き上げのみ正当化すると委員会は予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは今年初めから幾分強まったが、目標の2%は依然として下回っている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場は引き続き強く、経済活動は今年前半から穏やかなペースで上昇している」「メンバーのうちジョージ米カンザスシティー連銀総裁とメスター米クリーブランド連銀総裁は0.50-0.75%への利上げを主張した」

[2016-10-13][NP-1.0 HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.1]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「複数のメンバーが利上げを主張」「幾人かのメンバー、比較的早い利上げを予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「金利の据え置きは僅差の決定だった」「多くのメンバーが依然、労働市場にたるみが存続していることを懸念していた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「大部分の当局者、リスクはほぼ均衡と判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くのメンバー、インフレ圧力の兆候はほとんどないと判断」「完全雇用のアンダーシュート、利点と代償を協議」「一部の当局者、海外の下振れリスクをなお重要視」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「利上げに関する議論は妥当と指摘」「幾人かの当局者、インフレには複数の向かい風があると判断」

[2016-09-22][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.8 CRHDP -0.1]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「景気見通しの短期的なリスクはおおよそ均衡している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利が緩やかな引き上げのみ正当化すると委員会は予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策のスタンスは引き続き緩和的である」「FF金利の道筋は今後出てくる経済見通し次第」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会はインフレ指標や世界経済、金融動向を注意深く見守り続ける」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「当面はさらなる証拠を待つことを決めた」「雇用は着実に伸び、家計の消費は力強く拡大」「利上げの根拠は強まっている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)は21日、経済・金利見通しを発表。2016年末のFF金利見通し(中央値)を0.625%(前回は0.875%)に引き下げた。17年末も1.125%(前回は1.625%)に引き下げた。18年末についても1.875%(前回は2.375%)に引き下げた。19年末は2.625%とした。
・米連邦公開市場委員会(FOMC)は21日、経済・金利見通しを発表。2016年GDP見通しを1.7-1.9%(前回は1.9-2.0%)、17年は1.9-2.2%(前回は1.9-2.2%)、18年は1.8-2.1%(前回は1.8-2.1%)とした。19年は1.7-2.0%とした。
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場は引き続き強く、経済活動は今年前半から穏やかなペースで上昇している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「メンバーのうちジョージ米カンザスシティー連銀総裁とメスター米クリーブランド連銀総裁、ローゼングレン米ボストン連銀総裁は0.50-0.75%への利上げを主張した」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「雇用の伸びは堅調、消費の伸びも強い」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2018年末のFF金利は1.9%」「2019年末のFF金利は2.6%」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは依然目標を下回る」「経済見通しリスクは概ね均衡」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2017年の利上げは2度」「ジョージ・カンザスシティ連銀総裁、メスター・クリーブランド連銀総裁、ローゼングレン・ボストン連銀総裁の3氏が反対票」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済の先行きのリスクは概ね均衡」「インフレは依然として目標を下回る」「金利の見通しは今後の経済指標次第」「FEDはインフレ指標や世界経済、金融動向を注意深く見守る」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「家計支出は力強く増加」「企業投資は引き続き軟調」

[2016-08-18][NP-2.0 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「利上げが早期に必要かどうかで意見が分かれる」「何人かの理事はより多くのインフレの指標を待ちたい」「投票メンバーの一部、利上げは早期に正当化されると判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「当局者2人は7月の利上げを支持」「何人かの理事は低金利のリスクを指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「投票メンバー、景気判断に向け一段の統計待つことで合意」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「複数の委員は早期の利上げが正当化されると判断」「委員は経済を評価するためさらなるデータを待つことで一致」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「一部の投票メンバーは英EU離脱は中長期な海外リスクと判断」「投票メンバー、雇用の伸びを懸念するかどうかで判断分かれる」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「幾人かの委員、インフレ加速しても対応時間は十分と判断」「幾人かの委員、低金利からの金融リスクを懸念」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「さらなるデータを待つことで合意」

[2016-07-28][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策のスタンスは引き続き緩和的である」「FF金利の道筋は今後出てくる経済見通し次第」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済見通しへの短期リスクは後退した」「雇用のデータは労働力活用の行っての増加を示す」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利が緩やかな引き上げのみ正当化すると委員会は予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「エネルギーや輸入価格下落の一時的な影響がなくなり、労働市場がさらに強くなるにつれて、中期的には目標の2%まで上昇していくだろう」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会はインフレ指標や世界経済、金融動向を注意深く見守り続ける」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「雇用統計は労働力活用の一定の増加を示唆する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「緩やかな利上げに限って正当化する形で経済は展開へ」「経済活動は緩やかに拡大」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場は強く、経済活動は緩やかなペースで拡大している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場は力強さを増し、インフレは抑制続けると予想」「ジョージ総裁が反対票、0.25ポイントの利上げ支持」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは中期的に目標である2%へ上昇へ」「6月の雇用の伸びは強かった」

[2016-07-07][NP-3.0 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「雇用統計が不確実性強めたとほぼ全ての当局者が認識」「2人の理事は利上げを待つ必要と強調」「雇用・インフレのモメンタムを監視」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「ほとんどのメンバーが英国民投票が米経済を妨げ、金融市場を混乱させる可能性があると指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「大部分の当局者は成長加速すれば利上げが正当化されると判断」「英国民投票の影響を見極めるのが賢明」「ほとんどの理事は2%のインフレに向けて前進している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くの委員はインフレは2%目標に向かっていると予想したが、その他の委員はインフレ高進は減速しており重要な下振れリスクが見られると指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「複数のメンバーは中国の為替政策や高い水準の債務、その他新興国経済が世界の金融安定に及ぼすリスクが不確実と指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「英国の国民投票や更なる指標を待つことが賢明」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「2、3人のメンバーが雇用の急速な鈍化や設備投資の弱さ、世界経済や金融の混乱を含めた見通しに下サイドのリスクがあると指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くの当局者は雇用創出の基本的ペースが鈍化と判断」「一部の当局者は中国が金融安定のリスクと指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「インフレ率の目標回帰、自信弱める当局者も」「多くの当局者は中立金利が考えられたよりも低いと判断」「多くの当局者は5月雇用統計が実態よりも低い伸びと判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「一部当局者は雇用鈍化が広範な減速を示している可能性を指摘」「一部当局者は利上げ先送りが長過ぎるとの見解に反論」

[2016-06-16][NP+2.0 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利が緩やかな引き上げのみ正当化すると委員会は予想」「経済活動は穏やかなペースで拡大し、労働市場の指標は強くなる見通し」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「長期失業率は4.8%、前回予想から変わらず」「2016年失業率は4.7%、3月予想から変わらず」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2016年GDPは2%増、前回予想は2.2%増」「2016年PCE価格指数は1.4%上昇、3月は1.2%上昇」「PCE価格指数、2%の目標達成は2018年」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策のスタンスは引き続き緩和的である」「FF金利の道筋は今後出てくる経済見通し次第」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「6人が今年1回の利上げを予測、3月時点では1人」「経済活動の成長が持ち直した一方、労働市場の改善ペースは減速した」などと発表した。
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「バランスシート、再投資方針を維持」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済・金利見通しを発表。2016年GDP見通しを1.9-2.0%(前回は2.1-2.3%)、17年は1.9-2.2%(前回は2.0-2.3%)、18年は1.8-2.1%(前回は1.8-2.1%)」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金利据え置きは全会一致で決定」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2016年末のFF金利0.9%、3月予想も0.9%」「2017年末のFF金利1.6%、3月予想は1.9%」「2018年末のFF金利2.4%、3月予想は3%」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「委員会はインフレ指標や世界経済、金融動向を注意深く見守り続ける」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2016年は引き続き2度の利上げ示唆」「2017年は3度利上げ示唆、3月予想は4度だった」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「エネルギーや輸入価格下落の一時的な影響がなくなり、労働市場がさらに強くなるにつれて、中期的には目標の2%まで上昇していくだろう」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済活動は加速した可能性がある」「経済活動は加速した可能性がある」

(最終更新日時 2017-01-06 04:51)

FOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース バックナンバー

FOMC(連邦公開市場委員会) カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース