FOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース

FOMC(連邦公開市場委員会)

 FOMC(連邦公開市場委員会「正式名称:Federal Open Market Committee」)は、アメリカ合衆国の金融政策の1つである公開市場操作(国債買い取りオペレーションやオペレーションツイストなど)の方針を決定する委員会のことです。

 このカテゴリでは、特にFOMCの議事録内容についての要点や、政策金利発表後等に発表される声明文などを主に収録しています。

 特にFOMCから発表される内容は、アメリカ経済だけで無く世界経済への影響が非常に強い発表となるので注意が必要になります。

HDP

中間派

 HDP   -0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-05-03][NP+4.8 HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場が引き続き強化され、経済活動が穏やかに上昇を続けていることを示している」「過去数カ月の雇用の伸びは力強く、失業率は低水準にとどまっている」「インフレは目標2%に一段と近づいた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済環境、更なる緩やかな利上げを正当化」「家計支出と設備投資は力強く伸びた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「物価上昇率は中期的に年2%近辺で推移することが見込まれる」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレ、中期の対称的目標に近づいた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済見通しへのリスクはおおむね均衡」「前年比ベースのインフレは中期的に委員会の対称的な2%の物価目標付近で推移すると予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「最近のデータによると、四半期ペースで家計支出の伸びが緩やかに推移した一方、設備投資は引き続き堅調に推移した」「前年比ベースのインフレと食料・エネルギーを除くインフレは2%に近づいた」 「長期的なインフレはならしてみるとほぼ変わらず」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利のさらなる緩やかな引き上げを正当化すると委員会は予想」「経済は一段の利上げを正当化する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-04-12][NP+4.6 HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「今後数年、財政政策が成長を大きく促進へ」「貿易戦争は下振れリスクと当局者の大多数が判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「メンバー全員がインフレはここ数カ月で上向いていると指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「FRBは、著しい財政政策が今後通年の成長を押し上げ」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「見通しは利上げ加速を正当化と多くの当局者が判断」「漸進的な利上げが適切とほぼ全ての当局者が判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「鉄鋼・アルミ関税、単独では成長への大きな影響なし」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「大半の参加者はインフレ2%の目標へ自信を深めた」「数人の参加者、今後数年の利上げペースは従来より幾分加速する公算が高い」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「ほぼすべての参加者が利上げを支持」「全参加者は景気見通しは過去数か月で強まったとの見方で一致」

[2018-01-04][NP+3.8 HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「ほとんどのメンバーは緩やかなペースでの利上げ継続を支持」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「利回り曲線フラット化、異例ではないと意見が全般に一致」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くのメンバーは労働市場が引き締まっておりインフレを押し上げる見通しとの見解を示した」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「複数のメンバーは中期的なインフレ見通しは変わっていないと指摘」「数人のメンバーは継続的な低インフレがインフレ期待を低下させる可能性を懸念」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くの理事は減税は消費を加速させると予想」「減税で投資がわずかに拡大と多くの当局者が予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「利上げペースの加速あるいは減速の論拠を討議」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「低いインフレ期待を幾人かの当局者が懸念」「減税によるインフレ進行が利上げ加速の論拠」「労働市場の引き締まりがインフレを押し上げると予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「インフレ率の2%目標未達成が利上げ減速の一因」「インフレは緩やかに2%に上昇すると過半数が予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「物価水準とGDPの目標を検討するよう数人が提案」

最近のFOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース

[2018-05-03][NP+4.8 HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場が引き続き強化され、経済活動が穏やかに上昇を続けていることを示している」「過去数カ月の雇用の伸びは力強く、失業率は低水準にとどまっている」「インフレは目標2%に一段と近づいた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済環境、更なる緩やかな利上げを正当化」「家計支出と設備投資は力強く伸びた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「物価上昇率は中期的に年2%近辺で推移することが見込まれる」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレ、中期の対称的目標に近づいた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済見通しへのリスクはおおむね均衡」「前年比ベースのインフレは中期的に委員会の対称的な2%の物価目標付近で推移すると予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「最近のデータによると、四半期ペースで家計支出の伸びが緩やかに推移した一方、設備投資は引き続き堅調に推移した」「前年比ベースのインフレと食料・エネルギーを除くインフレは2%に近づいた」 「長期的なインフレはならしてみるとほぼ変わらず」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利のさらなる緩やかな引き上げを正当化すると委員会は予想」「経済は一段の利上げを正当化する」

[2018-04-12][NP+4.6 HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「今後数年、財政政策が成長を大きく促進へ」「貿易戦争は下振れリスクと当局者の大多数が判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「メンバー全員がインフレはここ数カ月で上向いていると指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「FRBは、著しい財政政策が今後通年の成長を押し上げ」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「見通しは利上げ加速を正当化と多くの当局者が判断」「漸進的な利上げが適切とほぼ全ての当局者が判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「鉄鋼・アルミ関税、単独では成長への大きな影響なし」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「大半の参加者はインフレ2%の目標へ自信を深めた」「数人の参加者、今後数年の利上げペースは従来より幾分加速する公算が高い」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「ほぼすべての参加者が利上げを支持」「全参加者は景気見通しは過去数か月で強まったとの見方で一致」

[2018-03-22][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済見通し、この数カ月で力強さを増した」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「短期的な経済見通しへのリスクはおおむね均衡」「委員会はインフレの動向を注意深く監視する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2019-20年にかけての金利軌道、傾斜を強める」「2020年のFF金利は3.4%、12月時点は3.1%だった」「長期失業率は4.5%に低下、12月は4.6%だった」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「年あと2回、全4回の利上げを予想」「支出と投資、強い第4四半期から緩やかになった」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利のさらなる緩やかな引き上げを正当化すると委員会は予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「長期FF金利は2.9%に引き上げ、前回は2.8%だった」「2018年のコアPCE価格指数は1.9%上昇」「18年第4四半期の失業率は3.8%、前回は3.9%だった」「2018年GDPは2.7%増、前回は2.5%増だった」などと発表。
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「決定は全会一致」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場が引き続き強化され、経済活動が穏やかに上昇を続けていることを示している」「過去数カ月の雇用の伸びは力強く、失業率は低水準にとどまっている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは今後数カ月、2%前後で安定へ」「市場に基づくインフレ調整指標はここ数カ月で上昇したものの、依然として低いままである。調査に基づく長期的なインフレ期待はならしてみるとほぼ横ばいとなっている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「前年比ベースのインフレは今後数カ月上昇し、中期的に2%付近で安定すると予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2019年は3度の利上げ、12月は2度だった」「15人中13人が年内3度以上の利上げ、前回16人中10人だった」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済見通しは最近数カ月、強まった」「短期リスクは概ね均衡している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「支出、投資は第4四半期から伸びが緩やかになった」

[2018-02-01][NP     HDP -0.4 CHDP +0.1 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場が引き続き強化され、経済活動が堅実な上昇を続けていることを示している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金利のさらなる漸進的上昇が適切になる見通し」「インフレ率は今年上昇、中期的に2%前後で安定へ」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「一段と緩やかな金利引き上げが正当化される」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「短期的な経済見通しへのリスクはおおむね均衡」「委員会はインフレの動向を注意深く監視する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「市場に基づくインフレ調整指標はここ数カ月で上昇したものの、依然として低いままである。調査に基づく長期的なインフレ期待はならしてみるとほぼ横ばいとなっている」「前年比ベースのインフレは今年上昇し、中期的に2%付近で安定すると予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレの動向を注意深く監視」「短期的な経済の見通しへのリスクはおおむね均衡」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利のさらなる緩やかな引き上げを正当化すると委員会は予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「政策を全会一致で決定」「インフレは中期的に2%達成する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策のスタンスは引き続き緩和的で、それによって強い労働市場環境と2%のインフレへの持続的な回帰を支える」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「FF金利の実際の道筋は入手するデータに基づく経済の見通し次第」

[2018-01-04][NP+3.8 HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「ほとんどのメンバーは緩やかなペースでの利上げ継続を支持」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「利回り曲線フラット化、異例ではないと意見が全般に一致」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くのメンバーは労働市場が引き締まっておりインフレを押し上げる見通しとの見解を示した」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「複数のメンバーは中期的なインフレ見通しは変わっていないと指摘」「数人のメンバーは継続的な低インフレがインフレ期待を低下させる可能性を懸念」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くの理事は減税は消費を加速させると予想」「減税で投資がわずかに拡大と多くの当局者が予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「利上げペースの加速あるいは減速の論拠を討議」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「低いインフレ期待を幾人かの当局者が懸念」「減税によるインフレ進行が利上げ加速の論拠」「労働市場の引き締まりがインフレを押し上げると予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「インフレ率の2%目標未達成が利上げ減速の一因」「インフレは緩やかに2%に上昇すると過半数が予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「物価水準とGDPの目標を検討するよう数人が提案」

[2017-12-14][NP     HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場が引き続き強化され、経済活動が堅実な上昇を続けていることを示している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは短期的には引き続き2%をやや下回るが、中期的には目標の2%付近で安定すると予測」「委員会は物価の動向を注意深く監視する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2018年の成長は加速、労働市場は強い」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2018年の利上げは3回、19年は2回」「2020年末のFF金利は3.1%、9月時点は2.9%」「2018年成長率は2.5%、前回は2.1%」「2018-20年のインフレ見通しは前回から変わらず」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2018年第4四半期の失業率は3.9%、前回は4.1%」「長期のGDPと失業率見通し、前回から変わらず」「長期FF金利は2.8%、9月時点から変わらず」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2018年末のFF金利見通し(中央値)を2.125%(前回は2.125%)に据え置いた。19年末についても2.688%(前回は2.688%)で据え置いた。20年末については3.063%(前回は2.875%)に引き上げた。」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「エバンス、カシュカリ両氏が据え置き主張し利上げに反対」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策のスタンスは引き続き緩和的で、それによって強い労働市場環境と2%のインフレへの持続的な回帰を支える」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済は緩やかな利上げを正当化すると引き続き予想」「税制改革が今後数年の経済を押し上げる可能性」

[2017-11-23][NP+3.0 HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「数人が当面の利上げに反対、弱いインフレで」「近い将来の利上げは正当化されると多くが判断」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「少数のメンバーはインフレが2%の目標に向けて軌道が明らかになるまで利上げを延期すべきと指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「労働市場は引き締まっており、インフレを押し上げ」「インフレ率が目標を下回る時期が長引く可能性を多くが指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「多くのメンバーは経済がトレンドを上回り続けると指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「低いインフレ期待を幾人かが懸念」「遅すぎる利上げを警戒」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「労働市場は引き続き強まった、賃金の急伸は見られない」「FOMCは遅すぎる利上げを警告」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「インフレの上昇が利上げの鍵になる」

[2017-11-02][NP+2.0 HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP -0.1]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「ハリケーン関連の混乱にもかかわらず、労働市場が引き締まり続け、経済活動は堅調に伸びている」「労働市場は依然として強くなっており、失業率は減少」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは短期的には引き続き2%をやや下回るが、中期的には目標の2%付近で安定すると予測」「委員会は物価の動向を注意深く監視する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「暴風雨による崩壊と復興は、近い将来経済活動に影響を及ぼし続けるだろうが、過去の経験から、暴風が中期的には国家経済の過程を大きく変化させる可能性は低いことが示唆されている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「段階的な利上げ正当化するような経済の展開を想定」「食品・エネルギー除くインフレ、引き続き軟調」「金融政策のスタンスは引き続き緩和的」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策のスタンスは引き続き緩和的で、それによって労働市場の状況のさらにいくらかの引き締まりと2%のインフレへの持続的な回帰を支える」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「10月に開始されたバランスシートの正常化プログラムは進められている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済活動は堅調に拡大している」「短期的なリスクはおおむね均衡している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利が緩やかな引き上げを正当化すると委員会は予想」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは中期的に目標である2%へ上昇」 「全会一致で決定」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済は段階的な利上げを正当化する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「9月のハリケーンは雇用者数を減少させたが、失業率はさらに低下した」「ガソリン価格はハリケーンの余波の後に上昇し、9月の全体的なインフレを押し上げた」

[2017-10-12][NP-1.0 HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「ほとんどのメンバーは追加利上げはインフレが上昇する確信が持てる今後のデータ次第と指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「年内の再利上げは正当化されると多くの当局者が判断」「低インフレは一時的な要因のみではないと多くが懸念」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「インフレ判断に際し、一定の忍耐強さが正当化される」「労働市場が強まり、賃金が加速すると大半が予測」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「複数のメンバーはハリケーンは第三四半期のGDPに影響を与えるが年末までには持ち直すと指摘」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「インフレが上昇するまで利上げを見送るべきだと数人が指摘」「今後数回のインフレ指標、悪天候の影響を受ける」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「2%を下回るインフレ基調を幾人かが懸念」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨「労働市場逼迫でインフレに上振れリスクと数人が指摘」「金融状況は安定へのリスクと当局者2人が指摘」

[2017-09-21][NP+3.0 HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.0]
・FOMC見通し、2017年あと一回の利上げを予想、2018年は3回。
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済・金利見通しを発表。2017年GDP見通しを2.4%(前回は2.2%)に引き上げたほか、18年は2.1%(前回は2.1%)に据え置いた。19年については2.0%(前回は1.9%)に引き上げた」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済・金利見通しを発表。2017年末のFF金利見通し(中央値)を1.375%(前回は1.375%)に据え置いた。18年末についても2.125%(前回は2.125%)に据え置いた。19年末については2.688%(前回は2.938%)に引き下げた。20年末については2.875%となった」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレは短期的には引き続き2%をやや下回るが、中期的には目標の2%付近で安定すると予測」「委員会は物価の動向を注意深く監視する」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場は強化され、経済活動は順調に上昇」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「長期失業率は4.6%、前回と同じ」「長期FF金利は2.8%、6月時点は3%長期FF金利は2.8%、6月時点は3%」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「バランスシート、10月に縮小開始へ」「ハリケーン、中期的な経済コースを変える可能性低い」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「決定は全会一致」「FOMC当局者11人が年内あと1度の利上げ見込む、6月は8人」「FOMC当局者4人は年内の追加利上げ見込まず、6月時点と同じ」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「18年GDPは2.1%増で維持、19年は2%に引き上げ」「インフレ2%目標は2019年に達成へ」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「ハリケーンハービーやイルマ、マリアは多くのコミュニティを壊滅させ、深刻な苦難を負わせた」「暴風雨による崩壊と復興は、近い将来経済活動に影響を及ぼすが、過去の経験から、暴風が中期的には国家経済の過程を大きく変化させる可能性は低いことが示唆されている」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「ハリケーンの影響でガソリンやその他の商品の価格が上がると、一時的にインフレが押し上げられる可能性がある」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策のスタンスは引き続き緩和的で、それによって労働市場の状況のさらにいくらかの引き締まりと2%のインフレへの持続的な回帰を支える」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利が緩やかな引き上げを正当化すると委員会は予想」「労働市場は引き続き強く、経済活動は今年ここまで緩やかに拡大している」
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「2018年末のPCE価格指数は1.9%上昇、6月は2%」「2019年末のFF金利は2.7%、6月時点は2.9%」「2020年末のFF金利は2.9%」

(最終更新日時 2018-05-05 19:19)

FOMC(連邦公開市場委員会)関連の発言・ニュース バックナンバー

FOMC(連邦公開市場委員会) カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース