先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)

 先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の関係者による発言や、為替・株式・商品相場に関連性が高いと考えられるニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内では、G7の財務相や中央銀行関係者による発言やニュースを元にHDP・RHDPを作成していますが、共同声明を含め、複数の人物による数値となるため目安範囲となります。

 また、G7は、フランス・アメリカ合衆国・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ、以上のの7カ国を指します。

HDP

中間派

 HDP   -2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-11][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳会議(サミット)は、2日間の討議を総括した首脳宣言を採択し、閉幕した。焦点の通商問題について、宣言は「ルールに基づく貿易」の重要性を強調し、「保護主義と引き続き闘う」と明記。北朝鮮にすべての大量破壊兵器の「完全、検証可能かつ不可逆的な廃棄」を求めている。
・G7首脳会議(サミット)は、2日間の討議を総括した首脳宣言を採択し、閉幕したが、米朝首脳会談出席のため途中退席をしたトランプ米大統領は、閉幕後に自身のツイッターで、議長国カナダのトルドー首相の会見内容に不満を示したうえで、首脳宣言を承認しないよう米代表団に指示したことを明らかにした。
・G7サミットの議長国カナダのトルドー首相は、閉幕後の記者会見で「7ヵ国の共同宣言を採択し、一定の成果を挙げられた」と述べた。ただ、一方で、米国による鉄鋼やアルミニウムへの輸入制限措置の発動について「侮辱的」と批判、「我々は断固たる対応を取る」と説明している。
・G7サミット=主要7か国首脳会議が閉幕したあと、トランプ大統領が関税をめぐるカナダのトルドー首相の発言に不満をあらわにしたことなどについて、カナダのフリーランド外相は、理性に欠けた攻撃だと強く反論し、アメリカからの輸入品に報復関税をかけることを強調した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

[2018-06-11][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳会議(サミット)は、2日間の討議を総括した首脳宣言を採択し、閉幕した。焦点の通商問題について、宣言は「ルールに基づく貿易」の重要性を強調し、「保護主義と引き続き闘う」と明記。北朝鮮にすべての大量破壊兵器の「完全、検証可能かつ不可逆的な廃棄」を求めている。
・G7首脳会議(サミット)は、2日間の討議を総括した首脳宣言を採択し、閉幕したが、米朝首脳会談出席のため途中退席をしたトランプ米大統領は、閉幕後に自身のツイッターで、議長国カナダのトルドー首相の会見内容に不満を示したうえで、首脳宣言を承認しないよう米代表団に指示したことを明らかにした。
・G7サミットの議長国カナダのトルドー首相は、閉幕後の記者会見で「7ヵ国の共同宣言を採択し、一定の成果を挙げられた」と述べた。ただ、一方で、米国による鉄鋼やアルミニウムへの輸入制限措置の発動について「侮辱的」と批判、「我々は断固たる対応を取る」と説明している。
・G7サミット=主要7か国首脳会議が閉幕したあと、トランプ大統領が関税をめぐるカナダのトルドー首相の発言に不満をあらわにしたことなどについて、カナダのフリーランド外相は、理性に欠けた攻撃だと強く反論し、アメリカからの輸入品に報復関税をかけることを強調した。

[2018-06-09][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳会談、最終的な共同声明がでる可能性はほとんどないと報じられた。
・フリーランド・カナダ外相「G7の数カ国は『ロシアは復帰すべきではない』との見解で一致」

[2018-06-08][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)はカナダ東部シャルルボワで8日昼(日本時間9日未明)、開幕する。トランプ米政権の輸入制限を踏まえ、通商問題を巡り討議。安倍晋三首相は、対抗措置の応酬はどの国の利益にもならず、自由で公正な貿易が重要だと主張する見通し。欧州やカナダも懸念を表明するとみられ、G7内の対立は必至だ。北朝鮮の非核化に向けた米朝首脳会談の成功を後押しする方針では一致する。

[2018-06-07][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)が8、9日、カナダ東部シャルルボワで開催される。

[2018-06-06][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・「G7でイラン・ベネズエラ・シリア・中国・ロシアに関して議論」などと報じた。

[2018-06-04][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・カナダで開かれていたG7財務相・中銀総裁会議は閉幕した。カナダが議長総括を発表し、米国以外の6ヵ国の総意として、米鉄鋼輸入制限でG7の団結や協調が「危険にさらされている」と非難。「懸念と失望」をトランプ大統領に伝えるよう米国に要請している。
・カナダで開かれているG7財務相中銀総裁会議に出席しているフランスのルメール財務相は、EUなどに対する鉄鋼アルミニウムの輸入関税措置の導入を発表した米国のムニューシン財務長官は「会合で孤立している」と述べた。「米国が孤立しているため、残念ながら『G6プラス1』といった状況になった」と指摘している。

[2018-06-01][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の議長国カナダのモルノー財務相は31日、記者会見し、米国によるカナダなどに対する鉄鋼とアルミニウム関税導入を非難した上で、「会合では何よりもまず(この問題を)議論する必要がある」と述べた。モルノー氏は、安全保障を理由にした米国の鉄鋼・アルミ輸入制限措置はばかげており、世界経済の「明確なリスクだ」と懸念を示した。

[2018-04-19][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7財務相「国際平和の脅威になっている北朝鮮の核や弾道ミサイル開発計画について、完全かつ検証可能で不可逆的な方法での廃棄と朝鮮半島の非核化に努める」「北朝鮮による核や弾道ミサイル開発計画の廃棄を目指して、金融や経済面からも引き続き最大限の圧力をかけていく」とした共同声明を発表している。

[2018-04-17][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・「G7は米英仏によるシリア攻撃を全面的に支持」などと報じた。

[2017-09-11][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・第15回G7下院議長会議が、ローマのイタリア下院で開かれ、北朝鮮の核・ミサイル問題が主要課題のひとつとして議論された。そのなかで、参加各国は北朝鮮に対し核・ミサイル開発の即時停止を求めていくことで一致したという。なお、日本から出席した大島衆院議長は「朝鮮半島その他の混乱が起これば、当然に世界の平和に影響を及ぼす」と懸念を表明している。

(最終更新日時 2018-06-12 17:08)

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) バックナンバー

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース