先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)

 先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の関係者による発言や、為替・株式・商品相場に関連性が高いと考えられるニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内では、G7の財務相や中央銀行関係者による発言やニュースを元にHDP・RHDPを作成していますが、共同声明を含め、複数の人物による数値となるため目安範囲となります。

 また、G7は、フランス・アメリカ合衆国・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ、以上のの7カ国を指します。

HDP

中間派

 HDP   -2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-11-09][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7財務相「IMFのエジプトへの融資について、前向きな検討を期待する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

[2016-11-09][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7財務相「IMFのエジプトへの融資について、前向きな検討を期待する」

[2016-09-12][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・日米欧の先進7カ国(G7)は24日、長野県軽井沢町で交通相会合を開き、自動運転車の安全基準策定の協調に向けて議論する。

[2016-06-24][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・独紙ハンデルスブラットによると、G7は電話会議を日本時間の正午ごろに開催する。
・G7電話会談「英国国民投票結果を踏まえ、市場動向を注視」
・G7電話会談「為替過度の変動や無秩序な動きは経済に悪影響与えると再認識」「市場動向と金融の安定を緊密に協議し適切に協力」
・G7電話会談「英国含むG7としての連帯を維持」「市場動向を注視する」
・G7電話会談「為替相場の過度の変動や無秩序な動きは経済に悪影響を与える」「市場動向と金融の安定を綿密に協議し適切に協力する」

[2016-05-27][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・開幕した伊勢志摩サミットで、G7首脳は北朝鮮の核・ミサイル開発に関し、「深刻な脅威であり、もっとも強い表現で非難されるべきだ」との認識で一致した。また、中国が海洋進出を強める東シナ海や南シナ海の情勢について、現状を懸念するとの認識でも一致している。
・FNNは、伊勢志摩サミットで、世界経済について打ち出される「伊勢志摩経済イニシアチブ」の原案が明らかになった、と報じている。具体的には、世界経済の成長は喫緊の最優先課題とし、「それぞれの経済状況を考慮したうえで」各国が協調して、経済政策を行う一方、金融政策、財政政策、構造改革を強化する重要性を、あらためて確認する内容で最終調整しているという。
・G7伊勢志摩サミットで、世界経済の持続的な成長に向けて、各国が機動的な財政出動や、構造改革など政策を総動員することで一致したことについて、財政出動に消極的な立場のドイツのメルケル首相は、構造改革の重要性を盛り込むことでバランスがとれたという考えを強調した。
・G7首脳宣言では、財政戦略の機動的実施、構造政策の推進で合意した。
・G7首脳宣言で東シナ海、南シナ海における状況が懸念された。

[2016-05-26][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7伊勢志摩サミットで発表される首脳宣言の原案内容が分かった、と報じている。海洋の安全保障については、南シナ海で拠点構築を進める中国の動向を念頭に、緊張を高めうる一方的な行動を自制し、力や威圧を用いないことの重要性を再確認するなどと明記されているという。
・伊勢志摩サミットで27日に採択する首脳宣言で、世界経済に関し、金融政策と機動的な財政出動、構造改革の3つの政策を経済成長に向けたG7版の「3本の矢」と位置づけ、その重要性を確認する方向で最終調整に入った、と報じている。

[2016-05-24][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・伊勢志摩サミットでG7がまとめる首脳宣言のうち、「貿易」に関する分野の宣言案が明らかになった、と報じている。貿易を成長や繁栄などの原動力だと位置づけるとともに、TPP協定の重要性についても盛り込む見通しだという。
・主要7カ国(G7)は26、27日開催の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で、世界経済の潜在的な下方リスクを共有する方針であると複数の政府関係者が明らかにした。

[2016-05-23][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・仙台市で21日閉幕した主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は経済成長を促すため金融・財政・構造政策にバランスよく取り組む方針を確認した。議長国である日本が訴える財政出動は全面的な賛同は得られず、各国がそれぞれ判断することになった。
・週明けの為替市場は、オセアニア通貨が若干安寄りするも、すぐに切り返すと足もとはむしろ小じっかり。先日まで開催されていたG7財務相・中銀総裁会議が終了したものの、マーケットへの目立った反応はここまでみられない。
・G7が26-27日の伊勢志摩サミットでまとめる首脳宣言に、北朝鮮が今年に入って実施した核実験とミサイル発射を「もっとも強い表現で非難する」と明記する方針だ、と報じている。
・26-27日に開かれる伊勢志摩サミットで、G7が知的財産を保護するため、ソフトウェアの機密情報に当たる「ソースコード」の開示要求への反対を首脳宣言に盛り込むことがわかった、と報じている。ソフトウェアは自動車やハイテク機器などの製品に組み込まれており、自国産業の知財の保護や先端技術の育成につなげるほか、先進国として、中国の動きをけん制する狙いがあるとみられるという。
・伊勢志摩サミットに合わせて日本とEU、そしてフランス、ドイツ、イタリア、英国の4ヵ国が採択する経済連携協定(EPA)に関する共同声明案の内容が明らかになった、と報じている。声明案では「今年のできるかぎり早い時期の大筋合意を実現する強い決意を再確認する」という文言が盛り込まれる見通しだという。

[2016-05-17][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・NHKは、伊勢志摩サミットで発表される首脳宣言の構成などが明らかになった、と報じている。世界経済の持続的な成長に向けた「G7伊勢志摩経済イニシアチブ」を打ち出すほか、テロや腐敗対策に関する行動計画など6つの付属文書を取りまとめる方向で調整が進められているという。

[2016-05-16][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ロイターは、今月26-27日の伊勢志摩サミットに参加するG7が鉄鋼の世界的な供給過剰に対策を講じる見通しであることが、入手したサミットの文書草案で分かったと報じている。
・ロイターは、20-21日に仙台で開催されるG7財務相・中央銀行総裁会議について、カナダ財務省高官が「成長に対するリスクが増す中か、世界経済が議論の中心になる」「タックスヘイブン(租税回避地)の利用実態を示すパナマ文書の流出を受けて、国際的な租税回避も議題になる」「外国為替は中心的な議題にはならない。G7諸国はすでに相場を操作しないことの重要性を認識していると」とした見通しを示したと報じている。

[2016-05-02][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・5月1-2日に北九州市で開かれるG7エネルギー相会合で、林経産相が液化天然ガス(LNG)の国際取引市場創設を提案することが分かった、と報じている。2日採択する共同声明に構想を盛り込む方針だという。

(最終更新日時 2016-11-10 01:45)

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) バックナンバー

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) カレンダー

2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース