先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)

 先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の関係者による発言や、為替・株式・商品相場に関連性が高いと考えられるニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内では、G7の財務相や中央銀行関係者による発言やニュースを元にHDP・RHDPを作成していますが、共同声明を含め、複数の人物による数値となるため目安範囲となります。

 また、G7は、フランス・アメリカ合衆国・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ、以上のの7カ国を指します。

HDP

中間派

 HDP   -2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-09-11][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・第15回G7下院議長会議が、ローマのイタリア下院で開かれ、北朝鮮の核・ミサイル問題が主要課題のひとつとして議論された。そのなかで、参加各国は北朝鮮に対し核・ミサイル開発の即時停止を求めていくことで一致したという。なお、日本から出席した大島衆院議長は「朝鮮半島その他の混乱が起これば、当然に世界の平和に影響を及ぼす」と懸念を表明している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

[2017-09-11][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・第15回G7下院議長会議が、ローマのイタリア下院で開かれ、北朝鮮の核・ミサイル問題が主要課題のひとつとして議論された。そのなかで、参加各国は北朝鮮に対し核・ミサイル開発の即時停止を求めていくことで一致したという。なお、日本から出席した大島衆院議長は「朝鮮半島その他の混乱が起これば、当然に世界の平和に影響を及ぼす」と懸念を表明している。

[2017-09-04][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳は北朝鮮の核実験について、「断じて容認できない挑発行動」「北朝鮮は全ての核・弾道ミサイル計画の放棄を」といった見解を示した。G7首脳の北朝鮮に関する声明を外務省が発表した。
・G7首脳は北朝鮮の核実験について、国連安保理に新決議採択の取り組み求める方針を示した。G7首脳の北朝鮮に関する声明を外務省が発表した。
・G7首脳は5日「対北朝鮮で国連安保理に新決議採択の取り組みを求める」「北朝鮮の核実験は断じて容認できない挑発行為」「北朝鮮は全ての核・弾道ミサイル計画の放棄を」との声明を発表した。

[2017-06-21][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・先進7カ国(G7)交通相会合が21、22両日、イタリア・サルデーニャ島のカリャリで開かれる。日本からは石井啓一国土交通相が出席する。車の自動運転技術の早期実用化に向けた国際協調や、各国で老朽化が進む交通インフラへの対応などが議論される見通しで、共同宣言を22日午後に採択する。

[2017-06-13][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7環境相会合は、米国を除く6ヵ国が地球温暖化防止策の国際的な枠組み「パリ協定」の履行を推進すると盛り込んだ共同声明を採択し、閉幕した。妥協案で声明の採択にこぎ着けたが、米国と6ヵ国の隔たりは埋められなかった。

[2017-05-26][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・タオルミーナ・サミットで、G7首脳宣言とは別に、テロと暴力的過激主義を非難する声明を採択する方向で調整していることがわかった、と報じている。
・G7サミットを前にしたトランプ大統領と安倍首相の日米首脳会談では、北朝鮮への制裁強化への取り組みで合意した。

[2017-05-23][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・イタリアで26-27日に行われるG7首脳会談の共同声明に、「保護主義に対抗する」との文言が盛り込まれない見通しになった、と報じている。「米国第一」を掲げて保護主義的な政策を打ち出しているトランプ政権の意向が反映されたとみられるという。

[2017-05-15][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・イタリアで開かれていたG7財務相・中銀総裁会議は、経済のグローバル化にともなう格差是正に各国が一致して取り組む方針を盛り込んだ共同声明を採択し、閉幕した。声明は「過度な経済格差は成長可能性を抑制する」とし、財政・構造政策を駆使して対応する必要性を強調している。
・世界約100ヵ国の病院や企業などが大規模なサイバー攻撃に見舞われたなか、G7財務相・中銀総裁会議は採択した共同声明で、国際的に協調して対策を強化していく必要性を強調した。
・G7終了後の会見で、フランスのサパン財務相は、米国を除く6ヵ国から世界の経済政策をめぐる国際協調に背を向けないよう米国に訴える声が上がったことを明らかにした。
・G7終了後の会見で、ドイツ連銀のバイトマン総裁は、ユーロ圏の景気回復と明るい見通しを踏まえると、ECBは超緩和的な金融政策の正常化を検討することが可能かもしれない、との認識を示した。
・G7終了後の会見で、ビスコ伊中銀総裁は、世界経済の成長は依然緩やかであり、さまざまなリスクに直面していると述べた。
・G7財務相・中銀総裁会議にあわせて実施された麻生財務相とムニューチン米財務長官による会談において、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する経済制裁の強化で連携することを改めて確認した。また、為替をめぐる問題は協議しなかったという。

[2017-05-12][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7財務相・中銀総裁会議の開催に合わせ、麻生財務相と米国のムニューシン財務長官が日本時間13日未明に、訪問先のイタリアで会談する日程が固まったと報じている。最近の経済金融情勢について意見交換するほか、為替政策に関する基本認識も改めて確認するという。
・先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は12日午後(日本時間同夜)開幕した。急速なグローバル化に伴い生じた経済格差の是正が主要議題となる。為替政策については「競争的通貨切り下げを回避する」などとする従来のG7合意を確認する見通しだが、ドル高をけん制する米国の出方にも注目が集まる。日本からは麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁が出席。貿易をめぐる問題は、今月下旬に開かれるG7首脳会議(サミット)で議論するため、財務相会議では大きなテーマにはならない方向だ。黒田氏は会議に先立って記者団に「技術革新やグローバル化を止めることは問題の解決にならない。保護主義によって格差が縮むという考えは、むしろ反対だ」と指摘した。

[2017-05-11][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・11日に開幕する主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議について、米財務省高官は10日、トランプ米政権の税・規制改革やテロリストへの資金の遮断、明るさがみえる経済情勢が議題になるとの見通しを示した。ムニューシン米財務長官は、トランプ政権が打ち出すことにしている法人税の大幅削減を含む税制改革について説明することにしているという。

[2017-05-10][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・日米欧の先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が12、13日、イタリア南部バリで開かれる。各国でくすぶる格差問題や、企業の税逃れを防ぐ国際課税を中心に協議。北朝鮮情勢など経済に影を落としかねない地政学リスクも話し合うとみられる。一方、貿易の「反保護主義」をめぐる議論は、米国の合意が難しいことから見送る。麻生太郎財務相は9日の記者会見で、今回の会議では「格差や成長、国際課税などの話が出てくる。G7は、価値観を共有した先進諸国で率直な議論ができる」との見通しを示した。また、為替問題については、「通貨の競争的な切り下げは回避する」などとする従来の合意を改めて確認する見通し。通商問題は5月下旬の主要国首脳会議(サミット)に持ち越す。

(最終更新日時 2017-09-12 00:04)

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) バックナンバー

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース