世界の政策金利関係の発表・ニュース

政策金利のイメージ

 世界の政策金利に関係している発表やニュースについて紹介しています。

 世界中で発表されている政策金利のニュースを元にしているカテゴリなので、基本的にHDP・RHDPは有りませんが、付与されている場合も目安として値となっています。

 また、政策金利については、ほとんどの場合に各国から月1回発表されるだけなので国別に分かれたカテゴリは有りません。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

ハト派傾向

 RHDP -3.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-05-19][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・メキシコ中銀は、政策金利を0.25%引き上げ6.75%にする事を決定した。
・チリ中銀は、政策金利を0.25%引き下げ2.50%にする事を決定した。
・メキシコ中銀は18日、政策金利を現行の6.50%から6.75%に引き上げることを決めたと発表。市場予想は6.50%での据え置きだったため、予想外の結果となった。メキシコ中銀は声明で今回の利上げについて「予想物価を安定させ、物価上昇率を目標内に収めるため」と言及。今後も物価上昇を決める要素や中長期の予想物価などを注視していく姿勢を示した。なお、同国の4月消費者物価指数は前年比で5.82%と中銀のインフレ目標(2-4%)の上限を上回っており、中銀は物価目標の中心値である3%に鈍化する時期を年末から来年中と予想。市場からは「追加利上げが実施される可能性は高い」との声も聞かれた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-05-04][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・米連邦準備理事会(FRB)は2-3日、米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.75%から1.00%の範囲に据え置くことを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。
・ノルゲバンク(ノルウェー中銀)は4日、政策金利を現行の0.50%に据え置くことを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。
・チェコ中銀は、政策金利を現行の0.05%に据え置く事を決定した。

最近の世界の政策金利関係の発表・ニュース

[2017-05-19][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・メキシコ中銀は、政策金利を0.25%引き上げ6.75%にする事を決定した。
・チリ中銀は、政策金利を0.25%引き下げ2.50%にする事を決定した。
・メキシコ中銀は18日、政策金利を現行の6.50%から6.75%に引き上げることを決めたと発表。市場予想は6.50%での据え置きだったため、予想外の結果となった。メキシコ中銀は声明で今回の利上げについて「予想物価を安定させ、物価上昇率を目標内に収めるため」と言及。今後も物価上昇を決める要素や中長期の予想物価などを注視していく姿勢を示した。なお、同国の4月消費者物価指数は前年比で5.82%と中銀のインフレ目標(2-4%)の上限を上回っており、中銀は物価目標の中心値である3%に鈍化する時期を年末から来年中と予想。市場からは「追加利上げが実施される可能性は高い」との声も聞かれた。

[2017-05-18][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ポーランド中央銀行は17日、政策金利を現行の1.50%で据え置くことを決めたと発表。中銀は声明で「現在の金利水準はバランスのとれた経済の維持を支援している」「CPIは今後数四半期穏やかに推移する見込み」「CPIがインフレ目標(1.5-3.5%)を上回るリスクは限定的」などと言及。グラピンスキ総裁も会見で「CPIは長期に渡って2%付近で推移する見込み」と述べたうえで、「政策金利を変更する必要はない」「2018年末まで利上げを行う必要はないだろう」などの見解を示した。また、他の政策委員も「利上げによって経済を冷やす必要はない」と述べるなど、総じて利上げには否定的な見解が示された。

[2017-05-17][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ポーランド中銀は、政策金利を現行の1.50%に据え置く事を決定した。

[2017-05-12][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ペルー中銀は、政策金利を0.25%引き下げ4.00%にする事を決定した。
・マレーシア中央銀行は12日、政策金利を現行の3.00%に据え置くことを決めたと発表した。

[2017-05-11][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行、RBNZ)は11日、政策金利を現行の1.75%のまま据え置くことを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。
・フィリピン中銀は、政策金利を現行の3.00%に据え置く事を決定した。
・英中銀は、政策金利を現行の0.25%に据え置く事を決定した。

[2017-05-09][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・スリランカ中銀は、政策金利を現行の7.250%に据え置く事を決定した。

[2017-05-05][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ルーマニア中銀は、政策金利を現行の1.75%に据え置く事を決定した。

[2017-05-04][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・米連邦準備理事会(FRB)は2-3日、米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.75%から1.00%の範囲に据え置くことを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。
・ノルゲバンク(ノルウェー中銀)は4日、政策金利を現行の0.50%に据え置くことを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。
・チェコ中銀は、政策金利を現行の0.05%に据え置く事を決定した。

[2017-05-02][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・オーストラリア準備銀行(豪中央銀行)は2日、政策金利を現行の1.50%に据え置くことを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。
・ロシア中銀は4月28日、政策金利を現行の9.75%から9.25%に引き下げることを決めたと発表。市場予想は9.50%への引き下げだったため、予想外の結果となった。声明では「消費者物価の上昇率は年内に中銀のインフレ目標である4%に低下し、2018-19年も目標水準にとどまる見通し」「4-6月期や7-9月期も穏やかな利下げを実施する従来の方針を堅持する」などの見解を示した。同国では主要輸出品である原油価格の持ち直しでルーブルが上昇した影響もあり、インフレ率が低下しているため、今後も利下げ姿勢を継続するとの見方が優勢だ。

[2017-04-29][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・コロンビア中銀は、政策金利を0.50%引き下げ6.50%にする事を決定した。

(最終更新日時 2017-05-20 05:35)

世界の政策金利関係の発表・ニュース バックナンバー

世界の政策金利 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース