ジェフリー・ラッカーの発言・ニュース

ジェフリー・ラッカー

 【2015年FOMC投票権保有】ジェフリー・M・ラッカーは、1955年生まれのアメリカの経済学者であり、アメリカ リッチモンド連銀の総裁です。

 ラッカーは、過去にパデュー大学のクランナートスクールで経済学の助教授として教鞭と取っていた経歴を持つ。

 FOMCのメンバーになってからは、「前例の無い金融緩和」を実行しているアメリカの金融政策に対して反対票を投じ、行き過ぎた金融緩和の危険性を唱えている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-03-04][NP-2.0 HDP +2.4 CHDP -0.1 RHDP +3.5 CRHDP -0.1]
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「インフレは低く、比較的安定した状態」「金融政策、1960年代の過ち再現は避けられる」「FRBの独立性、当然のものと考えることできない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-02-15][NP-1.0 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.1]
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「3月利上げの論拠は弱くない」「ペースを上げる時が来た」「今年3回を超える利上げ要する可能性も」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「後手に回るリスクがある程度存在する」「バランスシート、できる限り早い縮小望ましい」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「ドッド・フランク法が成長を大きく損なった証拠ない」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「さらなる貿易障壁が経済成長を遅らせる可能性がある」

[2017-01-24][NP+4.6 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「FOMCの他の理事よりも早い利上げを主張した」「後手に回るリスクがある」

最近のジェフリー・ラッカーの発言・ニュース

[2017-03-04][NP-2.0 HDP +2.4 CHDP -0.1 RHDP +3.5 CRHDP -0.1]
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「インフレは低く、比較的安定した状態」「金融政策、1960年代の過ち再現は避けられる」「FRBの独立性、当然のものと考えることできない」

[2017-02-15][NP-1.0 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.1]
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「3月利上げの論拠は弱くない」「ペースを上げる時が来た」「今年3回を超える利上げ要する可能性も」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「後手に回るリスクがある程度存在する」「バランスシート、できる限り早い縮小望ましい」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「ドッド・フランク法が成長を大きく損なった証拠ない」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「さらなる貿易障壁が経済成長を遅らせる可能性がある」

[2017-02-14][NP+5.0 HDP +2.5 CHDP +0.1 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「次回の利上げは早めに実行すべき」「著しい金利上昇は正当化される」「2017年の米経済は2%成長へ」「財政投入による刺激は金利上昇を意味する」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「米国は予想以上に早い利上げが必要」「財政刺激策の拡大で、一段と速やかな利上げにつながる可能性がある」

[2017-01-24][NP+4.6 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「FOMCの他の理事よりも早い利上げを主張した」「後手に回るリスクがある」

[2017-01-11][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP -0.1]
・ラッカー・リッチモンド地区連銀総裁は、本年10月1日で、退任する意向を発表した。

[2017-01-06][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP -0.1]
・リッチモンド連銀は声明の中で、ラッカー総裁のバルチモアで6日に予定されていた講演を中止すると発表した。

[2016-12-17][NP+4.6 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP -0.1]
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「金利上昇に向けて調整が必要」「米国大統領選挙前、ビジネスが差し控えられていた可能性がある」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「労働市場はひっ迫が継続する軌道」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「2017年の利上げ傾向を判断するのは時期尚早」「漸進的な利上げペースは3年を超える可能性も」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「FOMCはインフレ期待を注視する必要がある」「もし、爆発的に需要が増えれば一段と速やかな利上げが必要になる可能性がある」

[2016-12-17][NP+4.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「トランプ政権の経済政策、不確実性が高い」「市場で過大評価の深刻な例、探すのは困難」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「トランプチームによる成長重視の政策に勇気づけられる」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「金利上昇に向けて調整が必要」「米国大統領選挙前、ビジネスが差し控えられていた可能性がある」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「2017年に3回以上の利上げが必要と予想」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「労働市場はタイト化が継続する軌道にある」「ソフトランディング遂行が米金融当局の課題」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「インフレ圧力が強まる前の行動が鍵」

[2016-11-15][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「インフレ期待上昇の意味を判断するには早すぎる」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「追加の財政措置なら利上げの根拠を後押し」「財政政策がどのように展開されるか見守る」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「政策変更が生産性の伸びを後押しする可能性がある」

[2016-11-11][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「中銀は無党派だ」「FRBの独立性はより良い金融政策を可能にする」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「米経済は完全雇用に近い状態」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「低い生産性は金利が低くなる必要性を意味」「インフレは当局目指す2%にかなり近い」「利上げの論拠は比較的強い」
・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「低インフレの安定維持が当局の最優先の仕事」「財政刺激策の拡大は金利の上昇を示唆する可能性」

(最終更新日時 2017-03-05 17:37)

ジェフリー・ラッカーの発言・ニュース バックナンバー

ジェフリー・ラッカー カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース