ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-07-17][NP+5.6 HDP +3.6 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「当面、漸進的な利上げ継続が最善策」「Q2経済の成長は著しく、Q1を上回る」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCは利上げが速過ぎたり、遅過ぎたりするリスクを承知している」「インフレは2%の対照的な目標を上回ったり、下回ったりすることもある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国経済は堅調なペースで拡大」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「漸進的利上げの継続が最善」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緩やかな賃金上昇は雇用市場が高インフレを引き起こしていないことを伝えている」「最新の経済データは第2四半期の米成長がかなり強いことを示唆している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最近のインフレは心強い」「経済に対する全体的なリスクは概ねバランスがとれている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「失業率は低く、さらに低下も予想される」「貿易協議の結果を予想することは困難」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「雇用市場は強く、労働者はより良い状態にある」「賃金上昇は依然としてインフレの傾向を上回る」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「働き盛りの労働者の市場参加率上昇は健全な兆候」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「全般的にオープンな貿易は諸国の成長ペースを引き上げる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「保護政策は経済的悪影響をもたらす」「一部の資産価格は高い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融安定に関し、あまり懸念ない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「貿易論争の結果に言及するのは困難」「税制策や財政策が今後2.3年の成長を支援すると予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緩やかな利上げが成長拡大につながる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2018-07-17][NP+5.6 HDP +3.6 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「当面、漸進的な利上げ継続が最善策」「Q2経済の成長は著しく、Q1を上回る」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCは利上げが速過ぎたり、遅過ぎたりするリスクを承知している」「インフレは2%の対照的な目標を上回ったり、下回ったりすることもある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国経済は堅調なペースで拡大」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「漸進的利上げの継続が最善」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緩やかな賃金上昇は雇用市場が高インフレを引き起こしていないことを伝えている」「最新の経済データは第2四半期の米成長がかなり強いことを示唆している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最近のインフレは心強い」「経済に対する全体的なリスクは概ねバランスがとれている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「失業率は低く、さらに低下も予想される」「貿易協議の結果を予想することは困難」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「雇用市場は強く、労働者はより良い状態にある」「賃金上昇は依然としてインフレの傾向を上回る」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「働き盛りの労働者の市場参加率上昇は健全な兆候」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「全般的にオープンな貿易は諸国の成長ペースを引き上げる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「保護政策は経済的悪影響をもたらす」「一部の資産価格は高い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融安定に関し、あまり懸念ない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「貿易論争の結果に言及するのは困難」「税制策や財政策が今後2.3年の成長を支援すると予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緩やかな利上げが成長拡大につながる」

[2018-07-13][NP     HDP +3.4 CHDP +0.1 RHDP +3.4 CRHDP +0.1]
・パウエルFRB議長は、トランプ政権による外国製品への制裁関税と、相手国・地域が取った報復措置の長期化に懸念を示し「米経済に悪影響を及ぼすだろう」と述べた。

[2018-06-29][NP     HDP +3.4 CHDP +0.1 RHDP +3.4 CRHDP +0.1]
・パウエルFRB議長の上院銀行委員会での議会証言は7月17日になる事が明らかとなった。

[2018-06-21][NP     HDP +3.4 CHDP +0.1 RHDP +3.4 CRHDP +0.1]
・パウエルFRB議長「FRBはサプライズを回避するよう努める」
・パウエルFRB議長「新興諸国市場が引き続き強いことが重要」

[2018-06-20][NP+4.8 HDP +3.4 CHDP +0.1 RHDP +3.4 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「斬新的な利上げを継続する論拠が強い」「雇用市場は更に強くなり賃金の伸びを支える」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「雇用市場は一段と強く、賃金成長を後押ししている」「米経済は非常に良好」「幾つかの資産は高いが、過度なレバレッジはみられない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「一部の資産価格は高い水準で過剰なレバレッジは見られない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは依然緩和的、中立水準を100bp下回っている可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「政策金利はなお緩和的であり、中立金利から1%下回る可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBがインフレ過熱を目指しているとはいっていない」

[2018-06-14][NP     HDP +3.3 CHDP +0.1 RHDP +3.3 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済は非常に良好」「失業率とインフレ率は低い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMC、今後は毎回終了後に記者会見へ」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「来年1月から毎回のFOMC終了後に記者会見を行う意向」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「記者会見を全会合後に行う方針を発表」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは2%の目標に近付いた」「財務状況は引き続き維持される」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「記者会見の回数の増加は、政策を意味するわけではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「来年1月から毎回のFOMC後に記者会見へ」「インフレに対し勝利宣言はしたくない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最近のインフレ指標は心強い。勝利宣言には時期尚早」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「フォワードガイダンス、削除するのに適切な時期」「原油高、今後数か月間インフレ率を2%超に押し上げ」「2020年のFF金利予測、長期的水準を小幅上回る」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは緩やかな追加利上げを想定」「インフレに関する考えは3月から変わっていない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緩やかな金利の上昇を予想」「遅すぎる利上げ、早すぎる利上げは有害に」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCは財政の措置は需要を支援すると予想、財政に関する見解はさまざま」「減税、今後3年間で需要を押し上げへ」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「来年ごろに政策金利は中立水準に到達と予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「関係者によると、貿易政策に関する懸念が広まっている」「貿易政策が指標に影響している証拠は見られない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「賃金の低い伸びは低い生産性が要因」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「貿易摩擦の影響は指標に現れていない」「今回の利上げの決定は米経済が良好であるさらなる証拠」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレが2%超えても過剰反応しない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「比較的速やかに金利は中立圏へ」「金利は比較的早期に中立ゾーンに」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金利は比較的早期に中立水準になるだろう」「世帯の過剰なクレジット拡大はない」

[2018-06-13][NP     HDP +3.3 CHDP +0.1 RHDP +3.3 CRHDP +0.1]
・パウエルFRB議長が全てのFOMC会合後の記者会見を検討しているという。

[2018-05-31][NP     HDP +3.3 CHDP +0.1 RHDP +3.3 CRHDP +0.1]
・パウエルFRB議長「中銀は透明性の向上に取り組むべきだ」

[2018-05-25][NP     HDP +3.3 CHDP +0.1 RHDP +3.3 CRHDP +0.1]
・パウエルFRB議長「中央銀行の独立性の欠如は、過去にインフレの加速につながった」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「フォワードガイダンスは今後役割が小さくなる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国の財政は持続可能な軌道に乗っていない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米財政は持続可能な軌道に乗っていない」

[2018-04-07][NP     HDP +3.3 CHDP +0.1 RHDP +3.3 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「漸進的な利上げ継続、金融当局の目標を推進する上で最善」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「さらなる段階的な利上げがFRBの目標を推し進めるうえで最善」「緩やかな賃金の伸びは雇用市場が過度に引き締まっていないことを示す」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場のスラック残存を示唆する指標はわずかに存在」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「更なる緩やかな利上げはFRBの目標達成に最善」「成長ペースは加速、労働市場は強い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今春、前年比のインフレ率は顕著に上昇するはずだ」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「関税協議は比較的早期の段階にある」「貿易協議が見通しにどのように影響するか判断は尚早」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「貿易協議の見通しへの影響を判断するには時期尚早」

(最終更新日時 2018-07-21 19:33)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース