ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-09-28][NP+4.0 HDP +3.4 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.3]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「漸進的な利上げが強い経済の維持を支えている」「インフレ率は低く安定している」「経済力は力強い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最大級の銀行への力強い規制の適用を望む」「資産価格は高く、株価は過去最高水準」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今度1-2年でリセッションリスクが高まるとは思わない」「仮想通貨は支払いで、ほとんど使われていない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2018-11-16][NP     HDP +3.5 CHDP +0.1 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「賃金上昇率はインフレや生産性を反映したレンジ内にある」
・パウエルFRB議長「労働市場は最大雇用に、インフレは2%に近付いている」

[2018-11-15][NP+3.8 HDP +3.4 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.1]
・パウエルFRB議長「経済の状態にとても満足している」「経済が引き続きポジティブな方向に進む正当な理由がある」
・パウエルFRB議長「利上げが遅すぎたり、速すぎたりしないよう努力」「バランスシート縮小は非常にうまくいっている」
・パウエルFRB議長「目標は低インフレ下での景気拡大の長期化」「バランスシートをより小規模にすることが重要」
・パウエルFRB議長「貿易紛争でインフレが若干加速する恐れ」「株式市場は大きな経済の多くの要因の1つ」
・パウエルFRB議長「経済界では懸念を表明しているが、FRBは通商論争での影響は今のところあまり見えていない」「FRBは両サイドの行き過ぎたリスクを真剣に見なければいけない。回復を遅れさせたり、インフレがコントロールが出来ないようになってはいけない」
・パウエルFRB議長「バランスシートの正常化は非常に順調だが、適切な終了時期はまだ分からない」
・パウエルFRB議長「経済は貿易で利益を得ている、貿易は自由で公平であるべき」「全ての米連邦公開市場委員会(FOMC)がこれからライブになる」
・パウエルFRB議長「(政府の)負債は新たな問題ではなく、中長期的な問題点」「負債はFRBがコントロールするものではない」「株式市場は気にしてるが主な焦点は実体経済」
・パウエルFRB議長「米経済は良い状態、成長加速は可能」

[2018-10-17][NP     HDP +3.4 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「ハードBREXITからの波及を心配」

[2018-10-03][NP+3.0 HDP +3.4 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緩やかな利上げ継続を支持」「最近の賃金上昇を非常に歓迎」「インフレ期待の抑制がカギ」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「危機は我々に金融システムの重要性を教えてくれた」「FRBの金利は常に主要な金融政策手段」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDの金利は金融政策のメインツール」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「関税による物価への影響はまだ見られない」「貿易政策による影響が見られるには時期尚早」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「現在の政策は引き締めではない」「FRBはマイナス金利を分析していない、理論的には手段」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「関税による物価への影響はまだ見られていない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「資産価格は歴史的に高い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMC会見の回数を増やすことで、透明性が増す」

[2018-09-28][NP+4.0 HDP +3.4 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.3]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「漸進的な利上げが強い経済の維持を支えている」「インフレ率は低く安定している」「経済力は力強い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最大級の銀行への力強い規制の適用を望む」「資産価格は高く、株価は過去最高水準」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今度1-2年でリセッションリスクが高まるとは思わない」「仮想通貨は支払いで、ほとんど使われていない」

[2018-09-27][NP     HDP +3.4 CHDP -0.2 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国経済は力強く、失業率は低い」「原油高の影響は一時的」「家計支出と企業の設備投資は力強く伸びた」「長期的なインフレ指標は、あまり変わっていない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは低く、安定している」「金利は依然として低い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率は2%近辺に留まる」「緩和的との文言削減は、経済が力強く拡大している」「経済が弱くなれば利下げの可能性もあり得る」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融システムはより強力と確信」「インフレ率は持続的に2%近辺にとどまると予想」「緩和的との文言削除は金融政策が予想通り推移していることを示している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は政治的な要因を考慮しない」「緩和的文言の削除は政策変更のシグナルではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「全体的な金融市場の状況は緩和的」「インフレが上下振れたときに備えて注視」「FRBは政策決定に政治的要因を考慮せず」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「減税、財政拡大が経済を押し上げ」「高い信頼感指数も成長を支援する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金利が2020・21年に中立水準を上回る必要があるとの確信は持っていない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済が弱まれば、利下げする可能性も」「政策は今も緩和的だ」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ドルは2017年に下落した分の一部しか戻していない」

[2018-08-24][NP+4.0 HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緩やかな利上げが適切、成長の強さが維持されれば」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「強い経済が続くと予想する十分な根拠がある」「過熱リスクは高まっていないとみる」「成長が堅調に続けば漸進的な利上げは適切」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレが2%を上回り加速する兆候見られない」

[2018-08-22][NP     HDP +3.6 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・パウエルFRB議長が先週に上院議員と会談した際、FRBが政治からの独立性を堅持する重要性を強調したと伝えた、と報じている。また、利上げに不満を訴えるトランプ大統領が議長に介入したことはないとも話したという。

[2018-08-17][NP     HDP +3.6 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は24日にジャクソンホール・シンポジウムでスピーチを行う。

[2018-07-19][NP     HDP +3.6 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「仮想通貨は規制されるべきだが、FRBによってではない」
・パウエルFRB議長「景気後退が迫っている証拠はない」

(最終更新日時 2018-11-17 18:44)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース