ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

ジョン・ウィリアムズ

 【2015年FOMC投票権保有】ジョン・C・ウィリアムズは経済学者・銀行家で、2011年3月よりサンフランシスコ連銀総裁に就任している。

 ウィリアムズは、スタンフォード大学で博士号を取得しており、、2009年からサンフランシスコ銀行のリサーチチームで執行副総裁兼ディレクターを務めた。

 また、不確実性下の金融政策、イノベーション、生産性、およびビジネスのサイクルに焦点を当てた研究をしており、広い角度からの経済分析を行った多くの論文を発表している。

HDP

中間派

 HDP   +1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +4.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-19][NP+4.8 HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「米国の経済は非常にシャープ」「経済成長や雇用は強く、インフレは目標に近い」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-04-18][NP+5.4 HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「インフレ率は2-3年後には2%か、それを上回る」「政策金利の中央値は2020年までに3-4%となる見込み」

最近のジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

[2018-06-19][NP+4.8 HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「米国の経済は非常にシャープ」「経済成長や雇用は強く、インフレは目標に近い」

[2018-06-18][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「開放性と透明性を約束する」
・ウィリアムズ米NY連銀総裁 「透明性を公約」

[2018-06-04][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.1]
・米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が、金利が中立金利に達すれば、利上げを一時停止する必要は必ずしもなく、景気が堅調さを維持すれば、金利が一定期間中立金利を上回る可能性があるとの認識を示した、と報じている。

[2018-06-02][NP+5.0 HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・連銀総裁「FEDは漸進的に金利を上げるべき」

[2018-05-17][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「フォワードガイダンスを段階的に廃止すべき」「イールドカーブへの懸念はないが、そのシグナルを無視しない」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「インフレは脅威ではない、物価の急伸は見られない」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「フォワードガイダンス、段階的廃止必要になるだろう」

[2018-05-16][NP+4.6 HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「今年3-4回利上げ、金融政策の正しい方向」「2019ー20年に追加利上げのFOMC予測を支持」「2018年、19年の米経済成長率は2.5%程度を予想」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「足もとのインフレ上昇は合理的」「米金融当局は適温経済を維持しようとしている」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「2%前後のインフレ率を維持したい」「より高いインフレを本当に懸念していない」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「最近のインフレの上昇は、非常に勇気づけられる」「インフレに関し、任務が完了したとする準備はまだない」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「高インフレ、特に懸念していない」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FRBはゴールディロック経済を維持するよう努力」「もし、経済の成長が加速すれば、利上げペース加速することは理に適う」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「貿易戦争の長期化を懸念」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「インフレ圧力が高まれば、利上げペースが速まる可能性」「金融政策は依然として緩和的」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「金融政策は依然緩和的」

[2018-05-05][NP+4.6 HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「全般的に雇用統計はプラス」「米国経済はほぼ、ゴルディロックス経済」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「賃金の伸びはなお上昇トレンドにある」「インフレ率が2%を短期間上回ることに違和感はない」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FRBは緩やかな利上げを継続すると予想」「FEDは緩やかな利上げを継続するとみている」

[2018-04-23][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は、内外の力強い成長、財政刺激策、堅調な労働市場、賃金の伸びの改善、安定的なインフレを踏まえると、FRBが向こう数年間は緩やかな利上げを継続していくとの見方は「正しい予想」となると述べた。
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「貿易戦争が深刻なリスクになるかどうかを判断するには時期尚早」

[2018-04-18][NP+5.4 HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「インフレ率は2-3年後には2%か、それを上回る」「政策金利の中央値は2020年までに3-4%となる見込み」

[2018-04-17][NP+5.2 HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「米経済はまもなく2番目に長い拡大に入る」「インフレはFRBの2%目標に近づきつつある」「米経済は改善が続くと予想」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「緩やかな利上げは経済が過熱するリスクを低下させる」「緩やかな利上げ軌道を継続する必要」「米失業率は来年3.5%に」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「インフレ率はコアPCEで今年中に2%を達成する見通し」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FOMCは緩やかな利上げを継続する必要がある」

(最終更新日時 2018-06-21 20:24)

ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース バックナンバー

ジョン・ウィリアムズ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース