ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

ジョン・ウィリアムズ

 【2015年FOMC投票権保有】ジョン・C・ウィリアムズは経済学者・銀行家で、2011年3月よりサンフランシスコ連銀総裁に就任している。

 ウィリアムズは、スタンフォード大学で博士号を取得しており、、2009年からサンフランシスコ銀行のリサーチチームで執行副総裁兼ディレクターを務めた。

 また、不確実性下の金融政策、イノベーション、生産性、およびビジネスのサイクルに焦点を当てた研究をしており、広い角度からの経済分析を行った多くの論文を発表している。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-18][NP+4.8 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.3]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「緩やかな利上げが資産バブルのリスクを軽減」「経済成長がトレンドを過度に上回ることに警告」「経済を過度に長期間熱くすることは不均衡を起こす恐れ」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「見通しへのリスクはほぼ均衡している」「FRBの政策は政治から独立している」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「2017年に3回の利上げが妥当」「金利がゼロからかなり離れればバランスシートを縮小させる」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「財政政策見通しで上振れリスク拡大」「財政刺激策でバランスシートの議論が早まる可能性」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2016-10-26][NP+4.8 HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP -0.1]
・ウィリアムズ総裁「年内に1回の利上げを予想。12月14日FOMCでの利上げが望ましい」「今は金融引締の初期段階にあり、政策変更の理由を説明する等市場との対話が重要」「どの会合でも政策変更は可能だが、会見があるのはメリット」

最近のジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

[2017-02-22][NP-3.0 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「世界的な低金利が続くだろう」

[2017-02-04][NP+4.6 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「3月利上げの根拠はいくつかある」「3月利上げは議論のテーブルの上にあり、決定は経済データによる」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「2017年3回の利上げは理にかなっている」「財政政策は長期的な問題に焦点を当てるべき」

[2017-01-21][NP+4.0 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「金融政策には依然として米成長を持ち上げる余地がある」「テーパリングを段階的に始める必要がある」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「健全な経済を混乱させぬようバランスシートを調整する」「バランスシートを縮小させることで金利が引き上げられる」

[2017-01-20][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.3]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FEDは危機に先立ち銀行の破たんを防ぐ」「金融システムは危機以来ずっと強固に」

[2017-01-18][NP+4.8 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.3]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「緩やかな利上げが資産バブルのリスクを軽減」「経済成長がトレンドを過度に上回ることに警告」「経済を過度に長期間熱くすることは不均衡を起こす恐れ」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「見通しへのリスクはほぼ均衡している」「FRBの政策は政治から独立している」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「2017年に3回の利上げが妥当」「金利がゼロからかなり離れればバランスシートを縮小させる」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「財政政策見通しで上振れリスク拡大」「財政刺激策でバランスシートの議論が早まる可能性」

[2017-01-09][NP+1.0 HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「今後数年の財政政策を知るのは非常に難しいが、財政政策が景気刺激的なものになるというのは数ヶ月前から考えられていた」

[2017-01-06][NP+2.0 HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「米国経済の成長は引き続き拡大を続けている」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FEDは米国の成長に焦点を当てている」「予測作成で財政政策を考慮した」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FRBは財政政策を非常に注意深く研究している」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「財政政策に関し何が起こるかわからない」「一段の財政刺激策が導入される確率は高い」「予測において、財政政策を考慮した」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「財政政策による景気刺激拡大の可能性高まる」「当局の予想中央値である年内3回の利上げは妥当」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「米経済は1.5-1.75%ペースで成長する可能性が強い」

[2016-11-15][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「中国の長期的な成長見通しが変化しつつある可能性」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「開かれた自由貿易への道筋が続くよう期待」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「中国は労働力伸び鈍化の長期的課題抱える」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「米金融当局は2つの目標に照準を定めている」「金融当局は常に潜在的な逆風を考慮に入れている」

[2016-11-10][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FOMC会合では政治について一切議論せず」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FOMCでは政治については全く議論しない」「米国が独立した中銀を持っているのは幸運」
・米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は、米金融当局は目標達成に極めて接近、米金融当局は雇用の目標に近づいているか到達の状態、金利正常化は漸進的でデータ次第となるだろうなどと発言した。
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「米金融当局は目標達成に極めて接近している」「金利正常化は漸進的でデータ次第」「インフレ率は今後1-2年で2%に回帰」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「あまりにも長く超低金利を続ければリスクを伴う」「利上げ実施は景気改善のシグナルとなる」

[2016-10-26][NP+4.8 HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP -0.1]
・ウィリアムズ総裁「年内に1回の利上げを予想。12月14日FOMCでの利上げが望ましい」「今は金融引締の初期段階にあり、政策変更の理由を説明する等市場との対話が重要」「どの会合でも政策変更は可能だが、会見があるのはメリット」

(最終更新日時 2017-02-23 01:21)

ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース バックナンバー

ジョン・ウィリアムズ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース