ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

ジョン・ウィリアムズ

 【2015年FOMC投票権保有】ジョン・C・ウィリアムズは経済学者・銀行家で、2011年3月よりサンフランシスコ連銀総裁に就任している。

 ウィリアムズは、スタンフォード大学で博士号を取得しており、、2009年からサンフランシスコ銀行のリサーチチームで執行副総裁兼ディレクターを務めた。

 また、不確実性下の金融政策、イノベーション、生産性、およびビジネスのサイクルに焦点を当てた研究をしており、広い角度からの経済分析を行った多くの論文を発表している。

HDP

中間派

 HDP   +0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-01-09][NP+4.2 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「次の危機に向けた利下げの余地はほとんどない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-11-06][NP+5.0 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁「FOMCは12月に金利を引き上げるべき」

最近のジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

[2018-01-09][NP+4.2 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「次の危機に向けた利下げの余地はほとんどない」

[2017-11-30][NP     HDP +0.8 CHDP -0.1 RHDP +3.8 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「米インフレは来年に加速する見通し」「政策金利は徐々に引き上げるべき」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「米国の賃金の伸びは3-3.5%に加速すると予想」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「来年末までに4度の利上げが基本的な見通し」「力強い経済でインフレと賃金上向くと予想」

[2017-11-17][NP-3.0 HDP +0.8 CHDP -0.1 RHDP +3.8 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「金融当局は政策の枠組みを見直すべきだ」「見直しにはインフレ目標引き上げや物価目標を含む」「米金融当局には将来の景気後退時に利下げ余地少ない」「金融当局として政策の弾力性高めるのが重要」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「マイナス金利も潜在的な措置に加えておく必要」「ゼロ金利制約下での政策波及はもっとネガティブも」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「2018年末までの4回の利上げが妥当な推測」「今後1-2年御利上げ回数はデータ次第」

[2017-11-07][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FRBは物価水準目標について議論を始めるべき」「物価水準目標について金融当局は討議を始めるべきだ」

[2017-11-06][NP+5.0 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁「FOMCは12月に金利を引き上げるべき」

[2017-10-12][NP+4.0 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「米経済は完全雇用の基準を超えた」「今後2年でインフレ率は2%の目標に上昇へ」「金利はニューノーマルの2.5%に上昇する必要」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「今後2年間で段階的な利上げが妥当」「経済は緩やかな成長軌道を続けている」「バランスシートの縮小は約4年かけるべき」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「バランスシートの縮小は長期金利を引き上げる傾向となるだろう」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「ハリケーンは短期的に雇用と生産に影響へ」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「今後6カ月での税制改革の見通しに対する信頼がなくなっている」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「レンジでのFRBインフレ目標に強く反対」「予想は17年にもう1回、18年に3回の利上げ」

[2017-10-05][NP+4.0 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「インフレは2%に向かって上昇。FRBは利上げ可能」「過度な成長は資産バブルとインフレ高進を招く恐れ」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「失業率は4%をやや下回る水準に低下へ」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「低金利を考えればバリュエーションは意外ではない」「インフレデータが上向くのを確認する必要はない」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FOMC予測は非常に緩やかな利上げ軌道を示す」

[2017-09-22][NP+4.6 HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「年内にもう1度の利上げの可能性はある」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FF金利は2.5%がニューノーマル」「向こう数年間の主要政策手段は金利操作」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「今後数年間はFF金利が優先的な政策ツールになる」

[2017-08-17][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は15日、財政刺激策が終わっても国内経済が回復を続ける中、連邦準備理事会(FRB)は金利正常化に向けた道のりのほぼ半ばにあるとの見解を示した。16日放送されたCNNの番組で、利上げへの行程においてFRBはどこまで進んでいるかとの質問に答えた。ウィリアムズ総裁は、連邦政府による税制改革やインフラ投資は長期的な経済成長を支える重要な役割を果たせると述べた。

[2017-08-03][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「バランスシート縮小は今秋開始が適切」「バランスシートを妥当な規模に戻すのに約4年かかるだろう」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「今後2年間で、インフレは2%目標達成へ」「今秋にバランスシート縮小開始することが妥当」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「我々は緩やかに金融刺激策を解消する必要がある」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「今年あと1回、来年は3回の利上げが適切だろう」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「9月がバランスシート発表の適切な時期のようだ」「ドル下落はインフレ見通しで大きな要因でない」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「FEDのドット中央値の経路は依然合理的」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「ドル下落はインフレ見通しで大きな要因でない」「失業率が4.1%、4.2%に低下と予想」

(最終更新日時 2018-01-10 03:04)

ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース バックナンバー

ジョン・ウィリアムズ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース