ニール・カシュカリの発言・ニュース

ニール・カシュカリ

 ニール・タシャール・カシュカリは、1973年生まれのアメリカの銀行であり政治家です。

 カシュカリは、ゴールドマン・サックス・グループやパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の出身者で、財務省時代、2008年のリーマンショックによる金融危機時に財務次官補として、問題債権購入計画(TARP)の運営責任者を務めている。

 また、カリフォルニア州知事選に共和党から出馬し落選するものの、コチャラコタ総裁の後継として、ミネアポリス地区連銀総裁に就任している。

HDP

中間派

 HDP   +0.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-10-12][NP+3.0 HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP -0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレは目標に達していないものの、緊急性はない」「米国経済は雇用を創出し続けている」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FEDは資産バブルの兆候を注意深く監視」「バブルの判断、リアルタイムでは難しい」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2016-11-17][NP-3.8 HDP +0.2 CHDP -0.1 RHDP +0.0 CRHDP -0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FRBは2.5%インフレを容認すべきだ」「経済見通しの変更は時期尚早」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「財政拡大はFRBの2つの責務で目標達成を支援する」「トランプ陣営と接触なし」

最近のニール・カシュカリの発言・ニュース

[2017-01-19][NP     HDP +0.2 CHDP -0.1 RHDP +0.0 CRHDP -0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「金融政策や経済見通しについての言及はなかった」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「予測を修正するに十分なほどトランプ次期政権の政策はまだ明確ではない」

[2016-11-17][NP-3.8 HDP +0.2 CHDP -0.1 RHDP +0.0 CRHDP -0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FRBは2.5%インフレを容認すべきだ」「経済見通しの変更は時期尚早」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「財政拡大はFRBの2つの責務で目標達成を支援する」「トランプ陣営と接触なし」

[2016-11-16][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「大きすぎて潰せない問題解決で提案」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「12月金利決定の前にデータを検証へ」「コアインフレや失業率を検証している」

[2016-11-10][NP-1.0 HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米国の経済の見通しは伸び悩み」「米GDPは2%前後で成長へ」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FRBのバランスシート、徐々に縮小へ」「成長への新たな強い原動力も向かい風もない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FOMCは財政政策を分析材料と認識」「米国経済の見通しは遅い成長」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「低金利と資産価格の間には関連性がある」「新たなバブルを発生させたくない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FRBは引き続き信頼回復に努めている」

[2016-10-14][NP     HDP +0.4 CHDP +0.1 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「大規模銀行は依然として大きすぎてつぶせない」「英国のEU離脱がFRBの政策に影響の可能性」「英EU離脱の影響明確化に何年か要する公算」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米経済のより鈍い成長を予想」「必要ならQEとフォワードガイダンスの利用が可能」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「リセッションを予測せず、成長は低調な見通し」

[2016-10-12][NP+3.0 HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP -0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレは目標に達していないものの、緊急性はない」「米国経済は雇用を創出し続けている」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FEDは資産バブルの兆候を注意深く監視」「バブルの判断、リアルタイムでは難しい」

[2016-09-30][NP-2.0 HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FEDがマイナス金利を導入する可能性低い」「FEDはマイナス金利ではなく、そのほかの手段をとる」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「低インフレは利上げを急ぐ必要がないことを示唆」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「利上げを過剰に長く待つことは、時期尚早の利上げよりリスクが少ない」「経済が景気後退に陥ったとしても、FRBにはさらなる手段がある」

[2016-09-28][NP+2.0 HDP +0.4 CHDP +0.1 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「経済は過熱なしで進展する余地が依然としてある」「利上げはバブル抑制策としては強い痛みが伴う」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米財政当局は成長押し上げで大きく貢献可能」「マイナス金利採用の可能性は非常に低い」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「基本シナリオは緩慢だが着実な経済成長」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米国の雇用市場は健全な雇用創出を継続している」「米国経済は過熱するまで、前進する余地がある」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米国がマイナス金利を導入する可能性は非常に少ない」

[2016-09-27][NP-3.0 HDP +0.3 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレは高すぎるより低すぎるほうがリスクが大きい」「インフレが上昇すればFEDは利上げへ」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレ、インフレ期待、失業率を注視」「9月の利上げ見送りは正しい措置」

[2016-09-24][NP-2.0 HDP +0.5 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「労働市場に依然たるみが存続していると確信」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米国経済の長期の潜在成長率は2%を若干下回ると予想」「過剰に遅れるよりも時期尚早の利上げを懸念」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレ目標、容易に調整するものではない」

(最終更新日時 2017-01-20 02:56)

ニール・カシュカリの発言・ニュース バックナンバー

ニール・カシュカリ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース