バラク・オバマの発言・ニュース

バラク・フセイン・オバマ・ジュニア

 バラク・フセイン・オバマ・ジュニアは、1961年生まれのアメリカ民主党に所属する政治家で、アメリカ第44代大統領です。

 医療保険制度改革を内政の最重要政策として掲げ、国民皆保険制度の導入を図るための医療保険改革法案を2010年3月に成立させ、「国際的な核兵器禁止を目指す」と言った姿勢から2009年にはノーベル平和賞を受賞している。

 2012年には、アメリカ経済の後退から再選に対して不安視されていたものの、ロムニー氏との壮絶な2度目の大統領選挙の結果勝利し、アメリカ大統領として2期目の就任となっている。

HDP

中間派

 HDP   -1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-04-07][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・オバマ前米大統領が5月26日、慈善活動の一環で英国北部スコットランドのエディンバラを訪れると報じている。主催団体の発表によると、企業関係者らを集めた夕食会で講演が予定されているという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のバラク・オバマの発言・ニュース

[2017-04-07][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・オバマ前米大統領が5月26日、慈善活動の一環で英国北部スコットランドのエディンバラを訪れると報じている。主催団体の発表によると、企業関係者らを集めた夕食会で講演が予定されているという。

[2017-04-04][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・オバマ前政権のキャンベル国務次官補へのインタビューとして「中国は米中首脳会談を良いものにしようと必死のようだ」「会談では鉄やアルミニウムのダンピングなど経済問題が最大の摩擦となりうる。解決は難しい」「北朝鮮について、米国は中国に一層強い影響力の行使を迫るはず。この問題が会談で緊張感をもたらすだろう」と報じている。

[2017-03-31][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・オバマ米前政権がドイツを含む欧州連合(EU)5カ国産の鋼板をダンピング(不当廉売)と認定し、制裁関税を課す決定を下したことについて、ドイツのガブリエル外相は31日、EUは世界貿易機関(WTO)に提訴すべきとの見解を示した。

[2017-03-24][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・オバマケア代替法案の採決は月曜まで実施されないようだ。

[2017-03-06][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・有利欧米紙であるNYタイムズは、オバマ前大統領が約3年前、北朝鮮のミサイル発射試験を妨害するため、サイバー・電子攻撃を強化するよう国防総省に命じていた、と報じている。
・オバマ前大統領の報道担当は、選挙運動中にトランプ氏(現大統領)の電話は盗聴していないとの見解を表明した。

[2017-02-10][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・オバマ前政権でTPP交渉を手がけたマイケル・フロマン前米通商代表部(USTR)代表へのインタビューとして、トランプ政権が目指す日米二国間の自由貿易協定(FTA)交渉は「TPPが将来の協議の土台になる」と報じている。

[2017-01-17][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・オバマ米大統領は、イラン核合意の履行から1年に際し、「外交的解決は、中東の新たな戦争よりもはるかに望ましい」とする声明を発表した。合意の破棄をほのめかしてきたトランプ次期大統領をけん制した格好だ。

[2017-01-16][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・オバマ米大統領「後任のトランプ次期米大統領は型破りな大統領候補」「米国の第45代大統領になる人間であり、過小評価してもいけない」「選挙中のスタイルで政権を運営できるとは思わない」などとし、トランプ氏の大統領としての手腕を冷静に判断すべきだとの考えを示していると報じている。
・オバマ米大統領が対ロシア制裁を発表した昨年12月29日、トランプ米次期大統領の側近が、駐米ロシア大使と複数回電話していたことが分かった、と報じている。ロシア大使と電話していたのは、トランプ次期政権で国家安全保障担当の大統領補佐官に就任するフリン氏で、制裁についてやりとりがあったかどうか会談の中身が注視されそうだ。
・アメリカのオバマ大統領が推進してきた医療保険制度改革、いわゆるオバマケアについて、トランプ次期大統領が撤廃を目指す中、野党となる民主党や市民グループが存続を求めて全米で一斉に集会を開くなど、トランプ氏の就任式を前に政策への懸念も広がっている。オバマ大統領の政治的な遺産=レガシーである、医療保険制度改革、いわゆるオバマケアについて、トランプ次期大統領は、保険料が高額だとして早期に廃止し、別の制度に変えると主張している。

[2017-01-11][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・オバマ米大統領「Yes We Can」「私は就任時よりも米国に楽観的となって去る」

[2016-12-30][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・「オバマ米大統領、サイバー攻撃問題でロシア当局者制裁の用意」と報じた。米国の制裁、軍事情報活動に関与したロシア高官が対象となる模様。
・オバマ米大統領「ロシアへの制裁は必要であり適切」

(最終更新日時 2017-04-08 05:32)

バラク・オバマの発言・ニュース バックナンバー

バラク・オバマ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース