チャールズ・エバンズの発言・ニュース

チャールズ・エバンズ

 【2015年FOMC投票権保有】チャールズ・L・エバンズは1958年生まれのアメリカの経済学者・銀行家で、アメリカ シカゴ連銀の総裁です。

 エバンズは2007年9月に総裁に就任する前に、日本銀行の金融政策に関する研究、銀行、金融市場や地域の経済状況を監視を行っていた。

 また、エバンズの研究は、米国の金融・経済活動に関する政策、インフレと金融市場の価格の影響を測定で、それらの研究内容は多くのビジネス誌などによって取り上げられている。

HDP

中間派

 HDP   -1.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-07-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国の経済成長見通しは2021年に7%、2022年に3%拡大する」「2021年末の米国の失業率を4.5%と予想」「2022年に米国の失業率が4%未満になると予想」「2022年にインフレ圧力は正常化する」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「テーパリングの時期を調整するのに2-3カ月以上はかかる」「年末の失業率が4.5%なら金融政策の調整あり得る」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「利上げは2024年と引き続き予想する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のチャールズ・エバンズの発言・ニュース

[2021-07-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国の経済成長見通しは2021年に7%、2022年に3%拡大する」「2021年末の米国の失業率を4.5%と予想」「2022年に米国の失業率が4%未満になると予想」「2022年にインフレ圧力は正常化する」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「テーパリングの時期を調整するのに2-3カ月以上はかかる」「年末の失業率が4.5%なら金融政策の調整あり得る」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「利上げは2024年と引き続き予想する」

[2021-05-25][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「最近のインフレ期待の高まりを歓迎」「金融緩和策を完全に支持」「2022年以降の高インフレ持続のリスクは低い」「最近のインフレ率上昇は望ましくない高インフレの前兆ではない」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「最近のインフレ上昇は高インフレの前兆ではない」「金融緩和策を完全に支持する」

[2021-05-25][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「最近のインフレ期待の高まりを歓迎」「金融緩和策を完全に支持」「2022年以降の高インフレ持続のリスクは低い」「最近のインフレ率上昇は望ましくない高インフレの前兆ではない」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「最近のインフレ上昇は高インフレの前兆ではない」「金融緩和策を完全に支持する」

[2021-05-11][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国は楽観的に強力な雇用の増大が見込まれる」「今年は失業率が5%を下回ると予想」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「強い雇用に戻ると楽観的」「失業保険給付は寛大で、リスクの高い仕事を探している人に役立つ」「失業手当が4月の雇用に部分的に影響を及ぼした可能性がある」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「2021年の後半の力強い成長を期待している」

[2021-05-10][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「4月雇用統計は明らかに驚き」「依然本年の強い雇用の成長を予想」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「2.5%のインフレ、懸念しない」「FRBの政策は経済の展開次第」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「金曜の雇用統計は確かに驚くべきものだったが、経済再開期の1カ月間での出来事」「FRBは賃金が長期的にインフレに与える影響を注意深く見守る必要」「 インフレが2.5%まで上昇しても、平均的な2%につながるのであれば問題ではない」

[2021-05-06][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「これまでに見られた急速な成長は良いニュース」「インフレは急伸しないだろう」「インフレ見通しはFEDが政策に忍耐強くなることを可能にする」

[2021-05-05][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FRBの政策は当面の間、維持される見通し」「成長見通しについて非常に楽観的」「見通しは数カ月前よりも前向き」「インフレ目標の達成はより困難になる可能性」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「半導体不足は持続的なインフレの高騰に起因しない」

[2021-04-08][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「テーパリングについて議論を始めるのは時期尚早」
・米シカゴ連銀のエバンズ総裁は、米景気見通しは明るさを増しているものの、インフレ率がより健全な水準に上昇するよう、FRBは当面、緩和政策を維持する必要があるとの見解を示した。

[2021-04-07][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「しばらくの間金融政策は緩和的」「FRBの雇用目標は遅くなうちに視界に入ってくる」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国の経済成長にとても楽観的」「FRBの2つの目標達成にはまだ道のりがある」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「長期債利回りの上昇は良い兆候」

[2021-03-26][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「経済見通しは実質的に良くなっている」「今年の失業率は約4.5%に低下するだろう」「今年のGDPは約6.5%になると予想」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年は一時的な物価上昇を予想するが、2022年は2%のインフレ達成が困難に」「経済がより早く回復すれば、FRBも早く利上げできる」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FEDが利上げを行ったとしても、政策は依然として刺激的」「インフレはいつ金利を引き上げるかの真のテストとなる」

(最終更新日時 2021-07-17 12:30)

チャールズ・エバンズの発言・ニュース バックナンバー

チャールズ・エバンズ カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース