チャールズ・エバンズの発言・ニュース

チャールズ・エバンズ

 【2015年FOMC投票権保有】チャールズ・L・エバンズは1958年生まれのアメリカの経済学者・銀行家で、アメリカ シカゴ連銀の総裁です。

 エバンズは2007年9月に総裁に就任する前に、日本銀行の金融政策に関する研究、銀行、金融市場や地域の経済状況を監視を行っていた。

 また、エバンズの研究は、米国の金融・経済活動に関する政策、インフレと金融市場の価格の影響を測定で、それらの研究内容は多くのビジネス誌などによって取り上げられている。

HDP

中間派

 HDP   -1.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-12-04][NP+5.0 HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米経済は予想を上回る速さで回復」「米経済は予想以上に回復した」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「雇用市場については楽観的、失業率は21年末までに5.5%を下回る可能性も」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のチャールズ・エバンズの発言・ニュース

[2021-04-08][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「テーパリングについて議論を始めるのは時期尚早」
・米シカゴ連銀のエバンズ総裁は、米景気見通しは明るさを増しているものの、インフレ率がより健全な水準に上昇するよう、FRBは当面、緩和政策を維持する必要があるとの見解を示した。

[2021-04-07][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「しばらくの間金融政策は緩和的」「FRBの雇用目標は遅くなうちに視界に入ってくる」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国の経済成長にとても楽観的」「FRBの2つの目標達成にはまだ道のりがある」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「長期債利回りの上昇は良い兆候」

[2021-03-26][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「経済見通しは実質的に良くなっている」「今年の失業率は約4.5%に低下するだろう」「今年のGDPは約6.5%になると予想」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年は一時的な物価上昇を予想するが、2022年は2%のインフレ達成が困難に」「経済がより早く回復すれば、FRBも早く利上げできる」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FEDが利上げを行ったとしても、政策は依然として刺激的」「インフレはいつ金利を引き上げるかの真のテストとなる」

[2021-03-25][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国の経済回復は予想以上」「失業率は今年4.5%くらいに低下すると見込む」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年のGDP成長率は6.5%と予測」「経済は楽観的になる理由は多いが懸念もある」

[2021-02-04][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「失業率は2023年末に3.5%近くまで低下すると予想」「経済見通しについては楽観的だが、インフレがはるかに低い」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米GDPは2021年に5-6%拡大すると予想」「利用可能なすべてのツールを活用することにコミット」「インフレは2020年台半ばまで目標に戻らないと予想」
・エバンズシカゴ連銀総裁「インフレ率は今春一時的に上昇するが、年末には1.5-1.75%程度に」「米GDP、22年と23年は2-3%増に」「今後3年での雇用目標達成に自信」「現在の物価上昇の注視が重要であり、政策調整は考えていない」

[2021-01-08][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「2021年の経済について楽観的」「2021年に4%程度の成長を期待」「年半ばまでにより良い場所にいる」「2021年末の失業率は約5%と予想」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年の米国は4%成長を見込む」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「マイナス金利は全く考慮していない」「インフレの影響は私が考えるほど強くはない」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレが弱い場合、FEDはより多くの資産購入を行う必要がある可能性」「FEDが債券購入ペースを変更できる時期を予測できない」「経済見通しには依然として多くの不確実性」「春は金融政策のスタンスを再評価する時期かもしれない」

[2021-01-06][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「長期間の低金利政策が継続する見通し」「FEDは現行の量的金融緩和策をしばらく続ける公算が大きい」

[2021-01-05][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「経済は非常に低い金利の期間に備える必要がある」「年が進むにつれてウイルスが制御下に置かれることを期待している」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国のインフレ率が平均で最大2%になるまでには数年かかる可能性がある」「金利は長期間低水準にとどまり、FRBもしばらくの間資産購入を継続する可能性があるだろう」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「もしインフレ率が3%に向かえば、スタンスの調整について話し合うだろう」「春になれば何がもっと必要になるか判明するだろう」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「これからの6カ月の指標で低金利を変えるのに必要となるものは予測していない」「今年の失業率は5%に低下し、おそらくそれよりも低くなると見ている」

[2020-12-05][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「2023年、おそらく2024年まで利上げをしないだろう」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「経済のリスク見通しが改善」「依然として財政援助が最も重要な刺激源」

[2020-12-04][NP+5.0 HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米経済は予想を上回る速さで回復」「米経済は予想以上に回復した」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「雇用市場については楽観的、失業率は21年末までに5.5%を下回る可能性も」

(最終更新日時 2021-04-09 10:54)

チャールズ・エバンズの発言・ニュース バックナンバー

チャールズ・エバンズ カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース