チャールズ・エバンズの発言・ニュース

チャールズ・エバンズ

 【2015年FOMC投票権保有】チャールズ・L・エバンズは1958年生まれのアメリカの経済学者・銀行家で、アメリカ シカゴ連銀の総裁です。

 エバンズは2007年9月に総裁に就任する前に、日本銀行の金融政策に関する研究、銀行、金融市場や地域の経済状況を監視を行っていた。

 また、エバンズの研究は、米国の金融・経済活動に関する政策、インフレと金融市場の価格の影響を測定で、それらの研究内容は多くのビジネス誌などによって取り上げられている。

HDP

中間派

 HDP   -1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-11-17][NP+4.8 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年のGDP成長率見通しは3.25%前後。トレンドを上回る」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「経済はよくなっている」「2019年の成長もトレンドの上方だが、2018年よりは少し下回る」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「経済見通しを考えると、政策金利は3.25%まで引き上げることが合理的」「インフレ率は2.5%まで上昇しても驚かない」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「世界経済の鈍化を懸念している人々がいるが、それが経済データに基づくかは不明」「この先6カ月の経済指標がとても重要になる」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「労働市場は非常に良好で、インフレは2%で安定」「経済の見通しは非常にポジティブ、2019年のGDPは2.5%を見込む」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のチャールズ・エバンズの発言・ニュース

[2019-01-18][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「経済は好調で、雇用統計は強い」「われわれは辛抱強く指標の推移を見守る」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FRBが利上げを休止する良いタイミング」「政府機関閉鎖の長期化は景気見通しに悪影響」「FRBが2回の利上げを実施する可能性は減少」

[2019-01-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁は、FRBが利上げを実施するまで「待つ能力がある」と述べた。

[2019-01-10][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレ圧力は明白ではない」「FEDは金融政策において非常に良い位置にいる」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FRBは一時期、金利を調整しない余地がある」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FRB、金利水準が非常に中立に近い」

[2019-01-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「市場の混乱、貿易戦争で下方リスクが上昇」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FF金利は最終的に3-3.25%まで上昇すると予想」「市場の混乱や貿易摩擦により下振れリスクが高まった」「今後3年間でインフレ率の平均は2%を若干上回ると予想」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「2019年前半はFRBの政策を評価するうえで重要」「2019年の米成長率は2%をやや上回ると予想」「下振れリスクには、海外の成長や米貿易政策、財政への逆風などがある」

[2018-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「政策スタンスを中立にする時期」「米経済データは経済の強さを示している」

[2018-11-17][NP+4.8 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今年のGDP成長率見通しは3.25%前後。トレンドを上回る」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「経済はよくなっている」「2019年の成長もトレンドの上方だが、2018年よりは少し下回る」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「経済見通しを考えると、政策金利は3.25%まで引き上げることが合理的」「インフレ率は2.5%まで上昇しても驚かない」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「世界経済の鈍化を懸念している人々がいるが、それが経済データに基づくかは不明」「この先6カ月の経済指標がとても重要になる」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「労働市場は非常に良好で、インフレは2%で安定」「経済の見通しは非常にポジティブ、2019年のGDPは2.5%を見込む」

[2018-10-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「株式市場の調整は消費に影響を与える」「インフレ率が2.3-2.4%へと上昇することは問題ではないだろう」

[2018-10-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「政策スタンスを中立にする時期」「インフレについては心配していない」「経済成長は予想を上回っている」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「政策を少なくとも中立に修正する時期にきた」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「現時点では米経済のファンダメンタルズは強い」

[2018-10-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「米国経済は非常に良好」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FEDの政策に関して大統領がコメントすることは稀」「労働市場は極めて活力に満ちている」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FEDの政策金利の中立水準は2.75%-3.00の間程度と考えている」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「インフレが2%を小幅上下したも問題ない」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「漸進的な利上げは柔軟性を与える名案」 「FRBが示した金利軌道に非常に満足」「インフレ期待は理想よりも若干低い」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「中立金利は2.75-3.00%で、若干の利上げ余地がある」「失業率は3.5%まで低下したあと4.5%まで戻すと予想」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「FRBは中立金利に達しつつあり、3%以上では利上げ打ち止めへ」

[2018-10-03][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP +2.7 CRHDP +0.1]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「今後数年間はよい経済状態が見られる見込み」「次の景気後退時には利下げ余地が限られているという状況のなか、FRBは計画を立てる必要がある」
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「政策は依然若干、緩和的」

(最終更新日時 2019-01-19 23:45)

チャールズ・エバンズの発言・ニュース バックナンバー

チャールズ・エバンズ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース