会社・企業関係

会社・企業関係のイメージ画像

 2022年9月の期間中の会社・企業関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年9月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年9月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-09-01][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本経済新聞によると、トヨタ自動車は日本製鉄と車用鋼材を値上げすることで合意した。部品会社に供給する価格を2022年度下期は上期よりも1トン約4万円引き上げる。2~3割の上げ幅で、今の交渉方法になった10年度以降で最大。鋼材は1台当たりの素材価格の5割を占めるとみられ、新車価格への転嫁を検討する可能性がある。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係による2022年9月 発言・ニュース

[2022-09-01][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本経済新聞によると、トヨタ自動車は日本製鉄と車用鋼材を値上げすることで合意した。部品会社に供給する価格を2022年度下期は上期よりも1トン約4万円引き上げる。2~3割の上げ幅で、今の交渉方法になった10年度以降で最大。鋼材は1台当たりの素材価格の5割を占めるとみられ、新車価格への転嫁を検討する可能性がある。

[2022-09-01][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・共同通信によると、東京電力パワーグリッドなど大手電力の送配電会社8社は1日、電力需給逼迫が懸念される今冬に向けて実施した供給力の公募で、約264万キロワットを追加で確保したと発表した。北海道と沖縄を除く全国で需給が改善する見通し。

[2022-09-01][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米インスタント食品のキャンベルスープは1日、5-7月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.56ドルとなった。事前予想は1株当たり0.56ドルの利益。

[2022-09-02][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・英エネルギー大手シェルは、ロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」について、新たな運営会社に出資しない方針をロシア政府などに通知したと明らかにした。サハリン2を含むロシアの全事業から撤退する方針を表明済みで、新会社への不参加は既定路線だった。

[2022-09-02][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、マクロ戦略のヘッジファンドが好調だ。インフレ制御に苦戦する中央銀行の行動が追い風になっている。

[2022-09-02][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、ロシアはルーブルの急騰を抑えるために今年、最大700億ドル(約9兆7500億円)の外貨を購入することを検討している。中国人民元など「友好的」な国の通貨が対象だという。

[2022-09-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)期に金融界で見られた大きなゆがみは実際に終わりを告げ、ニューノーマルがこの数十年で最悪のクロスアセット売りを招いている。

[2022-09-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・時事通信によると、トヨタ自動車など自動車大手が、バイデン米政権が進める電気自動車(EV)の国産化方針に呼応し、米国でEV用電池の生産設備への投資を加速させている。

[2022-09-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・経団連会長「いまの円安は投機的な動きが多い」「一時的な投資資金の円安で、金融政策の方向性を議論するのはなじまない」「インフレが持続的であるならば、異次元緩和の是非についても議論すべき」

[2022-09-06][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・新生銀行の外貨定期預金残高は半年間で6割超増え、ソニー銀行では1カ月間の新たな預入額が半年前から8割増えた。海外の利上げが背景にあり、ソニー銀のドル預金金利は半年で10倍超に上昇した。海外との金利差はなお拡大する見通しで、これに伴い円の先安観も強い。外貨建て資産を持つ個人の動きが広がっている。

[2022-09-06][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本経済新聞によると、日系自動車大手3社の8月の中国の新車販売台数が6日出そろった。トヨタ自動車は前年同月比で3割増、ホンダも5割増と好調だった。一方、日産自動車は1割減だった。乗用車を対象とする減税が販売の追い風になっている一方、半導体不足などの影響も一部あり、明暗が分かれた。トヨタは30.0%増の18万8200台で3カ月連続で前年実績を上回った。

[2022-09-08][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・映画館運営で世界2位の英シネワールド・グループは、米国で連邦破産法11条の適用を申請した。コロナ禍中に膨れ上がった債務を抱え、資金繰りが悪化していた。破産法の適用申請により、シネワールドは債務を再編しつつ事業の継続が可能となる。

[2022-09-08][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、世界の株式はこのままいけば、約10年前の欧州債務危機以降で最悪の下げ局面となる。米ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストは、この先一段安もあり得ると予測した。

[2022-09-08][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本経済新聞によると、不動産大手の森トラストが米ワシントンDCのオフィスビルを取得したことがわかった。投資額は700億円超に達する。

[2022-09-09][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ヤフーニュースは、アデエモ米財務副長官がインタビューで、多数の石油輸入国がロシア産石油価格に上限を設定するG7計画への参加を検討しており、G7は今後数日中に関連規則を発表する見通しだと明らかにしたと報じている。

[2022-09-12][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・モルガン・スタンレーは最新リポートで、中国の国家統計局が9日発表した2022年8月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比2.5%上昇、生産者物価指数(工業製品出荷価格:PPI)が2.3%上昇となり、ともに市場予想を下回ったことについて、国内外の需要の低迷が反映されたとの見方を示した。中国当局は政策支援を強化すると同時に、10月の共産党大会の後に新型コロナウイルスの防疫措置を見直す可能性があるとした。『AAストックス』が9日伝えた。

[2022-09-12][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・共同通信によると、米シンクタンクの戦争研究所は11日、ウクライナ軍が東部ハリコフ州のロシア制圧地域のほぼ全域を大きく奪還したとの分析を発表した。ロシア軍は戦略的要衝イジュムを含む補給路を失い、プーチン政権が目標とする東部ドンバス地域全域の掌握は困難になったとの見方を示した。戦果の背景に高機動ロケット砲システム「ハイマース」など米欧供与兵器の活用があると指摘した。

[2022-09-13][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、米電気自動車大手テスラ最高経営責任者(CEO)のマスク氏による買収の賛否を問うツイッターの株主投票が承認される見通しだと報じている。マスク氏は買収撤回を表明しており、契約履行を求めるツイッターは売却手続きを進めるための臨時株主総会を13日に開くという。

[2022-09-13][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、モルガン・スタンレーとUBSグループのアナリストは、年内の原油相場予想をそれぞれ引き下げた。主要国・地域でのリセッション(景気後退)懸念の高まりや、中国が新型コロナウイルス対策の制限措置を解除できずにいることを理由に挙げた。両行は、状況の悪化やロシア産原油が引き続きアジアなどに流入していることを背景に、北海ブレント原油の短期見通しをバレル当たり最大15ドル引き下げた。

[2022-09-13][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ゴールドマン・サックスは最新リポートで、10月16日に北京で開幕する中国共産党の第20回全国代表大会(第20回党大会)の後も、中国が新型コロナウイルスの感染拡大を容認しない「ダイナミック・ゼロコロナ」を堅持し、すぐに重大な政策転換は行わないとの見方を示した。『AAストックス』が13日伝えた。ゴールドマンは、第20回党大会の開幕を控え、中国指導部が社会の安定を重視していると指摘。首都北京の周辺地域をはじめ、ここ数日に防疫措置が強化されているという。

[2022-09-15][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・野村インターナショナルは最新リポートで、中国当局が新型コロナウイルスの防疫措置を強化する中、10月の国慶節連休を含め、向こう数カ月に観光や小売りといった業界が引き続き深刻な打撃を受けるとの見方を示した。日々悪化する観光業のデータなどを踏まえ、中国の国内総生産(GDP)成長率見通しを引き下げる動きが拡大する可能性があるとした。『AAストックス』が14日伝えた。

[2022-09-15][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米ソフトウエア大手アドビシステムズは15日、6-8月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.50ドルとなった。事前予想は1株当たり3.46ドルの利益。

[2022-09-19][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ドイツを拠点とする格付け機関スコープ・レーティングスは、ロシア経済が2030年まで新型コロナウイルスのパンデミック前の水準を回復することはないとの見通しを示した。ウクライナ戦争と西側諸国による制裁強化が、長年にわたる経済的問題を悪化させているためだという。

[2022-09-19][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・UBSでエコノミストを務める汪涛氏はこのほど、2022年の中国国内総生産(GDP)成長率見通しをこれまでの3%から2.7%に引き下げた。7-9月期の回復は予想を下回るとみている。『香港経済日報』が19日伝えた。

[2022-09-19][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、米ゴールドマン・サックス・グループは、米連邦準備制度の利上げ幅見通しを上方修正したことを受けて、2023年の米経済成長率見通しを下方修正した。同社のエコノミストは16日のリポートで、23年の米国内総生産(GDP)の成長率見通しを1.1%と、これまでの1.5%から引き下げた。今年の成長率は0%に据え置いた。ゴールドマンはまた、成長率見通しの引き下げを踏まえて米失業率の見通しを引き上げた。今年末までの失業率は約3.7%(従来予想3.6%)、23年末までは4.1%(同3.8%)、24年末までは4.2%(同4%)との予想を示した。

[2022-09-20][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、米宅配大手フェデックスや香港のキャセイ・パシフィック航空などの国際貨物大手が需要悪化の見通しを示し、クリスマスなどの年末商戦に暗雲が漂っている。世界的な食費と燃料費、家賃の高騰に消費者が苦闘しているのが背景にある。中国では厳しい新型コロナウイルス規制が経済に打撃を与えているため、消費者が財布のひもを締めている。

[2022-09-20][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイターは、資金難に陥っている中国の不動産開発会社、佳兆業集団の海外債券保有者グループが、停滞した住宅プロジェクトの買収と完成に向け最大20億ドルの提供を申し出ていることが分かったと報じている。交渉は初期段階だという。

[2022-09-20][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・SMBC日興証券では、2022年度の「NIKKO250」の業績予想を前回集計時点から上方修正している。2022年度の経常利益を前期比12.3%増→14.6%増、純利益を11.0%増→11.4%増と予想。前回予想から上方修正した。2023年度は、経常利益を4.2%増→1.8%増、純利益を3.3%増→2.4%増と予想。こちらは前回予想から下方修正している。為替前提の変更や販売台数予想を引き上げた「輸送用機器」が上方修正となったほか、好調な業績を反映させた「小売」が上方修正となったとのこと。一方、「電気機器」は、円安効果に加えて自動車向けの堅調さが継続している銘柄も見られたものの、全体としては下方修正となったとコメントしている。

[2022-09-20][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイターは、ドイツの電力会社RWEとウニパーが、カタールから液化天然ガス(LNG)を購入する長期契約で合意に近づいていると報じている。複数関係筋が明らかにしたという。ドイツは、ロシア産ガス依存からの早急な脱却を迫られている。

[2022-09-20][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券では米国株に関するリポートの中で、株式市場は金利次第との色合いが強まっているが、S&P500予想EPSは上昇に転じつつあり、サポート要因が生まれていることに注目している。過去のS&P500と予想EPSのパターンでは、利上げサイクル期中や景気後退期においても、予想EPSの底打ちが株価の反転上昇のきっかけとなっていると指摘。前回の利上げ開始(2015年12月)以降の予想EPSは16年4月頃が底となっており、株価はその直前に反転した。2009年頃の景気後退期でも、同年4月頃に予想EPSが底打ちをしているのに合わせて株価が上昇している。22年3Q(7-9月)のS&P500構成銘柄の事前利益修正数は上方修正が増加し、下方修正が減少しているとのことで、事前修正の推移は業績の改善傾向を示していると、三菱UFJMSではコメントしている。

[2022-09-21][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、韓国サムスン電子の李在鎔副会長は21日、ソフトバンクグループの孫正義最高経営責任者(CEO)が来月ソウルを訪問する見通しだと述べた。複数の韓国メディアが報じた。同副会長は、英半導体設計大手アームの共同買収にサムスンが参加する可能性があるかとのメディアの質問に答え、孫氏がソウルを訪問する見通しだと述べた。

[2022-09-21][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米加工食品大手のゼネラル・ミルズは21日、6-8月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.11ドルとなった。事前予想は1株当たり1.01ドルの利益。

[2022-09-22][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、米連邦準備理事会(FRB)の3会合連続の75ベーシスポイント(bp)利上げと一段の引き締め姿勢を受け、ゴールドマン・サックス、バークレイズなど多くの投資銀行が22日に米政策金利の予想を上方修正した。

[2022-09-22][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、英金融大手HSBCホールディングスは22日、香港のプライムレート(最優遇貸出金利)を23日付で12.5ベーシスポイント(bp)引き上げ、5.125%にすると発表した。香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)の利上げを受けた対応。

[2022-09-28][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、ゴールドマン・サックス・グループは世界的な景気減速の兆候が増えていることを理由に、原油価格見通しを大幅に引き下げた。ただ需給は依然「極めてタイト」だとして、価格は現行水準から上昇する可能性があると指摘した。

[2022-09-28][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグは、エーザイとバイオジェンの治療薬、アルツハイマー病の進行を遅らせる、と伝えた。

[2022-09-28][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・時事通信によると、トヨタ自動車労働組合は27日、定期大会をオンラインで開いた。西野勝義執行委員長は冒頭のあいさつで2023年春闘について、「自動車産業で働く仲間の処遇向上に向け、物価動向などを注視しながら何ができるか考えたい」と述べ、取引先の処遇改善への影響も念頭に対応を検討する意向を示した。組合員らの意見を聞き、23年2月初旬までに要求案を固める。

会社・企業関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース