会社・企業関係の発言や為替ニュース

会社・企業のイメージ

 特に米企業の決算結果や為替や株などの相場に対して影響を与えるような発言やニュースです。

 為替相場は特に各国の経済と深く関わりがあるため、その経済の大本となる会社や大企業の経営状態などとも深く関わりがあります。

 この項目は多くの為替に影響を与えるような会社の発言やニュースを元にしていますが、複数企業によるものなのでHDP・RHDPは悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-14][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・報道によると、米国金融のゴールドマン・サックス・グループは、国内従業員のオフィス復帰を2週間先送りした。
・日本経済新聞によると、野村ホールディングス(HD)や東芝は14日、次世代の暗号技術「量子暗号通信」を金融取引で使う検証実験に成功したと発表した。投資家と証券会社の取引を想定し、株式注文などの模擬データを暗号化して送ったところ、既存システムと同等の通信速度などを確認できたという。サイバー攻撃の脅威が高まるなか、実用化に向けて検証を続ける。
・米資産運用会社ブラックロックは14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は10.42ドルとなった。事前予想は1株当たり10.15ドルの利益。
・米銀大手JPモルガン・チェースは14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.33ドルとなった。事前予想は1株当たり3.01ドルの利益。
・米金融大手ウェルズ・ファーゴは14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.38ドルとなった。事前予想は1株当たり1.02ドルの利益。
・米銀大手JPモルガン・チェースは14日、10-12月期の決算を発表したが投資銀行収益は32億1千万ドルだった。予想は30億8千万ドルの収益。
・米商業銀行および信託会社のファースト・リパブリック・バンクは14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.02ドルとなった。事前予想は1株当たり1.95ドルの利益。
・南アフリカ医学研究評議会のグレンダ・グレイ会長は1月14日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンについて、追加接種として投与した場合、接種後1-2カ月間のオミクロン株に対する入院予防効果が85%だったと述べた。
・朝日新聞によると、南アフリカのパーツァ保健相は14日、首都プレトリアや最大都市ヨハネスブルクを含むハウテン州が、新型コロナウイルスのオミクロン株による「第4波」を脱したと、オンライン会見で明らかにした。また、国内の他の8州すべてで感染の波のピークを越えたとも説明した。
・米金融大手シティグループは日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.99ドルとなった。事前予想は1株当たり1.62ドルの利益。
・ブルームバーグは、JPモルガン株、5.5%安でこの日の取引開始、決算への失望で、と報じた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係の最近の発言・ニュース

[2022-01-14][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・報道によると、米国金融のゴールドマン・サックス・グループは、国内従業員のオフィス復帰を2週間先送りした。
・日本経済新聞によると、野村ホールディングス(HD)や東芝は14日、次世代の暗号技術「量子暗号通信」を金融取引で使う検証実験に成功したと発表した。投資家と証券会社の取引を想定し、株式注文などの模擬データを暗号化して送ったところ、既存システムと同等の通信速度などを確認できたという。サイバー攻撃の脅威が高まるなか、実用化に向けて検証を続ける。
・米資産運用会社ブラックロックは14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は10.42ドルとなった。事前予想は1株当たり10.15ドルの利益。
・米銀大手JPモルガン・チェースは14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.33ドルとなった。事前予想は1株当たり3.01ドルの利益。
・米金融大手ウェルズ・ファーゴは14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.38ドルとなった。事前予想は1株当たり1.02ドルの利益。
・米銀大手JPモルガン・チェースは14日、10-12月期の決算を発表したが投資銀行収益は32億1千万ドルだった。予想は30億8千万ドルの収益。
・米商業銀行および信託会社のファースト・リパブリック・バンクは14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.02ドルとなった。事前予想は1株当たり1.95ドルの利益。
・南アフリカ医学研究評議会のグレンダ・グレイ会長は1月14日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンについて、追加接種として投与した場合、接種後1-2カ月間のオミクロン株に対する入院予防効果が85%だったと述べた。
・朝日新聞によると、南アフリカのパーツァ保健相は14日、首都プレトリアや最大都市ヨハネスブルクを含むハウテン州が、新型コロナウイルスのオミクロン株による「第4波」を脱したと、オンライン会見で明らかにした。また、国内の他の8州すべてで感染の波のピークを越えたとも説明した。
・米金融大手シティグループは日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.99ドルとなった。事前予想は1株当たり1.62ドルの利益。
・ブルームバーグは、JPモルガン株、5.5%安でこの日の取引開始、決算への失望で、と報じた。

[2022-01-13][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、ファーストリテイリングの岡崎健CFO(最高財務責任者)は13日の決算会見で、素材高、物流コスト上昇、円安に見舞われているなか「商品によっては値上げをせざるを得ない局面になってきた」と述べた。下期(3—8月)にも実施する方針。
・ロイター通信によると、英製薬大手アストラゼネカは13日、同社の新型コロナウイルスワクチン「バキスゼブリア」をブースター接種(追加接種)として投与すれば、オミクロン株、ベータ株、デルタ株、アルファ株、ガンマ株への抗体反応が強まることが暫定データで明らかになったと発表した。
・米航空大手デルタ航空は13日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.22ドルとなった。事前予想は1株当たり0.23ドルの利益。
・メディア報道によると、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団は13日、人民元建て社債の繰り上げ償還期日を半年延期することが債権者集会で可決されたと発表した。利払いも半年延期するという。

[2022-01-12][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・報道によると、ドイツ製薬ビオテックは11日、米ファイザーと共同開発した新型コロナウイルスワクチンの2022年の売り上げが最大170億ユーロに達する可能性があるとの見通しを示した。
・ブルームバーグによると、ゴールドマン・サックス・グループは、今年の中国の経済成長率見通しを従来の4.8%から4.3%に引き下げた。感染力がより強い新型コロナウイルスのオミクロン変異株拡大を抑え込むのが一段と困難になっていることを理由に挙げた。
・NHKニュースによると、世界最大の自動車市場の中国では、去年1年間でEV=電気自動車などの「新エネルギー車」と呼ばれる車の販売台数が、前の年の2.5倍余りに増加して初めて300万台を超えた。中国の業界団体の発表によると、EVやプラグインハイブリッド車などの新エネルギー車の去年1年間の新車の販売台数は、前の年の2.5倍余りに増えて352万1000台だった。販売台数が300万台を超えるのは初めてで、ガソリン車を含む新車全体に占める割合も過去最高の13.4%となった。

[2022-01-11][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、ゴールドマン・サックス・グループは、米連邦準備制度が今年4回の利上げを実施する可能性が高く、遅くとも7月にはバランスシートのランオフ(償還に伴う保有資産の減少)を開始するとの見通しを明らかにした。
・経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団の不動産部門は、広東省深セン市にある本社ビルから昨年12月に同市内の自社物件に移転したと発表した。経費削減が目的としている。
・CNBCは、米製薬大手ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)がインタビューで、新型コロナワクチンの4回目接種が必要かどうかについて確信がなく、試験が必要という認識を示したと報じている。
・時事通信によると、米製薬大手ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)は10日、米CNBCテレビに出演し、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に対応したワクチンについて「3月に準備が整う」との見通しを示した。既に生産を開始しているという。ブーラ氏は「開発中のワクチンは他の変異株にも対応している」と説明した。
・経営危機に陥っている不動産デベロッパー大手の中国恒大集団は、2020年に発行した人民元債「20恒大01」の社債権者集会を7日からオンラインで開催したが、当初予定では10日までのところ13日まで期間を延長すると発表した。『AAストックス』が11日伝えた。
・モルガン・スタンレーは最新リポートで、新型コロナ変異ウイルス「オミクロン株」の感染が中国で拡大し、複数の都市でロックダウン(都市封鎖)が実施された場合、2022年1-3月期の中国国内総生産(GDP)成長率はこれまで予測していた4.9%増から0.6-0.7ポイント低下する可能性があるとした。『経済通』が11日伝えた。
・ロイター通信によると、米製薬大手メルクの幹部は10日、自社が開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」について、作用の仕組みを踏まえるとオミクロン株や他の変異株にも効果を示す可能性があるとの見方を示した。
・ロイター通信によると、中国乗用車協会(CPCA)は11日、12月の米電気自動車(EV)大手テスラの中国製自動車の販売台数が7万0847台になったと発表した。このうち輸出用は245台だった。11月の販売台数は5万2859台、うち輸出は2万1127台。
・ユナイテッド航空は従業員3000人がコロナ陽性により、運航計画を変更すると発表。

[2022-01-10][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、ゴールドマン・サックス・グループは、米連邦準備制度が今年4回の利上げを実施する可能性が高く、遅くとも7月にはバランスシートのランオフ(償還に伴う保有資産の減少)を開始するとの見通しを明らかにした。ゴールドマンのチーフエコノミスト、ジャン・ハッチウス氏は調査リポートで、米労働市場の急速な改善と、昨年12月14、15日に開催された連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨のタカ派的シグナルは、正常化の加速を示唆するとの見解を示した。

[2022-01-07][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・報道によると、JPモルガンアナリストは「日本円の実質実効為替レートは過去50年間で最安値となっており、一段の下落が見込まれている」との見方を伝えている。

[2022-01-06][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、東京電力パワーグリッドは6日、厳しい寒さで電力需要が高まっているため、「電力広域的運営推進機関」に電力融通を依頼し、東北電力ネットワークなど3社から電力の融通を受けると発表した。電力を供給するのはこのほか、北海道電力ネットワーク、中部電力パワーグリッドで、6日午後1時半から午後8時まで、最大122万キロワットの電力を融通する。気象庁は6日午後、東京都などに大雪警報を出して、警戒を呼び掛けている。

[2022-01-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイターは、トヨタ自動車の2021年の米国の自動車販売台数がゼネラル・モーターズ(GM)を超え、首位になったことが各社の発表した統計で分かったと報じている。年間ベースでGMが首位の座を失うのは1931年以来初めて。
・時事通信によると、三越伊勢丹ホールディングス(HD)など百貨店大手4社が4日発表した2021年12月の既存店売上高(速報)は、前年同月比6~13%程度の増加となり、全社がプラスだった。新型コロナウイルスの感染拡大ペースが鈍化し、外出機会が拡大。年末商戦は一定の盛り上がりを見せた。
・東証マザーズ指数、5%安20年5月以来の安値。
・中国の不動産開発大手、中国恒大集団が4日、海南省ダン州市当局に対し、同市の海浜に造成した人口島「海花島」の建築物撤去を命じた行政処罰の見直しを申請したもようだ。同市政府の担当責任者の話として、中国のネットメディア『界面新聞』が5日伝えた。

[2022-01-04][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・アップル株が上昇。時価総額3兆ドル規模の会社に
・ブルームバーグによると、今年の株式投資では賃金インフレの影響を受けるリスクが高い銘柄を避けるべきだと、ゴールドマン・サックス・グループは忠告する。昨年はアクティブ運用のファンドがアウトパフォームの機会を逃したと指摘。2022年は企業の利益率が勝敗を左右すると分析した。
・米食品医薬品局(FDA)は、ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンの2回目と3回目(ブースター)の接種間隔を「5ヵ月以上」に短縮すると発表した。従来は「6ヵ月以上」だったが、急拡大する新変異株「オミクロン株」の感染や重症化の防止に効果が高いと判断した。
・市場調査会社スプリングボードによると、クリスマス後の1週間の英国の小売店の客足は2019年の同期間に比べ24.5%減となった。前週比でも15%減少した。新型コロナウイルスのオミクロン株の急速な感染拡大が背景にあるとみられる。ロイター通信が伝えた。中でも、クリスマスの翌日であるボクシングデーの客足は、パンデミック(世界的な大流行)前に比べて41%減少した。ただ、週が進むにつれて改善の兆しも見られている。目抜き通りにある小売店では、大みそかの来店客はクリスマスイブよりも5.2%多かった。これは1年前の状況とは逆だった。
・時事通信によると、米著名政治学者イアン・ブレマー氏が率いる調査会社「ユーラシア・グループ」は3日、2022年版の「10大リスク」を発表した。トップに新型コロナウイルス感染を徹底的に封じ込める中国の「ゼロ・コロナ」政策の失敗を挙げた。封鎖措置の強化を余儀なくされ、世界的な供給網の混乱に拍車を掛ける可能性があると警告した。
・ジェフリーズは最新リポートで、調査会社・克而瑞のデータを引用し、カバーする本土系不動産企業の2021年12月の成約販売額が前年同月比34%減となり、予想を下回ったと指摘した。そのうち中国恒大集団(03333)は成約額がゼロだったほか、新力控股集団(02103)は96%減、佳兆業集団(01638)は95%減、中国奥園集団(03883)は73%減、世茂集団(00813)は68%減、広州富力地産(02777)は65%減といずれも大幅に落ち込んだ。通年の販売額は2%増にとどまり、85%の不動産デベロッパーが通年目標を達成なかったという。『経済通』が4日伝えた。
・ブルームバーグによると、米アマゾン・ドット・コムは中国で電子書籍端末「キンドル」の販売を停止しているとのメディア観測を否定した。中国の電子商取引プラットフォームでキンドルの一部モデルが品切れ状態となったことで臆測が広がった。アマゾンの広報担当者は「中国の顧客にコミットし続けている」とするコメントを発表。中国国内でキンドルは引き続き購入可能だと説明した。

[2022-01-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・巨額債務を抱え経営難に陥っている中国の不動産開発大手、中国恒大集団は、理財商品と呼ばれるウェルスマネジメント商品の投資家への償還計画を修正した。恒大によると、理財商品の投資家は、保有商品の償還時期に関係なく、今月から3ヵ月間、元本返済として月8000元(1257ドル)を受け取る。従来は具体的な金額は示さず、償還期限の月末までに投資額の10%を返済するとしていた。
・中国のシノバック・バイオテック製の新型コロナウイルスワクチンについて、2回接種後にファイザー・ビオンテック製のワクチンでブースター接種(追加接種)を行っても、オミクロン変異株に対する免疫効果が低いとする研究結果が発表された。
・共同通信社は2日、主要企業106社に実施したアンケートをまとめた。2022年の国内景気を拡大傾向と見込んだ企業は84%となり、過去5年の年初まとめと比べて最も高かった。けん引役は個人消費とみており、コロナ禍からの回復が鈍かった内需が主導すると予想。ただ、感染再拡大に企業の警戒は解けていない。政府が示している再生可能エネルギー比率を上回る水準で導入を求めた企業は20%に上った。景気見通しを「緩やかに拡大」としたのは84社で、「拡大」の5社と合わせて拡大傾向と見通したのは89社。その理由を複数回答で尋ねたところ「個人消費の回復」が91%でトップだった。
・読売新聞社は、主要企業の経営トップ30人を対象に、「新春・景気アンケート」を行った。今後半年程度の景気について、9割超の28人が「回復する」と回答した。2022年の実質経済成長率の予測では、「3%以上」が4割超を占めた。コロナ禍3年目は変異株「オミクロン株」の感染拡大が懸念されるが、個人消費が上向くとの見方が大勢だった。
・中国恒大集団は、同社の株式売買が香港市場で停止されると発表した。具体的な理由は公表していない。

(最終更新日時 2022-01-15 11:23)

会社・企業関係の発言・ニュース バックナンバー

会社・企業関係 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース