会社・企業関係の発言や為替ニュース

会社・企業のイメージ

 特に米企業の決算結果や為替や株などの相場に対して影響を与えるような発言やニュースです。

 為替相場は特に各国の経済と深く関わりがあるため、その経済の大本となる会社や大企業の経営状態などとも深く関わりがあります。

 この項目は多くの為替に影響を与えるような会社の発言やニュースを元にしていますが、複数企業によるものなのでHDP・RHDPは悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-12-06][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、モルガン・スタンレーのストラテジスト、マイケル・ウィルソン氏は米株の弱気派に復帰した。米株に懐疑的なことで知られる同氏だが、最近は当面の上昇継続を予想していた。その上昇が終わったとの見方から、投資家は利益を確定した方が良いと指摘した。
・旅行大手のJTBは、年末年始(12月23日-2023年1月3日)の旅行動向見通しで、海外旅行者数が前年同期の7.5倍の15万人に上ると推計した。日本を含む各国の水際対策の緩和を受け、急速に回復すると見込んでいる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係の最近の発言・ニュース

[2022-12-06][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、モルガン・スタンレーのストラテジスト、マイケル・ウィルソン氏は米株の弱気派に復帰した。米株に懐疑的なことで知られる同氏だが、最近は当面の上昇継続を予想していた。その上昇が終わったとの見方から、投資家は利益を確定した方が良いと指摘した。
・旅行大手のJTBは、年末年始(12月23日-2023年1月3日)の旅行動向見通しで、海外旅行者数が前年同期の7.5倍の15万人に上ると推計した。日本を含む各国の水際対策の緩和を受け、急速に回復すると見込んでいる。

[2022-12-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイターは、提携関係の再構築を協議している日産自動車と仏ルノーが、7日に予定していた発表を見送ったことが分かったと報じている。両社が合意に至っていないためだという。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

[2022-12-02][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、米国株は2023年1-6月(上期)に大幅に下落するとの見通しをJPモルガン・チェースのストラテジストらが示した。経済が緩やかなリセッション(景気後退)に陥る一方、米連邦準備制度は利上げを続けるとみている。
・日本経済新聞によると、三井住友フィナンシャルグループは、事業の再生や承継を目指す企業への出資を加速させる。傘下の投資会社を通じ、今後数年以内に2000億円程度を投資する。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、ホワイトカラーが標的、コロナ後の人員削減に変化、アマゾンやウォルマートなどで従来とは異なる職種を解雇と伝えた。

[2022-11-30][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によるとJPモルガンは29日、英国経済が来年マイナス成長に転じるとの見通しを示した。今年の英国内総生産(GDP)成長率はプラス4.3%の見込みだが、来年はマイナス0.6%まで下振れるという。
・時事通信によると、機械や金属産業の中小企業労働組合で構成する「ものづくり産業労働組合(JAM)」が、2023年春闘で基本給を底上げするベースアップ(ベア)の要求水準を8年ぶりに引き上げ、月9000円とする案を固めたことが29日、分かった。16年春闘以降続いていた月6000円の要求額の1.5倍で、15年春闘と並び過去最高。
・SMBC日興証券では非鉄市況についてリポートしている。米国の金融引き締めペースが鈍化するとの見方に加えて、中国の景気刺激策への期待もあり、金属市況は一時の安値から反発している。短期的には金融市場の動向が商品相場や非鉄製錬株の動きを左右すると思われるが、時間を置いて金融引き締めの影響が金属需給に悪影響を及ぼすというのがSMBC日興のメーンシナリオ。ただし、金属需要の半分を占める中国で不動産バブル容認のレバレッジ規制緩和、欧米と同等のコロナ規制緩和が行われた場合には、商品相場を押し上げるには十分なカタリストになるとみている。この場合、住友鉱山<5713.T>が最も注目されると見込んでいる。
・ロイター通信によると、米シティグループは30日、来年の世界経済の成長率が2%以下に減速するとの見通しを明らかにした。これまでに米ゴールドマン・サックス、JPモルガン、英バークレイズなども同様の見通しを示している。ネーサン・シーツ氏が率いるシティのストラテジストは、新型コロナウイルスの流行とウクライナ戦争による逆風を成長鈍化の要因として挙げた。

[2022-11-29][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・アドビ・アナリティクスによると、米感謝祭後に展開されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」に当たる28日、米国のオンライン支出額は前年から5.2%増加し、過去最高の112億ドルに達する見通し。ロイター通信が伝えた。
・一部報道は「ブロックファイ、米連邦破産法11条の適用申請」などと報じた。
・米暗号資産(仮想通貨)レンディングのブロックファイは、関連会社8社とともにニュージャージー州の裁判所に米連邦破産法11条の適用を申請したと発表した。暗号資産交換業大手FTXの経営破綻による影響が波及した格好だ。

[2022-11-28][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・共同通信によると、ホンダは28日、中国の湖北省武漢市にある自動車工場の稼働を停止したと明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出制限により工場の従業員が出社できなくなった。
・ゴールドマン・サックスは最新リポートで、中国の「ダイナミック・ゼロコロナ」政策について、市場の予想よりも早く、2023年4月の前に終了する可能性があるとの見方を示した。終了時には混乱が広がることもあり得るとした。22年10-12月期の国内総生産(GDP)成長率は前年同期比3%増を予測しているが、新型コロナウイルスの感染状況の悪化で下押し圧力がかかっていると指摘した。『AAストックス』が28日伝えた。

[2022-11-26][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・仮想通貨取引アンバーの共同創業者、クランダー氏が死去ー30歳=ブルームバーグ

[2022-11-25][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・時事通信によると、日本製鉄の森高弘副社長はオンラインでインタビューに応じ、2023年春闘で政府が産業界に求めている、物価上昇分をカバーする賃上げについて「当然やっていく話だと思う」と述べ、前向きに取り組む考えを示した。

[2022-11-24][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・三菱UFJフィナンシャル・グループは、フィリピンとインドネシアのノンバンクを買収すると正式発表した。2023年中にオランダの消費者金融会社から総額5億9600万ユーロで両国の現地法人を買い取る。
・JPモルガン証券ベンジャミン・シャティール氏らが24日付レポートで23年の米経済が緩慢な景気後退(リセッション)入りが見込まれ、米長期金利が3.5%を下回る等により23年10-12月期の円相場を133円と予想していると日経QUICKニュースが24日に報じた。

[2022-11-23][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・フィンテック大手の米FIS社、数千人規模の人員削減を計画。
・ロイターは、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの現金残高が20日時点で総額12億4000万ドルと、これまでに想定されていた規模を「はるかに上回る」ことが、裁判所への提出文書から明らかになったと報じている。FTXは今月11日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請。推定100万人の投資家に多額の損失を与えたとみられる。裁判所に提出した19日付の資料によると、上位債権者50人に対し、31億ドル近い債務を抱えている。
・ブルームバーグによると、コモディティー価格のピークとトレーディングの逆回転で、円には追い風が吹くだろうと、トロント・ドミニオン銀行の外国為替戦略責任者マーク・マコーミック氏が予想した。
・ゴールドマン・サックスでは、2023年のグローバル・マクロ経済見通しを踏まえて、来年に向けて投資環境の柱になるとみられるマクロと市場の10大テーマを紹介している。(1)狭き道を進む、(2)バリュー対サイクル、(3)忍び寄る景気後退の影、(4)「通常」への回帰、(5)ドル支配、(6)厄介な重し、(7)中国への強気転換には慎重、(8)新興国の上値余地は限定的、(9)政策リスクの低下、成長リスクの上昇、(10)(実質)利回りの復活―という10点を挙げている。2023年はパンデミックを引き金とする混乱からようやく脱却することで、インフレや景気後退などの従来型リスクが前面に押し出されるとともに、10年以上ぶりに利回りが上昇する投資環境へと戻ることになりそうと、ゴールドマン・サックスではコメントしている。
・ロイター通信によると、スイスの金融大手クレディ・スイスは、第4・四半期に最大で15億スイスフラン(約15億8000万ドル)の税引き前損失を計上するとの見通しを示した。
・ブルームバーグによると、米銀JPモルガン・チェースは2023年に最も有望とみるマクロ要因に基づいた為替取引について、「ドルの強さは持続すると予想されるが、サイクル後期のダイナミクスが鍵となる」との見方を示した。
・農業機械世界最大手の米ディア・アンド・カンパニーは日、5-7月期の決算を発表したが1株当たりの利益は7.44ドルとなった。事前予想は1株当たり7.09ドルの利益。
・報道によると米アップルのサプライヤーである台湾・鴻海精密工業の中国河南省鄭州工場で、労働者が監視カメラや窓を破壊する様子が23日、動画共有アプリ「快手」で配信された。

(最終更新日時 2022-12-07 11:39)

会社・企業関係の発言・ニュース バックナンバー

重要人物・その他の発言・ニュース