会社・企業関係の発言や為替ニュース

会社・企業のイメージ

 特に米企業の決算結果や為替や株などの相場に対して影響を与えるような発言やニュースです。

 為替相場は特に各国の経済と深く関わりがあるため、その経済の大本となる会社や大企業の経営状態などとも深く関わりがあります。

 この項目は多くの為替に影響を与えるような会社の発言やニュースを元にしていますが、複数企業によるものなのでHDP・RHDPは悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-10-26][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・フェイスブック株、時間外取引で一時4.5%高。
・米マイクロソフトは、ロシアを拠点とするハッカー集団「ノベリウム」が数百の企業や組織を標的に、最近の米コンピューターシステムに対するサイバー攻撃を仕掛けたという認識を示した。
・中国不動産開発の当代置業が25日期限社債の元本・利払いを実施しなかったと、一部で報じている。市場はニュースでの反応は限られユーロ円は132.00円近辺、豪ドル円は85.30円付近で推移。この後の中国、香港の株式市場の動きには要警戒か。
・中国の不動産開発会社、当代置業(モダン・ランド・チャイナ)は、25日が期限だった社債の元本と利息の支払いを実施しなかったことを明らかにした。「予想外の流動性問題」が理由だという。シンガポール取引所に文書を提出。さらなる通知があるまで、同社の株式と債券は取引停止が続くとしている。
・米貨物輸送大手UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)は26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.71ドルとなった。事前予想は1株当たり2.54ドルの利益。
・米複合企業ゼネラル・エレクトリックは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.57ドルとなった。事前予想は1株当たり0.43ドルの利益。
・米複合企業の3Mは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.45ドルとなった。事前予想は1株当たり2.22ドルの利益。
・米防衛・航空機大手ロッキード・マーチンは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.21ドルとなった。事前予想は1株当たり1.97ドルの利益。
・米医薬品大手イーライ・リリーは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.94ドルとなった。事前予想は1株当たり1.95ドルの利益。
・米液晶ガラス基板大手のコーニングは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.56ドルとなった。事前予想は1株当たり0.58ドルの利益。
・アマゾン、アップル、アルファベット傘下のグーグル、フェイスブックといった米巨大テック企業の影響力を低下させることを目的とするEUのルール案について、クラウドコンピューティング企業による反競争行為の可能性をあるとして、規制対象に入れるべきとする研究報告が公表された。EUのデジタル市場法(DMA)案をめぐっては、一部欧州議会議員から、クラウド企業には手ぬるい可能性が指摘されていた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係の最近の発言・ニュース

[2021-10-26][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・フェイスブック株、時間外取引で一時4.5%高。
・米マイクロソフトは、ロシアを拠点とするハッカー集団「ノベリウム」が数百の企業や組織を標的に、最近の米コンピューターシステムに対するサイバー攻撃を仕掛けたという認識を示した。
・中国不動産開発の当代置業が25日期限社債の元本・利払いを実施しなかったと、一部で報じている。市場はニュースでの反応は限られユーロ円は132.00円近辺、豪ドル円は85.30円付近で推移。この後の中国、香港の株式市場の動きには要警戒か。
・中国の不動産開発会社、当代置業(モダン・ランド・チャイナ)は、25日が期限だった社債の元本と利息の支払いを実施しなかったことを明らかにした。「予想外の流動性問題」が理由だという。シンガポール取引所に文書を提出。さらなる通知があるまで、同社の株式と債券は取引停止が続くとしている。
・米貨物輸送大手UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)は26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.71ドルとなった。事前予想は1株当たり2.54ドルの利益。
・米複合企業ゼネラル・エレクトリックは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.57ドルとなった。事前予想は1株当たり0.43ドルの利益。
・米複合企業の3Mは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.45ドルとなった。事前予想は1株当たり2.22ドルの利益。
・米防衛・航空機大手ロッキード・マーチンは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.21ドルとなった。事前予想は1株当たり1.97ドルの利益。
・米医薬品大手イーライ・リリーは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.94ドルとなった。事前予想は1株当たり1.95ドルの利益。
・米液晶ガラス基板大手のコーニングは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.56ドルとなった。事前予想は1株当たり0.58ドルの利益。
・アマゾン、アップル、アルファベット傘下のグーグル、フェイスブックといった米巨大テック企業の影響力を低下させることを目的とするEUのルール案について、クラウドコンピューティング企業による反競争行為の可能性をあるとして、規制対象に入れるべきとする研究報告が公表された。EUのデジタル市場法(DMA)案をめぐっては、一部欧州議会議員から、クラウド企業には手ぬるい可能性が指摘されていた。

[2021-10-25][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・共同通信は、新生銀行の工藤社長がインタビューに応じ、SBIホールディングスからの株式公開買い付け(TOB)に「折り合えば賛同する」と述べ、協議を続ける考えを示したと報じている。株主の利益を最大化するためにTOBの条件変更を求めているが、SBIは応じていない。
・経営危機に陥っている中国不動産開発大手・中国恒大集団は、広東省内の6都市で進めている10件以上の住宅プロジェクトについて、中断していた工事を再開したと明らかにした。住宅の完成と購入者への引き渡しを求める政府の要求を「全力で実行する」と強調している。
・中国恒大株は、香港市場で7.8%高の気配となっている。
・ブルームバーグによると、日本生命保険は2021年度下期運用計画で、国内債券と外国株式の残高を積み増す。岡本慎一執行役員財務企画部長が25日、記者説明した。
・米紙製品大手キンバリー・クラークは25日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益はド1.62ルとなった。事前予想は1株当たり1.65ドルの利益。
・共同通信によると、パナソニックは25日、電気自動車(EV)に搭載する新型リチウムイオン電池「4680」の試作品を初公開した。大型化で電池容量を従来品の約5倍に拡大し、生産コスト削減につなげる狙い。効率的な生産方法を研究する試作ラインを本年度中に立ち上げ、実用化後は協業先の米EV大手テスラに供給する。

[2021-10-22][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、今年のホリデーシーズンに米アップル製品の購入を考えている人は厳しい現実に直面しそうだ。ほぼ全ての製品に関して、到着までに何週間もかかる可能性があるためだ。
・ロイター通信によると、米半導体大手インテル が21日に発表した第3・四半期決算は、売上高が市場予想を下回った。処理速度が速い半導体で競合社に遅れを取っていることが響いた。決算発表を受け、インテルの株価は時間外取引で4%下落している。
・中国の証券時報は、中国恒大が9月23日期限の8350万ドル相当の利払いを実施と報じた。
・米複合企業のハネウェル・インターナショナルは22日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.02ドルとなった。事前予想は1株当たり1.99ドルの利益。
・世界最大の油田サービス会社の米シュルンベルジェは22日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.36ドルとなった。事前予想は1株当たり0.36ドルの利益。
・米金融総合サービス大手アメリカン・エキスプレスは22日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.27ドルとなった。事前予想は1株当たり1.77ドルの利益。
・日本経済新聞は、中国恒大、不履行回避も危機脱却遠く、と報じた。中国の不動産大手、中国恒大集団が23日(日本時間24日)期限の米ドル債利払いを実施し、債務不履行(デフォルト)をいったん回避する見通しとなった。ただ中国の住宅販売は急減。米ドル債の信用収縮は人民元債市場にも波及し、10月の発行額は前年同期比6割減っている。恒大を含め中国の不動産会社の資金繰り難は続く見通しで、危機脱却は遠い。
・時事通信によると、日産自動車が今月と来月の国内外での生産台数を従来計画から3割減らすことが22日、分かった。長期化する半導体不足による部品調達難のためで、三菱自動車も11月に軽自動車の生産台数を半減させる。

[2021-10-21][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグは、米決済大手のペイパル・ホールディングスが画像共有サイトの米ピンタレスト買収で協議していると報じている。両社はピンタレスト株1株当たり70ドルという買収価格で話し合ったという。ピンタレストの19日終値55.58ドルを26%上回る水準で、買収総額は約390億ドルに上る見込みだ。
・時事通信は、米食品医薬品局はモデルナとジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナワクチンの追加接種を許可した、と報じている。メーカーの異なるワクチンを組み合わせる「混合接種」も容認するという。
・日本経済新聞によると、中国の不動産大手、中国恒大集団の米ドル債の利払い期限が23日(日本時間24日)に迫っている。
・中国恒大集団(03333)は20日大引け後、流動性問題の解消に向けて資産買収を進めると表明した9月14日以降の状況を説明する公告を発表した。9月28日に盛京銀行(02066)の内資株(非流通)17億5300万株の売却で合意したものの、ほかの資産売却は大きく進展していないと明らかにした。今後も債務返済や利払いに努めるが、履行できる保証はないとした。
・日本経済新聞によると、米半導体大手マイクロン・テクノロジーは21日、工場増強などの投資について日本をはじめとした各国政府と協議をしていると明らかにした。今後10年で工場や研究開発に1500億ドル(17兆円)を投じる計画を掲げており、米国のほか日本や台湾、シンガポールなどが投資先の候補となる。各政府との協議を通じ、競争を優位に進めるための支援や条件を引き出す狙いがあるようだ。
・ロイター通信によると、英蘭系日用品大手のユニリーバは21日、来年インフレが加速する可能性が高いとの見方を示した。エネルギー価格などの上昇で消費財メーカーが値上げを迫られるとしている。同時に発表した第3・四半期の増収率は予想を上回った。通期の利益率予想は据え置いた。
・米独立系石油精製大手は21日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.22ドルとなった。事前予想は1株当たり0.93ドルの利益。
・米通信最大手AT&Tは21日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.87ドルとなった。事前予想は1株当たり0.80ドルの利益。
・米産業機器メーカーのダナハーは21日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.39ドルとなった。事前予想は1株当たり2.16ドルの利益。
・アラスカ・エア・グループは21日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.47ドルとなった。事前予想は1株当たり1.36ドルの利益。
・米地銀のキーコープは21日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.65ドルとなった。事前予想は1株当たり0.56ドルの利益。
・米格安航空最大手のサウスウエスト航空は21日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの損失は0.25ドルとなった。事前予想は1株当たり0.26ドルの損失。
・世界最大の航空会社アメリカン・エアラインズは21日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの損失は0.99ドルとなった。事前予想は1株当たり1.03ドルの損失。
・米鉄鋼最大手ニューコアは21日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は7.28ドルとなった。事前予想は1株当たり7.43ドルの利益。
・米最大の鉄道輸送会社ユニオンパシフィックは21日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.57ドルとなった。事前予想は1株当たり2.48ドルの利益。

[2021-10-21][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・一部報道は「モデルナとJ&Jのコロナワクチンの追加接種を米FDAが認める」などと報じた。
・共同通信は、SBIホールディングスが実施中の株式公開買い付け(TOB)に対し、新生銀行が21日に事実上の反対を表明する見通しになったことが分かった、と報じている。現行のTOBの問題点を指摘する一方、SBIが買い付けの上限を撤廃するなどの条件変更に応じれば賛同する譲歩案を示す方向で調整しているという。ただ、SBIが応じるには国の認可を得る必要があるため実現性は極めて低く、事実上の反対表明となる。銀行では異例の敵対的買収に発展するのは必至だ。
・ブルームバーグは、米決済大手のペイパル・ホールディングスが画像共有サイトの米ピンタレスト買収で協議していると報じている。両社はピンタレスト株1株当たり70ドルという買収価格で話し合ったという。ピンタレストの19日終値55.58ドルを26%上回る水準で、買収総額は約390億ドルに上る見込みだ。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は21日、エクソン、大型石油・ガス開発事業の中止検討、と報じた。

[2021-10-20][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、英HSBCホールディングスはイングランド銀行(英中央銀行)の利上げを投資家が織り込み過ぎているとの見方を示した。
・ブルームバーグによると、世界の経済成長と企業利益へのファンドマネジャーらの期待は急速にしぼみつつあるかもしれないが、ポジションは依然としてリスク志向だ。債券の保有を過去最低に減らすとともに、米国株を積み増している。バンク・オブ・アメリカ(BofA)の10月のファンドマネジャー調査で分かった。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、中国の電力危機、グリーン電力の起爆剤に、停電を受けた電力業界の措置、再生可能エネ構築を促進、というコラム記事を掲載した。
・共同通信によると、大手電力10社と大手都市ガス4社が、12月の家庭向け電気・ガス料金を11月と比べて全社値上げする見通しであることが20日、分かった。世界経済の回復に伴う原油や液化天然ガス(LNG)の価格高騰が要因で、今年1月の水準と比べると、東京、中部、沖縄の各電力では標準的な家庭で千円超の値上がりとなる。ガソリンや灯油の価格も上がっており、暖房需要の高まる冬場に向けて家計を圧迫しそうだ。
・米銀行持ち株会社ファースト・ホライゾン・ナショナルは20日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.50ドルとなった。事前予想は1株当たり0.39ドルの利益。
・米健康保険会社のアンセムは20日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は6.79ドルとなった。事前予想は1株当たり6.37ドルの利益。
・米大手地銀シチズンズ・ファイナンシャル・グループは20日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.22ドルとなった。事前予想は1株当たり1.17ドルの利益。
・米金融持ち株会社M&Tバンクは20日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.76ドルとなった。事前予想は1株当たり3.49ドルの利益。
・証券取引所運営会社のナスダックは20日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.78ドルとなった。事前予想は1株当たり1.73ドルの利益。
・米医薬品大手アボット・ラボラトリーズは20日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.40ドルとなった。事前予想は1株当たり0.94ドルの利益。

[2021-10-19][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、ゴールドマン・サックス・グループは90億ドル(1兆300億円)規模の起債を実施した。堅調な7-9月(第3四半期)決算発表後に新発債発行に動いたバンク・オブ・アメリカ(BofA)とモルガン・スタンレーに追随した。
・ロイター通信によると、旅行検索・比較サイトの「カヤック」は18日、米国への海外旅行に関連した検索が、16日に前週比48%急増したと発表した。米国が新型コロナウイルス対策として実施していた渡航制限の解除を発表したことが背景にある。
・米紙NYタイムズは、米食品医薬品局(FDA)が新型コロナウイルスワクチン追加接種(ブースター接種)について、当初接種したものと異なるメーカー製の使用を認める方針だと報じている。
・巨額の債務危機に陥っている不動産デベロッパー中国大手の中国恒大集団(03333)はこのほど、香港で開発中の住宅プロジェクトを、事業合弁パートナーの鼎珮集団(VMS)に売却することで合意した。『香港経済日報』が19日伝えた。
・ロイター通信によると、バンク・オブ・アメリカ(BofA)は19日、中国の経済成長率予測を下方修正した。下方修正は2カ月で2度目。電力不足で製造業が打撃を受けたが、中央銀行による大規模な政策支援が遅れていると指摘した。今年の実質国内総生産(GDP)伸び率の予測を8.0%から7.7%に下方修正。来年も5.3%から4.0%に下方修正した。2023年は5.8%から5.3%に修正した。同社はリポートで「中国当局は9月下旬に後れを取り戻すモードに入ったとみられるが、当社の見解では新たな措置が開始されるまでにかなりの時間がかかる可能性がある」と指摘。
・米金融大手バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは19日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.04ドルとなった。事前予想は1株当たり1.00ドルの利益。
・米油田サービスのハリバートンは19日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.28ドルとなった。事前予想は1株当たり0.27ドルの利益。
・米機器メーカーのドーバーは19日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.98ドルとなった。事前予想は1株当たり1.86ドルの利益。
・ロイターは、経営危機に直面している中国の不動産開発大手、中国恒大集団の主要部門、恒大地産集団が、19日期日のオンショア債の利払いに向け資金を送金したと報じている。支払うべき利息は1億2180万元。
・米医療関連用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは19日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.60ドルとなった。事前予想は1株当たり2.36ドルの利益。
・米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブルは19日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.61ドルとなった。事前予想は1株当たり1.59ドルの利益。
・たばこ会社最大手フィリップモリスは19日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.58ドルとなった。事前予想は1株当たり1.56ドルの利益。
・米保険大手トラベラーズは19日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.60ドルとなった。事前予想は1株当たり1.89ドルの利益。
・ロイターは、消息筋の話として、経営危機に陥っている中国不動産開発大手・中国恒大集団による不動産管理子会社の株式売却が保留になった、と報じている。同社は米ドル建て社債の利払いが滞っており、デフォルト懸念が高まっている。

[2021-10-18][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイターは、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団の夏最高経営責任者(CEO)が香港で投資銀行や債権者とリストラや資産売却などの可能性について協議していることが、複数関係者の話で分かったと報じている。
・中国地産集団(チャイナ・プロパティー・グループ)は、15日に返済期限を迎えた2億2600万ドルの社債を償還できず、デフォルトに陥ったと明らかにした。同社は「タイミングのミスマッチ」が要因としており、一部資産の売却や借り換えを行うまで支払いはできないと表明している。
・中国の不動産企業10社の代表者が政府の規制当局者と面会し、規制の「適切な緩和」を求めた。経済メディアの第一財経が15日遅くに伝えた。ロイター通信が引用して報じたもの。
・ロイター通信によると、中国の不動産会社、佳兆業集団は18日、10月16日が期日のドル債利払い3940万ドルを実行したとロイターに明らかにした。10月22日期日の3585万ドルの利払いについては、債券保有者の口座に21日に送金する予定だと説明した。
・ブルームバーグによると、電気自動車(EV)メーカー、米テスラの株価が持ち直している。18日の時間外取引で上昇し、3月に付けた安値からの上昇率が50%に達しようとしている。テスラ株は米市場開始前の取引で一時0.4%高の846ドルとなった。このままいけば、3月8日の安値(563ドル)から50%上昇となる。半導体不足の影響が同業他社ほど深刻ではないとの期待が背景にある。
・米資産管理大手ステート・ストリートは18日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.00ドルとなった。事前予想は1株当たり1.915ドルの利益。
・時事通信によると、トヨタ自動車は18日、2030年までに米国で、電気自 動車(EV)用などの車載用電池の生産に約34億ドル(約3800億円)を投じると発 表した。車両の電動化促進の一環で、同社が9月に発表した30年までに世界で約1兆5 000億ドルを電池供給体制の整備に投じる計画の一部となる。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は18日、アマゾン、偽証疑惑で米議員団が質問状、データ利用巡りと報じた。

[2021-10-16][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・中国不動産開発会社、中国恒大集団の本土の不動産部門は、19日に期日が到来する社債の利払いを行うと発表した。ブルーンバーグが報じた。対象となるのは総額21億元(約372億円)相当の社債だという。
・関係筋の話として中国恒大CEOが香港でリストラなど巡り債権者と協議していると報じられた。

[2021-10-15][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米食品医薬品局(FDA)は、米製薬大手メルクが開発中の新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」について、外部専門家で構成する諮問委員会が11月30日開く会合で承認の是非を検討すると発表した。会合では、軽・中度の症状を有するコロナ感染者のうち、重症化のリスクがある成人の治療について、同薬の安全性と有効性を討議し、FDAに提言を行う。
・ロイター通信によると、米食品医薬品局(FDA)は14日、米製薬大手メルクが開発中の新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」について、外部専門家で構成する諮問委員会が11月30日開く会合で承認の是非を検討すると発表した。
・ロイター通信によると、部品不足で9月から減産に追い込まれているトヨタ自動車は15日、12月以降は挽回生産する方向で関係先と調整していると明らかにした。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大と半導体不足の影響で、11月の世界生産は計画比10─15万台減となる見通しも発表したが、状況は改善しつつあり「最悪期は脱した」とみている。
・米地銀PNCファイナンシャル・サービシズ・グループは15日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.75ドルとなった。事前予想は1株当たり3.59ドルの利益。
・米金融大手ゴールドマン・サックスは15日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は14.93ドルとなった。事前予想は1株当たり9.92ドルの利益。
・米ディスカウント証券大手チャールズ・シュワブは15日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.84ドルとなった。事前予想は1株当たり0.80ドルの利益。
・ロイター通信によると、部品不足で9月から減産に追い込まれているトヨタ自動車は15日、12月以降は挽回生産する方向で関係先と調整していると明らかにした。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大と半導体不足の影響で、11月の世界生産は計画比10-15万台減となる見通しも発表したが、状況は改善しつつあり「最悪期は脱した」とみている。
・時事通信によると、経営危機に陥っている中国不動産開発大手・中国恒大集団に対し、香港の金融監督当局は15日、2020年度と21年度上半期の財務諸表に関する調査に着手したと発表した。同社の事業継続性に関する報告の妥当性に問題があるとしている。
・日本経済新聞によると、製薬大手ががん細胞を従来より効果的に攻撃する新型薬への投資に力を入れる。第一三共は2026年3月期までに直近5年の2.5倍にあたる3000億円を投じ工場設備を増強する。従来型のがん治療薬は欧米勢が主力だが、新型薬は日本勢も開発競争でしのぎを削る。世界各地でいち早く供給できるよう生産体制を整え、成長分野で収益を確保する。
・時事通信によると、経営危機に陥っている中国不動産開発大手・中国恒大集団は15日、19日に期日を迎える人民元建て社債の利払いを実施すると発表した。同社は資金繰り難が深刻化した先月下旬にも元建て社債の利払いを行っており、国内債権者を優先する姿勢が鮮明になった。

(最終更新日時 2021-10-27 20:44)

会社・企業関係の発言・ニュース バックナンバー

会社・企業関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース