会社・企業関係の発言や為替ニュース

会社・企業のイメージ

 特に米企業の決算結果や為替や株などの相場に対して影響を与えるような発言やニュースです。

 為替相場は特に各国の経済と深く関わりがあるため、その経済の大本となる会社や大企業の経営状態などとも深く関わりがあります。

 この項目は多くの為替に影響を与えるような会社の発言やニュースを元にしていますが、複数企業によるものなのでHDP・RHDPは悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-07-23][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、米半導体大手インテルは22日、通期売上高予想を上方修正した。競争力強化に向け外注と社内生産の拡大という2つの戦略に注力している。
・時事通信によると、米インターネット関連サービス大手アカマイ・テクノロジーズは22日、同社でシステム障害が発生し、一部顧客のウェブサイトが一時的に利用不可能になったと明らかにした。アマゾン・ドット・コムなどの米企業のほか、日本を含めた世界各国でサイトが表示されない事象が相次いで起きており、アカマイの障害が広範囲に影響したものとみられている。日本では日本航空や東京都などのサイトで、23日午前1時ごろから一時つながりにくくなった。アカマイはツイッターで、ソフトウエア更新に伴うトラブルが原因で、障害は最大1時間継続したと説明。「サイバー攻撃ではないことは確認できる」と強調した。
・日本経済新聞によると、独自動車大手ダイムラーの高級車事業会社、メルセデス・ベンツは22日、販売する新車を2030年にもすべて電気自動車(EV)にすると発表した。8つの電池セル工場を新設するなど、30年までに400億ユーロ(約5兆2000億円)をEVに投資する。
・時事通信によると、新型コロナウイルス治療薬として、中外製薬が申請した抗体カクテル療法が承認された。国内で承認された治療薬は4例目だが、新型コロナを標的とする抗体薬は初。当初は手探りだった新型コロナとの戦いも、予防はワクチン接種が進み、治療も軽症から重症まで対応できる「武器」が徐々にそろいつつある。
・本日午前、菅首相は都内で米製薬大手ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)と会談した。新型コロナウイルスワクチンの供給前倒しを要請したようだ。また、会談には河野規制改革相が同席している。
・中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ)が6月に米ニューヨークで新規株式公開(IPO)を実施したことを受け、中国当局が厳しい罰則を検討していると、ブルームバーグ(BBG)が22日に報じた。ロイター通信が引用して伝えた。
・ロイター通信によると、米ファイザーなどが開発した新型コロナウイルスワクチンについて、接種間隔を長めに空けたほうが抗体レベルが総じて高まることが、英国の研究で分かった。ただ、1回目の接種後に抗体がいったん大きく減少する。
・世界最大の油田サービス会社の米シュルンベルジェは23日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.30ドルとなった。事前予想は1株当たり0.26ドルの利益。
・米複合企業のハネウェル・インターナショナルは23日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.02ドルとなった。事前予想は1株当たり1.94ドルの利益。
・米金融総合サービス大手アメリカン・エキスプレスは23日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.80ドルとなった。事前予想は1株当たり1.62ドルの利益。
・米紙製品大手キンバリー・クラークは23日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.47ドルとなった。事前予想は1株当たり1.71ドルの利益。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係の最近の発言・ニュース

[2021-07-23][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、米半導体大手インテルは22日、通期売上高予想を上方修正した。競争力強化に向け外注と社内生産の拡大という2つの戦略に注力している。
・時事通信によると、米インターネット関連サービス大手アカマイ・テクノロジーズは22日、同社でシステム障害が発生し、一部顧客のウェブサイトが一時的に利用不可能になったと明らかにした。アマゾン・ドット・コムなどの米企業のほか、日本を含めた世界各国でサイトが表示されない事象が相次いで起きており、アカマイの障害が広範囲に影響したものとみられている。日本では日本航空や東京都などのサイトで、23日午前1時ごろから一時つながりにくくなった。アカマイはツイッターで、ソフトウエア更新に伴うトラブルが原因で、障害は最大1時間継続したと説明。「サイバー攻撃ではないことは確認できる」と強調した。
・日本経済新聞によると、独自動車大手ダイムラーの高級車事業会社、メルセデス・ベンツは22日、販売する新車を2030年にもすべて電気自動車(EV)にすると発表した。8つの電池セル工場を新設するなど、30年までに400億ユーロ(約5兆2000億円)をEVに投資する。
・時事通信によると、新型コロナウイルス治療薬として、中外製薬が申請した抗体カクテル療法が承認された。国内で承認された治療薬は4例目だが、新型コロナを標的とする抗体薬は初。当初は手探りだった新型コロナとの戦いも、予防はワクチン接種が進み、治療も軽症から重症まで対応できる「武器」が徐々にそろいつつある。
・本日午前、菅首相は都内で米製薬大手ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)と会談した。新型コロナウイルスワクチンの供給前倒しを要請したようだ。また、会談には河野規制改革相が同席している。
・中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ)が6月に米ニューヨークで新規株式公開(IPO)を実施したことを受け、中国当局が厳しい罰則を検討していると、ブルームバーグ(BBG)が22日に報じた。ロイター通信が引用して伝えた。
・ロイター通信によると、米ファイザーなどが開発した新型コロナウイルスワクチンについて、接種間隔を長めに空けたほうが抗体レベルが総じて高まることが、英国の研究で分かった。ただ、1回目の接種後に抗体がいったん大きく減少する。
・世界最大の油田サービス会社の米シュルンベルジェは23日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.30ドルとなった。事前予想は1株当たり0.26ドルの利益。
・米複合企業のハネウェル・インターナショナルは23日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.02ドルとなった。事前予想は1株当たり1.94ドルの利益。
・米金融総合サービス大手アメリカン・エキスプレスは23日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.80ドルとなった。事前予想は1株当たり1.62ドルの利益。
・米紙製品大手キンバリー・クラークは23日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.47ドルとなった。事前予想は1株当たり1.71ドルの利益。

[2021-07-21][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグは、豪英資源大手BHPグループが、化石燃料からの脱却の一環として原油・天然ガス事業の売却を含めた見直しを行っていると報じている。
・ロイター通信によると、アクチュアリー会社MSKは20日、ドイツの一部地域に壊滅的な被害をもたらし、少なくとも170人が死亡した記録的な洪水について、保険損失が10億ユーロ(12億ドル)超に上ると試算した。
・米航空大手ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスは21日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの損失は3.91ドルとなった。事前予想は1株当たり3.89ドルの損失。
・ロイター通信によると、ドイツの自動車大手、ダイムラーは21日、世界的な半導体不足により、2021年下半期の自社の自動車販売台数にマイナスの影響が及ぶ可能性があると指摘した上で、半導体不足は2022年も続くとの認識を明らかにした。一方、今年の利益率の見通しは据え置いた。
・米医療関連用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは21日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.48ドルとなった。事前予想は1株当たり2.29ドルの利益。
・米飲料大手コカ・コーラカンパニーは21日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.68ドルとなった。事前予想は1株当たり0.56ドルの利益。
・米地銀コメリカは21日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.32ドルとなった。事前予想は1株当たり1.60ドルの利益。
・米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは21日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.37ドルとなった。事前予想は1株当たり1.30ドルの利益。
・証券取引所運営会社のナスダックは21日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.83ドルとなった。事前予想は1株当たり1.75ドルの利益。
・米信託銀大手ノーザン・トラストは21日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.72ドルとなった。事前予想は1株当たり1.71ドルの利益。

[2021-07-20][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイターは、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)がベビーパウダー訴訟の巨額の賠償金支払いをめぐり、破産法の活用を検討していると報じている。同事業の負債を本体から切り離したうえで、分離後の事業を破産申請する計画について協議しているという。
・ロイター通信によると、武田薬品工業は20日、早ければ2022年初頭からモデルナの新型コロナウイルス感染症ワクチン5000万回接種分を追加で輸入し、日本に供給することで、モデルナや厚生労働省と合意したと発表した。モデルナが開発に成功し、厚労省から製造販売承認が得られれば、新型コロナ変異株対応のワクチンを日本に供給する可能性もあるという。
・米大手地銀シチズンズ・ファイナンシャル・グループは20日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.46ドルとなった。事前予想は1株当たり1.11ドルの利益。
・米地銀のキーコープは20日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.72ドルとなった。事前予想は1株当たり0.54ドルの利益。
・米油田サービスのハリバートンは20日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.26ドルとなった。事前予想は1株当たり0.23ドルの利益。
・米保険大手トラベラーズは20日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.45ドルとなった。事前予想は1株当たり2.40ドルの利益。
・たばこ会社最大手フィリップモリスは20日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.57ドルとなった。事前予想は1株当たり1.55ドルの利益。
・アマゾンのブルーオリジン、初の有人飛行宇宙船、打ち上げ

[2021-07-19][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、ハイテク大手の買収熱、中国政府がブレーキ、中国でM&Aはなくならないが、無秩序な競争には終止符が打たれた、と報じた。中国の独占禁止法による取り締まりが意味するのは、ハイテク企業の既存事業への監視強化だけではない。小規模な企業であっても、M&A(合併・買収)に対して一段と当局の視線が向かうことになるだろう。

[2021-07-16][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は、米国と日本での新たな工場建設を視野に入れていることを明らかにした。新型コロナウイルス危機の影響でスマートフォンやノートパソコン、自動車向けの半導体需要が急増している。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は16日、インテル、米グローバルファウンドリーズ買収に向け協議と報じた。
・ロイター通信によると、英高級ブランドのバーバリーは16日、既存店売上高が新型コロナウイルス流行前の水準を上回ったと発表した。若年層の新規顧客が増え、トレンチコートやハンドバッグの販売が大幅に拡大した。地域別では、中国本土と韓国が引き続き大きく伸びており、アジア太平洋の既存店売上高は前年比27%増加した。米州の既存店売上高は前年比341%急増。2年前との比較でも34%増加した。
・日本経済新聞によると、西武ホールディングス(HD)は「ザ・プリンスパークタワー東京」などプリンスホテルやレジャー施設などを売却する方針を固めた。

[2021-07-15][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本経済新聞によると、米資産運用大手ブラックロックの運用資産が6月末までに1000兆円を突破した。上場投資信託(ETF)への資金流入で運用資産が一段と拡大した。とくに債券ETFやESG(環境・社会・ガバナンス)に特化したETFの資産の伸びが顕著だ。ETFは金融市場全体への影響力を増しており、同社は多様なETF運用商品の提供で先行する実績が業績拡大の原動力になるとみている。
・ロイター通信によると、米大手資産運用会社ブラックロックのフィンク最高経営責任者(CEO)は14日、ロイターのインタビューに応じ、物価高騰が一時的だという米連邦準備理事会(FRB)の見解を否定した上で、FRBはインフレの高まりに対応せざるを得なくなると述べた。
・トヨタ自動車は、南アのダーバン工場を操業を停止していると発表した。韓国LGの工場も略奪され焼き討ちされたとの報道も出ているなど、ダーバンはヨハネスブルグなどと並び今回の暴動が過激化した。なお、トヨタ自動車は操業再開は現時点では未定としている。
・ロイター通信によると、トヨタ自動車は15日、南アフリカのダーバンにある工場を12日から停止していることを明らかにした。現地の子会社がロイターに明らかにした。現地で暴動が拡大しているため。再開のめどは立っていないという。トヨタによると、ダーバンがあるクワズール・ナタール州の販売店網も営業を停止。納車や部品供給に影響が出ているという。
・共同通信によると、世界的半導体メーカーの台湾積体電路製造(TSMC)は15日、日本で半導体を大量生産する計画について、検討を進めていることを示唆した。台湾メディアが伝えた。
・米医療保険会社ユナイテッドヘルス・グループは15日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は4.70ドルとなった。事前予想は1株当たり4.43ドルの利益。
・米金融大手モルガン・スタンレーは15日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.85ドルとなった。事前予想は1株当たり1.65ドルの利益。

[2021-07-14][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本経済新聞によると、米銀大手のJPモルガン・チェースが13日発表した2021年4-6月期の決算は純利益が前年同期比2.5倍の119億ドル(約1兆3000億円)だった。米経済の見通しが改善し、20年4-6月期にかけて積んでいた貸倒引当金を戻し入れたことが利益を押し上げた。
・米資産運用会社ブラックロックは14日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は10.03ドルとなった。事前予想は1株当たり9.48ドルの利益。
・米航空大手デルタ航空は14日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの損失は1.07ドルとなった。事前予想は1株当たり1.42ドルの損失。
・米金融大手ウェルズ・ファーゴは14日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益はドルとなった。事前予想は1株当たり0.98ドルの利益。

[2021-07-13][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券ではユーロ圏経済に関して、目先は高成長が期待できる状況に変わりはないと判断している。供給制約やコロナ変異株への懸念はありつつも、苦境に陥っていたサービス業の景況感は顕著に改善していると指摘。ただし、それでも域内の景気回復や金融政策の正常化開始は、米国に比べて遅れる可能性が高いと考えている。中長期的にみれば、コロナ禍で負った家計所得への悪影響が成長の重しとなる公算が大きいとみることをその要因として挙げている。
・米半導体大手ブロードコムは、米データ分析ソフト大手SASインスティチュートの買収に向けた交渉を進めており、企業価値を150─200億ドルと評価する額で合意がまとまる可能性がある。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が12日、報じた。ロイター通信が引用して伝えたもの。
・米食品・飲料大手ペプシコは13日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.72ドルとなった。事前予想は1株当たり1.53ドルの利益。
・米建設資材大手ファスナルは13日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.42ドルとなった。事前予想は1株当たり0.41ドルの利益。
・米銀大手JPモルガン・チェースは13日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.78ドルとなった。事前予想は1株当たり3.15ドルの利益。

[2021-07-12][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、「マルボロ」を手掛ける米たばこ大手フィリップ・モリス・インターナショナルは9日、英製薬会社ベクトラ・グループを10億5000万ポンド(14億4000万ドル)相当で買収することで同社取締役会と合意したと発表した。タバコやニコチンを含まない製品ラインを強化するのが狙い。

[2021-07-09][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・共同通信は、米グーグルが、スマートフォンの送金アプリを展開する資金移動業者「pring(プリン)」の買収を検討していることが関係者の話で分かった、と報じている。買収額は数百億円とみられるという。日本での金融サービスを拡大する狙いがありそうだ。
・ロイター通信によると、中国汽車工業協会(CAAM)が9日発表した中国の6月自動車販売台数は、前年同月比12.4%減の202万台だった。世界的な半導体不足で生産が低迷した。1-6月は1289万台となり、前年同期比25.6%増加した。CAAMの幹部はオンライン会見で、世界的な半導体不足が6月の自動車生産に大きな影響を及ぼしたが、景気全般が回復しており、引き続き国内自動車市場の見通しをある程度まで楽観していると述べた。

(最終更新日時 2021-07-24 13:24)

会社・企業関係の発言・ニュース バックナンバー

会社・企業関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース