会社・企業関係の発言や為替ニュース

会社・企業のイメージ

 特に米企業の決算結果や為替や株などの相場に対して影響を与えるような発言やニュースです。

 為替相場は特に各国の経済と深く関わりがあるため、その経済の大本となる会社や大企業の経営状態などとも深く関わりがあります。

 この項目は多くの為替に影響を与えるような会社の発言やニュースを元にしていますが、複数企業によるものなのでHDP・RHDPは悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-03-31][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)は30日、実験段階にある新型コロナウイルス用ワクチンの臨床試験を9月までに開始し、2021年初めには緊急使用許可を得られる可能性があると発表した。
・富士フイルムホールディングスは、抗インフルエンザ薬「アビガン」で新型コロナウイルスを治療する臨床試験(治験)を31日から始める。国内では医師が主導する研究的な投与はあるが、治療薬として正式に承認されるためには企業による治験が必要となる。有効性を証明できれば、早期に全国の医療機関で処方を受けられるようになる。
・米百貨店大手メーシーズは30日、約13万人の従業員の大半を一時帰休にすると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で、18日から全店舗を休業している。オンライン販売は続けているものの売り上げが激減しており、業務運営に必要な最小限の人員に縮小する。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係の最近の発言・ニュース

[2020-03-31][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)は30日、実験段階にある新型コロナウイルス用ワクチンの臨床試験を9月までに開始し、2021年初めには緊急使用許可を得られる可能性があると発表した。
・富士フイルムホールディングスは、抗インフルエンザ薬「アビガン」で新型コロナウイルスを治療する臨床試験(治験)を31日から始める。国内では医師が主導する研究的な投与はあるが、治療薬として正式に承認されるためには企業による治験が必要となる。有効性を証明できれば、早期に全国の医療機関で処方を受けられるようになる。
・米百貨店大手メーシーズは30日、約13万人の従業員の大半を一時帰休にすると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で、18日から全店舗を休業している。オンライン販売は続けているものの売り上げが激減しており、業務運営に必要な最小限の人員に縮小する。

[2020-03-30][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ルノー「中国と韓国除く全ての設備が現時点で停止」
・米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は30日、実験段階にある新型コロナウイルス用ワクチンの臨床試験を9月までに開始し、2021年初めには緊急使用許可を得られる可能性があると発表した。
・富士フイルムホールディングス(HD)が、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、新型コロナウイルス治療のための臨床試験(治験)を近く始めることが30日、分かった。増産も進める。

[2020-03-27][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ドイツの自動車メーカーであるダイムラーが、新型コロナウイルスのパンデミックによる影響に対処するため、少なくとも100億ユーロの新たな信用枠の確保で複数の銀行と協議していると報じている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたという。
・自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が新型コロナウイルスの感染拡大を受けた北米工場の操業停止期限を現在の3月30日から延長することが明らかになった、と報じている。
・フランス紙レゼコーは、フランス自動車大手ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合が検討している連携強化策のひとつとして、三菱商事がルノー株を10%取得し資本参加する案が浮上していると報じている。
・日産自動車は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内3工場で4~5月にかけて断続的に生産を停止すると明らかにした。ホンダも4月、国内2工場での四輪・二輪車製造について、それぞれ2日ずつ見合わせる。世界的な需要縮小に加え、部品調達に支障を来しているためで、自動車メーカーの生産現場での混乱が続いている。
・トヨタ自動車は27日、新型コロナウイルスの感染拡大から生産規模を縮小していた中国・天津市の完成車工場について、従業員の安全確保や部品調達にめどが付いたとして、30日に通常操業へ戻すことを明らかにした。これにより、トヨタは新型ウイルス流行の震源地となった中国の完成車工場全4カ所で従来の稼働体制を回復する。

[2020-03-25][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・丸紅は25日、2020年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正し、純損益を従来の2千億円の黒字から1900億円の赤字に引き下げると発表した。前期の2308億円の黒字から一転して過去最大の赤字に転落する見通しだ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界経済の停滞や資源価格が下落していることなどが影響した。

[2020-03-24][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・アンジェスは24日、大阪大学と共同開発している新型コロナウイルス予防用DNAワクチンについて、原薬が完成したと発表した。近日中に動物向け試験を開始する予定という。
・トヨタとNTTが異例の資本提携へ、スマートシティー構想で巨額の相互出資と報じた。

[2020-03-23][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ソフトバンク・グループは、自己株式取得と負債削減のため4.5兆円のプログラムを取りまとめた。
・ソフトバンクグループは、向こう1年をかけて最大4兆5000億円分の資産を売却して、負債を削減するなどの方針を明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大への懸念から世界的に株価が下落する中、ソフトバンクグループをめぐっては投資先のスタートアップ企業の業績への懸念などから株価が急落していた。

[2020-03-20][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米マイクロソフト(MS)は19日、企業や教育機関向けの交流ソフト「チームズ」の機能を年内に拡充すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が増えており、ビデオ会議の使い勝手を向上させる。
・貴金属・宝飾品大手の米ティファニーは20日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.80ドルとなった。事前予想は1株当たり1.74ドルの利益。
・米航空機大手ボーイングが人員削減や生産停止を検討していることが明らかになった。主力機の墜落事故による運航停止に新型コロナウイルスの感染拡大が重なり、経営が急速に悪化。資金繰り懸念が強まって米政府に計600億ドル(約6・6兆円)の金融支援を求めていた。

[2020-03-19][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米インターコンチネンタル取引所は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、NY証券取引所が23日から取引フロアを一時閉鎖すると発表した。完全電子取引に一時的に移行するという。
・トヨタ自動車は18日、新型コロナウイルス感染症対策として北米工場の操業を23日から2日間停止すると発表した。工場の清掃と消毒を徹底し、25日から再開する。米国に地盤を置く「ビッグスリー」と呼ばれる自動車大手3社も30日まで停止する。
・ホンダは19日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、英国南部・スウィンドンにある四輪車工場の稼働を同日から4月5日まで停止すると明らかにした。
・米住宅建設大手レナーは19日、12-2月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.27ドルとなった。事前予想は1株当たり0.84ドルの利益。

[2020-03-18][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、ソフトバンクグループが、米シェアオフィス大手・ウィーワークに対する支援計画について、規制当局の調査を理由に一部撤回すると報じた。

[2020-03-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米インターネット通販大手アマゾン・コムは16日、新型コロナウイルスの感染拡大によって通販需要が増えているとして、米国で10万人を新規雇用すると発表した。配送センターに加え、傘下の米スーパー、ホールフーズ・マーケットで配達用商品を扱う人員を大幅に拡充する。
・ゴールドマン・サックスは17日、第1・四半期の中国の国内総生産(GDP)予想を前年比2.5%増から9%減に下方修正した。1─2月の経済指標が「著しく低迷」したことが理由。同社は、GDPが新型コロナの感染拡大前の水準に戻るのは第3・四半期以降になると予測し、中国の通年のGDP予想を5.5%増から3%増に下方修正した。

(最終更新日時 2020-04-01 17:31)

会社・企業関係の発言・ニュース バックナンバー

会社・企業関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース