会社・企業関係の発言や為替ニュース

会社・企業のイメージ

 特に米企業の決算結果や為替や株などの相場に対して影響を与えるような発言やニュースです。

 為替相場は特に各国の経済と深く関わりがあるため、その経済の大本となる会社や大企業の経営状態などとも深く関わりがあります。

 この項目は多くの為替に影響を与えるような会社の発言やニュースを元にしていますが、複数企業によるものなのでHDP・RHDPは悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-05-23][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・エヌビディア株は時間外で急騰。決算の内容が良好だったうえ、増配や株式分割を発表したことも好感されて時間外取引で同社株は5%超上昇している。
・資源大手の英アングロ・アメリカンは、オーストラリアの同業BHPグループからの正式な買収案の提示期限が延期となったと発表した。当初のロンドン時間22日から29日へ1週間延びた。アングロはBHPによる3度目の法的拘束力のない提案を拒否したことも明らかにした。
・ゴールドマン・サックスのエコノミストは、4月の英インフレ率が予想ほど低下しなかったことから、イングランド銀行(英中央銀行)が6月に利下げに踏み切る可能性は低く、初回利下げは物価動向をさらに見極めることができる8月になるとみている。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、AI関連投資の意外な勝ち組「電力株」、公益事業がセクター別上昇率トップと伝えた。
・米アパレル大手ラルフローレンは23日、2-4月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.71ドルとなった。事前予想は1株当たり1.65ドルの利益。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係の最近の発言・ニュース

[2024-05-23][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・エヌビディア株は時間外で急騰。決算の内容が良好だったうえ、増配や株式分割を発表したことも好感されて時間外取引で同社株は5%超上昇している。
・資源大手の英アングロ・アメリカンは、オーストラリアの同業BHPグループからの正式な買収案の提示期限が延期となったと発表した。当初のロンドン時間22日から29日へ1週間延びた。アングロはBHPによる3度目の法的拘束力のない提案を拒否したことも明らかにした。
・ゴールドマン・サックスのエコノミストは、4月の英インフレ率が予想ほど低下しなかったことから、イングランド銀行(英中央銀行)が6月に利下げに踏み切る可能性は低く、初回利下げは物価動向をさらに見極めることができる8月になるとみている。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、AI関連投資の意外な勝ち組「電力株」、公益事業がセクター別上昇率トップと伝えた。
・米アパレル大手ラルフローレンは23日、2-4月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.71ドルとなった。事前予想は1株当たり1.65ドルの利益。

[2024-05-22][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・トヨタ自動車が米南部テキサス州サンアントニオの工場に5億ドル超の追加投資を検討していることが分かった、と報じている。当局に税制上の優遇措置を要望していると明らかにしたという。トヨタは北米全体で部品の現地調達を図っており、必要な施設の整備などが進められる可能性がある。
・トヨタ自動車が米南部テキサス州サンアントニオの工場に5億ドル(約780億円)超の追加投資を検討していることが21日、分かった。当局に税制上の優遇措置を要望していると明らかにした。トヨタは北米全体で部品の現地調達を図っており、必要な施設の整備などが進められる可能性がある。
・SMBC日興証券では、2024年1-3月期のGDP1次速報を受けて、経済見通しを改定。実質GDP成長率は、24年度を前年比+0.5%、今回から新しく予想した25年度を同+1.6%としている。前回3月の予想からは、24年度を1.0ppt下方修正した。1-3月期GDPで落ち込みの大きかった消費や設備投資、輸出を下方修正している。前期比年率-2.0%となった1-3月に関しては、不正認証問題に伴う一部自動車メーカーの大幅減産の影響が大きかった。ただ、SMBC日興ではそれを除いても実質GDP成長率は-0.7%程度とマイナスであった可能性があると指摘しており、景気の基調は弱いと捉えている。
・米半導体大手エヌビディアが米西部時間22日午後1時(日本時間23日午前5時)過ぎに2024年2~4月期決算を発表する。生成AI(人工知能)の開発に使う半導体の需要は強く、市場は好業績を確実視する。日米の株式市場への波及効果も大きい。ジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)が語る成長見通しに注目が集まる。
・米銀シティグループは、2022年にロンドンの行員のファットフィンガー(誤入力)による取引が欧州株のフラッシュクラッシュを引き起こしたとして、英規制当局から6160万ポンド(約122億9000万円)の罰金を科された。
・電気自動車メーカー、米テスラは欧州でさえない4-6月(第2四半期)のスタートを切った。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1-3月(第2四半期)に比べ大きく改善するとの見通しを示していた。
・米ディスカウントチェーンのターゲットは22日、2-4月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.03ドルとなった。事前予想は1株当たり2.04ドルの利益。
・米半導体製造のアナログ・デバイセズは22日、2-4月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.40ドルとなった。事前予想は1株当たり1.27ドルの利益。
・米ディスカウント衣料小売り大手TJXは22日、2-4月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.93ドルとなった。事前予想は1株当たり0.86ドルの利益。
・米通商代表部(USTR)は22日、電気自動車(EV)への税率を8月1日に現在の4倍の100%に引き上げる案を公表した。通商法301条に基づく措置で米政府は180億ドル(約2.8兆円)分の中国からの輸入品を対象に2024年から26年にかけて制裁関税を引き上げる。トランプ前政権が実施した制裁関税を引き継ぎさらに強化する。

[2024-05-21][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米半導体大手エヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)はデル・テクノロジーズとのパートナーシップについて、人工知能(AI)顧客の拡大につながり、企業や組織の「AIファクトリー」創設を後押しするだろうと述べた。
・任天堂は、ゲームソフトを開発する米シバー・エンターテインメントの全株式を取得し、完全子会社化する契約をスウェーデンのエンブレイサー・グループと結んだと発表した。買収額や子会社化する時期は明らかにしていない。
・米投資ファンド、カーライル・グループが日本に特化した新ファンドで4300億円の資金を集めたことが21日、分かった。近く発表する。調達額は前回を約7割上回る。事業承継、企業の事業売却、非公開化などに焦点を当て、国内企業の価値向上を目指す。

[2024-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・みずほ証券では、米国の4月消費者物価指数(CPI)はインフレの減速を示したものの、次回6月のFOMCやその次の7月会合での利下げは難しいと考えている。パウエルFRB議長が5月14日に、「利上げによって需要が十分に弱まるかどうかを判断するには3カ月以上のデータが必要」と述べていることなどをその理由に挙げている。一方、9月会合にかけては景気の減速や労働需給の緩和を背景にインフレ率の鈍化傾向を確認できるとみずほでは考えており、24年内に2回の利下げにより、米長期金利は24年末にかけて4.1%程度への低下を予想している。

[2024-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・帝国データバンクは17日、円安に関する企業の影響アンケートの調査結果を発表した。昨今の円安進行について、63.9%の企業が「利益にマイナス」と回答。適正な為替レートとしては「1ドル=110~120円台」が約半数を占めた。

[2024-05-16][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本生命保険は16日、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)傘下の米生保コアブリッジ・ファイナンシャルに約38億3800万ドル(約5950億円)を出資し、発行済み株式の20%を取得すると発表した。
・米ウォルマート・ストアーズは16日、2-4月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.60ドルとなった。事前予想は1株当たり0.53ドルの利益。
・米スポーツ用品アンダーアーマーは16日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.11ドルとなった。事前予想は1株当たり0.07ドルの利益。

[2024-05-15][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ソニーグループのソニー・ピクチャーズエンタテインメントが、米メディア大手パラマウント・グローバルの買収計画を再考していると報じている。
・ドイツ鉄鋼・機械大手のティッセン・クルップが15日発表した2023年10月~24年3月期決算は、最終損益が3億7700万ユーロ(約640億円)の赤字だった。赤字幅は前年同期(1億500万ユーロの赤字)から拡大した。鋼材価格の下落と需要減が続いていることが響き、24年9月期の業績見通しを再び下方修正した。主要顧客である自動車産業の低調から全体の受注額が15%減った。
・ホンダは15日、今月上旬から中国で希望退職を募っていることを明らかにした。削減人数は非公表だが、関係者によると1000人を超える規模。中国では政府の支援策を追い風に電気自動車(EV)が急速に普及しており、ガソリン車を強みとする日系メーカーは販売不振が鮮明になっている。ホンダは多くの工場で生産調整も行っているもようだ。

[2024-05-14][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ゴールドマン・サックス・グループによると、米国株の高いバリュエーションは、投資家が株式市場の熱狂の多くを既に織り込んでいることを示唆しているものの、売りを開始すべきだという意味ではない。ブルームバーグが伝えた。
・米ウーバー・テクノロジーズは、ドイツの料理宅配大手デリバリーヒーロー傘下フードパンダの台湾事業を現金9億5000万ドルで買収する。両社の発表によると、当局による承認を経て2025年上期に取引が完了する見通し。また、ウーバーはデリバリーヒーローの新規普通株3億ドル相当を取得することでも合意した。
・米ホームセンター大手ホーム・デポは14日、2-4月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.63ドルとなった。事前予想は1株当たり3.60ドルの利益。

[2024-05-10][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・エヌビディアがけん引、単一銘柄ETFに資金殺到、リターン倍増目指すレバレッジ型ファンド、今年に入って総資産2倍に、と伝えた。
・バンク・オブ・アメリカ(BofA)がEPFRデータを基に行った調査によると、8日までの1週間で債券ファンドに差し引き178億ドルの資金が流入し、2021年7月以来の大きさとなった。ロイター通信が伝えた。

[2024-05-09][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ソフトバンクグループ傘下の英半導体設計会社アーム・ホールディングスの株価が8日の取引で急落した。通期売上高について精彩を欠く見通しを示した。ハイテク業界の人工知能(AI)投資ブームが鈍化しているとの懸念が強まった。
・米検察当局は米電気自動車(EV)大手テスラが同社のEVの自動運転機能について投資家や消費者に誤解を与え、詐欺行為を行った疑いがあるとして調査している。事情に詳しい3人の関係者が述べた。
・日本製鉄はUSスチール買収完了を視野に劣後債などによる総額2000億円程度の調達を行うと発表した。 同日の決算会見で森高弘副社長は、買収に反発する全米鉄鋼労働組合(USW)とは協議を続ければ必ず一致点が見つかると話し、買収完了への強い意志を示した。
・米高級革製品メーカーのタペストリーは9日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.60ドルとなった。事前予想は1株当たり0.67ドルの利益。
・米メディア大手のワーナーブラザース・ディスカバリーは9日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの損失は0.38ドルとなった。事前予想は1株当たり0.24ドルの損失。

(最終更新日時 2024-05-24 12:29)

会社・企業関係の発言・ニュース バックナンバー

重要人物・その他の発言・ニュース