会社・企業関係の発言や為替ニュース

会社・企業のイメージ

 特に米企業の決算結果や為替や株などの相場に対して影響を与えるような発言やニュースです。

 為替相場は特に各国の経済と深く関わりがあるため、その経済の大本となる会社や大企業の経営状態などとも深く関わりがあります。

 この項目は多くの為替に影響を与えるような会社の発言やニュースを元にしていますが、複数企業によるものなのでHDP・RHDPは悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-04-22][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・トヨタ自動車は21日、中国の清華大学と「清華大学トヨタ連合研究院」を設立すると発表した。中国の消費者らに選ばれる車づくりなどを共同で研究する。それぞれの人材を出し、4月中に同大学に設ける。共同研究の期間は5年間。世界の自動車販売の3割ほどを占める中国で電動化などの新技術を載せたクルマづくりを加速させる。
・日産自動車のゴーン前会長について東京地検特捜部はオマーンの販売代理店に日産から支出させた資金の一部をみずからに還流させ、5億5000万円余りの損害を与えたとして特別背任の罪で追起訴した。前会長の起訴は4回目となり弁護団は22日にも保釈を請求する方針で裁判所の判断が注目される。
・日本政策金融公庫大阪支店は22日、近畿地区の中小企業動向調査を発表、1~3月期の業況判断指数(前年同期と比べて「好転」と答えた割合から「悪化」を引いた値)は5.5で、2018年10~12月期よりも4.4ポイント落ち込んだ。
・日本生命は22日、2019年度の資産運用計画を明らかにした。オープン外債を増加させる方針を示したほか、ドル6割ユーロ3割の残高は変えない見通しとのこと。なお、為替ヘッジをかけないオープン外債への投資は円売り圧力になる。
・フランスの自動車大手ルノーが4月中旬、企業連合を組む日産自動車に対し、経営統合を改めて提案していたことが22日、分かった。日産側は拒否したという。関係者が明らかにした。両社のトップを務めたカルロス・ゴーン被告=会社法違反の罪などで起訴=の事件後の新体制となって以来、初めてとみられる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係の最近の発言・ニュース

[2019-04-22][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・トヨタ自動車は21日、中国の清華大学と「清華大学トヨタ連合研究院」を設立すると発表した。中国の消費者らに選ばれる車づくりなどを共同で研究する。それぞれの人材を出し、4月中に同大学に設ける。共同研究の期間は5年間。世界の自動車販売の3割ほどを占める中国で電動化などの新技術を載せたクルマづくりを加速させる。
・日産自動車のゴーン前会長について東京地検特捜部はオマーンの販売代理店に日産から支出させた資金の一部をみずからに還流させ、5億5000万円余りの損害を与えたとして特別背任の罪で追起訴した。前会長の起訴は4回目となり弁護団は22日にも保釈を請求する方針で裁判所の判断が注目される。
・日本政策金融公庫大阪支店は22日、近畿地区の中小企業動向調査を発表、1~3月期の業況判断指数(前年同期と比べて「好転」と答えた割合から「悪化」を引いた値)は5.5で、2018年10~12月期よりも4.4ポイント落ち込んだ。
・日本生命は22日、2019年度の資産運用計画を明らかにした。オープン外債を増加させる方針を示したほか、ドル6割ユーロ3割の残高は変えない見通しとのこと。なお、為替ヘッジをかけないオープン外債への投資は円売り圧力になる。
・フランスの自動車大手ルノーが4月中旬、企業連合を組む日産自動車に対し、経営統合を改めて提案していたことが22日、分かった。日産側は拒否したという。関係者が明らかにした。両社のトップを務めたカルロス・ゴーン被告=会社法違反の罪などで起訴=の事件後の新体制となって以来、初めてとみられる。

[2019-04-19][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ソフトバンクグループとトヨタ自動車が、米配車大手ウーバー・テクノロジーズに追加出資する方向で最終調整していることが分かった、と報じている。自動運転技術の開発部門が対象で、投資額は約10億ドルに上る見通しだという。

[2019-04-18][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米地銀のキーコープは18日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.40ドルとなった。事前予想は1株当たり0.41ドルの利益。
・米大手地銀シチズンズ・ファイナンシャル・グループは18日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.93ドルとなった。事前予想は1株当たり0.89ドルの利益。
・米産業機器メーカーのダナハーは18日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.07ドルとなった。事前予想は1株当たり1.02ドルの利益。
・たばこ会社最大手フィリップモリスは18日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.09ドルとなった。事前予想は1株当たり1.00ドルの利益。
・米金融総合サービス大手アメリカン・エキスプレスは18日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.01ドルとなった。事前予想は1株当たり1.99ドルの利益。

[2019-04-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・「アップルとクアルコムはロイヤリティーを巡る係争で和解した」ようだ。「アップルとクアルコムは全ての訴訟を取り下げることで合意した」という。
・日本ペイントホールディングス(HD)は、豪州の塗料大手「デュラックス・グループ」を買収し子会社化すると発表した。海外事業の拡大が狙いで、買収額は約3000億円を見込むという。
・東芝は、経営再建の一環として撤退を決めていたアメリカのLNG=液化天然ガス事業について、譲渡の契約をした中国企業「ENNエコロジカル」が、先週一方的に撤回をしたことから、来年3月までに新たな譲渡先を探すことになった。
・米食品飲料大手ペプシコは17日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.97ドルとなった。事前予想は1株当たり0.91ドルの利益。
・米金融大手バンクオブニューヨークメロンは17日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.94ドルとなった。事前予想は1株当たり0.96ドルの利益。
・米金融大手USバンコープは17日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.00ドルとなった。事前予想は1株当たり1.00ドルの利益。
・米複合企業のテキストロンは17日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.76ドルとなった。事前予想は1株当たり0.68ドルの利益。
・米金融大手モルガンスタンレーは17日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.33ドルとなった。事前予想は1株当たり1.17ドルの利益。
・米医薬品大手アボットラボラトリーズは17日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.63ドルとなった。事前予想は1株当たり0.61ドルの利益。

[2019-04-16][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・家計簿アプリを手掛けるマネーフォワードは15日、仮想通貨交換業への参入を延期すると発表した。システム開発を停止するといい実質的に撤回となる。仮想通貨の価格暴落や顧客保護のためのコスト増加で収益が見込めないと判断した。
・米資産運用会社ブラックロックは16日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は6.61ドルとなった。事前予想は1株当たり6.13ドルの利益。
・米医療保険会社ユナイテッドヘルスグループは16日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.75ドルとなった。事前予想は1株当たり3.60ドルの利益。
・米医療関連用品大手ジョンソンエンドジョンソンは16日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.10ドルとなった。事前予想は1株当たり2.04ドルの利益。
・米金融大手バンクオブアメリカは16日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.71ドルとなった。事前予想は1株当たり0.66ドルの利益。
・NZ乳業大手フォンテラは16日、毎月2回行う乳製品電子入札であるグローバルデーリートレード(GDT)を実施。GDT物価指数は前回比0.5%上昇した。

[2019-04-15][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・フランス紙ジュルナル・デュ・ディマンシュは、昨年春に日産自動車とフランス自動車大手ルノーの経営統合をめぐる協議に日本政府が関与していたことを示す日産幹部のメールを入手した、と報じている。
・ドイツの製薬・化学大手であるメルクは、半導体材料を手掛ける米バーサムの買収で合意したと発表した。負債を含めた買収額は65億ドルで、2019年後半に買収を終えるという。
・米エネルギー大手シェブロンは、同業の米アナダルコ・ペトロリアムを買収することで合意したと発表した。買収額はアナダルコの債務も含め500億ドル。米南部でのシェールオイルガス開発などを強化するという。
・米金融大手ゴールドマン・サックスは15日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は5.71ドルとなった。事前予想は1株当たり4.97ドルの利益。
・米金融大手シティグループは15日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.87ドルとなった。事前予想は1株当たり1.80ドルの利益。
・米ディスカウント証券大手チャールズ・シュワブは15日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.69ドルとなった。事前予想は1株当たり0.66ドルの利益。

[2019-04-12][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・東芝は、撤退を決めている米国での液化天然ガス(LNG)事業について、売却先の中国のガス大手ENNグループが売買契約を解除する意向を伝えてきたと発表した。最大1兆円の損失が生じる恐れがある「負の遺産」の処理は白紙に戻り、経営再建にも影響を与えそうだ。
・米銀大手JPモルガン・チェースは12日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.65ドルとなった。事前予想は1株当たり2.35ドルの利益。
・米地銀PNCファイナンシャル・サービシズ・グループは12日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.61ドルとなった。事前予想は1株当たり2.61ドルの利益。
・米銀大手JPモルガン・チェースは12日、1-3月期の決算を発表したが投資銀行収入は17億5千万ドルだった。予想は16億3千万ドル。
・米金融大手ウェルズ・ファーゴは12日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.20ドルとなった。事前予想は1株当たり1.09ドルの利益。

[2019-04-11][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・安川電機 は11日、2020年2月期の連結営業利益は前年比6.6%減の465億円を見込んでいると発表した。前年の下期にスマートフォンや半導体関連の設備投資需要が急減速したことや、米中貿易摩擦により中国製造業が投資を抑制した影響などを織り込んだ。ただ、会見した小笠原浩社長は「受注は第4四半期(12-2月期)に確実に底を打った」と指摘、今期は「巡航速度に戻る」との見方を示した。

[2019-04-09][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・欧州の航空機大手エアバスは9日、米政府が同社製航空機に関税を課す方針を示したことについて、法的な根拠はなく、貿易摩擦の悪化を招くと表明した。

[2019-04-08][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・第5世代(5G)移動通信ネットワークの導入を進めるドイツに対して、米政府は中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の排除をあらためて求めることはなかったと独紙フランクフルター・アルゲマイネ日曜版(FAS)が匿名の独政府当局者を引用して報じた。ブルームバーグが引用して伝えた。

(最終更新日時 2019-04-23 20:57)

会社・企業関係の発言・ニュース バックナンバー

会社・企業関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース