会社・企業関係の発言や為替ニュース

会社・企業のイメージ

 特に米企業の決算結果や為替や株などの相場に対して影響を与えるような発言やニュースです。

 為替相場は特に各国の経済と深く関わりがあるため、その経済の大本となる会社や大企業の経営状態などとも深く関わりがあります。

 この項目は多くの為替に影響を与えるような会社の発言やニュースを元にしていますが、複数企業によるものなのでHDP・RHDPは悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・トヨタ自動車は、米インディアナ州の工場で、生産ラインを刷新するため、7億ドルを追加投資すると発表した。北米で需要の高いスポーツ用多目的車(SUV)「ハイランダー」の増産を図り、雇用も拡大するという。
・大手総合電機メーカーの三菱電機が大規模なサイバー攻撃を受け、機密性の高い防衛関連、電力や鉄道といった重要な社会インフラ関連など官民の取引先に関する情報が広く流出した恐れがあることがわかった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係の最近の発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・トヨタ自動車は、米インディアナ州の工場で、生産ラインを刷新するため、7億ドルを追加投資すると発表した。北米で需要の高いスポーツ用多目的車(SUV)「ハイランダー」の増産を図り、雇用も拡大するという。
・大手総合電機メーカーの三菱電機が大規模なサイバー攻撃を受け、機密性の高い防衛関連、電力や鉄道といった重要な社会インフラ関連など官民の取引先に関する情報が広く流出した恐れがあることがわかった。

[2020-01-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米銀行持ち株会社ファースト・ホライゾン・ナショナルは17日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.47ドルとなった。事前予想は1株当たり0.42ドルの利益。
・世界最大の油田サービス会社の米シュルンベルジェは17日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.39ドルとなった。事前予想は1株当たり0.37ドルの利益。
・米資産管理大手ステート・ストリートは17日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.73ドルとなった。事前予想は1株当たり1.68ドルの利益。

[2020-01-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米銀行持ち株会社ファースト・ホライゾン・ナショナルは17日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.47ドルとなった。事前予想は1株当たり0.42ドルの利益。
・世界最大の油田サービス会社の米シュルンベルジェは17日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.39ドルとなった。事前予想は1株当たり0.37ドルの利益。
・米資産管理大手ステート・ストリートは17日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.73ドルとなった。事前予想は1株当たり1.68ドルの利益。

[2020-01-16][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・東京電力福島第1原発事故の反省から、国が原発に安全対策の強化を義務付けた新規制基準を2013年に導入したことにより、全国の商用原発で必要となった再稼働のための安全対策費と、施設の維持費、廃炉費用の総額が約13兆4569億円に上ることが15日、分かった。
・トヨタ自動車は、「空飛ぶ車」の早期実現に向け、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発を手掛ける米新興企業ジョビー・アビエーションと提携すると発表した。3億9400万ドルを出資し、友山副社長をジョビーの取締役として派遣するという。
・自動車のバッテリー(蓄電池)に使う鉛が、2カ月ぶりの高値をつけた。指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物価格は15日に1トン1999ドルと直近の安値をつけた8日から98ドル(5%)上昇した。世界の消費量の4割を占める中国の需要が増加するとの思惑から買われた。日本時間16日夕時点の時間外取引では2010ドル前後で推移している。
・米金融大手バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは16日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.52ドルとなった。事前予想は1株当たり1.00ドルの利益。
・米金融大手モルガン・スタンレーは16日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.20ドルとなった。事前予想は1株当たり1.03ドルの利益。

[2020-01-15][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米医療保険会社ユナイテッドヘルスグループは15日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.90ドルとなった。事前予想は1株当たり3.78ドルの利益。
・米金融大手バンクオブアメリカは15日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.74ドルとなった。事前予想は1株当たり0.70ドルの利益。
・米資産運用会社ブラックロックは15日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は8.34ドルとなった。事前予想は1株当たり7.69ドルの利益。
・米金融大手USバンコープは15日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.90ドルとなった。事前予想は1株当たり1.10ドルの利益。
・米金融大手ゴールドマン・サックスは15日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は4.69ドルとなった。事前予想は1株当たり5.52ドルの利益。
・米地銀PNCファイナンシャル・サービシズ・グループは15日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.89ドルとなった。事前予想は1株当たり2.91ドルの利益。

[2020-01-14][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米銀大手JPモルガン・チェースは14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.57ドルとなった。事前予想は1株当たり2.36ドルの利益。
・米航空大手デルタ航空は14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.71ドルとなった。事前予想は1株当たり1.40ドルの利益。
・英仏独は、イラン核合意で停止した国連の制裁再開につながる紛争解決手続きに着手すると表明した。
・米金融大手ウェルズ・ファーゴは14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.93ドルとなった。事前予想は1株当たり1.11ドルの利益。
・米金融大手シティグループは14日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.15ドルとなった。事前予想は1株当たり1.84ドルの利益。

[2020-01-13][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した1月10日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は、前週比11基減の659基で、2017年3月以来の低水準となった。3週連続の減少。減少幅は昨年10月以来の大きさ。前年同期の稼働数は873基だった。
・外電が関係者からの情報として伝えたところによると、米中通商協議「第1段階」合意への署名は15日にホワイトハウスで行われる予定で、トランプ米大統領が自ら出席するほか、すでに200人以上を署名式に招待したという。米中の「貿易戦争」で影響を受けた各州の国会議員が署名に立ち会うとみられる。中国側は劉鶴副首相のほか、商務部の鐘山部長、中国人民銀行の易網行長や、財政部、外交部、工業情報化部の副部長などが参加する予定。『香港経済日報』が13日伝えた。
・中国新車販売の低迷が中国経済を下押しするのは確実だ。仏グループPSAが高級車ブランドの合弁からの撤退を決めたほか、米フォード・モーターは人員削減を進め、中国の独自ブランドメーカーは相次いで工場の稼働を停止する。中国で自動車産業は関連産業を含めると国内総生産の約1割を占めるとされるだけに、政府は雇用安定を狙って支援に動き出している。

[2020-01-11][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・南ア国営電力会社エスコムのマブサ会長が辞任の意向を示したとの報道後、ランド(ZAR)は一時売りが強まった。対円では7.63円まで下押しし、ドルZARも14.26ZAR台から14.3369ZARまでZAR安ドル高に振れた。2時49分時点ではZAR売りは一旦落ち着いたものの、対円では7.65円近辺、ドルZARが14.31ZAR台と戻りも限定的。

[2020-01-09][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本からレバノンに逃亡した日産自動車元会長ゴーン氏が、裁判をレバノンで受けることを希望していると報じている。同氏弁護士の話が明らかにしたという。
・米化学大手デュポンは9日、韓国で先端半導体製造に必要なフォトレジスト(感光材)を生産すると発表した。同製品は日本勢が世界シェア9割超を握り、日本政府が対韓輸出管理を厳格化した3品目の1つだ。韓国政府は半導体材料の国産化を掲げ外資企業の工場誘致を促しており、デュポンのような動きが増えれば日本企業の競争力に影響する可能性もある。

[2020-01-08][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米資産運用大手パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO、ピムコ)は7日示した2020年の経済見通しで、景気後退(リセッション)リスクはここ数カ月で後退し、世界経済は今年「小幅な回復」を遂げる可能性があると予想した。
・トヨタ自動車が8日発表した中国市場における2019年の新車販売台数は、前年比9.0%増の162万700台だった。同時に発表した日産自動車は1.1%減の154万6891台。日系大手4社の業績が出そろった。米中貿易摩擦の影響で中国市場全体が低迷する中、トヨタは前年に続き過去最高を更新、ホンダも販売を伸ばした。日系大手で前年2位だったトヨタは首位に浮上、ホンダは2位につけた。18年にトップだった日産は3位に後退した。

(最終更新日時 2020-01-21 20:39)

会社・企業関係の発言・ニュース バックナンバー

会社・企業関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース