会社・企業関係の発言や為替ニュース

会社・企業のイメージ

 特に米企業の決算結果や為替や株などの相場に対して影響を与えるような発言やニュースです。

 為替相場は特に各国の経済と深く関わりがあるため、その経済の大本となる会社や大企業の経営状態などとも深く関わりがあります。

 この項目は多くの為替に影響を与えるような会社の発言やニュースを元にしていますが、複数企業によるものなのでHDP・RHDPは悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-02-25][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米食品医薬品局(FDA)は、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、有効性や安全性に問題がないとする資料を公表した。すでに接種が始まっている他社のワクチンは2回の投与が必要だが、同社のワクチンは1回で済むことから、接種の加速が期待されている。
・ロイターは、米石油大手エクソンモービルが、英国と北海に保有する遊休探査・生産資産の権益をノルウェーのプライベートエクイティ(PE)ファンド「ハイテクビジョン」に10億ドル超で売却すると報じている。売却で得た現金は大規模プロジェクトに充当する意向だという。
・ロイター通信によると、NTT傘下のNTTファイナンスは25日、米ドル建てで80億ドル、ユーロ建てで20億ユーロの無担保社債を発行すると発表した。調達額は1兆円超で、日本企業の一度の外債発行としては過去最大級となる。調達資金は、NTTがドコモ株の公開買い付け資金として金融機関から借り入れたブリッジローンの返済に充てる。
・米家電量販店ベスト・バイは25日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.48ドルとなった。事前予想は1株当たり3.47ドルの利益。
・米携帯電話の基地局用施設を所有・運営のアメリカン・タワーは25日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.07ドルとなった。事前予想は1株当たり2.17ドルの利益。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係の最近の発言・ニュース

[2021-02-25][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米食品医薬品局(FDA)は、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、有効性や安全性に問題がないとする資料を公表した。すでに接種が始まっている他社のワクチンは2回の投与が必要だが、同社のワクチンは1回で済むことから、接種の加速が期待されている。
・ロイターは、米石油大手エクソンモービルが、英国と北海に保有する遊休探査・生産資産の権益をノルウェーのプライベートエクイティ(PE)ファンド「ハイテクビジョン」に10億ドル超で売却すると報じている。売却で得た現金は大規模プロジェクトに充当する意向だという。
・ロイター通信によると、NTT傘下のNTTファイナンスは25日、米ドル建てで80億ドル、ユーロ建てで20億ユーロの無担保社債を発行すると発表した。調達額は1兆円超で、日本企業の一度の外債発行としては過去最大級となる。調達資金は、NTTがドコモ株の公開買い付け資金として金融機関から借り入れたブリッジローンの返済に充てる。
・米家電量販店ベスト・バイは25日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.48ドルとなった。事前予想は1株当たり3.47ドルの利益。
・米携帯電話の基地局用施設を所有・運営のアメリカン・タワーは25日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.07ドルとなった。事前予想は1株当たり2.17ドルの利益。

[2021-02-24][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は株主総会で増配する計画を明らかにした。CNBCが23日に報じた。ロイター通信が引用して伝えたもの。

[2021-02-23][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米ホームセンター大手ホーム・デポは23日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.65ドルとなった。事前予想は1株当たり2.65ドルの利益。
・アイルランド医療機器大手、メドトロニックは23日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.29ドルとなった。事前予想は1株当たり1.16ドルの利益。
・米百貨店メーシーズは23日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.80ドルとなった。事前予想は1株当たり0.07ドルの利益。

[2021-02-19][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日産自動車は、今後数年で英国内の工場に10億ポンド超を投資する計画を明らかにした。一方、仏ルノーとの連携については「協力を続け、モデルや技術面での連携の機会を探る」とし、「すべての選択肢を模索している」と述べている。
・農業機械世界最大手の米ディア・アンド・カンパニーは19日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.87ドルとなった。事前予想は1株当たり2.15ドルの利益。

[2021-02-18][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・JPモルガン・アセット・マネジメント(運用資産2兆3000億ドル=約244兆円)のボブ・マイケル最高投資責任者(CIO)によれば、クレジット市場を巡る高揚感はさらに高まる見通しだ。ブルームバーグが報じた。
・日本経済新聞によると、富士通は欧州の子会社を通じて、ポルトガル政府科学技術機構などの資金拠出により「富岳」の技術を取り入れたスーパーコンピューターシステムを2000万ユーロ(約25億円)で受注したと発表した。欧州連合(EU)やポルトガル政府が進めている取り組みの一環で、学術界や産業界の研究者らが広く利用することを想定している。
・米鉱物資源開のニューモント・マイニング社は18日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.06ドルとなった。事前予想は1株当たり0.95ドルの利益。
・米ウォルマート・ストアーズは18日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.39ドルとなった。事前予想は1株当たり1.51ドルの利益。
・日産自動車は、今後数年で英国内の工場に10億ポンド超を投資する計画を明らかにした。一方、仏ルノーとの連携については「協力を続け、モデルや技術面での連携の機会を探る」とし、「すべての選択肢を模索している」と述べている。

[2021-02-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ドイツスポーツ用品大手アディダスは、傘下の米リーボックを売却すると発表した。アディダスに経営資源を集中するという。
・ロイター通信によると、英豪系資源大手リオ・ティントが発表した2020年通期決算は、2011年以降で最高の利益を計上した。最終配当も過去最高となった。中国の積極的なインフラ投資で鉄鉱石の需要が拡大し、鉄鉱石価格が急伸したことが寄与した。中国の2020年の鉄鉱石輸入は過去最高。鉄鉱石価格は50%以上値上がりした。新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、世界経済が回復すれば、資源大手の業績はさらに上向くとの見方も出ている。
・MSMUFG証券では、2020年10-12月期のGDP上振れを反映し、2021年暦年の実質GDP成長率予想を、2020年11月のグローバルマクロ見通し出版時の+2.4%から+2.7%に引き上げた。上方修正は、10-12月期の発射台が上がったことによる足元調整が主因という。2020年度の見通しは、2020年11月時点の+3.9%を維持。2022年予想は前回(暦年+2.4%、年度+2.0%)から不変とした。
・スイス食品大手ネスレは、「ピュア・ライフ」など北米の飲料水ブランドを43億ドルで、プライベートエクイティ企業2社に売却すると発表した。高級ブランド「ペリエ」などの強化に注力するという。

[2021-02-16][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・時事通信によると、トヨタ自動車は16日、福島県沖地震で部品の調達に影響が出ているとして、国内の完成車工場15工場のうち9工場の14ラインで一時的に操業を停止すると発表した。期間はそれぞれ異なるが、17日から順次停止し、20日まで続ける。その後については状況を見て検討する。

[2021-02-15][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米ニュースメディアのポリティコは、フェイスブックとツイッターのソーシャルメディア(SNS)大手2社のトップが来月初めにも議会下院の公聴会で証言する方向で協議していると報じている。なお、公聴会のテーマは不明だという。
・ブルームバーグによると、米モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの「カウンターポイント・グローバル」部門(運用資産額1500億ドル=約15兆7400億円)は優れた成長株の選定能力で知られるが、投資対象の候補リストに暗号資産(仮想通貨)ビットコインを加えるかどうか検討している。
・米テスラのマスク氏は、ドージコイン保有者が大半売却なら支援という意向を示した。
・ロイター通信によると、南アフリカ医療製品規制庁(SAHPRA)は15日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発した新型コロナウイルスワクチンの実施研究を認可したと発表した。ロイターに明らかにした。これにより、医療関係者へのワクチン接種を開始できる。

[2021-02-12][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・NHKニュースによると、アメリカの製薬大手ファイザーが開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省の専門家部会は12日夜、会合を開き、有効性などが認められるとして承認することを了承した。これを受けて、田村厚生労働大臣が14日にも国内初の新型コロナウイルスのワクチンとして正式に承認する見通し。
・ブルームバーグは、ソフトバンク・グループ出資のクーパンが、米国でIPO申請と報じた。

[2021-02-11][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・世界保健機関(WHO)は、英アストラゼネカとオックスフォード大学が開発した新型コロナウイルスワクチンについて、最終段階の審査が進められており、2月半ばまでに緊急使用が承認される可能性があると明らかにした。
・有力欧米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、米ソフトウエア大手オラクルと小売大手ウォルマートによる中国短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業取得計画が無期延期になったと報じている。バイデン政権が、中国ハイテク企業による米安全保障への脅威をめぐる前政権の政策を見直していることが背景にあるという。
・ロイターは、米航空会社大手の首脳が12日にホワイトハウスの新型コロナウイルス対策本部と会合し、導入が検討されている旅行関連の規制措置をめぐり協議すると報じている。
・ロイター通信によると、英製薬会社アストラゼネカは11日、2020年第4・四半期の売上高が70億1000万ドルで、同社が集計したコンセンサス予想(68億1000万ドル)を上回ったと発表した。2021年の売上高は10%台前半の伸びを予想した。
・米食品・飲料大手ペプシコは11日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.47ドルとなった。事前予想は1株当たり1.46ドルの利益。
・米ソノコ・プロダクツは11日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.82ドルとなった。事前予想は1株当たり0.77ドルの利益。
・米インスタント食品大手ケロッグは11日、10-12月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.86ドルとなった。

(最終更新日時 2021-02-26 22:16)

会社・企業関係の発言・ニュース バックナンバー

会社・企業関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース