会社・企業関係

会社・企業関係のイメージ画像

 2022年5月の期間中の会社・企業関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-05-02][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・共同通信によると、トヨタ自動車は1日、吉林省長春市にある現地合弁の自動車工場の稼働を再開した。関係者が明らかにした。新型コロナウイルス対策で長春市がロックダウン(都市封鎖)され、3月中旬から約1カ月半にわたり休止を余儀なくされていた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

会社・企業関係による2022年5月 発言・ニュース

[2022-05-02][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・共同通信によると、トヨタ自動車は1日、吉林省長春市にある現地合弁の自動車工場の稼働を再開した。関係者が明らかにした。新型コロナウイルス対策で長春市がロックダウン(都市封鎖)され、3月中旬から約1カ月半にわたり休止を余儀なくされていた。

[2022-05-02][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、アマゾンに飽和の壁、高成長のネット通販に陰り、と伝えた。

[2022-05-02][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、三井物産は2日、ロシアで参画する液化天然ガス(LNG)開発事業の投資価値を合計806億円減額したと発表した。今期業績計画に織り込むロシアLNG事業に関連したマイナスの影響は現時点で大きくないが、状況が今後変化する可能性は十分にあるとしている。西側諸国から制裁を受けるロシアの国債格付け低下を受け、同社は関連事業の割引率を見直した。内訳は極東ロシアの「サハリン2」は441億円、北極圏の「アークティック2」は364億円。同時に2022年1─3月期に209億円の損失も計上した。3月末時点のロシアLNG事業の投融資保証残高は4047億円となった。

[2022-05-02][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本経済新聞によると、生命保険大手の日本生命保険と第一生命保険が資産運用を見直している。米国の金融引き締めによって為替ヘッジコストが上昇しているほか、急激に進んだ円安ドル高相場が反転する懸念も浮上。主力運用先の一つである米国債は投資しにくくなり、国債以上の利回りが狙える社債や不動産などオルタナティブ(代替)投資に軸足を移そうとしている。

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・BOAのモイニハン最高経営責任者(CEO)「消費は強い」

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、米国株の急落はまだまだ終わらないとの見方を、モルガン・スタンレーの米国株担当チーフストラテジスト、マイケル・ウィルソン氏が示した。同氏はウォール街でとりわけ弱気派の一人として知られる。

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、アマゾンに飽和の壁、高成長のネット通販に陰り、と報じた。

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・仏BNPパリバは3日、1-3月の決算を発表したが純利益は21.1億ユーロとなった。市場予想は16.2億ユーロ。

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・英メジャー(国際石油資本)BPの1-3月期純利益は62.5億ドルとなった。予想は44.3億ドルの利益。

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、英石油大手BPが3日発表した第1・四半期決算は、純利益が過去10年余りで最高の水準だった。石油価格上昇とトレーディング利益が寄与した。自社株買いの拡大も発表した。ロシアの石油大手ロスネフチの株式19.75%売却など、ロシア資産の売却に伴う損失を石油・ガス価格の急騰が相殺した。

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、米株式市場で弱気の心理が圧倒的に優勢となっており、米銀JPモルガン・チェースのストラテジストらによれば、相場反発は遠い先でないかもしれない。マルコ・コラノビッチ氏らアナリストは顧客向けリポートで、米個人投資家協会(AAII)の調査で示された2009年3月初め以降で最も弱気の評価に言及し、「投資家のセンチメントは極端に弱くなっている。軽度の投資家のポジショニングや懸念されたより良好な1-3月(第1四半期)の企業利益も手伝い、相場回復を可能にするはずだ」と分析した。

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米製薬大手ファイザーの、通期調整後1株利益予想6.25ドル-6.45ドルとなった。1-3月期の収入は予想は上回った。

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米化学大手デュポン・ド・ヌムールは3日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.82ドルとなった。事前予想は1株当たり0.67ドルの利益。

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米バイオ医薬品大手バイオジェンは3日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.62ドルとなった。事前予想は1株当たり4.35ドルの利益。

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米航空通信システム大手ロックウェル・コリンズは3日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.46ドルとなった。事前予想は1株当たり2.32ドルの利益。

[2022-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米エンジン大手のカミンズは3日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.92ドルとなった。事前予想は1株当たり3.57ドルの利益。

[2022-05-04][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、米テスラのマスク最高経営責任者(CEO)が買収・非公開化で合意しているツイッターについて、買収から最短3年で再上場させることを計画していると報じている。

[2022-05-04][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・共同通信によると、日本の自動車大手4社が3日発表した4月の米新車販売台数は計35万4051台と、前年同月と比べて27.5%減った。4社全てが減少し、マツダを除く3社は2桁の減少率となった。半導体不足といった供給網の混乱を背景に、新車供給が制約されたのが要因だ。

[2022-05-04][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ファストフード大手ヤム・ブランズは4日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.05ドルとなった。事前予想は1株当たり1.08ドルの利益。

[2022-05-04][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米バイオ医薬品企業のモデルナは4日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は8.58ドルとなった。事前予想は1株当たり4.98ドルの利益。

[2022-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・仏ソシエテ・ジェネラルは5日、1-3月の決算を発表したが収入は72億8千万ユーロとなった。また、純利益は8億42百万ユーロ。

[2022-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは5日、1-3月期の決算を発表したが調整後利益は91億30百万ドルとなった。予想は82億ドルの利益。

[2022-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、欧州エネルギー大手シェルが5日発表した第1・四半期決算は、石油・ガス価格の上昇などが寄与し過去最高益を計上した。調整後利益は91億3000万ドル。ロシアからの撤退に関連した税引き後で39億ドルの減損を反映したベースでも2008年の最高益を更新した。前年同期の32億3000万ドルから大幅に増加、前期比でも43%増加した。シェルが集計したアナリストの平均予想(86億7000万ドル)を上回った。

[2022-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本経済新聞によると、上海日本商工クラブは5日、上海市に工場を擁する日系企業のうち63%が操業を停止しているとの調査結果をまとめた。都市封鎖(ロックダウン)による物流網の寸断などが要因だ。上海市の都市封鎖で、ホンダが鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)の4月の生産を計画比5割減らすなど内外のサプライチェーン(供給網)に大きな影響を及ぼしている。

[2022-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米アプティブは5日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.63ドルとなった。事前予想は1株当たり0.58ドルの利益。

[2022-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米石油大手コノコ・フィリップスは5日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.27ドルとなった。事前予想は1株当たり3.18ドルの利益。

[2022-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米インスタント食品大手ケロッグは5日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.10ドルとなった。事前予想は1株当たり0.93ドルの利益。

[2022-05-06][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグは、米テスラのマスク最高経営責任者(CEO)による米ツイッター買収をめぐり、米連邦取引委員会(FTC)が調査に乗り出す方針だと報じている。

[2022-05-06][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、マクロヘッジファンド運営者のクリスピン・オデイ氏とサイド・ハイダー氏は、1-3月(第1四半期)に続き4月も運用成績がプラスとなった。両者は今年、世界で最も高いリターンを上げているヘッジファンドマネジャーとなっている。

[2022-05-06][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本経済新聞によると、中国汽車工業協会は6日、4月の新車販売台数が前年同月実績の半分近くまで落ち込むとの見込みを明らかにした。新型コロナウイルスの感染再拡大で上海市などの自動車工場が相次いで稼働を中止したため。世界最大の中国市場の急ブレーキは自動車大手の事業展開にも影響を与えそうだ。11日に販売台数を正式発表する予定。同協会によると、4月の新車販売台数の見込みは前年同月比で48%減の117万台。

[2022-05-06][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米エンジニアリング・建設会社のフルアーは6日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.16ドルとなった。事前予想は1株当たり0.25ドルの利益。

[2022-05-10][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストによると、明白なリセッション(景気後退)が回避されたとしても、米国株の見通しは特に明るいものではない。ブルームバーグが伝えた。

[2022-05-11][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・マスク・テスラCEO「ツイッターがトランプ前大統領を追放したことは間違い」「トランプ前大統領追放措置を覆す可能性も」

[2022-05-11][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・大和証券では、当面の米国株式市場の見通しについて考察している。9日の米国市場では主要株価指数が年初来安値を更新したが、これに関しては、FOMC後もくすぶるインフレ懸念が金利を高止まりさせていることが一因になっていると判断している。ただ、移動平均からのかい離状況などから、売られ過ぎの印象を受けると指摘。インフレ懸念は根強いものの米国のファンダメンタルズは今のところ堅調で、米国経済が腰折れするほど深刻な状況ではないと考えている。足元の相場は過度な悲観の揺り戻しから、自律反発しやすい局面に近づいているように思えるとコメントしている。

[2022-05-11][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、パナソニックホールディングズの梅田博和副社長は11日の決算会見で、「今期の前提レートはドル115円、円が現行水準で推移すれば業績にプラス」「上海ロックダウンの影響、まだ見積もることできておらず」などと述べた。

[2022-05-11][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、中国債市場から先月も資本が流出したもようだと国際金融協会(IIF)は推計している。1ー3月(第1四半期)は記録上で最大の流出だったという。IIFのエコノミスト、ジョナサン・フォーチュン氏は10日のリポートで、中国債は4月に21億ドル(約2700億円)の流出に見舞われたとのIIFの試算を発表。中国株は10億ドルの流入だったとの見方を示した。

[2022-05-12][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・日本経済新聞によると、トヨタ自動車は11日、2023年3月期の連結営業利益(国際会計基準)が前期より20%減り2兆4千億円になる見通しを発表した。

[2022-05-12][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・モルガン・スタンレーは最新リポートで。2022年の中国国内総生産(GDP)成長率について、21年の前年比8.1%増から4.2%増(基本シナリオ)に減速する見通しを示した。四半期ごとは4-6月期が3%増、7-9月期が4.3%増、10-12月期が4.7%増を見込む23年は5.7%増と予測している。『AAストックス』が12日伝えた。

[2022-05-12][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は12日の決算説明会で、「いま取るべき行動は徹底した守り、手元に現金を厚く積む」「ビジョンファンド、中国で出ていた利益はすべて消えマイナスになった」「時価純資産に占めるアリババの比率は22%まで低下、中国リスクだいぶ軽減された」などと述べた。

[2022-05-12][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米高級革製品メーカーのタペストリーは12日、1-3月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.51ドルとなった。事前予想は1株当たり0.41ドルの利益。

[2022-05-13][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、ソフトバンクを包み込むバブル崩壊の既視感、急速に崩れる投資の柱、最悪の状況はまだこれからか、と伝えた。

[2022-05-13][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、ゴールドマン・サックス・グループは年末時点の米国と英国、ドイツの10年国債利回り見通しを引き上げた。プラビーン・コラパティ氏ら金利ストラテジストは12日のリポートで、米10年債利回りは3.3%近辺で今年を終えると予想。これまでは2.7%前後と見込んでいた。独10年債は0.75%から1.25%、英10年債は1.95%から2.25%にそれぞれ上方修正した。「利上げの前倒しや高めのターミナルレートの織り込み、債券リスクプレミアムの再編」を理由に挙げた。

[2022-05-13][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・イーロンマスク氏が「ツイッター買収は一時保留」と発言したことを嫌気してツイッター株は時間外で18%超急落している。

[2022-05-13][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、米テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は13日、ツイッター買収合意を、スパムや偽アカウントに関する詳細情報が得られるまで一時的に保留にしたと明らかにした。マスク氏はツイッターで「スパム・フェイクアカウントが本当にユーザー数の5%以下か、裏付ける情報を得るまで合意は一時的に保留にした」と述べた。

[2022-05-13][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、米大口投資家、石油ガス業界に見直し買いの動き、大学基金や年金基金などの機関投資家は過去5年間、炭化水素投資を敬遠してきた、と報じた。

[2022-05-16][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、米ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファイン上級会長は、米経済がリセッション(景気後退)に陥る「リスクは極めて高い」とし、企業と消費者は備えを固めるべきだとの見解を示した。

[2022-05-16][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、米ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは今年と来年の米成長率予想を引き下げた。米金融当局が政策引き締めを進める中で金融市場の混乱を反映させた。

[2022-05-16][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・時事通信によると、三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手銀行グループ5社の2022年3月期連結決算が16日、出そろった。新型コロナウイルス感染症の経済活動への影響が前年より和らぎ、純利益合計は前期比30.6%増の2兆6470億円と4年ぶりの高水準となった。一方、ウクライナ侵攻で日米欧から経済制裁を受けているロシア向けの融資などに関し、三菱UFJ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループの3メガバンクは多額の引当金を計上。米金利上昇に伴い、保有する外国債券の価格下落による含み損も膨らんだ。

[2022-05-16][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、大手投資銀行が人民元相場の予想を下方修正している。下方修正は過去3週間で2度目。元が急落し、従来予想を下回ったことが背景だ。人民元は、景気減速、新型コロナウイルス流行に伴う経済の混乱、積極的な米金融引き締めを受けて、下落圧力が強まっており、対ドルで過去4週間で6%以上値下がりした。

[2022-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイターは、米テスラのマスク最高経営責任者(CEO)が、米フロリダ州マイアミで開かれた会議でツイッターのアグラワル最高経営責任者(CEO)とスパムアカウントの推計数をめぐり口論になり、ツイッターの買収価格引き下げが適切になる可能性があると述べたと報じている。会議の参加者が明らかにしたという。

[2022-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米エネルギー省は、同国の戦略石油備蓄が13日までの1週間で500万バレル減少し、5億3800万バレルと1987年以降で最低の水準になったと発表した。

[2022-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、米プライベートエクイティ(PE)大手のKKRは17日、英電力会社コントゥールグローバルを17億5000万ポンド(21億6000万ドル)で買収すると発表した。再生エネルギー分野の拡大を目指す。買収価格は1株当たり2ポンド636ペンスで、16日終値に36%上乗せした水準。コントゥールグローバルは株主に買収提案の受け入れを勧めるとしている。

[2022-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、ゴールドマン・サックス証券は、円安方向へのドル円レート予測改定と食品価格の一段の上昇を織り込み、日本のインフレ率予測を上方修正した。エコノミストの太田知宏氏は17日付リポートで、生鮮食品を除く消費者物価(コアCPI)は、2022年平均が1.6%、23年平均は1.9%上昇すると予想した。いずれも従来予想から0.2ポイント引き上げた。同証券のドル円レート予測が約5円円安方向に変更され、3カ月後には1ドル=128円、1年後には123円になることを織り込んだ。

[2022-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米ホームセンター大手ホーム・デポは17日、2-4月期の決算を発表したが1株当たりの利益は4.09ドルとなった。事前予想は1株当たり3.71ドルの利益。

[2022-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・大和証券では、米国株の当面の見通しについて考察している。先週は主要3指数が年初来安値を更新したが、金利上昇が一服したにも関わらず株価が下落した点に大和では注目。この背景として、中国を含めた世界経済の先行き懸念の強まりを挙げる声などがあると指摘している。一方、ファンダメンタルズやテクニカルの面からは下落し過ぎに見えるとコメント。現状では相場反発の手掛かりに乏しい状況ではあるが、株価上昇のきっかけになりうる材料として、上海市ロックダウンの緩和時期に向けた動きや、米個人消費の成長力の物差しというべき米4月小売売上高に注目している。

[2022-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米ウォルマート・ストアーズは17日、2-4月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.30ドルとなった。事前予想は1株当たり1.48ドルの利益。

[2022-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、投資家が保有する現金の比率が2001年9月以来の高水準に達したことが、バンク・オブ・アメリカ(BofA)のファンドマネジャー調査で分かった。世界経済の成長見通しが過去最悪に落ち込み、スタグフレーションの懸念が広がっている。投資家は株式相場の一段安も見込んでいる。

[2022-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ロイターは、中国東方航空旅客機が3月に墜落した事故をめぐる調査で、意図的な行為だった可能性が検証されていることが、複数関係筋の話で分かったと報じている。これまでに機器不良の証拠は見つかっていないという。

[2022-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・ブルームバーグによると、米銀ゴールドマン・サックス・グループは18日、今年の中国経済について、成長率見通しを4%に引き下げた。従来予想は4.5%だった。4月の経済統計が予想より悪かったことを理由に挙げた。同行のエコノミストらはリポートで、中国の国内総生産(GDP)は4-6月(第2四半期)に前年同期比1.5%増にとどまると予想。これまでは4%増と見込んでいた。年間成長率見通しは新型コロナウイルスの感染拡大がほぼ抑えられ、不動産市況が好転し、政府がインフラ支出を増やすという前提に基づいていると説明した。

[2022-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米大手ホームセンターのロウズは18日、2-4月期の決算を発表したが1株当たりの利益は3.51ドルとなった。事前予想は1株当たり3.23ドルの利益。

[2022-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・米半導体大手のアナログ・デバイセズアナログ・デバイセズは18日、2-4月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.40ドルとなった。事前予想は1株当たり2.11ドルの利益。

会社・企業関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース