日本政府関係

日本政府関係のイメージ画像

 2019年7月の期間中の日本政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年7月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年7月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・財務省は2日、浅川雅嗣財務官が退任し、後任に武内良樹国際局長が就くと発表した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

日本政府関係による2019年7月 発言・ニュース

[2019-07-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・財務省は2日、浅川雅嗣財務官が退任し、後任に武内良樹国際局長が就くと発表した。

[2019-07-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の萩生田光一幹事長代行は2日、日銀が発表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)が前回調査から悪化したことに関し「直ちに消費税に影響を与える数字ではない」と述べた。10月に予定通り税率を10%に引き上げるとの見通しを示したものだ。

[2019-07-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本政府が半導体などの製造に必要な材料3品目で韓国への輸出規制強化を決めたことについて、「トランプ流としか言いようがない手法で、効果を最大化しようとしている」と指摘した。

[2019-07-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・厚生労働省は、中小企業が従業員の老後資産づくりを支援できる私的年金制度「iDeCo+(イデコプラス)」を使える対象を、今の「従業員100人以下」から「300人以下」に広げる方針を固めた。公的年金の水準低下が見込まれるなか、小さな会社も働き手の資産形成をサポートしやすくして、より自助努力で老後に備えてもらう狙いがある。

[2019-07-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・共同通信は「日本政府、フッ化水素など3品目で対韓輸出規制を強化」などと報じた。

[2019-07-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・与野党7党首らは、日本記者クラブで討論会を行った。そのなかで、安倍首相(自民党総裁)は、10月に消費税率を10%に引き上げたのち、10年間は消費増税が必要ないとの考えを明らかにしている。一方、立憲民主党の枝野代表は10%への引き上げに反対の考えを示した。

[2019-07-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・河野外相は、イランのザリフ外相と電話で会談した。河野氏は、イランの低濃縮ウラン貯蔵量が主要6ヵ国との核合意が定める上限を超えたことについて懸念を伝達し、核合意を順守するよう求めたという。イランのロウハニ大統領は、核合意に基づく備蓄ウランの濃縮率拡大に言及しており、両外相はこれについても意見交換したとみられている。

[2019-07-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合いで、中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していると発表した。海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けているという。なお、尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは19日連続のこと。

[2019-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・公明党の山口代表は、安倍首相が10月に消費税率を10%に引き上げたのちの再増税について「今後10年間ぐらい必要ない」と表明したことについて、「10年後に首相をやっているかどうかは自らも否定していた。責任ある発言として受け止め切れない部分もある」と述べた。

[2019-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・2015年の日韓慰安婦合意に基づき元慰安婦や遺族への支援事業を行ってきた「和解・癒やし財団」が解散登記を終え、正式に解散したことがわかったと報じている。韓国政府は4日夕段階で、財団解散の事実を日本政府に伝えていないという。日本政府は解散に同意しておらず、反発を強めそうだ。

[2019-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・海外旅行に出かける人は299万人と過去最高を更新するという見通しを大手旅行会社がまとめた。

[2019-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・金融庁は保険会社に対し、自己資本の積み増しなどを求める新規制の検討に入った。2025年をめどに、保有する契約の評価を簿価から時価に変える。

[2019-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していると発表した。海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けているという。

[2019-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)によると、2018年度の運用実績は2兆3795億円のプラス運用となり、3月末の資産額は159兆2154億円に増えた。年末にかけて世界的な株安に見舞われたが、期末に持ち直した。19年1-3月の運用収益額は9兆1463億円の黒字だった。

[2019-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本経済新聞によると、5日、個人を対象とする6月の生活意識に関するアンケート調査を発表した。1年後の景況感が「良くなる」との回答から「悪くなる」を引いた景況感判断指数(DI)はマイナス36.1と前回の3月調査から5.5ポイント悪化した。悪化は2四半期ぶりで6年9カ月ぶりの低い水準となった。食料品など身近な商品の値上げに加え、10月に控える消費増税も心理面で重しになっているとみられる。

[2019-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の高橋則広理事長は5日の記者会見で、2018年度の運用環境について「大変、相場の変動率(ボラティリティー)が高い1年間だった」と振り返った。GPIFの18年度の運用実績は3期連続で運用益を確保したものの、内訳をみると国内株式の2兆732億円の赤字を、外国株式の3兆1411億円の黒字が補ったかたちだ。

[2019-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・米労働省の家計調査によると、悪天候により就業不能となった6月非農業部門労働者数は3万7000人だった。5月は7万2000人、過去の月平均は3万4000人で平均との差は3000人増となっている。

[2019-07-08][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本政府による輸出規制強化を受け、韓国政府高官が、財閥トップらと会い、状況把握に乗り出したと報じている。文大統領も10日に財閥トップらと直接会談する予定で、どのような対処方針を打ち出すかに注目が集まっているという。

[2019-07-08][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していると発表した。23日連続。海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けているという。

[2019-07-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本政府が、韓国に対する半導体の原材料などの輸出規制を厳しくした背景には、韓国側の貿易管理の体制が不十分であり、このままでは化学兵器などにも転用される可能性がある物資が、韓国からほかの国に渡るリスクが排除できないという懸念があったことが分かったと報じている。

[2019-07-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本政府による韓国への輸出規制拡大を受けて、同国で事業を営む日本企業に逆風が吹いている。韓国のコンビニエンスストアで人気の高い日本のビールの販売が1割減り、日本の高級車にキムチを投げる嫌がらせもインターネット上で報告されている。今後の不買運動の広がりは不透明な面もあるが、日本企業は警戒を強めている。

[2019-07-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本による輸出規制の強化に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が打開策を示せずにいる。文大統領は10日、大手財閥のトップを緊急招集し「官民緊急体制」の構築を呼びかけた。国際世論を味方につけようとも腐心するが、いずれの対応も決め手を欠き、早くも手詰まり感が強まっている。日本政府が問題視する韓国内の輸出規制の不備については、韓国政府は実態を把握・集計していると主張した。

[2019-07-11][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していると発表した。海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けているという。

[2019-07-12][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・民主党が多数派を占める米下院の司法委員会は11日、トランプ米大統領のロシア疑惑を巡る捜査への司法妨害の疑いで、娘婿のクシュナー大統領上級顧問など12人に召喚状を出すことを承認した。

[2019-07-12][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・秋葉剛男外務次官は12日、外務省内でスティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)と会談した。対北朝鮮での連携を確認し、イラン情勢についても意見交換した。秋葉氏は元徴用工訴訟などで悪化する最近の日韓関係に関し日本の立場も説明した。

[2019-07-12][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・総務省は12日、2018年度の地方税収決算見込み額(速報値)を発表した。地方法人特別譲与税を合わせた実質的な税収は前年度決算比2.6%増の41兆9563億円と、過去最高を2年連続で更新した。企業業績の増益を背景に、法人2税(法人事業税、法人住民税)が大きく伸びたことが影響した。

日本政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース