ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

ジョン・ウィリアムズ

 【2015年FOMC投票権保有】ジョン・C・ウィリアムズは経済学者・銀行家で、2011年3月よりサンフランシスコ連銀総裁に就任している。

 ウィリアムズは、スタンフォード大学で博士号を取得しており、、2009年からサンフランシスコ銀行のリサーチチームで執行副総裁兼ディレクターを務めた。

 また、不確実性下の金融政策、イノベーション、生産性、およびビジネスのサイクルに焦点を当てた研究をしており、広い角度からの経済分析を行った多くの論文を発表している。

HDP

中間派

 HDP   +0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-07-17][NP-3.0 HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「今は出口戦略について焦点を当てる時期ではない」「経済・市場は非常に困難な状況にある最中」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「現在は難しい状況下にあり、出口戦略を考えるときではない」「FRBの流動性供給プログラムはクレジット市場の歪みを緩和した」「米経済はディスインフレ圧力が強い」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「今年の下半期に成長が見込まれる」「経済の先行きには大きな不確実性がある」「現在のFEDのフォワードガイダンスは有効」「財政援助は経済をサポートするために極めて重要」
・米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は16日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う打撃から米経済が回復するには数年かかる可能性があるとし、利上げを考えるタイミングではないと述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

[2020-11-19][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「財政支援策なしとなれば今後数カ月で経済活動が減速する可能性も」「ワクチン開発のニュースでやや楽観的に」「高インフレを起こさずに労働市場の改善をさらに推し進めることができる」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FEDは経済を支援するために利用可能なすべてのツールを使用」「財政援助が減少するにつれて、経済はより大きな課題に直面する」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「経済は急速に回復したが、依然として深刻な景気後退に陥っている」「経済のリバウンドは驚くほど速いが、回復は非常に不均一」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「完全な回復はまだ数年かかるだろう」「経済の長期的な将来については楽観的、回復はより早く来るかもしれない」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「誰もが予想したよりも経済回復のスピードは速いが、まだ厳しい景気後退のなか」「完全雇用に戻るには数年かかるだろう」「FRBの政策修正は経済状況を鑑みて行う」

[2020-11-16][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.2]
・英紙フィナンシャルタイムズ(FT)は、米NY連銀のウィリアムズ総裁がインタビューに応じ、国内経済はプラスの軌道に乗っているとしながらも、なお「深い穴」から脱出できておらず、新型コロナウイルス感染拡大で経済成長が鈍化する恐れがあるとの認識を示したと報じている。

[2020-11-13][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「経済データは予想より良い」「失業率は依然として非常に高く、深い穴にまだいる」「インフレに下方向の圧力が多くある」

[2020-10-19][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.2]
・米NY連銀のウィリアムズ総裁は参加したオンラインイベントで、米経済がコロナ禍から回復するなか、旅行や宿泊などの一部産業のほか芸術活動の苦戦は続くと予想されるが、政府や地域社会が回復を支援していくとの考えを示した。

[2020-10-08][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「景気は回復しているが我々が望んだところには届いていない」「先行き見通しは不透明」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBの新たな枠組みは政策行動を経済的な成果に結びつける」「FRBのフォワードガイダンスは変化が起きた時に対応することができる」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「これまでの財政支援は非常に効果的」「対象を絞った財政支援は経済をより強くするだろう」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「目標を達成するためのツールの評価を継続する」「FEDのバランスシートは重要な政策ツール」

[2020-09-30][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「今年は楽観的な回復が見込まれる」「3年後に完全雇用に移行する可能性がある」「米国の経済は良好な軌道に乗っている」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「インフレには下向きの圧力があることを認識」「インフレについては懸念せず」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「依然として非常に弱い経済状態にある」「今年、来年もかなり力強い回復が見られるとの楽観的見方もある」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「経済は強力で持続的な回復を期待している」「経済のリバウンドは上向きで驚く」「ゼロに近いレートがいつまでの期間、実施されるかの予測はしない」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「財政援助の削減は強力な回復を弱めるだろう」「連邦政府は経済で起こった事に対するツールを持っている」

[2020-09-29][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「パンデミックは改革を考える機会」「屈強な銀行が米国を強い回復路線に乗せる」

[2020-09-25][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.2]
・米NY連銀のウィリアムズ総裁は、新型コロナウイルス危機によって有色人種のコミュニティーが特に打撃を受けたと述べた。また、経済の完全回復にはヘルスケアや教育、インフラ、職業訓練などへの投資が必要としている。

[2020-09-02][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「インフレの低下傾向は政策余地を狭める」「FRBの新たな指針は雇用とインフレ目標達成を支援」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「2%のインフレに一時的に到達するだろう、しかし2%のインフレを維持するのに挑戦しなくてはならない」「FRBはどの自然失業率にも縛り付けられてはいない」

[2020-07-17][NP-3.0 HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「今は出口戦略について焦点を当てる時期ではない」「経済・市場は非常に困難な状況にある最中」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「現在は難しい状況下にあり、出口戦略を考えるときではない」「FRBの流動性供給プログラムはクレジット市場の歪みを緩和した」「米経済はディスインフレ圧力が強い」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「今年の下半期に成長が見込まれる」「経済の先行きには大きな不確実性がある」「現在のFEDのフォワードガイダンスは有効」「財政援助は経済をサポートするために極めて重要」
・米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は16日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う打撃から米経済が回復するには数年かかる可能性があるとし、利上げを考えるタイミングではないと述べた。

(最終更新日時 2020-11-20 19:01)

ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース バックナンバー

ジョン・ウィリアムズ カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース