ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

ジョン・ウィリアムズ

 【2015年FOMC投票権保有】ジョン・C・ウィリアムズは経済学者・銀行家で、2011年3月よりサンフランシスコ連銀総裁に就任している。

 ウィリアムズは、スタンフォード大学で博士号を取得しており、、2009年からサンフランシスコ銀行のリサーチチームで執行副総裁兼ディレクターを務めた。

 また、不確実性下の金融政策、イノベーション、生産性、およびビジネスのサイクルに焦点を当てた研究をしており、広い角度からの経済分析を行った多くの論文を発表している。

HDP

中間派

 HDP   +1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-12][NP-2.0 HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP -0.1]
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「米国のリセッションのリスクが上昇しているとは考えていない」「FEDは景気の拡大のために正しい選択をする」
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「貿易と世界的な成長に関して不確実性に直面」「インフレには上昇圧力がない」
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「現在の状況は複雑だが経済は良好」「米経済が短期的にリセッションに陥る可能性は低い」「FRBは金利調整の準備が必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

[2019-07-19][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP -0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「大惨事を待つよりも予防的なアプローチをとるほうが良い」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「低インフレは世界的な問題であり、米国だけのことではない」「大惨事となるより予防的なアプローチをとるほうが良い」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「ゼロ金利への接近は中央銀行の対応の仕方を変える」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「現在、米国の中立金利は0.5%程度と予測」「金利がゼロ近辺の時は迅速に追加の金融緩和に踏み切る必要」
・ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が「現在、米国の中立金利は0.5%程度と予測」「積極的に予防的なアプローチをとるほうが良い」「金利がゼロ近辺の時は迅速に追加の金融緩和に踏み切る必要」と述べたことを受けて、米短期金融市場で30-31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での50bpの利下げ確率が前日の34%から59%に上昇した。
・米ニューヨーク連銀の報道官は、同連銀のジョン・ウィリアムズ総裁による18日の講演について、連邦準備制度理事 (FRB)が7月に大幅な利下げを行う可能性を示唆する意図は なかったと述べた。

[2019-07-16][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP -0.1]
・ウィリアムズ米NY連銀総裁は参加したイベントで、不正操作が問題となったロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に代わる指標金利への移行について「待ったなし」との考えを示した。

[2019-07-12][NP-2.0 HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP -0.1]
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「米国のリセッションのリスクが上昇しているとは考えていない」「FEDは景気の拡大のために正しい選択をする」
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「貿易と世界的な成長に関して不確実性に直面」「インフレには上昇圧力がない」
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「現在の状況は複雑だが経済は良好」「米経済が短期的にリセッションに陥る可能性は低い」「FRBは金利調整の準備が必要」

[2019-06-07][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「低すぎるインフレはより差し迫った問題に」「低い中立金利が定着している」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「我々は強い経済と雇用を認識」「第1四半期のGDPは依然としてトレンドを上回っている」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「今年のインフレはやや軟化している」「現在、金利は中立的だと考える」

[2019-06-01][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁はこの日の講演で、景気見通しや金融政策について言及しなかった。

[2019-05-23][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP -0.2]
・米NY連銀のウィリアムズ総裁は記者会見で、米経済が力強いこと、また、インフレ圧力が「基本的に存在していない」ことを踏まえると、現在の米金利は適切な水準にあるとの考えを示した。

[2019-05-22][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「金利は中立水準にあり、動かす理由はない」「物価上昇率の動きはFRBの目標に沿っている」「内需に牽引され米国経済は強く、今年の成長率は2%を超えるだろう」

[2019-05-21][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「当局者は堅調な労働市場を維持し、インフレを低く抑えたい」「我々は米経済の拡大を維持したい」
・NY連銀のウィリアムズ総裁は、物価を押し上げることなく失業率がどこまで低下できるかについて、米国の経済政策担当者は考え方を変えたとの見方を示した。

[2019-05-15][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP -0.2]
・NY連銀のウィリアムズ総裁が、トランプ米大統領が中国製品に関税を課した件について、「実際に関税が拡大すると仮定すると、向こう1年間にインフレが押し上げられ、恐らく成長にマイナス影響が出る」と述べたと報じている。また、米国が中国製品に課した関税ですでに物価がやや上昇したほか、成長も鈍化したとの認識を示したという。

[2019-05-14][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「将来の不況時の利下げ余地は限られるだろう」「中立金利が低下したことで新たな政策アプローチが必要になる」
・ウィリアムズ米NY連銀総裁「米国経済はしっかりと回復している」「企業の景況感と消費の弱い兆しを注視している」
・ウィリアムズ米NY連銀総裁「関税が大きくなればインパクトもより大きくなる」「米国経済のファンダメンタルは依然としてかなりしっかりとしている」

(最終更新日時 2019-07-20 16:37)

ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース バックナンバー

ジョン・ウィリアムズ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース