ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

ジョン・ウィリアムズ

 【2015年FOMC投票権保有】ジョン・C・ウィリアムズは経済学者・銀行家で、2011年3月よりサンフランシスコ連銀総裁に就任している。

 ウィリアムズは、スタンフォード大学で博士号を取得しており、、2009年からサンフランシスコ銀行のリサーチチームで執行副総裁兼ディレクターを務めた。

 また、不確実性下の金融政策、イノベーション、生産性、およびビジネスのサイクルに焦点を当てた研究をしており、広い角度からの経済分析を行った多くの論文を発表している。

HDP

中間派

 HDP   +0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-12-02][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBはテーパリングの加速に取り組むだろう」「オミクロン株感染が拡大した場合、物価上昇の原因となっている混乱がさらに深刻化する可能性」
・米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は1日付のニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたインタビューで、「次の会合に向けて学び、消化し、考えることは多くある」と述べた。ブルームバーグが引用して伝えたもの。
・米紙NYタイムズは、NY連銀のウィリアムズ総裁が、新型コロナウイルスの」新変異株「オミクロン株」の出現で、インフレ高進の要因になっている供給網の問題が長引く可能性があるとの見方を示したと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

[2021-12-02][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBはテーパリングの加速に取り組むだろう」「オミクロン株感染が拡大した場合、物価上昇の原因となっている混乱がさらに深刻化する可能性」
・米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は1日付のニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたインタビューで、「次の会合に向けて学び、消化し、考えることは多くある」と述べた。ブルームバーグが引用して伝えたもの。
・米紙NYタイムズは、NY連銀のウィリアムズ総裁が、新型コロナウイルスの」新変異株「オミクロン株」の出現で、インフレ高進の要因になっている供給網の問題が長引く可能性があるとの見方を示したと報じている。

[2021-11-19][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「米経済においてより広範なインフレの上昇を認識」「米国の原資産インフレ率上昇」「長期的なインフレ期待の上昇を歓迎するが、それほど上昇するべきではない」
・ウィリアムズNY連銀総裁「米国経済は反発しているが、パンデミックはまだ継続」「高インフレは人々にとって非常に困難」

[2021-11-18][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「昨春のような主要金融市場の深刻な混乱はまれ」「大きな衝撃に耐えられるよう、債券市場を強化する方策を検討する必要」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「米国債市場はここ数年、過剰に多くのショックに直面してきた」
・ブルームバーグによると、ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)初期に導入した緊急支援策は米国債市場の機能回復に奏功したと指摘した一方で、市場は本来のレジリエンスを取り戻していないとの見方を示した。
・米NY連銀のウィリアムズ総裁は、新型コロナ危機初期の市場混乱時にNY連銀が債券市場の安定化に向け前例のない行動を取ったとしたうえで、将来の大きな衝撃に備え市場の強化が必要であることを浮き彫りにしたという認識を示した。

[2021-11-15][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・米NY連銀のウィリアムズ総裁はウェブセミナーで、インフレ高進で収入が固定されている家計がより大きな打撃を受けるとし、物価高ですべての家計が同様の影響を受けるわけではないとの考えを示した。

[2021-10-22][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「経済には強い不透明感がある」「長期的なインフレ期待はFRB目標の2%に沿っている」「ドットチャートは完璧ではないが、有益な情報を伝える」

[2021-09-28][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「資産購入縮小は速やかに正当化される可能性」「長期インフレ期待は比較的安定」
・ウィリアムズNY連銀総裁「最大雇用にはまだほど遠い」「来年のインフレは2%まで低下を予想」

[2021-09-09][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「今年中の量的緩和縮小開始が適切」「世界各地でのデルタ株拡大、新たな不確実性を生んでいる」「経済再開により、完全回復へ良いモメンタムになっている」
・ウィリアムズNY連銀総裁「経済の完全回復にはかなりの時間がかかる」「経済指標はデルタ株拡大が消費、雇用の重荷になっていると示唆」「今年の実質GDP成長率は6%程度の見通し」「雇用最大化の目標達成へ長い道のり」などと述べた。
・ウィリアムズNY連銀総裁「最近数カ月間、雇用は強い」「雇用回復、レジャーなどパンデミックの影響が大きい分野で顕著」「最大雇用へ前進が続くと確信」「雇用の一段と大きな前進の宣言前により大きな改善を確認したい」
・ウィリアムズNY連銀総裁「インフレ率上昇、多くが一時的な要因」「来年には、インフレ率は2%前後の基礎的なトレンドに戻る」「インフレ見通しには大きな不確実性がある」「インフレ率が一段と大きな前進に達したのは明らか」
・ウィリアムズNY連銀総裁「量的緩和終了後も、景気回復と2%の物価目標へ支援継続」「2%物価目標に達したかどうか、徐々に明らかになっていく」
・ウィリアムズNY連銀総裁「失業手当が雇用市場にどのような影響を及ぼしているのか不明」「いつ、どのように債券購入をテーパーするかはFOMCの決定」「8月の雇用の失速はコロナ関連によるもの」「FEDの重要な問題は雇用増加の蓄積」

[2021-07-13][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「インフレの上昇にどの程度耐えることができるかを述べるのは早すぎる」「まだ実質的な進歩を達成していない」「資産価格は低金利、将来の楽観主義を反映」「最初にテーパリングの縮小、そののち利上げが行われる」
・ウィリアムズNY連銀総裁「インフレがどのように進展するかを述べるには早すぎる」「債券購入を縮小するための条件はまだ未達」「現在、住宅バブルの大きなリスクは見られない」「FEDは金融政策の選択に柔軟に対応できる」「テーパリングが始まっても、依然としてFEDの政策は緩和的」「FOMCがいつ資産購入を撤回するかを予想しない」
・ウィリアムズNY連銀総裁「FEDの資産購入は財政状態に大きく影響」「高い不確実性は依然として経済見通しを支配」「デルタ変異株懸念、利回り低下の一因の可能性」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「米経済は実質的なさらなる進展に達していない」「米住宅価格は非常に大幅に上昇し、株価は高水準にあるが、金融システムリスクについて懸念せず」「経済再開による特定の分野での価格急上昇はあるものの、データを注意深く監視することが重要」

[2021-07-12][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ米NY連銀総裁「平均インフレ目標は、急速な利上げを意味するものではない」「パンデミックショックは、インフレの分析を複雑化」「FRBは中期のインフレ見通しに焦点をあてている」

[2021-06-25][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「経済活動再開は想定より速いペースで進んでいる」「急速な経済再開がボトルネックと賃金上昇招いている」「ボトルネックの解決には時間がかかる」「価格の大幅上昇は永続と思うべきではない」
・ウィリアムズNY連銀総裁「今後数年間で完全な回復を期待」「回復の道はまだら模様である可能性」「インフレは来年2%前後に戻る」「インフレ見通しを非常に注意深く見守る」「FEDの政策を正常化する時ではない」「経済は完全雇用からかけ離れたまま」

(最終更新日時 2021-12-04 12:27)

ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース バックナンバー

ジョン・ウィリアムズ カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース