ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

ジョン・ウィリアムズ

 【2015年FOMC投票権保有】ジョン・C・ウィリアムズは経済学者・銀行家で、2011年3月よりサンフランシスコ連銀総裁に就任している。

 ウィリアムズは、スタンフォード大学で博士号を取得しており、、2009年からサンフランシスコ銀行のリサーチチームで執行副総裁兼ディレクターを務めた。

 また、不確実性下の金融政策、イノベーション、生産性、およびビジネスのサイクルに焦点を当てた研究をしており、広い角度からの経済分析を行った多くの論文を発表している。

HDP

中間派

 HDP   +1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-11-20][NP+3.0 HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「米経済は非常に堅調。労働市場の成長は良好」
・ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は19日、来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、国内の景気拡大持続に向け、段階的な利上げサイクルが続く見通しを示した。海外景気に減速の兆しが見えると、金融市場で懐疑的な見方が広がっている。総裁は繰り返し、米国経済や労働市場は「堅調」で、各企業に雇用を促していると指摘した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

[2019-01-18][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「米GDP成長率は2018年の3%に対して19年は2-2.5%程度になる見通し」「FRBは慎重さと辛抱強さ、正しい判断が必要」「労働市場は堅調」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「インフレ圧力が懸念される兆しは見られない」「状況が変化した場合はバランスシートの方針を見直す」「政府機関閉鎖や地政学的な不確実性は新たに発生した逆風」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「シャットダウン(政府機関の一部閉鎖)は第一四半期の成長に大きな影響を与える」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBは追加利上げに関し慎重になるべき」

[2018-12-22][NP-1.0 HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「経済の見通しが変更される可能性」「経済は強い」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「マーケットにかなり慎重に耳を傾けている」「経済へのリスクに関する市場の懸念を認識」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「今年の経済成長は約3%、失業率は低い」「追加利上げはコミットメントではない」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBはデータや見通しに基づき見解を調整する」

[2018-12-07][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「世界中で低金利による大きな課題に直面している」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「関税は不確実性の源泉」「全面的な貿易戦争となれば現実の懸念に」

[2018-12-05][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「インフレは2%を若干上回っているようだ」「米経済はしっかりしている」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「政策金利、さらなる漸進的な引き上げを予想」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「米経済には来年も強い追い風が吹く」「ある時点では利上げが必要かどうか不明確になるだろう」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「雇用市場は信じられないほど強い」「米国経済は引き続き強い成長を続けると予想」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「今後、1,2年、さらなる緩やかな利上げを予想」「FRBは2つの責務で目標達成」

[2018-11-30][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBは持続的に低いインフレのリスクを解決する必要」「中立金利はしばらくの間低いと予想」

[2018-11-20][NP+3.0 HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「米経済は非常に堅調。労働市場の成長は良好」
・ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は19日、来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、国内の景気拡大持続に向け、段階的な利上げサイクルが続く見通しを示した。海外景気に減速の兆しが見えると、金融市場で懐疑的な見方が広がっている。総裁は繰り返し、米国経済や労働市場は「堅調」で、各企業に雇用を促していると指摘した。

[2018-11-12][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.0]
・米NY連銀のウィリアムズ総裁とフィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁が、米労働市場は活況を呈しているものの、一部では潜在失業や技能不足などの問題が見られ、脆弱性はなお存在しているとの見解を示したと報じている。

[2018-11-09][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「持続的な成長は健全な雇用市場次第」

[2018-10-10][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「漸進的なさらなる米利上げ実施を予想」「財政刺激策や金融状況から一段と力強い成長を見込む」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBはさらなる漸進的な利上げを行なうだろう」「FRBは正常化へのプロセスから正常な政策へと接近している」「労働市場は非常に強く、インフレ圧力が高まる兆候はない」

[2018-10-05][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.0]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「経済が軌道に乗っていれば段階的な利上げは正しい」「2018年の米GDP見通しは3%以上、19年は2.5%」「インフレはしっかりと抑制されている。フィリップス曲線は非常にフラット」

(最終更新日時 2019-01-19 23:45)

ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース バックナンバー

ジョン・ウィリアムズ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース