ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

ジョン・ウィリアムズ

 【2015年FOMC投票権保有】ジョン・C・ウィリアムズは経済学者・銀行家で、2011年3月よりサンフランシスコ連銀総裁に就任している。

 ウィリアムズは、スタンフォード大学で博士号を取得しており、、2009年からサンフランシスコ銀行のリサーチチームで執行副総裁兼ディレクターを務めた。

 また、不確実性下の金融政策、イノベーション、生産性、およびビジネスのサイクルに焦点を当てた研究をしており、広い角度からの経済分析を行った多くの論文を発表している。

HDP

中間派

 HDP   +0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-05-05][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBの債券購入は金融政策の重要な部分を占めている」「株式や住宅市場の上昇は現在の金融安定性に対する重大なリスクにはならない」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「今年のインフレ率は2%以上になると予想しているが、一時的なものだろう」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「インフレ率がどの程度まで上昇すれば政策変更を促すことができるかについて、線引きをするつもりはない」「インフレ率が高くなりすぎた場合、FRBには対応する能力がある」
・ウィリアムズNY連銀総裁「(FRBの)債権買い入れは金融政策の重要な役割を担っている」
・ウィリアムズNY連銀総裁「インフレ率は年内に2%を超えると予想するが、一時的である公算が大きいと見込んでいる」「米経済が力強く、十分に回復すると確信している」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

[2021-05-05][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBの債券購入は金融政策の重要な部分を占めている」「株式や住宅市場の上昇は現在の金融安定性に対する重大なリスクにはならない」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「今年のインフレ率は2%以上になると予想しているが、一時的なものだろう」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「インフレ率がどの程度まで上昇すれば政策変更を促すことができるかについて、線引きをするつもりはない」「インフレ率が高くなりすぎた場合、FRBには対応する能力がある」
・ウィリアムズNY連銀総裁「(FRBの)債権買い入れは金融政策の重要な役割を担っている」
・ウィリアムズNY連銀総裁「インフレ率は年内に2%を超えると予想するが、一時的である公算が大きいと見込んでいる」「米経済が力強く、十分に回復すると確信している」

[2021-05-04][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「経済は正しい方向に向かっている」「景気完全回復には長い道のり」「今年の経済成長、80年代初め以降でもっとも急速なものになる」
・ウィリアムズNY連銀総裁「完全雇用と物価安定の目標には程遠い」「今年の実質GDP成長率、7%程度」「コロナ前より雇用は850万人少なく、金融危機後の最悪期と同程度」などと述べた。
・ウィリアムズNY連銀総裁「人口当たりの雇用比率は、コロナ前を3%以上、下回っている」「パンデミックの特殊な状況による物価変動に過剰反応しないことが重要」「今年のインフレ率は2%をやや上回るが、来年には2%程度に戻る」
・ウィリアムズNY連銀総裁「景気回復ペースは、世界経済の状況にも依存」「世界の他地域では、ワクチンの遅れや変異株などがみられる」「国際経済の状況も、米経済の完全回復に時間がかかる理由の1つ」「現在の経済状況は、金融政策のスタンスを変更するのに十分ではない」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBは高すぎるインフレに対処する手段を持っている」「財政政策が、今年の強力な経済回復に役立った」「財政支援が重大かつ持続的な不均衡を生み出し、高インフレに繋がることを懸念していない」
・ブルームバーグによると、米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は3日、「現在目にしているデータや状況は、連邦公開市場委員会(FOMC)による金融政策スタンスの変更に到底十分でない」との認識を示した。

[2021-04-15][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「パンデミックから最小限の傷跡で経済が回復できると期待している」「FRBは景気回復を支援する事を約束する」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「インフレは暫くボラタイルだろうが、2%目標近くで落ち着くだろう」「FRBはインフレが高過ぎる水準となった場合の対処の仕方をしっている」「完全雇用の状態にはまだ遠い」

[2021-03-31][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「FEDの金利が低いと景気回復に役立つ」「経済について楽観的、多くのポジティブ要素がある」「米国の経済回復は強力」

[2021-03-25][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「米国経済の大部分で改善が見られる」「米国の失業率を改善するための道はまだある」「コロナウィルスの予防接種率が現在経済を牽引」FEDは回復を支援するために利用可能なすべてのツールを使用してきた」
・ウィリアムズNY連銀総裁「年が進むにつれての急速な雇用の増加、成長を期待」「10年前よりも早く回復する可能性が高い」「FEDはインフレを低く安定させて約2%に保つことに特に重点を置いている」「米国経済は依然として不況」「今後しばらくの間、インフレは低水準にとどまると予想」
・ウィリアムズNY連銀総裁「米国の失業率が3.5%に低下するのを期待」「FEDがいつ金利を上げるかはわからない」「FEDの金融政策は完全な回復を促進するために本当に良い場所」「特定の失業率は完全な労働市場の回復を示唆していない」

[2021-02-26][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「米GDP伸び率が2021年に急速に回復すると予想」「インフレ圧力はしばらく抑制された状態が続く」「経済が完全回復し、最大雇用が達成されるのに数年かかる」「経済回復と最大雇用が達成されれば、物価目標にも近づく」

[2021-02-22][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・CNBCは、米NY連銀のウィリアムズ総裁が、政府の過剰歳出によって経済が過熱することを心配していないとしたうえで、雇用や物価はFRBに支援の縮小を促す水準をはるかに下回っているという考えを示したと報じている。

[2021-02-20][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「利回り上昇は懸念しない」「インフレ期待の高まりの兆候が見られる」「完全な景気回復には時間が掛かる」
・ウイリアムズ・NY連銀総裁「財政刺激策が過剰であることは心配していない」「住宅用不動産価格のかなりの上昇を見込んでいる」

[2020-12-03][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「米国経済は依然として非常に深刻な不況にある」「米国の経済成長が鈍化する兆候が見られる」「最近のデータは回復のペースの鈍化を示している」「今は不確実性が高まっている時期」「ワクチンが到着するかどうかではなく、いつ到着するかが重要」

[2020-11-25][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「FRBは経済が予想よりも良くなった場合には、自然に調整されるアプローチを採用している」「緩和的な金融政策は、経済が嵐を乗り切るのを助けている」
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「金融政策は、経済ができるだけ早く完全雇用に戻るのを助けるだろう」「財政政策は、ワクチンが利用可能になるまでの架け橋を築く上で重要な役割を果たす」「FRBの政策は非常に緩和的」

(最終更新日時 2021-05-06 03:26)

ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース バックナンバー

ジョン・ウィリアムズ カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース