ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

ジョン・ウィリアムズ

 【2015年FOMC投票権保有】ジョン・C・ウィリアムズは経済学者・銀行家で、2011年3月よりサンフランシスコ連銀総裁に就任している。

 ウィリアムズは、スタンフォード大学で博士号を取得しており、、2009年からサンフランシスコ銀行のリサーチチームで執行副総裁兼ディレクターを務めた。

 また、不確実性下の金融政策、イノベーション、生産性、およびビジネスのサイクルに焦点を当てた研究をしており、広い角度からの経済分析を行った多くの論文を発表している。

HDP

中間派

 HDP   +1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-05-16][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「当面利下げの必要性はない」「現時点で利上げの必要性もない」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「インフレ率が2%になるまで政策緩和を待つ必要はない」「インフレが2%に持続的に向かうという確信が依然として欠けている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

[2024-05-16][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「当面利下げの必要性はない」「現時点で利上げの必要性もない」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「インフレ率が2%になるまで政策緩和を待つ必要はない」「インフレが2%に持続的に向かうという確信が依然として欠けている」

[2024-05-07][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「最終的には利下げが行われるだろう」「全体のデータに基づいて利下げを決定する」

[2024-05-06][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
・NY連銀のウィリアムズ総裁は、2%の物価目標は物価安定の鍵で経済繁栄に不可欠だと述べた。FRBに対して政策の誘導、設定、コミュニケーション手法の見直しを求める声が一部で根強いなか、インフレ目標を擁護する形となった。

[2024-04-18][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「利下げの緊急性は感じていない」「経済は好調」「FF金利は経済をそれほど減速させていない」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「最終的には金利を下げる必要があるだろう」「利下げは経済活動によって決まる」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「利上げは私の基本的な予想ではない」「データが利上げを要求するなら、FRBは利上げするだろう」

[2024-04-15][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「今年の経済全体の成長率は約2%にとどまるだろう」「個人消費は好調」「経済の供給側から追い風が吹いている」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「最近のインフレ統計が転換点になるとは思わない」「市場はインフレ進行の鈍化を考慮に入れている」「いつものようにデータに依存している」

[2024-04-12][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は、金融当局はインフレと雇用の目標におけるバランス改善に向けて「極めて大きな進展」を遂げたとしつつ、「ごく近い将来」に利下げする必要はないとの考えを示した。

[2024-04-11][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「見通しは不確実であり、データ次第」「今年からの利下げを予測」「今年の米GDPは2%に達すると予想」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「雇用市場は依然として強い」「今年のインフレ率は2.25%から2.5%になると予想」「今年の失業率は4%に上昇すると予想」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「住宅を除いたコアサービスのインフレは予想よりも早く低下」「最終的には利下げが必要になる」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBの利上げは基本的な見通しの一部ではない」「短期的には金融政策を変更する必要はない」

[2024-02-29][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「インフレ率は2%に向かって下がり続けるだろう」「消費の強さが想定よりも速く弱まる可能性」
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「インフレ予測に対するリスクには両面がある」「インフレ率2%達成にはまだ道は遠い」「1月のCPIはインフレの改善軌道が荒いことを示す」
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「今年後半の利下げを検討可能」「利下げは期待インフレ率が2%に向かうかどうかに左右される」「好調な経済によりFEDはデータ分析に時間を割くことができる」
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「利下げペースはカレンダーではなくデータに依存」「2024年に3回の利下げは妥当な出発点」「利下げは四半期ごとのFEDの予測に結び付く必要はない」

[2024-02-24][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「ある時点で利下げが適切に。おそらく今年後半になるだろう」「利上げは私の基本的な考えではない」「経済に対する私の見方は1月の統計後も変わっていない」「今年の消費支出の伸びは鈍化すると予想」

[2024-01-18][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁はこの日の講演で、金融政策について言及しなかった。

(最終更新日時 2024-05-17 13:31)

ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース バックナンバー

ジョン・ウィリアムズ カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース