ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

ジョン・ウィリアムズ

 【2015年FOMC投票権保有】ジョン・C・ウィリアムズは経済学者・銀行家で、2011年3月よりサンフランシスコ連銀総裁に就任している。

 ウィリアムズは、スタンフォード大学で博士号を取得しており、、2009年からサンフランシスコ銀行のリサーチチームで執行副総裁兼ディレクターを務めた。

 また、不確実性下の金融政策、イノベーション、生産性、およびビジネスのサイクルに焦点を当てた研究をしており、広い角度からの経済分析を行った多くの論文を発表している。

HDP

中間派

 HDP   +1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-10][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「世界は長期にわたって低金利と取り組む」「フレームワークの変更は慎重に検討すべき」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジョン・ウィリアムズの発言・ニュース

[2020-01-10][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「世界は長期にわたって低金利と取り組む」「フレームワークの変更は慎重に検討すべき」

[2020-01-06][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・NY連銀総裁「世界的な低金利が普及している」「インフレ予測の低下は続くだろう」「インフレ期待が行き過ぎないようにすることも重要」

[2019-12-19][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「今年の経済は良好だった」「来年の経済成長は2%前後と予想」「3.5%の失業率は非常に良い水準」「失業率の上昇は見たくない」
・ウィリアムズNY連銀総裁「金融政策は良い位置にある」「2020年の経済はより良いパフォーマンスとなる」「FEDの政策は緩和的であり成長を支えている」「依然として重大なダウンサイドリスクがある」
・ウィリアムズNY連銀総裁「貿易、地政学的問題は未だに不確定のまま」「2019年はFEDが効果的に政策を調整した」「将来の政策を予想すべきでない」「見通しはポジティブ」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「失業率3.5%は非常に良い状態」「今年の経済は本当に好調」「来年約2%成長を見込む」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「インフレは2%目標に近づくと予想」「金融政策は緩和的であり、成長を支える」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「金融政策は良い状態にある」「将来の政策行動に予断を持たない」

[2019-12-14][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「経済は非常に良い位置にある」「インフレ率は低いが、目標に近づいている」
・ウィリアムズNY連銀総裁「FRDの利下げが住宅市場や消費者を支援した」「来年の2%成長を期待」「インフレは来年2%前後まで上昇」

[2019-11-20][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「FEDの金融政策のスタンスるは現状適切」「FEDは個々の経済データに過剰に反応すべきではない」「金利の上昇を促すようなリスクを認識せず」
・ウィリアムズNY連銀総裁「先行きにいくつかのダウンサイドリスクがある」「世界的な要因により経済が現在の予想よりも失速した場合、FEDは金利の引き下げを検討する可能性」

[2019-11-19][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「インフレ目標の達成に非常に近づいている」「インフレ率は低く安定、失業率も低い」「FRBの目的は経済をこの良い状況で維持すること」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「経済は非常に好位置にある」「インフレ目標達成に近づいている」「FRBの現在の政策は幾分緩和的」

[2019-11-15][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「米経済、金融政策は良い状態」「見通しに著しい変化があればFRBは政策を調整する」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「低インフレは高インフレよりも大きな懸念」「FRBの利下げは継続的な潜在的リスクに対する保険」

[2019-11-07][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「失業率は低く労働市場は本当に強い」「インフレは2%目標近辺に抑えられている」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「輸出の減速にもかかわらず企業投資や成長は依然として堅調」「世界的な成長鈍化とインフレ圧力抑制がより緩和的な政策の論拠」
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「雇用は強いが、経済の一部は依然、不振」

[2019-11-02][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズNY連銀総裁「経済は非常に良い位置にあり、力強い」「雇用は堅調」「経済の状況を楽観視」

[2019-10-18][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「FRBのオペが市場を安定させた」「バランスシートを巡る行動は金融政策のスタンスを変えない」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「利下げの効果が完全に有効となるには1-2年かかる」「景気後退から経済を支えるために財政政策を望む」
・ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁「金利は低く、利下げの余地は少ない」「FEDは必要があれば単独で景気後退に対処する適切なツールを持っている」

(最終更新日時 2020-01-11 13:03)

ジョン・ウィリアムズの発言・ニュース バックナンバー

ジョン・ウィリアムズ カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース