クラース・クノットの発言・ニュース

クラース・クノット

 クラース・ヘンドリクス・ウィリアム・(クラース)・クノットは1967生まれのオランダの経済学者・公務員で、オランダ銀行(オランダ中央銀行)の総裁、並びに欧州中央銀行(ECB)のメンバーです。

 クノットは、博士号を取得した後、オランダ中央銀行の金融・経済政策部門のシニアエコノミストとして勤務し、2009年にオランダ財務省の代理会計長、金融市場局長を務めた。

 また、国際通貨基金(IMF)の理事会メンバーとしても活躍をしている。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-01-31][NP+4.0 HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.4]
・クノット・オランダ中銀総裁「ユーロ圏の物価安定はリスクではない」「9月以降のテーパリングは正当」
・オランダ中銀のクノット総裁は実施した講演で「量的緩和(QE)策が突然終わることは恐らくないとの見方を支持する」「ユーロ圏のインフレ率はECBの目標に近づきつつあるため、ECBは9月以降の資産買い入れプログラムを終了させるべき」との考えを示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のクラース・クノットの発言・ニュース

[2019-02-13][NP     HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.4]
・クノット・オランダ中銀総裁(FT紙)「欧州中央銀行(ECB)にとって、おそらく静観スタンスが最適の姿勢」

[2018-11-23][NP     HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.4]
・クノット・オランダ中銀総裁「イタリアの問題はユーロ圏の通貨同盟が原因ではない」

[2018-11-15][NP     HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.4]
・オランダ中銀のクノット総裁が、イタリアは財政ルールを守るべきであり、ルールを守らなければ借り入れコストの上昇に見舞われるとの認識を示した、と報じている。
・オランダ中銀のクノット総裁が、ユーロ圏の経済成長の弱さは、ECBが政策の方向性を変えなければならないほど深刻でないとの認識を示した、と報じている。

[2018-10-09][NP     HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.4]
・オランダ中銀のクノット総裁は、ECBが来年1月に利上げのタイミングに関する討議を開始する必要があるとの見方を示したうえで、結論は未知数と述べた。

[2018-10-08][NP     HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.4]
・クノット・オランダ中銀総裁「1月から金利を動かす議論を始めるだろう」

[2018-06-06][NP     HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.4]
・クノット・オランダ中銀総裁「まもなく資産買入れの終了を宣言することは合理的」「インフレ見通しは刺激策にほとんど依存しない」「インフレ見通しは安定している」

[2018-03-30][NP     HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.4]
・クノット・オランダ中銀総裁がインタビューで、非常に遅いペースの政策正常化リスクに警鐘を鳴らした、と報じている。目覚しい経済成長やインフレ回復継続で、刺激策縮小の余地があるとの認識を示したという。

[2018-03-29][NP     HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.4]
・クノット・オランダ中銀総裁「最近のユーロ高を懸念していない」「ユーロ高はユーロ圏の経済の強さが影響」「金融政策の正常化は早すぎるより遅すぎるほうがリスク」

[2018-01-31][NP+4.0 HDP -0.9 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.4]
・クノット・オランダ中銀総裁「ユーロ圏の物価安定はリスクではない」「9月以降のテーパリングは正当」
・オランダ中銀のクノット総裁は実施した講演で「量的緩和(QE)策が突然終わることは恐らくないとの見方を支持する」「ユーロ圏のインフレ率はECBの目標に近づきつつあるため、ECBは9月以降の資産買い入れプログラムを終了させるべき」との考えを示した。

[2017-11-30][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・クノット・オランダ中銀総裁「来年9月以降の債権購入停止は正当」「インフレ見通しは物価安定への脅威なし」
・クノット・オランダ中銀総裁は、域内で物価下落のリスクが消滅し、ECBのインフレ目標の達成が確実になったため、債券買い入れを来年9月以降に段階的に終了すべきとの見解を示した。

(最終更新日時 2019-02-15 21:18)

クラース・クノットの発言・ニュース バックナンバー

クラース・クノット カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース