南アフリカ政府関係の発言・ニュース

南アフリカ国旗

 南アフリカ政府に関係した政府関係者による発言や、相場に影響を与える南アフリカ政府関連のニュースを紹介しています。

 このカテゴリ内では、複数の発言者や複数の関係者に対してのニュースなどを紹介しているため、HDP・RHDPの数値については目安の範囲となります。

 南アフリカは資源大国として世界的に有名な国で、南アフリカランドドルは資源国通貨の代表と考えられており、スワップポイントを狙う投資家にとっては非常に重要な国となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2023-01-26][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.1]
・南アフリカ準備銀行(SARB、中央銀行)声明「2023年GDP成長率は0.3% を予測(前回1.1%)」「23年CPIは5.4%と予測(前回から横ばい)、24年CPI見通しは4.8%(前回4.5%)」
・南アフリカ準備銀行(SARB、中央銀行)声明「インフレ見通しに対するリスクは上方修正」「成長見通しが悪化し、通貨安のリスクが高まった」「23年GDPの見通し下方修正は、大規模な停電とその他の物流制約が原因」
・クガニャゴ南ア準備銀行(SARB)総裁「中銀は物価安定に本気で取り組んでいる」「インフレは問題であり、国民はインフレによる所得圧迫に不快感を示している」「インフレリスクが上昇しているため、何もしないという選択肢はなかった」
・クガニャゴ南ア準備銀行(SARB)総裁「利上げを中止するには、インフレ率が目標範囲の中間値まで持続的に低下することが必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の南アフリカ政府関係の発言・ニュース

[2023-01-26][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.1]
・南アフリカ準備銀行(SARB、中央銀行)声明「2023年GDP成長率は0.3% を予測(前回1.1%)」「23年CPIは5.4%と予測(前回から横ばい)、24年CPI見通しは4.8%(前回4.5%)」
・南アフリカ準備銀行(SARB、中央銀行)声明「インフレ見通しに対するリスクは上方修正」「成長見通しが悪化し、通貨安のリスクが高まった」「23年GDPの見通し下方修正は、大規模な停電とその他の物流制約が原因」
・クガニャゴ南ア準備銀行(SARB)総裁「中銀は物価安定に本気で取り組んでいる」「インフレは問題であり、国民はインフレによる所得圧迫に不快感を示している」「インフレリスクが上昇しているため、何もしないという選択肢はなかった」
・クガニャゴ南ア準備銀行(SARB)総裁「利上げを中止するには、インフレ率が目標範囲の中間値まで持続的に低下することが必要」

[2023-01-24][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.1]
・南アフリカのパンドール国際関係・協力相は、ロシア・中国との合同軍事演習に批判が出ていることに対し、「友好国」との演習は「関係の自然な流れだ」と反論した。南アフリカはロシアのもっとも重要な同盟国のひとつとなっている。

[2023-01-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.1]
・ラマポーザ南アフリカ大統領「政府は電力問題に取り組んでおり、国営電力会社エスコムに対する一貫した計画がある」「エスコム問題はかなり前から起きていた」

[2022-12-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、南アフリカ与党・アフリカ民族会議(ANC)の党首選は、現職のラマポーザ大統領が再任された。任期は5年。
・ロイター通信によると、南アフリカ与党・アフリカ民族会議(ANC)の党大会は19日、党首選で現職のラマポーザ大統領を再任した。任期は5年。

[2022-12-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.1]
・南アフリカの議会は、不正資金疑惑が再燃したラマポーザ大統領の弾劾手続きを実施しないことを決めた。ラマポーザ氏は疑惑を否定しており、次期大統領選を占う今月の党首選でも続投を目指す。
・日本経済新聞によると、南アフリカの議会は13日、不正資金疑惑が持ち上がったラマポーザ大統領の弾劾手続きを行わないことを決めた。今月上旬には大統領が辞任の意向を固めたと報じられたが、与党内で続投を望む声が強まったためだ。ラマポーザ氏は3期目も視野に入ったが、汚職撲滅や経済改革は停滞する恐れがある。

[2022-12-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.1]
・時事通信は、南アフリカのラマポーザ大統領に資金疑惑が浮上していると報じている。それに対し、大統領報道官は、政治と司法の両面から闘う決意を示し、大統領に辞任の考えはないと訴えていた。

[2022-12-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.1]
・南アフリカ国会声明「本日の国会でラマポーザ大統領は議員からの質疑には応じない」「大統領は独立委員会の勧告が国家安定に影響すると指摘し、延期を要請」「ラマポーザ大統領は委員会による報告書の内容や次の行動を検討する時間を要求」
・南アフリカのラマポーザ大統領は不正疑惑の報道に関連して辞任を検討しているという。

[2022-11-24][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.1]
・南アフリカ準備銀行(SARB、中央銀行)声明「インフレ見通しに対するリスクは上向き」「インフレ率が持続的に目標レンジの中央に戻るのは2024年第2四半期頃と予想される」「3名が75bpの利上げを主張、2名は50bpの利上げを主張した」

[2022-11-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、南アフリカ準備銀行(中央銀行)のハニャホ総裁は1日、金利を引き上げる余地があるとの見解を示した。インフレ期待を目標レンジの中間付近にしっかりと固定する必要があると指摘した。南ア中銀は過去6回の金融政策決定会合で利上げしたが、ハニャホ氏は大学での講演で、政策金利はまだ最終地点に達していないとの認識を示した。

[2022-10-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.1]
・日本経済新聞によると、南アフリカの港湾都市における大規模ストが欧州の石炭先物価格に波及している。輸出減への懸念から、欧州の石炭先物は一時急伸した。ストライキの激化が報じられた12日に前日比5%強上昇した。欧州における南ア産一般炭のシェアはロシアのウクライナ侵攻前で1割弱。欧州が輸入の中心としていたロシア産が禁輸され、「欧州の石炭需給の逼迫が意識されている」(第一生命経済研究所の西浜徹氏)という。

(最終更新日時 2023-01-27 17:14)

南アフリカ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

南アフリカ政府 カレンダー

2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース