南アフリカ政府関係の発言・ニュース

南アフリカ国旗

 南アフリカ政府に関係した政府関係者による発言や、相場に影響を与える南アフリカ政府関連のニュースを紹介しています。

 このカテゴリ内では、複数の発言者や複数の関係者に対してのニュースなどを紹介しているため、HDP・RHDPの数値については目安の範囲となります。

 南アフリカは資源大国として世界的に有名な国で、南アフリカランドドルは資源国通貨の代表と考えられており、スワップポイントを狙う投資家にとっては非常に重要な国となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-02-25][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・南アフリカのムボウェニ財務相は予算演説で、2020年度(20年4月-21年3月)の公的債務がGDP比で80%になると明らかにした。19年度から15ポイント増えるという。新型コロナウイルス禍にともなう景気の落ち込みを考慮し、21年度の増税は最小限にする考えを示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の南アフリカ政府関係の発言・ニュース

[2021-02-25][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・南アフリカのムボウェニ財務相は予算演説で、2020年度(20年4月-21年3月)の公的債務がGDP比で80%になると明らかにした。19年度から15ポイント増えるという。新型コロナウイルス禍にともなう景気の落ち込みを考慮し、21年度の増税は最小限にする考えを示した。

[2021-02-24][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・南ア政府(予算案)「276億ランドの税収増を計画」「2021-22年会計年度の連結財政赤字はGDP比9.3%と予測」
・南ア政府(予算案)「2022-23年会計年度の連結財政赤字はGDP比7.3%と予測」「2023-24年会計年度の連結財政赤字はGDP比6.3%と予測」
・南ア政府(予算案)「2024-25年に財政黒字を目指すのが目標」「2022年の4月から法人税を27%に引き下げ」「2021年は3.3%成長と予測」

[2021-02-09][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・南ア・ランドは底堅さを取り戻し、対円では7.09円付近、対ドルで14.85ランド台での値動き。なお、新型コロナウイルスのワクチン接種に関し南アフリカ政府は、南ア変異種への効果が疑問視される英アストラゼネカ製ワクチンの接種計画を見送るもよう。一方、今後は米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)との協力を強化する、との考えが同国保健省の関係者から伝わっている。

[2021-01-26][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・南アフリカのラマポーザ大統領は、世界は協調して新型コロナウイルスに対処する必要があると述べ、先進国に対し過剰にワクチンをため込むことをやめるよう訴えた。

[2021-01-21][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・南アフリカで検出された新型コロナウイルス変異種「501Y.V2」には、感染後に回復した人の血液を使用する「回復期血漿療法」による抗体が効かないことが分かった。国家感染症研究所(NICD)と協力する研究チームが発表した。
・南ア中銀は21日、2021年GDP成長率予測を従来の+3.5%から+3.6%に引き上げた。
・南アフリカ準備銀行(SARB、中央銀行)声明「全体的なインフレ見通しは短中期的に均衡」「21年GDP見通しは3.6%に上方修正、前回予測3.5%」
・南アフリカ準備銀行(SARB、中央銀行)声明「21年コアCPI見通し3.4%、22年が4.0%と前回予測と変わらず」「将来のインフレ見通しは、前年の結果を踏まえてより安定的となった」「通貨下落によるインフレへのリスクは縮小」
・南ア中銀は21日、2021年第4四半期のインフレ期待は4.2%で従来見通しと変わらずとした。

[2021-01-19][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・南アフリカの伝染病専門家は、南アで検出された新型コロナウイルスの変異種について、人の細胞に結合しやすく、感染力が従来種よりも強いことが生物学的に確認されたと発表した。さらに、過去に新型コロナに感染していても変異種に対する免疫はさほどなく、再感染する可能性があるとも指摘している。

[2020-12-29][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・ラマポーザ南アフリカ大統領「新型コロナ、警戒レベルを1から3に引き上げ」「夜間外出禁止の時間を21時から翌6時までに拡大」「経済を止めないように努める」

[2020-12-15][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・南ア政府は、新たに2地域をコロナの感染ホットスポットに追加したもよう。各種メディアが伝えている。
・南アフリカのラマポーザ大統領は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、一部ビーチの閉鎖や大規模な集会の制限など、一段と厳しい措置を導入したと発表している。「過去2週間で新規感染が増加した。ただちに対策を取らなければ、第2波は第1波よりも深刻になる恐れがある」と指摘している。

[2020-11-24][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・南ア準備銀行(SARB)金融安定化レポート「債務の増加は金融セクターにとっては重大な脅威」

[2020-11-19][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・南アフリカ準備銀行(SARB、中央銀行)声明「インフレ見通しに対する全体的なリスクは、短期的には下向きだが中期的にバランスがとれているようだ」「重要なことに、将来におけるインフレ期待率は今年は緩和し続け、中間ポイントをわずかに下回った」
・南アフリカ準備銀行(SARB、中央銀行)声明「20年GDP見通し-8.0%、前回予測は-8.2%」「21年GDP見通し+3.5%、前回予測は+3.9%」「MPC投票は3対2で据え置き決定に賛成」
・クガニャゴSARB(南ア準備銀行)総裁「中期的にはインフレが十分に抑制」「成長見通しに対するリスクはバランスが取れていると評価」「パンデミック前の経済活動に戻るには時間がかかる」「金融政策は引き続き緩和的、今後の決定はデータ次第」

(最終更新日時 2021-02-26 22:16)

南アフリカ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

南アフリカ政府 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース