2017年6月15日の相場概要

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・14日のニューヨーク外国為替市場で円は失速。5月米小売売上高や5月米消費者物価指数(CPI)が予想より弱い内容となったことで米長期金利が急低下すると円買いドル売りが優勢となった。ナイトセッションの日経平均先物が170円下げたことも円買い外貨売りを誘った。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)後は急速に上げ幅を縮めた。FOMCはこの日、市場予想通り0.25%の利上げを決定。年内さらに1回、2018年中にも3回の利上げを見込む政策シナリオを維持した。量的金融緩和で膨らんだ保有資産の圧縮にも「年内に着手する予定」と正式に表明した。これを受けて米長期金利が急速に低下幅を縮めると円売りドル買いが優勢に。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が定例記者会見で「今後数年にわたって段階的な利上げが妥当」「今年からバランスシートの縮小に着手すると予想」「バランスシート縮小は比較的早期の実行があり得る」などと述べたことも相場の重しとなった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・15日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円はドルに対して方向感が定まらない。「モラー特別検察官がトランプ米大統領を司法妨害の可能性で捜査する」と報道を受けて円買いが先行した。その後、日経平均株価が70円超安から80円近い上昇まで持ち直したほか、本日は5・10日(五十日)とあって仲値に向けた円売りが進み上値が切り下がった。もっとも、日経平均株価が一転して130円近く下げたことで円売り圧力も後退した。一方、NZドルに対しては堅調。日経平均株価の一転下落がリスク回避目的の円買いを誘ったほか、NZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)が「中立金利は引き続き低下している」との見解を示したことでNZドルが全面安となった流れに沿った。なお、豪ドルに対しては下げ渋り。5月豪雇用統計で失業率や新規雇用者数が予想より強かったほか、4月分の新規雇用者数も上方修正されたことで円売り豪ドル買いで反応した。ただ、RBNZの見解を受けて対NZドルで円買いが強まると、つれる形で下値が切り上がった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・15日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は欧州通貨に対して堅調。しばらく方向感のない取引が続いたが、欧州勢の参入に伴い円買いユーロ売りが優位に。5月英小売売上高の発表を前に円買いポンド売りも強まったほか、結果が予想を下回ったことでさらに円買いが進んだ。一方、ドルに対してはもみ合い。新規の取引材料に乏しく持ち高調整の域を出なかった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・15日の欧州外国為替市場で円は軟調。序盤はもみ合いが続いていたが、時間外の米10年債利回りが上昇するにつれて円売りドル買いが強まった。イングランド銀行(BOE)が予想通り金融政策を据え置き、議事要旨で利上げを主張した委員が前回の1人から3人に増えたことが明らかになると対ポンドで円は急落。つれる形でその他通貨に対しても円売りが広がった。6月米ニューヨーク連銀製造業景気指数、6月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数、前週分の米新規失業保険申請件数がいずれも予想より強い内容だったことで対ドルでは円が下げ幅を広げた。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=110円40銭前後まで上昇したほか、
・ポンド円は1ポンド=140円76銭前後まで急速に値を上げた。
・南アフリカランド円は軟調。南アフリカ政府が「鉱山の30%は黒人所有になるべきだ」と発表したことが嫌気され、1ランド=8円52銭前後まで売られた。
・ユーロドルはさえない。1ユーロ=1.11432ドル前後まで下落。欧州勢が売りで参入したほか、その後もドル円や米長期金利の上昇に伴った売りに押された。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

FOMC[NP+3.6 HDP -0.6 CHDP +0.1 RHDP +2.7 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策のスタンスは引き続き緩和的である」「その結果、労働市場の状況がさらに強化されインフレが2%に戻っている」

2017年6月15日のFX要人発言・ニュース

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日のブラジル株式相場は強含み。ブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は0時10分現在、前日比276.87ポイント(0.45%)高の62105.86で取引されている。

ドナルド・トランプ[NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
ドナルド・トランプ・トランプ米大統領「銃撃犯は死亡した」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日のカナダ株式市場でS&Pトロント総合指数は弱含み。0時28分時点では前日比116.07ポイント(0.75%)安の15263.68で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は下げ渋り。0時過ぎに一時108.93円まで下落したものの、急ピッチで下落した反動からその後は買い戻しが入った。0時54分時点では109.17-20円で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ポンドドルは堅調。米長期金利の低下や全般ポンド高が進んだ影響から一時1.2818ドルと日通し高値を付けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日のロンドン株式相場は3日続落。FTSE100種総合株価指数は前日終値比26.04ポイント安の7474.40で取引を終えた。足もとの相場下落に対する反動から買いが先行したものの、外国為替市場でポンド高が進むと次第に上値を切り下げる展開に。原油先物相場が急落したことも石油株の売りにつながり、指数は引けにかけて下げに転じた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日のフランクフルト株式相場は続伸。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前日終値比40.97ポイント高の12805.95となった。序盤は買いが強まったものの、英国株の失速などに伴ってその後は上げ幅を縮めた。個別では、ドイツ・ポスト(2.53%高)やエーオン(2.05%高)が買われた半面、フォルクスワーゲン(2.11%安)などは下げた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日の米10年物国債利回りは低下が一服。1時48分時点では前日比0.1010%低い2.1100%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近7月限はさえない。1時48分時点では前日比1.77ドル安の1バレル=44.67ドルで取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日の米国株式相場は小幅高。ダウ工業株30種平均は2時29分時点では前日比14.66ドル高の21343.13ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同2.77ポイント高の6223.14で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の8月限は伸び悩み。2時33分時点では前日比7.7ドル高の1トロイオンス=1276.3ドルで推移している。

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係・FOMC(米連邦公開市場委員会)は政策上限金利を1.25%、政策下限金利を1.00%に引き上げる事を決定した。

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係・米連邦準備理事会(FRB)は13-14日、米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を現行の0.75-1.00%の範囲から1.00-1.25%に引き上げることを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。

FOMC[NP+3.0 HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.0]
FOMC・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場は引き続き強く、経済活動は今年これまでのところ徐々に上昇している」

FOMC[NP+3.6 HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.0]
FOMC・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利が緩やかな引き上げを正当化すると委員会は予想」

FOMC[NP+4.0 HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.1]
FOMC・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「保有資産の再投資方針を維持、縮小計画を説明」「インフレの動向を注視している」「今年あと1回の利上げ予想を維持」

FOMC[NP+3.6 HDP -0.6 CHDP +0.1 RHDP +2.7 CRHDP +0.2]
FOMC・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策のスタンスは引き続き緩和的である」「その結果、労働市場の状況がさらに強化されインフレが2%に戻っている」

FOMC[NP+3.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
FOMC・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「雇用の伸びは緩やかだが堅調で、失業率はここ数カ月で低下した」

FOMC[NP+4.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
FOMC・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「バランスシート、今年縮小を始める見通し」「保有債の償還資金再投資に関しては米国債が月額60億ドル、MBSが月額40億ドル縮小」

FOMC[NP     HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
FOMC・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「金融政策スタンスの段階的な調整に伴って経済活動は緩やかなペースで拡大し、労働市場の状況は幾分さらに強まると予想」

FOMC[NP+4.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
FOMC・米連邦公開市場委員会(FOMC)は14日、経済・金利見通しを発表。2017年GDP見通しを2.2%(前回は2.1%)に引き上げたほか、18年を2.1%(前回は2.1%)に据え置いた。19年についても1.9%(前回は1.9%)に据え置いた。

FOMC[NP+4.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
FOMC・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「保有債の償還資金再投資については当初は米国債が月額60億ドル、MBSが月額40億ドル縮小へ」

FOMC[NP     HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
FOMC・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁はFF金利を据え置くことが望ましいとして反対」

FOMC[NP+4.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.2]
FOMC・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「12人は17年に3度以上の利上げ、前回は14人」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間15日3時時点の水準で、前日終値比0.107%低い(価格は高い)0.927%だった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日の欧州国債相場は上昇(利回りは低下)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間15日3時時点の水準で、前日終値比0.040%低い(価格は高い)0.226%だった。

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「適切な時期になれば保有資産の正常化に着手する」

ジャネット・イエレン[NP+3.0 HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP -0.1]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「我々はバランスシートを一度適正にする」「経済は反発している」

ジャネット・イエレン[NP+3.2 HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「コアインフレは小幅に低下した」「経済の順調な拡大を期待」

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「経済は我々のゴールに向けて進展している」「FOMCはインフレの動向を密に監視」

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策は事前に設定されるものではない」「引き続き緩やかな利上げが正当化される」

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「今後数年にわたって段階的な利上げが妥当」「今年からバランスシートの縮小に着手すると予想」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日の米10年物国債利回りは低下幅を縮小。3時41分時点では前日比0.0715%低い2.1394%前後で推移している。

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「資産縮小の上限設定、金利変動を抑制へ」「資産縮小、終了は恐らく数年先に」

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「しっかりと軌道に乗る水準は特定していない」「バランスシート縮小の終了はおそらく数年先になる」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日の米国株式相場は頭が重い。ダウ工業株30種平均は3時48分時点では前日比16.55ドル安の21311.92ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同45.30ポイント安の6175.07で推移している。

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「今日のCPI、多くの分野で弱さ示した」「適切であれば、見通しを見直す」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで下げ幅を縮小。3時55分時点では大証終値比50円安の1万9830円で取引されている。

ジャネット・イエレン[NP-2.0 HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレに明らかな上昇圧力は見られない」「賃金の伸びは依然として弱い」

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「株式市場が昨年大幅に上昇したことは認識している」「我々は金融状況を目標にしていない」

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは労働市場の増加を抑制するような積極的な行動はしない」「労働市場のひっ迫を示している」

ジャネット・イエレン[NP-1.0 HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP -0.2]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「急速な利上げが必要になるリスクを避ける必要」

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP -0.2]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCと市場の期待に差があるのは不健全ではない」「資産縮小はペンキが乾くのを待つようなものに」

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP -0.2]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「バランスシート縮小は比較的早期の実行があり得る」「インフレは一時的な項目、携帯、薬価の低下が影響し引き下げた」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日の米10年物国債利回りは低下幅を縮小。4時23分時点では前日比0.0593%低い2.1516%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ユーロドルは急失速。米長期金利の低下幅縮小に伴って売りが進み、一時1.11934ドルと日通し安値を付けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日のシカゴ・オプション市場(CBOE)でS&P500種株価指数オプションの値動きに基づいて算出される変動性指数(VIX、恐怖指数)は上昇。4時25分時点では10.88と前営業日の清算値10.42から0.44ポイント高い水準で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日の米10年物国債利回りは再び低下。5時40分時点では前日比0.0871%低い2.1238%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日のニューヨーク金先物相場は6営業日ぶりに反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心となる8月限は前日比7.3ドル高の1トロイオンス=1275.9ドルとなった。外国為替市場でドル安が進むと、ドルと「逆相関」が生じやすいとされる金に買いが入った。ただ、FOMC後は売りが優勢となり、時間外取引では下げている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日のニューヨーク原油先物相場は4営業日ぶりに反落。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)で7月限の終値は前日比1.73ドル安の1バレル=44.73ドルとなった。米エネルギー省が発表した週間在庫統計で、原油在庫が前週比166万バレル減少と予想ほど減少しなかったため売りが先行。ガソリン在庫が210万バレル増加と予想に反して増加したことも相場の重しとなり、一時44.54ドルと5月5日以来の安値を付けた。

日本政府関係[NP     HDP -2.6 CHDP +0.0 RHDP -2.9 CRHDP +0.0]
日本政府関係・読売新聞は「財務次官に福田淳一氏で調整、主計局長から昇格」などと報じた。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・14日のニューヨーク外国為替市場で円は失速。5月米小売売上高や5月米消費者物価指数(CPI)が予想より弱い内容となったことで米長期金利が急低下すると円買いドル売りが優勢となった。ナイトセッションの日経平均先物が170円下げたことも円買い外貨売りを誘った。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)後は急速に上げ幅を縮めた。FOMCはこの日、市場予想通り0.25%の利上げを決定。年内さらに1回、2018年中にも3回の利上げを見込む政策シナリオを維持した。量的金融緩和で膨らんだ保有資産の圧縮にも「年内に着手する予定」と正式に表明した。これを受けて米長期金利が急速に低下幅を縮めると円売りドル買いが優勢に。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が定例記者会見で「今後数年にわたって段階的な利上げが妥当」「今年からバランスシートの縮小に着手すると予想」「バランスシート縮小は比較的早期の実行があり得る」などと述べたことも相場の重しとなった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・14日の米国債券相場で長期ゾーンは大幅に上昇。表面利率2.375%の10年物国債利回りは前日比0.09%低い(価格は高い)2.12%で終えた。さえない米経済指標が相次いだことで債券買いが活発化し、利回りは一時2.10%と昨年11月10日以来の水準まで急低下した。米連邦準備理事会(FRB)がバランスシート縮小の詳細を公表したうえ、イエレンFRB議長も緩やかな引き締めを継続する姿勢を示したことでポジション調整の売りが出たが、下値は限られた。

日本政府関係[NP     HDP -2.6 CHDP +0.0 RHDP -2.9 CRHDP +0.0]
日本政府関係・「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の採決に先立ち、民進、共産、自由、社民の野党4党が法案採決に抵抗して提出した安倍内閣不信任決議案は15日未明の衆院本会議で、与党と維新などの反対多数で否決された。

日本政府関係[NP     HDP -2.6 CHDP +0.0 RHDP -2.9 CRHDP +0.0]
日本政府関係・東京の築地市場から豊洲市場への移転問題で、小池知事が、豊洲市場へ移転を決断した場合、来年5月の大型連休明けに同市場の開場を検討していることが分かった、と報じている。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・経営再建策の柱として半導体メモリー事業の売却を計画している東芝が、15日に予定していた優先交渉先の選定を先送りする見通しだと報じている。東芝はこれまで15日に優先交渉先を機関決定する方針を固めていたが、関係者によると、買収に名乗りを上げている産業革新機構や米系投資ファンドなどによる日米連合の提案が遅れていることなどを考慮し、決定を先送りしたとみられるという。

日本政府関係[NP     HDP -2.6 CHDP +0.0 RHDP -2.9 CRHDP +0.0]
日本政府関係・日本とEUによる経済連携協定(EPA)の交渉で、EUが日本車にかけている関税(10%)を協定発効後10年前後で撤廃する方向で調整していることがわかった、と報じている。

ドイツ政府関係[NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
ドイツ政府関係・ドイツ財務省報道官が、ギリシャと債権団が15日開催のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)で、次回融資をめぐり妥協策で合意すると予想していると述べたと報じている。ただ、ギリシャが債務軽減策を得られる保証はないとの立場も同時に示したという。

エワルド・ノボトニー[NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
エワルド・ノボトニー・ノボトニー・オーストリー中銀総裁は、インフレ目標に関し明確な数値設定ではなく、レンジにより幅を持たせる方策について言及し、中銀の物価目標議論に一石を投じた。

欧州連合(EU)[NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.1]
欧州連合(EU)・欧州議会は、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の下でEUが掲げる目標の達成に向けて、加盟各国が責務を共有していく方針を賛成多数で可決した。トランプ米大統領が今月初めに離脱を表明したものの、EUとしてパリ協定を推進してく構えを明示したことになる。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・シリア内戦の和平を仲介するデミストゥラ国連特使は、訪問先のノルウェーで記者団に対し、アサド政権と反体制派の和平協議を7月に再開したいと述べた。直近の協議は5月に行われたが、目立った進展を見ないまま中断している。

ドナルド・トランプ[NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
ドナルド・トランプ・トランプ米大統領が就任後もホテル経営などの事業を通じて外国政府や企業から利益を得ているのは憲法違反だとして、野党民主党の上下両院議員約200人が集団提訴した。現職米大統領に対する議員団による訴訟としては最大規模のものとなる。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・北朝鮮の祖国平和統一委員会は、韓国の文大統領が29日からトランプ米大統領と初めての首脳会談を予定していることについて、「米韓同盟の強化を毎日のように叫び、ホワイトハウスの主人を訪ねる見苦しい行脚の準備に慌てふためいている」「米国と結託して制裁と圧迫を露骨に追求している。制裁と対話などと騒いで南北関係の改善をうんぬんするのはあまりにも愚かだ」と非難する声明を発表した。

ドナルド・トランプ[NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
ドナルド・トランプ・モラー特別検察官がトランプ米大統領を司法妨害の可能性で捜査すると一部通信社が伝えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・過激派組織IS=イスラミックステートとの戦いを進めるイラクとシリアの軍は、ISが両国を行き来するのを防ぐための国境管理などで協力していくことになった。イラク軍とシリア軍などは、イラクのモスルやシリアのラッカをはじめとする過激派組織ISの拠点を制圧するための軍事作戦を進めている。この戦いでISは勢力範囲を狭められつつあるが、イラクとシリアの国境地帯では今も広い範囲を支配し、拠点を追われた戦闘員が隣国に逃げ込める状態にある。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・米高級ホテル「ウォルドルフ・アストリア・ニューヨーク」を買収したことで知られる中国保険大手・安邦保険集団は14日、ウーシアオホイ会長が「個人的な理由でしばらく職務を履行できなくなった」と発表した。呉氏は当局に連行されたとの情報がある。安邦は共産党指導者の親族との深い関係が指摘されており、党大会を控えて事態の進展に高い関心が集まっている。安邦は詳細を明らかにしていないが、中国の経済誌「財経」が13日夜、呉氏が当局に連行されたとネットで報道。同誌によると呉氏は今月9日に連行され、監督官庁の保険監督管理委員会関係者が10日、同社に連行の情報を伝えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は弱含み。一部報道で「モラー特別検察官がトランプ米大統領を司法妨害の可能性で捜査する」と報じられたことが材料視された。一時109.347円まで下押しした。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・大証の日経225先物9月限の気配値は、1万9810円で推移している。前日の夜間取引は、1万9840円で終了した。

OECD(経済協力開発機構)[NP     HDP -1.7 CHDP +0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
OECD(経済協力開発機構)・経済協力開発機構(OECD)は15日、「NZ中銀は2018年の遅くから利上げを開始すると予想」「NZドルは若干過大評価の可能性」などの見解を示した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の東京株式市場で日経平均株価は、前日比67.98円安19815.54円で寄り付いた。東証株価指数(TOPIX)は同4.78ポイント安の1586.99で始まった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は買い戻し。安く始まった日経平均株価が下げ幅を縮小したことを受け、109.60円付近まで下値を切り上げた。9時15分時点は109.56-59円で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の債券先物相場は反発で始まった。先物中心限月である9月物は前日比12銭高の150円48銭で寄り付いた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日午前の東京株式市場で日経平均株価は持ち直した。9時24分時点では前日比21.96円高の19905.48円で推移している。東証株価指数(TOPIX)は同2.99ポイント高の1594.76で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は底堅い。日経平均株価の80円近い上昇を支えに109.698円まで反発した。

韓国政府関係[NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
韓国政府関係・韓国企画財政省の高次官は、FRBの利上げを受けて金融市場を注視する考えを示すとともに、動揺が見られた場合は安定化措置を講じると表明した。また、市場はまだ大きく振れていないが、米国との金利差縮小が今後資本フローに影響を及ぼす可能性があるとも指摘している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の米10年物国債利回りは時間外取引で上昇。9時44分時点では前日比0.0156%高い2.1412%前後で推移している。

ドイツ政府関係[NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
ドイツ政府関係・ドイツのメルケル首相は記者団に対し、EUは予定通り19日に英国と離脱交渉に入る用意がある、との考えを示した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・米紙ワシントン・ポスト電子版などの報道によると、モラー特別検察官は14日、トランプ大統領が連邦捜査局(FBI)の捜査をやめさせようとして司法妨害を図った疑いについて、情報当局の高官から事情聴取するなどの捜査を開始した。

中国人民銀行関係[NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
中国人民銀行関係・中国人民銀行(中央銀行)は15日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.7852元にすると発表した。前日の銀行間取引の終値(6.7943元前後)よりも、0.0091元程度の元高ドル安水準となる。前日の基準値(6.7939元前後)からは0.0087元程度の元高ドル安水準となった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日香港株式市場で、ハンセン指数は25772.28(前日比-0.40%)で寄り付いた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の中国株式市場で上海総合指数は、前日比5.09ポイント(0.16%)安の3125.59で寄り付いた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日午前の東京株式市場で日経平均株価は下げ幅を拡大。10時41分時点では前日比121.08円安の19762.44円で推移している。東証株価指数(TOPIX)は同9.22ポイント安の1582.55で取引されている。

韓国政府関係[NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
韓国政府関係・韓国海軍は、島根県・竹島の「防衛訓練」を15-16日に実施すると発表した。「韓国の領土である竹島に外部勢力が侵入するのを防ぐため、1年に2回行っている定例訓練で、昨年と同等の規模だ」と説明している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近7月限は時間外取引で下げ渋り。10時54分時点では前日比0.03ドル安の1バレル=44.70ドルで取引されている。一時44.46ドルまで下げたものの、その後は下げ幅を縮小した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の東京株式市場で日経平均株価は、前日比86.06円安の19797.46円で午前の取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は、同6.42ポイント安の1585.35で終えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・為替市場でオセアニア通貨が冴えない。豪ドルやNZドルに調整が入っているようで、対円やドルでじり安推移となっている。大きく崩れるイメージは乏しいが、豪ドルはともかくNZドルに関してはやや下値不安を指摘する声も聞かれ始めた。続落にも一応要注意。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日午前の債券先物相場は3営業日ぶりに反発。先物中心限月である9月物は前日比10銭高の150円46銭で午前の取引を終えた。前日の米国債券相場が上昇した影響から買いが先行。日経平均株価が軟調に推移したことも買いを誘った面があった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・有力欧米紙であるフィナンシャル・タイムズ(FT)は、英国のデービスEU離脱担当相が、来週始まる離脱交渉で英国に住む300万人のEU市民に現在と同じ権利を認めることを提案する見通しだ、と報じている。

ギリシャ政府関係[NP     HDP -3.6 CHDP +0.1 RHDP -3.7 CRHDP +0.3]
ギリシャ政府関係・独紙ウェルトは、ギリシャのパパディミトリウ経済相が、ドイツのショイブレ財務相について、ギリシャ政府の改革実施を認めながら、債務軽減を阻止している点で「不誠実だ」と述べた報じている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の8月限は時間外取引で下げ幅を縮小。11時55分時点では前日比9.5ドル安の1トロイオンス=1266.4ドルで推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・NZドルはさえない展開。NZドル米ドルは0.7210米ドル、NZドル円は78.99円まで値を下げた。NZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)が「中立金利は引き続き低下している」との見解を示したことに売りで反応したようだ。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日午前の中国株式市場で上海総合指数は下落。前日比3.49ポイント(0.11%)安の3127.19で午前の取引を終えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の日経平均株価は続落、前日比83円安の1万9799円と前引け水準で寄り付いた。前場は前日の冴えない米景気指標を受け米利上げペース鈍化懸念に円高を警戒した輸出関連株への売りにヘッジファンドなど海外短期筋の先物売りが相まって一時下げ幅を128円へと広げた。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・15日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円はドルに対して方向感が定まらない。「モラー特別検察官がトランプ米大統領を司法妨害の可能性で捜査する」と報道を受けて円買いが先行した。その後、日経平均株価が70円超安から80円近い上昇まで持ち直したほか、本日は5・10日(五十日)とあって仲値に向けた円売りが進み上値が切り下がった。もっとも、日経平均株価が一転して130円近く下げたことで円売り圧力も後退した。一方、NZドルに対しては堅調。日経平均株価の一転下落がリスク回避目的の円買いを誘ったほか、NZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)が「中立金利は引き続き低下している」との見解を示したことでNZドルが全面安となった流れに沿った。なお、豪ドルに対しては下げ渋り。5月豪雇用統計で失業率や新規雇用者数が予想より強かったほか、4月分の新規雇用者数も上方修正されたことで円売り豪ドル買いで反応した。ただ、RBNZの見解を受けて対NZドルで円買いが強まると、つれる形で下値が切り上がった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日午後の東京株式市場で日経平均株価はもみ合い。12時49分時点では前日比83.35円安の19800.17円で推移している。東証株価指数(TOPIX)は同6.08ポイント安の1585.69で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の米10年物国債利回りは時間外取引で動意が薄い。13時32分時点では前日比0.0069%高い2.1325%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日インド株式市場のSENSEX30指数は、前日比0.20%高の3万1222.89と続伸して寄り付いた後、米利上げを受け15日のアジア株の軟調が重荷となり売りが優勢となって小幅な下げに転じる場面があった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日午後の中国株式市場で上海総合指数は小動き。14時19分時点では前日比1.10ポイント(0.04%)安の3129.57で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の台湾加権指数は、前日の米国株高を好感して買いが優勢となり、結局、前日比0.16%高の1万0088.35と反発して取引を終えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の東京株式市場で日経平均株価は、前日比51.70円安の19831.82円で取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は、同3.68ポイント安の1588.09で終えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の日経平均株価は、前日の冴えない米景気指標を受け米利上げペース鈍化懸念に円高を警戒した輸出関連株への売りにヘッジファンドなど海外短期筋の先物売りが相まって一時下げ幅を128円へと広げたが、後場に円高一服で売りが和らぎ下げ幅を縮め、結局、前日比51円安の1万9831円と4日続落で取引を終えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の中国上海総合指数は、前日に約1週ぶり安値示現により値ごろ感を意識した買いが優勢となり、結局、前日比0.06%高の3132.49と小反発で取引を終えた。なお、CSI300は同0.18%安の3528.79と続落して大引けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ユーロドルは売りに押された。昨日安値の1.11933ドルを下抜け1.11852ドルまで値を下げた。

スイス国立銀行(スイス中銀)関係[NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.1 CRHDP +0.0]
スイス国立銀行(スイス中銀)関係・スイス国立銀行(SNB)声明「SNBは必要に応じて為替市場に介入することを約束」「スイスフランは依然として著しく過大評価されている」

スイス国立銀行(スイス中銀)関係[NP-1.0 HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.1 CRHDP +0.0]
スイス国立銀行(スイス中銀)関係・スイス中銀は2017年の成長率見通しを1.5%に据え置いた。またCPI見通しは2017年が+0.3%、2018年も+0.3%となっている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで弱含み。16時53分時点では大証終値比50円安の1万9760円で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の香港ハンセン指数は、米ハイテク株の下落が投資家心理を冷やし香港の利上げに不動産株への売りがかさみ、結局、前日比1.20%安の2万5565.34と反落して大引けた。

日本銀行(日銀)関係[NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
日本銀行(日銀)関係・日銀は15日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を728億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

南アフリカ政府関係[NP     HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.2]
南アフリカ政府関係・南アフリカ政府は15日、鉱山の30%は黒人所有になるべきだと発表した。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・15日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は欧州通貨に対して堅調。しばらく方向感のない取引が続いたが、欧州勢の参入に伴い円買いユーロ売りが優位に。5月英小売売上高の発表を前に円買いポンド売りも強まったほか、結果が予想を下回ったことでさらに円買いが進んだ。一方、ドルに対してはもみ合い。新規の取引材料に乏しく持ち高調整の域を出なかった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・南アフリカランドはさえない展開。ランド円は8.58円まで下落したほか、ドルランドは12.7831ランドまで上げた。なお、南アフリカ政府は「鉱山の30%は黒人所有になるべきだ」と発表している。

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係・インドネシア中銀は18日、政策金利である7日物リバースレポ金利を現行の4.75%で据え置くことを決めたと発表した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドルは底堅い。ユーロドルは1.11653ドルの安値を付けたほか、ドル円は109.81円、米ドルカナダドルは1.3270カナダドルの高値まで上げた。

ウラジーミル・プーチン[NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
ウラジーミル・プーチン・ロシアのプーチン大統領は15日、同国の経済危機は終わったと述べ、歴史的な低水準にあるインフレ率が今年さらに4%まで低下するとの見通しを示した。同大統領は、毎年恒例の国民との直接対話で「客観的なデータはどうか。ロシアの景気後退は終わった。成長期に移行した」と発言。「3四半期連続で経済が成長した」と指摘した。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・東芝が進める記憶用半導体フラッシュメモリー事業の買収で、「日米連合」を構成する政府系の産業革新機構と日本政策投資銀行が各3000億円規模を出資することが15日、分かった。日米連合の買収案では約2兆1000億円のうち、政府系で6000億円規模、三菱東京UFJ銀行が4000億円を拠出するほか、国内企業も出資し日本勢で過半を占め、主導権を握る考えだ。買収額などの面で優勢とされる米半導体大手ブロードコムに対抗するため、日米連合がまとめたのは、革新機構と政投銀の出資に加え、三菱東京UFJ銀が特別目的会社(SPC)に貸し付ける形で資金を融通する案。これに4~5社程度の日本企業や東芝が出資する。主導権を確保し、メモリーの生産拠点や雇用、技術を国内に残すのが狙いだ。

韓国政府関係[NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
韓国政府関係・韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は15日、北朝鮮で原油価格が急騰していると明らかにした。中国からの輸入量が減少し、軍などに優先的に供給された結果、一般に出回る量が減り、価格が上昇していると推測されるという。国情院から報告を受けた議員が韓国メディアに明かした。原油価格は1キロ当たり6000韓国ウォン(約580円)だったのが、5月中には2万ウォン台にまで急騰。現在は1万5000ウォン台で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の英10年物国債利回りは上昇。19時34分時点では前日比0.025%高い0.952%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日インド株式市場で、センセックス指数は31075.73(前日比-0.26%)で取引を終了した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の独10年物連邦債利回りは上昇。18時30分時点では前日比0.032%高い0.258%前後で推移している。

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係・イングランド銀行(英中央銀行)は15日、政策金利を現行の0.25%に据え置くことを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。また、資産買取プログラムの規模を4350億ポンドで維持した。

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係・英中銀金融政策委員会議事要旨「0.25%の政策金利の据え置きを5対3で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を8対0で決定した」

イングランド銀行(BOE)[NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -0.4 CRHDP +0.2]
イングランド銀行(BOE)・英中銀が公表した金融政策委員会の議事録によると、5対3で金利の据え置きが決定されている。

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係・トルコ中銀は、上限金利である翌日物貸出金利を9.25%、下限金利の翌日物借入金も7.25%に据え置く事を決定した。

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係・トルコ中銀は、後期流動性貸出金利を12.25%に据え置く事を決定した。

イングランド銀行(BOE)[NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -0.4 CRHDP +0.2]
イングランド銀行(BOE)・英中銀金融政策委員会議事要旨「フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員、マカファーティMPC委員、サンダースMPC委員が0.25%利上げを主張」

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係・15日欧州外為市場はトルコ中銀が政策金利を現行の8.00%に据え置く事を決定してトルコリラ円は31.26円近辺へと堅調裡に推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日欧州債券市場でイタリア10年債利回りは、20:43現在2.013%と前日比0.074%上昇となっている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日欧州債券市場で英国10年債利回りは、20:57現在1.022%と前日比0.095%上昇となっている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の米10年物国債利回りは時間外取引で上昇。21時33分時点では前日比0.0330%高い2.1585%前後で推移している。6月NY連銀製造業景気指数や6月フィリー指数、米新規失業保険申請件数がいずれも予想より強い内容だったことに債券売りで反応した(金利は上昇)。

ウラジーミル・プーチン[NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
ウラジーミル・プーチン・プーチン露大統領「日本と北方領土で協力することは可能」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の米10年物国債利回りは時間外取引で上昇一服。22時18分時点では前日比0.0277%高い2.1533%前後で推移している。5月米鉱工業生産指数や5月米設備稼働率が予想より弱い内容だったため、若干債券の買い戻しが入った(金利は低下)。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日のNY株式市場プレオープンのGLOBEX(シカゴ先物市場)米株先物は22:23現在、前日比83ドル安の21243ドルで推移している。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・15日の欧州外国為替市場で円は軟調。序盤はもみ合いが続いていたが、時間外の米10年債利回りが上昇するにつれて円売りドル買いが強まった。イングランド銀行(BOE)が予想通り金融政策を据え置き、議事要旨で利上げを主張した委員が前回の1人から3人に増えたことが明らかになると対ポンドで円は急落。つれる形でその他通貨に対しても円売りが広がった。6月米ニューヨーク連銀製造業景気指数、6月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数、前週分の米新規失業保険申請件数がいずれも予想より強い内容だったことで対ドルでは円が下げ幅を広げた。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=110円40銭前後まで上昇したほか、
・ポンド円は1ポンド=140円76銭前後まで急速に値を上げた。
・南アフリカランド円は軟調。南アフリカ政府が「鉱山の30%は黒人所有になるべきだ」と発表したことが嫌気され、1ランド=8円52銭前後まで売られた。
・ユーロドルはさえない。1ユーロ=1.11432ドル前後まで下落。欧州勢が売りで参入したほか、その後もドル円や米長期金利の上昇に伴った売りに押された。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の米国株式相場は売りが先行。ダウ工業株30種平均は22時31分時点では前日比99.40ドル安の21275.16ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同65.13ポイント安の6129.76で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日米国株市場でNYダウは、前日比88ドル前後下落の21286ドルと反落スタートになっている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は買い再開。全般円安が進んだ流れに沿って一時110.46円と本日高値を付けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の米10年物国債利回りは時間外取引で上昇。23時2分時点では前日比0.0434%高い2.1690%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドルは買いが優勢。ドル円は一時110.59円まで上げたほか、ユーロドルは1.11347ドルまで値を下げた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近7月限はもみ合い。23時1分時点では前日比0.13ドル安の1バレル=44.60ドルで取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の8月限は軟調。23時11分時点では前日比19.9ドル安の1トロイオンス=1256.0ドルで推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・15日の米国株式相場は弱含み。ダウ工業株30種平均は23時25分時点では前日比105.82ドル安の21268.74ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同85.55ポイント安の6109.34で推移している。

[ Previous / ]

FX相場に関係する主な重要人物

ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーヴィン・キング
ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーヴィン・キング

重要人物・その他の発言・ニュース