麻生太郎の発言・ニュース

麻生太郎

 麻生太郎は1940年生まれの自民党の日本の政治家で、日本国第92代内閣総理大臣を歴任している。

 学習院大学政経学部にて政治学士(学習院大学)を取得し、スタンフォード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに留学し、その後、政界入り前には麻生セメント株式会社代表取締役社長や社団法人日本青年会議所会頭を務めている。

 しかし、内閣総理大臣に就任中に「麻生おろし」と呼ばれる麻生太郎を内閣総理大臣から引きずりおろす動きが広がり辞任に追い込まれている。

 また、安倍晋三政権下において、副総理兼財務・金融相に任命されている。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-21][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.1]
・麻生太郎財務相「1-3月期のGDPは悪くない」「経済のファンダメンタルズはしっかりしている」「輸入が減ってGDPが良くなっている面もある」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の麻生太郎の発言・ニュース

[2019-05-21][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.1]
・麻生太郎財務相「1-3月期のGDPは悪くない」「経済のファンダメンタルズはしっかりしている」「輸入が減ってGDPが良くなっている面もある」

[2019-05-15][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.1]
・麻生太郎財務相「米財務省はUSTR(通商代表部)ほど激しく言って来ない」
・麻生太郎財務相「為替に関して、米財務省は、米通商代表部ほど激しく言ってこない」
・麻生太郎財務相「金利や為替が直接貿易に影響しないことは米大統領に伝えた」

[2019-05-14][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.1]
・麻生太郎財務相「貿易制限措置は、基本的にどの国の利益にもならない」「米中間のやり取りは注意深く見ておかねばならない」
・麻生財務相は閣議後の記者会見で、米中貿易摩擦について、「いまの段階で、リーマン・ショック級の大きな話になると捉えているわけではない」と述べ、10月に消費税率を10%へ予定通りに引き上げる方針を強調した。

[2019-05-13][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.1]
・麻生太郎財務相「ファンダメンタルズはしっかりしている」「消費は引き続き持ち直していくことを期待」

[2019-05-07][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.1]
・麻生太郎財務相は日本時間の7日夕、パリで開かれたインフラ開発融資の国際会議で「低所得国の公的債務が再び積み上がっている」と懸念を示した。「債務国による取り組みだけでは不十分で、債権者による取り組みも不可欠」と強調した。中国による新興国への融資が拡大していることを念頭に「貸し手としての責任」を求めた。

[2019-05-03][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.1]
・麻生財務相は、訪問先のフィジー・ナンディで中国の劉財政相と会談し、途上国に対する中国の過剰な投融資に苦言を呈した。会談後の記者会見では、返済の滞った途上国がインフラを中国に明け渡していることについて「サラ金(消費者金融)の多重債務と同じだ」と批判している。

[2019-04-26][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.1]
・麻生太郎財務相(日米協議で)「我々は通貨に関する問題を継続して議論することを確認」「貿易と為替のリンク、あらためて反対」「米国から為替への要求があった」
・麻生太郎財務相(日米協議で)「貿易と為替のリンクに改めて反対した」「ムニューチン米財務長官から為替への要求あったか話さない」
・麻生太郎財務相(日米協議で)「貿易協議に為替を入れ込むか決まったわけではない」「貿易協議との関連で為替をどう扱うか、これから話す」
・麻生太郎財務相(日米協議で)「貿易協議で為替の話はしない」「為替は財務当局間で議論を確認」

[2019-04-25][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.1]
・麻生太郎財務相は25日から訪米し、米国のムニューシン財務長官と会談する。日米貿易交渉で米国は「競争的な通貨切り下げ」を禁じる為替条項を協定に盛り込むよう求める考えを示しており、日米で協議する場になる可能性がある。日本は為替と通商を切り離して議論すべきだとの立場で、麻生氏は改めて説明するとみられる。両者は日米首脳会談に先立ち、現地時間25日午後(日本時間26日早朝)に会う方向だ。

[2019-04-23][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.1]
・麻生財務相「ムニューチン米財務長官と話しているが、今言う段階ではない」

[2019-04-19][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP -0.1]
・麻生財務相が25日に米国ワシントンを訪れ、ムニューチン米財務長官と会談する方向で調整していることが分かった、と報じている。今月下旬の日米首脳会談に合わせて実施するという。ムニューチン氏は通貨安誘導を封じる「為替条項」の導入に前向きで、財務相会談でも焦点になるとみられる。
・麻生太郎財務相「月末に訪米、ムニューシン米財務長官との会談は決まっていない」「為替については専門家の2人でやっていく」
・麻生太郎財務相「私と米財務長官の間では、為替で共通認識がもたれている」「両方とも国益を唱えてやっていくことになる」
・麻生太郎財務相「リーマンショックのような出来事がない限り、消費増税は予定通り」「月例経済報告では前月と全く表現変わっていないと認識している」
・麻生太郎財務相「景気は伸びている傾向は変わっていない」「消費税10%は安定財源確保するためにも重要」「日銀短観で一部製造業で慎重さがみられるのは事実」
・麻生太郎財務相は19日、閣議後の記者会見で、アジア開発銀行(ADB)による中国向け融資について「(中国は)お世話になったADBにお金を出して助ける立場だ。まだ借りようとしているのはおかしくないか」と述べた。ADBは中国向け融資を縮小すべきだとの認識を示した。中国の1人当たり国民総所得(GNI)はADBによる融資対象の基準を超えており、麻生氏は「所得が一定水準を超えたら量から質に変えるべきではないか」と指摘した。「(中国は借りる立場から変わったと)日本だけじゃなくて皆が思っている」とした。

(最終更新日時 2019-05-22 19:08)

麻生太郎の発言・ニュース バックナンバー

麻生太郎 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース