ベン・ブロードベントの発言・ニュース

ベン・ブロードベント

 ベン・R・ブロードベントはイギリスの経済学者・銀行家で、イギリス金融政策委員会(MPC)の委員です。

 ブロードベントは、ケンブリッジ大学・ハーバード大学で学び、その後、財務省に勤務を経てコロンビア大学で助教授として活躍し、2006年にはゴールドマン·サックスのマネージング·ディレクターに就任している。

 また、タカ派として知られていたアンドリュー・センタンス委員の後任としてMPCの委員となった事から、イングランド銀行の金融政策はブロードベント就任後にハト派色を強める事になる。

HDP

中間派

 HDP   -1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-10-18][NP-1.0 HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ブロードベント英中銀副総裁「経済に悪影響を及ぼす危険性がある場合は、2%のインフレ目標を達成するために政策金利を引き上げることはない」「利上げは経済成長の鈍化や失業率上昇などの望まない結果を生む可能性がある」
・ブロードベント英中銀副総裁「参加した議会委員会で、年金債務が膨らむなかでも英国の雇用創出や投資が鈍る兆しは見えていないとの考えを示した。ただ、年金基金をめぐる規制を調整する必要がある可能性があるとの立場も同時に示している」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2016-10-17][NP+3.0 HDP -1.7 CHDP +0.1 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「インフレ率は今後数年で目標の2%を上回る可能性が高い」
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「英国民投票後のポンド下落は経済への打撃を吸収する重要な役割を果たした」「通貨の柔軟性は極めて重要」
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「低金利は金融政策が原因でない」「他の要因が長期金利を低下させている」

最近のベン・ブロードベントの発言・ニュース

[2017-03-24][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP -0.1]
・英中銀のブロードベント副総裁は講演で、英国の輸出業者は昨年のEU離脱決定を受けたポンド安にいつまでも依存することはできない、との考えを示した。そのうえで、多国籍企業や海外投資家は通常なら英ポンド安を受け英国に投資すると考えられるが、EU離脱に絡む長期的な先行き不透明性により今回は別の姿勢をとる可能性があると指摘。「外国為替市場で見られる強い慎重な見方は幾分、投資家や企業にも当てはまると考えている」と述べている。
・英中銀のブロードベント副総裁は、実施した講演のあとの質疑応答で「金利が上向く可能性は十分ある。我々の予測はかなり緩やかな上昇に限られるが、それでも上昇するだろう」「英国の景気先行きを巡る懸念がこの見通しを圧迫している」などと指摘した。

[2017-03-23][NP-3.0 HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP -0.1]
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「ポンドの下落はブレグジットに対する市場の悲観的な見方を反映」「弱いポンドの難点は利点を上回る」

[2017-02-03][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「米国の見通し改善が英国に影響」「トランプ大統領就任が米国の信頼感を押し上げ」
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「ポンドの下落は輸出にとってプラス」

[2016-11-18][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「BOEはポンド安によるインフレ上昇に耐えることが出来る」

[2016-11-16][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・英地方紙クロニクルは、英中銀のブロードベント金融政策委員の発言として、英国のEU離脱決定にともなう先行き不透明感により企業投資が大きく落ち込む事態にはなっていない。ただ一部企業の意思決定に影響が出ている可能性はある、報じている。

[2016-11-04][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「不確実性を背景にポンドは不安定な値動きが続く可能性」「英国の環境は通常でなく異例」
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「英中銀の政策スタンスは適切」「インフレ抑制の要因は一時的」

[2016-10-18][NP-1.0 HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.2]
・ブロードベント英中銀副総裁「経済に悪影響を及ぼす危険性がある場合は、2%のインフレ目標を達成するために政策金利を引き上げることはない」「利上げは経済成長の鈍化や失業率上昇などの望まない結果を生む可能性がある」
・ブロードベント英中銀副総裁「参加した議会委員会で、年金債務が膨らむなかでも英国の雇用創出や投資が鈍る兆しは見えていないとの考えを示した。ただ、年金基金をめぐる規制を調整する必要がある可能性があるとの立場も同時に示している」

[2016-10-17][NP+3.0 HDP -1.7 CHDP +0.1 RHDP -0.4 CRHDP +0.0]
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「インフレ率は今後数年で目標の2%を上回る可能性が高い」
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「英国民投票後のポンド下落は経済への打撃を吸収する重要な役割を果たした」「通貨の柔軟性は極めて重要」
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「低金利は金融政策が原因でない」「他の要因が長期金利を低下させている」

[2016-10-14][NP-3.0 HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.5 CRHDP +0.2]
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「他の危機が訪れる可能性は非常に低い」
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「ポンドの下落は経済の不確実性が要因」「通貨安はインフレにとって重要な要素」
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「2%のインフレ目標を守ることが重要」

[2016-10-05][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.1]
・ブロードベント・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「11月にいかなる刺激策も決めていない」
・ブロードベント・イングランド銀行(英中央銀行)副総裁「景気の減速は予想よりも小幅だが最近の指標は客観的に強いとは言えない」「英国の欧州連合(EU)離脱決定の影響が表れる」「不透明感により、投資が圧迫されると確信している」

(最終更新日時 2017-03-25 02:48)

ベン・ブロードベントの発言・ニュース バックナンバー

ベン・ブロードベント カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース