ブノワ・クーレの発言・ニュース

ブノワ(ベノワ)・クーレ

 ブノワ(ベノワ)・クーレは1969年生まれのフランスの経済学者で、欧州中央銀行(ECB)の専務理事です。

 クーレは2011年にロレンツォ・ビニ・スマギの後任としてECBメンバーとして就任したが、その裏には、クーレ就任の少し前にフランス人でECB総裁であったジャン=クロード・トリシェの後任として、イタリア人のマリオ・ドラギが就任したため、ECB内においてのフランスの発言権が必要だったからと言われている。

 また、ドラギ氏による国債買い取りの延長策について、反対派であるドイツのヨルグ・アスムッセンとの間を上手くこなした事でも知られている。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-07-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.1]
・クーレECB専務理事は、一段のユーロ安はECBが過去2年半にわたり実施してきた大規模な債券買い入れプログラムの手段でも目的ではないとの見解を示した。「通貨の下落は金融政策の副次的影響であって、政策の効果波及の主要な経路でも目的でもない」と強調している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のブノワ・クーレの発言・ニュース

[2017-07-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.1]
・クーレECB専務理事は、一段のユーロ安はECBが過去2年半にわたり実施してきた大規模な債券買い入れプログラムの手段でも目的ではないとの見解を示した。「通貨の下落は金融政策の副次的影響であって、政策の効果波及の主要な経路でも目的でもない」と強調している。

[2017-07-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.1]
・クーレ欧州中央銀行(ECB)理事「QEは相当な資本フローを生み出した」「通貨安はECBの政策の副作用であり、目標ではない」
・クーレ欧州中央銀行(ECB)理事「通貨の下落は金融政策の副次的影響。政策の主要な目的ではない」

[2017-07-10][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.1]
・クーレECB専務理事「フランス財政赤字をEUの上限に沿った水準に抑えるという政府の取り組みについて、同国だけでなく、今後行われるユーロ圏の予算をめぐる協議にとっても有益だ」

[2017-07-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.1]
・クーレ欧州中央銀行(ECB)理事「ユーロ圏は経済拡大の段階に入っている」「必要なら量・質両面で政策を調整し続けるだろう」「ECB内で現在の金融政策スタンスに相違はない」

[2017-07-05][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.1]
・クーレ欧州中央銀行(ECB)理事「メンバーは政策の変更を議論していない」「準備通貨としてのユーロの役割は強くなっている」

[2017-05-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.1]
・クーレ欧州中央銀行(ECB)理事「欧州の成長は非常に強い」
・クーレ欧州中央銀行(ECB)理事「出口戦略の優先順位変更は今必要ない」
・クーレECB専務理事は、参加した会合で、マイナス金利は有効な金融政策手段であり、これに関するガイダンスを変更する理由はないとの考えを示した。

[2017-05-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.1]
・クーレECB理事「長期金利の上昇はECBの政策に影響を与えない」「ECBは市場のボラティリティに対して寄与したくない」
・クーレECB理事「長期金利の上昇はECBの政策に影響しない」
・クーレECB理事「ECBは市場の変動を促すことを望まない」「いくらかの市場の変動は自然、健全な証拠に」

[2017-05-09][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.1]
・クーレECB専務理事「ECBの物価上昇率、2%を安定して維持できるかどうか、まだ確信はできない」「現段階の経済指標では政策変更の必要がない」「ECBの政策決定、政治的な動きには影響されない」

[2017-04-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.1]
・クーレECB専務理事「一方的な金融規制緩和で、ただちに便益が得られる可能性もあるが、金融安定や究極的には経済成長に有害な影響が及ぶ可能性は、あとになるまで表面化しない公算が大きい」
・クーレECB専務理事「最終的に社会でもっともぜい弱なメンバーが大きく危険にさらされる状態に陥る」「ユーロ圏の経済見通しに対するリスクはおおむね均衡」
・クーレECB専務理事「金融政策の正常化の見込みも視野に入りつつある」「ECBはある時点でマイナス金利が政策伝達において差し引きマイナスとの結論に至る可能性があるが、まだその時点には達していない」「インフレ率が目標水準に持続的に回帰するか一段の確信が必要」

[2017-04-03][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.1]
・クーレ欧州中央銀行(ECB)理事「QEの縮小はコアソブリン債への圧力を緩和する」「ECBの金利が債券市場機能にとってリスクである兆しはない」

(最終更新日時 2017-07-13 01:31)

ブノワ・クーレの発言・ニュース バックナンバー

ブノワ・クーレ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース