ドナルド・コーンの発言・ニュース

ドナルド・コーン

 ドナルド・ルイス・コーンは1942年生まれのアメリカの経済学者で、元FRB(連邦準備制度理事会)の副議長です。

 コーンは金融政策に関してどちらかと言うとハト派だとされていましたが、2010年に40年間の中央銀行でのキャリアと共に引退しています。

 また、コーンの後任探しは非常に難航したものの、その後任としてサンフランシスコ連邦準備銀行総裁であったジャネット・イエレンが副議長に就任しています。

HDP

中間派

 HDP   -0.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2015-12-28][NP-1.0 HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・日経新聞は、コーン元FRB副議長へのインタビューとして、「米追加利上げの判断は、インフレ率がもう一段上昇していくという確信が得られるかにかかっている」「利上げペースは今後のデータ次第で、FOMCメンバーを含めてまだ誰にも確信はない」「市場では来年3月や4月の追加利上げを見込む声があるが、結論を出すのは早い」と報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のドナルド・コーンの発言・ニュース

[2017-06-02][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「今回の雇用統計は良いニュース。トレンドは良好」「雇用統計の1カ月の数字には固執しない」

[2017-05-05][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「経済は良好だが、賃金は高くない」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「米国の景気浮揚には規制・税制改革が必要」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「経済は良好だが賃金は高くない」「米景気浮揚には規制、税制改革が必要」

[2017-04-21][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「我々の目標は変わっていない、雇用に焦点」「ヘルスケア、税制改革、インフラを焦点に」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「統合された税制案が成立へ」「税制改革、多くの選択肢」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「一部インフラを民営化することも理にかなう」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「インフラ・プログラム完了に数年要する」「安いエネルギーを維持、促進する必要がある」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「自由で、オープン、公平な貿易が目標」「関税無が好ましいが構成な扱いを望む」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「我々は法人税減税重点的に取り組むべき」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「一部インフラの民営化は理にかなう」「北西部にLNG設備が必要だ」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「トランプ大統領は秋に中国訪問を希望」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「公正とは、貿易相手国による米国の扱いと同様に米国が貿易相手国を扱うことを指す」「ある製品に関税をかけることを主張する場合、トランプ大統領は同様に対応し、米国に入ってくる製品に税金をかける必要があると考えている」

[2017-04-07][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「失業率低下に満足している」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「FRB理事はかなり近い将来に指名される」

[2017-03-10][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「米雇用統計の結果は完璧な数字」「インフラ目的の長期債発行は可能」
・コーン米国家経済会議(NEC)委員長「雇用統計は完璧な数字だ」

[2015-12-28][NP-1.0 HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・日経新聞は、コーン元FRB副議長へのインタビューとして、「米追加利上げの判断は、インフレ率がもう一段上昇していくという確信が得られるかにかかっている」「利上げペースは今後のデータ次第で、FOMCメンバーを含めてまだ誰にも確信はない」「市場では来年3月や4月の追加利上げを見込む声があるが、結論を出すのは早い」と報じている。

[2015-01-07][NP+4.4 HDP -0.1 CHDP +0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.1]
・日経新聞は、コーン元FRB副議長のインタビューを掲載している。そのなかでコーン氏は「景気のデータ次第だが、イエレン議長は6月中旬の利上げを現段階で探っている」「6月以降は毎回でなく、1回置きに利上げすることになるだろう」「ドル高の最大の要因は米国以外の経済が弱いことと、地政学リスクの高まり。望ましい状況ではない」と述べていた。

[2014-08-22][NP-2.0 HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・コーン元副総裁「早ければ2015年上半期の利上げ開始、労働市場の改善によってあり得る」
・日経新聞は、コーン元FRB副議長のインタビューを掲載している。そのなかでコーン氏は「米国は現時点で緩和姿勢を修正する理由が見当たらない」「雇用、物価の改善ペースが保てれば、利上げが来年半ばより早まる可能性がある」「FOMC自体もまだ利上げへの明確なビジョンを持っていない」と述べていた

[2014-04-10][NP-2.0 HDP -0.3 CHDP -0.1 RHDP -0.3 CRHDP -0.1]
・コーン元FRB副議長「低インフレなのでFRBは緩やかに動ける」「早急な引き締めは深刻なミスとなる」

[2013-07-02][NP-2.0 HDP -0.2 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・コーンBOE金融行政委員会(FPC)委員「世界経済の弱さは残存」「FRBのどのような行動でも影響を与える」「国は金融システムの回復力を保証する必要」

(最終更新日時 2017-06-03 00:19)

ドナルド・コーンの発言・ニュース バックナンバー

ドナルド・コーン カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース