国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-08-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、中国経済に関する年次審査の報告書を発表し、貿易障壁を減らすよう促した。実質成長率は徐々に低下し、2022年に6%を割り込むとの予測を示している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2017-08-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、中国経済に関する年次審査の報告書を発表し、貿易障壁を減らすよう促した。実質成長率は徐々に低下し、2022年に6%を割り込むとの予測を示している。

[2017-07-31][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、2016年の世界の経常収支に関する報告書で「先進国で不均衡が拡大した」と指摘した。なかでも、「赤字拡大が米国と英国に集中している」したうえで、トランプ米政権を念頭に、経常赤字国が輸入抑制など保護主義的な政策を取っても、長期的な不均衡の是正や経済成長にはつながらないと警告している。
・国際通貨基金(IMF)は公表した年次「対外セクター報告書」で、ドルは米経済の短期的なファンダメンタルズに基づくと、10-20%過大評価されているとの認識を示した。一方、ユーロ、円、人民元に関してはおおむねファンダメンタルズに沿っているとしている。

[2017-07-29][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は28日、「ドルの実質実効為替レートは米国の中期的なファンダメンタルズと比べると10-20%過大評価されている」「日本円は概ねファンダメンタルズに沿っている」との見解を示した。
・国際通貨基金(IMF)「ドルの実質効果相場は10-20%過大評価されている」

[2017-07-28][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、米国経済に対する年次審査報告書で「FRBの政策金利引き上げは緩やかに進めるべきだ」と提言した。異例の金融緩和の是正が急激に進めばドル高を招くとして、金融市場が混乱するリスクに警戒感を示している。

[2017-07-27][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、世界経済の後退につながりかねない通貨危機の防止策を強化するため、原則としてすべての加盟国を支援対象とする新たな制度を設けたと発表した。金融市場の混乱時に大きな影響を受けやすい新興国の利用を想定しており、支援対象の加盟国は危機時にIMFの融資が受けやすくなるという。

[2017-07-26][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は26日、ギリシャが支援プログラムを成功裏に終了し、債券市場に確実に復帰するためには、改革の取り組みを継続することが極めて重要との見解を示した。ギリシャは25日、3年ぶりに国債を発行した。来年8月の第3次金融支援の終了を控え、金融の独立に向けた重要な一歩を踏み出した。ギリシャは一段の債券発行を計画している。

[2017-07-25][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は参加したイベントで、中国をはじめ新興国の成長トレンドが今後も継続し、IMFの議決権構造に反映されれば、今後10年で北京がIMF本部となる可能性があるとの考えを示した。
・国際通貨基金(IMF)は25日公表したユーロ圏経済に関する年次報告書で、欧州中央銀行(ECB)はインフレ率が目標を下回って推移する中、強力な金融緩和策を長期間維持するべきとの認識を示した。ECBは秋に金融刺激策の縮小について議論する構えだが、IMFは物価上昇圧力が十分に高まっていない状況での緩和解除は「時期尚早」と指摘した。

[2017-07-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は24日、世界経済見通しで2017年の世界成長率予想を3.5%に据え置いた。また、日本の成長率予想を1.2%から1.3%、中国の成長率予想を6.6%から6.7%、ユーロ圏の成長率予想を1.7%から1.9%に上方修正した。なお、米国の成長率予想は2.3%から2.1%に下方修正した。

[2017-07-21][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は20日、ギリシャへの18億ドルの融資を承認した。
・国際通貨基金(IMF)は、ギリシャへの約16億ユーロの融資再開を条件付きで承認した。実際の融資実行はユーロ圏によるギリシャの債務負担軽減策の具体化を見極めたうえで判断するという。

[2017-07-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)が来年の米GDP伸び率について、3ヵ月前にプラス2.5%としていた見通しを今回2%程度にまで大幅に下方修正する方向で調整している、と報じている。これはトランプ大統領が訴えてきたインフラ投資の規模が、当初の想定ほど大きくないことなどが主な要因になるとようだ。一方、景気が回復している欧州各国の見通しについては軒並み上向きに修正する方向で調整しているという。

(最終更新日時 2017-08-17 00:08)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース