国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は定例会見で、ギリシャ支援策への資金拠出について、経済改革と債務軽減に関する十分な議論を経てから検討する考えを示した。また、ラガルド専務理事が、今週行なったムニューシン米財務長官との電話会談で、ギリシャに関して協議したことも明らかにしたが、詳細に関するコメントは明らかにしなかった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2017-02-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は定例会見で、ギリシャ支援策への資金拠出について、経済改革と債務軽減に関する十分な議論を経てから検討する考えを示した。また、ラガルド専務理事が、今週行なったムニューシン米財務長官との電話会談で、ギリシャに関して協議したことも明らかにしたが、詳細に関するコメントは明らかにしなかった。

[2017-02-23][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ギリシャは現時点で債務のヘアカット(元本削減)を行う必要はないが、債務再編の実施のほか、国際支援を通して受けた融資の金利を引き下げる必要はあるとの認識を示した。
・国際通貨基金(IMF)は、2014年にIMFや欧州連合(EU)による金融支援を脱却したポルトガルに関する報告書で、同国の銀行が有する資本バッファーは不良債権に対応するには十分でないと警告するとともに、銀行にバランスシートを健全化するよう求めた。

[2017-02-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・独誌シュピーゲルは、国際通貨基金(IMF)が第3次ギリシャ支援策に最大50億ユーロを拠出する方向だと報じている。欧州の債権国は当初、160億ユーロのIMF資金を望んでいたが、現時点では50億ユーロ程度を想定しているという。

[2017-02-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、参加した会合で、欧州で年内に予定されている選挙の結果を懸念していると述べた。一方で、ユーロ圏は経済問題解決への取り組みで前進しているとの見解も示している。

[2017-02-10][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は定例会見で、通貨戦争が迫っている明確な兆しは見られないが、G20が今年、自由で公平な貿易へのコミットメントを再確認することを望むとの考えを示した。
・国際通貨基金(IMF)は10日「豪州は金融政策を引き続き緩和的とすべきだ」「豪GDP成長率は2017年が2.6%増、2018年が3.0%増と予想」などの見解を示した。
・日本経済新聞によると、ギリシャへの金融支援を巡る不安が再燃している。国際通貨基金(IMF)が経済再建には抜本的な債務負担の軽減や緊縮策の緩和が必要とする報告書を公表。支援を主導するユーロ圏との意見対立が鮮明化しているためだ。欧州では今後主要国で選挙が相次ぎ、政治決断や譲歩は難しい。対立が長引けば、ギリシャは今夏にも債務返済に窮する恐れがある。

[2017-02-08][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)「ギリシャ債務は改革を考慮したとしても極めて持続不可能」

[2017-02-02][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・古沢IMF副専務理事「不確実性が金融のボラティリティー助長も」「先進諸国の保護主義の高まりがアジア繁栄に影響も」

[2017-01-30][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・入手した国際通貨基金(IMF)報告書をもとに、ギリシャ政府の対外債務は依然として維持が困難な状況で長期的には「非常に危険な状態」になる恐れもあり、欧州による確かな救済案が不可欠だとみられていることが分かった、と報じている。

[2017-01-27][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)がユーロ圏に関する定例報告書をユーロ圏財務相に提出した、と報じている。そのうえで、IMFはECBが物価の持続的な上昇が確認できるまでユーロ圏全体のインフレを焦点に据え、緩和的な金融政策を維持する必要があるとの見解を示した、ユーロ加盟19ヵ国は結束を一段と高めない限り今後も危機に見舞われ続ける恐れがあると警告しているという。

[2017-01-23][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)「強いドルは中南米にマイナスの影響を及ぼさない」

(最終更新日時 2017-02-25 01:47)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース