国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-07-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)「世界GDP見通しを3.9%、米国のGDP見通しを2.9%に据え置いた」
・国際通貨基金(IMF)「貿易摩擦が短期的な世界成長の最大のリスクに」
・IMF=国際通貨基金は、世界経済に関する最新の報告で、日本とヨーロッパのことしの経済成長率の見通しを下方修正し、世界経済が曲がり角を迎える可能性があると指摘した。さらにアメリカと各国の貿易摩擦が世界経済のブレーキになりかねないと慎重な見方を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2018-07-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)「世界GDP見通しを3.9%、米国のGDP見通しを2.9%に据え置いた」
・国際通貨基金(IMF)「貿易摩擦が短期的な世界成長の最大のリスクに」
・IMF=国際通貨基金は、世界経済に関する最新の報告で、日本とヨーロッパのことしの経済成長率の見通しを下方修正し、世界経済が曲がり角を迎える可能性があると指摘した。さらにアメリカと各国の貿易摩擦が世界経済のブレーキになりかねないと慎重な見方を示した。

[2018-06-27][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、IMFの示す今年の世界経済成長見通しが3.9%で、世界経済が適度に良好な情勢にあるとの見方を踏まえたうえで、世界の政策担当者がより長期的な課題に取り組むべき時期に関税合戦が台頭していることは「苛立たしい」との認識を示した。

[2018-06-25][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、世界の金融機関がサイバー攻撃の深刻なリスクに直面しており、被害総額が年間3500億ドルに上る可能性があるとの試算を公表した。大規模な攻撃で「銀行の利益が損なわれ、金融安定を脅かす恐れがある」と警鐘を鳴らしている。

[2018-06-21][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)理事会は20日、アルゼンチンへの支援融資額500億ドルを承認した。

[2018-06-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、米国経済に関する年次審査報告を発表した。そのなかで、トランプ大統領が発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限は「世界をルールに基づく自由で公正な貿易制度から遠ざける」と批判している。

[2018-06-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、カナダで先週末に開催されたG7サミットで通商政策をめぐり米国と6ヵ国の意見が対立したことを受け、世界経済に暗雲が立ち込めていると懸念を示した。
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ギリシャへの関与を今後も続けるとの姿勢を示したうえで、具体的な関与の形については、6月21日のユーロ圏財務相会合でより明確になる、と指摘した。

[2018-06-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、アルゼンチンのマクリ大統領と会談し、マクリ政権の経済改革を支持する考えを表明した。専務理事は声明で、改革が「短期的にアルゼンチン経済を強化するとともに、将来的には成長を高め、雇用拡大を後押しする」と強調している。

[2018-06-08][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・アルゼンチンはIMFと3年間のスタンドバイ融資で合意した。スタッフレベル合意は期間3年、500億ドルのスタンドバイ。
・アルゼンチンと国際通貨基金(IMF)が500億ドルの融資枠設定で合意したことを受け、8日朝の取引で同国債券が急伸した。一方、中銀が数週間に及ぶ自国通貨防衛策をやめるとの受け止めから、アルゼンチンペソは0.46%下落して1ドル=25.10ペソで寄り付いた。

[2018-05-28][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ロシアで開催されている経済ファーラムで、 米国の対中貿易赤字批判に違和感があるとの認識を示した。そのうえで、中国の知的財産権侵害をめぐる米側の訴えは、世界貿易機関(WTO)で討議すべきだと指摘している。
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ロシアで開催されている経済ファーラムで、世界の貿易体制が脅かされつつあり、保護主義への傾倒は重大な誤りだと警鐘を鳴らした。
・国際通貨基金(IMF)元エコノミストのカルロ・コッタレッリ氏は28日、「イタリア大統領からの総選挙前の組閣要請を受け入れた」「総選挙は2019年初めに行われる可能性」「信認を得られなければ、総選挙は8月以降となるだろう」などの見解を示した。

[2018-05-21][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、通貨ペソの急落に見舞われたアルゼンチンの支援策をめぐって非公式の理事会を開き、ラガルド専務理事が「アルゼンチンの経済成長に向けた目標を全面的に支援する」と表明した。

(最終更新日時 2018-07-17 11:09)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース