国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)の活動方針を決める国際通貨金融委員会(IMFC)は22日、共同声明を採択して閉幕した。声明には、従来の「反保護主義」の記述を盛り込まなかった。米国の強硬な反対で記述を見送った3月の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明に倣った形。G20は7月の首脳会合に向け自由貿易を巡る議論を続けるとしており、IMFCはその行方を見守る。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2017-04-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)の活動方針を決める国際通貨金融委員会(IMFC)は22日、共同声明を採択して閉幕した。声明には、従来の「反保護主義」の記述を盛り込まなかった。米国の強硬な反対で記述を見送った3月の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明に倣った形。G20は7月の首脳会合に向け自由貿易を巡る議論を続けるとしており、IMFCはその行方を見守る。

[2017-04-21][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は記者会見を行い、「自由貿易は世界の経済成長の重要な柱のひとつ」と述べ、トランプ米政権による保護主義的な政策をけん制した。
・リプトンIMF筆頭副専務理事「新しい資金を確保して貸付能力を維持」「中国の経済成長に急激な変化はないだろう」

[2017-04-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、世界金融安定報告を発表し、トランプ米政権などの保護主義政策が、新興国の貿易や金融分野に深刻な打撃を与える恐れがあると懸念を表明した。また中国国内の融資膨張は「危険だ」と指摘、危機に発展して金融システムが混乱しかねないリスクがあると警告している。

[2017-04-19][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、最新の世界経済見通しをまとめた。2017年の世界の実質成長率は3.5%で、1月の前回見通しを0.1ポイント上方修正した。大型の財政出動に踏み切る米国が先進国経済の回復をけん引し、資源価格の反発などで新興国経済も上向くとみている。米国の成長率は2.3%、日本は1.2%と予測した。

[2017-04-18][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は18日、世界経済見通しで2017年の世界成長率予想を3.4%から3.5%へ引き上げた。また、日本の成長率予想を0.8%から1.2%に、中国の成長率予想を6.5%から6.6%に、ユーロ圏の成長率予想を1.6%から1.7%にそれぞれ上方修正した。なお、米国の成長率予想は2.3%で据え置いた。

[2017-04-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ギリシャ支援協議について「過去数週間の動きは正しい方向に向かいつつある」「ギリシャの債務再編が必要で、達成すべき目標をあらかじめ定めるべき」「IMFの支援参加をめぐり、どのような条件下で融資可能かをなお検討中」などと述べている。
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は講演で、「貿易を制限することはみずからを傷つける行為だ。商品の価格をつり上げることで低所得の世帯が最も打撃を受けることになる」「欧州も含めた政治情勢の不透明感が世界経済のリスク」などと述べた。

[2017-04-10][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・NHKは、国際通貨基金(IMF)が、日本の今年のGDP伸び率見通しを、上方修正する方向で調整を進めていると報じている。IMFは、今年の日本のGDP伸び率見通しを、1月時点のプラス0.8%から、1%台前半へと上方修正する見通しだという。
・国際通貨基金(IMF)、世界銀行、世界貿易機関(WTO)は10日、自由貿易が世界経済の成長に不可欠だと強調し、トランプ米政権などが志向する保護主義をけん制する共同報告書を発表した。今月下旬にワシントンで開かれる20カ国地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を前に、自由貿易促進の重要性を改めて訴えた。

[2017-04-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、最新の世界金融安定報告を発表した。そのなかで、長引く低成長と低金利で日本の地方銀行や信用金庫の収益が悪化した事例を紹介するとともに、同様の状況に直面した金融機関が収益確保のため高リスクの投資に傾けば、「金融安定性に影響を及ぼす恐れがある」と警告している。

[2017-04-03][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)が公表したデータによると、第4四半期の世界の外貨準備に占めるドルの割合が4四半期ぶりに上昇した。比率だけをみると、第3四半期は63.3%だったものが、第4四半期には64%へと大きく伸びている。一方、今回初めて公表された人民元の外貨準備は845億1000万ドルに留まり、全体の1%強だった。

[2017-03-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のパリ事務所で、配達された小包が爆発する事件が起こった、と報じている。小包を開封した女性職員1人が顔や手に怪我を負ったという。この件について、フランス捜査当局はテロの疑いもあるとみて捜査を始めた模様だ。

(最終更新日時 2017-04-25 03:12)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース