国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-05-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、欧州先進国の経済成長率について、今年が2.3%と昨年の2.4%から鈍化し、来年は2.0%まで減速すると見通した。そのうえで、欧州経済が内需などを追い風に堅調な伸びを示す一方、各国政府は好機を十分に活用して、債務を減らしたり改革を実行したりしていないとの見方を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2018-05-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、欧州先進国の経済成長率について、今年が2.3%と昨年の2.4%から鈍化し、来年は2.0%まで減速すると見通した。そのうえで、欧州経済が内需などを追い風に堅調な伸びを示す一方、各国政府は好機を十分に活用して、債務を減らしたり改革を実行したりしていないとの見方を示した。

[2018-05-10][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・米国の金利通貨高が新興国の資金流出を引き起こし、世界経済に悪影響を与える懸念が強まっている。8日にはアルゼンチン政府が、通貨危機を防ぐため国際通貨基金(IMF)との支援協議を開始した。ランプ米大統領が8日表明したイラン核合意からの離脱はドル高傾向を強めかねず、市場に警戒感が広がっている

[2018-04-23][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)の助言機関である国際通貨金融委員会(IMFC)は、ワシントンで声明を採択し閉幕した。声明は、トランプ米政権による鉄鋼・アルミニウムの輸入制限をきっかけに米中貿易摩擦が激化するなか、問題解決に向け「さらなる対話や行動が必要」と強調している。
・国際通貨基金(IMF)の古沢副専務理事(元財務官)がインタビューで、日銀の金融政策を支持するが、国債買い入れに関する市場への説明で改善の余地があるとの見解を示したと報じている。

[2018-04-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は記者会見で、世界経済の先行きは明るいとしながらも、「雲が厚くなってきている」と指摘した。また、激しさを増す米中間の貿易摩擦について「2国間だけにとどまらず、世界経済に悪影響を及ぼす」と懸念を示している。

[2018-04-19][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、国際金融の安定性を分析した報告書を発表した。世界的な株価の乱高下や貿易の保護主義的な動きを背景に金融市場がやや不安定になっていると指摘し、投資家も政策当局に「金利とボラティリティの上昇にともなうリスクを注視すべき」と警鐘を鳴らしている。

[2018-04-18][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、世界経済見通しを発表した。2018年の世界全体の成長率は3.9%と、1月時点の予測を据え置き、日本も1.2%で維持した。米国を中心に景気拡大を見込む一方、米中間で貿易制裁の応酬が広がる事態を警戒し、「リスクは明確に下振れ方向に傾いている」と指摘している。

[2018-04-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は17日、2018年の米成長率予想を前回の2.7%から2.9%に上方修正した。なお、世界成長率予想は3.9%で据え置いた。

[2018-03-21][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、貿易紛争を解決するため、異例の手段に頼ることを回避すべきとの認識を示した。

[2018-03-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、アルゼンチンで19-20日に開かれるG20財務相・中銀総裁会議に向け、政策課題に関する報告書を公表した。「内向きの政策は保護主義をたきつけ、成長を妨げる」と警告し、鉄鋼・アルミニウムの輸入制限措置を決定したトランプ米政権をけん制したものになっている。

[2018-03-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は自身のブログで、仮想通貨が資金洗浄(マネーロンダリング)やテロ組織への資金供与の新たな手段にならないよう、各国政府、および中銀は規制に向け協力する必要があるとの考えを示した。

(最終更新日時 2018-05-20 21:53)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース