国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-06-27][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・IMFは米国との年次経済審査を受けた声明でコメントをした。その中では2020年までの成長率を2%前後のレンジ推移と予想している。また、米金融当局は緩やかな利上げを続けるべき、バランスシート縮小計画を十分に周知する必要があるとしている。
・国際通貨基金(IMF)は27日、今年と来年の米経済成長予測を引き下げることを明らかにした。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-06-19][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・IMF「(日本経済に関するして)金融政策は持続的な緩和スタンスを維持すべき」「インフレ率は中期的にも2%目標下回る」
・IMF「日本の成長率を2017年1.3%、2018年0.6%と予想」
・リプトンIMF筆頭副専務理事「現在の金融・財政政策に満足」「リフレ成功までアベノミクス継続が重要」
・国際通貨基金(IMF)のデビッド・リプトン筆頭副専務理事は19日、都内でロイターの取材に応じ、日銀が出口戦略について議論を始めるのは「時期尚早」との認識を示した。日銀が導入した長短金利操作の有効性を認めつつ、物価2%目標の達成には、さらなる労働市場改革による賃上げの加速が必要とも指摘した。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2017-06-27][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・IMFは米国との年次経済審査を受けた声明でコメントをした。その中では2020年までの成長率を2%前後のレンジ推移と予想している。また、米金融当局は緩やかな利上げを続けるべき、バランスシート縮小計画を十分に周知する必要があるとしている。
・国際通貨基金(IMF)は27日、今年と来年の米経済成長予測を引き下げることを明らかにした。

[2017-06-23][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のリプトン筆頭副専務理事がインタビューに応じ、経済政策についての見解を明らかにしたと報じている。日本が2020年の黒字化を目標にしている基礎的な財政収支については「いますぐ改善させる必要はない」としつつ、経済状況に応じながら「GDP比で年平均0.5%ずつ着実に調整していくのが望ましい」と話したという。

[2017-06-19][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・IMF「(日本経済に関するして)金融政策は持続的な緩和スタンスを維持すべき」「インフレ率は中期的にも2%目標下回る」
・IMF「日本の成長率を2017年1.3%、2018年0.6%と予想」
・リプトンIMF筆頭副専務理事「現在の金融・財政政策に満足」「リフレ成功までアベノミクス継続が重要」
・国際通貨基金(IMF)のデビッド・リプトン筆頭副専務理事は19日、都内でロイターの取材に応じ、日銀が出口戦略について議論を始めるのは「時期尚早」との認識を示した。日銀が導入した長短金利操作の有効性を認めつつ、物価2%目標の達成には、さらなる労働市場改革による賃上げの加速が必要とも指摘した。

[2017-06-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・IMF(国際通貨基金)は、中国の2017年GDP伸び率予想を従来の6.6から6.7%に引き上げた。
・リプトンIMF筆頭副専務理事「中国の短期的リスクは後退してきた」

[2017-06-09][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は記者団に対し、ECBが追加利下げの可能性をめぐる文言を削除したことについて、デフレリスクの後退を反映ししているとの見解を示した。

[2017-06-05][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)の古沢副専務理事は、都内で講演し、高齢化の進展を見据えた、信頼性のある財政計画がアジア諸国に求められているとの認識を示した。人口動態の変化が見込まれるなか、アジアが持続的に成長を遂げるには、財政政策を含め、当局者の適切な対応が必要と強調している。

[2017-06-05][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)の古沢副専務理事は、都内で講演し、高齢化の進展を見据えた、信頼性のある財政計画がアジア諸国に求められているとの認識を示した。人口動態の変化が見込まれるなか、アジアが持続的に成長を遂げるには、財政政策を含め、当局者の適切な対応が必要と強調している。

[2017-05-05][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・古沢満宏・国際通貨基金(IMF)副専務理事「日銀の金融政策について、緩和していく方向性は良いこと」

[2017-05-04][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・オブストフェルド国際通貨基金(IMF)チーフエコノミストへのインタビューとして、「世界経済は上向いているが、保護主義の脅威は抱えたまま」「IMFは17年の成長率見通しを引き上げた。日本や中国、欧州の底堅さがその要因」「米国は、『法人税の国境調整』で税収中立を目指そうとすれば、ドル高となるだろう」と報じている。

[2017-04-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)の活動方針を決める国際通貨金融委員会(IMFC)は22日、共同声明を採択して閉幕した。声明には、従来の「反保護主義」の記述を盛り込まなかった。米国の強硬な反対で記述を見送った3月の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明に倣った形。G20は7月の首脳会合に向け自由貿易を巡る議論を続けるとしており、IMFCはその行方を見守る。

(最終更新日時 2017-06-28 00:03)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース