国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-11-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、英国が貿易協定を結ばないままEUを離脱した場合、残留する場合に比べてGDPの約6%に当たるコストが発生するとの見方を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2018-11-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、英国が貿易協定を結ばないままEUを離脱した場合、残留する場合に比べてGDPの約6%に当たるコストが発生するとの見方を示した。

[2018-11-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、イタリアが計画している財政刺激策は金利上昇につながり、その結果としてリセッションが引き起こされる恐れがあるとし、緩やかな財政緊縮を実施するよう助言した。

[2018-10-29][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、アルゼンチン向けのスタンドバイ(一定期間内にいつでも合意された資金の引き出しができる)取り決めの額を従来の500億ドルから563億ドル相当に引き上げた。

[2018-10-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のトムセン欧州局長は、イタリアの2019年予算について、EUの予算ルールに従う必要があり、次の景気低迷に備えて準備金を積み立てるべきだとの認識を示した。
・国際通貨基金(IMF)幹部が、人民元の為替水準が中国経済のファンダメンタルズに「ほぼ沿っている」と述べたと報じている。

[2018-10-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は米CNBCテレビとのインタビューで、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長と「クレイジーさ(狂気)」は結びつかないとコメントした。トランプ米大統領は10日、利上げを続ける米連邦準備理事会(FRB)は「狂ってしまった」と述べていた。

[2018-10-05][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事がインタビューで、「貿易戦争は経済成長の機会の損失」「世界経済は引き続き安定的に成長しているが、半年前よりもリスクが高まっている」「11月のインドネシアG20では、新興国からの資金流出問題が議論される見通し」などと述べたと報じている。

[2018-10-04][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・IMF(国際通貨基金)は4日、日本経済に関する対日4条協議終了後に声明を発表した。その中では「2018年実質為替レートはファンダメンタルズと概ね整合的、「日銀は長期金利目標維持し、政策の信頼性高めるべきだ」「日本経済は昨年よりも下振れリスクが高まっている」との見解が示されている。
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は4日、年次対日経済審査の終了にあたって記者会見し、「日本の金融・財政政策、ぎりぎりまで拡張されており政策余地の回復が必要」 「米金融政策の影響で、一部の国はネットで資本流出している」などと述べた。

[2018-10-02][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は会見で、世界経済の先行きは「輝きが鈍くなった」と語り、各国が同時に成長軌道に乗る局面が曲がり角に差し掛かっていると警告した。深刻化する貿易摩擦などを憂慮、来週公表する世界成長見通しが下方修正される可能性をにじませている。
・国際通貨基金(IMF)は、幹部で次期チーフエコノミスト兼調査局長に、ハーバード大教授のゴピナート氏が就任すると発表した。年末に退任するオブストフェルド氏の後任となる。

[2018-10-01][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)の四半期報告で、2018年第2四半期の世界全体の外貨準備総額に占める中国人民元の割合が1.8%に増加し、豪ドル AUD(1.7%)やカナダドル CAD(1.9%)と同水準になった。

[2018-09-25][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)が米国発の貿易戦争で米国と中国の実質経済成長率が2019年にそれぞれ最大0.9%程度下押しされるとの分析をまとめたことが明らかになった、と報じている。

(最終更新日時 2018-11-16 16:10)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース