国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-16][NP+4.0 HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・IMF(国際通貨基金)は16日、最新の世界経済見通しを公表した。その中で2017年のユーロ圏の成長率予想を1.6%に上方修正した。
・IMF(国際通貨基金)は16日、最新の世界経済見通しを公表した。その中で2017年の中国の成長率予想を6.5%に上方修正した。
・IMF(国際通貨基金)は16日、最新の世界経済見通しを公表した。その中では「トランプ次期大統領の財政刺激の成長押し上げ効果は小さいと想定」としている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2017-01-23][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)「強いドルは中南米にマイナスの影響を及ぼさない」

[2017-01-16][NP+4.0 HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
・IMF(国際通貨基金)は16日、最新の世界経済見通しを公表した。その中で2017年のユーロ圏の成長率予想を1.6%に上方修正した。
・IMF(国際通貨基金)は16日、最新の世界経済見通しを公表した。その中で2017年の中国の成長率予想を6.5%に上方修正した。
・IMF(国際通貨基金)は16日、最新の世界経済見通しを公表した。その中では「トランプ次期大統領の財政刺激の成長押し上げ効果は小さいと想定」としている。

[2016-12-20][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)理事会「ラガルド氏を専務理事として全面的に信頼」

[2016-12-14][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)幹部がギリシャに対する一段の緊縮財政措置の要請に反対する主旨の文書を発表したことを受け、ユーロ圏当局者から反論が相次いだ、と報じている。例えば、欧州委員会のブライトハルト報道官は記者会見で、「欧州の各機関は欧州安定メカニズム(ESM)プログラムの政策は健全で、完全に実施されればギリシャは持続的な成長軌道に戻り、市場から資金調達が再度可能になると考えている」と指摘したという。

[2016-12-13][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のトムセン欧州局長らはギリシャに対し一段の緊縮財政措置の要請することに反対する立場を示し、同国は逆に、税制改革と年金制度改革から得られた資金を利用し現代に即した福祉制度を導入する必要があるとの考えを示した。

[2016-12-06][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・IMF当局者「ギリシャは欧州諸国による債務負担軽減措置が必要」「5日のギリシャ債務軽減措置は不十分」
・IMF当局者「ギリシャ支援に関する合意にはなお程遠い」「ギリシャの財政調整は持続不可能」

[2016-12-02][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)の古澤副専務理事へのインタビューとして「石油輸出国機構(OPEC)の減産合意は産油国をはじめに世界経済にとってプラスになる」「トランプ氏が選挙戦で掲げた政策において、市場はポジティブな面に着目している。ただ、実際にどんな政策が実行されるのかはまだ不透明で、注意して見ていく必要がある」「貿易は世界経済の成長に貢献してきた。貿易を抑えるような政策は世界経済にとっては望ましくない」と報じている。

[2016-12-01][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)の古沢満宏副専務理事は30日、日本経済新聞のインタビューでトランプ次期米大統領の経済政策について、「インフラ整備や雇用の確保に力点を置くのはポジティブだ」と評価した。米景気拡大を通じ、日本にも恩恵が及ぶとの見方を示した。

[2016-11-15][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)「豪州は緩和的な金融政策を維持するべき」

[2016-11-11][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は記者会見で、次期米大統領に決まったトランプ氏の政策について、「推測で語るには時期尚早であり、政権発足後の方針を注視する必要がある」「自由貿易は世界経済の成長の原動力だ」などと述べ、TPP離脱の姿勢をけん制した。

(最終更新日時 2017-01-24 04:26)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース