ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-13][NP+3.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBが目標に近づくにつれて金利を変更する理由は少ない」「償還元本の再投資、終了の機運が高まっている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FF金利、2017年はかなりの低水準で維持可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2017年通じ、FF金利は比較的低い水準を維持する可能性がある」「償還元本の再投資、終了の機運が高まった」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ加速の兆候は見られない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「為替市場は先走りしている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「雇用の伸び、今年と来年に減速へ」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「財政政策は、見通しで上方リスクに」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2017-01-13][NP+3.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBが目標に近づくにつれて金利を変更する理由は少ない」「償還元本の再投資、終了の機運が高まっている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FF金利、2017年はかなりの低水準で維持可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2017年通じ、FF金利は比較的低い水準を維持する可能性がある」「償還元本の再投資、終了の機運が高まった」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ加速の兆候は見られない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「為替市場は先走りしている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「雇用の伸び、今年と来年に減速へ」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「財政政策は、見通しで上方リスクに」

[2017-01-12][NP+4.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米国への投資が拡大する可能性ある」「インフレは目標を下回っており、辛抱強い姿勢が可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米経済成長は改善の潜在性が幾分かある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「政策変更の経済的影響は18年の方が大きい可能性も」「ドル上昇、市場は若干先を走っている」「今年1度の利上げ見通しに変更はない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「ヘルスケアや国境税の政策はリスク伴う」

[2016-12-17][NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在は2017年の追加利上げを予想」「米金融当局はバランスシート縮小の検討を」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利回りの上昇は2017年の利上げの必要性を示唆」

[2016-12-06][NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「政府政策、低金利体制に影響及ぼす可能性も」「規制緩和、インフラ、税制は生産性上げる可能性も」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「セントルイス連銀のモデルでは2019年までに1回の利上げを示している」「政策金利、引き続き異例の低水準を維持すると想定」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレは目標に近づいた、商品価格が影響」「失業率、インフレは長期目標水準に近づいた」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米国のみが低金利の基調を破るのは困難」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「12月利上げは極めて妥当な選択肢」「政治の変化は短期的な見通しに影響せず」「インフレ上昇見通しを歓迎。目標達成に寄与する公算」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2017年は2%のGDP伸び率を予想」「FRBは来年のインフレ目標達成に向け順調」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「新政策は影響及ぼし得る」「失業は現在の水準近辺にとどまると予想」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「政治の変化は短期的な見通しに影響せず」
・ブラード・セントルイス地区連銀、トランプ次期米大統領の政策について、新政権発足後1年あまりは経済全体への影響は見られない可能性が高いとし、連邦準備理事会(FRB)には政策見通しを変更する前に状況を見極める時間が与えられるとの見方を示した。

[2016-11-18][NP+4.6 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.7 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「12月の利上げ支持に傾いている」「トランプ氏は野心的なプログラムを持っている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ再上昇の可能性を判断するのは時期尚早」
・ブラード・セントルイス連銀「2017年の景気見通し変わらず、米国の新政権の政策の影響が景気にあらわれるのは2018年、2019年になる」

[2016-11-16][NP+4.6 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「1回の利上げで政策を中立に戻すのに十分」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「大統領選挙後、自身の経済見通しに変更ない」「トランプ氏の歳出方針は中期的な成長促す公算」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「12月は利上げに妥当な時期」「今のところドル高は懸念でない」

[2016-11-11][NP-1.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「次のリセッションに備えた計画策定が大事」「マイナス金利の影響は一面的ではない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「政策金利は異例な低さが継続する」「大統領選挙後の変動率は問題ない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「大統領選挙終了で、政府行きづまりが解消へ」「インフラは生産を引きあげる」「社会保障などの給付金制度をコントロールすることが重要」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「今から2019年末まで1回の利上げ予想を維持する」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「12月の利上げが妥当」「大統領選を経過した後も経済の見通しを変えず」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「過熱経済を予想しない」

[2016-11-10][NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.7 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「政策金利は異例の低水準が続く見通し」「生産性の低下が成長を抑制している」

[2016-10-24][NP+5.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.7 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「1回の利上げは必要」「次回利上げ時期については言及せず」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「低金利が普通の状態、2-3年続く可能性大」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレは2%に向けて上昇へ」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「生産性は低く、引き続き低水準にとどまる可能性」「企業の設備投資も低水準」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「我々の見通しではインフレ、雇用は目標に近づいた」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利上げに緊急の必要性はない」「利上げは12月の可能性が最も高い」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「リセッションの可能性は非常に低い」「下半期の成長予想は目覚ましいようには見えない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「潜在的なバブルを非常に懸念」

[2016-09-28][NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.1]
・ブラード米セントルイス連銀総裁はこの日の講演で、経済や金融政策について言及しなかった。

(最終更新日時 2017-01-14 00:01)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース