ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-06-24][NP+4.8 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレとインフレ期待、下向きのサプライズ」「FOMCは経済動向『見極めで様子見』が可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現行の政策金利は適正水準」「低失業率がインフレを加速させる兆候は見られない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは強さを測定するため、雇用のデータのレンジを注視しなければならない」「バランスシートの縮小を主張」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利回りにはほんのわずかな上昇圧力が見られる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「保有資産の正常化、5年以上を要する可能性も」「利回り曲線、著しくフラット化している」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「株式市場にバブル発生しているか、分からない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ率、2018年末までに2%の目標に上昇へ」「我々は低金利、低インフレの世界にいる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシートは変更可能であり、オプションは依然開かれている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシート縮小は利上げしない会合で行う可能性」「バランスシート縮小は9月開始の可能性」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2017-08-10][NP-1.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレが年内に上昇すると、さほど楽観していない」「インフレが弱く、予防的に行動する必要はない」「G7諸国は低成長・低インフレ下にある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレが弱く予防的に行動する必要はない」「金利を現行水準に維持し、データ分析も可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCは下向きのインフレに驚いている」「FOMCが金利政策で積極的過ぎるリスクがある」などと述べた。
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCが金利政策で積極的過ぎるリスクがある」「バランスシート縮小はゆっくりと漸進的に開始」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシート縮小はゆっくりと漸進的に開始へ」「米経済成長は今後数年、2%前後で推移する可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「景気後退の兆しはないが、何があるか分からない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「欧州の景気回復で弱いドルは妥当」「低インフレ下、FRBは先制措置を取る必要はない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCが金利に関して、過剰に積極的になるリスクがある」「低失業率、物価圧力にあまりつながっていない」

[2017-08-08][NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「最近のデータでインフレ率目標到達に疑問」「現行金利水準が短期的に適切な可能性高い」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「最近のインフレデータは予想外に低い」「ドルの下落は欧州の見通しが理由。ECBはタカ派に傾斜」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「第2四半期の成長加速も2%成長基調を引き上げることはない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「最近のFRBの金利は短期的に適切である可能性が強い」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「最近の指標、インフレが目標に達するかどうか疑問につながる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBのバランスシート縮小が市場に大きな影響を与えるとは見込まず」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「6月の雇用統計は良い結果」「9月にバランスシートの調整始める準備がある」「最善の政策は金利を現行水準で据え置くこと」

[2017-08-02][NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「近い時期の追加行動を支持せず」「軟調なインフレデータを懸念」

[2017-06-30][NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現行の政策金利の水準が適切」「失業率が低下すれば、インフレに小規模な影響を与える」「弱いインフレ指標は2%目標到達に疑問生じさせる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「失業率が低下しても、インフレへの影響は小さい」「指標は弱く、インフレが2%目標に向けて上昇するかどうか疑問」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在のFF金利誘導目標は妥当」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシートの正常化は最低5年かかるとみている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシート計画の発表を歓迎」「バランスシートの縮小はスムースに進むと予想」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「政府が成長に焦点を当てていることを歓迎」「バランスシートの縮小、資産売却はしない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシート縮小は9月開始の可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは将来の政策に関し、過剰にタカ派的」「保有資産縮小、議長会見のある会合での決定が賢明」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ率は2%に上昇し、その水準にとどまる」

[2017-06-24][NP+4.8 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレとインフレ期待、下向きのサプライズ」「FOMCは経済動向『見極めで様子見』が可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現行の政策金利は適正水準」「低失業率がインフレを加速させる兆候は見られない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは強さを測定するため、雇用のデータのレンジを注視しなければならない」「バランスシートの縮小を主張」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利回りにはほんのわずかな上昇圧力が見られる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「保有資産の正常化、5年以上を要する可能性も」「利回り曲線、著しくフラット化している」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「株式市場にバブル発生しているか、分からない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ率、2018年末までに2%の目標に上昇へ」「我々は低金利、低インフレの世界にいる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシートは変更可能であり、オプションは依然開かれている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシート縮小は利上げしない会合で行う可能性」「バランスシート縮小は9月開始の可能性」

[2017-06-23][NP+4.8 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金利軌道は積極的なものに」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「中央銀行は、保有資産の縮小を速やかに開始すべき」

[2017-05-30][NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「テーパー・タントラム(市場のかんしゃく)のようなことは再び起こらないだろう」「現在の金利は適正な水準に近い」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシート縮小は緩やかで秩序あるものになるだろう」「200bpの利上げが必要との考えに反対」

[2017-05-26][NP-1.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米利上げの道筋は積極的過ぎかもしれない」「米物価の水準が過去のトレンドを下回っていることを懸念」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2017年後半からのバランスシート縮小開始を望む」「FRBによる2017年後半からのバランスシート縮小開始を望む」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「政策金利については必要とされる水準に極めて接近」

[2017-05-19][NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMC予測の金利軌道は積極的過ぎる可能性」「インフレ率、インフレ期待は下向きのサプライズ」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「3月FOMC以降のデータは比較的弱い」「2017年米成長率、2%を大きく超えるとは予測せず」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「3月以降、経済指標は比較的弱い」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは必要なら将来も量的緩和(QE)を維持するべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシート縮小を開始するべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「たぶん追加利上げには反対しない」

[2017-05-08][NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCの現在の政策金利設定は適切」「政策金利は低い。変わる可能性は低いと分析」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「最近の政策は適切」「金利は長期にわたり低い水準を維持する可能性がある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米国経済は低調な製造業、低い就業率」「投資家は安全資産を好む」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ統計の数値は期待に届かなかった」「2%の物価目標、なお年内達成を予想」

(最終更新日時 2017-08-11 02:11)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース