ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-11-14][NP-2.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在の政策金利は当面適正」「2018年の米成長は2017年下半期より減速する見込み」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米国の2018年経済は2017年の下半期から減速を予想」「下半期の米国経済は予想を上回る可能性も」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「賃金上昇には生産性の向上が必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-11-14][NP-2.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在の政策金利は当面適正」「2018年の米成長は2017年下半期より減速する見込み」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米国の2018年経済は2017年の下半期から減速を予想」「下半期の米国経済は予想を上回る可能性も」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「賃金上昇には生産性の向上が必要」

[2017-11-12][NP-2.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.8 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレは年末までには改善しないだろう」「政策金利は現行水準でほぼ適正」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「12月に利上げすればインフレ期待を抑制する恐れ」「政策金利は現行水準で適切」

[2017-10-07][NP-1.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「雇用者数は予想より弱い。懸念を生む」「インフレ圧力は見られない」「FOMCが政策を誤る可能性を一段と懸念」
・ブラード・セントルイス連銀総裁は「金利は必要とされる水準近辺にある」「12月はハリケーンから持ち直すには早すぎる」「雇用統計への市場の反応、やや脳天気すぎる」

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2018-01-11][NP+4.6 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「政策変更前にさらに議論する必要があった」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2018年の米経済は非常に良いようだ」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ期待が幾分か上昇」「石油高で物価上昇と予想」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2%超のインフレ目標検討をするべき」

[2018-01-05][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「雇用市場とインフレの関連性消えた可能性も」「テイラー・ルール採用は期待の誘導を助ける」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2018年の米経済成長率は2%台前半を見込む」「雇用は増加しているが、インフレの上昇は見られない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「過去2年間にインフレは全く進展せず
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCは利回り曲線フラット化の意味を議論すべきだ」「FRB議長の交代はコミュニケーション再検証の好機」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「リセッションの見通しない、現在全てうまく行っている」

[2017-12-02][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「逆イールドになるほどの金融引き締めは不要」「2018年は資産価値が最大の課題に」

[2017-12-01][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利上げの継続は逆イールドのリスクをもたらす」「逆イールドになるほどの金融引き締めは不要」

[2017-11-15][NP+4.8 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「追加利上げは物価期待を抑制する可能性がある」

[2017-11-14][NP-2.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在の政策金利は当面適正」「2018年の米成長は2017年下半期より減速する見込み」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米国の2018年経済は2017年の下半期から減速を予想」「下半期の米国経済は予想を上回る可能性も」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「賃金上昇には生産性の向上が必要」

[2017-11-12][NP-2.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.8 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレは年末までには改善しないだろう」「政策金利は現行水準でほぼ適正」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「12月に利上げすればインフレ期待を抑制する恐れ」「政策金利は現行水準で適切」

[2017-10-14][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシート縮小は極めて緩やかに進めるべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDのインフレターゲットの変更は信頼性を損ねる」「金融市場のリスクは現時点では特段高くない」

[2017-10-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁がインタビューで、「インフレ目標を設定するなら、守る必要がある。インフレ目標の達成を掲げるなら、達成に向け努力し、信頼を維持する必要がある」と述べたうえ、明確に守る姿勢を示さなければ、FRBに対する信頼が損なわれるだけでなく、リセッションを招く恐れがあるとの考えを示したと報じている。

[2017-10-07][NP-1.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「雇用者数は予想より弱い。懸念を生む」「インフレ圧力は見られない」「FOMCが政策を誤る可能性を一段と懸念」
・ブラード・セントルイス連銀総裁は「金利は必要とされる水準近辺にある」「12月はハリケーンから持ち直すには早すぎる」「雇用統計への市場の反応、やや脳天気すぎる」

(最終更新日時 2018-01-12 02:59)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース