ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-07-20][NP-3.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在の米国のGDPは強いが和らいできている」「イールドカーブの逆転は経済のベアサイン」「米連邦準備理事会(FRB)は更なる利上げは遅らせるべきだ」
・米セントルイス地区連銀のブラード総裁は20日、長短金利が逆転する「逆イールド」のリスクを回避するために、連邦準備理事会(FRB)は一段の利上げを控える必要があるとの考えを示した。
・ブラード・セントルイス連銀総裁「貿易戦争の激化は米経済にリスクとなる可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「トランプ米大統領のコメントはFOMCの金利決定に影響しない」「トランプ米大統領がFRBに関して意見を持つことは驚きでない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCの金利決定に影響しない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2018-10-11][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは政策をかなり正常化した。これ以上の正常化は必要ない」「現在の米経済の状態は非常に良いが、先行きは成長率低下へ」

[2018-10-09][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「新興国は米金融政策の変更に対する準備をきちんととっている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBが年内に追加利上げするかどうかはデータ次第としたうえで、経済指標は良好」

[2018-10-08][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード米セントルイス連銀総裁「これ以上の金利上昇は必要ない」「米成長のサプライズは製造業の成長次第」「米成長にサプライズがあれば利上げを容認」
・ブラード・セントルイス地区連銀総裁「米国が現在の実質国内総生産(GDP)伸び率を維持するには、おそらく生産性のより大幅な伸びが必要だ」と指摘。「これは投資の改善や技術の普及により、業務プロセスがもっと速いペースで改善することによって可能になる」

[2018-09-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「GDPが高止まりすれば、潜在的な成長率の見通しが変化する可能性がある」「年末までの経済成長はおそらく3%を維持するだろう」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレへの経済の影響は著しく強くない」「今年の経済成長はおそらく3%程度で継続」

[2018-09-12][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「イールドカーブの逆転は近々起こりえる」「イールドカーブの逆転は景気後退リスクを高めるかもしれない」「インフレが急騰することはありえない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレが急伸する可能性は少ない。Fedは圧力を監視することが可能」「利回り曲線の逆転は、リセッションリスクを引き上げる可能性が強い」「米国の金利は中立または、引き締め気味」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「NAFTA合意成立すれば、強力な後押しに」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「中国の不均衡な貿易慣行は世界で一致した意見」

[2018-09-05][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「追加利上げは不必要にリセッションのリスクを高める可能性」

[2018-08-24][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米連邦準備理事会(FRB)は、イールドカーブに配慮する必要はない」「2018年の米経済は好調だが、2019年と2020年は減速する可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「もし景気拡大が加速した場合、政策調整で対応する」「インフレ圧力はそれほど感じていない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「市場は、米連邦準備理事会(FRB)よりもハト派」「米連邦準備理事会(FRB)は、米議会からの法的拘束力を重視」

[2018-08-15][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラードSTルイス連銀総裁「トルコ、現状で、全般的な悪影響につながる状況とは考えていない」

[2018-08-06][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「不可避のリセッションを待つのは誤り」

[2018-07-20][NP-3.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在の米国のGDPは強いが和らいできている」「イールドカーブの逆転は経済のベアサイン」「米連邦準備理事会(FRB)は更なる利上げは遅らせるべきだ」
・米セントルイス地区連銀のブラード総裁は20日、長短金利が逆転する「逆イールド」のリスクを回避するために、連邦準備理事会(FRB)は一段の利上げを控える必要があるとの考えを示した。
・ブラード・セントルイス連銀総裁「貿易戦争の激化は米経済にリスクとなる可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「トランプ米大統領のコメントはFOMCの金利決定に影響しない」「トランプ米大統領がFRBに関して意見を持つことは驚きでない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCの金利決定に影響しない」

(最終更新日時 2018-10-13 19:01)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース