ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-07-20][NP-3.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在の米国のGDPは強いが和らいできている」「イールドカーブの逆転は経済のベアサイン」「米連邦準備理事会(FRB)は更なる利上げは遅らせるべきだ」
・米セントルイス地区連銀のブラード総裁は20日、長短金利が逆転する「逆イールド」のリスクを回避するために、連邦準備理事会(FRB)は一段の利上げを控える必要があるとの考えを示した。
・ブラード・セントルイス連銀総裁「貿易戦争の激化は米経済にリスクとなる可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「トランプ米大統領のコメントはFOMCの金利決定に影響しない」「トランプ米大統領がFRBに関して意見を持つことは驚きでない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCの金利決定に影響しない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-05-11][NP-3.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ率目標維持のための金利変更は不要」「長短金利が逆転するリスクがある」「金利を引き上げてはいけない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBの政策金利はすでに中立水準にある可能性が強い」「税制改革、インフレなく成長を押し上げることが可能に」
・ブラード・STルイス連銀総裁「利上げ見送りを、利回り長短金利の逆転リスクになる」

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2018-07-20][NP-3.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在の米国のGDPは強いが和らいできている」「イールドカーブの逆転は経済のベアサイン」「米連邦準備理事会(FRB)は更なる利上げは遅らせるべきだ」
・米セントルイス地区連銀のブラード総裁は20日、長短金利が逆転する「逆イールド」のリスクを回避するために、連邦準備理事会(FRB)は一段の利上げを控える必要があるとの考えを示した。
・ブラード・セントルイス連銀総裁「貿易戦争の激化は米経済にリスクとなる可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「トランプ米大統領のコメントはFOMCの金利決定に影響しない」「トランプ米大統領がFRBに関して意見を持つことは驚きでない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCの金利決定に影響しない」

[2018-06-29][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「持続的に成長を押し上げるために生産性を高める必要」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「市場はFRBよりもハト派」「当面は、金利の現状維持が望ましい」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「逆イールドは金融当局にとって短期的な重要リスク」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在、著しいインフレリスクは見られない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在はインフレリスクはそこまで高まっていない」

[2018-06-28][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利上げが行き過ぎるとリスクになる可能性」

[2018-06-01][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「貿易協議は経済のさらなる不確実性を生む」

[2018-05-31][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米経済は極めて良好」

[2018-05-29][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「政策金利はすでに中立に近い」「積極的な利上げは長短金利の逆転を招く」「政策正常化のペースを緩めるのが合理的」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレへの原油相場の影響は一時的」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「経済指標が著しく改善しない限り追加利上げすべきではない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2%の物価目標は国際基準になった」「日本は2%のインフレ目標を堅持すべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「日銀の現在の政策枠組みは持続可能だ」「日米の賃金に上向きの圧力」

[2018-05-17][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米経済を賞賛すべき多くの事象を認識している」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「世界の金利は依然低い、留意する必要」「長短金利差が逆転する危険はない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「長短金利の逆転はネガティブなサイン」「1950年以降、イールドカーブはプラスの兆候を示してきた」「1970-80年代のようなインフレ懸念はない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現状で、中立金利に非常に近い」「米国が現在の見通しを上回る可能性は少ない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「新興市場の問題を認識しているが、我々は米国の政策を設定」「慌てて利上げする必要はない」

[2018-05-15][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBのエラーがなければ、ドルは引き続き主要通貨の地位を維持する」「積極的な利上げで、利回り超短金利差の逆転を招く必要はない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁は参加した会合で、ビットコインなどの仮想通貨が米国で「不均一」な通貨を生み出している、との認識を示した。なお、経済や金利には言及していない。

[2018-05-14][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「通貨は信頼性があり、価値を維持しなければいけない」「仮想通貨は間違った方向に進んでいる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「ドルは良好、長期的な勝者だ」「FRBの失策がなければドルは今度も支配的通貨になる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「仮想通貨がドルの脅威になるとは考えていない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBが現状でブロックチェーンFXを達成する計画はない」

[2018-05-11][NP-3.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ率目標維持のための金利変更は不要」「長短金利が逆転するリスクがある」「金利を引き上げてはいけない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBの政策金利はすでに中立水準にある可能性が強い」「税制改革、インフレなく成長を押し上げることが可能に」
・ブラード・STルイス連銀総裁「利上げ見送りを、利回り長短金利の逆転リスクになる」

(最終更新日時 2018-07-21 20:57)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース