ジャネット・イエレンの発言・ニュース

ジャネット・イエレン

 ジャネット・イエレンは1946年生まれの経済学者で、元サンフランシスコ連邦準備銀行総裁であり、FRB(連邦準備制度理事会)の副議長を務めていた。

 イエレンはインフレよりも失業に関心があるとの見方が一般的で、金融政策において金利を安易に上げない、または金融緩和を安易に停止しない「ハト派」として知られている。

 また、彼女の夫は、カリフォルニア大学バークレー校の名誉教授でありノーベル経済学賞を受賞者のジョージ・アカロフである。

HDP

中間派

 HDP   +0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-12-14][NP-1.0 HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.0]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「利上げは緩やかな引き締めが正当化されるとの見方を反映している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「経済成長は堅調なペースに近付いた」「雇用の伸びは時間とともに減速へ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「税制改革は今後数年、成長をいくらか押し上げる」「税制改革の影響は依然不透明」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「必要に応じて金融政策を調整する用意がある」「インフレの低下は、依然一時的な展開が影響」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「税政策変更、経済見通しの小幅引き上げを支援」「労働市場は今後も強まると予想」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「経済見通しはかなり不透明、政策事前に決めていない」「当局の多くは税制改革がGDP小幅押し上げると予想」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「経済見通しが正当化すれば保有債の償還資金再投資を再開する用意がある」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「労働市場の過熱容認すれば急激な引き締めが必要となるリスクが高まる」「今年確認された予想外の軟調なインフレは概ね一時的とみられる」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「当局の多くは税制改革がGDPを小幅押し上げると予想している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「生産性の伸びが低いことは気がかり」「米経済、完全雇用に近い状態にある」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「強い労働市場で、賃金が上昇すると予想している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「今年の資産市場は大きく上昇」「高い価格が必ずしも過大評価を意味しているとは限らない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「ビットコインは極めて投機的な資産」「デジタル通貨と仮想通貨の違いを明確にしたい」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「議会が税制法案に関して合意に達した」「税制法案の実現まで数日中であるよう望む」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「FRBはマイナス金利を用いることを真剣に考えていない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジャネット・イエレンの発言・ニュース

[2018-09-15][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.2]
・イエレン前FRB議長は「アメリカは世界的な財政不安の問題をより悪化させる」などと述べた。

[2018-04-06][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.2]
・イエレン前FRB議長が、ジェフリーズ・グループが主催したフォーラムに参加し、今年3-4回の利上げを見込んでいると述べたと報じている。

[2018-03-20][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.2]
・イエレン前FRB議長「現状の米経済は非常に良好」「労働市場に過熱の兆候なし」

[2018-02-05][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.2]
・米PBSテレビは、3日に任期切れとなったイエレン前FRB議長がインタビューで、トランプ大統領から再任指名を受けなかったことを「残念に思った」と述べたと報じている。また、FRBでの職務は「光栄だった」としつつ、金融政策の正常化への道半ばで3日に退任したことに悔しさをにじませていたという。

[2017-12-14][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.2]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「議会が税制法案に関して合意に達した」「税制法案の実現まで数日中であるよう望む」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「FOMCは低すぎるインフレを懸念」「見通しでは、今後数年の成長が緩やかに加速することを示している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「デジタル通貨と仮想通貨の違いを明確にしたい」「デジタル通貨の採用を真剣に考えていない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「パウエル次期FRB議長はFRBを非常によく理解している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「GDP4%成長を達成するのは容易ではない」「市場参加者は景気後退の確率低いと想定、私も同感だ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「市場の参加者はリセッションの確率は低いと見ているが、自分も同意」

[2017-12-14][NP-1.0 HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.0]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「利上げは緩やかな引き締めが正当化されるとの見方を反映している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「経済成長は堅調なペースに近付いた」「雇用の伸びは時間とともに減速へ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「税制改革は今後数年、成長をいくらか押し上げる」「税制改革の影響は依然不透明」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「必要に応じて金融政策を調整する用意がある」「インフレの低下は、依然一時的な展開が影響」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「税政策変更、経済見通しの小幅引き上げを支援」「労働市場は今後も強まると予想」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「経済見通しはかなり不透明、政策事前に決めていない」「当局の多くは税制改革がGDP小幅押し上げると予想」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「経済見通しが正当化すれば保有債の償還資金再投資を再開する用意がある」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「労働市場の過熱容認すれば急激な引き締めが必要となるリスクが高まる」「今年確認された予想外の軟調なインフレは概ね一時的とみられる」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「当局の多くは税制改革がGDPを小幅押し上げると予想している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「生産性の伸びが低いことは気がかり」「米経済、完全雇用に近い状態にある」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「強い労働市場で、賃金が上昇すると予想している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「今年の資産市場は大きく上昇」「高い価格が必ずしも過大評価を意味しているとは限らない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「ビットコインは極めて投機的な資産」「デジタル通貨と仮想通貨の違いを明確にしたい」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「議会が税制法案に関して合意に達した」「税制法案の実現まで数日中であるよう望む」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(定例記者会見で)「FRBはマイナス金利を用いることを真剣に考えていない」

[2017-11-30][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.0]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「政策金利は徐々に中立に近づけることが重要」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「雇用市場、経済は著しく過熱していない」「賃金の上昇圧力は緩やか」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは経済の過熱は望まない」「強く持続的な労働市場を望む」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「今年の低インフレは驚き」「インフレは目標を下回る」「政策金利を中立に向けて緩やかに修正することが重要」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「雇用やドル、原油価格を考慮すると今年の低インフレは驚き」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「失業率の低下は非常に望ましい」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米国の対国内総生産(GDP)比での債務を懸念」「FRBは今後2年間で、インフレが2%に達すると見ている」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDは今後1-2年での2%のインフレ達成にフォーカス」

[2017-11-29][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP -0.2]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(議会証言の原稿)「米景気拡大はますます広がりを見せている」「金融セクターの脆弱性は大きくなさそうだ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は29日に行う議会証言で、米経済は力強さを増しており、利上げ継続はなお正当化されるとの考えを示すことが事前に公表された証言原稿で明らかになった。ただ次回利上げの時期については具体的に示さなかった。

[2017-11-22][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP -0.2]
・米連邦準備制度理事会(FRB)のジャネット・イエレン議長(71)は20日、次期議長に指名された理事のジェロームパウエル氏(64)の就任後、FRBの理事職からも退任する意向を表明した。イエレン氏の退任で理事の欠員は計4人となり、トランプ政権がFRB幹部を選任する余地が広がる。
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「予想にとらわれず開かれた心で臨むべき」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「中立金利の推計値低下で政策を再考」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「政策へのリスクは二面的」「失業率は長期的に持続可能な水準を割り込んでいる」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「速過ぎる引き締めはインフレ率を2%未満でとどめる可能性がある」「利上げが遅くなり過ぎることもリスク。労働市場が過熱する可能性がある」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「低インフレが一時的かどうか確信が持てず、より長く続く可能性に留意」

[2017-11-21][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.1]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「経済はFRBの二大責務の達成に近い」「パウエル氏のFRB議長就任後に理事として残らない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「パウエルFRB理事が議長に就任後、退任する意向」

(最終更新日時 2018-09-17 16:49)

ジャネット・イエレンの発言・ニュース バックナンバー

ジャネット・イエレン カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース