ジャネット・イエレンの発言・ニュース

ジャネット・イエレン

 ジャネット・イエレンは1946年生まれの経済学者で、元サンフランシスコ連邦準備銀行総裁であり、FRB(連邦準備制度理事会)の副議長を務めていた。

 イエレンはインフレよりも失業に関心があるとの見方が一般的で、金融政策において金利を安易に上げない、または金融緩和を安易に停止しない「ハト派」として知られている。

 また、彼女の夫は、カリフォルニア大学バークレー校の名誉教授でありノーベル経済学賞を受賞者のジョージ・アカロフである。

HDP

中間派

 HDP   +0.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-20][NP+4.2 HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +2.9 CRHDP +0.2]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは後手に回っていない、緩やかな利上げ賢明」「労働市場がさらに若干強くなると予想」「労働市場が急速に過熱することはない見通し」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは後手に回っていない、緩やかな利上げは賢明」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBの金融政策は後手に回っていない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済の過熱継続を容認するのは賢明ではなくリスクが高い」「成長が短期的に著しく上向くことはない見通し」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「幅広い経済が過熱する兆候は少ない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBの二つの責務(物価の安定と雇用の最大化)は良好に機能」「過去数年間でで二つの責務で葛藤はない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策の独立性の重要性を強く信じる」「中国はFRBが見守っている世界のリスクの1つ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「資産価値上昇は低金利を反映」「資産価値は金利に比べて異例の水準ではない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-01-19][NP+3.6 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.2]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBの2つの目標に近い」「次回利上げの時期については言えない」「次回利上げは今後数カ月の経済次第」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FF金利誘導目標は2019年末までに3%達成へ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「12月時点で2019年まで年数回の利上げを想定」「2019年末までに3%の長期中立金利に近づくと予想」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは2%以下で推移、労働市場にもさらなる拡大の余地」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRB2つの目標に近い-次回利上げの時期言えず」「次回利上げは今後数カ月の経済次第」「米国の賃金の伸びは引き続きかなり低い」「米国は最大限の雇用に近い、インフレ率は目標に近づく」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「ドルの価値は経済に重要」「FRBはドルの価値を注視、見通しに考慮する」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「ドル高は財政政策の見通しが影響している可能性も」「金融安定リスクは緩やか」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は緩やかな利上げを予想している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBにドルの価値について目標はないが注意は払っている」「ドルの価値は米経済に重大な影響を与える」「ドル上昇は財政政策に関する見通しを反映している可能性」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「ドッドフランク法(金融規制改革法)は素晴らしいガイドラインを提供」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「世界の成長は比較的弱い。中国が減速」「世界の不確実性への懸念はやや低下」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDが政策で政権から圧力受けたことない」「FEDと政権は経済への責任共有」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「われわれは米政策に何が起きるか注視」「FEDは新たな米経済政策を考慮に入れるだろう」
・米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は18日、FRBは無党派であり、短期的な政治的圧力に屈せず長期的に健全な経済の醸成に注力する考えを示した。米国では数日後にドナルド・トランプ氏が次期大統領に就任する。トランプ氏は選挙期間中、FRBとイエレン議長が民主党政権に肩入れしていると批判していた。イエレン議長はFRBが設立された1913年は「公益に資する政府改革の時代」だったと述べ、FRBは歴史的に米議会やホワイトハウスから干渉されることなく金融政策を決定してきたと指摘した、と同紙は伝えている。

最近のジャネット・イエレンの発言・ニュース

[2017-02-16][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の米下院金融サービス委員会での証言原稿は前日の米上院銀行委員会でのものと同じ内容であると一部通信社が報じた。
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済はユーロ圏より急速に回復した」「ボルカー・ルール報告、FRBでは特に行動計画せず」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済、FOMCの目標達成にかなり近づいている」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「規制は銀行を強化、回復を支援した」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「経済の進展具合、期待をかなり下回っている」「バランスシート、ゆっくりと縮小させる決意」「バランスシートの縮小開始は経済次第」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は金融緩和の解消を継続していく見込み」「バランスシート縮小開始は経済次第」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「労働参加率の低下は高齢化が要因」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「銀行が抱える規制負担をFRBは懸念」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「銀行規制の見直し、FRBは全面的に協力へ」「銀行規制の見直し、FRBは全面的に協力していく」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「移民は米国が労働力を拡大する重要な源」「移民の急激な変化は潜在成長に影響する」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「移民政策の大幅な変更は潜在的な成長に影響する」「移民は米国労働市場拡大の重要な源」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「投資支出は依然、低水準」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「新たな経済政策、FOMCの政策に影響しかねない」「ある意味、雇用は十分だと考えている」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「建設業者から熟練労働者と物件の不足が報告された」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「バランスシートは大きなリスクになっていない」「企業と消費者の信頼感回復はかなり本物」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「移民は労働力拡大の重要な源になってきた」「失業率の安定には月7.5万-10万人の雇用増が必要」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「ドル高、市場の利上げ期待を反映している」「国境税の貿易や為替への影響、大いに不透明」「もっと速い利上げが可能になるような経済を期待」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「国境税には多くの不透明性がある、為替への影響など」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「ドル高は市場のFRBの利上げ予想を反映している」「FRBの速やかな利上げを要するような経済の成長を期待している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「もっと速い利上げが可能になるような経済を期待」

[2017-02-15][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP -0.2]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「経済が軌道を維持すればさらなる調整必要も」「引き締めを待ちすぎるのは賢明ではない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「生産性向上につながる政策の重要性を強調」「財政政策の変化、見通しに影響しかねない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「見通しの展開に合わせ金利の軌道を調整へ」「賃金は上向き、労働市場の改善は広がっている」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「今後数回の会合で利上げすることは適切」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「財政政策の変化は見通しに影響しかねない」「FRBは見通しの展開に伴い、金利予測を調整する」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「次回会合で、成長の進展を判断していく」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「資産購入は異例の介入であったと考えたい」「長期的目標はバランスシートの縮小」「FOMC、政策手段を金利変更に頼りたい」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCはバランスシート戦略を今後数カ月で協議するだろう」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「再投資の停止は緩やかで秩序あるやり方に」「正常化が十分に進行するのを待ちたい」「FOMC、バランスシート戦略を今後数カ月で協議へ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「既存ルールを見直すのは重要な目標」「FRB議長として最後まで任期を満了する計画だ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRB議長として最後まで任期を全うするつもり」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「賃金がインフレに直接影響することは明確ではない」「賃金の伸びは労働市場の兆候を示唆する」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「テーラー・ルールだと金利は3.5-4%に」「テーラー・ルールに従えば経済はより弱くなる」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは小規模な銀行に対する規制を緩和したい」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米財政の軌道は持続可能ではない」「バランスシートを徐々に縮小させたい」「再投資停止は結果的に多少の引き締めに」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「大幅な政策の変更は見通しに影響する可能性がある」「憶測を金融政策の土台にしたくない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「いくつかの景気を押し上げる政策が財政赤字を拡大させる可能性も」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「再投資の終了はいくらか引き締めにつながる可能性も」「経済がバランスシートの縮小を耐えきれるとの確信が必要」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場、さらに幾分か改善する見通し」「労働市場が過度に引き締まらないよう当局は留意を」「移民は労働力拡大の重要な源」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「近年賃金の伸びは劇的ではない」「経常赤字は長期的な懸念となりうる」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「資本規制は銀行融資を妨げていない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「経済が進展すれば、利上げは恐らく適切に」「FOMC会合はすべて予断持たずに協議へ」「今年の利上げは適切というのがわれわれの見方」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「全てのFOMC会合がライブ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は2017年の追加利上げが適切と予想」「中間値は年3回」「財政政策の憶測に基づいて金利を決定しない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「財政政策に関する憶測で金利決定はしない」「住宅市場は回復を継続へ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「移民の減速は恐らく成長遅くする可能性も」「米国とメキシコの経済は緊密につながっている」「財政政策の臆測に基づいて金利を決定しない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米国とメキシコ経済は綿密に結合」「移民の減速が成長を抑制する可能性もある」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「GDPで1.9%成長は期待外れ」「米国では何十年も所得の不均衡が拡大してきた」

[2017-02-09][NP     HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +2.9 CRHDP +0.2]
・イエレンFRB議長が米下院金融サービス委員会で15日、金融政策に関する半期に一度の証言を行うと報じている。なお、議長はこれに先立つ14日、上院銀行委員会で証言する予定となっている。

[2017-02-08][NP     HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +2.9 CRHDP +0.2]
・イエレンFRB議長「14日に上院銀行委員会で証言」「イエレンFRB議長、半期に1度の金融政策報告を議会提出へ」

[2017-01-20][NP+4.2 HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +2.9 CRHDP +0.2]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは後手に回っていない、緩やかな利上げ賢明」「労働市場がさらに若干強くなると予想」「労働市場が急速に過熱することはない見通し」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは後手に回っていない、緩やかな利上げは賢明」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBの金融政策は後手に回っていない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済の過熱継続を容認するのは賢明ではなくリスクが高い」「成長が短期的に著しく上向くことはない見通し」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「幅広い経済が過熱する兆候は少ない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBの二つの責務(物価の安定と雇用の最大化)は良好に機能」「過去数年間でで二つの責務で葛藤はない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策の独立性の重要性を強く信じる」「中国はFRBが見守っている世界のリスクの1つ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「資産価値上昇は低金利を反映」「資産価値は金利に比べて異例の水準ではない」

[2017-01-19][NP+3.6 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.2]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBの2つの目標に近い」「次回利上げの時期については言えない」「次回利上げは今後数カ月の経済次第」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FF金利誘導目標は2019年末までに3%達成へ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「12月時点で2019年まで年数回の利上げを想定」「2019年末までに3%の長期中立金利に近づくと予想」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは2%以下で推移、労働市場にもさらなる拡大の余地」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRB2つの目標に近い-次回利上げの時期言えず」「次回利上げは今後数カ月の経済次第」「米国の賃金の伸びは引き続きかなり低い」「米国は最大限の雇用に近い、インフレ率は目標に近づく」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「ドルの価値は経済に重要」「FRBはドルの価値を注視、見通しに考慮する」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「ドル高は財政政策の見通しが影響している可能性も」「金融安定リスクは緩やか」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は緩やかな利上げを予想している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBにドルの価値について目標はないが注意は払っている」「ドルの価値は米経済に重大な影響を与える」「ドル上昇は財政政策に関する見通しを反映している可能性」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「ドッドフランク法(金融規制改革法)は素晴らしいガイドラインを提供」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「世界の成長は比較的弱い。中国が減速」「世界の不確実性への懸念はやや低下」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDが政策で政権から圧力受けたことない」「FEDと政権は経済への責任共有」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「われわれは米政策に何が起きるか注視」「FEDは新たな米経済政策を考慮に入れるだろう」
・米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は18日、FRBは無党派であり、短期的な政治的圧力に屈せず長期的に健全な経済の醸成に注力する考えを示した。米国では数日後にドナルド・トランプ氏が次期大統領に就任する。トランプ氏は選挙期間中、FRBとイエレン議長が民主党政権に肩入れしていると批判していた。イエレン議長はFRBが設立された1913年は「公益に資する政府改革の時代」だったと述べ、FRBは歴史的に米議会やホワイトハウスから干渉されることなく金融政策を決定してきたと指摘した、と同紙は伝えている。

[2017-01-13][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長はこの日の講演で、米経済や金融政策の見通しについて言及しなかった。
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「生産的な労働力が経済の健全性に重要」「FRBの政策は生産性などの要因と比べれば小さい」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは低失業率、低位で安定したインフレに注力していく」「金利水準は借り手と預金者の双方に影響」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場は全般的に強くなっており、賃金は上昇している」「経済はかなり好調」「インフレは目標の2%を下回っているが、かなり近い」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは極めて低い水準から上向いた」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米金融当局の行動の影響は世界市場に波及」

[2016-12-20][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米国の労働市場は過去10年で最も強い」「経済の改善で大半の生活水準がようやく上昇」「生産性の伸び、期待下回る状況続いている」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「経済の改善で大半の生活水準がようやく上昇」「賃金の伸びが上向いている兆しがみられる」「雇用市場はこの10年でもっとも強い」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「雇用創出は着実なペースで継続、解雇は低い」「課題は残る、成長は過去の回復期より遅い」「若年層の週間賃金、強い伸びを実現」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「賃金が上昇している兆候が見られる」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「経済の改善がやっと多くの国民の生活基準を引き上げ」「生産性の成長は依然低迷」

[2016-12-15][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.1]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCは経済が著しく進展したと認識」「インフレは2%に近づいた」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは長期の目標に近接」「2%にインフレ目標へのコミットは変わらず」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「今後数年、緩やかな成長を当局者は予想」「雇用の状況、さらに幾分か改善すると予想」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「緩やかな利上げのみ経済が正当化すると想定」「経済の先行きはかなり不透明」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「財政政策の変更は経済見通しに影響を与える可能性もある」「利上げ見通しの修正はわずかだ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FF金利の経路は非常に控えめな調整」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「ドットプロットの変化は極めて小さな調整」「一部参加者は財政政策の変化を考慮に入れた」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「一部参加者は財政政策の変化を考慮に入れた」「利上げは米経済への信認票」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「税政策変化が生産性と投資高める可能性はある」「米経済は回復を示している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ、タイムリーな2%達成が望ましい」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「税制策の変更が生産性と投資を高める可能性もある」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「経済政策の詳細判明に伴い調整が必要になる」「債務の対GDP比を考慮する必要がある」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「新政権に助言をしようとは思わない」「財政拡大は完全雇用達成に明らかに必要でない」「高圧経済が好ましいと言ったことはない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「経済政策の詳細判明し次第、調整が必要になる可能性がある」「最大雇用下、財政の拡大は明らかに必要ということではない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBスタッフはトランプ氏の移行チームと接触」「銀行の安全性、進展の逆戻りは望まない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「金利やドルの上昇は市場参加者が拡大的な政策を予想していることを示唆」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「4年の任期をまっとうするつもりだ」「さらに4年間の任期については決定していない」

[2016-11-18][NP+3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP +0.1]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「11月FOMC以降、見通しに一致」「経済はFOMCの目標に向けて進展している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCは新政権の政策決定を考慮する」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「議長職を任期満了まで続ける意向」「大統領選挙から幾つかの著しい市場動向が見られる」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「将来の政策についてかなり多くの不確実性がある」「段階的な利上げが適切である可能性が高い」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「財政策では、長期の財政赤字問題、生産性における財政政策の影響を留意する必要がある」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「緩やかな利上げが適切になる可能性が高い」「ドット・フランク法は銀行システム強化で重要」「ドッドフランク法は他の危機に陥る確率を減らす」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「政治からくる中央銀行への圧力を防衛する必要」「雇用とインフレの目標はアメリカ人にとって大いに関係がある」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「自分はFRBが持っている2つの責務の強い信奉者」「2つの目標を達成することで矛盾はない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「住宅セクターの回復ペースは予想を下回る」「FEDはサイバーセキュリティの保護に重点を置いている」「サイバーセキュリティは米国が直面する最も重要なリスクの一つ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「世界化により取り残された国民を支援することは重要」「労働市場は非常にひっ迫、賃金もより速やかに上昇へ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米国内総生産(GDP)成長を抑制する多くの要因がある」「弱い投資が生産性の成長を抑制している」

(最終更新日時 2017-02-17 02:20)

ジャネット・イエレンの発言・ニュース バックナンバー

ジャネット・イエレン カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース