ジャネット・イエレンの発言・ニュース

ジャネット・イエレン

 ジャネット・イエレンは1946年生まれの経済学者で、元サンフランシスコ連邦準備銀行総裁であり、FRB(連邦準備制度理事会)の副議長を務めていた。

 イエレンはインフレよりも失業に関心があるとの見方が一般的で、金融政策において金利を安易に上げない、または金融緩和を安易に停止しない「ハト派」として知られている。

 また、彼女の夫は、カリフォルニア大学バークレー校の名誉教授でありノーベル経済学賞を受賞者のジョージ・アカロフである。

HDP

中間派

 HDP   +0.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-04-11][NP+2.6 HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済はかなり健全」「FRBは危機以降、金融規制を改善するよう努めてきた」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「金融危機は金融安定の重要性を教えた」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは超党派で形成されている」「米国の経済は非常に健全」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済は緩やかなペースで拡大を続けるだろう」「世界経済はより力強い形で推移」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米失業率は一部が完全雇用と判断する水準若干下回る」「住宅市場はこれまでより健全に」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「われわれは目標達成に近い」「世界経済は一段と力強く展開している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米失業率は一部が完全雇用と判断する水準を若干下回っている」「われわれは目標達成に近い」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FF金利を徐々に引き上げることは適切」「中立金利の判断はかなり低い」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ動向はここ数年変化」「我々は先手を打ちたい、後手には回りたくない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDは金利で後手に回りたくない」「緩やかな利上げペースがFEDの中立姿勢を可能に」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「政策の適切なスタンスは中立により近づく」「私の見解ではインフレ率は2%を若干下回る」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「エネルギー、ドル、食品価格がインフレの変動要因に」「我々はインフレ、期待の抑制に焦点をあてる」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「個人的見解ではインフレ率は2%を若干下回る」「インフレとインフレ期待の抑制が焦点」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「われわれは金融機関をはるかに安全にするのに貢献」「融資は景気回復と健全な形で拡大」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「問題は生産性の成長が非常に弱いこと」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「GDPの低迷は雇用の伸びの高さを考慮すれば驚き」「問題は生産性の伸びが非常に低いこと」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済の潜在成長率は現在、恐らくは2%若干下回る」「生産性伸び率は上向く可能性強い」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「中銀の政策の独立性は非常に重要」「われわれの独立性は若干危機にさらされている」「FED監査やルール課す法案が独立性脅かしている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-07-04][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米連邦準備制度理事会(FRB)は3日、イエレン議長(70)が訪問先のロンドンで一時、入院したと発表した。泌尿器系の感染症が原因で、6月30日に入院し、3日に退院したという。退院後はワシントンに戻り、予定通りに業務を行う。

最近のジャネット・イエレンの発言・ニュース

[2017-08-18][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.1]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は25日23時に米カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)で講演する。FRBが週間予定を公表した。

[2017-07-14][NP+3.0 HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.1]
・イエレンFRB議長「GDP3%成長なら素晴らしいが、かなり厳しいと予想」
・イエレンFRB議長「Q2の成長、前期比で著しく高くなると予想」「第2四半期経済の成長、第1四半期に比べ強まる」
・米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は13日、上院銀行委員会の公聴会で証言し、米経済が今後5年で3%の成長率を達成するのは「極めて困難」と述べ、トランプ政権が目標とする「3%超」に懐疑的な見方を示した。

[2017-07-13][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP -0.1]
・イエレンFRB議長「利上げとともにバランスシート縮小を実施することに関しては決定していない」「経済の改善に連れ、金融緩和を解消することが適切」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「再任を望むかどうかコメント控える」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「成長は十分強く、多くの雇用を創出」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「バランスシート、2022年前後により正常な規模に縮小へ」「FRBに対する監査に強く反対」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「要請されれば、トランプ大統領と続投を協議」「バランスシート解消はスムースにいくと期待」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「輸入物価が緩やかなペースで上昇している」「インフレを非常に注意深く見守っている」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレに2つの面のリスクが見られる」「世界経済が低金利の主要因ではない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「我々はインフレを非常に注意深く監視していく」「インフレ基調が2%以下と言及するのは時期尚早」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「低いインフレ指標を認識」「インフレにおいて、両方のリスクを監視」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場はかなりひっ迫、賃金の圧力を加える可能性も」「財政政策の不透明度は現在かなり高い」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレが2%目標を下回っていることを重々承知している」「ドルは輸入物価を抑制したが、もはや要因ではない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「2%インフレは上限ではない」「バランスシートを緩やかに縮小していく計画」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「バランスシート縮小で市場を動揺させたくない」「保有資産の縮小期、長期金利はいくらか上昇へ」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「イールドカーブは金利設定で考慮する要素の一つ」

[2017-07-12][NP+4.0 HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(準備原稿で)「経済に対するインフレの反応が重要な不確実性」「向こう数年間、漸進的な追加利上げが必要」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(準備原稿で)「インフレの進展を注視する」「インフレは目標を下回っている。直近は低下」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(準備原稿で)「金利は中立水準に達するまで大きく上昇する必要ない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(準備原稿で)「米財政政策も不確実性をもたらしている」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(議会証言で)「インフレ目標の引き上げを追い求めていない」「インフレ目標の達成に取り組む」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(議会証言で)「FOMCはインフレ目標の達成に注力している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(議会証言で)「労働市場の強さを増している」「雇用市場のひっ迫はいずれ賃金の圧力に」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(議会証言で)「インフレの低迷が続いた場合、政策方針を変える」「インフレが2%目標に向けた上昇軌道にないと判断するのは時期尚早」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(議会証言で)「バランスシート計画は市場の動揺を避けることが目的」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(議会証言で)「労働参加者の高齢化が労働参加率を抑制している」「インフレは一時的な要因が払拭するまで低水準」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(議会証言で)「米債務トレンドは持続不能な状況に向かっている」「バランスシートの縮小は年内の比較的早期に開始」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長(議会証言で)「低インフレの一部は一時的」

[2017-07-04][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米連邦準備制度理事会(FRB)は3日、イエレン議長(70)が訪問先のロンドンで一時、入院したと発表した。泌尿器系の感染症が原因で、6月30日に入院し、3日に退院したという。退院後はワシントンに戻り、予定通りに業務を行う。

[2017-06-28][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は様々なモデルをFEDで試している」「我々は予測のために様々なツールを使っており、一つのモデルを使っているわけではない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は通常、ゼロ金利を政策金利の下限と考えている」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「新たな危機は排除できないが、システムは格段に安全」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「金融規制を緩和するのは良いことではないだろう」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「生産性の伸びは最近、鈍化した」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「われわれは物価の安定にコミット」「多くの当局者は低失業率がインフレを押し上げると確信」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「低失業率がインフレを押し上げると当局者の多くが確信」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「低すぎるインフレが根付くのを回避したい」「我々は物価安定を公約」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は資産価格を目標にしていない」「我々は非常に漸進的に利上げを行う」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「段階的な利上げは適切と確信」「資産価格の目標はない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「金利が当面低水準で推移する理由がある」「所帯のインフレ期待はいくらか低下した」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「緩やかな利上げが市場に十分に織り込まれた」

[2017-06-23][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP -0.2]
・「イエレンFRB議長が27日にロンドンで講演」と報じた。

[2017-06-15][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP -0.2]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「適切な時期になれば保有資産の正常化に着手する」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「我々はバランスシートを一度適正にする」「経済は反発している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「コアインフレは小幅に低下した」「経済の順調な拡大を期待」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「経済は我々のゴールに向けて進展している」「FOMCはインフレの動向を密に監視」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策は事前に設定されるものではない」「引き続き緩やかな利上げが正当化される」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「今後数年にわたって段階的な利上げが妥当」「今年からバランスシートの縮小に着手すると予想」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「資産縮小の上限設定、金利変動を抑制へ」「資産縮小、終了は恐らく数年先に」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「しっかりと軌道に乗る水準は特定していない」「バランスシート縮小の終了はおそらく数年先になる」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「今日のCPI、多くの分野で弱さ示した」「適切であれば、見通しを見直す」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレに明らかな上昇圧力は見られない」「賃金の伸びは依然として弱い」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「株式市場が昨年大幅に上昇したことは認識している」「我々は金融状況を目標にしていない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは労働市場の増加を抑制するような積極的な行動はしない」「労働市場のひっ迫を示している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「急速な利上げが必要になるリスクを避ける必要」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCと市場の期待に差があるのは不健全ではない」「資産縮小はペンキが乾くのを待つようなものに」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「バランスシート縮小は比較的早期の実行があり得る」「インフレは一時的な項目、携帯、薬価の低下が影響し引き下げた」

[2017-04-11][NP+2.6 HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済はかなり健全」「FRBは危機以降、金融規制を改善するよう努めてきた」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「金融危機は金融安定の重要性を教えた」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは超党派で形成されている」「米国の経済は非常に健全」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済は緩やかなペースで拡大を続けるだろう」「世界経済はより力強い形で推移」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米失業率は一部が完全雇用と判断する水準若干下回る」「住宅市場はこれまでより健全に」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「われわれは目標達成に近い」「世界経済は一段と力強く展開している」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米失業率は一部が完全雇用と判断する水準を若干下回っている」「われわれは目標達成に近い」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FF金利を徐々に引き上げることは適切」「中立金利の判断はかなり低い」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ動向はここ数年変化」「我々は先手を打ちたい、後手には回りたくない」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDは金利で後手に回りたくない」「緩やかな利上げペースがFEDの中立姿勢を可能に」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「政策の適切なスタンスは中立により近づく」「私の見解ではインフレ率は2%を若干下回る」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「エネルギー、ドル、食品価格がインフレの変動要因に」「我々はインフレ、期待の抑制に焦点をあてる」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「個人的見解ではインフレ率は2%を若干下回る」「インフレとインフレ期待の抑制が焦点」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「われわれは金融機関をはるかに安全にするのに貢献」「融資は景気回復と健全な形で拡大」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「問題は生産性の成長が非常に弱いこと」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「GDPの低迷は雇用の伸びの高さを考慮すれば驚き」「問題は生産性の伸びが非常に低いこと」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済の潜在成長率は現在、恐らくは2%若干下回る」「生産性伸び率は上向く可能性強い」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「中銀の政策の独立性は非常に重要」「われわれの独立性は若干危機にさらされている」「FED監査やルール課す法案が独立性脅かしている」

[2017-03-29][NP+3.0 HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済、全般的に回復しつつある」「雇用市場、リセッション以降に著しく改善」
・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場は景気後退以降、著しく改善」「高失業率が長期化している地域が依然散在する」

(最終更新日時 2017-08-19 17:26)

ジャネット・イエレンの発言・ニュース バックナンバー

ジャネット・イエレン カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース