日本政府関係

日本政府関係のイメージ画像

 2018年7月の期間中の日本政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年7月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年7月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-07-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本の別所国連大使は、NYで記者会見し、国連のグテーレス事務総長が長崎に原爆が投下された8月9日に開催される平和祈念式典に出席するため、長崎訪問を調整していることを明らかにした。実現すれば国連事務総長の長崎の式典出席は初めてとなる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

日本政府関係による2018年7月 発言・ニュース

[2018-07-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本の別所国連大使は、NYで記者会見し、国連のグテーレス事務総長が長崎に原爆が投下された8月9日に開催される平和祈念式典に出席するため、長崎訪問を調整していることを明らかにした。実現すれば国連事務総長の長崎の式典出席は初めてとなる。

[2018-07-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本政府が北朝鮮の弾道ミサイルの発射に備えた自衛隊の警戒監視レベルを6月29日から緩和したことが分かった、と報じている。イージス艦の日本海での常時張り付け警戒を見直し、24時間以内に迎撃の配置につける状態で待機する態勢に改めたという。

[2018-07-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など16ヵ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の閣僚会合が東京で開かれた。「年末の成果パッケージ達成のため注力することを交渉官に求めた」とする声明を採択。8月末の閣僚会合を経て、11月にも首脳レベルの会合を開き、実質的な年内妥結を目指すスケジュールを確認している。

[2018-07-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本政府が北朝鮮の弾道ミサイルの発射に備えた自衛隊の警戒監視レベルを6月29日から緩和したことが分かった。イージス艦の日本海での常時張り付け警戒を見直し、24時間以内に迎撃の配置につける状態で待機する態勢に改めた。米朝の対話局面を受けての対応だが、破壊措置命令を常時発出した状態は続ける。複数の政府関係者が明らかにした。自衛隊の警戒レベルの緩和は首相官邸にも報告、了承されたという。

[2018-07-02][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・宮内庁は、天皇陛下が、2日未明から、脳貧血やめまい、それに吐き気などの症状を訴え、しばらく安静に過ごされることになったと発表した。

[2018-07-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・農林中央金庫の奥和登理事長はインタビューに応じ、来年9月までにオランダのアムステルダムに銀行を設立する方針を明らかにした。農林中金の欧州拠点は現在ロンドン支店のみ。英国の欧州連合(EU)離脱をにらみ、欧州大陸での金融事業を強化する。

[2018-07-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・訪米中の自民党の河井総裁外交特別補佐は現地で講演し、北朝鮮が現在、事実上の「核保有国」となっているという認識を示したうえで、日本は今後、憲法改正を真剣に検討する必要が出てくるという考えを強調した。

[2018-07-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・河野外相は都内で開かれた講演会で、北朝鮮の核ミサイルを巡る米国との交渉について、米国が軍事行動を選択する可能性もゼロではないものの、現時点では計画通り平和裏に進んでいくとの見解を示した。

[2018-07-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・外務省は、日露両政府の外務当局者が双方の安全保障政策や地域情勢などに関して意見を交わす安保協議44日に東京都内の飯倉公館で開催すると発表した。日本側からは森外務審議官、露側からはリャプコフ外務次官が出席するという。

[2018-07-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府が米国を除くTPPの参加11ヵ国による首席交渉官会合を開催することが分かった、と報じている。今月17-19日に神奈川県箱根町で開く方向で調整しているという。

[2018-07-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日経新聞は「内閣府、19年度実質成長率1.5%と予想、消費増税でも強気試算」などと報じた。

[2018-07-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本やEU、中国など40超の国地域が、世界貿易機関(WTO)会合で、米国が導入を検討する自動車部品輸入追加関税に強い懸念を表明した。日本はロシアとともに口火を切り、中国やカナダ、スイス、ノルウェー、トルコ、香港、シンガポール、ブラジル、韓国、メキシコ、タイ、インドなども同様の懸念を表明し、米関税措置がWTOルールに適合するかについて懐疑的な見方を示したという。

[2018-07-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・内閣府が2019年度の経済成長率見通しで、実質GDPの伸び率を前年度比1.5%とする方針だと報じている。

[2018-07-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府は、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海に侵入したことが確認されたと発表した。これを受け、首相官邸の危機管理センターに設置している情報連絡室を官邸対策室に切り替え、情報収集と警戒監視にあたるという。

[2018-07-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅義偉官房長官は4日の記者会見で、高齢化がピークを迎える2040年ごろの行政課題を総務省研究会がまとめたことに関し、「人口減少、高齢化の急速な進行を前提とした自治体行政の在り方について、関係省庁が連携して対応策を議論する必要がある」と述べた。

[2018-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日露両政府は、外務次官級による安全保障協議を東京都内で開催し、6月の米朝首脳会談を踏まえ、北朝鮮の核ミサイル問題と拉致問題の解決に向けて協力する方針で一致した。しかし、ロシア軍による北方領土での軍事演習や、ロシアが警戒する日本のミサイル防衛強化策については、双方がそれぞれの立場を主張し、平行線に終わったという。

[2018-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・防衛省は、北朝鮮船籍タンカーが6月29日に東シナ海の公海上で、船籍不明の船と物資を積み替える「瀬取り」を行った疑いがあると発表した。政府は、国連安全保障理事会の制裁決議に違反しているとして、国連に通報したという。

[2018-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日韓両政府は、日米韓3ヵ国の外相会談を8日に東京都内で開催すると正式発表した。ポンペオ米国務長官から、北朝鮮訪問の結果について説明を受けるという。また日米韓は、北朝鮮の完全非核化に向けて緊密な連携を確認するとともに、今後の対応方針を擦り合わせる見込みだ。

[2018-07-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日露両政府が、今月下旬に外務・防衛閣僚協議(2プラス2)をモスクワで開く方針を固めた、と報じている。28日か29日の開催を軸に調整するという。6月の米朝首脳会談を踏まえ、北朝鮮の完全非核化に向けた協力を確認する見込みだ。

[2018-07-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日米両政府が7月下旬にも予定する新たな貿易協議の初会合を、米ワシントンで開く方向で調整に入ったことが分かった、と報じている。日米協議には茂木経済再生担当相とライトハイザー米通商代表部代表が出席する。保護主義的な通商政策に突き進むトランプ米政権に対し、日本は自由貿易の重要性を訴える方針だという。

[2018-07-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本と北朝鮮による日本人拉致問題を巡る水面下の協議で、北朝鮮側が日本独自の経済制裁を緩和しない限り、日本の要求には応じられないとの考えを伝えていることが分かった、と報じている。日本政府は、制裁緩和を拉致被害者の調査再開の条件として示してきた可能性があるとみて、真意を慎重に分析しているという。

[2018-07-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府は米国を除くTPP参加11ヵ国の新協定「TPP11」の国内手続きが完了したと発表した。国内手続きを終えたのはメキシコに次いで2ヵ国目。本日中に参加国に対して、完了したことを通知するという。

[2018-07-06][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・内閣府は6日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、2018年度年央試算を示した。19年度の実質国内総生産(GDP)成長率見通しを1.5%とした。政府が19年10月に予定する消費税率の10%への引き上げが消費に響くものの、生産性向上といった政策が成長を後押しする。

[2018-07-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の石破元幹事長は、「北朝鮮の核問題の本質はテロ」と指摘した。そのうえで、「北朝鮮に日本を射程に入れたミサイルはある」とも述べ、脅威は変わっていないことを強調している。

[2018-07-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の岸田政調会長は、9月の党総裁選をめぐり、2019年の参院選や天皇陛下の退位などを挙げ、「来年は日本にとって大変重要な年なので、誰をリーダーにしてどんな体制で臨むかというレベルで総裁選について考えていかないといけない」と述べた。

[2018-07-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府が、セクハラ問題で福田前次官が4月に辞任し、空席となっている財務事務次官に、岡本主計局長を充てる方針を固めたと報じている。就任後3年と在任期間が長期になっている浅川財務官は退任、後任に武内国際局長を充てる方向で調整しているという。

[2018-07-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・記録的な豪雨で各地で甚大な被害が出ていることから、安倍総理大臣は、災害対応を優先するため、11日から予定していたベルギーやフランスなど4か国の歴訪を取りやめる方向で調整に入った。安倍総理大臣は、11日から、ベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトを歴訪し、このうちベルギーでは日本とEU=ヨーロッパ連合のEPA=経済連携協定の署名式に出席するほか、フランスではマクロン大統領との首脳会談を予定していた。

[2018-07-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅官房長官「11日からの安倍首相の欧州・中東訪問は取りやめになった」

[2018-07-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府は西日本を襲った記録的な豪雨を激甚災害に指定する方針だ。激甚災害に指定されると、自治体が手掛ける公共土木施設や農地などの復旧事業に対する国の補助率が1~2割程度かさ上げされる。政府高官は「被害額の全容がまだ分からないのですぐにはできないが、いずれ指定することになる」と述べた。

[2018-07-09][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党幹部は9日、西日本で大雨が降り続いたさなかの5日夜に衆院議員宿舎で同党議員の飲み会を開催したことについて釈明した。飲み会には安倍晋三首相や西村康稔官房副長官も出席した。主催者の一人だった竹下亘総務会長は会見で「正直、これだけすごい災害になるとは予想しなかった」と見通しの甘さを認めた。同時に「もう開いてしまった。どのような非難も受ける」と述べた。

[2018-07-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・西村官房副長官は、日朝首脳会談の開催について「拉致問題などの解決が見通せないと難しい」との考えを示した。

[2018-07-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府は9日の経済財政諮問会議で、2019年度予算要求のルールとなる概算要求基準を了承した。成長分野に4.4兆円超の特別枠を設ける一方、6年続けて歳出上限は定めない。各府省の要求総額が100兆円を超えるのは確実で、財政再建にどう目配りするかが問われる。膨らむ社会保障費や19年10月に予定する消費増税対策の歳出規模が、年末の予算編成に向けた焦点になる。

[2018-07-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・経団連は10日、2018年の春季労使交渉の最終集計結果をまとめた。大手企業の定期昇給とベースアップ(ベア)を合わせた賃上げ率は2.53%で、1998年以来20年ぶりの高水準となった。金額は月8539円増。人手不足に伴う企業の対応や好調な業績を映した。経団連は夏と冬の賞与も合わせた年収では3%超の賃上げが実現すると予想する。

[2018-07-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・気象庁は、秋にエルニーニョ現象が発生する確率は50%と発表した。夏については、北半球でエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態が続く確率が70%としている。

[2018-07-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・ルー前米財務長官がインタビューで、米国は同盟国にも打撃をもたらす輸入関税を発動するために国家安全保障という偽りの主張を行う代わりに、中国の不公正な貿易慣行に取り組むための世界的な同盟を築くべきだと述べた、と報じている。

[2018-07-10][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・金融庁は、森長官が今月17日付けで退任し、後任の長官に遠藤監督局長が昇格する人事を発表した。

[2018-07-11][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・総務省が11日公表した住民基本台帳に基づく2018年1月1日現在の日本人の総人口は、前年同期比0.30%(37万4055人)減の1億2520万9603人で、9年連続の減少となった。減少幅は過去最大。東京圏を除くほとんどの地域で人口が減り、年齢別では15~64歳の生産年齢人口が初めて全体の6割を切った。全国の出生者数は2年連続で100万人を割る94万8396人で、過去最少を更新。

[2018-07-12][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日本と米国が7月末にワシントンで新たな通商枠組みの協議を開始すると報じている。協議は茂木経済再生担当相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表を中心に進められるという。

[2018-07-12][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅官房長官「2020年までに外国人観光客4000万人目標は完全に射程に入っている」

[2018-07-12][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅官房長官「豪雨災害で安倍首相が13日に愛媛県を視察する」

[2018-07-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・茂木経財再生相は閣議後の記者会見で、米国を除くTPP参加11ヵ国が首席交渉官会合を7月17-19日に開催すると発表した。各国が新協定「TPP11」に署名後、初の首席交渉官会合になる。17日は各国が個別に会談し、18-19日に全体会合を開くという。

[2018-07-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府は、空席となっている財務省の事務次官に岡本薫明主計局長を充てる方向で最終調整に入った。浅川雅嗣財務官は留任し、異例の4年目の続投となる方向だ。関係筋が明らかにした。財務務官の4年続投は異例だが、2019年には6月に大阪市で初めて国内で開催される20カ国地域(G20)首脳会議が予定されており、国際的知名度のある浅川氏の続投が必要と判断しつつある。

[2018-07-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・菅義偉官房長官「金融緩和の継続は全く問題ない」

[2018-07-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・政府は13日、財務省の事務次官に岡本薫明主計局長(57)を起用する人事を固めた。

[2018-07-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・パリを訪問中の河野外相とフランスのパルリ国防相は、自衛隊と仏軍のあいだで物資を融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)に署名した。国会の承認を経て締結される。

[2018-07-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・河野外相は、訪問先のパリで、西日本豪雨への対応で見送った安倍首相のフランス訪問に関し、今年秋で再調整する可能性に言及した。パリで開幕した日本博「ジャポニスム2018」が秋に佳境に入るとして「首相に実際に見てもらうのがいい」と記者団に指摘している。

[2018-07-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党岸田派が17日に臨時総会を開き、9月の総裁選について、同派会長の岸田政調会長に対応を一任すると報じている。

[2018-07-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・9月の自民党総裁選で連続3選を目指す安倍首相(党総裁)が、8月に立候補を正式表明する方針を固めた、と報じている。当初は今月22日の通常国会会期末に合わせた出馬宣言を想定していたが、当面は西日本豪雨の災害対処に集中すべきだと判断したという。

[2018-07-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の竹下総務会長は、党県連大会の講演で、安倍首相が9月の党総裁選で連続3選を果たした場合でも、来年夏の参院選で敗北すれば退陣に追い込まれるとの認識を示した。「たまたま国政選挙に5回続けて勝っている安倍首相の選挙の強さが、安倍政権を維持しているわけで、国政選挙に負けたらその時点で終わり。政治の世界は厳しい」と述べている。

[2018-07-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・立憲民主党の枝野代表は記者団に対し、与党がカジノを含むIR整備法案などの審議を強引に進めようとしていると批判したうえで、14日週に、安倍内閣に対する不信任決議案の提出を検討する考えを示した。

[2018-07-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・国税庁は14日、年内に仮想通貨所得の確定申告を促す環境整備を進める方針を明らかにした。

[2018-07-16][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・自民党の有志議員が、仮想通貨市場の健全化を目指し、「新型通貨の適正利用を考える議員連盟」を17日に設立することが明らかになった。投資家保護のあり方などを議論し、関連法の改正も検討する。議連会長には、竹本直一衆院議員が就任する見通し。

[2018-07-17][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
・日EU共同声明「日本と欧州連合(EU)は自由で公正なルールにもとづく貿易を促し、保護主義に対抗する」

日本政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース