米政府関係

米政府関係のイメージ画像

 2018年7月の期間中の米政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年7月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年7月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国防総省がドイツ駐留米軍の大規模な撤収や移転を実施した場合にかかる経費や影響を分析している、と報じている。撤収に関心を寄せるトランプ大統領の意向に沿った措置だという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

米政府関係による2018年7月 発言・ニュース

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国防総省がドイツ駐留米軍の大規模な撤収や移転を実施した場合にかかる経費や影響を分析している、と報じている。撤収に関心を寄せるトランプ大統領の意向に沿った措置だという。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国防総省のペイホン報道官は、ワシントン・ポストによる報道に反論し、「米国防総省が、ドイツに駐留するアメリカ軍を撤収することは一切考えていない」と述べた。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・訪米している自民党の河井総裁外交特別補佐は記者団に対し、米国の安全保障専門家や共和党下院議員らとワシントンで会談するなか、専門家らから北朝鮮の非核化が進まない場合、制裁強化のほか軍事行動の検討が必要との意見が出たことを明らかにした。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国のキム駐フィリピン大使が先週、訪韓し、板門店で北朝鮮の崔外務次官と接触した、と報じている。6日にも見込まれるポンペオ国務長官の訪朝前に、実務レベルで調整を行ったとみられ、協議はポンペオ氏の訪朝まで続けられる可能性もあるという。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米情報機関内で、北朝鮮が本気で非核化する気があるか疑義が浮上している、と報じている。最新の報告を受けた政府当局者は「北朝鮮が米国をだまそうとしている明白な証拠がある」と指摘したが、具体的な内容は示していない。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ボルトン米大統領補佐官がインタビューで、北朝鮮の非核化に関し、「1年以内」で大部分が達成可能との認識を示したと報じている。ただ、同時に「われわれは北朝鮮が過去に何をやってきたかはよく知っている」とも述べ、北朝鮮が米国を欺く恐れは十分あると強調した。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ボルトン米大統領補佐官が、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長に「そう悪いやつじゃない」と評されたと明らかにしたと報じている。ボルトン氏によると、金委員長はシンガポールの米朝首脳会談で一緒に写真を撮るよう提案し、「写真を持ち帰って、あなたはそう悪いやつじゃないとうちの強硬筋に見せたい」と述べたという。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスは、トランプ大統領が欧州歴訪に出発する7月10日前に、退任するケネディ米連邦最高裁判事の後任を指名する可能性があることを明らかにした。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国務省のソーントン次官補代行が7月に辞任すると同僚宛てのメールで伝えた、と報じている。ソーントン氏は昨年12月に国務次官補に指名されたが、人事は撤回される見通しだという。ソーントン氏は中国駐在経験が長く、対中強硬姿勢に傾くトランプ政権の一部からは親中派と見なされていた。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米商務省が、海外勢による対米投資をめぐる審査を厳格化する新法案に合わせる形で輸出規制の見直しに着手したことを明らかにした、と報じている。商務省は声明文で、特定の技術や目的などに絡むリスクに基き、規制を変更するとしているという。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米テレビは、クドロー国家経済会議(NEC)委員長が、FRBに対して「きわめて低速な動きを望む」と述べ、利上げ加速を強くけん制したと報じている。独立性が求められる金融政策に政府高官が注文を付けるのは異例のこと。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国のジェームズ・メルビル駐エストニア大使が辞任を表明したことが1日までに明らかになった。複数の米メディアが報じた。トランプ米大統領が安全保障協力に関して同盟国の欧州諸国を批判する姿勢に同意できないのが理由だという。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスのサンダース報道官は30日、トランプ米大統領とカナダのトルドー首相が29日遅くに電話会談し、通商など経済問題について協議したと明らかにした。トランプ大統領が6月初旬の主要7カ国首脳会議(G7サミット)の閉幕時にトルドー首相を「極めて不誠実で弱い奴」とツイッターで批判して以降、両首脳による電話会談が公表されたのは今回が初めて。カナダ政府の声明によると、トルドー首相は電話会談で、対抗措置を導入する以外の選択肢はなかったと説明。両首脳は今後も緊密に連絡を取り合うことで合意した。

[2018-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ロス米商務長官「WTOからの脱退について協議するのは時期尚早」「WTOはいくつかの変化などが必要」

[2018-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスのサンダース報道官は記者会見で、ポンペイオ国務長官が、北朝鮮側と協議するため5日に出発すると明らかにした。

[2018-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・韓国メディアは、ポンペイオ米国務長官が、6日に3回目の北朝鮮訪問することに先行して、米国政府が1日板門店を通じ、「トランプ合衆国大統領」の書簡を北朝鮮側に伝えたことが分かったと報じている。

[2018-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国務省のフック政策企画局長は記者会見で、世界の原油余剰生産能力は十分にあり、イランの供給減への対応は可能との見解を示した。

[2018-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ロス米商務長官「世界貿易機関(WTO)は、何らかの改革が必要なことを認識している。WTOの活動を更新し同期させる必要があると思う」などとしたうえで、「しかし、それ(WTO)からの脱退を論じるのは、やや時期尚早だと思う」

[2018-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスのサンダース報道官は、カナダの措置をめぐる記者団の質問に対し、「米国に対する関税を強化してもカナダのためにはまったくならない。米国の労働者に痛手を与えるだけだ」と述べた。

[2018-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・サンダース米大統領報道官は記者会見で、ロシアによる2014年のウクライナ南部クリミア半島併合は「認めない」と述べ、クリミアがウクライナに返還されるまでロシアに対する制裁は維持されると明言した。トランプ米大統領は先に、クリミア併合の承認に含みを持たせる発言をしていた。

[2018-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国防情報局(DIA)が北朝鮮の金朝鮮労働党委員長について、少なくとも現時点では、完全な非核化を遂行する意図はないとの見解をまとめたことが分かった、と報じている。

[2018-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国が一方的に離脱を表明したイラン核合意の存続を協議するため、イランと合意締約国の英仏独、ロシア、中国の外相会合が6日にウィーンで開かれることになった、と報じている。

[2018-07-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・「米国、中国ZTEに一部事業活動の暫定的再開を容認へ」などと報じた。

[2018-07-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・「米新車販売、好調保つ、今後は関税導入で減速か」と報じた。

[2018-07-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・アメリカのポンペイオ国務長官が今週、北朝鮮を訪問して、さきの米朝首脳会談の成果を実行に移すため協議を行う。国務省の報道官は、完全な非核化を求めるアメリカの方針に変わりはないと強調した。ポンペイオ国務長官は今週、北朝鮮の首都ピョンヤンを訪問してキムジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長らと会談する予定で、北朝鮮の非核化に向けた具体的な措置について進展が得られるかが焦点となっている。

[2018-07-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ホワイトハウス筋「NATO会合で、トランプ米大統領はアメリカが世界の貯金箱ではないと伝えるだろう」

[2018-07-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国環境保護庁(EPA)のプルイット長官が今春、セッションズ司法長官を解任して自身を暫定的な後任として起用するようトランプ大統領に要請したと報じている。

[2018-07-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・独経済誌ハンデルスプラットは、米国のリチャード・グレネル駐ドイツ大使が、EUが米自動車関税を撤廃すれば、トランプ大統領はEU車への関税警告を止めると、ドイツ自動車メーカーの幹部らに伝えたと報じている。

[2018-07-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国務省のナウアート報道官は、米国が北朝鮮の非核化に関する態度を軟化させたなどと指摘されていることについて、「このうえなく事実とかけ離れている。米国の対北朝鮮政策は変わっていない」と言明した。

[2018-07-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国は中国製品340億ドルの追加関税を発動させた。 中国政府からは、「反撃する必要」といった見解が示されている。

[2018-07-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米労働省の家計調査によると、悪天候により就業不能となった6月非農業部門労働者数は9000人だった。5月は3万4000人、過去の月平均は3万5000人で平均との差は2万6000人減となっている。

[2018-07-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米労働省が6日発表した6月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数が前月比21万3千人増えた。伸び幅は前月(24万4千人)から縮小したが、市場予測(19万人程度)を上回った。

[2018-07-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国が6日の日本時間1時から340億米ドル規模の中国製品に25%の追加関税を科す制裁措置を発動したことを受け、中国商務部は直ちに「反撃せざるを得ない」と表明したものの、談話では報復を実施する時期を示していない。外電が関係筋からの情報として伝えたところによると、中国税関は主な港で米国輸入品の通関手続きを一時見合わせているもよう。追加関税に関する中央政府の「正式通知」が到達するまで、待機状況にあるという。通関手続きの遅延について中国税関はコメントしていない。

[2018-07-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国政府が6日付で340億米ドル規模の中国製品に25%の追加関税をかける制裁措置を発動したことについて、中国商務部は同日、「国家の核心的利益と人民群衆の利益を守るため、反撃せざるを得ない」と表明した。報復を実施する時期は示していない。

[2018-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・訪朝したポンペオ米国務長官に同行したナウアート同報道官は、非核化達成に向けた北朝鮮の取り組みについて検証などを行うため作業部会を立ち上げたことを明らかにした。作業部会は、キム駐フィリピン大使が主導している米朝実務交渉を支援する役割を担うという。

[2018-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・訪朝したポンペオ米国務長官が2日間にわたる北朝鮮との協議終了後、同行記者団の取材に応じ、「極めて生産的だった」と指摘したと報じている。

[2018-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・朝鮮中央通信は、訪朝したポンペオ米国務長官との会談について、北朝鮮外務省報道官が「米側の態度と立場は実に遺憾だった」と強く反発したと報じている。6月の米朝首脳会談で合意した「完全な非核化」の具体化を模索した協議が平行線をたどったことをうかがわせる報道となっている感を否めない。

[2018-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ポンペオ米国務長官は、安倍首相と首相官邸で会談し、非核化をめぐる6-7日の米朝協議で日本人拉致問題も提起したことを明らかにした。ポンペオ氏は「核、拉致、そして日米と世界にとって重要なあらゆる課題を取り上げた」と報告したという。

[2018-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・新駐韓米大使として着任した、ハリス氏は到着声明で、ポンペオ国務長官の訪朝などに触れ、「米韓は北朝鮮に対し、新たな道を進むよう説得するためともに取り組んでいる」と強調した。

[2018-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・台湾国防部は、米海軍の駆逐艦2隻が、台湾南部の海域から台湾海峡に進入し、東北方向に向かったと発表した。米艦艇の台湾海峡通過は異例で、台湾への軍事的圧力を強める中国を牽制する狙いがあるとみられている。

[2018-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ハセット米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長がインタビューで、米国がすでに賦課している鉄鋼とアルミニウム関税に関する懸念は雇用統計に表れていない、と述べたと報じている。

[2018-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米政府関係者のひとりが、「トランプ大統領は、韓国との合同軍事演習の費用が極めて巨額なものになるとしたのち、その確保に関する計画を取りやめた」と述べたと報じている。この軍事演習にかかる費用は、およそ1400万ドルになると見積もられている。

[2018-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ホワイトハウスや国務省内において、遅くとも8月末までに非核化の明確な計画が必要だという意見がある、と報じている。進展がなければ、米朝交渉を優先するために中止を決めた米韓合同軍事演習の再開もあり得るという。

[2018-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ポンペオ米国務長官が、予告なしにアフガニスタンの首都カブールを訪問し、ガニ大統領らと会談したと報じている。ポンペオ氏はアフガン政府と反政府勢力タリバンの和平交渉を支援する考えを伝えたという。

[2018-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国防総省のマニング報道部長は、米韓合同軍事演習「ウルチ・フリーダムガーディアン」の経費が1400万ドルだと明らかにしたうえで、米朝交渉で進展がない場合に米韓演習を再開する可能性について「国の指導部が必要だと決断すれば、何であれ実行する準備はできている」と指摘した。

[2018-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米財務省によると、3年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが2.685%、応札倍率(カバー)が2.51倍となった。

[2018-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米財務省は3年債入札を実施。最高落札利回りは2.685%、応札倍率は2.51倍。

[2018-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・「米当局は2000億ドル相当の対中関税リストを公表の予定」のようだ。

[2018-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米共和党のマコネル上院院内総務は、トランプ大統領が北大西洋条約機構(NATO)から脱退することは懸念していないとの認識を示した。また、トランプ大統領がロシアのプーチン大統領と会談することについて「本質的には何も悪くない」と述べている。

[2018-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ポンペオ米国務長官がインタビューで、今年11月に発動予定のイラン産原油禁輸に関する制裁について、一部諸国の適用除外を検討する考えを示したと報じている。

[2018-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米当局は2000億ドル相当の対中関税リストを10日夜にも公表する可能性があるという。意見公募期間を経て最終決定するとのこと。

[2018-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国の対中関税のプロセスは約2カ月間続く見込みとされる。米政府高官が匿名を条件に関税リストについて語った。

[2018-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米USTR(通商代表部)は、中国製品2000億ドル(約22兆2000億円)相当の関税対象リストを公表した。

[2018-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表「2000億ドル相当の対中関税リストを公表」「米国は中国と交渉する用意がある」「対中関税リスト、2カ月間の意見公募期間」

[2018-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米財務省によると、10年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが2.859%、応札倍率(カバー)が2.57倍となった。

[2018-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米財務省は10年債入札を実施。最高落札利回りは2.859%、応札倍率は2.57倍。

[2018-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・欧米の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)は、ブリュッセルの本部で首脳会議を開き、各国の防衛費をGDP比2%に拡大する目標について「前進はあるが、まだやることは多い」とする共同宣言を採択した。

[2018-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国のシア世界貿易機関(WTO)大使は、WTOの会合で、中国の不公平な通商政策の是正はこれ以上先送りできないとしたうえで、重大問題の多くはWTOの手に余るとの見方を示した。

[2018-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米共和党のライアン下院議長は、記者団に対し、関税の導入は中国との通商問題を解決するうえで適切な方策ではないとし、トランプ大統領は何とかして問題の解決を目指すべきとの認識を示した。

[2018-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米投資ファンドのタイガー・グローバル・マネジメントがソフトバンクグループの株式に10億ドル(約1100億円)超を投資したと報じた。時事通信が引用して伝えたもの。

[2018-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米商務省は11日、中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)への制裁見直しで最終合意したと発表した。将来、新たな法令違反があった場合に没収する4億ドル(約440億円)をZTEが納めた段階で米国企業との取引再開を認める。4月に取引禁止の制裁を科して以降、ZTEは主力製品の生産を止めるなど経営危機に陥っていた。

[2018-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ポンペオ米国務長官による先週の北朝鮮訪問について、ホワイトハウスが「あり得る限り最悪」の展開になったと受け止めていることが分かった、と報じている。ポンペオ氏の先の訪朝では、非核化協議をめぐる進展を示せていなかった。

[2018-07-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米財務省は30年債入札を実施。最高落札利回りは2.958%、応札倍率は2.34倍。

[2018-07-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・マティス米国防長官は記者団に対し、米国が北大西洋条約機構(NATO)を完全に支持しているとし、加盟各国が改革などに対しコミットメントを示したことでNATOは2日間の首脳会議を経て一段と力強くなったとの認識を示した。

[2018-07-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米商務省が中国通信機器大手ZTE への制裁解除に向けた合意書に署名したことを受け、与野党の一部上院議員が、上下両院の軍事委員会の指導部に対し商務省の方針に反対する意向を表明したと報じている。

[2018-07-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国連代表部が、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に対し、北朝鮮が1-5月、洋上で積み荷を移し替える「瀬取り」の手法で、石油精製品を少なくとも89回輸入したと指摘する文書を提出したと報じている。

[2018-07-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米商務省は、通商拡大法232条に基づく自動車分野の公聴会を19日に開催する。

[2018-07-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米国務省のナウアート報道官は声明で、朝鮮戦争時の行方不明米兵の遺骨返還をめぐる米朝協議について、北朝鮮が15日の開催を提案してきたと明らかにした。そのうえで、「我々は用意がある」として、応じる考えを表明した。

[2018-07-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ロス米商務長官「保有している全株式を売り、米債を買う」「持ち株を全て売却する」

[2018-07-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウス記者会は、英国を訪問したトランプ大統領が13日行ったメイ首相との会談後の共同記者会見で、米CNN、NBC両テレビと英紙サンを「フェイク(偽)ニュースだ」と非難したことに対し、「厳しい質問をするのは報道機関の役目だ」と抗議する声明を発表した。

[2018-07-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米政権のロシア疑惑を捜査しているモラー特別検察官は、米露首脳会談を控えたタイミングで、ロシアの情報部員12人の起訴に踏み切った。首脳会談で大統領選介入問題が焦点となるのは不可避とみられている。

[2018-07-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ボルトン米大統領補佐官がインタビューで、ロシアのプーチン大統領が米大統領選介入へのロシア政府の関与を否定していることについて、「信じるのは難しい」と疑問を呈したと報じている。そのうえで、トランプ大統領が16日にヘルシンキで行われる米露首脳会談でこの問題を提起すると言明したという。

[2018-07-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ポンペオ米国務長官は、メキシコの首都メキシコ市を訪れ、ロペスオブラドール次期大統領と初めて会談し、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉や国境問題などについて意見を交わした。また、会談にはトランプ米大統領の娘婿クシュナー大統領上級顧問やムニューシン財務長官、ニールセン国土安全保障長官も同席したという。

[2018-07-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスと国防総省のあいだで不協和音が響き始めた、と報じている。日韓や欧州などの同盟国との緊密な連携を訴えるマティス国防長官に対し、トランプ大統領は同盟国に冷淡で、時には罵倒することもいとわない。トランプ氏がマティス長官と距離を置きつつあるという報道もちらほら。新たな政権幹部の離脱を危惧する声が出ているとしている。

[2018-07-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・ポンベオ米国務長官が今月6-7日に訪朝して北朝鮮の金朝鮮労働党副委員長と会談した際、「秘密のウラン濃縮施設を稼働させている」と述べ、北朝鮮を追及していたことがわかった、と報じている。

[2018-07-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・アメリカのトランプ政権が2000億ドル規模の中国製品に高い関税をかける制裁措置は世界の貿易ルールに反しているとして、中国は、16日、WTO=世界貿易機関に提訴した。一方、アメリカに対してどのような報復を取るのか、具体的な内容はまだ明らかにしていない。

[2018-07-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・コーツ米国家情報長官は、米露首脳会談後に声明を出し、ロシアによる2016年米大統領選への干渉は「明白だ」表明した。続けて、「情報機関の役割は最善の情報と事実に基づく意見を大統領や政策決定者に提供することだ」と指摘している。

[2018-07-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・フィンランドで行われた米露首脳会談について、米与野党の有力議員らが、トランプ大統領の対ロシア姿勢が弱腰だと相次いで非難したと報じている。2016年米大統領選にロシアが介入した疑惑を強く追及しなかったことをとくに問題視、11月の中間選挙にロシアが再び介入することを懸念したという。

[2018-07-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米通商代表部(USTR)は、中国、EUなど5ヵ国地域について世界貿易機関(WTO)に提訴する手続きを始めたと発表した。米政権が実施した鉄鋼アルミニウムの輸入制限措置に対抗し、これらの国地域が米国産品に報復関税を課したことは協定違反に当たると主張している。

[2018-07-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米通商代表部(USTR)は、中国、EUなど5ヵ国・地域について世界貿易機関(WTO)に提訴する手続きを始めたと発表した。米政権が実施した鉄鋼・アルミニウムの輸入制限措置に対抗し、これらの国・地域が米国産品に報復関税を課したことは協定違反に当たると主張している。

米政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース