ブノワ・クーレの発言・ニュース

ブノワ(ベノワ)・クーレ

 ブノワ(ベノワ)・クーレは1969年生まれのフランスの経済学者で、欧州中央銀行(ECB)の専務理事です。

 クーレは2011年にロレンツォ・ビニ・スマギの後任としてECBメンバーとして就任したが、その裏には、クーレ就任の少し前にフランス人でECB総裁であったジャン=クロード・トリシェの後任として、イタリア人のマリオ・ドラギが就任したため、ECB内においてのフランスの発言権が必要だったからと言われている。

 また、ドラギ氏による国債買い取りの延長策について、反対派であるドイツのヨルグ・アスムッセンとの間を上手くこなした事でも知られている。

HDP

中間派

 HDP   -1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-09-25][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・クーレECB理事「短期金融市場の新たな指標金利であるESTR(ユーロ短期金利)は、ECBの直近の利下げを完全に織り込んでいる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のブノワ・クーレの発言・ニュース

[2019-09-25][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・クーレECB理事「短期金融市場の新たな指標金利であるESTR(ユーロ短期金利)は、ECBの直近の利下げを完全に織り込んでいる」

[2019-09-20][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・ECBのクーレ専務理事は、金融危機から実施してきた資産購入プログラムの一部により、ECBの金融政策は財政政策の領域に踏み込む間際まで近づいたが、セーフガードの導入により一線を超えないことを確保していたと述べた。

[2019-09-19][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・クーレECB理事「財政政策が金融政策の重荷を取り除くために必要だ」

[2019-07-17][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・クーレECB理事「今後の経済指標は第2、第3四半期のユーロ圏の成長の弱まりを示唆」「ユーロ圏の成長見通しをめぐるリスクはダウンサイドへ傾斜」
・ECBのクーレ専務理事は17日「今後、理事会は緊急事態の際には行動する決意であり、またインフレ率が着実に理事会の目標に向けて推移し続けることを確実とするため、あらゆる手段を適宜、調整する用意がある」と述べた。ECBは6月の理事会で、想定する利上げ時期を少なくとも1年先に先送りした。その後、ドラギ総裁は追加緩和の可能性を示唆している。次回理事会は7月24-25日に開催される。

[2019-07-11][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・クーレECB理事「中銀は、長引く低インフレに対する市場の懸念を汲み取っている」

[2019-07-08][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・ECBのクーレ専務理事は、次期ECB総裁に指名されたラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事について、総裁として「比類ない資質がある」との見方を示した。
・クーレECB専務理事「必要ならばECBは量的緩和を再開するであろう」「もし必要であれば量的緩和を再開することは可能」

[2019-06-17][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・クーレECB理事「ユーロ圏の経済はそれほど悪くない。サービスや建設関連は堅調だ」「インフレ目標の見直しよりも重要なことはあるが、ある時点では目標見直しも必要となる」
・クーレECB理事「中銀には政策手段があり、我々はそれを使用する準備が出来ている」「どのような政策手段をとるのが現在の環境で最良なのかを思案している」

[2019-05-17][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・クーレ欧州中央銀行(ECB)理事「現在の低インフレは不可解」

[2019-05-16][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・ECBのクーレ専務理事は、ユーロ圏内で見られている向かい風の一部は弱まりつつあるものの、世界的な要因がなおユーロ圏経済成長の重石になっているとの認識を示した。

[2019-04-23][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・クーレECB理事「マイナス金利は最大の問題ではない」「預金金利の階層化は現時点で導入する予定はないが、注視する必要」「貿易摩擦の解決を見込むなら、経済成長は今年後半に回復するだろう」
・クーレECB専務理事がインタビューで、中銀預金金利の階層化を導入する理由はないとの見解を示したと報じている。また、ECBのマイナス金利は最大の問題ではないと主張。市中銀行はむしろコストに重点を置くべきだとしたという。

(最終更新日時 2019-09-26 11:44)

ブノワ・クーレの発言・ニュース バックナンバー

ブノワ・クーレ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース