ニュース

ニュースのイメージ画像

 2022年11月の期間中のニュースによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・31日の英国債相場は下落(利回りは上昇)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間1日3時時点の水準で、前営業日終値比0.038%高い(価格は安い)3.516%だった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ニュースによる2022年11月 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・31日の英国債相場は下落(利回りは上昇)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間1日3時時点の水準で、前営業日終値比0.038%高い(価格は安い)3.516%だった。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・31日の欧州国債相場は下落(利回りは上昇)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間1日3時時点の水準で、前営業日終値比0.039%高い(価格は高い)2.142%だった。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・31日の米国債券相場で長期ゾーンは続落。表面利率2.750%の10年物国債利回りは前営業日比0.03%高い(価格は安い)4.05%で終えた。米連邦準備理事会(FRB)が積極的な利上げ姿勢を維持するとの思惑から債券売りが出た。10年物国債利回りは薄商いの中で一時4.1103%前後まで上昇する場面もあった。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連人道問題調整室(OCHA)のグリフィス室長(事務次長)は、ロシアがクリミア半島の黒海艦隊が攻撃受けたとしている10月29日の夜、国連が仲介する黒海の回廊を通じてウクライナから穀物を輸送する取り決めに基づき、黒海を航行していた貨物船はなかったと述べた。ロシア国防省は、ウクライナが29日、ドローン16機でクリミア半島セバストポリ近郊の黒海艦隊を攻撃したと主張。一部のドローンはウクライナの港から穀物を輸送するためにウクライナ、もしくは西側諸国がチャーターした民間の船舶から放たれた可能性があると示唆している。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ産穀物の輸出を再開する合意の履行をロシアが一方的に停止したことを受け、国連の安全保障理事会で、米欧の理事国を中心に非難が相次いだ。国連の代表らは「穀物輸出の取り組みには軍用船舶は関わってない」と指摘し、合意継続を呼びかけている。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、黒海経由のウクライナ産穀物輸出が、国連の仲介による輸出合意以降で最大規模となったことが分かったと報じている。しかしロシアは合意の先行きを疑問視。大統領府のペスコフ報道官は記者団に対し「ロシアがこの地域の船舶の安全保証を困難としている状況で、穀物輸出の継続はほぼ実現不可能だ」と述べている。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、国連が仲介した黒海経由のウクライナ産穀物輸出合意への参加をロシアが停止しても、国連のプログラムの下で黒海経由の穀物輸出を継続すると述べた。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ノルウェーのストーレ首相は、ロシアのウクライナ侵攻を受けた安全保障強化に向けて11月1日から軍の警戒レベルを引き上げると発表した。作戦行動が可能な兵士を増員すると同時に、即応部隊の役割を拡大するという。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、ユーロ圏のインフレ率は再び過去最高を更新した。経済成長は失速し、リセッション(景気後退)はほぼ不可避との見方を強めた。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、石油輸出国機構(OPEC)は31日公表した2022年世界石油見通しで、中長期の石油需要予測を上方修正した。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は、放射性物質を拡散させる「汚い爆弾」の製造に関与しているとロシアが主張するウクライナの2ヵ所の核関連施設で、IAEAの専門家による検査が始まったと明らかにした。今週後半にも第1段階の結論を出す方針も示している。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮が、米国と韓国に対し、域内での大規模な軍事演習を止めるよう要求したと報じている。このような演習は挑発行為であり、北朝鮮からの「より強力な」対応につながる可能性があるという。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・アラブ首長国連邦(UAE)のマズルーイ・エネルギー相は、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は常に原油市場の均衡化を図る意思があり、必要であれば「電話1本」で対応可能だと述べた。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・石油輸出国機構(OPEC)のアルガイス事務局長は、OPEC非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」が今月上旬に減産で合意したのは供給過剰が主な理由だったことを明らかにした。「経済成長見通しをめぐる強い不透明性から、2023年の序盤も供給過剰になるだろうとみている。これが先を見越した行動を取ろうと決めた主な理由だ」と指摘している。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝日新聞は、米通商代表部(USTR)で対アジア貿易政策を統括するビアンキ次席代表がインタビューに応じ、米国が主導する新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」について、「予想より早いペースで交渉が進んでいる」と述べたと報じている。来年中にも「前向きな成果」を出したい考えも示したという。一部分野で先行合意できる可能性がある。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連総会第1委員会(軍縮)は、日本が毎年提出している核兵器廃絶決議案を賛成139、反対6、棄権31の賛成多数で採択した。採択は29年連続だが、今年は初めて核兵器の製造や保有を全面的に禁じる核兵器禁止条約に言及した。12月上旬に総会本会議で正式に採択される見通し。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・1日の米2年物国債利回りは時間外取引で低下。10時38分時点では前営業日比0.0165%低い4.4658%前後で推移している。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・東京商工会議所会頭の小林健氏が「実力を反映した為替相場は1ドル=110円くらい」「日銀の政策見直しを求める」との見解を示したと共同通信が伝えた。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ南部ヘルソンを占領しているロシア当局者は、ドニプロ(ドニエプル)川からの避難区域を拡大すると述べた。ウクライナがカホフカダムを攻撃してこの地域を浸水させる可能性があるとの主張を繰り返したが、ウクライナ側は否定している。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・金の国際調査機関ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)が公表した最新の四半期報告によると、世界の中銀による第3四半期の金購入量は399トン(約200億ドル相当)と過去最多だった。中銀購入が世界的な金需要の拡大を後押しした形だ。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日経新聞は、デジタル庁が2022年度第2次補正予算案で1200億円ほどを計上することがわかった、と報じている。目視や常駐などを義務付ける「アナログ規制」の撤廃に向け、代替するデジタル技術の検証に必要な経費を確保するという。人間による確認と同水準以上の質を保てるかを確かめ一覧表にまとめる。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・1日の米10年物国債利回りは低下幅を縮小。22時47分時点では前営業日比0.0742%低い3.9736%前後で推移している。なお、10月米製造業購買部協会景気指数(PMI)改定値は50.4となり、市場予想の49.9より強い結果となった。

[2022-11-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・1日の米10年物国債利回りは一時4.056%付近と前日比で上昇に転じた。23時18分時点では前営業日比0.0059%低い4.0419%前後で推移している

[2022-11-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・黒海経由でのウクライナ産穀物輸出を監視する合同調整センターの国連事務局は、穀物輸出合意に基づく船舶の移動を2日には計画しない方針で合意したと明らかにした。国連事務局によると、1日にはウクライナ発の船舶に対する36件の検査が完了したという。

[2022-11-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮朝の鮮労働党で軍事を担当する朴書記が、米韓が10月31日から開始した空軍による大規模な共同訓練「ビジラント・ストーム」を中止するよう再び要求し、そのような「軽率さと挑発はこれ以上容認できない」と述べたと報じている。

[2022-11-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、石油輸出国機構(OPEC)のアルガイス事務局長がインタビューに応じ、炭化水素の世界的な需要が長期的に拡大するなか、将来のエネルギー危機を防ぐために、世界各国が石油投資に迅速に対応する必要があると述べたと報じている。

[2022-11-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、イランがサウジへの攻撃画策か、米軍は厳戒態勢と伝えた。

[2022-11-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、9月の米求人件数は市場予想に反して増加した。失業率が低水準にとどまる中、一段の賃金上昇につながる公算が大きい。米金融当局にとっては、インフレ抑制に向けた積極的な引き締め策を継続するよう求める圧力が強まった格好だ。

[2022-11-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説で、ウクライナ産の穀物を運ぶ黒海の穀物回廊について、長期的な防衛が必要であり、それを阻害しようとするロシアのいかなる試みにも各国は断固として対応すべきだと訴えた。

[2022-11-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・香港は2日、ナルガエ(台風22号)の接近に伴い台風警報シグナル8を発出した。

[2022-11-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、ウクライナのゼレンスキー大統領は1日、ロシア軍のミサイルや無人機(ドローン)による攻撃で、暖房用の熱や電力を供給する火力発電所を中心に国内の4割のエネルギー施設が損傷したと述べた。戦闘が長期化し冬に向かう中、民生、軍事両面の厳寒対策も反攻を続ける鍵になりそうだ。

[2022-11-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・2日の英10年物国債利回りは小動き。19時08分時点では前営業日比0.033%高い3.473%前後で推移している。

[2022-11-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、ウクライナ大統領府のポドリャク顧問が、ロシアによる黒海経由のウクライナ産穀物輸出合意への復帰について、ロシアの「脅し」が失敗に終わったことが浮き彫りになったという認識を示したと報じている。

[2022-11-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ・キーウ州当局は、消費量の急増を受け、電力供給の緊急停止に踏み切った。「電力設備の重大事故を回避する」ため必要な措置と説明している。ロシア軍のドローン(小型無人機)やミサイル攻撃により、首都キーウや周辺の電力網には大きな被害が出ている。

[2022-11-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、石油輸出国機構(OPEC)加盟国による10月の原油生産量が日量2971万バレルと、2020年4月以来の高水準だった9月から2万バレル減少したことがロイターの調査で分かったと報じている。減少は6月以降で初となる。

[2022-11-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・為替市場は依然として動意が乏しい。北朝鮮からのミサイル発射報道も観測されているが、影響は取り敢えず限定的だ。ただ、東京休場で薄商いが予想されるだけに、動静にはこのあとも要注意だ。

[2022-11-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説で、ロシア軍機が発射した巡航ミサイルを2発が、ウクライナ産の穀物を輸出するための黒海の穀物回廊の上空を通過したと述べた。「こうしたミサイル発射はほぼ連日行われており、食料輸出が脅かされている」と指摘している。

[2022-11-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは弱含み。未明の20700ドル台を高値に右か下がりの展開で、20000ドル台まで一時下落している。続落にも一応要注意だが、それほど強い下値リスクを指摘する向きはないようだ。

[2022-11-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、石油輸出国機構(OPEC)加盟国による10月の原油生産量は日量2971万バレルと、2020年4月以来の高水準だった9月から2万バレル減少したことがロイターの調査で分かった。減少は6月以降で初となる。

[2022-11-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、ウクライナの原子力企業エネルゴアトムは3日、ロシア軍が占拠する南部ザポロジエ原発が2日、外部電源を喪失したと発表した。非常用ディーゼル発電機が作動した。ロシア軍の砲撃で送電線が損傷したとしている。同原発では外部電源の喪失と復旧を繰り返してきた。

[2022-11-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米労働省は10月29日週の新規失業保険申請件数が21万7000件になったと発表した。事前予想は21万7000件。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・3日の米10年物国債利回りは低下一服。0時32分時点では前営業日比0.0464%高い4.1469%前後で推移している。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は対ドルで2万ドル手前では下げ渋り。24時43分時点では2万0250ドル前後で推移している。BTC円は300万円を挟んだ値動き。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・3日の米国債券相場で長期ゾーンは続落。表面利率2.750%の10年物国債利回りは前営業日比0.05%高い(価格は安い)4.15%で終えた。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めが長引くとの思惑から債券売りが優勢となった。もっとも、米ISM非製造業指数が予想を下回る結果となったため、一巡後は安全資産とされる債券に買いが入る場面も見られた。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の朴朝鮮労働党書記は談話を発表し、米韓空軍が相次ぐ北朝鮮のミサイル発射を受けて大規模な訓練を延長したことについて「非常に危険で誤った選択だ」と指摘したと報じている。「取り返しのつかない重大な過ちを犯したと知ることになる」と警告したという。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、インドネシアで開催されるG20首脳会議をめぐり、ロシアのプーチン大統領が出席する場合は参加を見合わせる方針を示した。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ外務省は、親ロシア派勢力が事実上支配するウクライナの2地域で住民が強制的に移住させられているとし、「国際法に著しく違反する」としてロシアを非難した。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアによる侵攻前の人口の10%超に当たる約450万人の国民が、ロシア軍の攻撃による一時的な停電の影響を受けたと述べた。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)は、ウクライナ国内3施設で行った査察で、未報告の核活動が行われていた兆候は確認されなかったと明らかにした。ウクライナが放射性物質をまき散らすことを目的とした「汚い爆弾」を製造しているというロシアの非難に対応するためにウクライナが調査を要請していた。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ外務省報道官は、ロシアが黒海経由のウクライナ産穀物輸出合意に復帰したことについて、ウクライナはロシアを説得するために新たなコミットメントは示さなかったと述べた。一方、ロシア国防省は、ウクライナが黒海の穀物回廊をロシアに対する軍事作戦に利用しないと保証したため復帰すると説明している。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、イランがすでに納入したドローン(無人機)に加え、ロシアに弾道ミサイルを供給することを検討していると述べた。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟をめぐるトルコからの要求を両国が達成し、北欧2国をNATOに迎え入れるタイミングになったと述べた。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、インフレ調整後の米実質金利であるインフレ連動債(TIPS)利回りが上昇しており、世界経済に引き続き影を落としている。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、匿名の米政権高官が、北朝鮮が準備を進める核実験について、米国は中国とロシアが影響力を発揮して阻止できると考えていると明らかにしたと報じている。一方、米国は5月以降、北朝鮮が核実験の準備を行っているとしてきたが、実施時期については明確に分からないと述べたという。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ南部ヘルソン州を実効支配するロシア当局者は、ロシア軍がドニエプル川西岸から撤退する可能性が高いと述べた。実際に撤退が行われればロシアにとっては大きな後退で、侵攻の転換点になる。ただ、ウクライナ側や欧米のアナリストはロシアの撤退に慎重な見方を示しており、撤退を装ったわなの可能性に警戒している。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・4日の中国株式市場では、中国IT銘柄が上げ拡大。テンセント株は10%高、アリババは12%の上昇となっている。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・10月米雇用統計は、非農業部門雇用者数変化が予想を上回った一方で、同失業率は予想比で弱い結果となった。また、同平均時給は前月比で予想比やや上振れした。米10年債利回りが4.20%近辺まで上昇し、ドル円は一時148.20円近辺まで買われたが、反応は一時的で、147.60円台に押し戻され、ユーロドルは0.97ドル半ばに押された後、一転0.9814ドルまで高値を更新した。

[2022-11-04][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、スワップ取引が示唆する米政策金利のピークは一時、2023年6月に5.25%と織り込んだ。4日発表の米雇用統計が予想以上の強さを示したことに反応した。米連邦公開市場委員会(FOMC)が2日に0.75ポイントの追加利上げを決定して以降、市場での利上げ見通しは強まっている。

[2022-11-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)はリスクオンの流れに沿って堅調な値動き。対ドルでは2万1300ドル手前まで買われ、9月13日以来の高値を更新した。BTC円も311万円台まで強含んでいる。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連の安全保障理事会は、北朝鮮によるミサイル発射を受けて緊急会合を開いた。各国から北朝鮮を非難する意見が相次いだが、中国やロシアは米国が緊張を高めていると主張し、今回も一致した対応を取れなかった。ただ、会合後に非常任理事国10ヵ国が「すべての弾道ミサイル発射を非難する」とする声明を出したほか、別に米国、日本、韓国など12ヵ国が共同で非難声明を発表している。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北朝鮮外務省は、東京都が委託事業の企画展で関東大震災の朝鮮人虐殺に触れた映像作品の上映を認めなかった問題について「日本帝国主義による反人倫犯罪を隠そうとする歴史否定策動の一環だ」とウェブサイトで都を非難した。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・立憲民主党の泉代表は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題をめぐる被害者救済の与野党協議が決裂した場合、内閣不信任決議案の提出が視野に入るとした発言を撤回しない考えを示した。東京都内で記者団に「考えは何も変わらない。協議がまとまらなければ不信任に値すると思っている」と述べている。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、訪問先のイスタンブールでトルコのエルドアン大統領と会談し、北欧のスウェーデンとフィンランドのNATO加盟などについて協議した。ストルテンベルグ氏は加盟の早期実現のため、トルコが国会での議定書批准など必要な手続きを進めるよう訴えたとみられている。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)は声明を出し、4日夜ザポリジエ原発とウクライナの電力系統を結ぶ送電線の修理が完了し、原発は再び外部電源と接続されたと発表した。ザポリジエ原発は、2日に砲撃を受けたことで送電線が損傷して外部電源を失い、非常用のディーゼル発電機を稼働させていた。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国営イラン通信は、同国のアブドラヒアン外相が、ロシアに対して無人機を供与したことを初めて認めたと報じている。ロシアがウクライナ侵攻でイラン製無人機を使用していると西側諸国が非難していたのに対し、イランはこれまで否定を貫いていた。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、イランがロシアに軍事用ドローンを渡したと認めたものの、「まだ嘘をついている」とイランを非難した。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・NHKは、8日に実施される米中間選挙について、世論調査では野党・共和党が連邦議会下院で優勢となって過半数の議席を確保する勢い。上院は多数派の確保をめぐって激しい競り合いになっていると報じている。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・7日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近12月限は時間外取引で売り先行。8時10分時点では前営業日比1.83ドル安の1バレル=90.77ドル近辺で取引されている。「中国は現在のゼロコロナ政策を維持」との報道を受けて中国の需要減への思惑が売り材料視されている。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・7日の米2年物国債利回りは時間外取引で小幅に上昇して始まった。9時2分時点では前営業日比0.0105%高い4.6689%前後で推移している。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の朝鮮人民軍の総参謀部が、5日まで行われた米韓両軍の大規模な空軍合同訓練「ビジラント・ストーム」に対応するため、2日から5日にかけて弾道ミサイルの発射などによる「軍事作戦を行った」と発表したと報じている。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・タス通信は、ウクライナ南部へルソン州のロシア占領下にあるノバカホフカダムが、ウクライナ軍による砲撃で損傷したと報じている。救急当局の情報だという。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは弱含み。早朝の21200ドル台を目先高値に20800ドル台まで値を下げる展開となっている。ただ、下値リスクがとくに高いわけではなく、底堅く推移するといった見方も少なくないようだ。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・インフレ高進、債務危機の進展、生活費問題がG20のビジネスにとって向こう2年間の最大懸念。このような「企業経営者意識調査」結果を世界経済フォーラム(WEF)が発表した。調査によると、物価上昇が懸念首位となったほか、ウクライナ戦争にともなう影響や生活費危機といった社会経済問題に一段の注意が払われるなか、環境問題はここ数年で初めて主要懸念から外れた。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は下げが一服。対ドルでは2万0600ドル前後を下値に2万0760ドル付近での値動き。なお先週末は2万1400ドル台まで上値を伸ばした。

[2022-11-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・中国市場では前週末4日、政府によるコロナ感染を厳格規制するゼロコロナ政策について、制限緩和と経済活動再開の拡大期待が浮上した。一時的ながら中国株の上昇と、為替相場では安全逃避通貨であるドルの下落につながっている。その後は5日に中国当局が「ゼロコロナ政策堅持の方針は揺るがない」と表明。7日の週明け外為市場では、一時的に中国経済と関係の深い豪州やNZの通貨が売られ、ドルが反発となっていた。今週以降も中国当局の政策対応に一喜一憂の展開が続く。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ大統領府のポドリャク顧問は、ウクライナがロシアとの交渉を拒否したことはなく、ロシアの将来の指導者と対話する用意はあるが、プーチン大統領とは対話しないと述べた。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説で、東部のドネツク地域はなお戦闘の中心地になっており、毎日数百人のロシア兵が戦死していると述べた。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮が、ロシアと武器取引をしたことはなく、今後もそうした計画はないと表明したと報じている。米国は、北朝鮮がロシアに対し、ウクライナ戦争に使用する砲弾を供給しているとの見方を示している。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・エジプトで開幕した第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP27)に参加する25ヵ国超が、2030年までの森林破壊停止に向けた新グループを立ち上げ、数十億ドルを追加拠出すると発表した。日本もこれに参加する。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾国防部は、台湾の防空圏に進入した中国の戦闘機63機確認されたと発表しました。 8月にペロシ米下院議長が台湾を訪れた直後の8月5日に確認された68機に次ぐ多さだという。なお、そのうち31機が台湾の定める「中間線」を超えたとしている。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、サンフランシスコ連銀が発表した調査で、米国の金融政策はFRBの政策金利が示す以上に引き締まっていることが分かった、と報じている。2022年9月までの金融情勢は政策金利が5.25%まで引き上げられた場合と同様になっているという。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、米サンフランシスコ連銀は7日公表のエコノミック・レターで、米金融政策は政策金利が示すよりもはるかに引き締まっている可能性が高いとの調査結果を明らかにした。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮が、同国のミサイル発射を批判したグテレス国連事務総長の発言について「不公平」との見方を示して反発したと報じている。グテレス氏は4日、このところ相次ぐ北朝鮮のミサイル発射を非難し「これ以上の挑発的な行動を直ちにやめる」よう北朝鮮に求めていた。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ軍は、南部ヘルソン州の州都ヘルソンでロシア軍が民間人が退避して空き家となった家屋を占領し、市街戦の準備をしていると主張した。ロシアはウクライナ軍の攻勢を理由にヘルソンの住民らに退避を勧告してきた。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ヘッジファンド・リサーチ(HFR)が7日公表したデータによると、世界のヘッジファンドの運用成績は10月にプラス2%となった。株式市場の上昇などが寄与した。ロイター通信が伝えた。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ドル円は底堅い。仲値前後を境にドル売りから一転ドル買いの動きとなり、ドル円は146.32円から146.77円まで反発している。また、ユーロドルは1.0031ドルから1.0016ドル付近まで伸び悩んでいる。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説で、ロシアを和平交渉の席に強制的に着かせることが必要だと訴えた。そのうえで、「領土の回復」「戦闘によるすべての損害に対する補償」「戦争犯罪人への処罰」などが交渉の条件だと改めて強調している。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は弱含み。15時12分時点で対ドルでは1万9700ドル前後と9時時点から約4.4%安の水準。一時1万9400ドル割れまで下落した。全般的にアルトコイン(BTC以外の暗号資産)の弱さが目立っている。対ドルでイーサリアム(ETH)が8%超、ドージコイン(DOGE)が13%超、またソラナ(SOL)は15%超まで下げ幅を拡大する場面があった。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、暗号資産(仮想通貨)のビットコインとイーサリアムは8日の取引で急落。仮想通貨交換業者FTXのトークン「FTT」が再び大きく売られたことも響き、米中間選挙や米インフレ統計発表を控えた警戒感の中で、2週間ぶりの安値となった。仮想通貨として時価総額最大のビットコインは一時6.4%安の1万9370ドル、同2位のイーサリアムは一時9%安の1434ドルと、いずれも10月25日以来の安値を付けた。ソラナは20%近く急落した。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、北海道は8日、新たに9136人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。8月19日の8632人を上回り、過去最多を更新した。11月8日時点の病床使用率は39.8%で、1週間前から上昇した。重症者向けは4.8%だった。患者14人の死亡も発表した。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、ウクライナへの侵攻を続けるロシア軍で、この秋に招集したばかりの動員兵の損失が拡大している。ウクライナ東部では動員兵の1個大隊の500人以上がほぼ全滅したと報じられた。ロシア国防省は8日、動員兵の待遇改善策を発表した。同国のプーチン大統領は近く、動員兵の問題を市民と直接協議すると発言した。焦りを隠せなくなっている。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・FNNは、11日から始まる東南アジア諸国連合首脳会議(ASEAN)の議長声明案が明らかになったと報じている。それには、北朝鮮による弾道ミサイル発射の急増を「地域の平和と安定を脅かす憂慮すべき事態」との文言が記載されているという。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、上海で先週始まった中国国際輸入博覧会の開幕式で、事前に録画されたミシェルEU大統領のビデオ演説が公開されなかったことが明らかになった、と報じている。ビデオ演説は、ロシアによるウクライナでの「違法な戦争」を批判するとともに、中国への貿易依存度を減らすことを訴える内容だったという。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのニキフォロフ大統領報道官は、ゼレンスキー大統領がインドネシアで今月中旬に開かれるG20サミットに出席すると明らかにした。オンライン参加になる見通しといい、演説する可能性がありそうだ。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・時事通信は、北朝鮮は7日に行った発表で、電子・情報機器を破壊する電磁パルス(EMP)弾の実験を行ったと示唆したが、実際は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の失敗を隠すために、EMP弾を連想させる発表をしたという見方が有力だと報じている。

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブレマン・リクスバンク(スウェーデン中銀)副総裁「次回の理事会の前に利上げ幅に関しては何も除外することが出来ない」「インフレのリスクは上サイドだけというわけではなくなった」「インフレが低下している兆候があるというのは早すぎる、まだ行動を継続しなくてはならない」

[2022-11-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は下げ幅を拡大。暗号通貨業界の2大巨頭、バイナンスとFTX創業者の対立が話題になっているが、一部ではFTXが出金の停止を行っているといううわさもBTCの売り要因に。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・一部報道は「暗号資産交換業者のバイナンス、競合のFTXを買収へ。条件は非公表」などと報じた。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は買い戻し。バイナンスが競合のFTXを買収するとの発表を受けてビットコインは対ドルで1万9260ドル前後から2万200ドル近辺まで、対円で281万円台から293万円付近まで買い戻されている。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・8日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間9日3時時点の水準で、前営業日終値比0.086%低い(価格は高い)3.552%だった。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ヴンシュ・ベルギー中銀総裁「消費者のインフレ期待は大幅に上昇」「さらなるCPIの上昇は、今後数年間の賃金に影響を与える」「賃金に関しては、来年には新しい正常値が見られるだろう」

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは一転下落した。仮想通貨交換業最大手のバイナンスが同業大手の米FTXトレーディングの米国以外の事業を買収することで合意したと伝わると、買いが先行。対ドルで一時2万655ドル前後まで上昇した。ただ、買いが一巡後は売りが優勢に。3時30分前には1万8446ドル前後まで下落した。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは大荒れ。欧米高値20600ドル台から一時14%を超える急落で17200ドル台まで値を下げている。その後はさすがに買い戻される展開で、足もとは18500ドル台。ただ、予断を許さない。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・インドのジャイシャンカル外相は、訪問先のモスクワでロシアのラブロフ外相と会談を行った。会談後、インドはロシアとの通商関係を拡大させているとし、自国の利益になるためロシア産石油の輸入を継続すると表明している。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・インドのジャイシャンカル外相は、訪問先のモスクワでロシアのラブロフ外相と会談を行った。会談後、「いまは戦争のときではない」と、モディ印首相が9月にプーチン氏に伝えた「苦言」を引用。ウクライナ侵攻を遠回しに批判している。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・スウェーデンのクリステション首相は、トルコの首都アンカラを訪れ、エルドアン大統領と会談した。スウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟に必要なトルコでの加盟議定書批准をめぐり協議したが、エルドアン氏から批准の時期について言質は得られなかったもようだ。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、エジプトで開催中の気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)向けのビデオメッセージで、ロシアによるウクライナ侵攻が世界各国を気候変動対策から遠ざけていると述べた。「平和なくして効果的な気候政策はありえない」と指摘している。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグは、ドイツ、来年の純債務を2倍以上に増額する計画、450億ユーロに、と伝えた。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、首都キーウで米国のトーマスグリーンフィールド国連大使と会談し、国連などが仲介する黒海経由のウクライナ産穀物輸出合意を延長する必要があると述べた。輸出合意はロシアもしくはウクライナが延長に反対すれば今月19日に期限が切れる。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、8日時点で国内14地域と首都キーウで約400万人が停電状態に置かれていると明らかにした。ただ、非常時でなく安定状態にあるとしている。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・香港金融管理局(HKMA)は9日の米国取引時間に、9億5400万HKドルの香港ドル買い・米ドル売りを実施した。香港ドル買い介入は今月2回目。5月12日に約3年ぶりに実施されて以来41回目となり、累計2420億8200万HKドルを市場から買い入れた。『香港経済日報』によると、民間銀行がHKMAに保有する決済性預金口座残高は11月10日に960億9800万HKドルに減少する。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ軍は、ロシアが一方的に併合を宣言したウクライナ南部ヘルソン州で略奪やインフラの破壊を続けていると発表した。博物館から美術品や備品を根こそぎ持ち去ったとも指摘している。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ドル円は145.78円前後、ユーロドルは1.0063ドル付近で推移。米国の中間選挙では、注目州とされたペンシルベニア州の上院は民主党候補が勝利宣言をした。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産ビットコインは対ドルでは1万8000ドル付近で下げ渋るも、反発は1万8500ドル付近まで。16時33分時点では1万8300ドル台で伸び悩んでいる。24時間比では約7%安の水準。時価総額第2位のイーサ(ETH)も対ドルでは1290ドル前後と24時間比では約13%安と上値が重い。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・昨日暴落した暗号資産市場は再び軟調となり、ビットコイン(BTC)は対ドルで昨日の安値圏となる1万7200ドル台まで売られた。時価総額2位のイーサ(ETH)が対ドルで1160ドル前後と24時間比で20%超の下落幅を記録。ソラナ(SOL)は17ドル割れと24時間比で40%の下落幅となっている。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、プラチナ(白金)価格が上昇している。国際指標となるニューヨーク先物は8日、一時1トロイオンス1015.8ドルと5カ月ぶり高値をつけた。直近安値の9月上旬と比較して27%高い。生産シェアの約7割を占める南アフリカで計画停電が続いており、供給懸念の高まりから買いが優勢となった。南アでは脆弱な電力インフラを背景に、計画停電が今年、定期的に続いている。白金の採掘や精製では大量の電力を消費する。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・9日のロンドン株式市場の英FTSE100指数は前日値比0.21%ほど安い水準で推移している。商品相場の下落でエネルギー株や資源株が売られ高インフレ継続による消費活動の低迷に対する警戒感も根強く食品・生活必需品小売セクターに売りが出ている。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・インドのジャイシャンカル外相は11月8日、モスクワでロシアのラブロフ外相と会談を行い、「インドはロシアとの通商関係を拡大させており、自国の利益になるためロシア産石油の輸入を継続する」と表明した。

[2022-11-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ドル円は堅調。米10年債利回りが4.17%台まで上昇したことなどを手掛かりに円売りドル買いが先行。23時30分過ぎに一時146.57円と日通し高値を更新した。ダウ平均が一時300ドル超下落するなど、米国株相場が軟調に推移したこともリスク・オフのドル買いを誘った。

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・「仮想通貨大手バイナンスによる、同業FTXの救済に成功する可能性が低い」との一部レポートが発表されると、ビットコイン(BTC)などの暗号資産は再び下げ幅を拡大し、BTCは対ドルで1万7000ドル台、対円で250万円台まで下落。

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ポドリアック・ウクライナ大統領顧問「ウクライナはロシアの声明を気にしていない。言葉と行動が異なる」「ヘルソン市には露軍はまだ残り、追加の露軍が同地域に加わっている」「ロシアがヘルソン市から撤退するということについて話すのは時期尚早」

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは軟調。対ドルでは一時1万6853ドル前後と2020年11月以来約2年ぶりの安値を更新したほか、対円では249万円台と20年12月以来の安値を付けた。なお、「米当局は仮想通貨交換業大手のFTXトレーディングと関連事業について、顧客資金や融資を巡る調査を実施する」との報道が伝わった。

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは下げ幅を拡大。対ドルでは一時1万6260ドル前後と2020年11月以来約2年ぶりの安値を更新したほか、対円では239万円台と20年12月以来の安値を付けた。仮想通貨交換業最大手バイナンスが資金繰りに行き詰まっている同業大手のFTXトレーディング救済買収を「撤回する」と伝わると、売りが膨らんだ。

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・一部報道は「FTXは最大80億ドルの流動性不足に直面」「FTXは資金引き出し要請を満たすため緊急資金提供求める」などと報じた。

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連報道官は、黒海経由のウクライナ穀物輸出合意についてロシア代表団と11日にジュネーブで協議を行うことを明らかにした。同合意は19日に期限が切れる。

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・9日の米国債券相場で長期ゾーンは続伸。表面利率2.750%の10年物国債利回りは前営業日比0.03%低い(価格は高い)4.09%で終えた。米10年債入札が低調だったことが伝わると売りが優勢となったものの、引けにかけて持ち直した。米国株相場の大幅下落を受けて、相対的に安全資産とされる米国債に買いが入った。

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは続落。15600ドル台まで値を下げてきた。2020年11月以来の安値だが、さらなる下げを警戒する声も少なくない。

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXのサム・バンクマンフリード最高経営責任者(CEO)は9日、同社が追加資金の投入を必要としており、さもなければ破産法の適用を申請せざるを得なくなるだろうと投資家らに警告した。事情を直接知る関係者1人が明らかにした。

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、10月の米消費者物価指数(CPI)が10日に発表される。上昇率はわずかに鈍化したとみられるが、前月に続いて市場予想を上回った場合、米金融当局が急激な利上げを減速させるとの期待を打ち砕く可能性がある。

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、ウクライナ軍が領土回復を一段と進めていることは「心強い」と述べた。

[2022-11-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスによる同業FTXトレーディングの部門買収が一晩で白紙となり、暗号資産市場は動揺が続く。渦中のFTXのトークンFTTは今週90%下落、ビットコインはオーバーナイトで2020年終盤以来初めて1万6000ドルを割り込んだ。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ダウ・ジョーンズが関係筋の話として、暗号資産取引所FTXはリスクのある投資に顧客資金を使用したと報じた。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・NHKは、東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟国と日本や米国、中国、ロシアも参加する東アジアサミットの議長声明の原案が明らかになったと報じている。弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮を強く非難しているほか、ウクライナ情勢では戦闘の即時停止を求める内容となっているという。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、暗号資産(仮想通貨)交換所FTXを巡る危機は、驚くほど急速に悪化している。この危機でソフトバンクグループはどの程度の損失を被るのだろうか。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・バハマ当局は、FTXデジタル・マーケッツの資産を凍結した。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、世界の暗号資産(仮想通貨)の時価総額が、10日までの2日で約32兆円消失した。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙によると、暗号資産(仮想通貨)取引所のFTXは、数十億ドル相当の顧客資産を使って、関連の投資会社アラメダ・リサーチが行うリスクの高い取引に融資し、これがFTXの経営危機を招いた。事情に詳しい関係者が明らかにした。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、ウクライナのレズニコフ国防相がインタビューに応じ、同国南部ヘルソン州の州都ヘルソンを含むドニエプル川の西岸地域から東岸地域へのロシア軍の撤退には「少なくとも1週間はかかる」との見通しを示したと報じている。同氏は「冬はウクライナ軍、露軍ともに軍事活動が低下する。双方にとって戦力回復の機会となる」とも指摘。冬を越しても戦闘が続くとの認識を示唆したという。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北京市のコロナ新規感染者、1年余りで最多

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イラン核合意の検証に当たる国際原子力機関(IAEA)は、イランが60%に濃縮した六フッ化ウランを10月22日時点で、推定62.3キロ貯蔵しているとする報告書をまとめた。9月の報告書から6.7キロ増えたという。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは小安い。早朝の18000ドル台を目先高値に右肩下がりで、17200ドル台まで値を下げている。下値不安がことさら強いわけではないが、短期的には続落を懸念する声も少なくないようだ。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、原油や鉄鉱石、銅などほぼ全ての商品が11日の取引で上昇。中国が一部の新型コロナウイルス規制を緩和したことで、世界2位の経済大国からの需要が回復するとの期待が高まった。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、ウクライナ南部のヘルソン州で、ドニエプル川の親ロシア派が支配する東岸に渡る唯一の橋、アントノフスキー橋が崩壊した。ウクライナ公共放送が11日、地元住民の話として伝えた。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・11日の英10年物国債利回りは上昇。19時10分時点では前営業日比0.050%高い3.342%前後で推移している。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・11日の欧州外為市場では、イスラエルやノルウェー、ポーランドの通貨が小反発。対ドルと対円で、やや持ち直しとなっている。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞は、米利上げ天井「5%」から下振れ、物価減速への期待先行と伝えた。10月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ったことで米金融市場は先行きの利上げ減速を織り込み、株高や円相場の上昇に弾みがついた。2023年に政策金利のピークが5%台に達するとの見方が後退したことが大きい。だが物価や賃金の減速が続くかは見通せず、米連邦準備理事会(FRB)は市場の過度な楽観を警戒する。市場参加者にとっては経済指標やFRBの反応をにらみ、利上げの終着点を探る展開が続く。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、米インフレ率の低下、まだ定着せず、FRB、物価上昇抑制への対応は道半ば、という社説記事を掲載した。

[2022-11-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは急落。「仮想通貨交換業大手FTXトレーディングは連邦破産法11条の手続きを開始した」とのニュースが流れたことがきっかけ。対ドルでは一時1万6510ドル、対円では231万円台まで下落している。

[2022-11-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・デコス・スペイン中銀総裁「9月よりもリセッションの可能性は高まっている」

[2022-11-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・「FTX、仮想通貨デリバティブの直接取引計画を撤回」などと報じた。

[2022-11-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ユーロドルは弱含み。独長期金利が低下したことが嫌気され、一時1.0288ドルと日通し安値を付けた。パネッタ欧州中央銀行(ECB)専務理事が「決定的な根拠がない前提で積極的な引き締めを行うのは見当違い」と発言したことも重しとなった模様。

[2022-11-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、インドネシア当局筋は14日、G20サミットに参加するためバリ島を訪れていたロシアのラブロフ外相が同日、病院に緊急搬送されたと共同通信に語った。間もなく回復し、ホテルに戻ったという。タス通信は、ラブロフ氏が「ホテルで明日の準備をしている」と記者に話したと報じた。

[2022-11-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、投資リスクの主役交代、物価高から企業利益に、FRBの利上げ幅が縮小されるという見通しを市場が好感する中、企業利益がより大きなリスクになりつつある、と伝えた。

[2022-11-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・今週の為替相場で注目されるのは、米国の経済指標とFRBの政策動向だ。前週は米国の10月CPI(消費者物価指数)が予想を下回り、インフレ鈍化やFRB利上げペース減速への期待が高まったことで全般的にドル安が後押しされた。米国債金利は低下となり(米債価格は上昇)、世界各国の金利も連動低下となったことで、クロス円取引でも非ドル通貨安と円高の圧力が掛かっている(全般円高)。

[2022-11-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・14日夜の日経平均先物12月物はナイト・セッションでじり高。23時54分時点では大証終値比110円高の2万8070円で取引されている。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・14日のメキシコ株式相場は弱含み。メキシコの代表的な株式指数であるボルサ指数は1時27分現在、前営業日比321.71ポイント(0.62%)安の51637.49で推移している。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説で、ロシア軍から奪還した南部ヘルソン州の州都を訪問したことを明らかにしたうえで、「これは戦争の終わりの始まりだ」と強調した。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナの国営電力会社ウクルエネルゴは、ロシア軍が先週ドニエプル川の西岸から退却した際、主要な電力施設を破壊したと発表した。そのため、「解放されたヘルソン州の大半は、6日から電気がない状態だ」と説明している。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・15日の米10年物国債利回りは時間外取引で上昇して始まった。9時21分時点では前営業日比0.0150%高い3.8686%前後で推移している。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・世界の総人口が、国連の推計で80億人に達した。2010年8月から10億人増えた。今後も増え続け、30年には85億人になる見通し。ただ、増えている国はアフリカやアジアなど一部地域への偏りが顕著で、日本のように少子高齢化などの課題を抱える国も多い。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ情勢をめぐり、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、「ロシアを過小評価するべきではない」と警告し、ウクライナへの支援を続ける考えを示した。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説で、G20首脳会議(サミット)に合わせて米中が核兵器使用の脅迫は許容できないという点に言及したことを歓迎した。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは堅調。対ドルでは一時1万6900ドル台、対円では237万円台まで戻すなど、欧州参入後も堅調地合いを維持している。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、国際エネルギー機関(IEA)は15日に公表した11月の石油市場リポートで、2023年の世界の石油需要は前年比1.6%増と、22年の2.2%増から鈍化するとの見通しを出した。欧米を中心とする金融引き締めの加速が世界的な景気減速を招き、石油消費量が伸び悩むと予測する。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・時事通信によると、インドネシアのバリ島で15日に開幕した20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で、通常は会議冒頭に撮影される参加首脳の集合写真が見送られる異例の事態となった。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ドル円は売り再開。一時は139.72円付近まで持ち直したものの、時間外の米10年債利回りが3.81%台まで低下すると反落し、一時139.10円と本日安値を付けた。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、上場企業の2022年9月中間決算の純利益合計額が21兆円を超え、中間期ベースで過去最高水準となる見通しとなったことが15日、分かった。新型コロナウイルス禍で苦境に陥った鉄道や空運の復調を背景に、非製造業の伸びがけん引するなど業績上方修正が目立った。ただ円安進行に伴うコスト上昇が響き、製造業の営業利益は前年同期から1.1%減だった。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、インドネシアのバリ島で開幕したG20サミットにオンラインで参加した。ロシアのウクライナ侵攻を非難し、ロシア軍の撤退などを求めている。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際エネルギー機関(IEA)は公表した11月の石油市場リポートで、2023年の世界の石油需要は前年比1.6%増と、22年の2.2%増から鈍化するとの見通しを出した。欧米を中心とする金融引き締めの加速が世界的な景気減速を招き、石油消費量が伸び悩むと予測する。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際エネルギー機関(IEA)は、EUによるロシア産原油・石油製品禁輸およびG7のロシア産石油販売価格の上限設定は、すでに価格高騰と深刻な経済問題に直面している石油市場に前例のない不確実性をもたらすと指摘した。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信は、インドネシアのバリ島で15日開幕したG20サミットは首脳宣言の取りまとめへ大詰めの調整を続けたと報じている。共同通信が入手した首脳宣言の最終案は参加国の大半がウクライナの戦争を強く非難したと明記する一方、ロシア制裁などに関して異論が出たことも併記しているという。

[2022-11-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは小じっかり。緩やかな右肩上がりで17000ドルを回復する展開となっている。ただ、その上値は重そうで、そろそろ上げ渋りそうとの指摘も聞かれていた。

[2022-11-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ダウ下落に転じる、100ドル安、露ミサイルでポーランドのウクライナ国境付近で少なくとも2名死亡との報が影響か

[2022-11-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ポーランドズロチは大幅に下落。「ロシアからのミサイルがNATO加盟国であるポーランドに落ち、少なくとも2人が死亡した」との報道が伝わると、ズロチを売る動きが広がった。対ドルでは一時4.6087ズロチ、対ユーロでは4.7487ズロチまで値を下げた。

[2022-11-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)加盟国であるリトアニアのナウセーダ大統領は、ウクライナとの国境に近いポーランド東部プシェボドゥフで爆発が報告されたことを受け、「NATOの領土の隅々まで」の防衛が必要と述べた。

[2022-11-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・15日の米国債券相場で長期ゾーンは反発。表面利率4.125%の10年物国債利回りは前営業日比0.08%低い(価格は高い)3.77%で終えた。10月米卸売物価指数(PPI)が予想を下回ったことで、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを減速するとの見方が強まり債券買いが先行。「ロシアのミサイルがポーランドに着弾した」と伝わったことも債券買いを促した。

[2022-11-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ドゥダ・ポーランド大統領「着弾したロケット弾を誰が発射したか決定的な証拠ない」「16日のNATO会合で北大西洋条約第4条を発動する可能性極めて高い」

[2022-11-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、「資金の逃避先なし」、 6対4投資戦略が崩壊、これまで損失穴埋めに役立ってきた株式と債券の組み合わせ、と伝えた。

[2022-11-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ポーランドへのミサイル着弾を受け、G20首脳会議出席のためインドネシア・バリ島を訪問中のG7と北大西洋条約機構(NATO)加盟国の首脳らは緊急会合を開催。対応を協議している。

[2022-11-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・テレビ朝日系ANNニュースによると、ポーランドに着弾したミサイルについてポーランドのジャーナリストは、関係者の情報として、ウクライナが迎撃したミサイルの残骸が落下した可能性が高いと報じている。

[2022-11-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、ウクライナ大統領府のポドリャク顧問は16日、同国へのロシア侵攻開始後のいかなる「ミサイルに関する事案」もロシアが責めを負うべきだと述べた。

[2022-11-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ドゥダ・ポーランド大統領「自国領土に着弾したミサイルが意図的な攻撃によるものであることを示す兆候はほとんどない」

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・16日の欧州国債相場は上昇(利回りは低下)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間17日3時時点の水準で、前営業日終値比0.112%低い(価格は高い)1.996%だった。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ国家安全保障・国防会議のダニロフ書記は、ポーランド東部で発生した爆発をめぐり、ウクライナは「ロシアの痕跡」を示す証拠を持っていると述べた。ポーランド政府と北大西洋条約機構(NATO)はウクライナの迎撃ミサイルが原因としている。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・16日の米国債券相場で長期ゾーンは続伸。表面利率4.125%の10年物国債利回りは前営業日比0.08%低い(価格は高い)3.69%で終えた。10月米小売売上高が予想を上回ったことが伝わると売りが先行したものの、10月米鉱工業生産が予想を下回ったことが分かると買い戻しが優勢に。11月NAHB住宅市場指数が予想より弱い内容となったことも相場の支援材料となった。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナメディアは、同国のゼレンスキー大統領が、ポーランド東部に着弾し死者2人を出したミサイルについて「ウクライナのものではないことに疑いの余地はない」と述べたと報じている。その理由として、「軍からそうした報告を受けている。彼らを信頼せざるを得ない」と続けたという。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、ポーランドに着弾したミサイルについて、ウクライナの迎撃ミサイルの公算が大きいという認識を示した。同時に、最終的な責任は戦争を始めたロシア側にあると強調している。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説で、首都キーウを訪問中の米中央情報局(CIA)のバーンズ長官と15日に会談したと発表した。「ウクライナにとって重要なすべての問題について話した」とし、ロシアの核兵器の脅威についても議論したと明らかにしている。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)の定例理事会が始まった。グロッシ事務局長は冒頭、ロシアが占拠する欧州最大のウクライナ南部ザポロジエ原発をめぐり、周辺の攻撃や施設職員のストレスの多い労働環境に懸念を示し、原発周辺に安全管理区域を設ける必要性を訴えている。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連総会(193ヵ国)の第3委員会(人権)は、EUが提出した北朝鮮の人権侵害を非難する決議案を議場の総意によって無投票で採択した。同様の決議採択は18年連続。「北朝鮮は国民の生活向上よりも核・ミサイル開発に国力を投じている」と批判している。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・サウジアラビア国営のアルアラビアテレビは、石油輸出国機構(OPEC)のアルガイス事務局長が、石油市場のために介入する用意があると述べたと報じている。また、OPECは世界の経済情勢を認識し、警戒し、監視していると語ったという。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮外相が、米国と同盟国による合同演習に対する北朝鮮の軍事的対応はより「激しさ」を増すだろうと表明したと報じている。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連安保理は、情勢をめぐる公開会合を開いた。ポーランド東部で15日にミサイルが着弾して市民2人が死亡した問題について、同国のシュチェルスキ国連大使は「ロシアに責任がある」と非難した。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ベラルーシは、ウクライナから飛来した無人偵察機を撃墜したと明らかにした。撃墜した無人機は「ビデオカメラを搭載」しており、国境の警備態勢を撮影するために使用されていたとしている。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・18日の衆院・財政金融委員会で日銀が半期報告をすると一部通信社が国会筋の話として伝えた。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブケレ・エルサルバドル大統領「明日から毎日ビットコインを購入する」

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ポンドは弱含み。英財務省が中期財政計画を発表し、来年のGDP見通しを従来の+1.8%から-1.4%に下方修正したことを受けて対ドルで1.1802ドルまで下落し、対円でも165.34円まで下落した。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米百貨店メーシーズは17日、8-10月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.52ドルとなった。事前予想は1株当たり0.19ドルの利益。

[2022-11-17][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・17日の欧州株式市場のフランスCAC40は下落して軟調推移、欧州主要600社の株価指数「ストックス600」は前日比0.45%安で軟調裡に推移している。

[2022-11-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、国境に近いポーランドの村にミサイルが着弾し2人が死亡したことについて、「わたしには何が起こったのか分からない。我々には、確実には分かっていない。世界は分かっていない。しかし、ロシア製のミサイルだったことは確信しており、我々の防空システムから発射があったことは確信している」と述べた。

[2022-11-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・11月19日の期限切れが迫っていた黒海経由のウクライナ穀物輸出合意は、120日間の延長が決まった。ただ、ロシア側は要求がまだ完全に対応されていないと主張している。

[2022-11-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・17日の米国債券相場で長期ゾーンは3営業日ぶりに反落。表面利率4.125%の10年物国債利回りは前営業日比0.07%高い(価格は安い)3.76%で終えた。ブラード米セントルイス連銀総裁が金融引き締めに積極的な「タカ派」姿勢を示したことで、このところ強まっていた利上げペースの減速観測が後退し債券売りが広がった。

[2022-11-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)は理事会で、核活動をめぐるIAEAの調査に十分協力していないとしてイランを非難する決議を賛成多数で採択した。理事会でのイラン非難決議は6月以来、5ヵ月ぶり。

[2022-11-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)の理事会(35ヵ国)は、イランで未申告の施設からウラン粒子が検知された問題に関し、イランに対して「技術的に信用できる説明」を求める決議を採択した。イラン核合意修復に向けた米国とイランの間接協議の行方は不透明で、決議を受けてイランがさらに態度を硬化させる可能性がある。

[2022-11-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連総会は、安全保障理事会の在り方を討議する全体会合を開催した。コロシ総会議長は国際社会の課題に対して「安保理は責務を十分に果たせていない」と指摘し、加盟国からも理事国の拡大や拒否権の制限といった改革を求める声が相次いだ。

[2022-11-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・三村国際局長「引き続き為替市場の動向を緊張感もって注視し、必要な場合には適切に対応する」

[2022-11-18][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは強保ち合い。足もとは16700ドル挟みでの推移となっている。ただ、17000ドル前後が目先の抵抗で、超えられないと再び下値を試す可能性も否定できない。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説で、ロシアとの「停戦協定」案は事態を悪化させるだけだと一蹴した。「ロシアは今、力を取り戻すための休息として停戦を求めている」として「このような休息は事態を悪化させるだけだ」との認識を示している。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのシュミハリ首相は、ロシアのミサイル攻撃によりウクライナのエネルギー施設の約半分が停止したと明らかにした。民間の重要インフラに対する攻撃が続いており「市民から電気や水、暖房や通信手段を奪っている」と批判している。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)は、19日夜と20日朝にウクライナ南東部のザポロジエ原発電所で大きな爆発があったと明らかにした。放射能漏れは観測されていないが、原子力災害への懸念が強まっている。そうしたなか、グロッシ事務局長は声明で「誰が背後にいるにせよ、いますぐ止めなければいけない」と述べ、原子力災害につながりかねない武力行使を「危険な火遊びだ」と非難した。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米紙ワシントン・ポストは、イランで開発された無人機(ドローン)をロシア国内で生産することで両国が合意した、と報じている。今月上旬にイランで開かれた会合で秘密裏に合意をまとめ、数ヵ月以内に数百機の生産を開始できるよう主要部品などの移送に向けて動いているという。ロシアはウクライナへの攻撃でイラン製無人機を多用している。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは弱含み。週末には一時16800ドル台まで値を上げたものの、そこから反落し足もとは16400ドル台で推移している。ただ、下値不安がことさら高いわけではなく、16000ドル前後では取り敢えず下げ止まりそうとの声も聞かれていた。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・エジプトで開催中の国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)は気候変動にともなって発生した被害支援に特化した基金を設立することを盛り込んだ決定文書案を採択した。同条約の会議で被害への資金支援に合意するのは初めて。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮が18日に新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を実施したと報じている。また、金朝鮮労働党総書記が、娘と妻を連れて実験場を視察し、米国の核の脅威には核兵器で対抗すると言明したという。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北朝鮮による18日の弾道ミサイル発射を受け、日米韓とカナダ、豪州、ニュージーランドの6ヵ国は、首脳級による緊急会合をタイの首都バンコクで開いた。6ヵ国は弾道ミサイル発射について「もっとも強い言葉で非難し、断じて容認できない」との認識で一致している。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連のグテレス事務総長は、北朝鮮による大陸間弾道ミサイルの発射実験を強く非難し、北朝鮮に対し、いかなる挑発行為も直ちに行わないよう呼びかけた。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、新型コロナウイルスの感染者増加が続く中国で20日、約半年ぶりにコロナ感染症による死者が報告された。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北朝鮮が18日に新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を実施したことを受け、国連安全保障理事会は21日に会合を開催し、北朝鮮について協議する。これに先立ち、米政権高官は北朝鮮の最新のミサイル実験は「より長い射程のミサイルで、多くの国々への攻撃が可能」と指摘。国連安保理は会合を開き協議すべきだと述べていた。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は、北朝鮮が18日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の発射実験に成功し、「名実ともに核強国、最強の大陸間弾道ミサイル保有国」になったと宣言した。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の崔外相が談話を発表し、グテレス国連事務総長が北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を「挑発」と呼んだとして批判したうえで「北朝鮮は明白な対応の方向を持って、米国と国連安全保障理事会の動きを見守っている」と警告したと報じている。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・マレーシアリンギットは小安く始まっている。週末に行われたマレーシアの総選挙では、どの政党も過半数を獲得できない同国初のハングパーラメントとなったことを嫌気し、リンギット売りから始まった。9時22分時点で対ドルでは4.5688リンギット前後で推移している。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは続落。16200ドル割れまで下押しが入る展開となっている。予断を許さないものの、依然として16000ドル前後では取り敢えず下げ止まりそうとの声は少なくないようだ。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・フィリピン軍は、南シナ海の南沙諸島のうちフィリピンが実効支配するパグアサ島近くの海上で、浮遊物を回収して持ち帰ろうとしたフィリピン軍のボートを中国海警局の船が妨害し、浮遊物を強奪したと発表した。この浮遊物は中国が打ち上げたロケットの残骸だとの情報が報じられている。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・21日東京外為市場のアジア通貨は、中国の新型コロナウイルス感染拡大への警戒感から中国人民元やアジア株価下落に歩調をあわせ他のアジア通貨にも売りが優勢となり政治の先行き不透明感からマレーシア・リンギが下落幅を拡大する等アジア通貨は総じて軟調裡に推移している。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・大和証券では、円安一服を背景に、売り越しが続いていた外国人が、買いに転じる可能性があることを指摘している。MSCI JapanのAll Country Worldに占める時価総額ウエートは、円安ドル高の影響が響いて足元で5%程度に低下。このため、日本は世界比較で景気先行指数が強めだが、日本株は売り越されてきたとのこと。大和では、12月になるかもしれないとしながらも、日経平均は先物主導で上昇する相場を想定。この場合には、年末にかけて日経平均が3万円を目指す可能性があるとみており、値がさ株や大型株が一気に上昇するので、ファンダメンタルズを重視する投資家にはリスクになるとコメントしている。一方で、来年になると1~3月に相場が軟調になるアノマリーがあると指摘している。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・週明けの暗号資産ビットコイン(BTC)は売りが先行し、一時1万5900ドル前後まで下値を広げた。ただ一巡後は下げ渋り、15時10分現在では1BTCが1万6200ドル前後、24時間比では2.8%安で推移。イーサ(ETH)はより軟調推移となり、対ドルで一時1110ドル前後まで売られた。現在は24時間比では6.9%安となる1ETH=1133ドル付近での値動き。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、中央銀行が金(ゴールド)の保有を増やしている。国際調査機関によれば、2022年の金購入量は1960年代以降の最高ペースだ。どの中銀が買ったのか不明の購入量も異例の水準まで膨らんでおり、市場では臆測が飛び交っている。金融制裁を受けたロシアを他山の石に、中国などが「脱ドル」の動きを加速させた影響とみる声も出ている。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・時事通信によると、インドネシアで21日午後(日本時間同)、マグニチュード(M)5.6の地震があり、国家災害対策庁は、46人が死亡、約700人が負傷したと発表した。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、中央銀行が金(ゴールド)の保有を増やしている。国際調査機関によれば、2022年の金購入量は1960年代以降の最高ペースだ。どの中銀が買ったのか不明の購入量も異例の水準まで膨らんでおり、市場では臆測が飛び交っている。金融制裁を受けたロシアを他山の石に、中国などが「脱ドル」の動きを加速させた影響とみる声も出ている。

[2022-11-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、トルコ南部ガジアンテプ県の住宅街に21日、隣国シリア北部からロケット弾が撃ち込まれ、政府高官によると、子どもを含む3人が死亡した。トルコがテロ組織と見なすクルド人勢力が発射したとみられ、ソイル内相は反撃する考えを示した。トルコ軍が大規模な空爆を実施したばかりで、応酬の激化が懸念される。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・サウジ高官「追加減産の可能性示唆、増産否定後」

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産企業ジェネシス、新規資金調達なしでは破綻の可能性と警告。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、2023年7月にビリニュスで開催される次回のNATO首脳会議で、NATO加盟国の国防費の目標を現在のGDP比2%から引き上げる可能性があると述べた。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、西側諸国がロシア産エネルギー供給への依存を低減するなか、中国に対する新たな依存を生み出さないようけん制した。「重要なインフラやサプライチェーン、主要産業部門を支配しようとする中国の動きが活発化している」と警鐘を鳴らしている。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)は、週末のあいだに砲撃があったウクライナ南部のザポロジエ原子力発電所をIAEAの専門家が視察し、同原発は広範な被害を受けたものの、原子力安全に関する差し迫った懸念はないとの見解を示したと明らかにした。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ演説で、ロシアが占拠しているウクライナ南部ザポロジエ原発で20日までに砲撃とみられる複数回の爆発があったことを受け、北大西洋条約機構(NATO)加盟国に対し、ロシアの破壊工作からザポロジエ原発を保護することを保証するよう求めた。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連の安全保障理事会は、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射への対応を協議する緊急会合を開いた。安保理が北朝鮮についての会合を開いたのは2022年で10回目となったが、今回も一致した結論を出せずに終わった。米国は近く議長声明を提案し、採択を試みると発表した。声明採択には安保理理事国の全会一致が必要となる。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国営通信SPAは、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相が、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が10月に合意した減産決定を維持し、増産の可能性をめぐり協議しているという米紙WSJの報道を否定したと報じている。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・南米ウルグアイの国内メディアは、ラカジェポー大統領が12月1日にTPP加盟に向けた申請書類を提出すると議会の各政党党首らに伝えた、と報じている。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、資産価格が持続的に上昇する要件は米金融当局の利下げ開始だが、それは近々実現しそうにないと、マルコ・コラノビッチ氏らJPモルガン・チェースのストラテジストが指摘した。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は戻りが鈍く、対ドルでは1万5700ドル前後で推移している。早朝に一部取引所で1万5500ドルを割り込み、年初来の安値を更新した。BTC円が223万円台での値動き。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、米天然ガス先物が上昇している。前週以降、米国に寒波が到来。気温の低下とともに暖房需要が増えて発電用のガス消費量が増加するとの見方が強まった。米国で鉄道のストライキへの警戒が再燃していることも、天然ガスの需要増加の思惑を高め、需給の引き締まり感につながったようだ。指標となるニューヨーク市場のヘンリーハブ先物は21日、期近の12月物が一時100万BTU(英国熱量単位)あたり6.8ドル台に上昇した。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国営イラン通信は、イランが中部フォルドゥの地下核施設で濃縮度60%の高濃縮ウラン製造を開始したと報じている。イランはすでに中部ナタンズの施設で同濃度のウラン製造を始めており、核合意からの逸脱をさらに進めた形だ。

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・サウジアラビア財務省報道官「サウジとトルコは、トルコ中銀に50億ドルの預金をすることについて最終的な話し合いを行っている」

[2022-11-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・フィリピンのマルコス大統領は、南シナ海に落下したロケットの残骸を中国当局が比軍から強奪したとされる問題で、なぜ中国側が「より穏便な」報告をしたのか、中国側に説明を求める方針を明らかにした。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・22日のメキシコ株式相場は堅調。メキシコの代表的な株式指数であるボルサ指数は0時32分現在、前営業日比714.78ポイント(1.39%)高の52284.50で推移している。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・22日の米国債券相場で長期ゾーンは続伸。表面利率4.125%の10年物国債利回りは前営業日比0.06%低い(価格は高い)3.76%で終えた。明日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(11月1-2日分)や24日の感謝祭の祝日を控えて、ポジション調整目的の買いが優勢となった。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信は、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は、イランが中部ナタンズの施設に加え、中部フォルドゥの施設でも濃縮度60%のウラン製造を始めたと加盟国に報告した。核兵器級の90%に近づく重大なイラン核合意違反に当たる。関係筋が明らかにした。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、国際原子力機関(IAEA)は22日、イランが中部フォルドゥの核施設でウランを60%まで濃縮する作業を開始し、ウラン濃縮能力の大幅拡大を計画していると明らかにした。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアは電力施設などのエネルギーインフラを攻撃することで冬の寒さを「大量破壊兵器」として利用しようとしていると述べた。そのうえで、発電機や医療品の提供、地雷除去作業への支援を要請している。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、地熱発電普及の鍵 「深部地熱」開発に投資マネー、地中の深い場所にある地球エネルギー、新しい技術が利用を可能に、と伝えた。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・エストニアのカリス大統領は、ウクライナが得られる唯一の安全保障は北大西洋条約機構(NATO)加盟であり、時間はかかるがいつかは実現するとの見方を示した。同時に、ロシアによる核のエスカレーションにNATOが核を持って対応することはないとの考えを示している。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、暗号資産(仮想通貨)大手交換所FTXトレーディングの破綻を巡る審理が22日、米東部デラウェア州の裁判所で開かれ、同社側の弁護団が不正なアクセスによって資産が流出していると報告した。複数の米メディアが報じた。債権者への資産の返還に影響が出る可能性がある。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・23日の米2年物国債利回りは時間外取引で上昇して始まった。16時15分時点では前営業日比0.0310%高い4.5454%前後で推移している。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは底堅い。対ドルでは1万6400ドル台、対円では232万円台で推移している。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・NHKニュースによると、ウクライナ各地でエネルギーのインフラ施設がロシア軍の攻撃によって被害を受ける中、ウクライナ国営の電力会社は23日も全土で計画停電を実施すると発表した。ウクライナ政府は、本格的な冬が到来すれば緊急停電が発生するおそれもあると危機感を募らせている。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグは23日「ウクライナ首都キーウで爆発音」などと報じた。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・23日の独DAX指数は21:12現在、前日比0.19%安の1万4394.98前後で推移している。

[2022-11-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・23日の米10年物国債利回りは上昇幅を縮小。22時38分時点では前営業日比0.0166%高い3.7725%前後で推移している。前週分の米新規失業保険申請件数が予想より弱い結果となったことを受け、債券買いで反応した。なお、同時に発表された10月米耐久財受注額は予想を上回った。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)は、東欧の加盟国であるルーマニアでミサイル防衛システムを試験するための軍事演習を行った。NATO報道官は「ロシアによるウクライナに対する戦争に対応し、NATO東部での抑止力と防衛力の強化を続けている」とし、「今回のような演習は、NATO軍が協力して活動し、あらゆる方面からの脅威に対応する準備が整っていることを確認するものだ」と述べている。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナとモルドバは、ロシアの国営ガス大手・ガスプロムがウクライナ経由のモルドバ向けの天然ガス供給を削減すると警告したことについて、ロシアによるエネルギーを利用した「脅迫」として非難した。モルドバはウクライナと国境を接しており、天然ガス輸入をガスプロムに完全に依存している。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)は、ウクライナ南部のザポロジエ原子力発電所の外部電源が再び失われ、非常用ディーゼル発電機が作動したと明らかにした。IAEAは21日、週末の間に砲撃があったザポロジエ原発について、広範な被害を受けたものの、原子力安全に関する差し迫った懸念はないとの見解を示していたばかり。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシア軍による発電施設に対する攻撃について討議するため、国連安全保障理事会の緊急会合の開催を要請すると表明した。「民間人の殺害と民間インフラの破壊はテロ行為だ。ウクライナはこうした犯罪に対し断固として対応するよう、世界に要求し続ける」と述べている。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナの電力会社ウクルエネルゴは、ロシアによる首都キーウを含む各地へのミサイル攻撃で電力インフラが損傷したとして、全土で緊急停電に入ったと発表した。復旧のため必要な措置だとしている。一方、キーウのクリチコ市長は、市全域が断水したと発表。市によると3人が死亡、6人が負傷したという。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・NHKは、ウクライナのクレバ外相がインタビューに応じ、「ミサイル攻撃を続けるロシアに交渉の用意がないのは明らかだ」と述べ、ロシアと停戦交渉が再開できるような状況ではないと強調したと報じている。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、国営の中国中央テレビ(CCTV)が報じたところによれば、国務院は合理的に潤沢な流動性を維持するために「時宜を得た、適切な形で」政策手段を講じる考えを示した。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ軍は、ロシア軍がウクライナに向けて70発のミサイルを発射し、「重要インフラ施設に対する大規模な攻撃」を行ったとSNSで発表した。ロシア軍の新たな攻撃によりキーウ州で少なくとも7人が死亡、36人が負傷したという。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の金与正党副部長が、相次ぐミサイル発射を受けて韓国が追加制裁を模索していることを非難し、実行に踏み切れば北朝鮮の「敵意と怒り」を増幅させると警告したと報じている。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、欧米時間帯23日の短期金融市場で、ドル建てロンドン銀行間取引金利(LIBOR)3カ月物が2008年の金融危機以来の高水準を記録した。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは底堅い。一時16600ドル台まで上昇し、足もとも16500ドル台で推移している。上値も重そうだが、下値も堅そうだ。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは急伸。16800ドル近くまで一気に値を上げてきた。ただ、上値は重そうで17000ドル台は近くて意外に遠そうといった声も聞かれている。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・マレーシアリンギットは堅調。対ドルでは一時4.5072リンギットを付け、その後も高値圏を維持している。アブドラ国王がアンワル元副首相を次期首相に任命することに同意したことも好感されている模様。アンワル氏が率いる希望連盟は下院選で最大の82議席を獲得したうえ、73議席を得た国民同盟との大連立政権を樹立すると見られており、期待感からマレーシア株も3%超の大幅高となっている。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、証券監督者国際機構(IOSCO)のジャン・ポール・セルベ議長はロイターとのインタビューで、暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの破綻を受けて、緊急に暗号資産業界を規制する必要があると述べた。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・24日の独10年物連邦債利回りは低下。19時20分時点では前営業日比0.105%低い1.825%前後で推移している。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、原油相場が下落している。主要7カ国(G7)が導入するロシア産原油の価格上限制度を巡り、上限設定を「1バレル65~70ドル」とすることを検討していると伝わったためだ。検討中の上限価格が足元のロシア産原油の相場とほぼ同水準だったことから、市場ではロシア産の供給減少懸念が後退した。

[2022-11-24][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・トルコリラは対ドルで18.63リラ前後、対円では7.42円付近で上値が重いまま。トルコ中銀は先ほど、主要政策金利を10.50%から9.00%に引き下げることを発表した。利下げ幅は市場の予想通り。中銀は声明で「8月に開始した利下げサイクルを終了することを決定」と述べている。発表当初リラ買いに反応する場面はあったが、インフレ高騰にもかかわらず緩和を進めてきたこともあり、一巡後は再びリラ売りが優勢となった。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・24日のブラジル株式相場は堅調。ブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は0時24分現在、前営業日比3153.33ポイント(2.90%)高の111994.48で取引されている。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・CME225先物は、感謝祭の祝日によるシカゴ商品取引所(CME)の休場を受け、配信を休止。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、ウクライナのゼレンスキー大統領がインタビューで、ロシア軍に占領されたすべての領土を取り戻すというウクライナの決意は、エネルギーインフラを破壊するロシアの戦略で揺らぐことはないと述べ、ロシア軍が完全に撤退しない限り、この戦争の永続的な解決はないとの考えを改めて示したと報じている。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連人権理事会(47理事国)は、イランの人権状況について特別会合を開き、イスラム教徒の女性の髪を隠すスカーフのかぶり方が不適切だとして拘束された女性が死亡したことへの抗議デモへの弾圧など、イランでの人権侵害をめぐる調査団の設置を盛り込んだ決議を採択した。日本や欧米諸国など25ヵ国が賛成した反面、中国やパキスタン、ベネズエラ、キューバなど6ヵ国が反対。残り16ヵ国は棄権した。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、米エネルギー情報局(EIA)は23日、戦略石油備蓄(SPR)が前週に160万バレル減の3億9050万バレルとなり、1984年3月以降で最低水準になったと発表した。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・25日の香港市場は買いが先行か。中国政府が金融政策を通じた実体経済への支援を拡大するとの期待が相場を支えそうだ。中国の国務院(内閣に相当)は23日の常務会議で、民営企業による社債発行の支援に一段と力を入れ、預金準備率引き下げなどの金融政策ツールを適宜運用すると決めた。香港市場では、預金準備率に続いて事実上の政策金利である最優遇貸出金利(LPR、ローンプライムレート)も下げられるとの観測が浮上している。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのマルチェンコ財務相は、ロシアによる過去数日の攻撃激化を受けて復興費の上振れが見込まれており、欧米のさらなる支援が必要だと述べた。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは小安い。16400ドル台までやや小緩む展開となっている。それほど下値リスクが高いわけではないが、16000ドルしっかり下回ると要注意だ。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・25日後場の日経平均株価は前日比109円安の2万8273円で推移している。香港上場ハイテク関連「ハンセンテック指数」が2%超下げる等中国の新型コロナウイルス感染拡大を嫌気してファナックや資生堂にキーエンスなど中国関連銘柄が安く相場の重荷となっている。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染者が2日連続で最多記録を更新した中国では25日、封鎖地区が増加し、社会活動が停滞した。一方で上海ディズニーランドは営業を再開。コロナ禍で辛抱を強いられていた人々が来園した。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・25日の米10年物国債利回りは時間外取引で低下幅を縮小。17時52分時点では前営業日比0.0133%低い3.6794%前後で推移している。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・25日の欧州外為市場でクロス円取引は、ポーランドやイスラエルの通貨が対円で上昇から上げ渋り。再上昇と、上値の重さが意識され始めたあとの反動調整的な反落をにらんだ展開となっている。

[2022-11-25][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・25日の欧州外為市場では、ポーランドやイスラエルの通貨が対ドルで再下落。クロス円取引での対円でも、反落の流れとなっている。

[2022-11-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、25日の欧州株式市場では、スイスの銀行クレディ・スイス・グループの株価が続落し、過去最安値を更新した。顧客資金の大規模な流出を同行が今週発表したほか、重要な成長市場であるアジアでは顧客が競合に流れているとブルームバーグが24日に報じた。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)は、ポーランド北部に位置し、ベラルーシとロシアの飛び地カリーニングラードに挟まれた「スバルキ・ギャップ」での軍事訓練に参加した。スバルキ・ギャップは、ロシアに占領された場合、バルト諸国が他のNATO加盟国から孤立することになるため、戦略的要衝として位置付けられている。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、ポーランド政府が違約金を払うことなくロシア産原油を購入する契約を破棄できるように、ロシア産原油を欧州へ運ぶ「ドルジバ・パイプライン」のうちポーランドとドイツを結ぶ区間をEUの制裁措置を適用するようにドイツの支援を求めていることが分かったと報じている。協議に詳しい2人の関係者が語ったという。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナの首都キーウを訪問した英国のクレバリー外相は、ゼレンスキー大統領と会談し、救急車の供与やロシア兵による性暴力の被害者支援など新たな支援策を発表した。学校や防空壕などのインフラ再建に30万ポンドを提供するほか、「ロシア軍による性暴力の被害者」を支援するため資金提供を行うと表明したという。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)は、ロシアの重要インフラへの空爆を受けて外部電源から遮断されていたウクライナ国内の4つの原子力発電所が電力網に再接続されたと発表した。IAEAはウクライナから25日にリブネ、南ウクライナ、フメリニツキー原発を再接続したとの通知を受け取ったという。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・AFP通信は、ウクライナの大統領府顧問ポドリャク氏がインタビューで、ウクライナ軍が反撃に成功しているいま、ロシアとの交渉を迫る西側諸国の説得は「理解し難い」とし、降伏を求めているに等しいと批判したと報じている。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国営テレビは、ウクライナの国営原子力企業「エネルゴアトム」のコティン総裁が、ロシア軍が占拠を続ける南部ザポロジエ原発から同軍関係者らが撤収する可能性があるとの見方を示したと報じている。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ政府は、食料安全保障に関する国際会議をキーウで開いた。ゼレンスキー大統領は、侵略を続けるロシアが「食料危機を引き起こした」と非難している。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、アジア時間週明け28日早朝の外国為替市場でオーストラリア・ドルなど資源国通貨が下落し、米ドルが主要国通貨に対して上昇。中国で新型コロナウイルスを徹底的に抑えこむ「ゼロコロナ」政策に対する抗議行動が広がり、世界の市場のリスクセンチメントに影を落としている。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・バチカン(ローマ教皇庁)は、カトリック教会司教の任命権をめぐって2018年に結んだ暫定合意を中国が破ったとして、「驚きと遺憾の意」を示す異例の声明を発表した。中国の教会は、バチカンに忠誠を誓う地下教会と中国政府公認の教会に分裂している。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾の蔡総統は、26日に投開票された統一地方選で惨敗したことを受け、与党・民進党の主席(党首)を辞任すると表明した。総統職にはとどまる。今後、同党の主席選が実施される見通しだ。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、中国の習国家主席が、北朝鮮の金朝鮮労働党総書記に対する書簡で、地域と世界の平和、安定、繁栄のために中国が北朝鮮と協力する意思があると強調したと報じている。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の金朝鮮労働党総書記が、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の試射を受け、「我々の核武力建設の偉業の最終的な目標は、世界最強の戦略的な力、過去に例のない絶対的な力を握ることだ」と主張したと報じている。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北朝鮮の宣伝サイト「朝鮮の今日」は、発足から半年を過ぎた韓国の尹政権を非難する内容の書籍が出版されたことを公表した。「破滅へ向かう疾走」と題し、66ページにわたり尹政権の対北朝鮮政策や内政を罵倒している。書籍は、尹氏が北朝鮮を「主敵」と呼んだことを挙げ、尹氏こそ「民族の主敵」だと指摘。「尹政権は民族団結の相手ではなく、徹底して壊滅しなければならない敵だ」と宣言した。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグは、免疫不全の患者から採取した新型コロナウイルスのサンプルを使った南アフリカの研究で、ウイルスは変異にともなって病原性を高めることが分かったと報じている。新たな変異株が出現した場合、現在流行しているオミクロン株よりも症状が悪化する可能性があることが示唆されたという。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは急落。16600ドルレベルから16400ドル台前半まで200ドル近くも一気に値を下げてきた。16300ドル後半は短期のサポートで、テクニカルにはその攻防にまずは注目だ。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアが新たなミサイル攻撃を仕掛けてくるのは間違いないとし、軍と市民が協力して準備する必要があると訴えた。そのうえで、電力インフラへの攻撃によって2月の軍事侵攻開始以降でもっとも深刻な停電に見舞われた先週と同様に、今週も困難な1週間になる可能性があると指摘している。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イラク国営通信は、イラク石油販売公社(SOMO)高官のモフセン氏が、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」の12月の会合では、市場の状態とバランスを考慮することになるだろうとの見解を示したと報じている。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・28日東京外為市場のアジア通貨は、中国の主要都市で新型コロナウイルス規制への抗議活動が激化していると伝わり中国人民元相場が弱含んだのと歩調をあわせてリスク回避の売りが先行しアジア通貨は総じて軟調裡に推移している。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産ビットコイン(BTC)は下げ渋り。15時55分時点で対ドルでは1万6200ドル前後で推移している。リスク回避ムードが広がるなか、朝方の1万6500ドル台から1万6000ドル手前まで売りが先行。ただ大台手前では下げが一服している。BTC円が231万円台から一時223万円台まで下げ幅を広げ、225万付近での値動き。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、28日の香港株式相場は続落した。ハンセン指数の終値は前週末比275.64ポイント(1.56%)安の1万7297.94だった。約2週間ぶりの安値。中国本土で新型コロナウイルス感染が拡大し、北京や上海など主要都市では厳しい防疫措置に対する抗議活動も広がり、嫌気する売りが出た。一時は4%超下げ、節目の1万7000を下回った。

[2022-11-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・カジミール・スロバキア中銀総裁「インフレ抑制の必要性から利上げは継続される」「ユーロ圏の景気後退リスクは高まっている」「不利な経済状況にもかかわらず利上げを継続する」

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)外相会合を前に、バルト3国のほか、NATOに加盟申請しているスウェーデンやフィンランドなど7ヵ国外相が、ウクライナの首都キーウを訪問した。キーウを訪問したのはバルト3国と北欧2ヵ国に加え、アイスランドとノルウェーの外相。NATOは29-30日にブカレストで外相会合を開く。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・化学兵器禁止機関(OPCW)のアリアス事務局長は定例会議で、ウクライナ情勢を踏まえ「化学兵器をはじめ大量破壊兵器による現実的な脅威が再び強まった」と警告した。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナの送電網運営会社ウクレネルゴは声明で、ロシアのミサイル攻撃で被害を受けたエネルギーインフラの修復が進まず、全国での定期的な緊急停電を余儀なくされたと発表した。複数の発電所で発電機が緊急停止するなか、首都などでの降雪を背景に電力需要が高まっていると指摘している。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、平和的な抗議デモに参加しただけの理由で市民を拘束しないよう中国に自制を求めた。報道官は「国際人権法や基準にのっとった対応を求める。平和的に意見表明していることを理由に、好き勝手な拘束を許してはならない」と訴えている。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は、12月4日の会合でより大幅な供給削減を検討する見通しだ。世界的に石油市場が軟化していることが背景にある。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、アラブ首長国連邦(UAE)で石油やガスの生産、輸出を担うアブダビ国営石油会社(ADNOC)は28日、2027年までに原油生産能力を現状の3割増の日量500万バレルに拡大すると決めた。30年としていた従来の計画を前倒しする。世界の石油需要の増大への対応を急ぐ。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシア軍がウクライナ南部ヘルソン州の30の集落を過去1週間で258回砲撃したと発表した。またヘルソンの北西にあるミコライウ市に水を供給する施設をロシア軍が破壊したと明らかにしている。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・29日の中国本土株式市場で上海総合指数は反発して始まった。前日割り込んでいた心理的節目の3100ポイントを始値で回復した。中国が不動産業に対するエクイティ・ファイナンス規制を緩和したことで、関連セクターの買いが膨らんで相場を押し上げた。中国証券監督管理委員会が28日、上場不動産企業の増資を認め、不動産企業の海外上場に関する政策を調整するなど5項目の改善措置を発表した。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・オセアニア通貨は堅調。上海株や香港株が上げ幅を拡大するとリスクセンチメントに敏感なオセアニア通貨買いが進み、豪ドルは対ドルで0.6697米ドル、対円で92.80円まで上げたほか、NZドルは対ドルで0.6210米ドル、対円で86.03円までそれぞれ上昇している。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・29日東京外為市場のアジア通貨は、米長期金利の低下傾向がアジア通貨に追い風となっているが28日の米株安を受けてリスク回避姿勢が強く積極的な買いが入り難く中国の新型コロナウイルス新規感染者数の増加やゼロコロナ政策を巡る抗議活動の拡大等に人民元の下落圧力が重石となりアジア通貨は総じて揉み合い展開に終始している。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・29日の暗号資産ビットコイン(ドル建て)価格は日本時間13:30現在、1ビットコイン=1万6415.7(前日比+1.45%)と上昇して推移している。著名投資家キャシー・ウッド氏率いるアーク・インベストメントが先週コインベースやシルバーゲート株を買い入れ22日にビットコインが将来100万ドルに上昇すると予想を示す等仮想通貨の「下値を拾え(buy the dip)」ムードが広がっている。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・NHKニュースによると、「ゼロコロナ」政策に対する大規模な抗議活動が起きた中国では、政府が各地で警察官を動員するなど警戒を強化していて、これまでのところ街頭などでの抗議活動は抑え込んだ形だ。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、NATOがウクライナ向け支援を縮小することはないと表明、ロシアによるインフラ施設への攻撃で電力などが不足するウクライナへの越冬支援を増やすよう呼びかけた。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのレズニコフ国防相はツイッターで、2月の侵攻開始以降の9ヵ月で、ロシア軍はウクライナに1万6000発超のミサイルを撃ち込み、うち軍事施設が狙われたのは約500発だったと指摘した。97%が民間施設を標的にしており、「我々はテロ国家と戦っている。勝利し戦争犯罪を裁く」と訴えている。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナの国営ガス会社ナフトガスのチェルニショフ最高経営責任者(CEO)は、対外援助機関の米国際開発庁(USAID)に対し、暖房シーズンに向けて天然ガス追加供給での支援を要請したと明らかにした。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で議長国を務めていたロシアが、任期途中で議長を辞任するとユネスコ側に通告したことが分かった、と報じている。世界遺産の登録可否を審査する世界遺産委は、今年6月にロシアを議長国として同国中部のカザンで開催する予定だったが、ウクライナ侵攻を受け無期限中止となっていた。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・カタールエナジーとコノコフィフィップスは、年間200万トンの液化天然ガス(LNG)を2026年から少なくとも15年間、ドイツに輸出する2件の売買契約に調印した。ハーベック独経済相は記者団に対し、カタールから購入する今回の合意に満足しているとし、「15年は素晴らしい」と述べている。

[2022-11-29][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長は、エネルギー会議で、ロシアは最大のエネルギー顧客である欧州を「永遠に」失ったと述べた。

ニュースの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース