フィリップ・ロウ

フィリップ・ロウ

 フィリップ・ロウは、オーストラリアの銀行家でグレン・スティーブンスの後任としてRBA総裁に就任しました。

 フィリップは、マサチューセッツ工業大学から博士号を取得し、ニューサウスウェールズ大学で経済学・計量経済学にて名誉賞を取得し、「金融政策」と「財務の安定性」について多くの論文を発表しています。

 また、RBAにおいて副総裁、支払いシステム委員会議長、金融監督委員会議長等を歴任し、国際決済銀行にて2年間の勤務経験もあります。

HDP

中間派

 HDP   +0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-06-20][NP-4.6 HDP +0.6 CHDP -0.4 RHDP +0.6 CRHDP -0.4]
・豪準備銀行ロウ総裁「さらなる利下げを想定しても非現実的ではない」「さらなる利下げは非現実的ではない」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「利下げの効果はこれまでよりも小さくなったが、依然として有効」「欧州の銀行ほど利下げのスピードを早める必要はないと期待」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフィリップ・ロウの発言・ニュース

[2019-08-09][NP-4.6 HDP +0.3 CHDP -0.3 RHDP +0.3 CRHDP -0.3]
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「長期的な低金利を予想することは合理的」「今年の豪経済は2.5%まで拡大する」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「主要な不確実性は米中貿易摩擦」「豪経済は緩やかな転換点に達した可能性」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「豪失業率は2021年に再び5%に低下することが中心シナリオ」「賃金の伸びが一段と加速することは達成可能であり望ましい」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「最近の製造業低迷が続くなら、深刻な問題になる」「雇用やインフレ目標のために必要ならば追加利下げの用意がある」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「状況が正当化されれば、非伝統的政策の用意がある」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「量的緩和検討のために金利をゼロに限りなく近い水準に下げる必要があるだろう」「量的緩和は中銀シナリオからは遠く、可能性は依然低い」

[2019-07-02][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・ロウRBA総裁「我々は、向こう数ヶ月間、状況の進展を緊密に注視する」
・ロウRBA総裁「豪ドル相場の貿易加重指数はレンジの下限にあり、景気の回復を促進することが見込まれる」

[2019-06-24][NP     HDP +0.6 CHDP -0.4 RHDP +0.6 CRHDP -0.4]
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「世界経済のリスクは下方向に傾いている」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「市場は主要各国の利下げを織り込んでいる」「各国が緩和に動けば、為替相場の効果は相殺される」「一段のインフラ投資は豪経済に恩恵」

[2019-06-20][NP-4.6 HDP +0.6 CHDP -0.4 RHDP +0.6 CRHDP -0.4]
・豪準備銀行ロウ総裁「さらなる利下げを想定しても非現実的ではない」「さらなる利下げは非現実的ではない」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「利下げの効果はこれまでよりも小さくなったが、依然として有効」「欧州の銀行ほど利下げのスピードを早める必要はないと期待」

[2019-06-04][NP     HDP +1.0 CHDP -0.4 RHDP +1.0 CRHDP -0.4]
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「さらなる利下げが妥当ではないとは言えない」「金利の動向について理事会はまだ決定していない。労働市場次第」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「現状からの一段の金利低下を予想することは非合理的ではない」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「インフレ目標の引き下げは想定していない」「予想していたほど利下げにより豪ドルは下落しなかった」「豪ドル安は我々にとって有益」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「ドル安は、金利見通しを複雑にする」「他国のような非常に低い金利水準にはならないと予想」

[2019-05-21][NP     HDP +1.0 CHDP -0.4 RHDP +1.0 CRHDP -0.4]
・ロウRBA総裁「6月の理事会で利下げを検討するだろう」「インフレ目標と一致するには賃金の上昇が遅すぎる」
・ロウRBA総裁「最近のデータを鑑みれば、労働市場が驚くべき改善を見せる可能性は低い」「インフレ懸念を高めずに失業率が5%を下回ることは可能」「利下げは雇用を支援し、インフレを目標に引き上げる」
・ロウRBA総裁「6月の理事会(金融政策決定会合)で利下げを検討する」「緩和政策は豪ドルの下落につながる可能性」
・ロウRBA総裁「政府による減税の遅れは家計所得を0.3%まで減速させるだろう」「総選挙は政策決定に影響を与えない」「失業率はさらに低下することが可能であり、すべきこと」

[2019-02-22][NP     HDP +1.4 CHDP -0.3 RHDP +1.4 CRHDP -0.3]
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「政策金利 目先変更する強い根拠は見当たらず」「2019年の豪成長率は3%付近が中心シナリオに」「金融政策は豪経済をすでに十分支援している」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「RBA目標に向けて前進すれば、ある時点では利上げが適切に」「もし失業率が上昇し続けインフレの改善もなければ、利下げが適切になる可能性」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「豪経済の見通しはポジティブ 成長率は上昇傾向であり失業率も低い」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「今年の成長率3%が中心シナリオ」「政策金利を目先変更する強い根拠ない」「金融政策は既に豪経済を十分に支援」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「次の動きが利上げになる確率と利下げになる確率は6カ月前より一段と均衡している」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「今年は金利上昇の公算は小さいと考える」
・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁「今年利上げする可能性は低いが、来年は利上げが適切になる可能性」「インフレが2-3%を下回って推移すれば懸念」

[2018-09-04][NP     HDP +1.4 CHDP -0.3 RHDP +1.4 CRHDP -0.3]
・ロウRBA総裁「金利のいかなる変更もまだ先」「豪経済は正しい方向に向かっている」「次の金融政策の変更は利上げで、利下げではない」
・ロウRBA総裁「豪ドルの下落は成長とインフレ見通しを改善する」「最近のいくつか銀行の利率引き上げにもかかわらず、昨年の住宅ローンの利率は下がっている」
・ロウRBA総裁「抵当貸し出しが下がっているのは、ポジティブなこと」「世界的な貿易論争が気がかり」

[2018-09-04][NP     HDP +1.4 CHDP -0.3 RHDP +1.4 CRHDP -0.3]
・ロウRBA総裁「金利のいかなる変更もまだ先」「豪経済は正しい方向に向かっている」「次の金融政策の変更は利上げで、利下げではない」
・ロウRBA総裁「豪ドルの下落は成長とインフレ見通しを改善する」「最近のいくつか銀行の利率引き上げにもかかわらず、昨年の住宅ローンの利率は下がっている」
・ロウRBA総裁「抵当貸し出しが下がっているのは、ポジティブなこと」「世界的な貿易論争が気がかり」

[2018-08-21][NP     HDP +1.4 CHDP -0.3 RHDP +1.4 CRHDP -0.3]
・ロウ・オーストラリア準備銀行(RBA)総裁「次回の行動は利上げの可能性が高く、利下げでない」

(最終更新日時 2019-08-14 18:05)

フィリップ・ロウの発言・ニュース バックナンバー

フィリップ・ロウ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース