ラエル・ブレイナードの発言・ニュース

ラエル・ブレイナード

 ラエル・ブレイナードは、1962年生まれのアメリカ政府役人で、2014年より連邦準備制度理事会(FRB)の理事に就任しています。

 ブレイナードは、外交官の娘であったこからポーランドやドイツで育ったためドイツ語や文化にも精通し、オバマ政権下時には財務次官(国際問題担当)として欧州を飛び回り、オバマ大統領の黒子として欧州のソブリンリスク鎮静化に向け活躍した。

 また、彼女はハーバード大学の経済学博士号を取得後、クリントン政権時代の国家経済会議のスタッフに参加しており、メキシコペソやその他のアジア通貨危機などの国際問題についても携わった経験を持ちます。

HDP

中間派

 HDP   -1.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2015-06-03][NP-2.0 HDP +0.0 CHDP -2.0 RHDP +0.0 CRHDP -2.0]
・FRBのブレイナード理事は実施した講演で、「ドル高や海外需要の低迷などが米景気回復の阻害要因となっており、FRBの金融政策の正常化に向けたプロセスの遅延につながっている」「第1四半期の景気低迷は一時的なものではなかった可能性がある」「FRBは利上げに踏み切る前に慎重に待つ姿勢に入る必要がある」などと述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のラエル・ブレイナードの発言・ニュース

[2016-09-13][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP +0.0]
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「緩和解除で慎重さ維持を」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「予防的な引き締めシナリオは説得力が無い」「日本は大きな課題を抱え、欧州は景気が減速」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「目標に達していないインフレを一段と懸念」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「緩和解除で慎重さ維持を」「政策は経済の下方リスクに傾斜すべき」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「海外の弱い需要が米国見通しを圧迫」「インフレのアンダーシュートより懸念」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「原油とドルの安定はインフレを押し上げるはずだ」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「もし、FRBが利上げをしたら、ドルが強くなるリスクがある」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「低い中立金利は継続する可能性が高い」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「中国経済の成長鈍化による潜在的な影響を警告した」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「経済の一部で歓迎すべき進展が見られる」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「FRBは利上げを急ぐべきではない」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「賃金インフレは非常に抑えられている」「データはさらなる労働市場のたるみがある可能性を示唆」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「労働市場の展開はポジティブ」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「最近の展開は経済のまちまちな状況を示す」「インフレは51カ月目標を下回っている」

[2016-03-08][NP     HDP -1.2 CHDP +0.4 RHDP -1.2 CRHDP +0.4]
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「インフレ上昇、最初の減少が起きている可能性」「慎重な政策変化を、国外需要は弱い」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「FOMCは辛抱強くあるべきだ」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「原油とドル、いずれも安定を予想する根拠ある」「見通しへの最も顕著なリスクは下向き」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「労働市場のひっ迫がインフレ上昇につながる保証はない」「インフレ見通しの主な潜在的リスクは下方」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「政策の計画をたてる上で、インフレが重要」「コアインフレは強固に低い」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「インフレが上昇する多くの理由がある一方、インフレ期待が低下する兆候も」「消費は非常に力強い」

[2016-02-27][NP-3.8 HDP -2.1 CHDP -0.4 RHDP -2.1 CRHDP -0.4]
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「ドル高はインフレの重大な抑制要因となる可能性」「向かい風が予想より低い米利上げ軌道という意味になる可能性」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「我々は世界的な需要不足に直面」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「逆風は、FRBの利上げ軌道が予想を下回ることを示唆している可能性もある」
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「米国の金融政策は控えめな道筋をたどるかもしれない」「米金利、海外要因で低くとどまる可能性」

[2015-11-07][NP     HDP +0.0 CHDP -2.0 RHDP +0.0 CRHDP -2.0]
・ブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事「ゼロ金利、国外の弱さ相殺する余地を限定」「政策面の抑制は通常より慎重な姿勢を示唆」
・ブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事「国外景気の一段の悪化は米国にとってリスク」「各国の金融政策のかい離拡大観測がドル高につながった」
・ブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事「米国経済は海外からの影響に敏感」

[2015-07-10][NP     HDP +0.0 CHDP -2.0 RHDP +0.0 CRHDP -2.0]
・FRBのブレイナード理事「米国の大手銀行8行は依然として規模が大き過ぎ、銀行システムに対する脅威となっている」

[2015-06-03][NP-2.0 HDP +0.0 CHDP -2.0 RHDP +0.0 CRHDP -2.0]
・FRBのブレイナード理事は実施した講演で、「ドル高や海外需要の低迷などが米景気回復の阻害要因となっており、FRBの金融政策の正常化に向けたプロセスの遅延につながっている」「第1四半期の景気低迷は一時的なものではなかった可能性がある」「FRBは利上げに踏み切る前に慎重に待つ姿勢に入る必要がある」などと述べた。

[2014-12-04][NP+2.0 HDP +2.0 CHDP 0.00 RHDP +2.0 CRHDP 0.00]
・ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事「マクロプルデンシャルは金融危機時よりも強くなっている」

[2014-06-18][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・ブレイナード新FRB理事は、17-18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では経済・金利見通しを示さないようだ。経済見通しは16日以前の情勢から判断されるもので、同理事がまだ承認されていなかったことが理由。

(最終更新日時 2016-09-14 00:00)

ラエル・ブレイナードの発言・ニュース バックナンバー

ラエル・ブレイナード カレンダー

2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース