トルコ政府関係の発言・ニュース

トルコ国旗

 トルコ共和国の政府関係者による発言や、トルコに関連性の高い為替相場を代表とした相場に影響を与えると考えられるニュースを紹介しています。

 このカテゴリにおいてのHDP・RHDPは、複数のトルコ政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため、その数値は参照値となります。

 また、トルコ共和国は将来的に欧州連合(EU)へと加盟する可能性が非常に高い国で、経済的にも大きな発展が見込まれており、流通通貨であるトルコリラは近年投資家に人気の高い通貨となっています。

HDP

中間派

 HDP   +1.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-04-26][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀「インフレ見通しの悪化を防ぐため、金融の引き締めを強化する事を決めた」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のトルコ政府関係の発言・ニュース

[2017-04-26][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀「インフレ見通しの悪化を防ぐため、金融の引き締めを強化する事を決めた」

[2017-04-18][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「トルコはEUとの交渉に関して国民投票を行うことも可能」
・トルコのエルドアン大統領は実施した演説で、大統領権限を強化する憲法改正が国民投票で承認されたことを受け、長く行き詰まっているEUへの加盟交渉継続の是非を問う国民投票の実施を示唆した。
・欧州評議会の選挙監視団のオーストリアのメンバーは18日、トルコで16日に実施された国民投票について、最大250万票が不正に操作された可能性があると語った。

[2017-04-17][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領のアドバイザー、イェジット・ブルット氏は17日、足元の金利水準は「病的」で利下げが必要との見方を示した。大統領権限を強化する憲法改正の是非を問う国民投票で賛成多数となった数時間後の国営テレビTRTでのインタビューで答えた。
・トルコで大統領権限を強化する憲法改正の是非を問う国民投票が行われたことを受け、ドイツのメルケル首相とガブリエル外相は17日、自国の憲法について決定するトルコ国民の権利を尊重するとの声明を発表した。

[2017-04-14][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「(16日に予定されているトルコ大統領の権限を強化する改憲案の是非を問う国民投票について)賛成票が非常に多ければ、トルコはEUとのテーブルに着く」

[2017-04-10][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのシムシェキ副首相は10日、大統領権限の強化を目指す憲法改正の是非を問う国民投票が「否決」されれば、トルコのリスクプレミアムは高い状態が続くとの見解を示した。国民投票は4月16日に行われる。同副首相は、改憲案が承認されれば、市場に優しい改革が加速するとも述べた。

[2017-03-16][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領が、閣僚の入国を拒否したオランダをナチスドイツに例えて批判したことを受け、ヨーロッパ連合の首脳らは、エルドアン大統領を厳しく非難し、トルコのEU加盟を拒否することも示唆した。具体的には、トゥスクEU大統領が「オランダは第二次世界大戦中、ナチスドイツの侵攻で破壊された。ロッテルダムにファシズムが存在したというのは、完全に現実離れしている」などと述べたほか、欧州委員会のユンケル委員長も「トルコは欧州から距離を置くべきで、EUに加盟しようとすべきではない」などと述べている。

[2017-03-15][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・オランダがトルコ閣僚の入国を拒否し両国の関係が悪化している問題で、トルコのエルドアン大統領は、「オランダが謝罪しても許すことはできない」「ドイツもオランダ当局と同様にトルコ系住民のデモ隊に圧力をかけている」などと述べた。

[2017-03-14][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのテレビ局Aハベルは、エルドアン大統領へのインタビューとして、「ドイツはテロリストらを自国にかくまっている」「メルケル氏はテロリストを支援している」と非難したと報じている。

[2017-03-08][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのアナトリア通信は7日、エルドアン大統領が10日にロシアを訪問し、プーチン大統領と会談すると報じている。2国間関係のほか、シリア情勢などについて協議する予定だという。
・トルコ中央銀行のチェティンカヤ総裁は8日、物価動向を注視しており、必要であれば金融を一段と引き締める可能性があると表明した。トルコ中銀は、物価上昇の抑制と通貨リラの支援に向けて、非伝統的な引き締め措置を導入しているが、主要政策金利は昨年11月以降、引き上げていない。次回の金利決定会合は3月16日に予定している。

[2017-02-10][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのクルトゥルムシュ副首相は10日、大統領権限強化へ向けた改憲の是非を問う国民投票を4月16日に実施したいと表明した。

(最終更新日時 2017-04-27 05:23)

トルコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

トルコ政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース