トルコ政府関係の発言・ニュース

トルコ国旗

 トルコ共和国の政府関係者による発言や、トルコに関連性の高い為替相場を代表とした相場に影響を与えると考えられるニュースを紹介しています。

 このカテゴリにおいてのHDP・RHDPは、複数のトルコ政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため、その数値は参照値となります。

 また、トルコ共和国は将来的に欧州連合(EU)へと加盟する可能性が非常に高い国で、経済的にも大きな発展が見込まれており、流通通貨であるトルコリラは近年投資家に人気の高い通貨となっています。

HDP

中間派

 HDP   +1.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-21][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・ゼイベクジ・トルコ経済相は21日、米国に対して報復関税を発動すると表明した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のトルコ政府関係の発言・ニュース

[2018-06-21][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・ゼイベクジ・トルコ経済相は21日、米国に対して報復関税を発動すると表明した。

[2018-06-20][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「投資を呼び込むために利下げが必要」「利下げ以外の方法はない」

[2018-06-18][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのオズリュ科学産業技術相は18日、NTVテレビとのインタビューで、同国の第2四半期国内総生産(GDP)成長率は第1四半期と同水準になるとの見方を示した。 トルコの第1四半期のGDP成長率は前年比7.4%増と予想を上回った。
・エルドアン・トルコ大統領「非常事態宣言を解除する可能性」
・エルドアン・トルコ大統領「ドルやユーロをトルコリラに交換するよう国民に呼び掛ける」
・週末24日のトルコ大統領選挙が注目される。現状は強権統治の独裁現職が優勢ながら、独裁批判や経済通貨危機な度への危機感を訴える野党候補も追い上げを見せている。直前の世論調査で思わぬ現職苦戦が報じられたり、24日の選挙結果で接戦や決戦投票となれば、トルコリラが売られ過ぎ修正の短期反発となる可能性がある。

[2018-06-12][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・シムシェキ・トルコ副首相「金融政策の正常化と簡素化は完了した」

[2018-06-11][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・シムシェキ・トルコ副首相「第一四半期GDP成長は国内需要によるものだった」「経済バランスが金融引き締めに沿いはじめた」

[2018-06-11][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は、オーストリーが国内のモスク(イスラム礼拝所)を閉鎖し、トルコが資金援助しているイスラム教指導者を国外退去させるとの方針を決めたことについて、反イスラム的だと強く非難するとともに対抗措置を取る姿勢を示した。
・トルコ経済省は11日、2018年の国内総生産(GDP)伸び率について、予想の5.5%を上回る可能性があるとの見解を示した。 この日発表された第1四半期GDP伸び率は前年比7.4%となり、市場予想を上回った。
・シムシェキ・トルコ副首相「第一四半期GDP成長は国内需要によるものだった」「経済バランスが金融引き締めに沿いはじめた」

[2018-06-07][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀「必要に応じて追加的な引き締めを実施する」「物価安定の目標に準じてあらゆる手段を活用する」

[2018-06-04][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのシムシェキ副首相は、政策措置を通じて金融市場の懸念に対応していると強調した。これより先、有力格付け会社であるムーディーズはトルコの格付けを格下げ方向で見直すと発表している。

[2018-05-28][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は、国内の演説で、急落している自国通貨リラの下支えのため、ドルやユーロの貯蓄をリラに交換するよう国民に要請した。
・6月24日のトルコ大統領選に出馬した最大野党、共和人民党(CHP)のインジェ議員(54)が28日までに共同通信などの取材に応じ、強権姿勢を強める現職のエルドアン大統領がトルコの民主主義を「崩壊させた」と主張。非常事態宣言下での選挙は「公正に行われない」と批判した。
・トルコ中銀は28日、6月1日から1週間物レポ金利を16.50%にすることを発表した。なお、オーバーナイトの貸出金利や借入金利については1週間物レポ金利の上下1.50%内で決定する。

[2018-05-25][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのシムシェキ副首相は25日、トルコ中央銀行が23日に実施した利上げについて、遅かったとの認識を示した。とはいえ、利上げは中銀の独立性を示す力強い措置であり、中銀は引き続き必要な措置を実施していくとも述べた。

(最終更新日時 2018-06-22 16:26)

トルコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

トルコ政府関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース