トルコ政府関係の発言・ニュース

トルコ国旗

 トルコ共和国の政府関係者による発言や、トルコに関連性の高い為替相場を代表とした相場に影響を与えると考えられるニュースを紹介しています。

 このカテゴリにおいてのHDP・RHDPは、複数のトルコ政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため、その数値は参照値となります。

 また、トルコ共和国は将来的に欧州連合(EU)へと加盟する可能性が非常に高い国で、経済的にも大きな発展が見込まれており、流通通貨であるトルコリラは近年投資家に人気の高い通貨となっています。

HDP

中間派

 HDP   +1.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-10-17][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン政権は、閣議で昨年7月のクーデター未遂事件後に発令した非常事態宣言の3ヵ月間の延長を決めた。延長は5度目となる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のトルコ政府関係の発言・ニュース

[2017-10-17][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン政権は、閣議で昨年7月のクーデター未遂事件後に発令した非常事態宣言の3ヵ月間の延長を決めた。延長は5度目となる。

[2017-10-13][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「政策金利の水準について複数の銀行と会合を開く」

[2017-10-10][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「米国のビザ発給停止は極めて悲しい決定」

[2017-10-09][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・在トルコ米大使館は、トルコ内での難民関連を除くすべてのビザ(査証)の発給業務を停止したと発表した。そののち、トルコ側も同日、米国でのトルコビザの発給業務を停止したと表明している。両国関係は、トルコ政府がクーデター未遂の首謀者と断定した在米イスラム指導者ギュレン師の移送問題などをめぐり険悪化していたが、さらに悪化することが確定的となった。

[2017-10-06][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコ政府は、人工衛星2基の入札で欧州航空機大手エアバスが落札したことを明らかにした。アルスラン運輸相は国有のAnadolu Agencyとのインタビューで、今後エアバスと交渉を行い、10月中に調印する計画だと語った。同相は、この入札に三菱電機とカナダのマクドナルド・デットワイラー・アンド・アソシエイツも応札していたと明らかにした。

[2017-10-03][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「金利は依然として望まれた水準まで低下していない」「金利が高いからインフレは低下しない」「リラの下落が止まり、部分的に上昇している」

[2017-09-14][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのアーバル財務相は14日、金利引き下げに向けた措置を講じることは政府の義務だとの見解を示した。また、金利はインフレ率の低下と共に下がると述べた。放送局Aハベルとのインタビューで述べた。トルコ中央銀行はきょう政策金利を発表する。エコノミストは金利据え置きを予想している。

[2017-09-12][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は12日、銀行に対し、投資家への融資を容易にし、金利を引き下げることを求める考えを明らかにした。大手ミリエト紙と他のメディアが報じた。大統領はカザフスタン訪問から帰国する際記者団に「われわれは銀行、特に国営銀行に圧力をかける。投資家が容易に融資を受けられるよう道を開く」と述べた。大統領はかねてから高金利を批判しており、銀行に金利引き下げと融資プロセスを容易にするよう求めている。

[2017-08-21][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は21日、少数派民族クルド人の武装勢力に対する軍事協力の可能性について、イランと協議したことを明らかにした。トルコ政府関係者は前週、首都アンカラでイラン軍幹部と会見していた。エルドアン大統領は記者会見で、イランと協力することにより、武装組織「クルド労働者党(PKK)」や、その支援を受けてイラン国内での自治国家樹立のため設立された「ペジャーク」(PJAK)に対し、より効果的な対策が可能になると説明。「脅威となっている過激派集団に対する軍事協力は、常に議題となっている。この問題は両国の軍幹部の間で協議され、私は実行方法についてもっと幅広い話をした」と述べた。

[2017-08-09][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「銀行は高金利を容赦なく活用している」「中銀や他の機関が措置を取ることを望む」

(最終更新日時 2017-10-18 00:19)

トルコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

トルコ政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース