米政府関係

米政府関係のイメージ画像

 2017年1月の期間中の米政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2017年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2017年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ケリー米国務長官がイスラエルのネタニヤフ政権を「歴代政権のなかで、もっとも右寄り」などと指摘したことに関し、メイ首相報道官が不適切と批判した、と報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

米政府関係による2017年1月 発言・ニュース

[2017-01-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ケリー米国務長官がイスラエルのネタニヤフ政権を「歴代政権のなかで、もっとも右寄り」などと指摘したことに関し、メイ首相報道官が不適切と批判した、と報じている。

[2017-01-02][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米北東部バーモント州の送電システムで、ロシアによるハッキングに関連する不正コードが検出された、と報じている。米国の送電網の脆弱性を示す可能性があるという。

[2017-01-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米国で共和党が多数を占める新議会が3日(日本時間4日)開会した。エンジ上院予算委員長(共和党)は、オバマ大統領が主要実績と位置付ける医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃に向けた決議案を提出し、声明で「壊れた医療保険制度を修復するための最初の一歩だ」と宣言した。昨年11月の大統領選と同時実施された連邦議会選を受け、共和党は上下両院で多数派を維持。20日には共和党のトランプ政権が発足し、政権と議会のねじれ状態が解消する。共和党はオバマケアを手始めに、オバマ政権の政策を次々と覆すことを狙っており、民主党は全力で抵抗する構えだ。

[2017-01-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・アーネスト米大統領報道官は記者会見で、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発について、「核兵器を小型化し、ICBMに搭載する能力を証明していない」という米情報機関の従来の見方に変更はないと述べた。

[2017-01-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米誌「The Hill」は、ウィキリークスの創始者、ジュリアン・アサンジ氏の発言を引用しべオバマ政権は米選挙介入でロシアを非難することで、トランプ次期大統領の正当性をなくそうとしていると伝えた。

[2017-01-04][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米証券取引委員会(SEC)次期委員長の最有力候補として、中国電子商取引最大手アリババ・グループ・ホールディングスの新規株式公開(IPO)などに関わったクレイトン弁護士が浮上している、と報じている。

[2017-01-05][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ハク国連事務総長副報道官は、グテレス総長がトランプ次期米大統領に電話し、国連と米国の関係をめぐり協議したことを明らかにした。「非常に前向きな議論」が行われ、グテレス氏はトランプ氏との連携に期待を示したという。

[2017-01-05][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ヒラリー・クリントン氏はNY市長選への出馬検討か

[2017-01-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米情報機関を統括するクラッパー米国家情報長官は、上院軍事委員会の公聴会で証言し、ロシアがサイバー攻撃で米大統領選に干渉したことを「以前にも増して確信している」と述べ、ロシアの関与を結論付けた情報機関を疑い続けるトランプ次期大統領の姿勢を批判した。

[2017-01-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・パワー米国連大使は、「退任前の覚書」と題する文書を公表し「米国が国連での指導力を低下させれば、国家安全保障を含むわが国の国益を害する」と警告した。政権交代に伴う大使退任を前に、「米国第一主義」を掲げ、国連改革を迫るトランプ次期政権をけん制した形になる。

[2017-01-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米共和党のライアン下院議長は、河井首相補佐官とワシントンで会談した。そのなかで、「日米同盟の重要性はトランプ次期大統領のもとでも変わらない」「日本をできるだけ早く訪問したい」と述べたという。

[2017-01-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・バイデン米副大統領、安倍首相との電話会談のあと、日米同盟や北朝鮮について協議したと説明した。

[2017-01-06][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米労働省の家計調査によると、悪天候により就業不能となった12月非農業部門労働者数は15万9000人だった。11月は1万9000人、過去の月平均は13万9000人で平均との差は2万人増となっている。

[2017-01-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米国のバイデン副大統領は、韓国の大統領権限を代行する黄首相と電話で協議し、慰安婦問題をめぐって再び険悪になった日韓関係について「日韓両国が平和的な外交で問題を解決してほしい」と要請したと報じている。

[2017-01-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カーター米国防長官の発言として「北朝鮮の核兵器と弾道ミサイルは深刻な脅威。しかし、ミサイル防衛システムなどを使って米国と同盟・友好国を守る用意は整っている」と報じている。

[2017-01-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米国の情報機関を統括する国家情報長官室は、大統領選を標的にしたロシアによるサイバー攻撃について、プーチン大統領が指示したと結論付ける報告書を公表した。ロシアによるサイバー攻撃は、民主党のクリントン前国務長官の選挙活動を妨害し、トランプ次期米大統領を後押しする狙いがあったと指摘している。

[2017-01-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米共和党のコーカー上院外交委員長がワシントンで講演し、トランプ次期大統領が示唆しているイラン核合意の見直しについて、「いきなり合意を破棄することはないだろう」と述べ、否定的な見解を示したと報じている。

[2017-01-09][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カーター米国防長官へのインタビューとして、北朝鮮が米国や同盟国に向けて弾道ミサイルを発射すれば、米国は撃ち落とす、と報じている。

[2017-01-10][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米国国防省高官によると、米国海軍がイランの船舶に向けて威嚇射撃をおこなったという。

[2017-01-10][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ホワイトハウスは声明「イラン船舶の行動は危険だった」「イランの行動は容認できず」「イランの行動は緊張をひっ迫するリスクに」

[2017-01-10][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・民主党のクリントン政権で北朝鮮政策を担ったペリー元国防長官は記者会見で、北朝鮮の核・ミサイル開発を食い止められなかったとしてオバマ政権の政策を批判したうえで、20日に発足するトランプ次期政権に対して、北朝鮮との交渉に乗り出すよう求めた。

[2017-01-10][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米上院外交委員会のボブ・コーカー委員長は、トランプ次期政権による通商交渉の相手国について、英国が「最前列」にあるとの認識を示した。英BBCが伝えたもの。オバマ大統領は4月、英国のEU離脱が決定した場合、英国は米国との通商交渉で「列の最後尾」に並ぶことになると発言していたが、トランプ氏は選挙期間中、英国のEU離脱を「素晴らしいこと」と評価していた、と同ニュースは伝えている。

[2017-01-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米財務省は3年債入札を実施。最高落札利回りは1.472%、応札倍率は2.97倍。

[2017-01-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米政府がプーチン大統領の側近らを新たに制裁対象に指定したことについて、ロシアのペスコフ大統領報道官から「さらに両国関係を悪化させる措置だ」とした非難コメントが発せられたと報じている。

[2017-01-11][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米通商代表部(USTR)のフロマン代表は、講演テキストのなかで、トランプ次期米政権はTPPから脱退することにより、アジアにおける米国のリーダーシップを放棄するリスクを負うと警告している。

[2017-01-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米上院外交委員会は、トランプ次期大統領が国務長官に指名した元石油大手首脳のティラーソン氏に対する指名承認公聴会を開いた。そのなかで、「ロシアは危機を引き起こしている。開かれた率直な対話が必要だ」「対ロシア制裁を当面、維持することが望ましい」「中国による南シナ海での人工島造成は、国際規範を無視した違法行為」などと述べている。

[2017-01-12][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米国防当局者の話として、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を試験発射する可能性を受け、監視のために米軍の海上配備型の高性能レーダーがハワイから出動したと報じている。

[2017-01-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米財務省によると、30年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが2.914%、応札倍率(カバー)が2.32倍となった。

[2017-01-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米財務省は30年債入札を実施。最高落札利回りは2.914%、応札倍率は2.32倍。

[2017-01-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米上院情報特別委員会は、トランプ次期大統領が中央情報局(CIA)長官に指名したポンペオ下院議員に対する指名承認公聴会を開いた。そのなかで、ポンペオ氏は「ロシア指導部による攻撃的行為があった」としてロシアがサイバー攻撃で米大統領選に干渉したとの認識を示し、厳しい態度で臨む方針を示している。

[2017-01-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米運輸省は11日、自動運転車をめぐる政策課題を協議する新たな諮問委員会を設置すると発表した。米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)のバーラ最高経営責任者(CEO)が共同議長を務め、米グーグルの自動運転車開発子会社ウェイモ、米ネット通販大手アマゾン、米アップルの幹部も委員になる。

[2017-01-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米共和党のマッカーシー下院院内総務は、議会共和党が今月末から環境や労働などの分野でオバマ政権が導入した一連の規制を無効化する方針であることを明らかにした。1月30日から2週間かけて新規則の不承認手続きを行うという。

[2017-01-14][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米下院、オバマケア廃止に向けた予算関連法案を可決と報じた。

[2017-01-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米下院は、上院に続きオバマ大統領が推進してきた医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃に向けた決議案を可決した。オバマケアの撤廃はトランプ次期米大統領の目玉政策のひとつで、政策転換が早くも本格化している感がうかがえる。

[2017-01-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ペンス次期米副大統領が、フリン次期米大統領補佐官は昨年12月29日に駐米ロシア大使と電話で会話した際、米国の新たな対露制裁については話さなかったと明らかにした、と報じている。

[2017-01-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・政権交代にともない退任するパワー米国連大使は、国連本部で最後の記者会見に臨み、「国連への拠出金を削減すれば、米国の国益を著しく損なう」と懸念を表明した。国連改革を迫るトランプ次期政権を改めてけん制したことになる。

[2017-01-17][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米国のバイデン副大統領は、訪問先のウクライナでポロシェンコ大統領と会談した。そのなかで、「ロシアに対する制裁は、同国がウクライナ東部和平をめぐるミンスク合意を“完全”に履行しない限り、維持されねばならない。EUやG7とともに表明したことだ」と述べた。

[2017-01-18][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「低インフレなら揺るやな引き締めが適切」「米財政政策は金融当局の不確実性の一つ」

[2017-01-18][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「財政拡大がドルに上昇圧力をかける可能性」「財政政策でたるみが急速に縮小すれば利上げが加速する可能性」

[2017-01-18][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「新興市場と中国には下振れリスク」「日本と欧州の低インフレからのリスク指摘」

[2017-01-18][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、ボルトン元米国連大使の寄稿文を掲載している。そのなかでボルトン氏は、「台湾への米軍駐留や軍事装備の輸出拡大により、米国は東アジアの軍事態勢を強化できる」と述べ、在沖縄米軍を台湾に移転するよう提言していた。ただし、移転の規模などについては具体的に言及していない。

[2017-01-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・バイデン米副大統領は、参加した世界経済フォーラム(ダボス会議)で演説し、欧州各国で今年予定されている選挙にロシアが介入する可能性があるとして警戒を呼び掛けた。

[2017-01-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米財務省は19日、来週の米国債の入札予定を発表。24日に2年債260億ドル、25日に5年債340億ドル、26日に7年債280億ドル規模の入札を実施するとした。

[2017-01-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米財務省は10年物インフレ連動債入札を実施。最高落札利回りは0.436%、応札倍率は2.45倍。

[2017-01-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・米韓両政府が、米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)の韓国配備を今年7月までに終える方向で調整を始めたと、報じている。米韓関係筋が明らかにしたという。12月の予定だった次期韓国大統領選が今春にも行われる見通しになったうえ、配備に反対する中国が圧力を強めている状況を考慮したようだ。

[2017-01-20][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・メキシコ外務省は、ビデガライ外相やグアハルド経済相が来週25-26日に米国の首都ワシントンでトランプ新政権の高官と会談すると発表した。二国間における安全保障、貿易、移民問題などについて話し合うという。

米政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース