イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-06-23][NP+4.0 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.4]
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「以前よりも利上げは困難だろう」「政策調整は限定的で段階的であるべき」「金融政策の引き締めに一部緊急性が見られる」
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「ポンドはBOEの政策よりも政治的要因でより変動」「ポンドはBOEの政策より政治で動いている」
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「金融引き締めにいくらか緊急性が見られる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-06-23][NP+4.0 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.4]
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「以前よりも利上げは困難だろう」「政策調整は限定的で段階的であるべき」「金融政策の引き締めに一部緊急性が見られる」
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「ポンドはBOEの政策よりも政治的要因でより変動」「ポンドはBOEの政策より政治で動いている」
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「金融引き締めにいくらか緊急性が見られる」

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2017-06-23][NP+4.0 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.4]
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「以前よりも利上げは困難だろう」「政策調整は限定的で段階的であるべき」「金融政策の引き締めに一部緊急性が見られる」
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「ポンドはBOEの政策よりも政治的要因でより変動」「ポンドはBOEの政策より政治で動いている」
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「金融引き締めにいくらか緊急性が見られる」

[2017-06-21][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.3]
・ホールデン英中銀金融政策委員会(MPC)委員「年後半に複数の刺激策を解除することを支持」

[2017-06-20][NP+4.6 HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.3]
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「英CPIはおそらく3%を超えるだろう」「賃金成長は伸びていくと予想」
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「CPIの上昇は一時的な為替要因ではない」「中央銀行はインフレを過小評価している」

[2017-06-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -0.4 CRHDP +0.2]
・英中銀金融政策委員会のフォーブス委員は、発表した研究論文において、「英インフレ率は現行の経済モデルが示唆するよりも、為替相場や商品価格変動の影響を受けやすい」「為替相場は、英インフレにおける緩慢かつ持続的なトレンド動向と著しい相関関係がある」と指摘した。

[2017-06-16][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -0.4 CRHDP +0.2]
・フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員「外的ショックがインフレに影響を与え続けるだろう」「為替レートがインフレに対して持続的な影響を与える」

[2017-06-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -0.4 CRHDP +0.2]
・英中銀が公表した金融政策委員会の議事録によると、5対3で金利の据え置きが決定されている。
・英中銀金融政策委員会議事要旨「フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員、マカファーティMPC委員、サンダースMPC委員が0.25%利上げを主張」

[2017-05-11][NP+3.0 HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -0.4 CRHDP +0.2]
・英中銀金融政策委員会議事要旨「0.25%の政策金利の据え置きを7対1で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を8対0で決定した」
・英中銀金融政策委員会議事要旨「フォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員が0.25%利上げを主張」
・英中銀イングランド銀行(BOE)四半期ごとの物価報告(インフレリポート)「2017年のGDP見通しを2.0%から1.9%へ下方修正した一方、18年を1.6%から1.7%、19年を1.7%から1.8%へそれぞれ上方修正した」
・英中銀イングランド銀行(BOE)四半期ごとの物価報告(インフレリポート)「2017年のインフレ率予想を2.7%に引き上げ」

[2017-04-24][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・英紙テレグラフは、3月に英中銀の副総裁職を辞任したホッグ氏が、今週末に同中銀を退職すると報じている。当初は、総裁職辞任後も3ヵ月程度は中銀にとどまると予想されていた。

[2017-04-21][NP+3.0 HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・サンダース英中銀金融政策委員会(MPC)委員「CPIは委員らの見通しより速い上昇となるだろう」「英雇用のたるみは限定的」「段階的利上げ後も緩和は維持される見通し」

[2017-04-06][NP     HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP +0.1]
・ブリハ英中銀金融政策委員「消費は現在減速しつつあると見ている」「ポンド安は純輸出にプラスの影響を及ぼしていると見ているが、消費の減速を相殺できるほどではない」
・ブリハ英中銀金融政策委員会(MPC)委員「低失業率が賃金を押し上げる兆候は見られていない」「インフレの加速だけでは利上げを意味しない」

(最終更新日時 2017-06-26 02:15)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース