イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)

 イングランド銀行(英: Bank of England、正式名称:the Governor and Company of the Bank of England)は連合王国(イギリス)の中央銀行で、一般に正式名称から頭文字を取って「BOE」と呼ばれている。

 産業革命を他国に先駆けて行ったイギリスの経済状態が世界経済に与える影響は小さく無く、過去にもポンド危機などを世界に大きな影響を与えた過去を持っている。

 この項目はイギリス銀行関係者など複数人による発言やニュースを元にしたHDP・RHDPとなるため悪魔で目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-07-03][NP+4.8 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP -0.1]
・サンダース英MPC委員「英経済が想定を上回る推移となれば、市場予想より早めの利上げが必要となる」「利上げに対する一般的な見方は、段階的で緩やかとの予想で、大幅で早急な利上げは想定されていない」
・サンダース英MPC委員「公式な貿易統計より、輸出企業の景況感に重きを置いた判断が必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イングランド銀行(BOE)関係 最近の発言・ニュース

[2018-07-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP -0.1]
・テンレイロMPC委員「データは第1四半期の落ち込みは一時的と示している」

[2018-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP -0.1]
・デービス英離脱担当相が辞任の方向となった。
・デービス英EU(欧州連合)離脱担当相が辞任を表明したことで、朝方1.3330ドルまで上昇したポンドドルは1.3288ドルまで下落、ポンド円も146.81円まで弱含んでいる。
・テレグラフによると、英EU離脱担当省のスティーブ・ベーカー氏も辞任の方向となった。
・ブランチフラワー前英MPC委員「メイ英首相は次の週まで生き残れないかもしれない」
・デービス英EU(欧州連合)離脱担当相の辞任以後もベイカー議員、ブレイバーマン議員もEU(欧州連合)離脱チームから離脱した。英テレグラフ紙は離脱者続出で「メイ英政権は危機的状況」、英タイムス紙も「内閣の危機、更なる辞任追随の可能性も」と示唆している。ポンドドルは1.3295ドル近辺、ポンド円は146.90円前後で小動きで、欧州勢参入までは動きにくいか。
・デイビス前英EU離脱相「メイ首相のブレグジット政策には多くの弱点がある」「EU側がさらなる譲歩を求めてくることを懸念」「私の辞任が譲歩とならないよう政府への圧力となることを望む」
・リース・モグ・英保守党議員「近い将来にメイ英首相の信任投票は行われない」「メイ英首相は来年3月時点で首相を継続していると思う」

[2018-07-03][NP+4.8 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP -0.1]
・サンダース英MPC委員「英経済が想定を上回る推移となれば、市場予想より早めの利上げが必要となる」「利上げに対する一般的な見方は、段階的で緩やかとの予想で、大幅で早急な利上げは想定されていない」
・サンダース英MPC委員「公式な貿易統計より、輸出企業の景況感に重きを置いた判断が必要」

[2018-06-29][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
・英中銀のチーフエコノミストであるホールデン氏は、賃金の伸びとコスト圧力の着実な上昇が見られており、英国経済に利上げの準備ができていることを示していると述べた。

[2018-06-28][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
・英中銀は、来年3月に「ハードブレグジット(強硬なEU離脱)」となった場合でも国内の銀行は対処できるとの認識を示した。
・イングランド銀行(英中銀、BOE)は28日、仮想資産は大きく変動し詐欺に利用されやすく、銀行と保険会社はこうした資産を警戒すべきだとの見解を示した。

[2018-06-27][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
・英中銀は27日、金融安定報告の中で「英国の銀行システムは無秩序なブレグジットのなかで英経済を支援可能」などの見解を示した。

[2018-06-26][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
・イングランド銀行(英中銀)の金融政策委員会(MPC)委員に指名されたジョナサン・ハスケル氏は26日、利上げ可能性を示している英中銀の金利ガイダンスに賛同するとの見方を示した。
・英中銀のマカファーティー金融政策委員は、英中銀は量的金融緩和政策(QE)の有効性に対する懸念払拭に取り組まなければならない、との見方を示した。

[2018-06-21][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
・英中銀金融政策委員会は、資産買い取りプログラムを4350億ポンド規模に据え置く事を決定した。
・英中銀が公表した金融政策委員会の議事録によると、6対3で金利の据え置きが決定されている。
・英中銀金融政策委員会議事要旨「0.50%の政策金利の据え置きを6対3で決定。3人が利上げを主張。資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定した」
・英中銀金融政策委員会議事要旨「政策金利が1.50%に達するまで保有資産を減少させるつもりはない」

[2018-06-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
・ラムスデン・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁「Brexitがもっとも不確実な要因」

[2018-06-05][NP+4.0 HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
・テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員「数回の利上げは必要だが、時期については未決問題」

(最終更新日時 2018-07-21 20:57)

イングランド銀行(BOE)関係の発言・ニュース バックナンバー

イングランド銀行(BOE)関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース