エリック・ローゼングレンの発言・ニュース

エリック・ローゼングレン

 エリック・S・ローゼングレンは、1957年生まれのアメリカの経済学者及び銀行マンで、第13代ボストン連銀総裁です。

 ローゼングレンは、経済学者として財政上の問題と実体経済との間の関係リサーチする事をテーマとしており、それを100以上の論文や記事を書いて広く公開している。

 また、リーマンショック後のアメリカの金融政策については「所得の伸びと経済の目標に沿った失業率を達成しつつあるという確証が得られるまで、国債買い入れを引き続き実施すべきだ」と発言するなど「ハト派」として知られている。

HDP

中間派

 HDP   -1.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-16][NP+4.6 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「今年の経済成長、利上げ加速を要する可能性も」「雇用市場に残るスラックは非常に限定的」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「完全雇用に達しつつある」「ドル高が米国のインフレを抑制していた」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-02-16][NP+4.6 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「今年の経済成長、利上げ加速を要する可能性も」「雇用市場に残るスラックは非常に限定的」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「完全雇用に達しつつある」「ドル高が米国のインフレを抑制していた」

[2017-01-09][NP-1.0 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「緩やかだが多少は定期的な利上げが適切」「過去1年より速い利上げが必要」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「(利上げのタイミングについて)少し早すぎる」

[2016-10-18][NP+5.0 HDP -1.5 CHDP +0.1 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁 「手遅れになる前に利上げを」

[2016-09-23][NP+4.0 HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP +2.6 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「利上げ見送りは著しい不均衡生じさせるリスク」「利上げ見送りは著しい不均衡を生むリスクがある」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「緩やかで段階的な引き締めを今は支持」「完全雇用オーバーシュートは回復短縮の可能性も」

最近のエリック・ローゼングレンの発言・ニュース

[2017-02-16][NP+4.6 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「今年の経済成長、利上げ加速を要する可能性も」「雇用市場に残るスラックは非常に限定的」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「完全雇用に達しつつある」「ドル高が米国のインフレを抑制していた」

[2017-01-10][NP     HDP -1.4 CHDP +0.1 RHDP +2.6 CRHDP -0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「財政刺激策が利上げペースに影響与える公算」「FEDは既に米経済を若干熱くしている」「FEDはバランスシート縮小の時期めぐる議論を」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「世界成長でポジティブサプライズもある」

[2017-01-09][NP-1.0 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「緩やかだが多少は定期的な利上げが適切」「過去1年より速い利上げが必要」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「(利上げのタイミングについて)少し早すぎる」

[2016-11-15][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「11月のFOMC声明は12月利上げの可能性と整合している」「利上げを長く待ちすぎるリスクを考慮すべき」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「緩やかな引き締めが適切」「失業率がさらに低下するならオーバーシュートのリスクも」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「声明が変更されたため、11月FOMCでは反対票に投じなかった」「市場が判断している12月の利上げは妥当に思える」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「失業率が一段と低下するリスクも」「追加利上げを過剰に長く待つリスクを考慮しなければならない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「財政刺激が拡大すれば引き締めは加速するだろう」「急速過ぎる利上げは回復を脅かしかねない」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「金利がこれほど低い中で財政政策の活用は合理的」

[2016-10-18][NP+5.0 HDP -1.5 CHDP +0.1 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁 「手遅れになる前に利上げを」

[2016-10-17][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「インフレ率は2017年末までに2%の目標に接近するだろう」「米経済はすでに十分な活況を呈している」

[2016-10-14][NP+4.8 HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米国は完全雇用に非常に近づいている」「失業率は2017年末までに4.5%になる可能性」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「我々は市場予想より速く利上げしなければならない可能性」「市場が12月利上げを織り込んでいることは妥当だと思われる」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「市場予想よりも速く利上げを実施する必要も」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「自身の見解に変化はない(同総裁は9月FOMCで利上げを主張し反対票に投じた)」

[2016-09-23][NP+4.0 HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP +2.6 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「利上げ見送りは著しい不均衡生じさせるリスク」「利上げ見送りは著しい不均衡を生むリスクがある」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「緩やかで段階的な引き締めを今は支持」「完全雇用オーバーシュートは回復短縮の可能性も」

[2016-09-09][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「緩やかな金融引き締めを正当化する妥当な根拠がある」「引き締め見送りの過剰な長期化はリスク」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「完全雇用を確実にするには緩やかな利上げが必要」「米国内経済は比較的良好」

[2016-08-31][NP+3.6 HDP -1.7 CHDP +0.1 RHDP +2.5 CRHDP +0.1]
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「米金融当局は比較的早期に2つの目標達成も」「長期の低金利据え置き、リスク皆無でない」

(最終更新日時 2017-02-17 02:20)

エリック・ローゼングレンの発言・ニュース バックナンバー

エリック・ローゼングレン カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース