G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の発言・ニュース

G20国旗

 G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の関係者による発言や声明文、その他、G20と関連性が高いと考えられる相場に関するニュースなどを掲載しています。

 G20は、「Group of Twenty」の略式表記で、主要国首脳会議に参加する8か国、欧州連合、新興経済国11か国の計20か国・地域からなるグループです。

 また、このカテゴリ内においてHDP・RHDPの数値は複数のG20関係者の発言を元に算出しているため、その値は目安となります。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-12-01][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20が世界的な鉄鋼の過剰生産問題を協議するために設けた「国際フォーラム」の初の閣僚級会合がベルリンで開かれた。過剰生産の解消に向けて各国が情報交換したり、不当な補助金の見直しで協力したりすることで合意している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のG20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の発言・ニュース

[2017-12-01][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20が世界的な鉄鋼の過剰生産問題を協議するために設けた「国際フォーラム」の初の閣僚級会合がベルリンで開かれた。過剰生産の解消に向けて各国が情報交換したり、不当な補助金の見直しで協力したりすることで合意している。

[2017-10-16][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・米ワシントンで開催されたG20財務相・中銀総裁会議は、2日間の討議を終え、閉幕した。会議では日米欧など世界経済が安定成長にあることを確認したが、7月に首脳宣言が採択されたこともあり、今回の財務相会議で共同声明発表は見送られている。

[2017-10-13][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20財務相中銀総裁会議の開幕に先立ち記者会見した国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は「世界の経済成長は力強いが、完全ではない」「経済成長をより確実にすることが優先課題だ」と訴え、各国に適切な財政・金融政策、構造改革を実施するよう促した。

[2017-10-11][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が12~13日、米ワシントンで開かれる。日本は、安倍晋三首相が表明した基礎的財政収支(PB)の2020(平成32)年度の黒字化目標を先送りする方針を各国に説明する。引き続き財政健全化を目指す姿勢を示し、国際社会での理解を求める。G20はリーマン・ショック後の景気対策で悪化した各国の財政を立て直すため、2010年6月のカナダでの首脳会合で先進国が13年までに財政赤字を半減させる目標を決めている。財政状況が特に厳しい日本は例外扱いとされ、代わりに基礎的財政収支の赤字額の国内総生産(GDP)比を15年度までに半減させた上で、20年度までに黒字化する目標が事実上の国際公約となっていた。

[2017-07-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・ドイツ・ハンブルクで開かれていたG20首脳会議は、首脳宣言を採択して閉幕した。宣言では、焦点となっていた反保護主義の記述について、米国に配慮して両論を併記している。一方、地球温暖化対策は国際枠組み「パリ協定」からの離脱を表明した米国と、他の19ヵ国・地域の事情を列挙し、溝が残った格好となった。
・G20首脳会議が、2019年に日本で開催されることが分かったと報じられている。G20首脳会議が日本で開催されるのは初めてのこと。G7で、G20首脳会議が開かれていないのは日本とイタリアだけだった。

[2017-07-06][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・入手した「声明草案」をもとに、ドイツで7-8日に開催されるG20首脳会議で採択される共同声明において、米国が地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から離脱したことが指摘され、米国の孤立化が鮮明に示される可能性があることが明らかになったと報じている。
・G20サミット議長国ドイツのガブリエル外相が朝日新聞に寄稿し、そのなかで「温暖化政策は人類の主要課題」などとしたうえで、国の枠を超えた地球温暖化対策の必要性を訴えていると報じている。

[2017-04-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議に出席するためワシントンを訪れている日銀の黒田総裁は記者団に対し、アメリカのトランプ大統領がドル高をけん制する発言を続けていることに関連して、日銀の金融緩和策は円安誘導ではなくデフレ脱却に向けた政策として理解を得られるという認識を示した。日銀の黒田総裁は、G20に出席するため訪問しているワシントンで記者団に対し、大統領の発言に対するコメントは差し控えるとしたうえで「日銀を含め各国の金融政策は物価安定のために行われている。為替を目的としたものではないことは理解が進んでいると思う」と述べ、日銀の金融緩和策は円安誘導ではなくデフレ脱却に向けた政策として理解を得られるという認識を示した。

[2017-04-19][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・ワシントンで20-21日開催されるG20財務相中銀総裁会議で、議長国を務めるドイツの政府高官は、ドイツは将来の衝撃に対する回復力を高める改革の必要性とともに、経済成長のためのグローバル化と自由貿易の重要性を強調するとの方針を明らかにしたと報じている。

[2017-03-20][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20財務相・中銀総裁会議は、共同声明を採択して閉幕した。焦点の貿易分野に関しては、従来G20が表明してきた「保護主義に対抗する」という文言に米国が異論を唱えたため声明から削除されている。そのほか、反保護主義や自由貿易推進の方針を打ち出さなかったほか、為替については、「通貨安競争を回避する」「為替の過度の変動や無秩序な動きは金融・経済に悪影響を及ぼす」としたG20合意を再確認したに留まった。

[2017-03-17][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20「共同声明で保護主義言及しない方針」
・G20声明草案「G20、競争的な通貨切り下げを回避するとのコミットメント表明」「為替相場のボラティリティー、経済成長にとってマイナス」「為替市場について緊密に連携」「保護主義への反対は盛り込まず」

(最終更新日時 2017-12-02 06:32)

G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の発言・ニュース バックナンバー

G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議) カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース