G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の発言・ニュース

G20国旗

 G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の関係者による発言や声明文、その他、G20と関連性が高いと考えられる相場に関するニュースなどを掲載しています。

 G20は、「Group of Twenty」の略式表記で、主要国首脳会議に参加する8か国、欧州連合、新興経済国11か国の計20か国・地域からなるグループです。

 また、このカテゴリ内においてHDP・RHDPの数値は複数のG20関係者の発言を元に算出しているため、その値は目安となります。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-09-05][NP-2.0 HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20首脳宣言草案「世界成長は依然として望ましい水準下回る」「金融市場のボラティリティが成長の下振れリスクに」「為替市場の過度の変動と無秩序な動きは安定に打撃」
・中国で開幕するG20サミットで採択される首脳宣言の骨子案が明らかになったと報じている。世界経済の成長に向けて、「金融、財政および構造政策を個別にまた総合的に活用する」としたうえで、構造改革の重要性を強調しつつ、機動的に財政政策を実施することを打ち出し、各国の協調姿勢をアピールする内容となっているという。
・G20首脳会議は、初日の討議で英国のEU離脱やテロ・難民問題など世界経済の下振れリスクが残っているとの認識を共有した。また、5日採択する首脳宣言では持続的な成長の実現に向け、各国が「金融・財政、構造政策といった全ての政策手段を活用する」との決意が盛り込まれる方針となっている。
・G20首脳会議に出席するため中国を訪問中のオバマ米大統領は、習中国国家主席と会談した。南シナ海問題について協議をしたものの、協議は平行線に終わり双方の溝は埋まらなかった模様だという。
・中国の杭州で開かれていた20カ国・地域(G20)首脳会議は5日、世界経済の持続的な成長のためにすべての政策手段を活用すると明記した首脳宣言を採択して閉幕。「財政政策を機動的に実施する」としたほか、「為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済・金融の安定に悪影響を与え得る」との記述も盛り込んだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のG20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の発言・ニュース

[2017-04-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議に出席するためワシントンを訪れている日銀の黒田総裁は記者団に対し、アメリカのトランプ大統領がドル高をけん制する発言を続けていることに関連して、日銀の金融緩和策は円安誘導ではなくデフレ脱却に向けた政策として理解を得られるという認識を示した。日銀の黒田総裁は、G20に出席するため訪問しているワシントンで記者団に対し、大統領の発言に対するコメントは差し控えるとしたうえで「日銀を含め各国の金融政策は物価安定のために行われている。為替を目的としたものではないことは理解が進んでいると思う」と述べ、日銀の金融緩和策は円安誘導ではなくデフレ脱却に向けた政策として理解を得られるという認識を示した。

[2017-04-19][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・ワシントンで20-21日開催されるG20財務相中銀総裁会議で、議長国を務めるドイツの政府高官は、ドイツは将来の衝撃に対する回復力を高める改革の必要性とともに、経済成長のためのグローバル化と自由貿易の重要性を強調するとの方針を明らかにしたと報じている。

[2017-03-20][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20財務相・中銀総裁会議は、共同声明を採択して閉幕した。焦点の貿易分野に関しては、従来G20が表明してきた「保護主義に対抗する」という文言に米国が異論を唱えたため声明から削除されている。そのほか、反保護主義や自由貿易推進の方針を打ち出さなかったほか、為替については、「通貨安競争を回避する」「為替の過度の変動や無秩序な動きは金融・経済に悪影響を及ぼす」としたG20合意を再確認したに留まった。

[2017-03-17][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20「共同声明で保護主義言及しない方針」
・G20声明草案「G20、競争的な通貨切り下げを回避するとのコミットメント表明」「為替相場のボラティリティー、経済成長にとってマイナス」「為替市場について緊密に連携」「保護主義への反対は盛り込まず」

[2017-03-08][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・17-18日に独バーデンバーデンで開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の共同声明草案から、保護主義や競争的な通貨切り下げに断固として反対するとの文言が削除されたことが分かったという。
・ドイツで17、18日に開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明草案に「保護主義への対抗」や「通貨の競争的な切り下げを回避する」といった従来の表現が入っていないと報じた。米国第一の立場から保護主義的な政策も辞さないとするトランプ米政権の意向が反映された可能性がある。産経新聞が引用して伝えた。

[2017-02-17][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20外相会合が、ドイツで2日間の日程で開幕した。トランプ米政権発足後、主要国外相が集まる初の機会であり、初外遊となるティラーソン米国務長官の発言が各国ら注目されている。

[2016-10-07][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・日本経済新聞によると、20カ国・地域(G20)は6日夜(日本時間の7日朝)、米ワシントンで財務相・中央銀行総裁会議を開いた。長引く低成長を克服するため、限界のみえる金融政策だけでなく、財政出動や構造改革といった政策を総動員する方針を確認する。会議前に記者団の取材に応じた日銀の黒田東彦総裁は「リスクには適切に対応する」と語った。

[2016-09-06][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・中国で開催されていたG20首脳会合は、英国のEU離脱決定は世界経済の見通しをめぐる不透明感を増大させるものの、G20は経済、金融面での影響に対処する体制を整えているとの共同声明を採択し閉幕した。またG20首脳は、金融政策だけでは均衡の取れた成長は実現できないとしたほか、競争的な通貨切り下げを回避する意向を表明している。

[2016-09-05][NP-2.0 HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・G20首脳宣言草案「世界成長は依然として望ましい水準下回る」「金融市場のボラティリティが成長の下振れリスクに」「為替市場の過度の変動と無秩序な動きは安定に打撃」
・中国で開幕するG20サミットで採択される首脳宣言の骨子案が明らかになったと報じている。世界経済の成長に向けて、「金融、財政および構造政策を個別にまた総合的に活用する」としたうえで、構造改革の重要性を強調しつつ、機動的に財政政策を実施することを打ち出し、各国の協調姿勢をアピールする内容となっているという。
・G20首脳会議は、初日の討議で英国のEU離脱やテロ・難民問題など世界経済の下振れリスクが残っているとの認識を共有した。また、5日採択する首脳宣言では持続的な成長の実現に向け、各国が「金融・財政、構造政策といった全ての政策手段を活用する」との決意が盛り込まれる方針となっている。
・G20首脳会議に出席するため中国を訪問中のオバマ米大統領は、習中国国家主席と会談した。南シナ海問題について協議をしたものの、協議は平行線に終わり双方の溝は埋まらなかった模様だという。
・中国の杭州で開かれていた20カ国・地域(G20)首脳会議は5日、世界経済の持続的な成長のためにすべての政策手段を活用すると明記した首脳宣言を採択して閉幕。「財政政策を機動的に実施する」としたほか、「為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済・金融の安定に悪影響を与え得る」との記述も盛り込んだ。

[2016-07-22][NP-3.0 HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明草案として「世界的な景気回復は続いているが、望ましいものより弱いままだ」「BREXITは世界経済に不確実性を増大させる」

(最終更新日時 2017-04-22 01:23)

G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)の発言・ニュース バックナンバー

G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議) カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース