ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

中間派

 HDP   +1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-07-14][NP+3.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレ率、中期的に2%目標達成し上回るべきだ」「バランスシートの縮小、年内開始が適切に」「最近のインフレ軟調、一過性の可能性高い」
・カプラン・ダラス連銀総裁「向こう数か月のインフレ指標を綿密に監視していく」「将来の引き締めは、緩やかで辛抱強いペースに」
・カプラン・ダラス連銀総裁「ドル動向には注視」
・カプラン・ダラス連銀総裁「賃金圧力は向こう数カ月で大きく高まる見通し」「最近の低インフレは一過性ではないものもある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレはさらに進展すると確信」「追加利上げの前にインフレ進展の証拠見たい」「バランスシート縮小開始は9月が適切になる可能性」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2017-08-18][NP+3.8 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「米労働市場には依然としてたるみが存在する」
・カプラン・ダラス連銀総裁「バランスシートの縮小を近い将来実施することを歓迎」「次回の利上げ前にインフレの進展を期待」
・カプラン・ダラス連銀総裁「追加利上げについて私は忍耐強い」「10年債利回り、成長期待が弱いことを示唆」
・カプラン・ダラス連銀総裁「ドルは過去数年、非常に堅調に推移してきた」「弱いドルは支援材料、全ての条件が同じだとすると」
・カプラン・ダラス連銀総裁「全ての条件が同じであれば弱いドルは支援材料になる」
・カプラン・ダラス連銀総裁「バリュエーションのみで判断すると警戒水準にない」「レバレッジに伴う調整を懸念」
・カプラン・ダラス連銀総裁「グローバル化とテクノロジーが価格決定力に悪影響」「中期的にインフレ目標を達成する証拠を望む」

[2017-08-16][NP-2.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「労働市場は依然として若干のスラックがある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「労働市場のひっ迫が物価上昇につながると、なお予想」「この過程には時差があり、圧力は強まっている」
・カプラン・ダラス連銀総裁「バランスシート縮小、かなり近いうちに開始を」「追加利上げには忍耐強くあるのが適切」

[2017-08-12][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレ目標の達成のためにさらなるデータを求める」「考えられているほど、現状は緩和的ではない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「今は辛抱強い姿勢でいたい、進展見極めへ」

[2017-08-11][NP+4.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2017年米GDPは2%を若干上回るペースで成長」「完全雇用に向けて経過良好」「インフレは目標の2%を下回っている」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは保有資産縮小を始めるのが健全」「赤字を伴う減税を懸念」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国経済は完全雇用に向けて順調に前進」「インフレは2%目標を下回る水準で依然推移している」
・カプラン・ダラス連銀総裁「依然意味のある数の職探しを諦めた失業者がいる」「FRBがバランスシートの縮小を開始することは健全」
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年2回の利上げを強く支持していた」「インフレ目標達成の確証をもっと得たい」
・カプラン・ダラス連銀総裁「恐らく思われているほど現状は緩和的ではない」

[2017-07-15][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレの展開はまちまち」
・カプラン・ダラス連銀総裁「9月FOMCでバランスシート縮小を開始することが妥当である可能性もある」

[2017-07-14][NP+3.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレ率、中期的に2%目標達成し上回るべきだ」「バランスシートの縮小、年内開始が適切に」「最近のインフレ軟調、一過性の可能性高い」
・カプラン・ダラス連銀総裁「向こう数か月のインフレ指標を綿密に監視していく」「将来の引き締めは、緩やかで辛抱強いペースに」
・カプラン・ダラス連銀総裁「ドル動向には注視」
・カプラン・ダラス連銀総裁「賃金圧力は向こう数カ月で大きく高まる見通し」「最近の低インフレは一過性ではないものもある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレはさらに進展すると確信」「追加利上げの前にインフレ進展の証拠見たい」「バランスシート縮小開始は9月が適切になる可能性」

[2017-06-21][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「本年の米国国内総生産(GDP)は2%前後の成長を予想している」
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年の米GDP、2%前後の成長率を予想」「インフレは均一性を欠き、活発ではない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国は完全雇用に近い」「今年の米GDPは2%前後と予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国経済の成長で労働市場のスラックはさらに削減」「米国は完全雇用に近い」
・カプラン・ダラス連銀総裁「バランスシート縮小は資産売却を伴わない」「バランスシート縮小は今年中に始めるべきだ」
・カプラン・ダラス連銀総裁「さらなるインフレに関する兆候をみるために忍耐強く待つ」「インフレの弱さが一時的である証拠を見たい」
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレの兆候増えるまで辛抱強く待つべき」「イールドカーブの形状は気がかり」「保有資産の縮小は資産売却を伴わない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレの弱さは一時的な可能性強い」「FEDの緩やかな利上げが景気拡大の長期化を支援」
・カプラン・ダラス連銀総裁「金利政策に10年債利回りを考慮することを望む」

[2017-06-03][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「原油の需給は均衡に向かう」

[2017-05-31][NP-1.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「失業率は今年さらに低下する見込み」「インフレは今後数年間で2%へ向けてゆっくりと上昇するだろう」
・カプラン・ダラス連銀総裁「緩和解除は辛抱強く、ゆっくりと実行するべきだ」「インフレが手に負えない状況になると予想せず」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBの行動はドルに影響を及ぼすため、自分はそれを注視している」
・カプラン・ダラス連銀総裁「基本シナリオとして今年3回の利上げを予想」「バランスシートはゆっくり、予想可能な方法で縮小へ」「バランスシート縮小は、市場への影響最小化が目標」
・カプラン・ダラス連銀総裁「最近のコアインフレ低下を懸念」「インフレ低下は、自分の金利予想変えるほどではない」

[2017-05-30][NP+4.8 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「調整は段階的に行うべき」「今年はあと2回の利上げを見込む」
・カプラン・ダラス連銀総裁「市場にバブルは見られない」「年後半にバランスシート縮小の開始を見込む」

(最終更新日時 2017-08-19 17:26)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース