ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

中間派

 HDP   +1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-09-06][NP+2.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2017年のGDP伸び率を2.25%と予想する」「バランスシートの縮小はできるだけ早期に開始するべき」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米金融当局は金利について辛抱強くあるべきだ」「年内に利上げの可能性はあるが、さらなる情報を待つ必要がある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「年内の利上げも引き続きインフレ動向を見る必要」「バランスシート政策のタイミングは、ハービー影響はなさそう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2017-10-14][NP-1.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは緩和解除への忍耐強さがある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FEDの議長はFOMCの合意を形成できなければならない」「FEDの議長は経済に関する稀代のアナリストでなければならない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「引き締めでさらなる段階を踏むことはおそらく賢明」

[2017-10-11][NP-2.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「米経済への最大の脅威は低い米10年債利回りが反映された低成長」
・カプラン・ダラス連銀総裁「経済成長が我々から遠ざかっていないため、利上げについて忍耐強くなる余裕がある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBが利上げしているなかで、米10年債利回りが低下していることを非常に懸念」「対GDPでの債務の高さが米経済に逆風。金利設定について考慮するひとつの要因」
・カプラン・ダラス連銀総裁「追加利上げの検討にあたってインフレ前進の証拠を注視」

[2017-10-07][NP+4.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「経済は堅調、インフレ圧力は恐らく高まっている」「金利政策、次の一手はまだ決めていない」「ハリケーンによる雇用の喪失の影響は一時的となる可能性」
・カプラン・ダラス連銀総裁「次回の利上げに関して決めていない」

[2017-10-06][NP+4.6 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・カプラン米ダラス連銀総裁(CNBCとのインタビューで)「12月については予断持たず」「FOMCは、緩和解除で辛抱強い姿勢でいられる」
・カプラン米ダラス連銀総裁(CNBCとのインタビューで)「雇用市場は引き締まっている」「9月米雇用統計の数字はハリケーンの影響」

[2017-10-03][NP+3.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「ハリケーンにより第3四半期の成長が鈍化」「今年は2.25%の成長を予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「12月に利上げをするべきか熟考が必要」「利上げの余地はあるが、人々が想定しているほどではない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2017年のGDP成長率は2.25%か若干上回る水準を予想」「FRBは利上げで辛抱強くなることが可能」

[2017-09-23][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「ハリケーンハービーから打撃を受けた第3四半期のGDPは、第4四半期に立ち直るだろう」
・カプラン・ダラス連銀総裁「目標下回るインフレの背景には一時的でない要因もある」「12月の利上げに対して予断を持っていない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレ減速、一部は一過性のものではない」

[2017-09-06][NP+2.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2017年のGDP伸び率を2.25%と予想する」「バランスシートの縮小はできるだけ早期に開始するべき」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米金融当局は金利について辛抱強くあるべきだ」「年内に利上げの可能性はあるが、さらなる情報を待つ必要がある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「年内の利上げも引き続きインフレ動向を見る必要」「バランスシート政策のタイミングは、ハービー影響はなさそう」

[2017-09-01][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.2]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、テキサス州南部を直撃したハリケーン「ハービー」について、「経済的影響に関する詳細な分析をまだ行っていないものの、他の災害による状況から判断すると、経済は短期的に低調な時期を迎えたのち、復興の時期を経て、正常な成長軌道に戻る」との考えを示した。

[2017-08-25][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレ率が2%に戻るとの信頼は失っていない」「FRBの2%インフレ目標の引き上げには賛成しない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「中国には不均衡はあり、注意して見守る必要」
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレ圧力は徐々にではあるが進行している」「現在は明らかに緩和的な状況にある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FF金利に関し忍耐強くなれる余裕がある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「我々は利上げで、辛抱強い姿勢を維持することが可能だ」

[2017-08-24][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「高水準の米国債務は将来の成長の障害になる」
・カプラン・ダラス連銀総裁「年内に追加利上げをしたいとは言っていない」「忍耐強くあり、さらなる情報を待ちたい」
・カプラン・ダラス連銀総裁「バランスシート縮小は近く始めるべきだ」「労働市場のひっ迫で、緩和策のいくらかの解除を主張する」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBはバランスシートの縮小を速やかに始めるべき」
・カプラン・ダラス連銀総裁「政府閉鎖は注意して見守るべき事態」「追加利上げには辛抱強くあるべき」
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年の成長率は2%超になると確信」
・カプラン・ダラス連銀総裁「我々はバランスシートの縮小を速やかに開始する必要がある」「米国の高債務は将来の成長にとって障害」
・カプラン・ダラス連銀総裁「利上げに慎重姿勢を望む」「2017年経済の見通しには新たな政策を考慮していない」

(最終更新日時 2017-10-15 22:40)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース