ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

中間派

 HDP   +2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-02-03][NP+5.6 HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年はインフレ圧力が若干見られるだろう」「今年は2.5-2.75%のGDP成長を予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「ベースケースは2018年3回、またはそれ以上の利上げ」
・カプラン・ダラス連銀総裁「実際のインフレを目にするまで待てば遅過ぎることに」
・カプラン・ダラス連銀総裁「逆イールドについて静観してはいられないだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2018-02-08][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「緩和は忍耐強く緩やかに解除すべき」「市場の変動自体が変化を引き起こすことはないと予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「市場の変動を強く警戒している」「金融状況に依然として緊張感を持っている」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2018年は3回の利上げが適切」
・米ダラス地区連銀のカプラン総裁は8日、米国の経済成長率が今年ピークに達し、来年から再来年にかけて減速する可能性があるとの見方を示した。フランクフルトの会合で述べた。同総裁は今年、連邦公開市場委員会(FOMC)の投票権はない。

[2018-02-07][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「市場の調整があることは健全」

[2018-02-03][NP+5.6 HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年はインフレ圧力が若干見られるだろう」「今年は2.5-2.75%のGDP成長を予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「ベースケースは2018年3回、またはそれ以上の利上げ」
・カプラン・ダラス連銀総裁「実際のインフレを目にするまで待てば遅過ぎることに」
・カプラン・ダラス連銀総裁「逆イールドについて静観してはいられないだろう」

[2018-01-18][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「中立金利が大幅に低下」「10年債利回りの低さは予想される成長鈍化を反映」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米経済の過熱を懸念」「2018年米国経済、国内総生産(GDP)で2.5%-2.75%の成長を予想」「今年は3回の利上げが必要」
・カプラン・ダラス連銀総裁「減税は米国が完全雇用ないしそれに近い状況で実施」「減税で緩やかな利上げの必要性強まる」
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレに後れ取らないためより早期の行動を支持」

[2018-01-12][NP+4.6 HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2018年の米経済成長率は2.5-2.75%を見込む」「今年は3回の利上げを予想」

[2018-01-11][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレのさらなる証拠待てば出遅れる可能性も」「中国、および米国債については様子を見守る必要」
・米ダラス地区連銀のカプラン総裁は10日、中国からの米債需要の縮小によって、連邦準備理事会(FRB)が保有債券を緩やかなペースで売却する計画が阻害される公算は小さいとの見解を示した。

[2018-01-10][NP+4.6 HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「3回の利上げはなお良好なベースシナリオ」

[2017-12-04][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・カプラン総裁は参加した会合で、労働市場は引き締まりつつあり、インフレ率はFRBが目標とする2%に向け上昇していくとみられるため、FRBは「近い将来」に利上げを決定する必要があるとの考えを示した。

[2017-12-01][NP+3.0 HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FEDは完全雇用、低インフレへの挑戦に直面している」「金利の上昇は漸進的でなければならない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「石油は世界的に均衡あるいはそれに近い状態にある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「労働参加率は61%を割り込んだ」「最大の課題はFRBが完全雇用に達したまたは、近づいたこと」「FRBは緩やかに辛抱強く、政策金利を引き上げるべき」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは近い将来、次の引き締め措置を行うことが賢明」「インフレは中期的に目標に達するだろう」

[2017-11-28][NP+4.0 HDP +2.0 CHDP +0.1 RHDP +2.3 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「近い将来の利上げを支持」「雇用市場、数カ月先に過熱が進む」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FOMCが後手に回ることを留意」「FRBは金融政策で立ち遅れることを留意」
・カプラン・ダラス連銀総裁「利上げは緩やかなペースで、辛抱強く」

(最終更新日時 2018-02-10 02:29)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース