ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +4.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-09-08][NP+4.0 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2018年のGDPは3%前後を予想」「失業率は低下し、労働市場はタイト」「インフレはすでに2%前後へ」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2018-10-10][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.0]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、財政刺激策の効果が来年薄れるなか、インフレ率はFRBの目標近辺にとどまるとの見通しを示した。同時に、来年6月までに少なくとも計3回の利上げが適切との自身の見通しをめぐるリスクは均衡している、と述べている。

[2018-10-09][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国の今年のGDP成長率には力強さがある」「FRBは義務的な目標を達成している」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2019年6月まで緩やかに忍耐強い利上げが心地よい」「10年債の利回り上昇は、将来の米国の経済成長予測が不確実なサイン」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国のインフレ圧力は関税、原油価格、過熱化する労働市場がもたらしている」
・カプラン・ダラス連銀総裁「中立水準を上回る水準まで金利を引き上げるべきかどうか不透明」
・カプラン・ダラス連銀総裁「アルゼンチン、トルコの動向監視」

[2018-10-06][NP+5.0 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「NAFTAに関して最も重要なことは、取引が完了したこと」「12月の利上げ、2019年2回の利上げに異論ない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2018年の4回の利上げを心地よく受け入れることができる」「FRBは緩やかな利上げを行っていくべき」

[2018-10-03][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「真剣に、中国と貿易問題に取り組むことは適切」「原油に上方向のリスクがある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「GDPは2018年に3%に、2019年に2.75%、2020年に2.5%に到達する」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米失業率は低下するだろう」「中国との貿易問題に真剣に取り組むことが適切」
・カプラン・ダラス連銀総裁「中立水準は2.5%-2.75%の可能性、達したら利上げ打ち止めを」
・カプラン・ダラス連銀総裁「失業率は一段と低下する可能性も」「利回り曲線、注目するに値する」
・カプラン・ダラス連銀総裁「利回り曲線を逆転させることなく、緩やかな利上げが可能であることを望む」
・カプラン・ダラス連銀総裁「12月の追加利上げに違和感ない」「2018年度、あと1回の利上げに違和感ない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「声明文から緩和的との文言を削除することに賛成した」「12月の追加利上げは適切」
・カプラン・ダラス連銀総裁「基礎的シナリオでは2019年に2回の利上げを予想」

[2018-09-14][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは中立水準まで金利を引き上げるべき」

[2018-09-10][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.1]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、中国との貿易対立は「正しい闘い」だとし、解決までに数年かかっても驚きではないと述べた。

[2018-09-08][NP+4.0 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +4.0 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2018年のGDPは3%前後を予想」「失業率は低下し、労働市場はタイト」「インフレはすでに2%前後へ」

[2018-09-07][NP+5.8 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「我々は中立金利に向けて利上げすべき」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米雇用統計は非常に強かった」「我々は中立金利に向けて進む」「あと3-4回の利上げで中立金利に達するだろう」

[2018-08-24][NP     HDP +2.2 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「干渉なく、我々は決定を下す自信」
・カプラン・ダラス連銀総裁「貿易論争の経済への影響はいまのところ緩やか」「われわれは政治と無関係に仕事をこなす」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2018年の米経済は非常に強い年となるだろう」「貿易問題の経済への影響は現状は緩やか」
・カプラン・ダラス連銀総裁「今後12カ月で、3回または、4回の利上げが好ましい」「中立金利まで利上げをしていくだろう」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FEDはニュートラルな水準まで金利を引き上げるだろう」「今後12か月で3~4回の利上げを支持」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは金利を中立水準まで動かすべき」

[2018-08-22][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは段階的に利上げし、中立金利にするべき」「世界の金融市場や経済の進展を注視」「米債券利回りを注意深く見守る」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米債券利回りを注意深く見守る」
・米ダラス連銀のカプラン総裁は21日付で公表した論文で、景気を過熱も冷やしもしない中立水準まで政策金利を上げるのに必要な利上げの回数は、あと3~4回になるとの見解を示した。6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で参加者が示した予想の平均と比べ、今後の利上げ回数を少なく見積もっていることになる。カプラン氏は長期的な中立金利が2.50~2.75%にあたると分析している。

(最終更新日時 2018-10-13 18:45)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース