ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-16][NP+4.8 HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「自分の基本線は2018年に3回の利上げ」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは中立金利に向けて動くべき」「短期的な米経済見通しは力強い」「世界的な原油需給はほぼバランスがとれている」
・カプラン・ダラス連銀総裁「利回り曲線の平坦化は将来の停滞を示唆」
・カプラン・ダラス連銀総裁「財政政策は、2018年の経済が強い一因」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2018年の経済の堅調の背景の一部に財政刺激策がある」「2018年に3回の利上げが望ましい。4回にオープン」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2018-06-16][NP+4.8 HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「自分の基本線は2018年に3回の利上げ」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは中立金利に向けて動くべき」「短期的な米経済見通しは力強い」「世界的な原油需給はほぼバランスがとれている」
・カプラン・ダラス連銀総裁「利回り曲線の平坦化は将来の停滞を示唆」
・カプラン・ダラス連銀総裁「財政政策は、2018年の経済が強い一因」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2018年の経済の堅調の背景の一部に財政刺激策がある」「2018年に3回の利上げが望ましい。4回にオープン」

[2018-05-26][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「漸進的な金融政策の変更を支持」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FEDは漸進的に中立水準へと移行すべき」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは2つの目標達成の軌道上」「中立金利に向けて、FRBは緩やかに行動すべき」
・カプラン・ダラス連銀総裁「中立金利に向けて、FRBは緩やかに行動すべき」「米政府、ZTEの事業存続容認で合意成立」

[2018-05-25][NP+4.6 HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年は3回の利上げが基本シナリオ」
・カプラン・ダラス連銀総裁「来年のGDP成長は来年、いくらか弱いと予想」「2%以上のインフレを許容」
・カプラン・ダラス連銀総裁「中立金利は2.50-2.75%」「イールドカーブを非常に注意深く監視している」
・カプラン・ダラス連銀総裁「利回り曲線は利回り曲線は低い成長見通しを反映している」

[2018-05-18][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2018年の2.5-2.75%程度の経済成長を依然として確信」「米国のリセッションを意識していない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国経済がリセッション入りするとは予想していない」

[2018-05-16][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.1]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は記者会見で、米国のイールドカーブを注視しており、逆イールドになった場合は懸念に値するとの考えを示した。
・カプラン・ダラス連銀総裁は参加したイベントで、米インフレ率はFRBが目標とする2%に向かって上昇しているが、経済の過熱を示すほど加速していないとの見方を示した。

[2018-05-15][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBが中立金利2.5-3.0%に向けて行動するのは適切」

[2018-05-08][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「経済へ多くの刺激を与えると労働市場がタイトに」「米国の労働市場は非常にタイトであり、よりタイトとなる」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2018年の私の基本シナリオは依然合計3回の利上げ」「エネルギーに若干の上昇圧力があり、注視している」
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年はあと2回の利上げが依然として基本シナリオ」

[2018-05-05][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「賃金圧力が見られる、スラックは解消」

[2018-04-18][NP-1.0 HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「成長の追い風から向かい風への風向きが変わった」「2019年、20年の米経済成長は緩やかになるだろう」

[2018-04-17][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP -0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2018年の基本シナリオは3回の利上げ」

(最終更新日時 2018-06-18 12:36)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース