ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

中間派

 HDP   +1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-19][NP+4.0 HDP +1.6 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレは緩やかなペースで上昇へ」「強いドルもインフレにとって向かい風」
・カプラン・ダラス連銀総裁「年中にバランスシート縮小について協議するのは健全」「今年3回の当局予測中央値は自身の見解と同じ」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-01-19][NP+4.0 HDP +1.6 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレは緩やかなペースで上昇へ」「強いドルもインフレにとって向かい風」
・カプラン・ダラス連銀総裁「年中にバランスシート縮小について協議するのは健全」「今年3回の当局予測中央値は自身の見解と同じ」

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2017-01-19][NP+4.0 HDP +1.6 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレは緩やかなペースで上昇へ」「強いドルもインフレにとって向かい風」
・カプラン・ダラス連銀総裁「年中にバランスシート縮小について協議するのは健全」「今年3回の当局予測中央値は自身の見解と同じ」

[2017-01-18][NP-3.0 HDP +1.6 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「エネルギー価格は今後3-5年に上振れリスクが見られる」「2017年米GDP成長率を2.3%と予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米労働市場は非常にタイト」
・カプラン・ダラス連銀総裁「貿易は米国の雇用を増やし、競争力を高めた」
・カプラン・ダラス連銀総裁「今後、3-5年間、燃料価格に上方リスク」「米2017年GDPはおよそ2.3%成長を予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「労働市場はかなりひっ迫」「FOMCは年内に緩和策解除を」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国の債務水準は持続不可能」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国には雇用、生産を拡大する政策が必要」

[2017-01-13][NP+4.6 HDP +1.6 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2017年の米国のGDP成長率は2%超を予想」「予測には新たな財政刺激策を勘案せず」
・カプラン・ダラス連銀総裁「失業率は4-5%のレンジで推移」
・カプラン・ダラス連銀総裁「12月予測における2017年3回の利上げはほぼ自身の見解だ」
・カプラン・ダラス連銀総裁「より強いドル、米国からの輸出に向かい風吹かせる」「バランスシート、おそらく今年FOMCで議論へ」「当面の米金融政策、利上げに焦点絞るべきだ」

[2016-12-02][NP-1.0 HDP +1.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「世界的な為替相場や金融政策を考慮する必要」「米金融政策はドル高の可能性を考慮する必要がある」

[2016-12-01][NP     HDP +1.6 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「成長率・インフレの見通しは変更していない」「新しい政策がどのようなものとなるのかを注視」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国は完全雇用に向けて大きく前進」
・カプラン・ダラス連銀総裁「リセッションは迫っていないと楽観している」「米国は完全雇用に向かっている」
・カプラン・ダラス連銀総裁「OPECの減産合意、需給バランスの回復を支援へ」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国は完全雇用に向けて前進」「GDPは低調だが、労働市場のたるみを解消する」
・カプラン米ダラス連銀総裁「インフレは2%に向けて上昇」「米国はBREXITに対応可能」「労働市場のたるみは、一部が考えるより少ない可能性」

[2016-11-30][NP-2.0 HDP +1.5 CHDP -0.1 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「金融政策の正常化が重要、過剰な緩和には代償が伴う」
・カプラン・ダラス連銀総裁「緩和の解除は漸進的にするべき」「インフレ率は中期的に2%に向かうトレンドになるだろう」
・カプラン・ダラス連銀総裁「景気過熱を招かず雇用市場が拡大する余地も」「中国の景気減速と債務は為替の荒い動きにつながる公算大」
・カプラン・ダラス連銀総裁「ドルを非常に注意深くみている」「著しいドル上昇は中国への圧迫強める」
・カプラン・ダラス連銀総裁「ドル上昇は米国の輸出企業への向かい風になる」

[2016-11-19][NP     HDP +1.5 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「石油価格のリスクは上向きと見ている」「米国は生産性があがらない限り、低成長に直面」
・カプラン・ダラス連銀総裁「GDPに対する政府の負債は増加」「債務不均衡を是正するための政策をとる」
・カプラン・ダラス連銀総裁「人口的な問題が労働市場参加率に影響」
・カプラン・ダラス連銀総裁「利上げは忍耐強く段階的に行うべき」「中国は私の中で一番の潜在的な世界リスク」
・カプラン・ダラス連銀総裁「緩和策の解除に満足」「中国で金融が不安定になる状況が出てくるだろう」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国はインフラ投資が不十分」「政策の相違は一段とドルを上昇させる可能性」

[2016-11-18][NP+4.0 HDP +1.5 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「近い将来にある程度緩和を解除する可能性」「我々はドルを非常に注視している」
・カプラン・ダラス連銀総裁「近い将来、FRBは緩和策をいくらか解除する準備ができた」
・カプラン・ダラス連銀総裁「近い将来にある程度緩和策を解除する用意が整った段階」

[2016-11-15][NP     HDP +1.5 CHDP +0.1 RHDP +2.2 CRHDP +0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「メキシコとの貿易は米国をより競争的にする」「メキシコとの貿易は米国にとって経済的利益」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国の成長を阻害する構造上の問題を排除」「FEDは政治的見解から距離がある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「近い将来にある程度緩和を解除する可能性」「近い将来、FRBによる緩和策のいくらかの解除を予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国はインフラ投資が不足」「メキシコからの移民の流れはほぼゼロまで鈍化」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは政治的考慮しない」「金融政策は終焉」
・カプラン・ダラス連銀総裁「広範な経済政策を望む」「米国の成長は欧州を上回る」
・カプラン・ダラス連銀総裁「メキシコとの貿易は米国の益に叶う」「メキシコとの貿易は米国の競争力を増す」
・カプラン・ダラス連銀総裁「近い将来に緩和を幾らか解除する可能性も」「投票権があれば9月、11月時点での利上げを支持した」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米金融当局が政治的な独立を維持することが最も重要」「2017年の成長は2%を予想、イベントを監視」

[2016-11-05][NP+4.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP +0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「財政政策、構造改革の貢献拡大が必要」「中国の成長減速はさらなる市場の波乱を意味も」
・カプラン・ダラス連銀総裁「総合的なインフレ率、徐々に2%に達すると確信」「英EU離脱の影響、米国には十分に対応可能」
・カプラン・ダラス連銀総裁「11、12月のFOMC会合についてはコメントしなかった」「2016年GDP成長はおおよそ2%を予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「緩和策を解除する根拠は強まっている」「緩和の解除は緩やかなペースで」
・カプラン・ダラス連銀総裁「将来的な利上げの道筋はおそらく非常に段階的になるだろう」
・カプラン・ダラス連銀総裁「雇用統計、スラック解消への着実な進展示す」「政策決定を政治から切り離すことに力を注いでいる」

(最終更新日時 2017-01-20 02:56)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース