安倍晋三の発言・ニュース

安倍晋三

 安倍晋三(あべ しんぞう)は1954年生まれの日本の政治家で、第90代、第96代、日本の内閣総理大臣です。

 安倍晋三は、早い段階から北朝鮮拉致問題に取り組むなど、2006年に内閣総理大臣就任時には大きな期待が有ったが、道半ばで体調悪化のため内閣総辞職をする事になる。

 また、2012年に行われた選挙において、当時与党であった民主党に対し「インフレ目標2%」を掲げ圧倒的な大差で破り再び内閣総理大臣となると、アベノミクスと呼ばれる3本の矢(「財政出動」「金融緩和」「成長戦略」)を基本とした経済政策を決定し、世界中から大きな注目を集めている。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-10-10][NP+2.0 HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.1]
・安倍晋三首相「出口戦略について議論するのは早い」
・安倍晋三首相「消費税を上げる状況つくるようあらゆる政策総動員」「デフレ脱却へ黒田総裁がしっかりとした政策とると確信」
・安倍晋三首相「与党で過半数を失えば責任をとらなければいけない」「過半数いただければ約束したことを実行したい」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の安倍晋三の発言・ニュース

[2017-10-13][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.1]
・時事通信が報じたところによると、6-9日に実施した10月の世論調査では、安倍内閣の支持率が前月比4.7ポイント減の37.1%だったという。不支持率は同5.1ポイント増の41.8%で、8月の調査以来、不支持が支持を再び上回ったとのこと。一方、衆院選比例代表で投票したい政党は、自民党が30.7%で最も多く、希望の党が11.8%で続いたという。

[2017-10-12][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.1]
・安倍首相(自民党総裁)は、衆院選に立候補せず引退した高村副総裁について、「議員でなくても副総裁は務められる。任期のあいだは務めていただきたい」と語り、続投させる考えを明らかにした。

[2017-10-11][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.1]
・安倍首相「期限ありきではなくて、大切なことは国民的議論が深まっていくことだ」と述べ、2020年の新憲法施行にはこだわらない考えを示した。

[2017-10-10][NP+2.0 HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP +0.1]
・安倍晋三首相「出口戦略について議論するのは早い」
・安倍晋三首相「消費税を上げる状況つくるようあらゆる政策総動員」「デフレ脱却へ黒田総裁がしっかりとした政策とると確信」
・安倍晋三首相「与党で過半数を失えば責任をとらなければいけない」「過半数いただければ約束したことを実行したい」

[2017-10-09][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・安倍首相は自民党が衆議院選挙の公約にうたっている憲法改正に関連して、文民が自衛官を指揮監督する文民統制(シビリアンコントロール)の憲法9条への明記を検討する考えを示した。
・安倍首相(自民党総裁)は、10日公示22日投開票の衆院選に関し、自民と公明で過半数を確保できれば続投する考えを明らかにした。「過半数を維持すれば政権を継続していく。わたしも過半数をとれば当然、首相指名を受ける候補となる」と述べている。
・安倍首相(自民党総裁)は、北朝鮮への対応を問われ「北朝鮮は核を保有している。核保有国だ」と明言した。

[2017-10-05][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・安倍晋三首相「政権枠組みについて戦う前から合従連衡を考えるつもりは無い」「戦う前から合従連衡を考えるつもりはない」

[2017-10-04][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・安倍首相が今夜にもトランプ米大統領と電話協議すると政府関係者の談話を伝えた。2日に米ラスベガスで起きた銃乱射事件を受け犠牲者への哀悼の意を伝えると共に軍事的挑発を繰り返す北朝鮮の核ミサイル開発への対応も話し合うという。
・安倍晋三首相とトランプ米大統領が4日夜、電話会談した。核ミサイル開発を強行する北朝鮮情勢などを協議したとみられる。日本政府関係者が明らかにした。

[2017-10-02][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・安倍首相は、ロシアのドボルコビッチ副首相と京都市内で会談した。首相は、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて予定している再会談について、「平和条約締結問題を含む幅広い分野で議論を進めていきたい」と意欲を示している。

[2017-09-28][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・安倍首相が28日に東京都内で催される、中国の建国記念日「国慶節」と日中国交正常化45周年を祝う中国大使館主催の行事に出席する意向であることがわかった、と報じている。日本の首相が同行事に出席するのは15年ぶり。安倍政権下では初となるという。
・安倍首相は臨時閣議で、衆院を解散すると決めた。国会召集日の「冒頭解散」は1996年以来、21年ぶりのことになる。
・安倍晋三首相「日本の未来を切り開いていくか問う選挙だ」「誠意を持って政策を訴えて衆院選を戦う」「北朝鮮への脅威に国際社会と連携しないといけない」
・安倍晋三首相「選挙のためだけに看板変える政党に任せられない」

[2017-09-27][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・安倍首相(自民党総裁)は、2019年10月に予定される消費税率8%から10%への増税について、「リーマン・ショック級の事態が起こらない限り、基本的に引き上げていく」「大きな経済的な緊縮状況が起これば、判断しなければならない」などと述べた。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は26日、「安倍氏の総選挙、メイ首相の二の舞いか」「早期の勝負に賭けたが、英国の下院選のようにその戦略は逆効果になりかねない」という社説記事を掲載した。

(最終更新日時 2017-10-14 00:38)

安倍晋三の発言・ニュース バックナンバー

安倍晋三 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース