安倍晋三の発言・ニュース

安倍晋三

 安倍晋三(あべ しんぞう)は1954年生まれの日本の政治家で、第90代、第96代、日本の内閣総理大臣です。

 安倍晋三は、早い段階から北朝鮮拉致問題に取り組むなど、2006年に内閣総理大臣就任時には大きな期待が有ったが、道半ばで体調悪化のため内閣総辞職をする事になる。

 また、2012年に行われた選挙において、当時与党であった民主党に対し「インフレ目標2%」を掲げ圧倒的な大差で破り再び内閣総理大臣となると、アベノミクスと呼ばれる3本の矢(「財政出動」「金融緩和」「成長戦略」)を基本とした経済政策を決定し、世界中から大きな注目を集めている。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-20][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍政権が、会期末を20日に迎える国会会期について、約1ヵ月間延長する方向で最終調整に入ったと報じている。7月22日まで32日間延ばす案が有力としている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の安倍晋三の発言・ニュース

[2018-06-20][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍政権が、会期末を20日に迎える国会会期について、約1ヵ月間延長する方向で最終調整に入ったと報じている。7月22日まで32日間延ばす案が有力としている。

[2018-06-19][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相が7月11-18日にベルギー、フランス、中東を歴訪する日程が固まった、と報じている。ブリュッセルのEU本部で、日EU経済連携協定(EPA)に署名するほか、パリでマクロン大統領と会談するという。また、15日以降はサウジアラビアやエジプト訪問を検討しているようだ。
・安倍首相が7月11日から18日の日程で、ベルギーとフランス、中東のエジプト、サウジアラビアを歴訪する方向で調整していることが分かった、と報じている。11日にベルギーの首都ブリュッセルで日本とEUとの経済連携協定(EPA)の署名式に臨むほか、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するという。

[2018-06-18][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、北朝鮮による日本人拉致問題を解決するため「最終的にわたし自身が金朝鮮労働党委員長と日朝首脳会談を行わなければならない」と述べ、首脳会談を実現する決意を表明した。また、同時に北朝鮮の非核化費用の負担を検討する考えも明らかにしている。
・安倍晋三首相「機動的な財政出動は時々の判断として必要」
・安倍晋三首相「デフレ下で財政を健全化するのは至難の業」「機動的な財政出動は時々の判断として必要」
・安倍晋三首相「拉致問題解決のためどのようなチャンスも見逃さない」
・安倍晋三首相は18日の参院決算委員会で、9月にロシアで行われる国際会議や、国連総会を利用した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談実現に意欲を表明した。
・安倍晋三首相は18日夜、東京都内の日本料理店で自民党の岸田文雄政調会長と2時間余り会談した。会合後、岸田氏は記者団に「北朝鮮、終盤国会、(自民党)総裁選の話をした」と語ったが、内容については「ノーコメント」とした。2人だけの会食は4月16日以来。

[2018-06-15][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相が拉致問題の解決に向け、日朝首脳会談を可能な限り早期に実現するよう関係当局に調整を指示した、と報じている。米朝首脳会談を踏まえ、圧力一辺倒路線から転換を図った形だが、北朝鮮側の出方を慎重に見極めたうえで、会談開催の是非や時期を最終判断する方針だという。
・政府が安倍首相と北朝鮮の金委員長との初の首脳会談の調整に入った、と報じている。今秋を目指し、場所は第三国での開催を検討するという。
・安倍晋三首相、経済財政運営の基本方針(骨太の方針)と新たな成長戦略を取りまとめた経済財政諮問会議と未来投資会議の合同会議で、「経済財政一体改革については、新たな改革工程表を年末までに示す」と述べた。

[2018-06-14][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相と北朝鮮の金朝鮮労働党委員長による首脳会談実現に向け、日朝両政府関係者が複数回にわたって水面下で交渉を行っていたことがわかった、と報じている。日本人拉致問題の解決などについての事前交渉とみられている。首相が8月頃に平壌を訪問する案や、9月の国際会議を利用した会談などが検討されているという。

[2018-06-12][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相「米朝会談が成功し、拉致などの解決に向けた前進を期待」

[2018-06-11][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相は11日夕、トランプ米大統領と電話会談し、あすの米朝首脳会談の方針について綿密な擦り合わせを行ったことを明らかにした。 官邸で記者団に語った。
・安倍晋三首相は11日、トランプ米大統領と電話で会談した。12日の米朝首脳会談を前に、擦り合わせをしたとみられる。
・NHK世論調査によると、安倍内閣を「支持する」と答えた人は先月と同じ38%で、「支持しない」と答えた人も先月と同じ44%であった。
・安倍晋三首相は11日、第24回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)の晩さん会で演説した。インド洋と太平洋をまたがる地域のインフラ整備に向けて今後3年で官民で約500億ドル(約5兆4000億円)を投融資する仕組みをつくると表明した。北朝鮮への経済協力の条件として核やミサイル、日本人拉致問題の懸案の解決を改めて挙げた。

[2018-06-11][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、訪問先のカナダでトルドー首相と会談し、トランプ米政権の輸入制限措置を踏まえ、世界貿易機関(WTO)のルールに基づく多角的貿易体制を維持すべきだとの考えで一致した。
・安倍首相は、訪問先のカナダで英国のメイ首相、ドイツのメルケル首相と相次いで会談した。北朝鮮にすべての大量破壊兵器と弾道ミサイルの完全な廃棄を求めて連携していくことなどを、両首脳と確認したという。
・安倍晋三首相は11日夕、トランプ米大統領と電話会談し、あすの米朝首脳会談の方針について綿密な擦り合わせを行ったことを明らかにした。 官邸で記者団に語った。
・NHK世論調査によると、安倍内閣を「支持する」と答えた人は先月と同じ38%で、「支持しない」と答えた人も先月と同じ44%であった。

[2018-06-08][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相「北朝鮮が正しい措置をとったとしたら、北朝鮮を支援する準備」「日米は常に共にある」
・安倍晋三首相「日米は常に共にある」
・安倍首相は、日米首脳会談後の共同記者会見で北朝鮮の非核化に関し、「トランプ米大統領は北朝鮮が行動するまで制裁を解除しないと言っている。日米は完全に一致している」と述べた。

[2018-06-07][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・史上初の米朝首脳会談を前に、安倍総理大臣は日本時間の7日、アメリカに到着し、8日未明にトランプ大統領と会談することにしている。安倍総理大臣は、直前に迫った米朝首脳会談が拉致核ミサイル問題の解決に向けた契機となるよう日米の緊密な連携を確認したい考えとなっている。
・安倍晋三首相は6日夕(日本時間7日午前)、政府専用機でワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に到着した。7日午後(同8日午前)にトランプ米大統領と会談する。12日にシンガポールで開く米朝首脳会談を前に、対北朝鮮政策をすり合わせ、日米の緊密な連携を国際社会に訴える狙いだ。

(最終更新日時 2018-06-21 20:54)

安倍晋三の発言・ニュース バックナンバー

安倍晋三 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース